1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 00:24:29.19 ID:fhOFfePr0

~事務所~

上条春菜「おはようございますー!」

P「おー、おはよう!」

ちひろ「おはよう、春菜ちゃん」

P「いいところにきたな!」

P「ちょっと、春菜に聞きたいことがあってな」

春菜「え?何ですか??」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 00:31:36.90 ID:fhOFfePr0

P「実はだな…」

春菜「…!」

春菜「…みなまで言う必要ありませんっ」

春菜「私、わかっちゃいましたよ!Pさんっ!」

P「…おぉ!」


春菜「ふふっ、ついにPさんも眼鏡をかけるんですね?」

春菜「それで、眼鏡選びに付き合って欲しいと…!」

春菜「それならそうと早く言ってくださいよ~、私たちの仲じゃないですか」

P「……違います」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 00:37:09.38 ID:fhOFfePr0

春菜「えっ、じゃぁ…今日のメガネのコンセプトについて、ですか?」

春菜「なんと、今日はですねっ!」

P「あ、その話は後でちひろさんとゆっくりしてくれ」

ちひろ「え、えぇ!?」

春菜「むぅ、わかりました…」




さるったらすみません



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 00:43:14.11 ID:fhOFfePr0

ちひろ(ちょっと!それだけで今日一日潰れちゃうじゃないですか!)ボソボソ

P(まぁまぁ、我が事務所の可愛いアイドルのためだと思って)ボソボソ

ちひろ(人事だと思って…!)小声

P(スタドリ1ケース)小声

ちひろ(…了解ッ!)小声


春菜「?」

春菜「どうしたんですか?」

ちひろ「なんでもないですよー♪」

P「…」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 00:48:25.91 ID:fhOFfePr0

P「それで本題なんだがな、春菜」

春菜「はい」

P「とりあえず、コレを見てくれ」




名前:上条春菜 年齢:18

身長:156cm 体重:42kg

BWH:B79-W56-H80 誕生日:4月10日

出身地:静岡 趣味:猫と縁側でお昼寝


ちひろ(…あー、始まった)



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 00:54:34.92 ID:fhOFfePr0

春菜「これって…、私のプロフィールですね?」

P「おう」

春菜「これが、どうしたんですか??」

P「ほら、これって皆に自己申告してもらったものだろ?」

春菜「はい、そうですね」

P「ちょっと見直してたんだが」

P「一部のアイドルたちのプロフィールに、おかしな部分が見つかってな…」

春菜「…は、はあ」

ちひろ(おかしいのは、プロデューサーさんの頭ですけど)



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 01:01:31.92 ID:fhOFfePr0

P「それで、ちょっと皆にプロフィールに関しての、確認をしてたわけだ!」

春菜「あ、そういうことですね」

P「うんうん」

P「ってことでだな。ちょっと申し訳ないんだが、付き合ってもらっていいか?」

春菜「はいっ、わかりました!」

春菜「私の眼鏡のことでしたら、なんでも聞いてくださいっ!」

P「お、おう!素直な協力助かるぜ!」

ちひろ(…我関せずっと)



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 01:07:15.92 ID:fhOFfePr0

P「春菜的には、このプロフィールに偽りはないんだよな?」

春菜「んー、そうですね」

春菜「概ね、合ってると思います」

P「そっかそっか」

P「じゃ、オレから気になったところだけ言うな」

春菜「はいっ」

ちひろ(…珍しく冷静ですね)カタカタカタ




P「なにこの趣味?」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 01:12:21.66 ID:fhOFfePr0

春菜「…え?」

P「え?じゃねーよっ!」

P「なんだよ、この趣味は!」

P「『上条春菜ですっ 趣味:猫と縁側でお昼寝です』ってか?」

P「…ギャグか?ギャグなのか?」

春菜「だ、ダメですか?」

P「ダメって言うか、な?」

P「逆に、これが趣味でいこうと思った理由を聞きたいわ!!」


ちひろ「プロデューサーさん、どーどー」

ちひろ「落ち着いてください」

P「さ、さんきゅーちっひ」ゼェゼェ



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 01:18:54.32 ID:fhOFfePr0

春菜「…でも、アイドルらしくて可愛くないですか?」

春菜「猫ちゃん大好きですしっ!」




ガチャ

みく「呼んだかにゃ!?」ウキウキ

P「帰れ」

春菜「呼んでないよー」

ちひろ「レッスンに戻ってください」

みく「え、ひどくない?」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 01:25:38.77 ID:fhOFfePr0

P「…話を戻して」


P「だってな?春菜」

春菜「…はい」

P「普段の春菜のキャラと、全然関係ないじゃん、これ」

春菜「…そんなことないですよ?」

P「…ファンの間での、自分の評判知ってるか?」

春菜「…?」

P「眼鏡の人、メガキチ、むしろ眼鏡が本体…etc」

春菜「え、えへへっ…///」


P・ちひろ・みく(…かわいい)



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 01:31:16.22 ID:fhOFfePr0

春菜「最高のほめ言葉ですねっ!!」

P「…お、おう」

P「…わかってくれたか?」

春菜「え、何がですか?」

P・ちひろ「…」



みく「Pチャン、ここはみくに任せるにゃ!」

P「みくにゃんはいいです」

ちひろ「早くレッスン戻ってください」

みく「…」プルプル



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 01:36:42.03 ID:fhOFfePr0

みく「春菜チャン…、よく聞くにゃ!」

春菜「う、うん?」


ちひろ「何事も無かったかのように続けましたよ」

P「強くなったな…みく」


ちひろ「あ、今の聞こえてたみたいです」

みく「///」プルプルプル


P・ちひろ(かわいい)

P「これだからみくイジメはやめられませんね!」

ちひろ「ふふっ、そうですね♪」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 01:43:38.25 ID:fhOFfePr0

みく「は、春菜チャン!」

春菜「…」

みく「Pチャンが言いたいことっていうのはね!」

春菜「うん」



みく「みくのキャラを盗っちゃダメってことにゃっ!!!!」



みく「流石に泥棒猫はダメにゃ~」ヤレヤレ

みく「わかったにゃ?」フフン

P・ちひろ・春菜「…」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 01:50:57.55 ID:fhOFfePr0

春菜「そっか…」

春菜「そういうことなんですね、プロデューサーさんっ!」

春菜「…あれ?何してるんですか?」



P「ちょっと待っててくれ、今この猫帰すから」グイグイ

みく「にゃー!押すにゃー!!」

ちひろ「ほらっ、レッスン戻りますよっ」グイグイ

春菜「 」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 01:56:26.25 ID:fhOFfePr0

みく「そ、そうは行かないにゃ…」ゼェゼェ

P「チッ 素早さは猫並みだな…」

ちひろ「…疲れました」

春菜「私、要らなくないですか?帰ってもいいですか?」


P「むーりぃー…」

ちひろ「あら、乃々ちゃんですねっ お上手です♪」

春菜「…ちひろさん」

ちひろ「っ」ハッ

ちひろ「すみません、プロデューサーさんのペースに巻き込まれました//」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 02:04:01.56 ID:fhOFfePr0

P「前川のおかげで、時間を無駄にした」

みく「ま、前川っていうな!」



P「さ、気を取り直して行きましょう」

ちひろ「付き合いきれないので、そろそろ真面目にお願いしますね」

P「(・_・)/ ハーイ」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 02:09:47.24 ID:fhOFfePr0

P「さて、待たせたな。春菜」

春菜「…もうよくないですか?これ」

P「よくないぞっ!ファンにとって大事なことだからな!」

春菜「っ…、わかりました!」

春菜「ファンのためですねっ」

ちひろ(ええこや…)ホロリ



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 02:16:28.33 ID:fhOFfePr0

P「…それで、この趣味についてなんだがな?」

春菜「はいっ」

P「春菜は、もっと自分に合う趣味を持ってると思うんだよ」

春菜「私に合う趣味…ですか?」

P「おう」

P「先程あげたように、春菜の魅力と言えば眼鏡だ」

P「春菜と言えば眼鏡、眼鏡と言えば春菜!」

春菜「///」



みく(みくといえば、ねk「前川」

みく(…)チラッ

ちひろ(何ですか?)ニコニコ



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 02:24:22.60 ID:fhOFfePr0

春菜「私に合う趣味…ですね」

春菜「考えてみます!」

P「おう!その意気だ!」


春菜「んー……」

P「難しく考えることないぞ!」

P「そうだな…、例えばだな」



P「『上条春菜、趣味は眼鏡をしゃぶることですっ♪』」



P「とか、どうだ?」ニコ



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 02:30:03.01 ID:fhOFfePr0

ちひろ・みく「………」白い目

P「あ、あれ?」



みく「みくちょっと用事思い出したにゃ」

ちひろ「私もちょっと、連絡事項ができたので失礼します」

スタスタスタ



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 02:35:15.79 ID:fhOFfePr0

春菜「…」

P「…春菜さーん?」

春菜「…プロデューサーさんっ!」

P「わっ」

P「ど、どうした?」

春菜「私、知りませんでした…」

春菜「そんな境地もあったんですねっ!!」

春菜「ありがとうございます!」

P「…ふ、オレと春菜の仲じゃないか!気にするな!」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 02:42:33.45 ID:fhOFfePr0

春菜「えへへっ」

春菜「さっそく試しますねっ!」スッ

P「えっ」

眼鏡を外し…口へ


春菜「んっ…ちゅっ…」

春菜「っ…ちゅ…っぱ…」

春菜「…んっ///」


P「ここが……最後の楽園だったのか…」ポロポロ



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 02:48:26.20 ID:fhOFfePr0

~1時間後~

春菜「…ふぅ///」恍惚

春菜「プロデューサーさん」

春菜「さいっっこうですねこれ!!」テカテカ

春菜「癖になっちゃいそうですよっ!」テカテカ


P「そ、そうか。それはよかった…?」

P(とんでもないことをしてしまったかもしれない)


春菜「ありがとうございます♪」

春菜「プロデューサーさんっ」

P(…ま、いっか!)



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 02:55:18.90 ID:fhOFfePr0

P「良かったな!春菜!」

春菜「はいっ//」




保奈美「…何が良かったって?」

早苗「Pく~ん、恍惚な表情の春菜ちゃんに、ナニしてたのかな~?」

真奈美「…」ギロリ

P「  」


ちひろ・みく(さよ~なら~)



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 03:03:16.29 ID:fhOFfePr0

…………
………
……

P「春菜」

春菜「あれ」

春菜「…Pさん、もう動けるんですか?」

P「……おばあちゃんに会ってきたぜ」

春菜「ふふっ、平気そうですね♪」

P「…悪い意味で慣れたからな」

P「……」

春菜「…どうしました?」

P「ほら、これ」

っメガネケース

P「誕生日おめでとう、春菜」ニッ

春菜「っ!」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 03:10:10.68 ID:fhOFfePr0

春菜「あ、ありがとう…ございます……」

P「どうした?気に入らなかったか?」

春菜「い、いえ」

春菜「Pさんから…もらえるだなんて、思ってもいなかったので…」

春菜「…えへへっ//」

春菜「本当にっ、ありがとうございます♪」

P「…そんな喜んでもらえると、オレも嬉しくなるな!」

春菜「っ」ギュ

春菜「これからも…、眼鏡共々よろしくお願いしますね!」

春菜「Pさんっ♪」



おわれ



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 03:17:57.92 ID:fhOFfePr0

くぅ~疲ry

支援&画像先生、ありがとうございました!

誕生日過ぎてしまったけど
春菜、誕生日おめでとう!


元スレ
ちひろ「眼鏡ですか?」モバP「えぇ」