1: ◆Vysj.4B9aySt 19/12/02(月)21:26:32 ID:SfW

ペッタンペッタン

ありす「いっちご♪いっちご♪いちご大福っ」

愛梨「はーい、アップルパイ大福ですよーっ」

梨沙「へーっ、意外な取り合わせなのね」

かな子「こっちはモンブラン大福だよ」

志保「スイートポテト大福もできあがりっ♪」

晴「よくはわからんがうめーなっ」パクパク

桃華「あ、晴さん。もっと感謝してお食べになさってくださいな」

かな子「そんなに仰々しく構えなくても」



みんな「美味しいから大丈夫だよっ」

かな子「もうっ!!」プンプン



2: ◆Vysj.4B9aySt 19/12/02(月)21:38:46 ID:SfW


ありす「でも、これでいちご大福は完璧ですっ!」

かな子「よかったね、ありすちゃん」

志保「柚ちゃんのパーティーに出られない私たちの分まで頑張ってね」

愛梨「あと、いちごだけじゃなくて、ぶどうやみかんとかも作ると喜ばれるかもねっ」

梨沙「みかんはビタミンPが含まれるから、風邪の予防にいいってパパが言ってたわ」

桃華「そうなんですの。ではそちらは私が用意致しますね」

晴「安心したところでもう一つ……」

ありす「ダメですよ。明日の分が無くなっちゃいますよ!」

チェッ

アハハー



3: ◆Vysj.4B9aySt 19/12/02(月)21:40:14 ID:SfW

ということで、喜多見柚誕生日SSになります

ウチのありすは、多少はスイーツが作れるようになっていますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします



4: ◆Vysj.4B9aySt 19/12/02(月)21:48:28 ID:SfW

――一方、柚サイドでは

柚「コワイコワイコワイ」ブルブルブル

あずき「あれ?柚ちゃんどうしたの?」

忍「あー……今日、誕生日なんだけどさ」

穂乃香「また、いちごパスタがこないか心配しているんですよ」

柚「ヒィ……ヤメテヤメテヤメテ」ガクガクガク

あずき「あー、重傷だね」

忍「最近はありすちゃんも普通の料理を作るようになってるけど」

穂乃香「やっぱり、トラウマは簡単には消せませんね……」

あずき「つまり、誕生会にいちごパスタがなければいいんだよね?」

「あずきがちょっと、斥候大作戦してくるよ!」ピューッ



忍「行っちゃった……ラインかデレポで聞けばいいのに」

穂乃香「あずきちゃんは、柚ちゃん想いなんですよ」

「……じゃあ、今のうちに、柚ちゃんの衣裳にぴにゃこら太をつけておきますね」

忍「こらこら」



――こうして柚は知らぬ間に、ぴにゃこら太を背負うこととなった



5: ◆Vysj.4B9aySt 19/12/02(月)21:55:02 ID:SfW


あずき「で……ありすちゃんはどこかな~?」キョロキョロ



雪美「うんしょ、うんしょ……」ガサガサ

千枝「お疲れ様です」

由愛「け、結構買ってきたね」



あずき「あれは……」コソコソ

つ【いちごのパック多数】

雪美「いちご……いっぱい」キラキラ

千枝「あはは、一つだけなら食べてもいいですよ」

由愛「ありすちゃん、柚さんに食べさせるんだって張り切ってましたからね」



あずき「……やっぱりいちごパスタを作るのかな?」



6: ◆Vysj.4B9aySt 19/12/02(月)21:58:52 ID:SfW


あずき(急いで知らせないと……)

トタトタトタ

由愛「ん?」

千枝「どうしたんですか?」

由愛「今……あずきさんの姿が見えたような…」

千枝「何かの大作戦の最中でしょうか?」

雪美「いちご……練乳なしでもおいしい……」

千枝「あ、はい。一先ず荷物を片付けないといけませんね」

由愛「ありすちゃんも待ってるしね」

トテトテ



7: ◆Vysj.4B9aySt 19/12/02(月)22:03:42 ID:SfW

ドタタタッ

あずき「大変だよっ!ありすちゃん、やっぱりいちごを使った料理を作るみたい!」

柚「ヒ、ヒィィィィィ」ガタッ

ピューッ

穂乃香「あ……どこかへ行ってしまいました……」

忍「で、本当にいちごパスタを作ってるの?」

あずき「わからないけど……いちごを使うって」

忍「もう、それじゃわかんないよ……ちょっと聞いてくるからっ!」バタバタ

あずき「あ、忍ちゃん……もう時間になるのに」

穂乃香「なら、私たちは柚ちゃんを探しましょう」

あずき「そ、そうだね。探索大作戦だねっ」



8: ◆Vysj.4B9aySt 19/12/02(月)22:08:54 ID:SfW


忍「えっと会場は……」

ワイワイガヤガヤ

ヘー、ダイフクニコンナノヲ

オモシロイネー

忍「ん?」



桃華「みかんを入手しましたわ」

雪美「いちご……持ってきた……」

千枝「こしあんは今、冷ましてるから待っててね」

ありす「はいっ!橘流、スイーツ大福のお披露目です!」



忍「スイーツ大福??」

梨沙「あら、忍じゃない?」

晴「……もしかしてまた柚がいちごパスタ恐怖症にかかったのか?」

忍「よくわかったね……って大福って?」

梨沙「つまり……」



9: ◆Vysj.4B9aySt 19/12/02(月)22:15:33 ID:SfW


ありす「柚さん……」シュン

晴「まぁ、事ある度にいちごパスタを作ってきた橘にも問題はあるがな」

桃華「ですが、そのイメージを覆すためにもこうしてありすさんは頑張っているのですわ」

千枝「そうだよ。ありすちゃんの頑張りは無駄にはできないよ……千枝、探してきます」

由愛「わわっ、千枝ちゃんが行っちゃったら……」オロオロ

雪美「あんこ……作る人が……」

千枝「で、でも……」

忍「大丈夫。絶対に柚ちゃんは連れてくるから」

ありす「忍さん……よろしくお願いします」ペコッ

晴「オレ達も行くぞ!」

桃華「当然ですわ!」

雪美「頑張る……」グッ

梨沙「はぁ……ま、仕方がないわね」



10: ◆Vysj.4B9aySt 19/12/02(月)22:20:48 ID:SfW

――その頃

柚「コワイコワイコワイ……」

穂乃香「大丈夫、大丈夫だから」

あずき「あ、忍ちゃんから……えっといちごはパスタじゃなくて大福?」

穂乃香「いちご大福……ってことですか?」

あずき「多分……」

柚「エ……いちごパスタじゃないの?」

あずき「あ、柚ちゃんにハイライトが戻ったよ」

穂乃香「忍ちゃんは嘘をつきませんからね。……これなら大丈夫ですよ」

柚「そっか……そうなんだ。よかった……」フラフラ

「うわっ!」ガクッ

あずき「わわっ、大丈夫?」グッ

穂乃香「安心し過ぎです」グッ

柚「えへへ……ごめんなさい」

ユズチャーン



あずき「あ、忍ちゃん達が呼んでるよ」

穂乃香「じゃあ、行きましょうね」

柚「うんっ!」



11: ◆Vysj.4B9aySt 19/12/02(月)22:27:40 ID:SfW


忍「それでは、せーの」

『柚ちゃん(さん)お誕生日おめでとう!』

柚「ありがとー!いやぁ、ご心配かけました」ペコッ

ありす「いえ……日頃の行いを鑑みて反省すべきなのは私の方かと」

柚「ありすちゃん……じゃあ、いちごパスタも封印だね」

ありす「それとこれとは別です!」フンヌ

「リクエストがあれば今すぐにでも!」



柚「」ハイライトオフ

あずき「わわっ、柚ちゃーん!」

千枝「ありすちゃんも……もう!」

ありす「あ、すみません……うっかり」

柚(や、やっぱり……ありすちゃんは苦手だよ~)



HAPPY BIRTHDAY YUZU KITAMI



12: ◆Vysj.4B9aySt 19/12/02(月)22:30:28 ID:SfW

勤め先のJAでもいちごが始まって、店頭にも並ぶのを見かけるようになりました。もう12月で、クリスマスもすぐなんですね



では、ありがとうございました。読んでいただいた方に、都会牛(缶詰牛乳)を使ったアイスクリームを


元スレ
【モバマス】難局に女冥加と突入す。なるもならぬも神に任せて