1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:43:15.64 ID:ejZf1MLA0


P「……はい?」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:45:18.96 ID:ejZf1MLA0


小鳥「どうですか?」

P「いや、どうって……。妄想は頭の中だけでお願いします」

小鳥「……もしかしてプロデューサーさん、信じてませんね」

P「当たり前です。ほら、いいから仕事を続けましょうよ、また律子のお説教が待ってますよ」

小鳥「なら試してみましょう」

P「試す?」

小鳥「はい」





8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:46:26.70 ID:ejZf1MLA0


P「え? 試すって言っても、どうすれば」

小鳥「確か、そろそろ春香ちゃんが戻って来る頃ですよね?」

P「……そうですね。そんな時間です」

小鳥「それです」

P「?」

小鳥「帰ってきた春香ちゃんに、すかさずギアスを! あなたの持つ、絶対遵守の力を!」

P「小鳥さん、頭は大丈夫ですか?」




9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:47:24.64 ID:ejZf1MLA0


小鳥「やってみてください、だまされたと思って!」

P「いやですよ……」

小鳥「私が保証します!」

P「誰に保証されたとしても、信じられませんから!」

小鳥「……はあ。なら仕方ないですね」

P(やっと治まったか?)




11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:49:42.23 ID:ejZf1MLA0


……

小鳥「じゃあ、もし私の言う事が嘘だったら」

P(まだ続いてたか)

小鳥「たるき亭のランチ、奢ってもいいですよ?」

P「……はあ。随分、気前がいいですけど、今日の昼飯奢ってくれるくらいじゃ……」

小鳥「一ヶ月です」

P「っ……なんですって?」

小鳥「一ヶ月の間、ランチ奢ります」

P「……その言葉、嘘はありませんか?」

小鳥「はい♪」

P(……一月分の食事。おいしいな)




12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:51:10.45 ID:ejZf1MLA0


……

小鳥「……準備はいいですか? プロデューサーさん」

P「……本当にやるんですか?」

小鳥「もうっ、往生際が悪いですよ。さっき約束したじゃないですか」

P「そうですけど……」

小鳥「大丈夫です!プロデューサーさんのギアスの力は本物です」

小鳥「それに万が一、失敗したとしても私がフォローしてあげますから」

P「……本当にお願いしますよ」

ガチャ

 「おつかれさまでーす」

小鳥「あ!きましたよ、プロデューサーさん!」

P「う……」

小鳥「さあ!お願いしますね!」

P「わかりましたよ……」




15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:52:42.97 ID:ejZf1MLA0


P「……」

春香「あ、お疲れ様です! プロデューサーさん!」

P「あ、ああ。お疲れさまー。あー、そのー……どうだった、収録は?」

春香「バッチリでした! スタッフの方たちにも、褒めてもらえましたし! えへへ」

P「そうか。あー、よ、よかったなぁ春香……」

春香「はいっ!」




16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:53:54.88 ID:ejZf1MLA0


P(……しまった。約束したのはいいけど、どんなギアスをかけるか考えてなかったぞ……)

P(春香が絶対にしなさそうな命令……まさか、貴様は氏ね! なんていうわけには)

春香「プロデューサーさん?」

P「っ! な、なんだ? 春香」

春香「どうかしたんですか? なんだかそわそわしてますけど」

P「そ、そ、そんなこたあないぞー?」

春香「……?」

P(どうするどうする……小鳥さんに聞いておけばよかったが、もう遅い……)

P(春香が傷つかない程度で、なおかつ絶対にあり得ない……)

P(……はっ!! そうだこれだ!)




17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:55:19.77 ID:ejZf1MLA0


春香「……あのプロデュー」

P「春香ッ!!」ガシッ

春香「さうわっ!! はっ、はいっ!?」

P「俺の眼をしっかり見るんだ!」

春香「えっ!? えっ///!? なななななんなんですかぁ///」

ジー

春香「ううっ……///」

P(……765プロ、プロデューサーが命じる……的な!)

P「春香っ、俺のほっぺにキスをしろッ!!」

春香「えっ、ええええええええ///!?」

小鳥(ビューティフォー……)




20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:57:52.00 ID:ejZf1MLA0


春香「ああああ、あのあの、 プロデューサーさん?///」

P(やった……これなら春香を動揺させるかもしれないが、傷つけるようなことにはならないだろ)

P(小鳥さんにフォローしてもらえるなら、ただの冗談になるだろうし)

春香「……///」

P「どうした? 俺はキスしろと言ったぞ」

春香「…………はい」

P「ははは。うんうん、だよなあ。悪かったな春k……え? 今何て言っ」

 チュッ

P「……て……」




21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:58:44.96 ID:ejZf1MLA0


春香「こ、これで、いいですか? プロデューサーさん///」

P「…………うん」

春香「な、ならよかったです……」

P「…………あ、うん、ありがとう」

春香「じゃあ、わ、私、これからレッスンがあるんで……失礼します……///」

P「…………うん、いってらっしゃい」

 タッタッタッ




22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 00:59:45.89 ID:ejZf1MLA0


小鳥「……どうでした?」

P「……」

小鳥「プロデューサーさん?」

P「……小鳥さんの言うとおりでした。俺、ギアス能力者だったんですね……」

小鳥(この人、ピュアすぎる)




23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:00:58.72 ID:ejZf1MLA0

……

P「でも……それでもまだ、はっきりとは信じられないです……」

小鳥「ええ。そうだと思います。いきなり自分の力を見せられても、ですよね」

P「……はい」

小鳥「だったら、何度か試してみるべきだと思います」

P「試す? さっきのようにですか?」





25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:01:58.60 ID:ejZf1MLA0


小鳥「はい。 ……さっきの状況をみるかぎり、プロデューサーさんは絶対遵守のギアスの持ち主だと考えられます」

P「はい」

小鳥「なので、そのギアスの能力を測る必要がありますね。原作と同じく、同じ人間には一度だけなのか。有効射程、回数制限、力の強弱……」

P「そうですね……」




27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:03:02.29 ID:ejZf1MLA0


小鳥「他の子たちが来たら、またギアスをかけてみましょう」

P「またですか?」

小鳥「あ、できるだけ色んなデータを採りたいので、さっきとは違う命令でお願いします」

P「わかりました。 ……でも、うちのアイドルたちというのは、心苦しいですが」

小鳥「ええ……。 ん、また誰か来たみたいですね」

P「あれは……真美」

小鳥「……ではプロデューサーさん……」

P「ええ。 ……いってきます。小鳥さん」

……

小鳥(くくく……やれる、やれるじゃないか! プロデューサーさんで遊べる!)




29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:05:14.79 ID:ejZf1MLA0


真美「たっだいま~っ!! おしごと終わったよ~ん」

P「よ。おつかれ、真美」

真美「あ、兄ちゃん! どもども、おつかれちゃ~ん☆」

P「ああ。……どうだった? 収録の方は」

真美「んっふっふ~。もち、カンペキっ! ねえねえ、ほめてほめてっ」

P「もちろん。よしよし、頑張ったなー」ナデナデ

真美「えへへ~///」




30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:06:25.65 ID:ejZf1MLA0


P「……そうだ真美、お菓子食べるか?」

真美「え、なになに? なんのおかし?」

P「別に珍しいものじゃないけどな……ほら、これだ」

真美「あ、ポッキーだ」

P「小鳥さんが買ってきたお菓子の余りだけどな。いるか?」

真美「せんきゅ~、兄ちゃん。ありがたくいただくぜい☆」

P「……」

真美「~♪」パクパク




31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:07:12.69 ID:ejZf1MLA0


P「……なあ、真美」

真美「む~? なに~?」

P「俺にもくれないか?」

真美「いいよん。ほい」

P「違う違う。そうじゃなくて」

真美「ん?」

P「真美……あーん。って、してくれないのか?」

真美「? あーん? って、え?……え、ええー?///」

P「ほら」

真美「うう、ほらって……しょうがないなあ。兄ちゃんは///」

真美「……はい兄ちゃん、あーん///」




32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:09:06.13 ID:ejZf1MLA0


……

P「……」

真美「……」

真美「……兄ちゃん? どしたの?」

P「……違うな。間違っているぞ」

真美「へ?」

P「手で持つんじゃない……ポッキーは、口でくわえていろッ!!」

真美「な……なななななっなにいってるの兄ちゃんっ!?///」

P「ポッキーをくわえたまま、こっちを向けといっている……」

真美「に、兄ちゃん……」

P(……中学生相手に、俺は何を言っているんだろう)




34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:10:05.01 ID:ejZf1MLA0


真美「あ、あの……」

P(まあ、いつものイタズラの仕返しってことで)

P(中学生に対して、変な気も起きないだろうし)

真美「……わかった」

P(おお!? また成功か!? さすが王の力!)

真美「じゃ……じゃあ……いくよ? 兄ちゃん。ちょっと待ってて」クルッ

P「よし、こい」




37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:10:53.03 ID:ejZf1MLA0


真美「……こ、これを、くわえて、っと……」

 クルッ

真美「……ん。……ふぁい、ひーひゃん///」

P「っ!?」


P(潤んだ瞳。上気した頬。震えるポッキー……様々な要素が混ざり合っている。なんだこの色気は!?)

P(ぐ……いかん。集中集中。コンセントレイッ!)


P「よ、よし。じゃあ遠慮なく……」

真美「ッ……///」




40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:12:00.69 ID:ejZf1MLA0



P(近い近い近いやばい。いや、自分が命令したせいなんだけど)

P(い……一気に、いくしかないっ!)
 

 ポキッ

真美「んうッ……」

P「ん……ふう。ごちそうさま、真美」


真美「……兄ちゃん、一口だけ? まだ半分くらい残ってるよ?」

P「お、おいおい。それ以上はだめだろ」

真美「……そうだね」




43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:13:29.62 ID:ejZf1MLA0


P「悪かったな真美。変な事させて」

真美「ううん、いいよ。ちょっとどきどきしたけど……」

P「ははは……」

真美「じゃあ真美、ダンスの練習行ってくるね?」

P「わかった。行ってらっしゃい




44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:14:53.50 ID:ejZf1MLA0


真美「うん。……あ、そうだ、このポッキー」

P「あー、そうだった。俺も口つけちゃったから、捨てていけば」

 パクッ

P「あ」

真美「……」モグモグ

P「……」


真美「……間接キッス///」ボソッ

P「なッ!?」

真美「へへへー、兄ちゃん赤くなったっ!」

P「お、お前!///」

真美「じゃねー! 行ってきまーすっ!」

 タッタッタッ




47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:16:54.45 ID:ejZf1MLA0


……

P「……」

小鳥「……」

P「小鳥さん」

小鳥「はい」

P「中学生、だからこその破壊力っていうのもあると思います」

小鳥「はい。特に異論はありません」

P「一瞬、ギアスとかどうでもよくなりました」

小鳥「ええ。やむを得ないでしょう」




50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:18:13.10 ID:ejZf1MLA0


……

小鳥「これはもう、間違いないですよね」

P「はい。2回も成功したんです。信じるしかないでしょう」

小鳥「わかってもらえてうれしいです」

小鳥「それで、プロデューサーさん。どうするんですか?」

P「? どう、というと?」

小鳥「もう。プロデューサーさん。せっかくのギアス能力ですよ? 何か、かなえたい野望とかはないんですか?」

P「野望……やっぱり必要でしょうか?」

小鳥「当たり前です! 宝の持ち腐れになってしまいますよ!」

P「た、確かに」




52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:23:09.47 ID:ejZf1MLA0


P「……うーん。といっても、なあ」

小鳥「何か無いんですか? 例えば、気になるあの子を落としたいとか! 気になる誰かを口説きたいとか! 気になるあの人を飼いたいとかっ!!」

P「こ、小鳥さん? あの」

小鳥「さあっ、誰ですか!? 一体誰にイタズラしたいんですか!? 一体誰をペットにしたいんですかっ!? その欲望のはけ口は一体誰に!?」

P「お、落ち着いてくださいっ! なんで、性的な野望一択なんですかっ!?」

小鳥「一択ではありませんっ! シチュエーション、カップリング、プレイ、両手ではとても数え切れないくらいです!」

P「何の話をしてるんですかっ!」




54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:24:10.77 ID:ejZf1MLA0


P「まったく小鳥さんは……ん? そうか、シチュ……」

小鳥「? どう、しました? プロ、デュー、サーさん」ハアハア

P「まったくありえないシチュエーション……それなら、思いつきますね……」

小鳥(ktkr!)

P「例えば……そうだ、律子です」

小鳥「おお! 律子さんですか! それはどういう?」




56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:25:28.91 ID:ejZf1MLA0


P「こう……律子にお手! とか。できたらおもしろいでしょうね」

小鳥(お手……なるほど。そのまま、おててprpr。という事ね)

P「あとは、あごの下をなでなでなんて」

小鳥(あごから下の方にかけて後ろから撫でまわす!? けしからない! もっとです!)

P「まあぶっちゃけて言うと、律子を可愛がりたい! とことん!」

小鳥(律子さんを性的な意味で足腰が立たなくなるくらいとことん可愛がりたいっ!? な、なんてすばらしい!)




59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:28:05.01 ID:ejZf1MLA0


P「……あの。小鳥さん、どうかしました? まだ発作が続いてました?」

小鳥「いえ、大丈夫です」キリッ

小鳥「プロデューサーさんの意見に同意していただけですよ」

P「そうですか? ちょっと変態的過ぎるかと」

小鳥「いえいえ、わかりますよ。隙がなさそうな、きちっとしている女の子ほど、飼いならしてみたいって事ですよね」

P「飼いならすって……まあそんなところです」

P「照れた律子、というよりも、普段見れないような甘える律子が見てみたいですね」




60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:29:47.89 ID:ejZf1MLA0


小鳥「でもその理屈なら、なんで律子さんなんですか? 千早ちゃんでもいいんじゃ」

P「ああ。たしかにそうですね」


P「でも千早だったらこの前の衣装合わせの時に、似たような事をしましたから」

小鳥「……なんですって?」

P「衣装の中に犬耳と犬尻尾が混ざってまして。着けてみるか? って冗談で言ったら、本当に着けてくれたんですよ。それに……」


 (こ、これも歌の表現力を養う上で、必要な事だと思うので。……あくまで歌のためですからっ! 仕方ありませんっ!///)


P「って言いながら、お手とかもやってくれ」

小鳥「なんで呼んでくれないんですかっ!!」

P「……えー……」




63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:31:42.53 ID:ejZf1MLA0


小鳥「うう、不覚だわ……」

P「そこまで落ち込まなくても」

小鳥「でも次こそは! 律子さんこそはしっかりと動画におさめなければ!」

P「動画? って、え!? まだやるんですか!?」

小鳥「当たり前です! だってプロデューサーさんもギアスがある事、信じましたよね?」

P「それは……確かにそうですが」

小鳥(おお。まだ信じている)

P「でも、さすがにお手とかはやりすぎじゃ」

小鳥「中学生とポッキーゲームした人が何言ってるんですか!」

P「ぐ」




66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:33:18.48 ID:ejZf1MLA0


小鳥「覚悟を決めましょう。幸いここに、首輪と猫耳があります」

P「なんでそんなものを……ちょ、なんで手錠とメイド服まで用意してるんですかっ!?」

小鳥「まあまあ」

P「いやいやいや! おかしいでしょう!」

小鳥「では、どうぞ」

P「いりませんよ! 首輪と手錠を手に持つアイドルプロデューサーなんて、最低な絵面じゃないですか!」




68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:34:37.47 ID:ejZf1MLA0


小鳥「うーん、律子さんに似合うと思うんですけど」

P「似合うかどうかの問題じゃありません!」

小鳥「えー?」

P「それにですね!」

P「どうせだったら! 律子には! いつものスーツを脱いで! 裸にYシャツだけで! お手をしてもらった方がいいでしょうが!!」

 バサバサッ


P「……あ」

小鳥「あ」


律子「……………………」




70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:36:05.73 ID:ejZf1MLA0


P「…………」

小鳥「…………」

律子「…………」

P「り、律子……さん」

律子「…………」




73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:37:56.00 ID:ejZf1MLA0



律子「……はあ。タイミング悪かったみたいですね」

律子「安心してください、プロデューサー殿。大方、小鳥さんの妄想に触発されて、おかしなこと口走っただけですよね」

小鳥(ピヨッ!?)

P「……」

律子「ほら、プロデューサーも書類拾うの手伝ってくださいよ。お馬鹿な発言のせいで、派手にばらまいちゃったんですから」

P「……」

律子「プロデューサー? 何、ぼーっとしてるんですか? はやく」

P「律子っ!!」ガシッ

律子「うあっ!? ちょ、な、なんですか急にっ?///」




75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:39:06.65 ID:ejZf1MLA0


P「律子……」

律子「ちょ……近いですプロデューサー///」

P「律子……俺の……」

律子「は……はい……///」

P「俺の、俺の為に……」

律子「う……///」

P「俺の為に……」


P「……この首輪をつけて、ご主人さまと言えっ!!」


律子「」


小鳥(あ、詰んだ)




79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:41:54.95 ID:ejZf1MLA0


P(この最悪なタイミングでギアス発動……完璧だ)キリッ

律子「」

P「……」

律子「」

小鳥「……」




81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:44:04.77 ID:ejZf1MLA0


P「……どうだ? 律子」

律子「……」

P「……」

律子「―――どうだも―――」

P「?」

律子「―――どうだも。どうだもなにも―――」

P「り、律子?」

律子「言うわけっ! 無いでしょうがセクハラプロデューサー!!!」(腹パン)

P「ぐふぅッ!?」

 ドサッ




84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:48:17.67 ID:ejZf1MLA0


P「うう……」

小鳥「……プロデューサーさん……」

P「う……こ……小鳥さん……」

P「なぜ……ギアスが……」

P「律子のメガネが……ギアスキャンセラーだとでもいうんですか……?」

小鳥「……」

P「……」


律子「はあはあ……まだ息があるわね……」




86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:50:07.66 ID:ejZf1MLA0



小鳥「プロデューサーさん、よく聞いてください」

P「……」



小鳥「……ごめんなさい。実は全部うそでした☆」




P「……デスヨ、ネー……」





88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 01:53:06.51 ID:ejZf1MLA0

―――


―――その後は律子さんに散々お説教をもらい、プロデューサーさんには一ヶ月分のランチを奢る事になっちゃいました。


―――でも。私から見たら全然安いモノ。こんなにもすばらしいモノが撮れたわ。


―――この映像に比べれば、そんな出費痛くもないわ! リーズナブル! プライスレス!


―――こんどはどんな手で、プロデューサーさんをけしかけようかしら?


―――P×アイドル動画が増えるよ! やったねことりちゃん!



 どんとはれ




96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 02:02:29.25 ID:ejZf1MLA0

どんとはれ=めでたしめでたし

ということで、おしまいです
たくさんの④ありがとうございました
>>46
全キャラ分と言われたので、本編とは関係ないですが今から書きます
   



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 02:05:38.18 ID:ejZf1MLA0

……


P「おーい、響ー」

響「お、プロデューサー。おつかれさまだぞ!」

P「ああ、お疲れ」

響「ああー、疲れたー。きょうのレッスンはハードだったぞー……」

P「ははは。めずらしく弱ってるな」

響「っ! よ、弱ってなんかないぞ! 自分完璧だからな! スタミナも完璧さー!」

P「おいおい、無理するなよー? まあ、だからこそ頼りがいがあるんだけどな。響は」

響「う、あ、あんまり褒めるなよなー。逆に調子狂うぞ……」




105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 02:09:06.00 ID:ejZf1MLA0


P「悪い悪い」

響「もー」


P「……そうだ、疲れてるならちょうどいいな」

響「……へ? 何が?」

P「いや。ちょっと響に頼みがあるんだ」

響「頼みって……疲れてる方が都合がいいのか?」

P「そういうこと」

響「……んー……?」




106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 02:13:58.51 ID:ejZf1MLA0


P「響はたくさん動物飼ってるよな」

響「え? そうだけど……いまさら確認する事でもないだろ?」

P「いいからいいから」

P「つまり、響は動物を飼う事に慣れてるってことだ」

響「もちろんだぞ」

響「みんな、自分の家族だからな。餌をあげたり、可愛がったり」

響「みんなが楽しく暮らせるようにって、心掛けてるぞ」

P「うんうん」




109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 02:17:26.63 ID:ejZf1MLA0


響「結局なにが言いたいんだ? プロデューサー」

P「確認だよ、確認。響は動物をいつも可愛がっている」

響「うん」

P「一緒に住んでる動物は、仲間はずれにしないで可愛がっている」

響「うん」

P「でも、可愛がられることには慣れてない」

響「うん。……うん?」





111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 02:20:50.71 ID:ejZf1MLA0


響「ちょっと待って。プロデュー」

P「動物をなでなでする事は多くても、自分がなでなでされる事は頻繁ではない」

響「うん。ってだから! なんかおかしくないか?」

P「お手、お座りはさせるけど、自分がする事は頻繁には無い」

響「当たり前だぞ! そんなことしょっちゅうあるわけないだろー!?」




113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 02:24:24.41 ID:ejZf1MLA0


響「なんか質問が変になってきてるぞ! なんかこう、ヘンタイちっくな……」


 (疲れてる方が都合が―――)


響「!! ま、まさか///」

P「お、やっぱり気づいたか?」

響「やっぱりってことは……プロデューサー……まさか」


響「まさか自分に、いやらしい事するつもりかー!?///」




115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 02:28:09.04 ID:ejZf1MLA0


P「ははは、そんな大げさな」

響「なんでそんなへらへらわらってるんだ!? せ、セクハラどころじゃないぞ!?」

P「なんくるないさ」

響「あるさ! 弱ってる自分に、首輪とか、お手とか……うぎゃーーーー!!」

P「……え?」

響「……へ?」




117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 02:33:01.00 ID:ejZf1MLA0


P「なにいってるんだお前?」

響「え、だって……え?」

P「いくらなんでも、それじゃあ犯罪だろ」

響「う、うん。そうだけど……え?」

P「安心しろ、そんなことはしない」

響「……ほ、本当か?」

P「ああ」

響「……なんだよ、もー。びっくりしたぞ……」

P「びっくりって、そっちが勘違いしただけだろ?」




118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 02:36:09.62 ID:ejZf1MLA0


響「う……自分が悪いのか?」

P「まあ、ちょっと遠まわしだったよな。やっぱりはっきりと言うべきだった」

響「そうしてほしいぞ……心臓に悪いから」

P「わかった、じゃあ響……」

響「ん?」


ズイッ

響「うひゃあっ!! きゅ、急に近づくなよプロデューサー!!///」




119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 02:38:36.24 ID:ejZf1MLA0


響「し、心臓に悪いからって、さっき言ったばかりじゃ」

P「響」ジッ

響「うわっ、な、な、な、あ///」



P「俺を……飼え!!」



響「……へ?」




125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 02:44:26.56 ID:ejZf1MLA0


小鳥(響ちゃんは動物のプロです。飼育において他に並ぶアイドルはいないでしょう)

小鳥(なら! 人間も動物です! 響ちゃんに飼われるのは至高の幸福と言えるのではないでしょうか!?)

P(ま、まあ一理あるかも)

小鳥(狙うとすればそうですね……こう、疲労してる時を狙いましょう)

P(なぜ?)

小鳥(ギアスが効いたとして、全力全開の響ちゃんに可愛がられて、無事で済むと思います?)

P(……納得しました)




126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 02:49:07.30 ID:ejZf1MLA0


P(と、いうことで。言われた通りやってみたが……)

響「……?」

P(ポカーンとしてる……あれ? ギアスが効いてないのか?)


小鳥(まずいわ……響ちゃんのリアクションが思ったより薄い……)

小鳥(ばれたときを考えて、レッスン後の疲れた状態にあったのが仇になってしまったのかも)

小鳥(どうする……このタイミングでのネタばらしは、あまりにも寒いわ)




128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 02:53:23.58 ID:ejZf1MLA0


響「……」

P(なんでだ? 目はあわせてる、距離も近いのに……)

P(……ま、まさか。俺がギアス能力者っていうのは……嘘?)

小鳥(!? まずい、気づいたかも!? どうしよう……)


 (わたくしにおまかせください)


小鳥(あ! あなたは!)




129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 02:59:25.83 ID:ejZf1MLA0


P「……悪い、響。今のは」


 「響!!」


響「!?」

P「!? た、貴音? なんで」

貴音「響。わたくしの目を見るのです!」

響「え、え」

貴音「あなたは! プロデューサーと! わたくしを! 飼わなければなりません!」

P「!?」

小鳥(!?)

響「貴音!? 何を言って……ん? でも、貴音に言われたら飼わなきゃいけない気がしてきたぞ……?」




134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 03:05:32.48 ID:ejZf1MLA0


P「た、貴音」

貴音「事情はだいたいわかりました。響に、ぎあすなる催眠をかければ良いのでしょう?」

P「貴音もギアスが使えるのか!? でも催眠って……」

貴音「詳しくは後です。さああなた様、お互い存分に響に愛でられましょう」

P「あ、ああ……」


小鳥(……あれはギアスじゃなくて催眠術じゃ……というか、なんでそんなものが使えるのかしら)

貴音(それは、とっぷしいくれっとです)

小鳥(!?)




138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 03:12:43.86 ID:ejZf1MLA0

……

響「よーし、P太! お手」

P「わ、わん」

響「おかわり」

P「わん」

響「よくできたぞP太ー。よーしよしよし」

P「わおーん……」


P(恥ずかしすぎる……/// でも不思議と悪い気はしない……さすが飼育のプロ)


貴音「響……わたくしにもなでなでを……」

響「あまえんぼだなー、貴音助は。いいぞ、ほらこっちおいでー」

貴音「わん///」

響「よしよしよし」

貴音「///」




141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 03:18:29.90 ID:ejZf1MLA0


P「……なにやってんだ貴音」ヒソヒソ

貴音「響が全力で可愛がってくれると聞いてとんできました」

P「へんたいかお前は」

貴音「そっくりそのままおかえししますP太殿」

P「う……」

貴音「良いではありませんか。わたくしたちはもう、共犯者なのです」

P「……確かに」

貴音「それにこの状況、誰も損する者はおりません」

小鳥(確かに)




143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 03:24:06.07 ID:ejZf1MLA0


貴音「ぎあすとやらに感謝して、今の状況を楽しむべきです」ひそひそ

P「……まあ、響も喜んでるみたいだし」


響「P太ー、お前は優しいから好きだぞー。貴音助も毛並さらさらでいいにおいだー」

ナデナデ


P「……」

貴音「……」

P「まあ、なんでも、いいか///」

貴音「ええ///」




144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 03:31:47.98 ID:ejZf1MLA0


貴音「わおーん」ぎゅー

響「ちょ、苦しいってば」

P「わおーん」ギュー

響「ふ、二人ともどうしたんだ? 急にくっついてきて」

貴音「わん///」

響「あはは、ちょっとくすぐったいぞ///」




145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 03:32:22.22 ID:ejZf1MLA0


小鳥(……)

小鳥(うれしい誤算だったわ)

小鳥(予定とは違ったけど、素晴らしい動画がとれた)

小鳥(響ちゃんも貴音ちゃんも可愛いわ……あ、プロデューサーさん、それ以上はセクハラじゃ)



ドサッ



小鳥「?」


美希「……」

小鳥「」




148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 03:35:25.42 ID:ejZf1MLA0


貴音「……!?」

P「……ん? どうかした……」


美希「……」


P「」


響「お? おー、美希ー。おつかれー」

美希「……」

響「……? どうかした? 美希」




150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 03:37:58.83 ID:ejZf1MLA0


美希「何……してるの?」

響「何って見ての通りだぞ?」


貴音「そうです。ちょっと、演技が入って」

響「P太と貴音助を可愛がってたんだぞ!」

貴音「」

美希「貴音助……P、太?」

P「」




151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 03:41:11.56 ID:ejZf1MLA0


P「そ、そうそう! そういう設定の芝居を」

響「二人とも自分のペットで家族だからな!」

P「」

美希「ペット、家族、なの……?」

P「い、いや、それは……」

貴音「み、美希……落ち着いて話を」

美希「今ハニーと話してるの」

P「」



152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 03:44:45.92 ID:ejZf1MLA0

P「た、貴音……どうする?」



響「あれ? 貴音助が逃げちゃったぞ?」

P「おい共犯者ーーーーーーー!!!」


美希「きょうはん?」

P「あ」

美希「ねえ、きょうはんって何? ミキにもわかるように説明してほしいな」

P「こ、これはだな……」




155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 03:52:18.69 ID:ejZf1MLA0

美希「ねえ、ハニー……」

P「……」

響「何言ってるんだ? この子はP太だぞ?」ギュー

P(どう考えても逃げ場がない)

P(……一か八かだ……!)

小鳥(あ、多分詰んだ)




159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 03:57:48.21 ID:ejZf1MLA0

P「美希……」

美希「なに……?」

P「俺の目を見ろ……」

美希「……」ジッ

P「美希、俺を全力で……」

P「……飼え!」

美希「」

響「?」

小鳥「」

P「……え?」

小鳥(え!? 全力で見逃せじゃなくて!?)

P(え!? 全力で見逃せって言おうとしたのに!?)



160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 04:02:51.12 ID:ejZf1MLA0


美希「……ハニー?」

P「ひっ! いや、今のは違う! きっとギアスが暴走したんだ!」

美希「ハニーのおはなし、難しくてわからないな」

P(なんでだ……なんで)

貴音(ああ。よりおもしろくなるようにと、ぎあすなる術をあなた様にもかけていきましたので)

P「お前かああああああ!!!!」

響「うわあっ!! 急に大声出すなよプロデューサー!!」

P「わ、悪い、響」


P「え?」

響「? どうしたプロデューサー?」




161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 04:06:18.41 ID:ejZf1MLA0

P「元に、戻ってる?」

響「?」

P(こっちも貴音か……)

響「なんかよくわかんないけど……」

響「なんで美希に首輪でつながれてるんだ? プロデューサー」

P「なっ!?」

美希「……」ジャラ

P「い、いつのまに」




163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 04:12:37.27 ID:ejZf1MLA0


美希「それじゃあ、いこっか? ハニー」

P「ど、どこにいくんだ」

美希「もちろん、二人きりになれるところ。大丈夫。ミキは響よりももっと可愛がってあげるの」

P「まてまてまて。落ちつけ落ち着け。人間はペットにできない」

美希「じゃあ家族なの。問題ないよね。アハッ」

P「あるだろ!」

美希「なんくるないのー」ズルズル

P「は、はなせ、鎖を、なんでお前、こんなに力があるんだ……!」

美希「むろん、愛の力なの///」

P「重い! この鎖より重い!」




165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 04:16:55.39 ID:ejZf1MLA0


響「なんか楽しそうだなー。よかったな美希」

美希「うん。またね響。ミキ、多分しばらくお休みなの」

響「わかったぞー」

P「止めろー! ……響、お前実はちょっと覚えてるだろ!?」

響「自分も帰ろー。いぬ美たちがまってるぞ」

P「響ーーーーーー!!!」




166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 04:22:14.55 ID:ejZf1MLA0


小鳥「プロデューサーさん……」

P「こ、小鳥さん……」

小鳥「……」

P「……」

小鳥「……ギアスの力は絶対です」

P「……デスヨネー……」


美希「あ、小鳥。首輪ありがとうなの」

小鳥「大事に使ってね☆」(プロデューサーさんを)

美希「うん☆」

P「あんたかあああああああ!!!」


ネタばらしは、しつけがすべて済んだあとでしたとさ
 
 どんとはれ




168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 04:26:15.00 ID:ejZf1MLA0

終わりです
すみません、半端ですがここで終わりにさせてください
かなり遅くまでありがとうございました


元スレ
小鳥「プロデューサーさんもギアスが使えると思うんですよ」