1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 20:11:56.95 ID:MNN5k25SO

ちひろ「プロデューサーの1日介護チケットを
1000モバコインで売り出せば……行ける!行けるわ!」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 20:24:08.23 ID:QNW77y2RO

凛「プロデューサー、見舞いに来たよ」

P「お、ありがとう……って仕事はどうした?」

凛「こんなときでも仕事の話?」

P「仕事熱心と言ってくれ」

凛「呆れた、心配しなくても休みだよ」

P「悪い悪い、サラリーマンってそんなもんだよ」

凛「……ね、プロデューサー」

P「どうした?」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 20:35:15.53 ID:QNW77y2RO

凛(お見舞い品が他に……他に誰か来たのかな)

凛「他の誰か……」

P「……誰か?」

凛「ううん…いつまでに治りそう?」

P「最低で1ヶ月位?」

凛「ふーんまぁまぁだね」

P「まぁまぁとはなんだ」

凛「ふふ、思ったより酷くなくて良かったってことだよ」

P「本当にそう思ってる?」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 20:48:45.93 ID:QNW77y2RO

凛「本当だよ」キュッ

P「凛?」

凛「ちひろさんから急に連絡入って……」

凛「本当に心配したんだからね」ツー

P「……悪かったな」

凛「なら約束だよ、もう一人でどっか行かないって」ピッ

P「小指……あぁ」

『指切った』

凛「よしよし、P子はいい子だね」

P「おいおい俺を犬と一緒にしないでくれよ」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 21:04:26.94 ID:QNW77y2RO

凛「…そうだこれも食べて」

P「おお病院食には飽きてたんだ、だけどタッパーはいつ返せば…」

凛「ここで食べて」

P「ここで?」

凛「うん」

凛「それで感想聞かせて」ニコッ



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 21:19:55.67 ID:QNW77y2RO

P「この赤いウインナー好きなんだ」

凛「うわ、プロデューサー子供みたいなの好きだよね」ケラケラ

P「違う違う、弁当に入ってると嬉しいんだ」

凛「違わないよ。そういってタコさんウインナー好きなんでしょ?」

P「……ぐっ」

凛「……でもさ」

凛「気に入ったならまた作ってあげるよ」

P「そうか!」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 21:33:15.76 ID:QNW77y2RO

凛「そろそろ帰るね」

P「今日はありがとう。凛には苦労掛けっぱなしだな、いつ返せるんだろ」

凛「……一括で返せる方法があるよ」

P「へぇ…どんなだ?」

凛「聞きたい?」

P「もちろん」

凛「……教えてあげない」プイッ

P「そりゃひどい」

凛(言えるはずないのに何いっちゃってんだろ、私)



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 21:39:05.08 ID:QNW77y2RO

凛「……そうだこの果物だれから?」

P「自分のだ」

凛「違うってば、誰からの見舞い品?」

P「自分から自分へ、だ」

凛「……はぁ?」

P「いや…ね、恥ずかしい話なんだけど」

――

凛「それで自分の見舞いに誰も来ないと踏んで自分に見舞い品?」

P「見栄を張ったよ」

凛「…ぷっ……あははははっ」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 21:52:08.01 ID:QNW77y2RO

凛「……ふーふー」

P「そんなに笑うことないだろう?」

凛「ふっ……喋らないで」

P「……」

凛「…あのさ、プロデューサーって自分で思ってるより回りの評価悪くないから」

P「……そうならいいんだけどな」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 21:54:54.23 ID:QNW77y2RO

凛(…でも、もし悪くてもさ)

凛(私の気持ちだけは変わらないから)

かな子「プロデューサーさんお見舞いに……ってあっ!凛ちゃん!」

P「かな子も来たのか?」

凛(……なんてね)



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 21:56:56.74 ID:QNW77y2RO

おわり感謝



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 22:58:45.50 ID:BdlzHxAU0


http://imgur.com/sSiRV
http://imgur.com/LVTXZ

五十嵐響子
15歳


響子「こんにちは!プロデューサー、お見舞いに来ましたよっ!」

P「おぉ、響子。ありがとう」

響子「怪我は大丈夫ですか?」




48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 23:01:05.40 ID:BdlzHxAU0


P「あぁ、痛みもましになったよ。仕事に穴を開けたのは心配だけど…」

響子「プロデューサー、元気よくいきましょう。病は気からですよっ!」

P「うーん、そうかもしれないな」

響子「プロデューサー」

P「どうした?」

響子「良かったら、お花のお水、替えましょうか?」

P「おお、頼めるか?」

響子「はいっ!」




51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 23:05:41.07 ID:BdlzHxAU0


P「ふと思ったんだが…」

響子「どうしました?」

P「お前たちって、いつも見舞いに一緒に来ないけど、まさか仲悪い…とか?」

響子「ええっ!違いますよっ!」

響子「ちひろさんが…って、あ……そのっ、あははっ、あはははっ」

P「?」

響子(介護チケットは、プロデューサーには内緒だった…)

響子「ちょっと、スケジュールがあわなくって!」

P「なるほど、な…?」




54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 23:10:27.76 ID:BdlzHxAU0


響子「そんなことよりっ! プロデューサー、お風呂はどうしてるんですか?」

P「2日に1度は看護婦さんが入れてくれるよ。 昨日とか」

響子「今日は入らないんですか?」

P「怪我したのが両腕だからな。 足なら自分で拭くとかできるんだが」

響子「じゃあ、お手伝いしますよっ♪」

P「え?いいよ、別に汗かいてないし」

響子「任せてください! 兄弟が風邪を引いたときは、私が看病してるんですっ!」

P「うーん、そこまで言うのなら…」




56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 23:15:56.97 ID:BdlzHxAU0


・・・

響子「じゃあ、脱がせますね」

P「おっ、お願いします!!」

響子「……」

P「……」

響子「背中から拭きますね」

P「は、はい!!」

響子「どうですか?痛くないですか?」

P「い、良い感じです!!」

響子「なんか、こうしてると…」

P「どっ、どうした?」

響子「いえ、なんでもないですっ!」

響子「…そんなに緊張しないでくださいね?」

P「……はい」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 23:20:21.00 ID:BdlzHxAU0


・・・

響子「こんな感じですかね」

P「ありがとう、気分がスッキリしたよ」

響子「プロデューサーがさっきまで着てたシャツ、お洗濯してまた持ってきましょうか?」

P「いいのか?」

響子「洗濯なら任せてくださいっ!」

P「何から何まで悪いな」

響子「いいですよっ! あっ、そろそろ、面会時間が終わりですね」

P「ん…?もうそんな時間か」

響子「長居しても悪いですし、そろそろ帰りますね」

P「おう。せっかく来てくれたのに、雑用ばっかり頼んで悪かったな」

響子「いえ、 困ったときはいつでも私に頼ってくださいねっ!」




59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 23:26:56.79 ID:BdlzHxAU0


P「ほんとか?今日も、響子が来てくれて助かったよ」

響子「はいっ! 頼られるって嬉しいですっ!」

響子「……。…あの、プロデューサー」

P「なんだ?」

響子「私、良いお嫁さんになれますかね?」

P「ああ、それは俺が保証するよ」

P「ただ、今はアイドルだからあんまり、そういうことは…」

響子「それは大丈夫ですっ!」

響子(だって、旦那さんは…)

響子「……。 それじゃあ、失礼しますねっ!」

P「おお、またな」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 23:30:39.14 ID:BdlzHxAU0


・・・

響子「ちひろさん、あのチケットまだ販売してます?」

ちひろ「ごめんなさい、もう他の子たちが買い占めちゃって」

響子「そうですか…。わかりましたっ!」



響子「プロデューサー、しばらく行けなさそうです」

響子「もうちょっとだけ、シャツは預かっておきますね♪」 ギュッ



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 23:31:31.38 ID:BdlzHxAU0

オチ無しで、終わり


元スレ
モバマスP「まさか両腕を骨折するとは……」ちひろ「ひらめいた」