1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 20:54:31.75 ID:YPS+E5Hb0

さやか「と、いうわけで早速プレイしていきたいと思います」

杏子「おー」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 20:59:36.97 ID:YPS+E5Hb0

杏子「さやかー、取説読まなくていいのかー」

さやか「んー、まぁ大丈夫でしょ。習うより慣れろ! って感じで」

杏子 「そうかー(先が思いやられるから私が読んでおこう……)」

さやか「さーて、魔法少女さやかちゃんの活躍、ゲームでもバンバンみせちゃうよー!」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 21:01:57.37 ID:YPS+E5Hb0

さやか「えーと、『はじめから』でっと……最初に選べるのはまどかルートだけなんだね」

杏子「クリアしていくたびに増える感じか。下のほむらルートはまだ選べないみたいだし」

さやか「まぁ、女なら正々堂々と正面突破! ってことね」

杏子「はいはいさやかちゃんでした(えっと、Qボタン……?)」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 21:05:04.31 ID:YPS+E5Hb0

テーテレテーテーテー

まどか『こんなのひどいよ……ひどすぎるよ!』

さやか「あれ、何か止まった。これどうしたらいいんだろう?」

杏子「えっと、その画面になったら□ボタンを押せばいいみたいだな」

さやか「サンクスー。ぽちっとな」

QB『まどかは魔法少女になることを望んでいる!』

さやか「えっと……ここはそりゃ『魔法少女になって魔女を倒して』でしょ!」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 21:08:03.69 ID:YPS+E5Hb0

まどか『夢オチ?』

さやか「って、夢オチかよ!」ズビシ

杏子「まぁ、これで終わったら最初からクライマックスすぎるもんな」

さやか「ですよねー。おっと、さやかちゃん登場!」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 21:14:23.75 ID:YPS+E5Hb0

さやか「おっ、マップが出てきた」

杏子「時間ごとにパートが決まっていて、誰のところに行くか選べるみたいだな」

さやか「まどか、ほむら、マミさんか……まぁ、順当にまどかでいいかな」

『因果値が10上がった!』

さやか「そういえば、さっきも因果値が云々って出たけどこれは上げてけばいいのかな?」

杏子「なんか、それが高いほど魔法少女になった時にMPが上がるみたいだぜ?」

さやか「ふーん。じゃあ今のところこれで正解ってことね」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 21:19:01.27 ID:YPS+E5Hb0

さやか「あっ、やっとQB出てきた……っとあれ? ここから3Dモードか」

杏子「チュートリアルらしい感じだな」

さやか「そうねー。っと、おっ、マミさん来た! これで勝つる!」

杏子「こっから戦闘パートに入った」

さやか「ここは勿論……『ティロ・フィナーレ』!!」

Miss! 薔薇園の使い魔にダメージを与えられなかった



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 21:25:42.14 ID:YPS+E5Hb0

杏子「ちょwwwww」

さやか「ティロ・ハズレタwwww」

杏子「しっかしあれだな、こういう大技外すと何とも言えない気分になるな」

さやか「まぁ、野良猫相手にも外してたけどね、マミさんwww」

(マミ宅)
マミ「っくしゅ! 誰か私の噂でもしてるのかしら……」

マミ「にしてもまだ寒いわね……布団から出たくないわ」ゴロゴロ



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 21:28:22.26 ID:YPS+E5Hb0

さやか「っとまぁ、このくらいにしておいてどんどん進めますか!」

さやか『人間の言葉が分かるわけ!?』ポチッ
QB『キュっぷい』

さやか「あっ、何か間違って□ボタン押したら何か出た」

杏子「どうやら、普通の会話中にもQボタンが隠れてるみたいだな」

さやか「ほほぅ、それを見つけるのが名探偵さやかちゃんの仕事なわけですね!」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 21:33:41.82 ID:YPS+E5Hb0

杏子「まぁ、それは置いといてサクサクすすめんぞー」

さやか「そうだね。さっさと魔女を倒しに行くぞー!」

(プレイ中。。。)

さやか「というわけで、薔薇園の魔女の結界に来ました」

杏子「やっと本格的にスタートって感じだな」

さやか「どんどん攻略しちゃうよー!」

マミ『未来の後輩にカッコ悪いところ見せられないわね!』



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 21:36:53.21 ID:YPS+E5Hb0

マミ『ティロ・フィナーレ!』
薔薇園の魔女を倒した

さやか「今回は上手く行ったわね」

杏子「使い魔を延々呼ばれて囲まれたときはやばかったけどな」

さやか「まぁ、使い魔ごときにやられるさやかちゃんではないわ!」ドヤァ

杏子「戦ってたのはマミだがなー」

さやか「操作してたのは私だから良いでしょー」ブー



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 21:40:19.35 ID:YPS+E5Hb0

さやか「さてさて、どんどん進めていきますよ」

さやか「にしても懐かしいなー、このやりとり。マミさんもかっこよかったなー」

杏子「過去形はやめてやれよwww」

さやか「だって今は……」ゲフンゲフン

杏子「おっ、また次は魔女戦みたいだぞ」

さやか「この流れで行くと次は……何か嫌な予感がする」

(マミ宅)
マミ「Zzz……チーズケーキ……もうおなかいっぱい……」ジュルリ



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 21:43:28.61 ID:YPS+E5Hb0

お菓子の魔女は使い魔を召喚した
お菓子の魔女は使い魔を召喚した

さやか「あーもう、しちめんどくさい!」

杏子「さやかがアイテム取りに動き回るからだろー」

さやか「だって、回復アイテム足りなくなってきちゃったし……」

さやか「あー、もー、よし、射程に入った! ティロフィナる!」

マミ『ティロ・フィナーレ!』
お菓子の魔女を倒した



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 21:43:59.66 ID:s8rDP1Bx0

まどかのゲームってどうなの?ぶっちゃけ



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 21:47:28.22 ID:YPS+E5Hb0

>>20
まぁ、普通のキャラゲー。番外編はぶっとんでて面白かった
ただフリーズが多いのがすごく怖い


マミ『えっ……』

さやか「あっ」

杏子「うわっ」

さやか「あー、今なら笑い飛ばせると思ったけど、やっぱりこれはトラウマだなぁ……」

杏子「マミ……」

(マミ宅)
マミ「うーん、うーん……恵方巻きが……」Zzz



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 21:50:06.06 ID:YPS+E5Hb0

ほむら『ここは私が』

さやか「ここでほむら登場かー。ん、何か出たぞ」

『お菓子の魔女がチャージし始めたら大ダメージを受ける前に別の台座に飛んでやり過ごそう!』

さやか「ほぅほぅ、この黄色い矢印のところまで行けばいいんだね」

さやか「さーて、マミさんの敵取らせてもらいます!」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 21:52:04.52 ID:YPS+E5Hb0

ほむら『こんなところで……』
暁美ほむらは倒れた
GAMEOVER

さやか「えっ」

杏子「ちょっ」

さやか「さっきの画面に言われたとおりにプレイしたはずなんだけど」

さやか「逃げてる間にがぶっと行かれるし」

さやか「というか、逃げてもがぶっと行かれるし」

さやか「行った先で使い魔にフルボッコにされるし」

さやか「わたしって、ほんとバカ……」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 21:54:29.21 ID:YPS+E5Hb0

杏子「まっ、まぁやり直しできるみたいだし、再戦だ!」

さやか「そうね、さやかちゃんは立ち直りが早いのが良いところ!」

さやか「って、またさっきの会話からなのね……これ飛ばせないの……?」

杏子「そして、またマミ操作からである」

さやか「そして、マミさんが……」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 21:57:49.93 ID:YPS+E5Hb0

さやか「よっし、今度はもう逃げたりしない! 正面突破だ!」

杏子「さやかー、どうせなら時間停止とかも使った方がいいんじゃねーの?」

さやか「ナイスアドバイス。まずは時間停止して、おっクロックアップっての良さそう!」


(まどか宅)
ほむら「キャストオフ!」

まどか「ちょっとほむらちゃん、突然裸にならないで!」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 22:00:35.63 ID:YPS+E5Hb0

さやか「鈍器!そして鈍器!さらに鈍器!」ボカスカボカスカ

さやか「というわけで、難なく倒せてしまいました」

杏子「さっきのアドバイスなんだったんだ……」

さやか「想定の範囲外って奴ね。チャージしても鈍器で殴れば解除できたし」

さやか「でもマミさん死んじゃった……これからどうなるんだろう」

杏子「どうなるもなにも……っと」

さやか「ん? 何か言った?」

杏子「いっ、嫌なんも」





31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 22:03:50.40 ID:YPS+E5Hb0

さやか『奇跡も、魔法も、あるんだよ!』

さやか「そう思っていた時期が、私にもありました」

杏子「さやか……今は私がいるだろ?」

さやか「うん……って、なんでやねん」ビシッ

杏子「あぅ」

さやか「まっ、まぁ色々あったけどさ。……うん、色々あった、よ」

杏子「こっから先大丈夫か? 辛いなら変わるぞ」

さやか「ありがと、でも大丈夫。今なら客観的に自分のことが見れると思うんだ」

杏子「そうか……」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 22:05:30.81 ID:YPS+E5Hb0

杏子「でも、しんどくなったらいつでも言うんだぞ」

さやか「りょーかいであります。いやー、いい嫁を持ったね。私は」

杏子「調子に乗るな」ビシッ

さやか「きゃん」

さやか「さーて、気を取り直して魔法少女さやかちゃんの初陣じゃー!」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 22:10:28.95 ID:YPS+E5Hb0

さやか「ふぅ……なんとか倒せたわね」

杏子「まぁ、初めてにしては上出来じゃないか?」

さやか「そうねって、これゲームの話!」

杏子「あーそうだったかー(棒」

さやか「もぅ……さてさて、この次はっと」


QB『まさか君が来るとはね』

杏子『ちょっと、話が違うんじゃないの?』


杏子「お、私だ」

さやか「このころは尖ってたねー、杏子ちゃん」

杏子「うっ、うっせぇ」ポリポリ



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 22:15:20.99 ID:YPS+E5Hb0

美樹さやかの感情値が50上がった
美樹さやかの感情値が50上がった
美樹さやかの感情値が20上がった
美樹さやかの感情値が40上がった

さやか「なんかさっきから私の感情値バンバン上がってる気がするんだけど」

さやか「一応、これが高いほど攻撃力上がるんだよね」

杏子「でも、これが高すぎるとソウルジェムの濁るのが早くなるらしいぞ」

さやか「んー、攻撃力上がる分仕方ないっちゃあ仕方ないかな?」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 22:21:30.08 ID:YPS+E5Hb0

杏子『食物連鎖ってガッコーでならったよね?』

さやか「こんな時代が」

杏子「私たちにもありました」

さやか「それが今はどうでしょう」

杏子「まさかこうやって並んでゲームやってるとはな……」


杏子『その男の両手両足使い物にならなくして、あんたなしでは生きていけないようにすりゃいいじゃん』


さやか「そういう愛もあるのよね」ボソッ

杏子「ちょっ、やめっ、悪い冗談だって」タジタジ


(まどか宅)
まどか「どうしたの、ほむらちゃん?なにも心配することはないのよ」

まどか「私が守ってあげるから、ずっと……」ゴゴゴ

ほむら「ほんとすいませんでした」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 22:24:30.38 ID:YPS+E5Hb0

美樹さやかのソウルジェムが穢れた
美樹さやかの感情値が70上がった
美樹さやかのソウルジェムが穢れた
美樹さやかの感情値が20上がった
美樹さやかのソウルジェムが穢れた
美樹さやかの感情値が60上がった
美樹さやかの感情値が10上がった

さやか「あばばばばばば」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 22:30:02.39 ID:YPS+E5Hb0

さやか「落ち着け私……素数を数えて落ち着くんだ……」

杏子「さやかぁ……」グスッ

さやか「そんな顔しないでよ……これはゲーム。ゲームは楽しくするもの、でしょ?」

杏子「そうだな!次の魔女ぶっ倒して目に物見せてやろうぜ!」

さやか「おうさ!」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 22:32:21.35 ID:YPS+E5Hb0

in影の魔女結界

さやか「えっ、私のソウルジェム濁りすぎ……!?」

さやか「えっ、感情値高すぎてグリーフシードあんまり効かない……」

さやか「えっ、その上数歩動いただけで真っ黒……」

さやか「えっ、しかも使い魔にフルボッコ……」

さやか「\(^o^)/」

GAMEOVER



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 22:34:03.48 ID:YPS+E5Hb0

杏子「あきらめるな、さやか!」

さやか「そうね!諦めが悪いのがプロゲーマーさやかちゃん!」

GAMEOVER

さやか「まだまだ!」

GAMEOVER

さやか「なんのこれしき!」

GAMEOVER

さやか「えっと……もっぺん」

GAMEOVER

さやか「……もう一回だけ」

GAMEOVER

さやか「……」

GAMEOVER

さやか「ギブアップしまーす」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 22:38:13.92 ID:YPS+E5Hb0

ギブアップしますか? ⇒はい
周回0以下の感情Eがうんたらかんたら ⇒はい

さやか「さてっ、心機一転。ニューさやかちゃんだよ!」

杏子「まぁ、仕方ないな……うん」

さやか「というわけで最初からになっちゃったけど、同じ轍は踏まない!」

さやか「今度は感情値をあげないようにうまいこと選択肢を避けつつプレイするわ」


まどか『こんなのひどいよ……ひどすぎるよ!』


さやか「あー、会話たるい……」マルボタンレンダ



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 22:42:36.33 ID:YPS+E5Hb0

さやか「と、言うわけで戻ってきました! 影の魔女結界!」

杏子「途中、何度か死んだけどな」

さやか「まさか薔薇園の魔女にやられるとは……完全に不覚だったわ」

杏子「回復せずに近づきすぎなんだよ」

さやか「だって回復アイテム節約したかったから」ブー

杏子「それで死んでりゃ世話ないぜ……」

さやか「でも、さっきより大分コンディションいい感じじゃない?」

杏子「今回は感情値も200弱に抑えられたしな」

さやか「それと、前回の周期で上がった因果値分も入ってるからMPも高くなってるんだよね」

さやか「これなら……負ける気がしない!」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 22:46:20.35 ID:YPS+E5Hb0

さやか「おお、さっきとは全然違う。スティンガー連発でゴリ押しも出来るし、自己再生もできるし」

杏子「今回はすんなり魔女のところまで来れたな」

さやか「よーし、このまま行っちゃうぞー!」

さやか「っと、杏子来た!」

杏子「ん? あ、そういやこんときそうだったな」

さやか「私のピンチに駆けつけるなんて流石私の嫁」

杏子「当時私になんて言ったっけ、さやか?」

さやか「すんません……」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 22:48:13.44 ID:YPS+E5Hb0

さやか「早速キャラクターを杏子に変更して……って強っ!」

さやか「近づいて『魔女に与える鉄槌』連打で即倒しとか……」

さやか「ふこーへーだー!」

杏子「それはまぁ、あれだ。経験の差?」

さやか「これまで一度もプレイキャラになったことないくせにー」グギギ



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 22:51:39.20 ID:YPS+E5Hb0

さやか「でもまぁ、そんなこんなで魔女も倒せたし」

杏子「この後のこと考えると、さやかの感情値は低めに抑えたほうが良いんじゃないか?」

さやか「そうだね。もうあんな目はこりごり……」


まどか『私、魔法少女になる!』

QB『契約成立だ』

ムービーイン


さやか「えっ」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 22:53:12.34 ID:YPS+E5Hb0

ほむら『私の戦場はここじゃない……』

さやか「えっえっ」


テーテレテーテーテー
スタッフロール


さやか「えっえっえっ」


ステージクリア!
周回1以下の感情Eがうんたらかんたら


さやか「ええええええええええええええ!?」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 22:56:09.95 ID:YPS+E5Hb0

杏子「終わった……な」

さやか「うん、終わった……ね」

さやか「えーと、なんだ」

さやか「私の知ってる話と違う」

杏子「まぁ、ゲームだしなー」

さやか「ここまで一緒だったからてっきりこのままいくのかと思ったわ」

さやか「でも、これで新しいルートが遊べるようになったね」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/24(土) 23:00:03.55 ID:YPS+E5Hb0

杏子「さて、どうする? このまま続けるか?」

さやか「うーん、ずっとプレイしっぱなしで目が疲れたからちょっと休憩かな」

さやか「昔の偉い人が『ゲームは一日一時間』って言ってるしね」

杏子「そうだなー。じゃあ、何か食い物買いに行くか」

さやか「あんたはそればっかりかい……ま、いいわ付き合ったげる」


まどかルート編/END


元スレ
杏子「『魔法少女まどか☆マギカ ポータブル』……?」