1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 23:48:39.06 ID:UaKrb6HJ0

やよい「ありますよー?」

美希「えっ?」

やよい「えっ?」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 23:50:57.37 ID:UaKrb6HJ0

美希「ほ、ホントにあるの!?」

やよい「はいっ!」

美希「やよい…以外とあなどれないってカンジ…
   ま、まさかカレシとかいたりするの!?」

やよい「えっ?彼氏はいませんよ?」

美希「カレシもいないのにキス…ま、まさか……ダメだよやよい!そういうのはやっちゃダメ!」

やよい「うー…話が見えません…」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 23:53:48.32 ID:UaKrb6HJ0

美希「相手とか…聞いてもいい?」

やよい「えっと、弟たちですけど…」

美希「そっちなの!?」

やよい「えっ?そっちってどっちですか?」

美希「そういうのもダメーッ!!やよいはアイドルなんだよ!?」

やよい「あぅ…美希さんがよくわからないことになってますー…」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/11(水) 23:57:12.94 ID:UaKrb6HJ0

やよい「あのっ、説明してもいいですか?」

美希「聞きたくない、聞きたくないの」

やよい「うー…でも、勘違いされたままは嫌です!話を聞いてください!」

美希「ドロドロした世界は、や!ミキにはカンケーないってカンジ!」

やよい「さっき音無さんからおにぎりを貰ったんですけど…」

美希「聞く。いくらでも聞いてあげるの!」ミキッ



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 00:00:14.23 ID:b39Fgb0z0

やよい「えっと…うちには兄弟がいっぱいいますよね?」

美希「うん」はむはむ

やよい「高槻家の決まりで、新しい子が生まれたらみんなでキスするんです!」

美希「へっ?なんで?」もぐもぐ

やよい「この子が幸せに、大きく健康に育ちますようにって願いを込めるんです!
    最近もこうぞうが生まれたときにしたんですよー。えへへ~♪」

美希「…やよい……」ごっくん

やよい「はい?」

美希「ごめんなさい…ミキが間違ってたの…」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 00:04:32.84 ID:b39Fgb0z0

やよい「あ、謝らないでください!ただ、誤解が解けたらいいかなーって」

美希「ありがとう、やよい。うぅ…ミキは心が汚れちゃってるの…」

やよい「そんなことないですっ!」

美希「えっ…?」

やよい「美希さんはとーってもキレイですよー!優しいから大好きだし
    一緒にお仕事したら、気合いがわーってなってうっうーって感じですー!」

美希「やよい…。ミキもやよいのこと大好きなの!」

やよい「えへへー♪じゃあいつものをやりましょう!」

美希「うんっ!」サッ

やよい「それじゃあいきますよー…はい、たーっち!」サッ

やよい・美希「いぇいっ!!」

パァン!



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 00:06:27.06 ID:b39Fgb0z0

美希「なんだかテンションが上がってきたってカンジ!」

やよい「私も特売の時と同じくらい、メラメラ~って感じですっ!」

美希「…今日は仕事…無いけどね……」

やよい「うぅ~……」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 00:10:16.64 ID:b39Fgb0z0

美希「何で今日に限ってレッスンスタジオが使えないんだろ?もうありえないって思うな!」

やよい「トレーナーさん、肉離れって言ってましたよね?大丈夫なのかな…」

美希「うーん…それにしても、肉離れってなんだろ?」

やよい「肉が逃げちゃうんでしょうか?うぅ~…特売品が逃げちゃったら耐えられないかも…」

美希「ミキ的には、身体の肉がちぎれて…こう血がいっぱい…」

やよい「はわっ!こ、怖い話はやめてくださいーっ!!」

美希「あはっ☆やよいは怖がりなの!」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 00:13:40.14 ID:b39Fgb0z0

美希「ねー、やよいー」ポンポン

やよい「………」ムスッ

美希「やよいってばー!」ユサユサ

やよい「………」つーん

美希「…かわいいのーっ☆」ガバッ

やよい「はわっ!?だ、抱き付くのはやめてくださいー!!」

美希「ん~♪」ぎゅーっ



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 00:17:39.60 ID:b39Fgb0z0

やよい「今思ったんですけど、美希さんって、胸おっきいですよねー」

美希「そうだねー。なんか勝手に大きくなっちゃったの!」

やよい「うー…ちょっとうらやましいかも…」

美希「やよいはそのままの方がいいって思うな」

やよい「なんでですかー?」

美希「その方がみんな幸せなの」

やよい「…う~…?」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 00:21:17.87 ID:b39Fgb0z0

美希「それにしても、やよいってみんなに好かれるよねー」

やよい「そうですかー?でも新幹少女の人に…」

美希「あの後春香と千早さんとデコちゃんと響がやってくれたから、そこは心配しなくてもいいよー」

やよい「????」

美希「気にしなくていいの☆
   特に、千早さんに好かれてるのがちょっと羨ましいかな…」

やよい「あれ?美希さんも千早さんと仲いいですよね?」

美希「ミキは…千早さんにライバルみたいに見られてるの
   ミキも千早さんに抱きついたりしたいのに、なんか…ふいんき?的に出来ないっていうか…」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 00:25:27.62 ID:b39Fgb0z0

やよい「そんなことないと思います!千早さん、いつも美希さんのこと話してるんですよ?」

美希「そうなの?」

やよい「はいっ!今日のダンスはすごかったとか、音程が完璧だったとか…」

美希「お仕事のことばっかりなの…」

やよい「え、えっと…他には……ありました!
    いい匂いがしたから、どんなシャンプー使ってるんだろう、とか…」

美希「ミキに直接聞いてくれれば教えてあげるのに~…」

やよい「きっと照れてるんじゃないかなーって!」

美希「あっ……そうかも。あはっ☆じつに千早さんらしいの♪」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 00:31:35.71 ID:b39Fgb0z0

やよい「千早さんも言ってましたけど、美希さんっていつもおしゃれですよね~」

美希「ありがとうなの!ミキ、おしゃれには気を遣ってるから、そう言ってもらえるのは嬉しいな☆
   やよいはおしゃれとかあんまりしないの?」

やよい「してみたいですけど…うちはお金が…」

美希「あ、そっか。ん~……決めた!今度ミキがやよいのおしゃれをプロデュースしてあげるの!」

やよい「えっ!?で、でも私…」

美希「お金のことは心配しなくていいの!今度のオフにデコちゃんも誘って行こう!」

やよい「伊織ちゃんもですか?うぅ~…そんな急に決めて怒らないかなあ…」

美希「デコちゃんは優しいから大丈夫だと思うな♪」

やよい「でも……」

美希「じゃあ…いつでもいいから、やよいの家のもやし祭りにミキも参加したいな!」

やよい「はいっ!それなら大歓迎ですー!」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 00:35:58.66 ID:b39Fgb0z0

美希「あ、見て見てやよいー、この雑誌にあずさのグラビアが載ってるの!」

やよい「うわ~…すごいですー…」

美希「どたぷ~んなの…。さすがみんなの憧れのお姉さんってカンジ」

やよい「美希さんにとってもお姉ちゃんなんですか?」

美希「うん!あずさはお姉ちゃんと歳も近いし、ミキ的には新しいお姉ちゃんみたいな?」

やよい「私はお姉ちゃんって言うより…」

美希「お母さん?」

やよい「はい!」

美希「それ、本人の前で言わない方がいいと思うな…」

やよい「???」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 00:41:03.07 ID:b39Fgb0z0

やよい「あずささんって言えば、歌もすごく上手ですよねー!」

美希「そうなの!ミキもあずさの…ビブラート?を真似してみたことあるんだよ!」

やよい「ええっ!?真似できるんですか!?」

美希「うん!えっと、CDは…あった!ほら、これだよ!」

ttp://www.youtube.com/watch?v=4GY0RtdOJDk



やよい「わぁ~…すごく大人っぽいです!うっうー!美希さんすごいですー!」

美希「ミキは意識して真似してみただけだよ?」

やよい「真似できるだけでもすごいです…」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 00:47:46.14 ID:b39Fgb0z0

やよい「あのっ、さっき思ったんですけど」

美希「ん~?」

やよい「美希さんって、お姉ちゃんいるんですよね?」

美希「そうだよー?」

やよい「次女ですよね?妹ですよねっ?」

美希「うん。そうだけど……はっ!?」

やよい「私は長女です!お姉ちゃんなんですっ!えっへん!」ドヤッ

美希「む~!なんだか悔しいの~っ!!」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 00:53:07.17 ID:b39Fgb0z0

美希「やよいのそれ…ちょろべろだっけ?」

やよい「べろちょろです!」

美希「かわいいよね、べちょろろ」

やよい「もうそれでいいですー…。べろちょろは春香さんに作ってもらったんですよ!」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 00:55:31.26 ID:b39Fgb0z0

美希「へ~…春香が作ったんだ?」

やよい「べろちょろになる前は普通のポシェットだったんですけど、それがボロボロになっちゃって…
    春香さんと春香さんのお母さんが一緒に作り直してくれたんですっ!」

美希「そうだったんだ…。優しいね、春香は」

やよい「はい!私も春香さんのこと、お姉ちゃんみたいだなーって!」

美希「ミキにもいっぱいお菓子とかくれるし、ミキも春香が大好きなの!」

美希・やよい「えへへ~♪」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 01:00:51.38 ID:b39Fgb0z0

美希「やよいって、恋とかしたことあるの?」

やよい「うー…そういうのはまだよくわからないかも…
    美希さんはプロデューサーのことが好きなんですよね?」

美希「そうなの!ハニーはミキをいっぱいキラキラさせてくれて、感謝してもしきれないってカンジ!」

やよい「私もプロデューサーのことは頼りにしてますけど、そういうのとはちょっと違うかなーって」

美希「やよいの友達とかはどうなの?」

やよい「友達の中子ちゃんも右子ちゃんも、テニス部の先輩がかっこいいって言ってますけど…私は……」

美希「やよいは?」

やよい「真さんの方がかっこいいかなーって!」

美希「うん、真クンなら仕方ないの」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 01:05:44.36 ID:b39Fgb0z0

美希「で、結局好きな人はいないの?」

やよい「う~…好きな人っていうのが、どうやって判断したらいいのかわかりません~…」

美希「んーと…家族以外で一緒にいて楽しい人とか」

やよい「友達とか事務所のみんなです!」

美希「一緒にいることの多い人とか…」

やよい「事務所の誰かかなー?」

美希「一緒にいるとドキドキする人とか…」

やよい「伊織ちゃんといると、いつツッコミをされるかドキドキします!」

美希「それも違うって思うな」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 01:10:31.20 ID:b39Fgb0z0

美希「結局好きな人はいないってことなの?」

やよい「うー…どうなんでしょうか…」

美希「じゃあもうミキが当てちゃうね?えっと、やよいの答えを合わせると…
   ……やよいの好きな人はデコちゃんなの!」

やよい「そ、そうだったんですかー!?」

美希「ミキ的には違いないって思うな。愛に性別はカンケーないの!」

やよい「そっか……私、伊織ちゃんが…」

美希「なーんて♪もちろん冗談なのー!」

やよい「伊織ちゃん…うぅ…伊織ちゃんのことを考えたらドキドキしてきたかも…」

美希「えっ」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 01:15:39.47 ID:b39Fgb0z0

やよい「伊織ちゃん、もうすぐ帰ってくるのかな?早く会いたいなあ…」

美希「む~……」

やよい「あのっ、美希さん!私…どうすればいいんでしょうか?
    伊織ちゃんに気持ちを伝えたいんですけど、ちょっと怖くて……」

美希「ダメーっ!」

やよい「えっ?」

美希「伊織を取っちゃ、や!ひとりじめしちゃダメなの!」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 01:20:34.28 ID:b39Fgb0z0

やよい「美希さん…。えへへ、冗談ですっ!」

美希「えっ?」

やよい「美希さんの冗談に、私も冗談で返してみましたー!」

美希「ひっ、ひどいの!やよいに美希のジュンジョーを弄ばれたの!!」

やよい「じゅんじょー?ってなんですか?」

美希「と、とにかくあんまりだよ!」

やよい「はわっ、ごめんなさい~…」

美希「…反省したなら許してあげるの」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 01:25:15.80 ID:b39Fgb0z0

美希「あふぅ…。そろそろ眠くなってきたの…」

やよい「ふわぁ~…。美希さんのあくびを見てたら、何だか私も眠くなってきちゃいましたー……」

美希「やよい、一緒に寝よっか?」

やよい「ソファーでですか?」

美希「うん。狭くても、くっつけばきっと平気なの!」

やよい「じゃ、じゃあ…失礼しますね…」

ぎゅっ

美希「あはっ☆やっぱりやよいはあったかいの!」

やよい「うぅ~…私は抱き枕なんですね……」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 01:32:37.94 ID:b39Fgb0z0

美希「やよい…ふわふわなの~♪」

やよい「うぅ…ちょっとドキドキします~…」

美希「あふぅ…ミキはドキドキより眠いの…。おやすみ~」

やよい「み、美希さん?」

美希「すぅ…すぅ……」

やよい「はわっ、もう寝ちゃったー…。ちょっと羨ましいかも…
    ふわあ~…。私も眠くなってきたかも……よいしょっと」ぎゅっ

やよい「美希さん、おやすみなさーい…」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 01:38:03.43 ID:b39Fgb0z0

ガチャッ

伊織「ただいまー!…ってあら?」

やよい「すぅ…すぅ……」

美希「むにゃむにゃ…貴音ぇ…おにぎりをラーメンに漬けたら崩れちゃうの……」

伊織「まったく…人が一仕事終えて帰ってきてるのに、気楽なものね!
   …美希…よだれ垂れてるわよ……」フキフキ

美希「…ん~……なんだかデコちゃんのデコ圧がするの…」ムクッ

やよい「ふわぁ~あ……伊織ちゃんの匂い……あ、伊織ちゃん!お帰りなさい!」ムクッ

伊織「な、何で私が来たら起きるのよ!?あと美希!デコちゃん言うなっ!それとデコ圧って何なの!?」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 01:45:36.18 ID:b39Fgb0z0

やよい「あ、そうだ!伊織ちゃん、この後予定ある?」

伊織「今日はもう家に帰るだけだけど…」

やよい「美希さんはどうですか?」

美希「ミキも大丈夫だよー?」

やよい「じゃあ二人とも、私の家にご飯を食べに来ませんか?もやし祭りをごちそうしたいかなーって!」

美希「行く!行くの!!おにぎりもいっぱい買って行こっと♪」

伊織「あら、そういえば今日はちょうど木曜日ね。いいの?」

やよい「うんっ!みんなで食べた方がおいしいからね!」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 01:50:52.29 ID:b39Fgb0z0

美希「もやし祭り…すっごく楽しみなの!」

伊織「あのソースは絶品よ!ウチのシェフにも負けないんだから!」

やよい「伊織ちゃん、褒めすぎだよ~」

伊織「あら、私は料理に関して嘘は付かないわよ」

美希「デコちゃんがそんなに褒めるなんて…ますます楽しみになっちゃったの!」

やよい「うぅ~…なんだか恥ずかしいですー…」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 01:57:35.66 ID:b39Fgb0z0

伊織「よしっ。帰る準備出来たわよ」

美希「ミキもー!」

やよい「じゃあ今から私の家に行きましょー!」

伊織「ええ。あの味が楽しみだわ。にひひっ♪」

美希「楽しみ過ぎてなんだか緊張ぎみなの…。ね、早く行こ?」

やよい「はいっ!楽しい楽しいパーティの始まりですっ!!」



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 02:02:19.21 ID:b39Fgb0z0

美希「ふぅ~…。おなかいっぱいでもう食べられないの…。
   やよい、あのソース最高だったの!」

伊織「でしょ?うちのシェフにも覚えさせてあげたいくらいだわ!」

やよい「えへへ…お粗末さまでした!」

美希「それにしても、デコちゃんのポスターが貼ってあったのにはびっくりしちゃった!」

やよい「あれは長介が……や、やっぱりなんでもないですっ!」

伊織「何よ。長介がどうかしたの?」

美希「……あはっ☆デコちゃんは罪な女なの!」

伊織「はぁ?」

やよい「…長介、伊織ちゃんのファンになっちゃったみたいなんです」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 02:06:24.71 ID:b39Fgb0z0

伊織「へぇ…ま、このスーパーアイドル伊織ちゃんのファンになるのは当然のことよね!にひひっ♪」

美希「デコちゃんいいな~。じゃあ次は、ミキのファンにしてあげるの!」

やよい「はわっ!それだと私を応援してくれなくなっちゃいます~!」

伊織「それは無いから安心しなさい」

美希「なの!やよいの家族は最高に仲良しってカンジ!」

やよい「あぅ…な、なんだか照れちゃいます~……」



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 02:10:20.87 ID:b39Fgb0z0

伊織「さて…この辺りでいいわ。向こうの角に新堂が待ってるからね」

やよい「うん!伊織ちゃん、今日は楽しかったよ!」

伊織「私も……。じゃあやよい、おやすみなさい。ほら美希、アンタもついでに送ってあげるわ」

美希「えっ、いいの!?デコちゃんのおでこが光り輝いて見えるのー!」

伊織「そういうのは余計だって言ってるでしょ!?」

やよい「あはは…。それじゃあ伊織ちゃん、美希さん!おやすみなさーい!」ガルーン

美希「やよい、今日はありがとね!おやすみなの!」

伊織「おやすみ、やよい。また明日ね♪」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/12(木) 02:12:59.32 ID:b39Fgb0z0

やよい「…行っちゃいました。この時間がちょっと寂しいなあ…
    でもすっごく楽しかったし、ますますやる気出てきたかもー!
    うっうー!明日からもがんばろーっと!!」




おわり


元スレ
美希「やよいってキスしたことあるの?」