1: 名無しで叶える物語 2019/12/02(月) 00:35:33.06 ID:I/h+cLbv.net

果林「あら、当たり前じゃない。これでも一応読者モデルやってるのよ」

エマ「凄いねー!果林ちゃんがおちんちん洗ってるところ見たいなー!」

果林「ええ。別にいいわよ、ふふっ」



果林「(ど、どうしよう……ちゃんと上手に洗えるかしら…///)」ポロッ



2: 名無しで叶える物語 2019/12/02(月) 00:38:21.40 ID:I/h+cLbv.net

エマ「もう準備できたー?」

果林「い、いつでもいいわよ」

エマ「あれー?果林ちゃん、もしかして少し緊張してるー?」

果林「えっ?!そ、そんな事は…」

エマ「う~ん……やっぱり手伝ってあげたほうがいいのかなー?」

果林「い、いいから!エマはそこに座ってて頂戴!」

エマ「うん!わかったー!」



4: 名無しで叶える物語 2019/12/02(月) 00:40:54.67 ID:I/h+cLbv.net

果林「(えーと、先ずはボディソープを泡だてて……)」ワシャワシャ

エマ「ええー!?」

果林「んっ?どうかしたの?」

エマ「果林ちゃん、ちん毛でボディソープを泡だててるー!」

果林「知らなかったの?こうすると、きめ細やかで優しい泡が作れるのよ」

エマ「ビックリだよー!」

果林「(ここまでは順調ね)」ワシャワシャワシャワシャ



6: 名無しで叶える物語 2019/12/02(月) 00:44:16.68 ID:I/h+cLbv.net

果林「(あとは練習通りにさえやれば……)」チラッ

エマ「?」

果林「(で、でも……エマが目の前で見ているとなんだか緊張しちゃうわね……/////)」チラッチラッ

エマ「おーい?果林ちゃん?」

果林「エマ、ちょっとお願いがあるんだけど……」モジモジ

エマ「お願いー?」

果林「ええ……」

果林「やっぱり目を瞑ってもらえないかしら?おちんちんを洗っている間だけでいいから……/////」モジモジ

エマ「そっかー!やっぱり恥ずかしいもんねー!仕方ないよー!」



7: 名無しで叶える物語 2019/12/02(月) 00:47:08.54 ID:I/h+cLbv.net

エマ「わかったー!じゃあ、洗い終わったら教えてねー!」

果林「ありがとう、エマ」

エマ「…………」

果林「…………」ゴクリ

果林「(次は確か、おちんちんを上下に優しくマッサージするように…)」シコシコ



果林「……んふっ///」ガクガクガク





数日前
虹ヶ咲同好会部室────



8: 名無しで叶える物語 2019/12/02(月) 00:49:17.67 ID:I/h+cLbv.net

一同「ええーーーーーーーーっ?!!?!」



せつ菜「ま、待って下さい!?まさか果林先輩、お風呂に入る時……!!」

せつ菜「エマ先輩にオチンポ洗ってもらってるんですか?!」ガタッ

果林「ええ。そんなにいけない事……かしら?」

かすみ「ダメに決まってるじゃないですかぁ?!」

しずく「はい。そういうのは、普通自分で洗うものだと思いますよ」

果林「えっ?じ、自分で??」

彼方「う~ん。彼方ちゃん的にも、今のはちょっとドン引きかな~」



9: 名無しで叶える物語 2019/12/02(月) 00:52:01.24 ID:I/h+cLbv.net

歩夢「なんか、意外だね……」

あなた「歩夢ちゃん?」

歩夢「あっ、ううん!ほら、果林先輩ってもっと大人っぽいイメージがあったから」

璃奈「頼れるお姉さんというより、寧ろ生まれたての赤ちゃん?みたい」

せつ菜「皆さんの言う通りです!果林先輩……オチンポは自分で洗うようにして下さい!」

愛「それじゃあ、愛さん!いつものやついっちゃおうかなー!」

愛「ちんこは自分で洗っちゃおう!ガチンコでっ☆」

果林「…………」

璃奈「…………」

あなた「ぶふっwwwくひゃwwwwww」

歩夢「この子は笑いのレベルが赤ちゃんだけどね(笑)」

愛「おっ!りなりーも珍しくちょっと笑ってんじゃーん!」



10: 名無しで叶える物語 2019/12/02(月) 00:55:23.22 ID:I/h+cLbv.net

果林「でも、おちんちんって実際どうやって洗えばいいのかしら?」

しずく「はい。簡単ですよ、果林先輩」

果林「しずくちゃん?」

しずく「そうですね。わかりやすく言えば」

しずく「陰茎を上下に優しくマッサージするようなイメージ……でしょうか」

果林「上下に?こうかしら?」シコシコ

しずく「あと、ソープや石鹸等は自分の陰毛で泡だてるとキメの細かい泡が作れると思います」

かすみ「へぇ~!かすみん、初耳ですぅ……中々やりますねぇ、しず子!」

しずく「それから、亀頭の付け根……俗に言うカリ首の部分ですが──」



エマ「あれー?」ガラッ



12: 名無しで叶える物語 2019/12/02(月) 00:58:24.72 ID:I/h+cLbv.net

果林「エ、エマ?!」

エマ「みんなで集まって何の話かなー?」

かすみ「エマ先輩エマ先輩っ!かすみん達、ぜ~んぶ聞いちゃいましたよぉ!」

エマ「んー?」

かすみ「意外でしたねぇ。まさか、あの果林先輩が……」

かすみ「実はお風呂に入る時に──」



ガシッ!!



かすみ「ふぐぅ?!!」

果林「…………」

エマ「か、果林ちゃん?」



13: 名無しで叶える物語 2019/12/02(月) 01:00:39.77 ID:I/h+cLbv.net

果林「だ、大丈夫よ!これは今度読者モデルの撮影会でプロレスの衣装を着る事になったから……」

エマ「プロレスー?あー、そっかー!」

エマ「それでかすみちゃん相手にヘッドロックのポージングを練習してたところだったんだねー!」

果林「も、勿論じゃない!ねぇ、かすみちゃん!」

かすみ「ゔっ?!……ちょ…果…林………んぱ……い…」



チーン



あなた「あははは……」

彼方「むにゃむにゃ、すぴ~」



14: 名無しで叶える物語 2019/12/02(月) 01:02:38.39 ID:I/h+cLbv.net

果林「お”っ♡ん”お”っ♡」シコシコシコシコ



エマ「あ、あのー、果林ちゃん?」

果林「ハァハァ♡♡♡」ビクッビクッ!!

エマ「大丈夫ー?さっきからへんな声が聞こえてくるよー?」

果林「へっっ♡へいきよぉ♡♡」ガクガクガク

エマ「ダメだよー?おちんちん、あんまり強く擦ったらー」

果林「ゔっっ♡♡っ♡♡♡」ビクッビクッ!!



16: 名無しで叶える物語 2019/12/02(月) 01:05:17.15 ID:I/h+cLbv.net

果林「(ちょ、ちょっと待って!?)」

果林「(こ、こんなハズじゃなかったのよ……/////)」



『それから、亀頭の付け根……俗に言うカリ首の部分ですが』

『ここは比較的汚れが溜まりやすい場所なので、入念に』



果林「(結局、あの後しずくちゃんがつきっきりでレクチャーをしてくれて)」

果林「(おちんちん、上手に洗えるようになったと思ったのに……)」



『ですが、果林先輩。カリ首というのは本来、皮膚が薄い部分で非常にデリケートな場所でもあるんです』

『自分で洗う際は必ず注意をして下さいね』



17: 名無しで叶える物語 2019/12/02(月) 01:08:07.27 ID:I/h+cLbv.net

果林「(な、何故かしら……/////)」ドキドキ

果林「(目の前にエマがいるっていうだけで……///)」シコシコシコシコ



エマ「まだかなまだかなー♪」



果林「(こっ♡こうふんしちゃうっのぉ♡)」ヌチュヌチュ♡



19: 名無しで叶える物語 2019/12/02(月) 01:12:13.01 ID:I/h+cLbv.net

果林「お”っ♡ん”お”っ♡」シコシコシコシコ



エマ「あ、あのー、果林ちゃん?」

果林「ハァハァ♡♡♡」ビクッビクッ!!

エマ「大丈夫ー?さっきからへんな声が聞こえてくるよー?」

果林「へっっ♡へいきよぉ♡♡」ガクガクガク

エマ「ダメだよー?おちんちん、あんまり強く擦ったらー」

果林「ゔっっ♡♡っ♡♡♡」ビクッビクッ!!



20: 名無しで叶える物語 2019/12/02(月) 01:14:27.59 ID:I/h+cLbv.net

果林「ェマァ……♡」ヌチュヌチュ♡

エマ「えー?ど、どうしたのー?」

果林「ェマァア♡ェマァアア♡」ヌチュヌチュ♡ヌチュヌチュ♡

エマ「な、名前を叫ばれても目を瞑ってるから状況がよくわかんないよー?!」

果林「しゅきぃ♡おっぱいしゅきぃ♡」ヌチュヌチュ♡

エマ「……おっぱい?」ボインッ!!

果林「エマのおっぱい♡♡♡だいしゅきぃ♡♡♡お”っ♡♡♡」ヌチュヌチュ♡



果林「ん”お”っ♡……っっるぅ♡♡♡」ゾクゾクッ!!



エマ「出る?!出るって何?!そろそろ目を開けていいかなー?」チラッ



21: 名無しで叶える物語 2019/12/02(月) 01:16:38.52 ID:I/h+cLbv.net

果林「イグゥウウウ♡♡♡」ドビュルル~~~ッッッ♡♡♡♡♡♡♡♡♡

エマ「うわーーーーーーーーーーっ?!」



果林「ん”っ/////ハァハァ……/////」

エマ「…………」ポタポタ

果林「……はっ?!ご、ごめんなさい!!エマ!!」

エマ「何コレー?」クンクン

果林「そ、それはボディソープよ!ボディソープ!」

エマ「ボディソープ?うーん、こんなに臭い匂いだったかなー?」

果林「ええ!!臭いボディソープよ!!」



22: 名無しで叶える物語 2019/12/02(月) 01:17:09.25 ID:I/h+cLbv.net

おわり


元スレ
エマ「おちんちん自分で洗えるようになったんだー!果林ちゃんはおりこうさんだねー!」ナデナデ