1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 15:51:03.50 ID:DzHQBTa40

双葉杏(17)
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0819235-1357109134.jpg
諸星きらり(17)
ttp://iup.2ch-library.com/i/i0819236-1357109134.jpg



杏「……だるい」

きらり「杏ちゃんどしたー?」

杏「ん、きらり? おはよ」

きらり「おっすおっすー☆ 杏ちゃんおはゆー!」

杏「相変わらず元気だね」

きらり「にゅふふん、きらりんパワーは今日もぜっこーちょーなんだにぃ☆」

杏「そりゃよかった」

きらり「うん! 杏ちゃんにもあえてとってもハピハピ!」

杏「ふーん、そう」

きらり「うん!」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 15:59:39.94 ID:DzHQBTa40

杏「あー、だるい……」

きらり「杏ちゃんだいじょぶ?」

杏「んー、まぁね」

きらり「元気ない? 杏ちゃん……」

杏「別に、いつものことだよ」

きらり「なでなですぅ?」

杏「いいよ、別に」

きらり「でも元気ないから心配だにぃ」

杏「いつものことだってば」

きらり「にょ……」

杏「……」

きらり「……」

杏「きらりは過保護だなぁ」

きらり「……そんなことないにぃ?」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 16:10:17.80 ID:DzHQBTa40

杏「だいたい、だるいのだってさ」

きらり「うんうん」

杏「もう仕事だから憂鬱なだけだし」

きらり「お仕事たのすぃーよー?」

杏「きらりはそうだろうけど、私は嫌なの」

きらり「にょ……」

杏「……そんなに楽しい?」

きらり「うん、とっても!」

杏「いいねぇ、きらりは」

きらり「杏ちゃんは楽しくない?」

杏「疲れるしね」

きらり「そっかー……」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 16:23:04.98 ID:DzHQBTa40

きらり「……にょわっ! きらりひらめいちゃったー☆」

杏「ん、どうしたの?」

きらり「杏ちゃん、動くのいや?」

杏「まぁね、めんどくさいし」

きらり「だったら……にゅっ!」

杏「う、わわぁっ!?」

きらり「うぇへへへ……杏ちゃんかるーい☆」

杏「お、おぉ……お姫様スタイル……」

きらり「こうやってー、いっしょにお仕事に行けばへーきだにぃ?」

杏「……いや、嫌だっていうのはそういうのじゃなくてさ」

きらり「にょ?」

杏「……ま、いいや」

きらり「杏ちゃんおちつくぅー?」

杏「まぁまぁかな」

きらり「うぇへへ、そかそかー」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 16:30:53.93 ID:DzHQBTa40

杏「たださ、きらり?」

きらり「どしたー?」

杏「だっこはきらりの手が疲れるんじゃない?」

きらり「そ、そんなことないにぃー?」

杏「うそ。ぷるぷるしてるよ」

きらり「にょっ……」

杏「ばかだなぁ、いくら軽くても人だよ?」

きらり「でもきらりならだいじょぶかなって……」

杏「だいじょばないじゃん」

きらり「むぇー……」

杏「だから、一回おろして」

きらり「……りょーかいだにぃ」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 16:42:05.48 ID:DzHQBTa40

杏「ふぃー、さてと」

きらり「杏ちゃん、どうするの?」

杏「背中」

きらり「おせなか?」

杏「おんぶしてよ」

きらり「……うん!」

杏「さ、しゃがんで」

きらり「りょーかい☆」

杏「……おぉー、なかなかだね」

きらり「うぇへへ、そーかな?」

杏「うん、ほめてつかわそう」

きらり「にゅふふふ……ほめられちゃった、うれしー!」

杏「よかったね」

きらり「うん!」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 16:53:43.12 ID:DzHQBTa40

杏「んー」

きらり「杏ちゃん、どーお?」

杏「うん、まぁ……これなら仕事にもいってあげなくもないかな」

きらり「そかそか、うぇへへへ」

杏「でも大丈夫?」

きらり「なにがー?」

杏「重くないの?」

きらり「杏ちゃんはかるーいにぃ?」

杏「はぁ……すごいねぇ」

きらり「きらりんパワーできゅんきゅんしちゃうの! そしたらもうむゃーってなって、元気いっぱいだにぃ?」

杏「謎パワーだねぇ」

きらり「きらりんパワーだよ?」

杏「だからそれが謎だって……」

きらり「?」

杏「ま、いっか」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 17:04:15.16 ID:DzHQBTa40

きらり「いくにぃー☆」

杏「おー」

きらり「しゅっぱーつ!」

杏「……」

きらり「これでいっしょにおしごとできるもんねー☆」

杏「ん? 今日の現場って別じゃないの」

きらり「にょっ!?」

杏「……」

きらり「……にょゎ」

杏「ま、いいや。現場近くにおいてくれればいくよ」

きらり「ほんと!?」

杏「もう事務所でちゃったし、寒いしね」

きらり「きらりはあったかいにぃー」

杏「そうだね、きらりの背中はなかなかあったかいから」

きらり「杏ちゃんのお腹もあったかーい☆」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 17:19:42.72 ID:DzHQBTa40

杏「じゃ、いってらっしゃい」

きらり「うん……杏ちゃんだいじょぶ?」

杏「んー、だるい」

きらり「やっぱりきらり、杏ちゃんのお仕事ついていったほうが……」

杏「いらないよ、きらりだって仕事でしょ」

きらり「そうだけど……」

杏「仕事は楽しいんじゃないの?」

きらり「うん、とっても!」

杏「じゃ、いかなきゃ。サボるのは杏に任せてよ」

きらり「でもでも、杏ちゃん……」

杏「あー。仕事終わったあととか寒そうだなぁ」

きらり「にょ?」

杏「……わかんない? 終わってから迎えに来てって言ってるんだけど」

きらり「……うん! お迎え任せて!」

杏「それじゃ、あとでね」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 17:25:05.29 ID:DzHQBTa40

――――

――

杏「あー、疲れた……」

きらり「杏ちゃーん!」

杏「あ、きらり。そっちはもう終わってたんだ」

きらり「うん! あのねあのね、監督さんもすごーいって褒めてくれたんだにぃー☆」

杏「そりゃよかった。やるじゃん」

きらり「やっぱりお仕事とーってもたのしーの! にゅふふー」

杏「……ま、こっちもそれなりかな」

きらり「杏ちゃんも楽しかったの?」

杏「だからそれなり、だよ」

きらり「そかそかー、ぎゅー」

杏「あぁ、もう……なに」

きらり「杏ちゃんも楽しかったみたいだからよかったーって思ったんだにぃー?」

杏「……ふーん、そう。楽しそうだったかな」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 17:29:46.85 ID:DzHQBTa40

杏「よっこらせ」

きらり「のりましたかー?」

杏「のりましたよー、っと」

きらり「ではでは、きらりん☆ちょーとっきゅーでご帰宅しちゃう? やっちゃうー?」

杏「んー、超特急ねぇ」

きらり「うん、いや?」

杏「嫌じゃないけど、それじゃきらりが疲れそうだからゆっくりでいいよ」

きらり「そーお?」

杏「そう」

きらり「じゃあおしとやかーに歩くね?」

杏「うん。ま、疲れたら言ってね」

きらり「よゆーだにぃ」

杏「すごいね、きらり」

きらり「うん、だーいすきなことしてると元気いっぱいだもん!」

杏「……ふーん、いいね」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 17:35:37.27 ID:DzHQBTa40

杏「んー」

きらり「杏ちゃん、杏ちゃん」

杏「どうしたの?」

きらり「見て見て、お空!」

杏「空? ……あぁ、星が出てるね」

きらり「お月様がまんまるなの! きれー」

杏「あー、ホントだ」

きらり「なんだかふわふわすぅ……」

杏「って上ばっか見てたらあぶないって、前見て前」

きらり「にょ、ごめんにぃ」

杏「……」

きらり「杏ちゃん?」

杏「やっぱりいっかいおろして?」

きらり「う、うん? わかった」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 17:39:43.44 ID:DzHQBTa40

杏「ふぅ……」

きらり「杏ちゃん、どうしたの……?」

杏「ちょっとゆっくりしようか」

きらり「う、うん。わかったにぃ」

杏「……」

きらり「……」

杏「……」

きらり「……にゅ」

杏「……」

きらり「……にょゎー」

杏「あぁ、別におしゃべりしてもいいよ?」

きらり「そ、そうなの?」

杏「うん、そう」

きらり「そうなんだー……」

杏「ちょっとね、乗りっぱなしも悪いかなって思ったのもあるし」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 17:45:33.72 ID:DzHQBTa40

きらり「きらりはぜんぜんへーきだにぃ?」

杏「そう、でもさ」

きらり「にょ?」

杏「……きらり、ちょっといい?」

きらり「う、うん」

杏「よっこらせー」

きらり「うきゃっ!?」

杏「どうしたのさ?」

きらり「杏ちゃんがきらりのおひざに……」

杏「いや?」

きらり「んーん! とってもうれしーけど、なんで?」

杏「なんとなく」

きらり「そかそかー……なんとなくー?」

杏「うん、なんとなく」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 17:48:25.82 ID:DzHQBTa40

きらり「……きゅー」

杏「……なに?」

きらり「杏ちゃんをぎゅーってしたくなったの」

杏「そう、それで?」

きらり「でも思いっきりするとびっくりしちゃうからちょっぴりにしたの」

杏「そっか」

きらり「うん、そうなの」

杏「……もうちょい強くてもいいよ」

きらり「……うん。ぎゅっ」

杏「あー、いい感じ」

きらり「杏ちゃんかぁーいいにぃ……」

杏「ありがと、知ってる」

きらり「うぇへへへ……」

杏「あー、あったかい」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 17:53:52.69 ID:DzHQBTa40

きらり「……ねぇねぇ杏ちゃん」

杏「ん、なに?」

きらり「……」

杏「きらりー?」

きらり「んーとね、えーっと……」

杏「……」

きらり「むぅ……むむむ」

杏「……」

きらり「やっぱり、なんでもない……」

杏「ふーん、そう」

きらり「うん……」

杏「……よっと」

きらり「にょ……杏ちゃん?」

杏「あー、きらりは座ったままでいいから」

きらり「にょわ……」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 17:56:26.15 ID:DzHQBTa40

杏「そんでもってよっこらせー」

きらり「にょにょっ」

杏「きらりの背中はあったかいなぁ」

きらり「杏ちゃん、もう帰るの?」

杏「んーん、もうちょいこのまま」

きらり「……にょ」

杏「背中があったかいとさ、結構寒さ感じないらしいよ」

きらり「そーなの?」

杏「いや、知らないんだけどね。えへへ」

きらり「むぇー、だまされちゃったにぃ……」

杏「でもまぁ、ほら。経験則ってやつだよ。たぶんあってる」

きらり「そーお?」

杏「うん、そう」

きらり「そかそか……うん」

杏「だからこのままでいいの」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 18:01:31.76 ID:DzHQBTa40

杏「ま、きらりはえらいよ」

きらり「そーかな?」

杏「こんなにお仕事がんばって、杏の面倒まで見てさ」

きらり「めんどーじゃないよ? いっしょにいられるととってもうれすぃーってなってね、それで……」

杏「あー、そういうのじゃなくて……」

きらり「じゃあどういうの?」

杏「んーと……」

きらり「うんうん」

杏「……まぁいいや」

きらり「にょっ!?」

杏「細かいことは気にするなってことー」

きらり「こまかいことかなのかにぃ……?」

杏「杏にとっては些細なことさ」

きらり「杏ちゃんかっこいー!」

杏「まぁねー」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 18:06:05.67 ID:DzHQBTa40

杏「おっと、それでさ」

きらり「にゅ? 杏ちゃんどした?」

杏「……きらりの背中って結構乗り心地いいんだよね」

きらり「そーなんだ……うぇへへ、うれしー」

杏「なんかね、こうやってるの割と嫌いじゃないよ」

きらり「きらりも杏ちゃんがお背中にいるとね、ふにふにしてあったかかくてしあわせだにぃ!」

杏「そっか」

きらり「うん!」

杏「……」

きらり「杏ちゃん?」

杏「きらりは今日の空が綺麗って言ったけどさ」

きらり「まんまるなおつきさま、とーってもきれーだにぃ?」

杏「ふふん、まだまだ甘いなぁ」

きらり「にょ?」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 18:09:50.06 ID:DzHQBTa40

杏「杏の地元なんてもうこんなものじゃないよ。空を見上げたら星がいっぱいなんだから」

きらり「そーなの!?」

杏「そうだとも。どうだー、すごいだろう」

きらり「うん! すっごーい!」

杏「だからさ」

きらり「にょ?」

杏「……今度、星でも見に行ってみる?」

きらり「お星さま、見に?」

杏「……きらり、星見るの好きみたいだから」

きらり「いいの?」

杏「文句でもあるの?」

きらり「んーん! とってもうれすぃ!」

杏「ならいいでしょ」

きらり「……うん!」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 18:14:10.25 ID:DzHQBTa40

杏「ふぃー……」

きらり「杏ちゃんだいじょぶ? おねむ?」

杏「仕事はやっぱり疲れるからね」

きらり「……おつかれさま」

杏「きらりもおつかれ」

きらり「きらりは元気いっぱいだにぃー」

杏「はいはい」

きらり「にゅ……」

杏「どうだー、撫でまわされる気分は」

きらり「なんか……むずむずすぅ……」

杏「いつもやられてるからおかえしだー。それそれ」

きらり「ゃーん! 杏ちゃんのえっちー」

杏「いつもやってるきらりもえっちだなー」

きらり「うきゃっ!?」

杏「だから遠慮なくまだまだやるぜー、おらおらー」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 18:19:56.83 ID:DzHQBTa40

きらり「にょ……もうおよめさんにいけなくなっちゃったにぃ……」

杏「そりゃ大変だなー」

きらり「もー、杏ちゃんつめたーい!」

杏「ふゎぁ……ん。あったかいよ? ほら」

きらり「にょっ! お、おみみがー」

杏「おー、きらりのほっぺ冷たい」

きらり「杏ちゃんのおててあったかい……」

杏「きらり、ぼちぼち帰ろうか。あっためてあげるから」

きらり「うん!」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 18:23:41.65 ID:DzHQBTa40

きらり「杏ちゃん、杏ちゃん!」

杏「どうしたの?」

きらり「……なんでもなーい☆」

杏「ふーん、そう……なら」

きらり「にょ?」

杏「こうしてやるー」

きらり「ぁっ! ゃー! 杏ちゃんのえっちー!」

杏「へっへっへ、いいカラダしてんなー」

きらり「やめてー! んもー!」

杏「はいやめた」

きらり「も、もう……ほんとにお嫁さんになれなくなっちゃうにぃ……」

杏「その時は杏がもらってあげよう」

きらり「ほんと!?」

杏「……あ、家事と稼ぎはきらりに任せるね」

きらり「うん!」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 18:28:24.52 ID:DzHQBTa40

きらり「お嫁さんなんてこまっちゃーう☆ もー!」

杏「……ノリノリだねぇ」

きらり「だって杏ちゃんが好きって言ってくれたってことだもん! きらり、とーってもハピハピすぅー!」

杏「あぁ、なるほど」

きらり「んふふふー」

杏「……きらり」

きらり「にょ? どしたー?」

杏「いつもありがとう。結構好きだよ」

きらり「そっかー」

きらり「……」

きらり「にょわっ!?」

杏「どうしたの?」

きらり「杏ちゃんが、きらりのことすきーって!」

杏「あー。めんどくさいから言わなかったけどさ、割とね」

きらり「……にょっわー! うっれしー! ハピハピすぅ!」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 18:35:21.42 ID:DzHQBTa40

杏「ま、初めてあったころは変な奴だなって思ったけどさ」

きらり「そーかな?」

杏「そうだよ。迷惑で、嫌な奴だと思った」

きらり「にょ……」

杏「でも。まぁ……ひっぱりまわされたけどさ」

きらり「……」

杏「裏表のない、悪くないやつだなって思うようになったし」

きらり「……うん」

杏「だからまぁ、割と好きだよ。きらりのことも、きらりの背中も」

きらり「きらりのお背中?」

杏「なんとなく、乗ってるとどこまでもいける気がするんだよね」

きらり「杏ちゃんのお願いなら、きらりどこまでもいっちゃうにぃ?」

杏「たとえ話だってば」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 18:39:17.02 ID:DzHQBTa40

きらり「ねぇねぇ杏ちゃん?」

杏「ん?」

きらり「きらりもね、杏ちゃんのことだーい好き!」

杏「知ってる」

きらり「うぇへへへ……」

杏「……」

きらり「杏ちゃん?」

杏「そういえば、言ってなかったかなって」

きらり「なにをー?」

杏「きらり、今年もよろしくね」

きらり「……うん! 杏ちゃんも!」

杏「あー。適度にね」

きらり「うん! いっぱいいっぱい、お仕事してー、一緒にハピハピすぅー!」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 18:42:59.66 ID:DzHQBTa40

杏「仕事かぁ……」

きらり「いやー?」

杏「気は進まないねー」

きらり「そっかー……」

杏「ま、適度にやるよ。適度に」

きらり「てきどってどれぐらい?」

杏「……きらりが杏の家に来る頻度ぐらい」

きらり「……」

杏「……なんてね?」

きらり「……にゅふふふ」

杏「えへへ」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 18:47:16.24 ID:DzHQBTa40

杏「さ、今日は終わったんだ。帰るぞー」

きらり「おー!」

杏「杏はきらりをあっためるのに全力を尽くすよ」

きらり「杏ちゃんにぎゅーってしてもらったらきらりんパワーもふるまっくすだにぃ!」

杏「よーし、きらり……」

きらり「うん!」

杏「……」

きらり「杏ちゃん?」

杏「やっぱり、背中もいいけど歩こうかな」

きらり「え?」

杏「ほら、背中だとさ」


杏「……きらりの顔、見えないから」


おわり



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 18:48:26.47 ID:DzHQBTa40

年も明けたしSSはじめ。あんきらは久々だけど楽しかった
今年もおにゃーしゃー☆

保守支援ありがとうございました


元スレ
杏「きらりにのって」