1: 名無しで叶える物語 2019/12/07(土) 20:56:50.83 ID:YxCAre/M.net

自転車「」バアァァァン

ツバサ「!!」キリッ


ツバサ「…おっと……ほっ…あ…っと…」フラフラ 

ツバサ「きゃっ!!」ガシャンッッカラカラカラ...




英玲奈「………」

あんじゅ「…………」

ツバサ「…ふっ…」





英玲奈「……なんだその顔は………」

あんじゅ「…っ…!……w…!……ww…っ…あはははははっっっ!!!!!」ベシッ!ベシッ!

英玲奈「(痛、痛い)」



2: 名無しで叶える物語 2019/12/07(土) 20:57:31.10 ID:YxCAre/M.net

────
──



英玲奈「つまり乗れないと…」

ツバサ「いや乗ったじゃない」

英玲奈「5秒だけな」

ツバサ「…別に都心で自転車乗れなくても困らないでしょ」

あんじゅ「たしかに」

ツバサ「ほら、ほらほら」

英玲奈「リーダーが自転車に乗れないのはユニットの威厳に関わるだろ」



3: 名無しで叶える物語 2019/12/07(土) 20:58:54.48 ID:YxCAre/M.net

ツバサ「そんなことないって、ほら、ギャップよギャップ、キュートな弱点ってことで逆に強みに…」

英玲奈「その体型でその弱点あったらもはや小学生以下もご!?」

あんじゅ「あー!あー!」グググ

ツバサ「……………」

ツバサ「……体型が……なんだって………?……あ?」

あんじゅ「(あちゃ~遅かったか…)」



4: 名無しで叶える物語 2019/12/07(土) 20:59:20.43 ID:YxCAre/M.net

ツバサ「…ふっ、おもしろいこと言うじゃないELN-02」

英玲奈「誰がイーエルエヌデロトゥウだ」

ツバサ「自転車に完璧に乗れたら、さっきの言葉、取り消す?」

英玲奈「さっきの?ああ、体型が小」

ツバサ「いいでしょう、やってやろうじゃないの…!」

英玲奈「お、おお……さすがリーダー」

英玲奈「私たちも協力するぞ!」

あんじゅ「(………私たち……たち!?)」



5: 名無しで叶える物語 2019/12/07(土) 20:59:45.24 ID:YxCAre/M.net

────
──



補助輪付き自転車「」バアァァァン

ツバサ(ヘルメット&サポーター装備)「!!」キリッ


ツバサ「…おっと……ほっ…あ…っと…」フラフラ 

英玲奈「いいぞ!そのまま…あ」

ツバサ「きゃっ!!」ガシャンッッカラカラカラ...


あんじゅ「…補助輪付きで倒れるってどういうことなの…?どうしたらそうなるの…?」

あゆじゅ「…呪い…?」

英玲奈「こわい話やめろ」

ツバサ「そもそもこの乗り物が欠陥あると思うの、三輪にするべきじゃない?」

英玲奈「現状4輪でも乗れてないだろ!」



6: 名無しで叶える物語 2019/12/07(土) 21:00:12.26 ID:YxCAre/M.net

・・・・・


ツバサ「慣れると割と楽しいかも」スィ--

ツバサ「…っと」ジャガガガ(靴底が擦れる音)

あんじゅ「(なにその止まり方…)」

ツバサ「まっ私にかかれば楽勝って感じ?当然かな」

英玲奈「…」イラッ

あんじゅ「…」イラッ


ツバサ「はぁっ楽しかった」

ツバサ「………帰るわ」

ツバサ「!?」ガシッ

あんじゅ「…」(羽交い締め)

英玲奈「なにを当然のように帰ろうとしてるんだ…むしろここからだろ」クルクルクル...スポッ

英玲奈「次はこれだ」


補助輪付き自転車(右補助輪排除)「」バアァァァン



8: 名無しで叶える物語 2019/12/07(土) 21:00:40.28 ID:YxCAre/M.net

・・・・・


ツバサ「ほら……大丈夫……行ける行ける……」ギ-コギ-コ

あんじゅ「(すっごい左側に体傾けてる…)」

英玲奈「じゃあそのまま右に曲がってくれ」

ツバサ「は?やだ」ギ-コギ-コ(直進)

英玲奈「…やだって何だ……」

英玲奈「……じゃあ左…左に曲がってみてくれ」

ツバサ「左ィ?……」ギ-コギ-コ

ツバサ「………」ギ-コギ-コ…フラッ

ツバサ「!!」

ツバサ「…やだ」ギ-コギ-コ(直進)


英玲奈「……」

あんじゅ「……」



9: 名無しで叶える物語 2019/12/07(土) 21:01:03.80 ID:YxCAre/M.net

英玲奈「もう少しスピード出した方がバランス取りやすいんじゃないか?」

ツバサ「私を殺す気!?」

英玲奈「そんな大げさな…」

あんじゅ「……」

あんじゅ「もしかして、怖じ気づいちゃった?」

ツバサ「!!」

あんじゅ「確かに今までの速度でこぐよりリスクは高いかもしれないけど、挑戦すらしないで終わり?」

ツバサ「……」

ツバサ「…!」

英玲奈「(目の色が変わった、ナイスだあんじゅ)」


あんじゅ「(はやく終わんないかな)」



10: 名無しで叶える物語 2019/12/07(土) 21:01:39.12 ID:YxCAre/M.net

ツバサ「綺羅ツバサ、ELN-03、行きます!」

英玲奈「自転車に妙な名前をつけるな」

ツバサ「はぁぁぁあ!!!」ギコギコギコ


英玲奈「おお!!!」

あんじゅ「問題は倒れずにハンドルを切れるかどうか…」

ツバサ「うおお!!」ギコギコギコ

ツバサ「はっ!!」ジャガガッ(一瞬靴底が擦れる音)

ツバサ「やぁぁあ!!!」(右折)

ツバサ「!!!」スィ--

ツバサ「…」ジャガガガガ(靴底が削れる音)

ツバサ「……やった……やった……!」


英玲奈「いやいやいや絶対曲がるとき足ついてただろ」

あんじゅ「靴底真っ平らになってそう…」



11: 名無しで叶える物語 2019/12/07(土) 21:02:52.58 ID:YxCAre/M.net

ツバサ「なんかいける気がしてきた!もう片っぽも取っちゃって!」


英玲奈「…いいのか?大丈夫なのか?」ヒソヒソ

あんじゅ「いいんじゃない?本人の意志だし」ヒソヒソ



クルクルクル...スポッ



ツバサ「行きますっ!」ツバサ「」ガシャンッッ...


あんじゅ「ちょっと!?大丈夫!?」

英玲奈「(ペダルが一周もしなかったぞ……)」



12: 名無しで叶える物語 2019/12/07(土) 21:03:17.55 ID:YxCAre/M.net

「はぁぁぁあ!!!」

「わっ!?」

「大丈夫!?」

「くっ…もう一回…!」

「うぉぉお!!」

「いいぞ!あっ!」

「もう一回…!!」

「次こそ…」

「「次こそ……!」」

「「「次こそ……!!」」」



13: 名無しで叶える物語 2019/12/07(土) 21:04:08.91 ID:YxCAre/M.net

──────
────
──



英玲奈「始める準備はどうだ?」

ツバサ「ええ、バッチリ」


あんじゅ(坂道下方50m先)「さあ来て!ここに来て!!」


英玲奈「じゃあ…押すぞ」

ツバサ「お願い!!」キリッ



14: 名無しで叶える物語 2019/12/07(土) 21:04:37.81 ID:YxCAre/M.net

英玲奈「いいぞ!その調子!」タッタッタッタッ

ツバサ「(落ち着け…集中…)」ギ-コギ-コ







英玲奈「……」タッタッタッタッ


英玲奈「……」タッタッタッタッ



英玲奈「(今!!)」パッ




英玲奈「行っっけぇぇえ!!!!」



15: 名無しで叶える物語 2019/12/07(土) 21:05:05.71 ID:YxCAre/M.net

ツバサ「え?英玲奈…?」


ツバサ「もしかして…乗れてる…?」スィ--


ツバサ「乗れた……!ひとりで乗れてる!!!」スィ--



あんじゅ(20m先)「やった!!!すごいすごい!!!」



16: 名無しで叶える物語 2019/12/07(土) 21:05:38.69 ID:YxCAre/M.net

ツバサ「やった!やったんだ私!!」スィ---

あんじゅ(15m先)「ツバサ?」

あんじゅ(10m先)「ちょっ…止まっ……ストップ!!ストップ!!!!」

あんじゅ「ブレーキ!!ブレーキかけて!!!」


ツバサ「ブレ…ブレーキ!?ブレーキッッ!!!」ギュッッッ


あんじゅ「あっ」
英玲奈「あっ」



17: 名無しで叶える物語 2019/12/07(土) 21:06:05.28 ID:YxCAre/M.net

右のは前輪でしょ?


わかるでしょ?


もっと効きたい効きたい


過剰なbrake


今あんじゅの


胸の


中へ



18: 名無しで叶える物語 2019/12/07(土) 21:06:31.99 ID:YxCAre/M.net

あんじゅ「ア゛ッ゛ッ゛ッ゛!?」ゴスッッ

ツバサ「イ゛ッ゛ッ゛ッ゛!?」



英玲奈「大丈夫か2人とも!?」



あんじゅ「」

ツバサ「」



英玲奈「大丈夫か2人とも!!???」



19: 名無しで叶える物語 2019/12/07(土) 21:06:56.72 ID:YxCAre/M.net

あんじゅ「いっ……………たぁ……」

ツバサ「はぁ~~~二度と乗らんわこんな乗りもんっ!」ヘルメット叩きつけ

英玲奈「えぇ………いや……あの………………えぇ………」



20: 名無しで叶える物語 2019/12/07(土) 21:08:02.41 ID:YxCAre/M.net

~完~


元スレ
ツバサ「自転車?もちろん乗れるけど」