1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 22:13:55.03 ID:JCQU2rcFO

――765プロ事務所
――PM19:30

やよい「うっうー!プロデューサー!今日もお疲れ様でしたぁ!」

P「おう!お疲れ様、やよい」カタカタ、カチカチ、

やよい「…?プロデューサー?パソコンとにらめっこして、どうしたんですかー?お茶の準備してきましょうかー?」

P「いや、大丈夫だよ。ありがとな?」ナデナデ、

やよい「えへへ…」テレテレ、

P「…」

P「…なぁ、やよい」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 22:18:48.10 ID:JCQU2rcFO

やよい「はい?何ですかー?」キョトン

P「…」ハァ...

P「いや、やっぱりなんでもない。もう夜も遅いから、家まで送って行くよ」

やよい「うっうー!ありがとうございまーす!」ピョンピョン

P「…」

いつからだろう。自分の担当アイドルを、意識するようになったのは。

やよい「…プロデューサー?私の顔に、なんか着いてますか?」ジー

P「っ!いっ、いや何でもないんだ。なんでも…」

やよい「…」

いつからだったのかな。プロデューサーの事が、すっごく、すっごく気になり出したのは。



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 22:22:51.51 ID:JCQU2rcFO

――Pの車内

P「…」

やよい「…」

長い沈黙。普段のやよいなら、もっとおしゃべりがあってもいい筈だ。

P「なぁ、やよい?」チラッ

やよい「何ですか?」

後部席に座るやよい。表情は…ここからは見えない。

P「悩み事でも、あるのか?」

やよい「えっ?」

P「いや、今日の…というより、今のやよいかな?あんまり元気が無いみたいだからさ」

やよい「えへへ…悩み事とか、そういうんじゃ、ないんです」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 22:27:36.68 ID:JCQU2rcFO

P「どういう意味だ?」

やよい「プロデューサーは…おとなです」

P「えっ?」

やよい「おとなだから、車も運転出来るし、みんなのプロデューサーも出来るんです。みんなを大切にしてくれて、守ってくれて」

P「…」

やよい「あの…プロデューサー!」

P「…ん?」

やよい「私、おとなになりたいんです」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 22:32:49.14 ID:JCQU2rcFO

ずっと、ずっと考えてた事。おとなになれば、プロデューサーが気になる原因も分かる気がします。でもそれは、言っちゃいけない言葉だったみたいです。

P「…」

P「やよいはさ、何で大人になりたいんだ?」

やよい「えっ?何でって…」

P「やよいは、今のままでもしっかりやれてる。家では優しいお姉ちゃん、TVの前では元気なアイドル」

P「それじゃ、不満か?」

いつか、予想はしていた。やよいが、『大人』に憧れる事。そして、その『大人』が、俺である事。



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 22:36:59.68 ID:JCQU2rcFO

やよい「えへへ…そうですね!うっうー!ヘンな事言ってごめんなさい!」

P「いいよ。誰だって、悩む事ぐらいあるさ」

やよい「…」

P「ほら、着いたぞ?ちゃんと、歯を磨いてから寝るんだぞ?」ニヤッ

やよい「あ~!私、そんな子どもじゃありませんー!」ムスー

P「ははっ。そっか。そうだな」

やよい「はい!」ムスッ

P「じゃあ、また明日な?」

やよい「はい!また明日です!プロデューサー!」

やよい「おやすみなさい」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 22:43:01.37 ID:JCQU2rcFO

――やよいの部屋

やよい「もっと、わかんなくなっちゃった」

おとなってなんだろう。私の知ってるおとなは、お父さんとお母さん。
それと…プロデューサー。

やよい「うっうー…難しいです…」

――同時刻
――Pの部屋

P「…ふぅ」グビッ

酒で、気が紛れるとは思わない。だけど、飲む。そうじゃないと、気がおかしくなりそうだった。

P「やよい…か」グビッ

最初は、担当アイドルとして接した。それ以上は、無い筈だった。

P「ガキは、俺の方か」

携帯を開く。待ち受けは、いつかやよいと二人で撮った写真。



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 22:48:03.69 ID:JCQU2rcFO

P「…少し、飲みすぎたかな?」

空になった空き瓶が、いくつか並んでいた。

P「…大人は、あんまりいいもんじゃないよ。やよい」

――次の日
――765プロ事務所

やよい「えっ?あの、それって…」

P「やよいがメインヒロインのドラマが決まった。単発だけど、ゴールデンで流れる二時間モノだ」

P「おめでとう!やったな!」ナデナデ、ナデナデ

やよい「うっうー!ありがとうございますー!それで、どんなお話なんですかー?」

P「恋愛モノだ!」

やよい「えっ?」

恋愛?誰と?私が?



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 22:52:51.84 ID:JCQU2rcFO

P「相手役は今売れてる男性アイドルだ。知ってるだろ?この人」パラッ

やよい「はい!この人なら、知ってますけど…」

写真に写るこの人なら、何度かバラエティで一緒になった事もある。

P「向こうが、お前の事を気に入ってるみたいでな?名指しでの推薦だ」

嬉しいのか、そうじゃないのか、私はわかりません。でも、プロデューサーは嬉しそうだったから。

やよい「はい!うっうー!ドラマ、頑張りまーす!」

だから、私も嬉しい。



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 22:58:51.40 ID:JCQU2rcFO

P「それでな?今回のドラマの目玉は、キスシーンだ」

やよい「ふぇっ!?きっ、きすっ!?あのっ!そのっ!わっ、私が…この人と…ですか?」

痛い。どこが痛いのか分からないけど、痛い。何でだろ…。

P「そうだ。でも、多分フリだ。キスする、フリ」

平静を装う。動揺してはいけない。やよいを、不安にさせてはいけない。

やよい「うっうー…出来るかなぁ…」

P「大丈夫。やよいなら、大丈夫」

大丈夫。いつもなら安心出来るその言葉が、痛かったんです。



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:04:16.28 ID:JCQU2rcFO

そうして、撮影が始まりました。

やよい「うん!今日も天気で良かったね!これなら、今日のデートもバッチリだね」ニコニコ

てを繋ぐ。知ってるだけの、この人と。

やよい「う~、今日はちょっと寒いね。…あっ…///」

肩を抱かれる。撫でられた事の無いこの人に。

やよい「えへへ…ありがと」ニコッ

笑いかける。笑い合った事の無い、この人に。

P「…」

プロデューサーは、それをじっと見てました。



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:08:25.61 ID:JCQU2rcFO

見るのが、辛かった。笑うやよいを見るのが。
肩を抱かれ、てを握られ、笑顔を向けるやよい。…その相手は、俺じゃない。
見るのが、辛かった。

P「…プロ、失格だな…」

でも、見る。それが俺の仕事だから。それが、大人だから。



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:12:51.47 ID:JCQU2rcFO

撮影が始まって、数日が経ちました。今夜は、撮影終了の前日です。

やよい「うっうー!プロデューサー!撮影、明日で終わりですー!」

P「あぁ、本当によく頑張ったな。偉いぞ?」ナデナデ、ナデナデ、

久しぶりに撫でる、やよいの髪は柔らかかった。
久しぶりに撫でられました。プロデューサーのては、やっぱり安心しました。

やよい「…」チラッ

P「…」チラッ

P・やよい「「あのな?/あのっ!」」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:16:26.52 ID:JCQU2rcFO

やよい「えへへ…プロデューサーから…お話、してください」

P「…」スッ

やよい「?」

覚悟を、決める。誰にも、渡さない。渡したくない。それが例え、プロデューサーとして、プロとして、大人として、許されたものじゃ無いとしても。

P「…」スッ、ナデナデ、

やよい「んっ…」ピクン

――チュッ

やよい「あっ…」ポロ...



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:20:52.39 ID:JCQU2rcFO

やよい「…」ポロ...ポロ...

P「謝らない…から」

嫌われても仕方がない。だけど、誰にも渡したくなかった。ならいっそ、俺が。

やよい「んっ…」チュッ

P「!」チュッ

やよい「えへへ…私も、謝りません」

嬉しい。プロデューサーにキスされて、嬉しい。これが、プロデューサーが気になってた原因?

やよい「あ…そっか…」

私、好きだったんだ。



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:25:22.60 ID:JCQU2rcFO

やよい「えへへ…プロデューサー」ギュッ

プロデューサーの腕に、抱き着く。はぁ…落ち着きますー。だって、

P「ははっ」ギュッ

やよいが、俺の腕に抱き着く。許されたものじゃないけど、こればかりは仕方がない。だって、

P(好きなんだから)
やよい(好きなんだもん)



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:32:02.45 ID:JCQU2rcFO

――ドラマロケ地
――最終日

やよい「あの…話って…何かな?」チラッ

残りの撮影は、キスシーンだけ。でも、前みたいな不安はありません。だって…ホントのキス、しちゃいましたから。だから、我慢出来る。しなくちゃいけません。だって

やよい(これが、私のお仕事なんだから)

やよい「うん…私も、私もダイスキ!あの…だから、ね?」チラッ

やよい「私を…アナタの恋人に、してください」

告白。うその告白。そして、男のアイドルさんの顔が少しずつ近付く。

やよい「…」ギュッ

恐い。恐い。恐い。必死に、眼を閉じる。早く、早く終わって。



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:38:22.40 ID:JCQU2rcFO

P「おい!契約が違うぞ!キスシーンはフリの筈だ!」

プロデューサーの怒鳴り声が聞こえる。眼を開けると、私の目の前にプロデューサーがいた。

男性アイドル「ちっ。フザケンナよ?俺の事務所、どこだか知ってンだろ?」

男のアイドルさんはプロデューサーを睨んでいました。

P「…」スタスタスタ、

男性アイドル「あ?やんのか?あ?」

P(ウチのアイドルに、手ェ出したな?覚悟しとけ)
男性アイドル「ひっ」ペタン



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:43:01.74 ID:JCQU2rcFO

プロデューサーがそのまま監督さんと何やらお話してます。あっ、プロデューサーが帰ってきた。

P「やよい、お疲れ様。収録、終わったぞー。監督もいい画が出来たって喜んでた」ナデナデ、ナデナデ

やよい「うっうー!良かったですー!で、でも…」チラッ

P「ん?どうした?」

やよい「あの人は…いいんですか?」

男のアイドルさんは、まだ座ったままでした。

P「あぁ、いいんだよ。ほっとけばいい」ナデナデ

やよい「えへへ…プロデューサー///」

P「じゃ、挨拶してから事務所に帰ろうか」ナデナデ

やよい「はい!」

そうして、ドラマの収録は終わりました。



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:49:03.55 ID:JCQU2rcFO

――765プロ事務所

P「なぁ…やよい」ギュッ

やよい「はいー?何ですかー?」ギュッ

P「まだ、大人になりたいか?」

やよい「…」

えへへ…。そういえば、そんな事も言ってたっけ。

やよい「あの、プロデューサー?」ギュー

やよい「私を、離さないでくださいね?私が、おとなになれるまで」

これが、私のわがまま。今はまだ子どもだから、わがまま。
それでいつか、私がおとなになれたら、その時は…。

おわり



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:54:35.30 ID:JCQU2rcFO

はい。ここまでありがとうございました


元スレ
やよい「おとなに、なりたい」