1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 01:07:34.33 ID:ywuHUK3u0

『……強い、雨雲を伴い……ガガッ……』

『明日の未明には……ザッ……今後の台風の……』


カチッ


P「……今更ニュース聞いたって、意味ないよ?」

律子「情報に敏いプロデューサー殿らしくありませんね」

P「だからさ。今更って言ってるでしょ」

P「TV局を出る前ならともかく、今からじゃ台風の中を突っ切っていくしか手はないもの」

律子「…」

P「それとも、戻る?」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 01:10:05.90 ID:ywuHUK3u0

P「秋月律子は今日中に765プロに戻ります、って電話口で大見栄切った挙句……」

律子「はいはい、挙句急いで階段踏み外して足を挫いたのはその秋月律子です」

律子「そうまでして出てきたんだから、戻るつもりはありません」

P「…」

律子「プロデューサーだって、スタッフさん達のお誘いを断って、早々に退散決め込んだでしょう?」

律子「人の事、笑えませんよ」

P「俺は違うよ?……その足じゃクラッチ、踏めないでしょ?」

律子「はぁ……まったく、散々な一日ですね」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 01:12:57.19 ID:ywuHUK3u0

P「追い打ちをかけるようでなんだけど。俺ね、この車、信用してないの」

律子「信用してないって?」

P「イタリア人て電気のこともよく知らずに車作っちゃうんだから」

P「スーパーカーだって燃えちゃうんだよ?」

律子「もう、一体いつの話をしてるんですか?」

P「電装系が弱いのは、今も変わっちゃいないよ」

P「……夜、しかも雨。ただでさえ電気系統に負荷、かかってんだからさぁ」

P「この先何があっても、知らないよってこと」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 01:14:59.13 ID:ywuHUK3u0

P「ってか、なんで社用車で来なかったの……?」

律子「車検です。竜宮小町がオフの時に出しておけば、帰ってからすぐに使えるじゃないですか」

P「……ま、渋滞にさえ捕まらなきゃ、車がダダ捏ねる事もないと思うけどねぇ」





P「ありゃあ?……捕まっちゃったかなぁ?」

律子「プロデューサー、あれ……」

P「……この道路は、一日の雨量が130mmを越えると通行止めになりますぅ?」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 01:17:53.28 ID:ywuHUK3u0

P「あたぁー……どうする?」

律子「うーん……ここから戻って、小諸、上田、松本経由で、長野自動車道に」

P「なるほど?」



P「……振り出しに戻っちゃった」

律子「…」



P「……あっ、今お守りの事考えてたでしょ?」

律子「チラッと」

P「ホントに効くんだってば、リンカモのお守り」

律子「でもそのおかげで、長野を出る時間が遅くなったんですからね?」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 01:21:14.64 ID:ywuHUK3u0

P「…」

律子「TV局を出たのは早かったのに」

P「……そういう言い方しないでよ」

律子「結局プロデューサーの言うお守りは、散々連れ回されて探し回った挙句見つからないし」

律子「グズグズしてる内に道路は封鎖されちゃう。言いたくもなりますよ」

P「…」

律子「すっぱりお守り諦めて、まっすぐ東京に向かってたら、今頃とっくに関越に乗ってるんですから」

P「ハッハッハ~、それもそうだね」

律子「運転中は他所見しない」

P「……はぁーい」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 01:23:45.77 ID:ywuHUK3u0

ザァー……


P「小諸バイパス、雨のため全線通行止め~……」

律子「………」ピッピッピッ

P「携帯で検索?デジタルなのにアナログって感じだねぇ」

P「今時、代車にカーナビって付かないもんかね?」

律子「そんな贅沢、ウチじゃ言ってられませんから……えぇっと、戻って北軽井沢から渋川に」

律子「そこから関越に乗れます」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 01:26:36.47 ID:ywuHUK3u0

カチッ カチッ

律子「……この車、禁煙ですよ?」

P「固いこと言わないでよ。ずっと我慢してたんだから」

律子「吸わない人は、煙草の臭いに敏感なんです。後で小鳥さんに勘繰られるのは嫌ですし」

P「小鳥さんねぇ……あぁ、シガーキスとか?」

律子「灰皿、小銭入れになってるんです」

P「あ、じゃホントに禁煙車なのね」

律子「……すぐ色ボケに走るんだから」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 01:29:38.13 ID:ywuHUK3u0

P「でさ、そのルートだと鬼押出しを越えていく訳でしょ?そっちも封鎖されてるんじゃないの?」

律子「可能性は否定しませんけど、行ってみなきゃ分からないでしょう?」

律子「それに台風が通過して封鎖が解除されるまで、ここでじっとしてるって訳にもいきませんよ」

P「一々ごもっとも。正論ですねぇ」

律子「……それ、皮肉ですか?」

P「皮肉?……皮肉に聞こえるようだとすると、ちょっと問題あんなぁ」

律子「………」

P「……はいはい、運転運転」タジッ



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 01:32:15.61 ID:ywuHUK3u0

律子「っ……」

P「足、痛い?」

律子「ううん、大丈夫……」



P「……腹減ったなぁ~」

P「関越に乗ったらさぁ、とりあえず何か食おうね?」

律子「………」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 01:34:17.81 ID:ywuHUK3u0

律子「……プロデューサー?」

P「はい?」クルッ

律子「……前!」

P「何でしょう?」クルッ

律子「……何でもない」

P「………」



律子「……ちょっとお礼を言いたい気分だっただけ」

P「えぇ?」

律子「何でもないっ」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 01:36:24.15 ID:ywuHUK3u0

律子「で、ここも通行止め……」

P「……当面の選択肢は二つ。1、この道を諦める」

P「2、柵をこっそりどかして、先に進む」

律子「2は問題外ですね」

P「とするとだ。第三の選択肢が……」



P「ねぇ。ヘッドライト、暗くなってるような気がしない?」

律子「気のせいでは?」

P「そぉ?気のせいかなぁ」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 01:39:27.29 ID:ywuHUK3u0

律子「……で、第三の選択肢って?」

P「主な幹線道路は、全て封鎖されてて出口なし。道は他にもまだあるかもしれないけど」

P「幹線道路がこの有様では、旧道や林道に毛が生えた程度の抜け道にも期待できそうにない」

P「かと言って?台風が通過するまでここでじっとしてる訳にも、いかないよねぇ?」

律子「……え、えぇ」





P「寝たくない?」

律子「寝る?」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 01:42:28.88 ID:ywuHUK3u0

P「一晩中この辺りをウロウロ走り回るなんてのは御免だなぁ」

P「それに俺、元々そんな体力ないからね」

P「だからさ、どうせなら手足伸ばしてゆっくり休みたいってのが人情だし」

P「765プロのプロデューサー、過労運転で事故!なんて、新聞沙汰にはなりたくないでしょ?」

律子「………」

P「またどっかの記者が面白がってさ、あの765プロのって、『あの』の横に点々までつけちゃいそうだもの」

律子「……言いたいことは解りました」

P「じゃ、そういうことで」

律子「じゃ、そういうことで」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 01:45:48.92 ID:ywuHUK3u0

律子「プロデューサー?……ちょ、ちょっと、ちょっと待って?」

P「何?」

律子「何、って……ま、まさか、ここに?」

P「いけない?」

律子「だってこれ、ラブホ……」

P「竜宮城だよ、竜宮城。そこに書いてあった」

律子「私、嫌ですよ?」

P「……軽井沢辺りまで戻れば、ちゃんとしたホテルや旅館もあるけど」

P「スタッフの誰かとばったり顔合わせたらマズいんじゃないかと、俺なりに気を使ったつもりなんだけどねぇ?」

律子「で、でも……!」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 01:49:21.00 ID:ywuHUK3u0

P「どうせ寝るだけだったらどこでも一緒でしょ?」

律子「そ、それは、まぁ」

P「それにここ、竜宮城って名前だしさ。これも何かの縁って事で」

律子「……こ、こんな縁って……」





P「律子?」

律子「えっ?」

P「部屋、選んでくれる?」

律子「へ?……あっ」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 01:52:41.66 ID:ywuHUK3u0

律子「ど、どれがいいですかっ!?」

P「どれでもいいよ。好きなの選べば?」

律子「そっ……そうね!な、なんでも、いいわよね……」カチッ


カラン


律子「202号室!」

P「ハイハイ」

ブロロロロ……



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 01:55:32.64 ID:ywuHUK3u0

律子「…」

P「ってか、相部屋かぁ」

律子「ぷ、プロデューサーが、どこでもいいって言うから……!」

P「……なんだかなぁ~」



律子「お茶でも、入れましょうか?」

P「うん?俺、ビールにするわ」スタスタ

P「……何だったら、先にシャワーだけでも使ったら?」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 01:58:33.47 ID:ywuHUK3u0

律子「シャワーね……」チラッ

律子「」



律子「(が、ガラス張り!?……こっちから脱衣所まで、丸見えじゃない!)」

P「ハハハハ……お湯だったら、湯気で曇るんじゃない?」

律子「か、確認してからにします!プロデューサーがお先にどうぞ」

P「えっ?そう?」



P「うわぁー、あーあー……滑り台にベンチまである」

律子「………」チラッ

P「……見ないでね?」

律子「見ませんっ」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 02:02:50.43 ID:ywuHUK3u0

P「………」カチカチ

P「律子ー?」

律子「…」

P「おーい、律子ー?」

律子「……?」

P「ほら、このボタンを押すと、ガラスが見えなくなりますよー」カチッ

律子「お先にどうぞっ!」



P「……安心してくれるかと思ったのに」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 02:05:23.19 ID:ywuHUK3u0

ガラララッ ピシャッ


律子「ふぅ……」ボフン

律子「!?」

律子「(天井が鏡になってる……落ち着かないわね)」



律子「(カーテンは、固定されてて動かない)」グイグイ

律子「(……となると、ベッドに備え付けてあるボタン……)」チラッ



律子「………」ポチッ



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 02:08:44.97 ID:ywuHUK3u0

ウィーン

律子「!?……はっ?え、ちょっ!?」ポチポチ

ゴウンゴウンゴウン

律子「(な、何?何なの、このベッド!?……か、回転してる!?)」ガチャガチャ

メデメデメデ メメメメ メーデー

律子「あああああ!ちょっ!止まっ!止まれぇっ!」ガチャガチャ





メデメデメデ メメメメ メーデー

P「……何やってんだか」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 02:12:07.25 ID:ywuHUK3u0

ガラララッ ピシャッ

律子「………」

P「お風呂、お先に頂きました」

律子「はい」


パキュッ


P「ん……ぅんっ……んん……」グビグビ

律子「…」ジー

P「んぉー、うめぇ」プハー

律子「…」ジー

P「なぁに?」

律子「えっ……あ、あぁ、私……着替え、とってきます」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 02:15:16.04 ID:ywuHUK3u0

ガチャッ バタン


P「さぁて、もう一本……」ガチャッ





P「………」

P「(缶ビールの置かれた奥に、黒まむしドリンク……)」

P「……こういうの、効くのかなぁ」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 02:18:36.30 ID:ywuHUK3u0

律子「……それじゃ、シャワーだけ使わせてもらいますね」ゴソゴソ

P「はい、いってらっしゃい」

ガラララッ ピシャッ



P「…」



P「…」コキコキ

P「(まずは軽く準備運動、と)」



キュッ シャー……



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 02:21:38.29 ID:ywuHUK3u0

P「…」コソコソ



P「………」ゴクリ


カラララ


P「…」

律子「…」フンス





P「……目と目が逢う~」

律子「そうじゃないでしょう?」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 02:28:20.78 ID:ywuHUK3u0

P「ふあぁあ……」

P「……なぁんだか疲れたなぁ」


ガラララッ ピシャッ


律子「…」

P「あのね、律子」

律子「時間も遅いし、休みましょっか」

P「……あぁ~、うん。そうね」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 02:31:44.28 ID:ywuHUK3u0

律子「私、ソファー使いますから」

P「だって、掛け布団ないよ?」

律子「ないんですか?」

P「布団、ベッドのだけ」

律子「……なくてもいいです」

P「そういう訳にもいかないよ」

律子「お腹だけバスタオル掛けとけば大丈夫です」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 02:35:16.69 ID:ywuHUK3u0

P「……あのさ」

律子「何です?」

P「例えばさ。俺がソファーで、律子がベッドでも、別にいいわけ」

律子「うん」



律子「……いいえ」

P「でも、そんじゃあ基本的な問題の解決にはならんでしょ」

律子「プロデューサーの言う基本的な問題の解決って、何かしら?」

P「だから~……」



P「何なんだろうねぇ」ポリポリ

律子「さぁ?」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 02:38:31.09 ID:ywuHUK3u0

P「……まぁ、いいか」

P「ほんじゃ、まぁ……とりあえず、おやすみ~」





律子「……ふぅ」

P「電気の消し方、分かる?」

律子「ちょっと自信ない」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 02:41:55.22 ID:ywuHUK3u0

P「…」

律子「…」



P「律子……寝ちゃった?」

律子「…」





P「………」ムクリ



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 02:46:32.52 ID:ywuHUK3u0

ソロリソロリ

律子「……んっ……」モソモソ

P「!」



P「…」ジー

律子「…」





P「っ……」

律子「………」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 02:50:50.38 ID:ywuHUK3u0

P「Zzzz」

律子「………」





律子「…」ムクリ





P「Zzzz」

律子「…」ソロリソロリ



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 02:55:28.01 ID:ywuHUK3u0

P「Zzzz」

律子「……ば、バスタオルが……ずり落ちてるわね」ファサッ



P「…」

律子「…」ジー





P「(………)」モンモン

律子「(………)」モンモン



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 02:58:50.38 ID:ywuHUK3u0

ブロロロロ……


P「…」ボケー

律子「…」ボケー



P「ゆっくり、眠れたぁ?」

律子「えぇ、まぁ……プロデューサーは?」

P「……眠った記憶がねぇ、無いんだよね」

律子「大丈夫ですか?しっかりしてくださいよ?」

P「うーん」コキコキ



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/24(日) 03:03:19.38 ID:ywuHUK3u0

P「……ご褒美、ほしいなぁ」

律子「何の?」

P「ドライバーの役目、勤め果せたらね。一緒に、温泉行かない?」

律子「そうですねぇ……」

律子「蒲田とか、大江戸温泉とか?都内の温泉なら」

P「あ、あぁ、そう?……日帰りでね?」



「「ふぁああ……」」



おわり


元スレ
律子「二人の軽井沢」