関連



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 20:29:19.73 ID:32wMTKXH0

まどか「さやかちゃん!」

さやか「やほーい、まどか!私もマミマミ同盟に入れてくり」ダキッ

マミ「も、もう。美樹さんまで……」カアァ~

ほむら「待ちなさい」

まどか「あ、ほむらちゃん」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 20:32:10.57 ID:32wMTKXH0

さやか「おっ。転校生もマミマミ同盟に入る?」

ほむら「それには及ばないわ」

ほむら「巴マミ、鹿目まどか。ちょっとこの馬鹿借りるわよ」ガシッ

さやか「あ~れ~」ズルズル

マミ「何だったのかしら……」

まどか「何だったんでしょうね」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 20:36:34.38 ID:32wMTKXH0

ほむら「何やってるのよ!」

さやか「え?いや、私もマミさんを愛でようと」

ほむら「まったく……あなたはどこまで愚かなの」

ほむら「あなた、仮にもまどかの友達なんでしょ」

さやか「親友です」

ほむら「なら、私とまどかが結ばれる為に協力しなさいよ!!」

さやか「ええー」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 20:40:54.12 ID:32wMTKXH0

ほむら「巴マミ……」

ほむら「なぜだか分からないけど、私のまどかが、あの痛キャラ女に籠絡されたのは事実」

ほむら「ならば、私はそれ以上に痛い女になるまで」

さやか「さやかちゃんはやめた方がいいと思うんだけど」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 20:43:58.78 ID:32wMTKXH0

ほむら「あなたは私のサポートに付きなさい」

ほむら「私のまどかを、巴マミから奪い返すのよ!」

さやか「おーい転校生ー。私の話聞いてるー?」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 20:45:09.72 ID:32wMTKXH0

ほむら「早速明日から行動開始よ!」

ほむら「分かったわね!」

さやか「うーん。まあいっか。面白そうだし」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 20:49:43.55 ID:32wMTKXH0

翌日

まどか「なんだ、さやかちゃんも見てたんだ」

さやか「偶然ね。あれ見たら萌えるっきゃないでしょ」

まどか「ウィヒヒヒッ」

ほむら「おはよう、鹿目まどか」シュタッ

まどか「あ、ほむらちゃん。おはよう」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 20:53:50.11 ID:32wMTKXH0

ほむら「鹿目まどか……あなたはいつ見てもかわいらしいわね」ハアハア

まどか「ほんと?ありがとう!ほむらちゃんもかわいいよっ」ウェヒヒヒ

さやか「よっ!おはよう」

ほむら「それに引き換え、あなたはいつ見てもしまりのない顔をしているわね」

さやか「失礼だなー」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 20:55:48.50 ID:32wMTKXH0

ほむら「……それにしても、今日は暑いわね」チラ

まどか「え?今は冬だよ」

さやか「風邪でもひいたんじゃないの?」

ほむら「美樹さやかはお黙りっ!」

さやか「は~い」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 21:00:00.30 ID:32wMTKXH0

ほむら「あんまり暑いから、ハンカチで汗を拭くことにするわ」スッ

ほむら「ふう。暑い暑い」フキフキ 

まどか「あ。……ほむらちゃん……スイートプリキュアのハンカチ使ってるんだ」

ほむら「ええ、そうよ」

ほむら「私、スイートプリキュアが大好きなの」

ほむら「特に、このピンクのケバイ奴がお気に入りなのよ」チラッ



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 21:03:48.05 ID:32wMTKXH0

まどか「そ、そうなんだ」

さやか「似合わねー」プークスクス

さやか「いたっ!」ゴンッ

ほむら「どう?まどか。これを見て何かこみあげて来るものはない?」

まどか「あー……じゃあ、ひとつだけ」

ほむら「うん!うん!」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 21:06:31.48 ID:32wMTKXH0

まどか「……その歳でプリキュアのハンカチ使うのは、恥ずかしいからやめた方がいいと思うよ」

ほむら「…………」

まどか「私、先に行くね!じゃあ」タタタタ

さやか「それじゃ私も失礼……ぐえっ」ガシッ



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 21:10:25.89 ID:32wMTKXH0

ほむら「ちょっと!どういうことなのよ!」

さやか「いや、私に言われても」

ほむら「巴マミだと許されるのに、私だと許されないとでも言うの!?」

ほむら「さりげなくピンク髪を推すことで、まどラブもアピールしたって言うのに!」

さやか「いやー、そこはマミさんと転校生の人柄の違いと言いますか」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 21:14:45.29 ID:32wMTKXH0

ほむら「……はっ、そう言えば」

ほむら「巴マミの時も、まどかは最初引き気味だった……」

ほむら「勝負はこれからということなのね……!」

さやか「うーん。そうなのかなあ」

ほむら「次行くわよ!」

さやか「ほーい」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 21:17:42.35 ID:32wMTKXH0

休み時間

まどか「あれっ!?私のパンツがない!」ガサゴソ

ほむら「どうかしたの?鹿目まどか」シュタッ

まどか「ほむらちゃん!」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 21:22:32.22 ID:32wMTKXH0

まどか「……体育の授業を受けてる間に、誰かにパンツ盗まれちゃったみたいなの……」

ほむら「なんですって!?私のまどかのパンツを盗む不逞の輩が、この学校にいるなんて……!」ギリッ

さやか「酷い奴もいたもんだなー」

まどか「どうしよう……。このままじゃ私、着替えられないよ」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 21:28:56.42 ID:32wMTKXH0

間違えた
温水プールで冬に水泳の授業があったということで


ほむら「安心しなさい。私のパンツを貸してあげるわ」

まどか「え?でも、それじゃ、ほむらちゃんのはくパンツが」

ほむら「大丈夫。こんなこともあろうかと、予備のパンツを用意しておいたの」

ほむら「さあ、どうぞ」スッ



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 21:35:26.65 ID:32wMTKXH0

まどか「うっ……またスイプリ。しかもなんか温いし……」

ほむら「こんなこともあろうかと、予め温めておいたのよ」

まどか「いつの間に……」

まどか「えーと、予備の方のパンツの方も見せて欲しいな」

ほむら「!」カチッ

ほむら「はい、どうぞ」スッ

まどか「こっちもスイプリ!?というか、なんで予備のパンツまで温かいの!?」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 21:37:22.07 ID:32wMTKXH0

ほむら「さあ……どっちのパンツがいい……?」

ほむら「まどかが好きな方でいいわよ……!」ハアハア

まどか「さやかちゃんのパンツ貸してくれる?」

さやか「いいよ。ほれ」

ほむら「マドカァー!!」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 21:42:22.45 ID:32wMTKXH0

まどか「ありがとう、さやかちゃん!先に教室戻ってるね」タタタタ

さやか「あいよー、ぐえっ」ガシッ

ほむら「なんてことすんのよー!」ブンブン

さやか「お、落ち着きなって」ブンブン

さやか「あんたのパンツは私がはいてあげるからさ。ほれ」スチャ

さやか「おお。こりゃぬくぬくで良いわ」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 21:43:23.27 ID:32wMTKXH0

ほむら「うわーん!」ボカボカ

さやか「いたっ、いたっ」

ほむら「畜生!次よ!次っ!」

さやか「ほいほい」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 21:49:34.44 ID:32wMTKXH0

昼休み

まどか「わあっ!マミさんの作ったお弁当、とってもかわいいですね!」

マミ「そ、そう?」

まどか「このハートのデンブとか、リンゴのうさぎさんとか」

まどか「ハローキティーのお弁当箱も、とってもキュートでマミさんにピッタリです!」

マミ「あ、ありがとう」カアァ~



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 21:52:37.64 ID:32wMTKXH0

生徒A「……あれはなくないか?」ヒソヒソ

生徒B「中学生にもなってあれはなあ……」ヒソヒソ

まどか「あぁン?」ギロリ

生徒A・B「ひっ!」タタタタ…

さやか「お、いたいた」

ほむら「作戦決行よ。上手くサポートしなさい」

さやか「了~解~」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 21:55:10.47 ID:32wMTKXH0

マミ「あら。暁美さん、美樹さん」

ほむら「お昼、ご一緒してもよろしいかしら?」

マミ「ええ、もちろんよ」

マミ「鹿目さんもいいでしょ?」

まどか「もちろんです、マミさん!」

ほむら「……チッ」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 21:57:37.54 ID:32wMTKXH0

まどか「あ、ほむらちゃんも手作りのお弁当なんだ」

ほむら「ええ、そうよ」

さやか「私はまどかと同じく購買のパンだけどね」

まどか「ティヒヒ」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 22:01:14.86 ID:32wMTKXH0

ほむら「……」パカ

まどか「あ……オムライス」

ほむら「ええ、そうなのよまどか。私、オムライスが大好きなの」

ほむら「だから、お弁当まで毎日オムライスなのよ」

ほむら「私の意外な側面を、まどかに見られてしまったわね」ファサッ

まどか「……」

マミ「まあ、かわいい」ウフフ



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 22:07:05.82 ID:32wMTKXH0

さやか「いやいやー、マミさんのお弁当には負けますって」

マミ「あら、そんなことないわよ。かわいらしいし、とっても美味しそう」

さやか「……隙あり!」ヒョイパク

まどか「あっ!」

さやか「ん~。マミさん手作りのからあげは最高ですな~」モグモグ ゴクン

マミ「ほんと?えへっ。美樹さんありがとう」テレテレ

まどか「さやかちゃんずるい!」

まどか「マミさん!私も私も!」アーン

マミ「はいはい。あーん」

まどか「んー!美味しいー!」パク モグモグ

マミ「うふふふ」

ほむら「ぐぎぎぎ」ギリギリ



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 22:09:03.76 ID:32wMTKXH0

ほむら「……ふっ」

ほむら「さあて。私も自分のお弁当を食べようかしら」

さやか「それも美味そうだよねー」

ほむら「……」

ほむら「……キャアアアアアッ!!!!」

まどか・マミ「!?」





69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 22:11:10.63 ID:32wMTKXH0

まどか「ほむらちゃん、どうしたの!?」

ほむら「……!」ニヤリ

ほむら「わ、私……オムライスが食べたいのに……食べられないの!!」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 22:16:31.02 ID:32wMTKXH0

まどか「……どうして?」

ほむら「……だって、……だって、卵割ったらヒヨコが死んじゃうじゃないっ!」

ほむら「赤ちゃんがかわいそうだわ! まだ生まれてないのにぃぃ~(悲)」チラ…

マミ「!!」

マミ「わ、私……すこしも気にしないで、今までパクパクと……」

マミ「暁美さん……あなたって、やさしい女の子なのね……。それに比べて私は……」ジワァ

ほむら「ほむう!」

まどか「……」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 22:19:51.74 ID:32wMTKXH0

まどか「……じゃあ、なんでオムライスなんか作ったの?しかも、毎日なんでしょ?」

ほむら「え?」

まどか「食べないなら、作るだけ無駄じゃん」

ほむら「そ、それは……」ダラダラ



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 22:21:05.30 ID:32wMTKXH0

ほむら「み、美樹さやか!」

さやか「んー?美味けりゃいいんじゃない?」パクパク

ほむら「サヤカァー!!」

まどか「……」



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 22:25:32.88 ID:32wMTKXH0

マミ「わ、私は……今までなんてことを……」グスッ グスッ

まどか「……マミさん」キュッ

マミ「か、鹿目さん……」ヒック ヒック

まどか「生きている以上、他の生き物の命を奪うことは仕方のないことなんです」

まどか「私たちも、いつかは土に還って、他の生き物を育む存在になるんですよ」

マミ「そ、それでも……生まれて来るはずだったヒヨコさんを……」



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 22:29:45.95 ID:32wMTKXH0

まどか「大丈夫です!市販の卵は無性卵ですから、暖めてもヒヨコは孵りません」

まどか「マミさんに食べられちゃったヒヨコさんはいないんですよ!」

マミ「そうなの……?よ、良かったわ……」ホッ

まどか「そうですよ!」

まどか「さっ、早くお弁当食べましょ。うかうかしてると、さやかちゃんに全部食べられちゃいますよ」

さやか「美味い美味い」パクパク



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 22:32:25.69 ID:32wMTKXH0

マミ「……そうね!いただきまーす」パク

まどか「私のジャムパンもどうぞ!」アーン

マミ「ありがとう」パク

マミ「うん、美味しい!」ニコッ

まどか「ウェヒヒヒッ」



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 22:34:54.21 ID:32wMTKXH0

ほむら「ま、まどかも、私のお弁当食べてみない?」アセアセ

まどか「ごめんね。私、オムライスってヒヨコさんがかわいそうだから好きじゃないの」

ほむら「そ、そんな……」




92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 22:38:52.98 ID:32wMTKXH0

まどか「ごちそうさま!」

マミ「ごちそうさまでした」

まどか「マミさん!午後の授業まで、あっちでお話しましょうよ!」スッ クイクイ

マミ「あらあら。それじゃあ、暁美さん、美樹さん。またね」

まどか「さやかちゃん、また後でねー」グイー タタタタ

さやか「はいよー」

ほむら「ああああ……」



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 22:40:52.64 ID:32wMTKXH0

ほむら「まどかに嫌われちゃったよお……」ポロポロ

さやか「ねえ。このホムライス食べてもいい?」クイクイ

ほむら「やかましいッ!!勝手に食えッ!!」

さやか「さんきゅ!」パクパク



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 22:43:24.91 ID:32wMTKXH0

ほむら「まどかあ……まどかあ……!」ポロポロ

さやか「……」パクパク

さやか「……ねえ、転校生」

ほむら「何よっ!?さっきからうるさいわね!!」クルッ



97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 22:45:52.20 ID:32wMTKXH0

さやか「まどかがマミさんを好きになったのはさ。性格が幼いからじゃないと思うんだよ」

ほむら「……え?」



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 22:48:17.40 ID:32wMTKXH0

さやか「いや、まあ、確かにギャップ萌えみたいなのもあるだろうけどさ」

さやか「それよりも、保護欲をくすぐられるっていうかさ」

さやか「なんていうか、マミさんは、真剣なんだよ」

ほむら「……」



99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 22:50:54.33 ID:32wMTKXH0

さやか「相手の気を引くためにキャラを作るってのとは、何か違うんだよね」

さやか「まあ、これは実体験も入った話なんだけどね」アハハハ

ほむら「……そう」



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 22:55:18.12 ID:32wMTKXH0

さやか「やっぱ、体裁だけ取り繕っても、ろくな人間関係は築けないって」

さやか「転校生もさ。変なキャラ作りなんてしないで、自然な自分をまどかに見せてみなよ」

さやか「……そうしたらまどかと、もっと仲良くなれると思うよ」

ほむら「……ッ」



106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 22:57:49.65 ID:32wMTKXH0

ほむら「ふ、ふん。お馬鹿な美樹さやかにしては、いいことを言うじゃない」

さやか「なんだとー!?さやかちゃんが気にしてることをー!」ブンブン

ほむら「……自然な自分か」

さやか「?」



108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 23:00:35.42 ID:32wMTKXH0

ほむら「……私、頑張ってみる」

さやか「ん」

ほむら「……………………ありがとう、さやか」

さやか「どういたしましてー、ほむら」

ほむら「……!」



116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 23:12:44.78 ID:32wMTKXH0

さやか「そんじゃ、私たちも親友になったことだし、あの二人を探しに行きますか!」グイッ

ほむら「ち、ちょっと!?」グイッ

さやか「ほらっ、行くよ!乙女の青春は短いんだからっ!」

ほむら「まったく……」

ほむら「……行くわよ!さやか!巴マミからまどかを奪い返すのよ!」

さやか「ほいほいなっと」




ほむらに足りなかったもの。それは、勇気に他ならない。
相手を信じ、いつわりのない自分を見せ、傷つき、傷つける。
その繰り返しが、本当の信頼関係を作って行くのだ。
どれ。
僕も勇気を出して、まどマミ以外の組み合わせに挑戦してみるかな。
きゅっぷい!







元スレ
さやか「マミさーん」ほむら「ちょっと!どこ行くのよ!」