1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 09:15:44.85 ID:raIp8Rsl0

マミ「ティロ・フィナーレ!!!」

ドギャアアアアアアアッ

使い魔「ぐああああああああああーーーーっ!!!!」

ほむら「 」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 09:23:38.16 ID:raIp8Rsl0

マミ「魔女は逃げたわ、今ならまだ間に合うんじゃないかしら」

ほむら「巴マミ……えっと……その……」

マミ「ふふ、どうしたの?何か言いたい事があるみたいね?」

ほむら「いや……」

マミ「いいわ、話が聞きたいのなら私の宮に来なさい」

マミ「そう、十二宮の一つである射手座の人馬宮へと!」

ほむら「マンションじゃないのね」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 09:26:56.54 ID:raIp8Rsl0

人馬宮

ほむら「さて、それじゃ早速」

マミ「待って、その前に鹿目さん達に魔法少女について話しておかないとね」

まどか「は、はい!よろしくお願いします!」

さやか「へへーん、邪魔しないでよね転校生!」

ほむら「……分かったわ、だけど二人にはそれ以上は踏み込ませないで、決して契約させたりしない」

マミ「それに関しては私じゃなく美樹さんと鹿目さんの判断に任せるわ、それじゃ……」

かくかくしかじか



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 09:32:00.46 ID:raIp8Rsl0

マミ「……というわけで魔法少女は願い事を叶えるのと引き換えに魔女と戦い続けることになるの」

まどか「そ、そうなんだ……」

さやか「ちなみにマミさんはどんな願いで魔法少女に?」

マミ「私の場合は選択してる余裕なんて無かったわ……」

マミ「ただ生死の境で必死に願ったの……生き残りたい……助かりたいって……」

さやか「……」

マミ「そうして現れたのがこの射手座の黄金聖闘衣よ」

ほむら「待ちなさい」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 09:38:49.29 ID:raIp8Rsl0

マミ「なにかしら?」

ほむら「なぜそこで黄金聖闘衣が出てくるの?」

マミ「だってほら…私って昔から聖闘士になるのが憧れだったじゃない?」

さやか「そっかー、確かにその鎧カッコいいですもんね!」

マミ「ええ、だからきっと、その私の願いをQBが叶えてくれたのね」

QB「最も、こんな結果は初めての事例だけどね」

ほむら「どこから何て言えば良いのかしら」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 09:46:58.26 ID:raIp8Rsl0

マミ「というわけで私は魔法聖闘士として小宇宙を燃やして魔女を退治しているの」

さやか「へー、マミさんったらカーッコいいなー!ね、まどか!?」

まどか「ウェヒヒヒー、そうだね、いいなあ魔法聖闘士って……」

ほむら(不味いわ…!このままではまどかが……!)

まどか「ねえマミさん、私も……」

ほむら「だ」

マミ「ダメよ」

まどほむさや「!?」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 09:53:40.16 ID:raIp8Rsl0

マミ「ごめんなさいね、でも鹿目さんを危険な目に会わせるわけにはいかないの」

まどか「そうですか……」

さやか「で、でもマミさん……私なら……」

マミ「そうね……でもあんまりオススメはしないわ、聖闘士ってとても辛いものなのよ?」

さやか「そ、そっか……」

ほむら「そういうことよ、悪いことは言わないわ、今日はもう帰りなさい」

まどか「は、はい……それじゃ……」

さやか「それじゃマミさん、また……」

マミ「……」

ほむら(結果オーライかしら……)



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 10:01:35.46 ID:raIp8Rsl0

ほむら「でも巴マミ……なぜあなたはまどかを……」

マミ「……それはまだ言うわけにはいかないわ、聖闘士ではないあなたには」

ほむら「……そう、でもまあ良いわ、私はまどかを救いたいだけ」

マミ「ふふ、なら立場は違っても私と目的は一緒ということね」

ほむら「私と同じ……?」

ほむら(どういうこと……巴マミの目的は魔女狩りじゃないのかしら……?)

マミ「さて、私はこれから魔女を狩りに出かけるけれど……あなたはどうするのかしら暁美さん」

ほむら「……仕方ないわね、私も付き合うわ」

ほむら(一緒にいればひょっとして今回の巴マミの謎も解けるかもしれない)



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 10:07:34.24 ID:raIp8Rsl0

魔女の結界

使い魔「ケケーッ!くたばりやがれーっ!!」

マミ「ふん……そう簡単にはいかないわよ!はぁっ!」 バキィーッ

使い魔「げぴっ!」

マミ「はあっ!!」 シュバババ

ほむら「は…速い……拳が見えないだなんて……!」

マミ「黄金聖闘士の拳は光速を超えるのよ……そして……」 ゴゴゴゴ……

使い魔「おお……少女の……巴マミの小宇宙が燃えている……!!」

使い魔「ウオオ……これはまさか……!!」

マミ「食らいなさい!最後の射撃を!!」

マミ「ティロ・フィナーレ!!!!」 ドォォォォォン

使い魔「ウギャアーーーーーーーッ!!!!」

ほむら(なにかしらこのテンション)



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 10:13:53.28 ID:raIp8Rsl0

さやか「いやー、やっぱマミさんはカッコいいねー!」

ほむら「美樹さやか……あなた付いて来ていたの!?」

さやか「へへ、やっぱ私も気になってさ……それに叶えたい願いも……」

ほむら「……悪いことは言わないわ、上条恭介のことなら忘れなさい」

さやか「なっ……!」

ほむら「彼を助けたところで貴方が彼と結ばれるわけではないわ」

さやか「そんなことっ……!」

マミ「美樹さん、私は詳しいことは分からないけれど……人の為に願い事を使うのは少し危ないと思うわ……」

さやか「っ……」 ダッ

マミ「美樹さん!」

ほむら(美樹さやかってほんとバカ)



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 10:25:39.50 ID:raIp8Rsl0

病院

上条「僕の腕は治らない……奇跡か……魔法でも無い限り治らないんだ!」

さやか「あるよ……奇跡も!魔法も!あるんだよ!」

QB「よく言ったさやか!」 

さやか「QB……!よし……私あんたと契約し……」

マミ「待ちなさい美樹さん!」 バッ

さやか「マミさん!邪魔しな……ぎゃあああああああああ!!!」 ズドーン

マミ「悪いわね、美樹さんの中枢神経を刺激して激痛と共に体を麻痺させてもらったわ!!」

ほむら「あなた射手座じゃなかったの?」

さやか「ぐああああああああああああああああああ!!!!」

上条「さやかーーーー!!!」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 10:32:20.58 ID:raIp8Rsl0

さやか「うう……ま……マミさんは何であんなに……」

「ククク……困っているようだな……」

さやか「だ、誰!?」

「なぜ自分の邪魔をされるのか……嫌だろう……悔しいだろう……」

さやか「そ……それは……でも……」

「ククク……さあ、私達と一緒に来るがいい……そうすればQBとも契約させてやる……」

「願いを叶えさせてやる……あの彼氏の腕を治してやろうじゃないか……!」

さやか「そ……そ、それなら私……私は……!」

さやか「う……ウオオオオオオオオオ……!!!」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 10:37:44.16 ID:raIp8Rsl0

翌日

早乙女「美樹さん!美樹さんは今日はお休みですか?」

まどか「さやかちゃんが休みだなんて珍しいね」

仁美「そうですわね、大丈夫でしょうか」

ほむら(……確かに珍しいわね……美樹さやかが休むだなんて……)

ほむら(まさか……)

ガラッ

さやか「すいません遅刻しちゃいましたー!」 テヘペロ

まどか「さやかちゃん!」

さやか「へへ、ごめんごめん!遅くなっちゃって!」

ほむら(……気のせいかしら)



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 10:43:38.32 ID:raIp8Rsl0

放課後

さやか「ねえまどか、今日これから用事ある?」

まどか「ううん?どこか行く?」

さやか「そうだね、そんじゃ適当にどっか出かけようか!」

まどか「うん!」

ほむら(……契約は諦めたのかしら、まあ昨日あんなことされちゃ仕方ないけど……)

さやか「そうそう、そういえば昨日のテレビでさー!」

まどか「ウェヒヒヒwwwwさやかちゃんったらwwwwwwwwww」

ほむら(……これ以上に美樹さやかを気にするのは無駄かもしれないわね、巴マミのところへ向かいましょう)

さやか「……」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 10:53:13.90 ID:raIp8Rsl0

廃工場

さやか「へへへ、まどか!こっちこっち!」

まどか「さ……さやかちゃん……?どうしてこんなとこに……」

さやか「へへー、まどかに楽しいものを見せてあげようと思ってさー♪」

まどか「さ、さやかちゃん?どうしたの?ねえ……?」

さやか「私ね、やっと力を手に入れたんだ、それもマミさん達なんかよりもスゴイね……」

まどか「さ、さやかちゃん……ま、まさか……契約を……!」

さやか「ふふ、そうだよまどか、今の私は美樹さやかじゃない……」

まどか「な、なにあれ……人魚の形の……像……!?」

さやか「魔女闘士!オクタヴィアのさやか!!」 ジャキーン

まどか「さ、さやかちゃ……きゃああああああああああああああ!!!」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 10:59:28.30 ID:raIp8Rsl0

マミ「やられた……鹿目さんが連れ去られたわ!」

ほむら「何ですって!?」

マミ「美樹さんの心の隙を魔女闘士達が狙ってきたのね……迂闊だったわ!」

ほむら「魔女闘士って何よ、というかまどかをさらって何を……」

マミ「……鹿目さんは魔女として破格の素質を備えている」

ほむら「な……知っていたの!?」

マミ「ええ、そして私達が守護するべき神話の時代からの神の生まれ変わり……」

マミ「それがまど神様……つまり鹿目さんなの!!」

ほむら「わけがわからないわ」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 11:07:13.53 ID:raIp8Rsl0

マミ「急いで鹿目さんを助けに行かないと……」

??「ふふふ、そんなことをさせると思って?」

ほむら「なっ……こ、こいつは……」

ゲルトルート「鹿目まどかには私のブラッディ・ローズを打ち込んだわ!」

ゲルトルート「私のこの白薔薇がしろから赤へ変わった時!彼女は最強の魔女となる!!」

マミ「なっ、なんですってー!!?」

ほむら(というより何で魔女が普通に喋っているのかしら)



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 11:16:58.83 ID:raIp8Rsl0

マミ「そんなことはさせないわ!ティロ・フィナーレ!!」 ズドォォォォン

ゲルトルート「ぐわああああああーーーーーっ!!!!」

マミ「ふっ、私のティロ・フィナーレから逃れる術は無いわ……さあ、暁美さん!」

ほむら「ええ!」

「甘いっ!」 ドスーッ

マミ「うぐぅぅっ!!なっ……ば、馬鹿な……!!」

マミ「た、確かにあなたはティロ・フィナーレで吹き飛ばした筈……」

「ふふふ、残念だったわね、あなたが吹き飛ばしたのは所詮は私の魔闘衣に過ぎないわ!!」

ゲルトルート「この美しい姿こそが私の本体……そう、薔薇園の魔闘衣のゲルトルートよ!!!」 バーン

ほむら「私の知ってる魔女と違う」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 11:29:28.04 ID:raIp8Rsl0

ゲルトルート「ふふ、噂の黄金聖闘士がこの程度だなんてガッカリね……」

マミ「く……まだまだよ!」

ゲルトルート「ほう、どうやら一輪では満足できないようね……なら……!!」

ゲルトルート「受け取りなさい!!ブラッディ・ローズの花束を!!!」 ファサーッ

「させるかぁぁぁっ!!!」 ザシュウウッ

ゲルトルート「なっ、私の薔薇が撃ち落されたですって!?」

「だっらしねーなー、あんな魔女如きに」

マミ「あ……あれは紛れも無く蠍座、スコーピオの聖闘衣……!」

マミ「来てくれたのね!佐倉さん!!」

杏子「へへっ」

ほむら(蠍って割と最後まで地味なポジションだったわよね)



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 11:37:38.59 ID:raIp8Rsl0

杏子「行きな、ここは私が引き受ける」

マミ「ええ、任せたわ!行きましょう暁美さん!」 ダッ

ほむら「え、ええ」

ゲルトルート「ふふん、誰が残っていようが同じことよ……!」

ゲルトルート「さあ!貴方も私のブラッディ・ローズによって血を吸い取られるが良いわ!」 シュバッ

杏子「悪いな、そいつは残像だ」

ゲルトルート「なっ……!!」

杏子「あんたの技はもう何度も見させてもらってんだ、聖闘士に同じ技は通用しねぇ!」 ゴゴゴゴゴ

ゲルトルート「な……き、杏子の小宇宙が燃えている……こ、この技は……!!」

杏子「ロッソ・ファンタズマーーーーーっ!!!!」 ズギャアアアーーーッ

ゲルトルート「ぐああああああーーーーーーーーーーっ!!!!」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 11:49:04.74 ID:raIp8Rsl0

病院

マミ「鹿目さんの小宇宙を感じる……こっちよ!」

ほむら「待ちなさい巴マミ!あれは……」

シャルロッテ「へえ、ゲルトルートを倒したみたいだね、すごいや」

マミ「くっ……な、何かしらこの子……とてつもなく禍々しい小宇宙を感じるわ……!」

ほむら(そりゃそうでしょうね巴マミ的には)

シャルロッテ「ふふ、その通りよ、あたしはお菓子の魔女闘士……シャルロッテ!!」

シャルロッテ「まど神はあなた達には渡さないわ、あなた達もここでおしまいね」

マミ「へえ、随分と余裕ね、シャルロッテさんとやら」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 11:54:16.24 ID:raIp8Rsl0

ほむら(不味いわ!巴マミとあの魔女を当ててしまったら……)

マミ「ふふっ、悪いけど!!」 バキィーッ

シャルロッテ「うぐっ!?」

マミ「速攻で終わらせて……もらうわよっ!!」 ドシーッ

ほむら「ああっ、シャルロッテを蹴り上げて上空高くまで打ち上げるなんて……!」

マミ「そしてトドメよ!!くらいなさい必殺の……!!」 ゴゴゴゴゴゴ……

マミ「ティロ・フィナーーーレ!!!」 ズギャアアアアアアアン

シャルロッテ「ふふふ、残念……惜しかったわね、巴マミさん?」

マミ「なにぃ!?シャルロッテの小宇宙が一気に増大していく……こっ、これはーーっ!!」

シャルロッテ「ネックローリングーーーーっ!!!!」 ガブッシャアアアアアアア

ほむら「巴マミーーーーーーーーっ!!!」





58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 12:01:21.52 ID:raIp8Rsl0

マミ「 」 ゴロン

ほむら「と、巴マミ……ま、まさか……」

シャルロッテ「うふふ、あの小さな姿は仮の姿……」

シャルロッテ「本体は裏に隠れていた私というわけよーっ!!」

ほむら「くっ……じ、時間停止!!」

ほむら「爆破!!」 ドゴオオオオン

シャルロッテ「くっ……ふふ、なあに?あなたの技はそんな程度?」

ほむら(爆弾が……効いてない!?)

シャルロッテ「ふふははは!!この魔闘衣は黄金聖闘衣に匹敵する硬さを誇るのよ!!」

シャルロッテ「爆発どころか大気圏突入したって燃え尽きはしないわ!!」

ほむら「そ、そんな……!!」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 12:06:04.87 ID:raIp8Rsl0

シャルロッテ「ふふふ、さあ、貴方の首もむしり取ってあげる!!」

ほむら「まずいわ!時間停止……!!」 カチッ

シャルロッテ「ネックローリングーーーっ!!!!」 ガズギャアアアッ

ほむら「ほむうううううううっ!!!」

シャルロッテ「ち……運は良いみたいね、ギリギリかするだけだなんて……」

ほむら「ぐっ……」 ボロッ

ほむら(か、かすっただけでこの威力……違うわ……今までのシャルロッテとは全然……)

シャルロッテ「ふふ……でもこれで終わりね……もう一度食らいなさい!!」 ゴゴゴゴ……

ほむら「くっ……!」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 12:11:41.13 ID:raIp8Rsl0

ほむら(そんな……私ここで負けるの……?)

ほむら(まどかも救えないで……私は……こんなところで……)

『諦めないで、ほむらちゃん』

ほむら(まどか!?)

『ほむらちゃんならきっと勝てるよ、諦めないで』

ほむら(で、でもまどか……)

『大丈夫、きっと大丈夫、信じようよ、小宇宙を!』

ほむら(小宇宙を……)

ほむら(ああ……何かしら……この力は……心の底から湧き上がってくる……)

ほむら(そうか……これが……これが小宇宙なのね!まどか!!)

『ウェヒヒヒwwwwww』



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 12:17:58.51 ID:raIp8Rsl0

シャルロッテ「さあてトドメを……」

杏子「待ちな!」

シャルロッテ「スコーピオの杏子、へえ、貴方も来るなんてね」

杏子「弱ってる奴の相手なんてしたってつまんないだろ?あたしが代わりに……」

ほむら「その必要は無いわ」 ファサ

杏子「ほむら!」

シャルロッテ「ふん、しぶとい奴ね……だけど今度こそ!」 バッ

ほむら「どこを狙っているの?私はここよ?」 スゥ……

シャルロッテ「なっ……!」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 12:27:57.92 ID:raIp8Rsl0

シャルロッテ「なるほど……時間停止を……」

ほむら「いいえ、今のは単純に素早く動いただけよ」

シャルロッテ「なっ、そ、そんな馬鹿な!ハッタリを…!」 

ほむら「そしてこれがテレポーテーション!!」 シュン バキィーッ

シャルロッテ「うぐぁっ!ま、まさか……!」

ほむら「そう……これが私の手に入れた新しい力……牡羊座の聖闘衣!アリエスのほむら!」

シャルロッテ「く……ご、黄金聖闘衣を手に入れたとて調子に乗るなぁぁーっ!」

ほむら「残念ね、あなたの動きは最早見切っているわ」 シュンッ

シャルロッテ「テレポーテーション!?」

ほむら「巴マミの仇よ!食らいなさいシャルロッテーーっ!!」

ほむら「マジカルタンクローリーーーーッ!!!」 ズドオオオオオオオォォォォォォンッ

シャルロッテ「ぬぐあああああーーーっ!!!」



71: 星座はノリで決めてる 2012/03/20(火) 12:35:04.73 ID:raIp8Rsl0

ほむら「巴マミ……仇は取ったわよ……」

杏子「マミ……ちっ、行こうぜほむら!!」

ほむら「ええ、巴マミの死は無駄にはしないわ!!」

「へぇ……でもそれはちょっと無理な相談かなー」

ほむら「なっ……こ、この声!」

さやか「だって転校生とアンタは今から私に倒されちゃうんだからね!」

さやか「ふふ、そう、この人魚姫(オクタヴィア)の魔女闘士……さやかちゃんにね!!」

ほむら「み……美樹さやか!」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 12:40:54.16 ID:raIp8Rsl0

ほむら「あ、あなたどうして……」

さやか「どうしては無いでしょー、私が契約するのを散々邪魔しといてさー」

ほむら「だけど契約したらあなたは!」

さやか「なーに?だから邪魔するのが私のためだって?まったくこれだから偽善者はさー」

さやか「マミさんもあんたも私が決めて契約しようとしてんだからさ、下手に口出さないでよね!!」

杏子「おいテメェ!マミを悪く言ってんじゃねえ!!」

さやか「へへーん、死んだ奴のことなんて何言ったって構わないでしょ?」

杏子「テメェ……!!」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 12:46:19.99 ID:raIp8Rsl0

さやか「なに?やっちゃう?今の私はちょーっと手加減できないよー?」

杏子「うるせぇっ!!」 ダッ

ほむら「杏子!待ちなさい!」

さやか「はー、やれやれ、無駄死にしたってロクなことないよ!」 チャキ

杏子「うるせぇ!ロッソファンタズマーーっ!!」

さやか「な、なんと……うわあああああああああーーーーっ!!!」 ズガァァァァァッ

杏子「やっ……」

さやか「やったと思った?残念!さやかちゃんでした!!」

杏子「なんだと!?こ、こいつ……」

ほむら「杏子!危ない!!」 カチッ

さやか「スクワルタトーレーーーっ!!!」 ズバァァァァッ

ほむあん「うぐあああああーーーーーーーーーーーっっ!!!!」 ドシャアアアアアンッ



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 12:51:42.48 ID:raIp8Rsl0

ほむら「ぐう……そ、そんな……美樹さやかがこんな……」

さやか「もっと弱っちいと思ってた? 違うんだなーこれが」

杏子「ぐっ……ゴチャゴチャうるせぇ!!」 ダッ

さやか「なっ……まだ立っ……うわあああああっ!!」 ザグゥゥッ

さやか「やったかと思った!? 残念!またまたさやかちゃんでした!」 ドカッ

杏子「うぎゃあああっ!!」

さやか「ほら立たないの?立ってみせなよ!ほら!あはははははは!!」

杏子「ぐううううっ!!!」 グリグリ



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 12:57:11.63 ID:raIp8Rsl0

ほむら(さっきの杏子の攻撃……あれはどう見ても当たっていたわ……)

ほむら(あれが外れたのは恐らく美樹さやかの能力では無い……むしろ別の敵の能力……!)

ほむら「ならばっ!」 カチッ

時間停止!!

ほむら(時間を止めていられる時間はそう長くない……急いで見つけ出さないと……)

ほむら(どこ?どこにいるの!?敵の魔女は……)

ほむら(くっ……もう時間が……) カチッ

さやか「おっと、また時間停止? 転校生って本当に汚いよねー、でも……」

ほむら「しまっ!」

さやか「このタイミングならかわせないでしょ!!エクスカリバーーーッ!!!!」 ズバァァァァッ

ほむら「ほむうーーーっ!!!」 



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 13:02:47.57 ID:raIp8Rsl0

ほむら「くっ……つ、強い……まさか美樹さやかがここまでだなんて……」

さやか「さーてどうするのさ転校生、今なら謝れば許してあげなくも……」

ほむら「こうなったらヤケよ!!くらいなさい!マジカル地雷爆破!!」 BOOOOOMB

さやか「ギャアアアアアーーーーッ!!!!」

ほむら「えっ」

杏子「き、効いてやがるぜ!?どうしてだ!?」

ほむら「はっ……分かったわ!杏子!美樹さやかの影を攻撃するのよ!!」

杏子「あ!?お、おう!くらえさやかーーーっ!!」 ザグゥッ

さやか「ぐぎゃああああああ!!!」

ほむら「思った通り……黒幕はこいつだったのね!影の魔女!!」

エルザマリア「うぐぐ~~~~!!」



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 13:07:34.57 ID:raIp8Rsl0

杏子「な、なんだあいつ!」

ほむら「影の魔女……エルザマリアが美樹さやかに取り憑き、ついでに幻惑をかけていたのよ!」

エルザマリア「うぐぐ~、ば、バレてしまっては仕方ないですね……」

エルザマリア「ふふふ、ですが私は最早完全に美樹さやかと一体化しているのです!!」

エルザマリア「私を殺せばさやかも死ぬ!さあどうするのですか!?」

さやか「て、転校生ぃぃ……」

ほむら「美樹さやか……」ス……

さやか「あ……」

ほむら「さっきのお返しよ」

さやか「 」

ほむら「マジカル対戦車ミサイルーーーッ!!!!」 ズドオオオオオオオオオオオォォォン

杏子「ロッソファンタズマァァァーーーッ!!!」 ズザッシャアアアアアアアアアアアン

さやか・エルザ「ごっがはぁああああーーーーーーっっっ!!!!」



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 13:13:16.88 ID:raIp8Rsl0

さやか「うう……はっ……て、転校生…あれ…あたし……」

ほむら「持ち前の回復力で何とか助かったようね、美樹さやか」

杏子「ちっ、しぶとい野郎だぜ」

さやか「あたた……あ、あれー?ひょっとして私エライことしちゃった?」

ほむら「そうね、そうとも言えるわ」

さやか「あ……あははは、ごめん!なんか全然覚えてなくって……」

杏子「チッ、調子いいこと言いやがって……」

さやか「本当だって!ごめんごめん!反省してるから……」

ほむら「いいから早く家に帰りなさい、これからまだ―――……」

さやか「あっ、危ない転校生ーーっ!!」

ほむら「えっ……」

ズギャアアアアアアアアアッッ



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 13:20:09.02 ID:raIp8Rsl0

ほむら「う……な、何が……美樹さやか!!?」

さやか「あたた……えへへ……大丈夫?」

杏子「お、お前あたし達をかばって……!!」

さやか「へへへ、大丈夫だって、さやかちゃん回復力なら……」

エリー「ふふふ、だったら回復しきってない内に仕留めてみせるわーっ!!」

ほむら「魔女がまだ……!美樹さやか!どきなさい!!」

エリー「もう遅いわーっ!食らえ!積尸気画像電波ーーーッ!!!」 ズギャアアアアーーンッ

さやか「うぐううっ!す、スクワルタトーレェェェーーーーーーッ!!!!」 ヒュバァァァッ

エリー「なっ、なにぃ!!?」

ほむら「美樹さやかーーーっ!!!」



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 13:28:58.42 ID:raIp8Rsl0

さやか「 」

杏子「さ、さやか……おいさやか!!」

ほむら「うっ……!み、美樹さやか……立ったまま死んでいるわ……!」

エリー「ふ、ふふふ!少し驚いたが結局は私に刃は届かなかったわね!」

エリー「折角の必殺技を繰り出したっていうのに外すなんてマンモスあわれな奴!!」

ほむら「……行くわよ杏子」 ファサ

杏子「ああ」

エリー「なっ、ちょ、ちょっと、私を無視するんじゃ……」

ほむら「冥土の土産に教えてあげるわ、美樹さやかのスクワルタトーレはそんな貧弱な技ではない」

ほむら「画像電波とやらで美樹さやかにトドメを刺したと思った時には既に……」

ほむら「貴方の体は美樹さやかのスクワルタトーレで5体バラバラにされていたのよ」 スッ…

エリー「わ……私が5体バラバラ……そんな……ぐばっ!がっ!ぐぴっ!!」 ボッ ボッ

エリー「ぐっ……ぐっぴぃぃぃーーーーっ!!!!」 ザッシャアアアアアアアアアン

ほむら「美樹さやか……」



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 13:43:00.62 ID:raIp8Rsl0

廃工場

ほむら「やっと辿り着いたわね」

杏子「ああ、もう時間がねー、さっさと神様を取り戻そうぜ!」

QB「残念だけどそれはできない相談だね」

ほむら「QB!」

QB「まどかにはこのまま魔女になってもらう、それが僕の計画だ」

ほむら「あなたの思い通りになんてさせないわ、そこを退きなさい」

QB「ふー……やれやれ、仕方ないなあ、僕はあんまり戦いたくないんだけど……」 ゴゴゴ……

ほむら「ううっ!」

杏子「な、なんだこいつの小宇宙は!!」

QB「見せてあげるよほむら、これが最強のワルプルギスの魔闘衣、そして……」

QB「その最強の闘衣を身に付けたこの僕、インキュベーターの強さを!」

ほむら「な、なんですって……!?」



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 13:52:56.80 ID:raIp8Rsl0

杏子「ちぃっ!ハッタリかましやがって!いくぞほむら!」

ほむら「ええ、時間を止めて一気に小宇宙を叩き込むわ!!」

QB「へえ、ぜひとも見せてもらいたいな、君たちの小宇宙とやらを」

杏子「こいつはさやかの分だ!!くらいやがれ!!スクワルタトーレェェーッ!!!」 ズギャアアアッ

ほむら「こっちも本気でいかせてもらうわ……マジカルタンクローリーーッ!!!」 ズドォォォォンッ

QB「きゅっぷぁぁぁぁーーーーっ!!!」

杏子「まだまだ!!エクスカリバーーーッ!!!」 ザッシュウウウウウ

ほむら「マジカル対戦車ミサイル!!!」 ズドォォォォンッ

QB「やれやれ仕方ないね、見せようか、星々の砕け散る様を」

ほむら「なっ……」

QB「ギャラクシアンエクスプロージョン!!!!!!!」 BOOOOOOOOOOOOOMMMMMMMNNBBB

あんほむ「うああああぁぁぁぁぁぁあーーーーーーーっっ!!!!!」



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 13:58:08.06 ID:raIp8Rsl0

QB「所詮君達は人間に過ぎないんだよ」

QB「神話の時代から生き続けてきた神にも等しい、僕達インキュベーターに敵う筈がないのさ」

杏子「ち……ちくしょう……」

ほむら「う……」

QB「さて、もうじきまどかも最強の魔女として目を覚ます」

QB「ま、その前に君達は息の根を止めてあげるけどね」 キュップイ

ほむら(だ……ダメ……もう体がピクリとも動かない……)

ほむら(ここまで頑張ってきたのに……私は……)


マミ「諦めないで、暁美さん!」

ほむら「!?」



97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 14:01:17.34 ID:raIp8Rsl0

ほむら「と、巴マミ……生きていたの……?」

マミ「ふふ、当然でしょう?」

杏子「で、でもマミ……お前……首をちぎられて……」

マミ「亀のように首を引っ込めていたのよ、というのは冗談だけど……」

QB「これは驚いたね、まさかマミがここで出てくるとは思わなかったよ」

QB「一体どうやって生き延びたんだい?」

マミ「ふふ、貴方に分からないのも無理は無いわねQB、だけど……」

マミ「不死鳥は例え死んでも……灰になっても……その灰から蘇るものなのよ……!!」

QB「わけがわからないよ」



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 14:07:25.90 ID:raIp8Rsl0

マミ「さあ暁美さん!佐倉さん!今ここにみんなの小宇宙を一つに!!」

ほむら「巴マミ……あなた……」

マミ「ふふ、大丈夫よ、信じてちょうだい」

ほむら「ええ……分かったわ……私の小宇宙を巴マミに!!」

杏子「決めてくれよマミ!!」

マミ「ええ!任せて!!」

QB「やれやれ、勝てないと分かっていて挑んでくるなんてわけがわからないよ」

QB「マミ、君もほむらも杏子もみんな、銀河の爆発の中に消し去ってあげるさ」

QB「ギャラクシアンエクスプロージョン!!!!」 ズギャアアアアアアアアアッッ

マミ「ぐうううううっ!!!」

杏子「マミーーーっ!!」

QB「ふう、少し驚いたけどこれで……」

マミ「何を安心しているのQB……言ったはずよ……例え死んでも甦るのが不死鳥だと!!」

QB「!!」



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 14:12:59.22 ID:raIp8Rsl0

マミ「ティロ・フィナーーーレェェェーーーーッ!!!!」 ガギャアアアアアッ

QB「きゅぷううううううううううっ!!!」

杏子「や、やったか!!」

QB「なんてね、君達の技は全て解析できているんだ」

QB「今更この僕にティロ・フィナーレなんかが効くわけないじゃないか」

QB「聖闘士に同じ技は通じないんだろう?マミ?」

マミ「ええ……そう……だからきっと、防いでくれると思ったわ……!」

QB「防がれると分かっているのに攻撃したのかい?わけがわからないよ」

マミ「ふふ、後ろを見なさい、QB!」

QB「!?」


まどか「うぇひひひ」



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 14:20:05.63 ID:raIp8Rsl0

QB「そっ、そんな!まどかがどうして!」

さやか「やー、どうもどうも!灰の中から甦ったさやかちゃんでーす!」

マミ「黄泉平坂を彷徨っていた私と美樹さんを救い出してくれたのは鹿目さんの声だったわ」

マミ「甦って急いでここへ向かった私達が目にしたのは劣勢な暁美さん達だった」

マミ「本当はこっそり忍び込んで鹿目さんを回復させるつもりだったんだけど、二人を見捨てるわけにもいかない」

マミ「だから私が時間稼ぎをしている間に、美樹さんに鹿目さんを助けてもらうように頼んだのよ!!」

QB「くっ……で、でも今更まどかが復活したところで……」

まどか「ウェヒヒ、忘れちゃったの? QBが私を魔女にしようとしたおかげで、私の中の小宇宙を目覚めさせてくれたんだよ」

カァァァ……

QB「なっ……そ、それは……」

マミ「そう……天秤座ライブラの聖闘衣!!」



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 14:27:31.86 ID:raIp8Rsl0

まどか「いくよQB……」 ス……

QB「くっ、だけどそんな貧弱な聖闘衣で僕の魔闘衣を……」

まどか「ライブラに内臓されている6種の武器!今使うべきなのは……剣!」 シャキン

まどか「スクワルタトーーーーーレッ!!!!!」 ザッシュウウウウ

QB「きゅぶぁぁぁーーーっ!!」

まどか「まだまだ!次は……槍!!」 シャキン

まどか「ロッソファンタズマァァーーーッ!!!」 ザギャアアアアアッ

QB「きゅぶあああぁぁぁっ!!くっ、くそっ!!まどかぁぁぁ!!」 ブオンッ

まどか「盾っ!!」 ガキィィィンッ

QB「なんだって!?」

まどか「トンファーキーーック!!!」 ドゴォォォッ

QB「きゅぶうらぁっ!!!!」



108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 14:33:00.83 ID:raIp8Rsl0

QB「くっ……もう怒ったよまどか、ここからは僕も容赦はしない!!」 ゴゴゴゴゴ……

ほむら「う……きゅ、QBのコスモが更に燃え上がっているわ……!」

杏子「いや……だがまどかも負けてねぇ!!」

さやか「いけっ!まどかぁ!!」

QB「さあまどか……君もこれで塵になるといい……」

QB「ギャラクシアンエクスプロージョォォォン!!!!」 バゴォォォォォン

マミ「あらあら、QBったら分かってないのね、鹿目さんは小宇宙を通じてずっと私達の戦いを見ていたのよ」

QB「それがどうし……」

マミ「ふふ、聖闘士に同じ技が通用すると思って?」

まどか「……これで終わりだよ、QB」 コォォォォ……

まどか「はあああ!! ハイパーまどかビィィィーーーーーーム!!!!!!!!」 ズギャアアォォォォッ

QB「きゅっぶああああああああああああああーーーーーっ!!!!!」



109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 14:37:51.52 ID:raIp8Rsl0

…………

まどか「ウェヒヒヒwwwwやっぱり聖闘士星矢は面白いなあーwwwwwwwwww」

さやか「いやー、やっぱりシュラはカッコいいよねー!聖剣エクスカリバー!!」

ほむら「あら、私はムウが一番だと思うわ」

杏子「へへーん、安定感だったら何だかんだでミロが最強だろ?」

マミ「で、でも黄金聖闘衣のデザインで一番カッコイイのは射手座だと思わない?」

QB「僕は黒サガが一番だと思うよ」

ほむら「黙りなさいサガ厨」 ダンッ

杏子「チート臭ぇんだよあいつ」 ザクッ

QB「わけがわからないよ、シャカの方がよっぽどチートじゃないか」



110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 14:46:40.94 ID:raIp8Rsl0

そんなこんなで平和な日々が戻ってきた。

まどかも救い出す事ができたし今はもう万々歳だ。

ちなみにQBはまどかの小宇宙にあてられて感情が芽生えたらしい。

戦った相手が味方になるというのも少年漫画の熱血ポイントだと思う。

とにかく、色々あったが今の私達の一番の関心は……

まどか「新番組!聖闘士星矢Ω!!」

さやか「4月1日午前6時30分より!!」

ほむら「テレビ朝日系列で放送開始よ」

杏子「みんな絶対に見てくれよな!!」

マミ「君は……小宇宙を感じた事があるか!!」


おわり



111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 14:50:52.13 ID:raIp8Rsl0

即興で書いたせいでマンモスおかしなことになったね、許してね
ちなみに俺は水瓶座ですが一番好きなキャラはアルデバランです


元スレ
マミ「聖闘士に同じ技が通用すると思って?」