1: 名無しで叶える物語 2019/11/27(水) 13:23:03.98 ID:DFkx2b7Q.net

海未「今、山では紅葉が見頃なんです。とてもキレイですよ」

しずく「山登りですか、いいですね」

花丸「マル、登れるかなぁ……ちょっと不安」

海未「心配はありません。初心者向けの小さな子供でも登れる山ですから」

花丸「それなら大丈夫かな。海未さんとしずくちゃんと一緒なら登れるかも」

しずく「なにか準備する物はありますか?」

海未「山は寒いので防寒具は必須です。それとお昼ご飯に食べるお弁当、途中休憩の時につまめるおやつや飲み物も欲しいですね」

花丸「なんか遠足みたいでワクワクするね~」

しずく「そうだね、私山登りなんて小学生以来だよ」

海未「山登りとはそんな甘いものではありませんが……」

海未「今回はなにも考えず、山登りを楽しみましょう!!」



7: 名無しで叶える物語 2019/11/27(水) 13:40:38.51 ID:DFkx2b7Q.net

山登り当日 朝 集合場所

花丸「おはよ~しずくちゃん」

しずく「おはよう花丸ちゃん」

花丸「一緒になったね。海未さんはいるかな」

しずく「すごく楽しみにしてたからね。先に来て待ってるかも」

しずく「ん?あれ海未さんかな?」

花丸「すごい大きなリュック背負ってる……どっちが持ち主だかわからないよあれ」

海未「花丸、しずく、おはようございます」

しずく「おはようございます。早かったですね」

海未「はい、一時間ほど早く来てしまいました」

花丸「早すぎ!?ずっと待ってたの?ごめんね」

海未「いいんですよ。私が早く着いてしまっただけです」

海未「二人共、準備はいいですか?」

花丸「うん、お弁当もおやつも持ってきたし」

しずく「寒くない服装で来ましたが一応上着をもう一枚持ってきたのでこちらも心配ありません」

海未「結構ですね。それではいざ、出発です」



14: 名無しで叶える物語 2019/11/27(水) 13:53:28.31 ID:DFkx2b7Q.net

しずく「うわ~紅葉がキレイ~」

花丸「本当だ、落ち葉を拾って焼き芋したいな~」

海未「段々終わりに向かっていますが落ち葉があるのもまたいいものですね」

しずく「道もちゃんと整備されて歩きやすいですね」

花丸「なんか地面に木の破片がいっぱい敷き詰められてるけど」

海未「あぁ、それは木片のチップです。それを撒く事によって歩きやすくしているのですよ」

花丸「へぇ~ふかふかして面白いね~」

海未「転ばないように注意してくださいね」

花丸「は~い」



15: 名無しで叶える物語(東日本) 2019/11/27(水) 14:11:45 ID:DFkx2b7Q.net

しずく「う~ん、山の空気っておいしいな」

花丸「なぜか深呼吸したくなっちゃうよね」

海未「山には清涼な空気がありますからねーーすぅ~…はぁ~」

海未「やはり山は落ち着きますね」

しずく「あ、見てあそこ、小鳥がいるよ」

花丸「どれどれ?あ、本当だ」

花丸「ひなにエサあげてる、かわいい~」

海未「これから冬に向けてあの小鳥もエサを蓄えているのでしょうね」

しずく「そう考えると動物も生きていくのに一生懸命なんですね」

花丸「マル、人間でよかったよ。こんな山の中で冬を越すなんて出来そうにないもん」

海未「動物に敬意を表さねばなりませんね」

花丸「うん、動物はすごい!!」



17: 名無しで叶える物語(東日本) 2019/11/27(水) 14:31:42 ID:DFkx2b7Q.net

海未「二人共、大丈夫ですか?疲れていませんか?」

花丸「ちょっと、休みたいかも……」

しずく「私はまだ平気ですが、花丸ちゃんがバテてきていますね」

海未「もう少し歩いた所に沢があります。そこで休憩にしましょうか」



海未「ここなら平らだから使えますね……折り畳みイスをを持ってきました、どうぞ」

花丸「は~やっと座れた~」

しずく「海未さん、準備がいいですね」

海未「あれこれ物を詰めて持ってきたのでなんでもありますよ」

海未「穂乃果におまんじゅうを貰ったのでよろしければ二人も食べてください」

花丸「マルものっぽパンを持ってきたよ」

しずく「私はビスケットを持ってきました」

海未「ほう、これが花丸の好きなのっぽパンですか」

海未「あむ…うむ、これは素晴らしいですね。病みつきになりそうです」

花丸「穂乃果さんのおまんじゅうもおいしいね~」

しずく「本当、甘過ぎないからいくらでも食べられちゃうよ」

海未「ビスケットもいいですね、おやつにぴったりです」

花丸「マルにもちょうだい」

しずく「はいどうぞ」



21: 名無しで叶える物語 2019/11/27(水) 14:48:33.26 ID:DFkx2b7Q.net

花丸「海未さん、山頂まであとどれくらい?」

海未「あと半分、と言ったところですかね」

花丸「半分かぁ~まだ長いなぁ」

海未「沢の水を飲めば力が出ますよ。飲んだらまた出発しましょう」

花丸「うひゃ、冷た~い」

しずく「目が覚めるね」

海未「さぁ、あともうひと頑張りですよ」



しずく「海未さんは、どうして山登りが好きなんですか?」

海未「理由ですか?そうですね……」

海未「山には都会にはない世界があります。昔から続く生命の息吹、雄大な自然……」

海未「そういうものに触れると悩みや嫌な事がいつの間にか無くなっていくんです」

海未「だから私は山登りが好きなんだと思います」

しずく「素敵なお話ですね」

海未「え?いや、いっ今の話は忘れてください!!なんだか恥ずかしくなってきました」

しずく「ふふっ、恥ずかしがらなくてもいいのに」



27: 名無しで叶える物語 2019/11/27(水) 15:06:13.31 ID:DFkx2b7Q.net

しずく「そういえば花丸ちゃんがずっと静かだけど」

花丸「はぁ……はぁ……」

海未「花丸、大丈夫ですか?」

花丸「疲れた……普段本ばかり読んでるからマルには応えるよ」

花丸「海未さん、おんぶして~」

海未「あともう少しですよ、仕方がありませんね」ギュッ

海未「おんぶは流石に無理ですから手を繋いで引っ張ってあげましょう」

しずく「私も後ろから背中押してあげるよ」グイッ

花丸「わぁ~こりゃいいや、楽チン楽チン」

海未「しずくは音を上げないのですね」

しずく「私は演劇の練習をしているので体力には少しだけ自信があるんです」

花丸「演劇ってそんなに体力使うんだ。しずくちゃんって見た目によらずパワフルだね」

海未「私も驚きました。演劇をやっている方はすごいのですね」

しずく「あはは……そこまで大した事じゃないですよ」

海未「山頂が見えてきました。このまま登ってしまいましょう」



28: 名無しで叶える物語 2019/11/27(水) 15:26:10.07 ID:DFkx2b7Q.net

海未「ついに山頂に到達しました!!」

花丸「二人のおかげでなんとか登りきれたよ~ありがとう」

しずく「山頂から見える景色もまた一段とキレイですね。一面赤い絨毯みたい」

海未「山登りは山頂まで登った時の達成感がなんとも言えないのです」

花丸「本当、頑張った甲斐があったよ」グゥ~

しずく「お腹空いたね、花丸ちゃん」

花丸「……うん」セキメン

海未「ではここでお弁当を食べましょうか」

花丸「わ~い、待ってました」



海未「私は山登りに来たらいつもこれを食べます」ペヤング

しずく「おにぎりとカップラーメン、ですか?」

花丸「山でカップラーメンとかなんか意外」

海未「これが中々イケるのですよ。寒い山頂で食べる温かいカップラーメン、最高です」

花丸「マルは婆ちゃんと一緒にカボチャの煮物作ったんだ。よかったら食べてみてよ」

しずく「おいしそうだね。私は手作りのベーグルサンドを持ってきたよ」

花丸「ベーグルサンド?おしゃれな物作るんだね~」

海未「しずくに似合ってますね」

しずく「そうですか?ありがとうございます」



30: 名無しで叶える物語 2019/11/27(水) 15:41:05.75 ID:DFkx2b7Q.net

花丸「はぁ~おいしかった。お腹いっぱい」

しずく「花丸ちゃんのカボチャ、おいしかったよ。上手に出来てたね」

海未「今度私も教わりたいものです」

花丸「本当?嬉しいな。婆ちゃんにも言っておくね」

海未「さてと、一休みしたら山を降りますよ」




花丸「帰りは帰りで大変なんだね……」

しずく「下り坂だからね。大丈夫?」

花丸「なんとか……」

海未「それならこれを使ってください」

花丸「おぉ…なにこれ、杖?」

海未「登山用のストックです。山登りは降りる方が疲れますからね、あると楽ですよ」

しずく「本当、なんでも持ってますね」

海未「当然です。遭難したって平気なくらい準備してきましたから」

花丸「それはそれでどうかと思うけど……」

海未「麓に降りたらもう一つお楽しみが待っていますよ」

しずく「これで終わりじゃないんですね」

花丸「なんだろう、楽しみだな~」



31: 名無しで叶える物語 2019/11/27(水) 16:00:35.93 ID:DFkx2b7Q.net

しずく「なんとか日が沈む前に降りて来られたね」

花丸「おかげで足がパンパンだよ。ここから家まで帰れるかなぁ」

海未「そこでいい所があります。付いてきてください」



しずく「これは……」

花丸「足湯?」

海未「そうです、ここで山登りをした人が登山の疲れを癒していくんです。私達も入りましょう」

花丸「ふぁ~あったか~い」

しずく「足だけじゃなく体全体までぽかぽかしてくるね」

海未「あ~気持ちいい~。これぞ山登りの醍醐味ですね……」

しずく「でもこんな所、よく知ってましたね」

海未「朝、一時間早く来たと言いましたよね。その時に周辺を散策していてそれでここを見つけたのですよ」

花丸「時間の無駄にならなくてよかったね」

海未「そうですね、おかげで疲れを癒す事が出来ます」

しずく「今日は誘ってくれてありがとうございました。海未さんの山が好きな理由も聞けて嬉しかったです」

海未「あの話は忘れてくださいと言ったでしょう……」

花丸「マルも海未さんのおかげで山が好きになったよ。どうもありがとう」

海未「それはよかったです」

海未「今度は、新緑の頃にでも行きましょうか」



32: 名無しで叶える物語 2019/11/27(水) 16:02:06.91 ID:DFkx2b7Q.net

これで終わりになります。スクスタのイベントとは違う話になりましたがここまで読んでくださってありがとうございました。


元スレ
海未「花丸、しずく、山に登りましょう」