1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 18:43:44.60 ID:rtvqMxIu0

律子「…はい?」

P「俺はアイドルを目指そうかと思うんだ」

律子「はぁ、まあ好きに…ってアイドル!?」

P「何か問題が?」

律子「大有りですよ!
   私がまた全員の面倒なんて!」

P「ああ、大丈夫だ
 プロデューサーとしての仕事も引き続き続ける」

律子「アイドルしながらプロデュース…ですか
   そんなの無理ですよ」

P「無理ならいいさ、やって無理だと思えばあきらめる」

律子「まあ何かに挑戦するというのは結構ですけど
   多忙で病院送りなんて勘弁してくださいね」

P「気をつけるよ」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 18:48:39.61 ID:rtvqMxIu0

P「アイドルといえば、歌
 歌といえば千早だよな」

~~

千早「歌を、プロデューサーに、ですか?」

P「ああ、千早のレッスンや仕事がない空き時間で構わないからさ」

千早「どうしてまた…って聞いても
   どうせプロデューサーの事ですから大したきっかけはないですよね」

P「ぐぬぬ…反論できない…」

千早「ちなみに、歌の経験は?」

P「高校の卒業式で歌ったのが最後かな」

千早「…他ならぬプロデューサーの頼みですから、断りはしませんけど
   普段の歌のご指導を頂いていますし、私のアドバイスが有用とは思えませんが…」

P「自分で自分をプロデュースなんて無理さ」

千早「なるほど、今日はどこか空きのある教室をご存知ですか?」

P「一応、探したんだけどな」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 18:52:36.88 ID:rtvqMxIu0

千早「765プロのレッスンルームですか…
   まあ、最初は機材も使わずに練習出来ますから、事足りますね」

P「よろしくお願いします、千早先輩」

千早「なんだか、くすぐったいですね
   …発声練習からしましょう」

~~

P「あー!あー!あー!」

千早「がなり過ぎです、もっと優しく
   さっきのように女々しい声でも駄目ですよ」

P「あー、あー、あー」

千早(もう三時…喉だけは強いみたいだけど
   発声の仕方、全然上達しないわね…)

千早「少し、方向性を変えてみましょう
   歌がどうのこうののレベルではないです
   萩原さんを呼んできますので、少し待っていて下さい」

P「あ、千早…!行っちゃった…
 雪歩を…?」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 18:57:10.22 ID:rtvqMxIu0

雪歩「あの…事情は、千早ちゃんから聞きました」

千早「私は収録があるので、これで失礼します
   萩原さん、後はよろしくね」

P「ありがとうな、千早
 えっと、それで…」

雪歩「台本を読んでもらう事にしましたぁ
    えっと、台本自体は私が前に出演させてもらった劇のものがあるから…」

P「なるほど!あーあー言ってるよりは楽しそうだな!」

雪歩(千早ちゃん、プロデューサーが半分飽きてるの見抜いてたんだろうなぁ…)

雪歩「それじゃあ、ナレーションから読んでみてください
   発声練習の、小手調べって気楽に…」

P「よしきた!」

~~

雪歩「少し、肩に力入りすぎかもですぅ…」

P「そ、そうか?」

雪歩「でも、声は大きくて凄く良かったと思います!」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 19:00:15.82 ID:rtvqMxIu0

P「なんだか、一歩前進出来た気がする!」

雪歩「それじゃあ、台詞に入ってみましょう」

P「ここからでいいのか?」

雪歩「はい、わくわく」

P「うっ…そんな期待されると、なんだか緊張しちゃうな…コホン
 扉を開けてくれ!ルシアン卿の使いの者だ!」

雪歩「一体何の用?こんな夜分に」

P(雪歩の演技…凄いな)

~~

P「ミリー、お前が好きだ!
 俺はお前を愛してる!」

雪歩「きゅぅ…」

P「わ!?雪歩…!大丈夫か!?」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 19:04:53.69 ID:rtvqMxIu0

真「やっほー、二人がこっちに来てるって聞いて来てみたんだけど
  …何してるの?」

響「ま、まさか…ここに連れ込んで雪歩の事…!へ、変態プロデューサー!」

P「とりあえず響、落ち着け
 台本を読む練習に付き合ってもらったんだけど…」

真「あー、大体想像付きました
  雪歩~、そろそろ時間だよ」

雪歩「はっ!?す、すっかり忘れてましたぁ~!
   プロデューサー、お役に立てなくて、ごめんなさいぃ…」

P「いいんだ、仕事に行ってきな」

響「なんでまた台本練習を?」

P「ちょっと高みを目指そうと思ってね」

響「急に貴音みたいな事言い始めたぞ…」

真「面白そうだし、ボク達もお手伝いしますよ!」

P「本当か!?」

響「まー、自分達もうお仕事終わったしなー
  ビシバシ鍛えてあげるぞ!」




13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 19:08:17.73 ID:rtvqMxIu0

P「だ、ダンスか…」

真「あれ、急に乗り気じゃなくなっちゃいましたね」

P「まったく未経験だし、運動もしてないからなぁ…」

響「足があれば、なくるないさー!」

P「そうはいかんだろ…」

真「泣き言言っても動けるようにはなりませんよ
  とりあえずステップ練習やってみましょう!」

~~

響「プロデューサー、大丈夫か!?」

P「いててて」

真「凄いですね、この段階で転ぶ人初めて見ました」

P「褒めてないだろ…」

響「最初のうちは、足見ながらやってみればいいんじゃないか?」

P「なるほど、やってみよう」




14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 19:12:58.51 ID:rtvqMxIu0

真「こらー!ステップ踏み間違えてます!」

響「う~ん、これにはちょっと困ったぞ…」

P「頭が固いのか、見ると逆に混乱しちゃうな」

真「あれやったらどうです?脳を鍛える大人のなんちゃら…」

P「くっ…お前ら好き勝手言い腐りやがって…」

響「プロデューサーの為を思ってだぞ」

P「本当かよ…」

真「でも、体力だけは凄いですよ
  これだけ動いてバテないなんて、ダンス前にはボーカルもやってたんですよね?」

P「ああ、一応…って、もう7時か!?
 さくらTVに行かないと!」

響「え!?休憩もしてないのに大丈夫!?」

P「移動時間が休憩!行って来まーす
 鍵返しておいてくれー」

真「行っちゃった」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 19:16:47.49 ID:rtvqMxIu0

~~

春香「へぇ、プロデューサーさんが…」

千早「やっぱり、ダンスレッスンもてんで駄目だったのね」

真「体力だけならあるんだけど、動きがね…」

響「歌の方はどうだったの?」

千早「…発声から先に進まなかったから、歌に入ることすら出来なかったわ
   まあ、あれだけ声を張って潰れなかったし、喉だけは強いみたいだけど…」

雪歩「なんだか凄くもったいないですぅ…」

春香「で、当の本人は営業中と
   頑張るねー」

真「いつまで続くことやら」

千早「3日…続くかしら」

雪歩「二人とも…」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 19:24:25.00 ID:rtvqMxIu0

亜美「真美ー、メール着てるYO→」

真美「サンクス ソーマイッチング!
   …って、兄ちゃんからじゃん」

亜美「お仕事?」

真美「"一人で出来るビジュアルレッスンとか、何かない?"って…なんだこりゃ」

亜美「何なに?兄ちゃんついにイケメン俳優目指して古墳爆闘!?」

真美「それを言うなら、コグンフントーだよ!
   …意味は知らないけど」

亜美「とりあずめっちゃ頑張るっしょ!
   …で、兄ちゃんには何て返事すんの→?」

真美「んー、超オススメ漫画でも送っとこっか!」

亜美「さんせ→!亜美ね亜美ね、無線ランボー 怒りのwifi設定とかオススメ!」

真美「じゃあそれも書いておく!
   兄ちゃんチョー喜ぶよ!」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 19:33:34.02 ID:rtvqMxIu0

~~

P「な、なんだこのリスト…って、これ漫画じゃないか?
 どういう暗号だ…縦読みでも、斜めでもなさそうだな
 まさか進数?いや、あいつらがそこまで考えるとも…」

P「あれ、今度は伊織からか」

[from;水瀬伊織
件名:どうせ困ってるんでしょ
本文:ちょっと!私に一斉送信メールを送るなんて良い度胸してるじゃない!
   この伊織ちゃんには感謝の気持ちを込めて一文字ずつメールを打ちなさいよ?
   …あんた、人望ない?私はともかく頼る相手が真美って…
   特別に私がいいレッスン法を伝授してあげる
   好きな映画を見て、その表情を真似するの
   試してみれば?バイバ~イ☆]

P「な、なんか怒られたけど、レッスン方法は教えてくれたな
 とりあえずこれをやってみるか!
 映画は…とりあえず『アウトロー』でいいか
 …俺なんかがイーストウッドの真似しちゃって、失礼じゃないかな
 いや、そんな事気にしてたら駄目だよな
 よし、ディスクを入れていざ再生!」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 19:45:34.18 ID:rtvqMxIu0

TV「オレたちはみんな、あの戦争で少し死んだんだ…」

P「…かっけえよ、かっけえよジョージー…」

P「…っは!?映画が終わってしまった…
 もう一度、再生してみるか…」


~~


P「…この表情、う~ん、渋い
 この渋い表情の真似…こんな感じかな、鏡鏡…」

P「な、なんてブサイク…!イーストウッドの渋さのかけらもない!」

P「ちょっと、ハードル高かったな
 賞金稼ぎ相手に挑発的な顔の所をやってみよう」

P「…うざいわ、こんな顔で挑発されたら顔面パンチものだわ…
 イーストウッドがやるとカッコイイのに…」

P「自信をなくした、今日はもう寝よう…」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 19:48:27.50 ID:rtvqMxIu0

翌日

P「春香!」

春香「わ!?どうしたんですか?」

P「今日のレッスン、昼からだよな?」

春香「はい、そうですけど…?」

P「アイドルの先輩として、アイドルをやるコツを教えて下さい!」

春香「え、えぇ?コツって言われても…」

P「頼む!」

春香「じゃあ、わかりました
   まずは先輩のおつかいを頼まれてくれますか?」

P「小間使い!なんか下っ端アイドルっぽいな!
  行ってきます!」

春香「まったく…」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 19:51:03.23 ID:rtvqMxIu0

~~

P「買ってきたけど、これって…」

春香「それじゃ、一緒に給湯室いきましょうか」

P「あぁ、うん…」

春香「じゃあ、そこにボウルがありますから
   言われたとおりに生地を作ってください
   私はここでチーズ作ってますから」

P「やっぱり、ケーキ作るのか?」

春香「はい、チーズケーキです」

P「なんでまた…」

春香「こらーっ 後輩はつべこべ言わないでさっさとやる!」

P「はーい」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 19:57:38.44 ID:rtvqMxIu0

春香「はい、あとは焼けるのを待つだけです」

P「それじゃあ、そろそろどうしてケーキ作らせたか教えてくれるか?」

春香「どうしてって…作りたいから?」

P「んな…!?」

春香「お菓子作るの、好きですから
    好きだから、私はアイドルになったんです」

P「…」

春香「好きだから。プロデューサーになったんじゃないんですよね、前に聞きましたよ
   せっかく、好きなことをお仕事に出来たのに
   それを蔑ろにしちゃったら、もったいないです」

P(…好きだから、プロデューサーを…
 楽しいもんな、プロデュース…
 俺がアイドル活動なんか始めなければ、もっともっと、アイドルと一緒に仕事できたのに
 それが楽しくて、この仕事始めたのに…)

貴音「では、行って参ります」
美希「行ってくるのー」

P「…春香!ありがとう!
 二人とも、車で送るからちょっと待ってくれー!」

春香(ふふ、ケーキとっておいてあげよっと♪)  おわり



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 19:58:06.05 ID:rtvqMxIu0

短いけど終わりんちょ
読んでくれた人ありがとう



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 19:59:02.03 ID:hL3mGK380

乙乙

ダメPがFランクから駆け上がるのも見てみたかった


元スレ
P「アイドルになる」