1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 01:41:47.12 ID:akvqv237O

「2人とも、誕生日おめでとう!」

事務所に響いた兄ちゃんの声
その後に続いて、みんなの声とクラッカーの音

今日は5月22日
真美と亜美の、13回目の誕生日

真美の前にはイチゴショートのホールケーキ
亜美の前にはチョコクリームのホールケーキ

みんなが歌うバースデーソングに包まれながら、それぞれのケーキに立てられた13本のローソクを同時に吹き消した





5: >>2かわいい 2012/05/22(火) 01:44:44.91 ID:akvqv237O

「んっふっふ~。亜美たち、また一歩大人に近づいたよん」

「だけど兄ちゃん?いくら真美たちが大人っぽくなったからって、中学生に手を出したら犯罪だからね?」

「あ、あのなぁ…」

苦笑いしてる兄ちゃんと、大笑いしてるみんな
たくさんのプレゼントと笑い声に囲まれて、亜美も嬉しそう

もちろん真美だってすっごく嬉しかった!
酔っ払ったあずさお姉ちゃんに5分くらい抱きしめられちゃったしね




12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 01:51:46.43 ID:akvqv237O

「まだ13歳かぁ…」

ピヨちゃんがため息をつきながら肩を落としてたけど、真美、見ないふりをしといたよ
触らぬ神になんとやら、だもんね?

「ねぇねぇ。律ちゃんが13歳だったときはどんなだったの?」

「いきなり何よ、亜美?」

「だって気になるじゃんか。ぜんぜん想像つかないしさ」

あー、たしかに
他のみんなは何となく想像できるんだけどね



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 01:57:28.28 ID:akvqv237O

「ねぇねぇねぇ!どんなだったの?」

亜美ってば、今日は攻めますなー
まぁ、誕生日のときくらい律ちゃんをからかってみても良いよね?

「13歳のときねぇ…」

「やっぱり生意気」

「は?美希、いまなんか言った?」

「な、なんでもないの!」

みきみきぃ
そろそろ空気読むことを覚えようよ

でないと、真美たちの方が先に大人になっちゃうよ?
んっふっふ~



19: >>16 完全に同意 2012/05/22(火) 02:02:50.14 ID:akvqv237O

「よーし、そろそろお開きにするぞー」

「えぇー!亜美、律ちゃんの話まだ聞いてないよー!」

「13歳のときも可愛かったんだろ、きっと」

「ななな何言ってるんですかいきなり!」

おやー?
兄ちゃんってば、律ちゃんの扱い方がだいぶ分かってきたようですなぁ

感心感心!



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 02:08:41.45 ID:akvqv237O

「プレゼントどうしよっか、真美ぃ」

「抱えて帰れないよねぇ」

「車で家まで送ってってやるよ。まだ行かなきゃいけないとこがあるから、ついでだ」

ほぅほぅ
つまりバースデードライブですな?
なかなか気が利くねぇ、兄ちゃん

律ちゃんとのやり取りといい、ちょっとは大人になったようだねぇ
感心感心



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 02:14:46.59 ID:akvqv237O

真美たちのおうちへ向かう車の中
とーぜんのように、真美たちに遊ばれる兄ちゃん

どんな13歳だった?
ちゃんと宿題やってた?
どんな女の子が好きだったの?

あたふたしながら、1つ1つの質問に真面目に答える兄ちゃん
それでこそ"からかい甲斐"があるってものさ

だけど

いま好きな人いるの?

っていう真美からの質問には答えてくれなかった
ざんねーん!




26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 02:19:51.96 ID:akvqv237O

なんでだか分かんないけど、この兄ちゃんはけっこうモテるみたいだからねぇ

姉ちゃんたちからちょくせつ聞いたわけじゃなくて、何というか…

そう、女の勘ってやつだね

何人かの姉ちゃんは、間違いなく兄ちゃんのこと好きなんだと思うなぁ

でも、待てよ?
真美に女の勘があるなら、姉ちゃんたちにもあるわけで…

ひょっとしたら、真美の気持ちも気付かれちゃってるのかなぁ?
それはちょっと恥ずかしいな…



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 02:27:16.25 ID:akvqv237O

「と、とにかく!いまの俺には仕事が恋人だ!」

「そんなのつまんないよー!ガッとやってチュっと吸っちゃいなよ!」

「捕まるからな、それ…」

真美が1人で考えごとしてる間も、亜美と兄ちゃんのやり取りは続いてた

そういえば亜美はどうなんだろ?
亜美も兄ちゃんのこと好きなのかなぁ? そんでもって真美が好きなのも分かってたりするのかなぁ?

もしも亜美と一緒の人を好きになったら…

やっぱりあきらめちゃうかな、真美



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 02:32:57.10 ID:akvqv237O

「そうだ!ピヨちゃん貰ってあげなよ!」

「いやいやいや!小鳥さんの方がお断りだろ!」

「えー。ピヨちゃんは兄ちゃんのこと好きだと思うなぁ」

「バ、バカ!そういうことは思ってても言うんじゃない!」

…へへ
さっきに"大人になったようだねぇ"って思ったけど、やっぱり取り消すよ
相変わらずだね、兄ちゃん

ニブいとことか特にね




32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 02:40:16.09 ID:akvqv237O

そうだなぁ
どうやら"仕事が恋人"みたいだし、お目当ての相手もいないみたいだから…

真美、あと3年…
ううん。5年くらいは、兄ちゃんのこと好きでいてあげるよ

だからその間に、いい人見つけてよね?

「どうした真美?さっきからおとなしいけど」

「んっふっふ~、13歳の誓いですよ、兄ちゃん!」

そうしないと真美、ホントに本気になっちゃうかんね!



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 02:45:49.29 ID:akvqv237O

「ほら、着いたぞ」

「うん。ありがとう兄ちゃん」

「亜美と一緒に寝てくかい?」

「バカ!親父さんに殺されるだろ!」

また明日な

そう言って別れたあとも、兄ちゃんの車を見送ってた
見えなくなるまで、亜美と一緒に

いくつものプレゼントを抱えて、2人並んで



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 02:52:34.65 ID:akvqv237O

その日は久しぶりに、亜美と一緒にお風呂に入った
髪を洗いっこしたあと、2人で湯船に浸かってた
そしたら亜美の方から聞いてきたんだぁ
真美が聞こうと思ってたことを

「もし亜美と一緒の人を好きになったら、真美はどうする?」

って

「うんとねぇ…」

「亜美は…あきらめちゃうかな」

やっぱり双子だね
おんなじふうに思ってたよ

たぶん車の中でも、真美とおんなじようなこと考えてたんだろうね
そんでやっぱり、亜美も兄ちゃんのことが…



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 02:59:36.33 ID:akvqv237O

「真美も…あきらめちゃうよ」

「そっかぁ…」

"5年は好きでいる"って言ったのがウソになっちゃうけど…
亜美と取り合ったりしたくないもん、やっぱり

「亜美も大人になったんだねぇ」

まだまだ子供だって思ってたんだけどね
こうやって一歩ずつ大人に…

「亜美たち双子じゃん!なんで真美だけ大人ぶってんのさー!」

う…
そりゃそうだ…

だけど真美、いちおう"お姉さん"だからさ?



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 03:05:13.36 ID:akvqv237O

お風呂から出てからしばらくお仕事の話をしてたら、亜美は眠くなっちゃったみたい

「先に寝て良いよ?」

「真美はまだ寝ないの?」

「うん。もうちょっと起きてる」

「わかったー。おやすみー」

「おやすみー」

亜美がベッドに入ったのを見届けてから自分の机に向かった
バッグから取り出したのはまっさらな日記帳
13歳になった記念に今日から日記を書くことにしたんだぁ、真美



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 03:13:37.64 ID:akvqv237O

5月22日

日付だけ書いてから、なんて書き出そうか考えた
亜美の方を見ると、もう寝息を立ててた

「ふふ…」

机に向き直って、黄色いペンで日記帳に書き始める

『今日は亜美の誕生日だったよ!』

双子なのに変かなぁ?
だけど、真美はお姉ちゃんだからね



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 03:19:37.47 ID:akvqv237O

『来年も亜美の誕生日をお祝いできますように
さ来年もその次も、10年後も20年後も
ずっとずっとお祝いできますように!』

2人ともお嫁さんになって子供が産まれて
毎日一緒にはいられなくなって
それでも5月22日には顔を合わせて

「亜美おめでとう!」

って言わせてほしいから





46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 03:26:10.61 ID:akvqv237O

30年後、少しずつシワが目立ち始めて…
40年後、子供たちが大きくなって…

そのあともずっとずっと、5月22日には顔を合わせて

「亜美おめでとう!」

って言い続けたい

それがお姉ちゃんの役目だって、真美は思うから

良いよね、亜美?
1年に1回くらいお姉ちゃん風を吹かせても



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 03:37:37.30 ID:akvqv237O

日記を書き終えてから、もう1回亜美の寝息を見てみた
可愛い寝息を立てている、真美の妹

リボンの巻かれた包みをバッグから取り出して、亜美の枕元に置いた

お小遣いをはたいて買った、COACHの黄色いお財布
亜美にはまだ早いかもだけど、すぐに大人になるよね?
もちろん真美も一緒にね

「亜美、お誕生日おめでとう」

寝顔に向かってそうつぶやくと、ちょっとだけ笑ったような気がした

今日は大好きな妹の、13歳のバースデー


お し ま い



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 03:39:27.15 ID:akvqv237O

終わり→

忍法帖消えたけど、誕生日までにスレ立てできるようになって良かった!

あらためて誕生日おめ→!!!

読み返してくる


元スレ
真美「亜美のバ→スデ→!」