1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/24(金) 00:52:49.912 ID:e/8d44fe0.net

ラフィエル「泣き顔だったり、困り顔だったり、そんなリアクションを楽しんでたはずなのに……」

ラフィエル「あの無垢な笑顔を見ていると、なぜだか幸せな気持ちになって……」

ラフィエル「心臓の鼓動が、少しずつ早くなるのを感じます……」

ラフィエル「なぜなんでしょう」

ラフィエル「私疲れてるんでしょうか?」

ガヴリール「いやそれ恋だろ」

ヴィーネ「恋ね」

ラフィエル「えっ!?そ、そんなまさか!/////」



17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/24(金) 04:23:27.930 ID:Ie7A4Sc60.net

ラフィエル「そ…そんなことないです!絶対ないですから!」

ガヴリール「どーだか」

ヴィーネ「まあ…困り顔とか見るより笑顔のほうがいいわよね」

ラフィエル「ですよね!サターニャさんのあの可愛らしい笑顔といったらもう…可愛いなんてもんじゃありません天使…いや悪魔でしたもうとにかく…」ペチャクチャペチャクチャ

ヴィーネ「ああ…」

ガヴリール「やばいな」



19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/24(金) 04:36:00.128 ID:Ie7A4Sc60.net

次の日

通学路

ラフィエル「おはようございます、サターニャさん♪」

サターニャ「おはよ、ラフィエル」

テクテク

ラフィエル(今日もサターニャさんは可愛いですね♪)

サターニャ「…」ジー

ラフィエル(サ…サターニャさんがじっと見て…はっ!もしかして思ってた事がバレ)

サターニャ「アンタ…最近やらなくなったわよね」

サターニャ「いじってさしあげましょうかってやつ」

ラフィエル「え!?」



20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/24(金) 04:43:40.089 ID:Ie7A4Sc60.net

ラフィエル「そ、そうですか~?」

サターニャ「うん」

ラフィエル(ああ…そういえば最近サターニャさんの笑顔が見たいが為にサターニャさんを導く行為をしてなかったです!)

サターニャ「むしろ私に優しくなったり…まあようやくこのサタニキア様の魅力に気づいたって事かしら?」フフン

ラフィエル「あ!サターニャさんもしかして導いて(いじって)ほしいな~なんて思っちゃったり!?」

サターニャ「いや…それはないけど…なんかアンタテンションおかしくない?」

ラフィエル「そ…そんなことないでひゅっ」

サターニャ「何噛んでんのよ…」

ラフィエル「うう…」



24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/24(金) 04:54:25.864 ID:Ie7A4Sc60.net

サターニャ「まあなんでもいいんだけどね」

ラフィエル「…私はサターニャさんの笑顔を見るのが趣味、もとい大好きになったんです…だから」

サターニャ「へ?」

ラフィエル「あ」

ラフィエル(思わず声に出しちゃいました…)

サターニャ「ちょ…あ~もう何言ってんのよ!たっく…」

サターニャ「…まあ私も…アンタに優しくされるのは嫌いじゃないし」

サターニャ「むしろそうしてくれるアンタの方が好きだし…なんて」

ラフィエル「え…え!?サターニャさん!?」

サターニャ「そのまんまの意味よ…てもうこんな時間!?ラフィエル!」

ギュッ

ラフィエル(あ…手繋がれて…)

サターニャ「遅れるわ早く学校行くわよ」ニコッ

ラフィエル(…サターニャさん)ドキドキ



25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/24(金) 05:00:54.269 ID:Ie7A4Sc60.net

その日の放課後

エンジェル珈琲

ラフィエル「…てことがあったんですよ!」

ヴィーネ「へ…へえ~」

ラフィエル「その時のサターニャさんと言ったらもう…あ!ガヴちゃんミルクティー追加で!」

ガヴ「へい(こいつうっせえな…)」

マスター(天真くんの友達テンション高いねー)



26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/24(金) 05:13:37.827 ID:Ie7A4Sc60.net

ヴィーネ「やっぱりラフィ、サターニャのこと…」

ラフィエル「そ…それだけはないです!ただサターニャさんの笑顔が可愛すぎるのとサターニャさんが私の事を好きって言ってくれて滅茶苦茶嬉しいだけです!」

ラフィエル「ああ…サターニャさんはなんて可愛いのでしょうか…さて他エピソードも話して」

ガヴリール「なあこいつの頭にミルクティーかけていいか?」

ヴィーネ「いいわよ」

マスター「天真くん!?そして月乃瀬さんまで!?」



28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/24(金) 05:25:08.039 ID:Ie7A4Sc60.net

ラフィエル「とにかく!」

カランコロン

ガヴリール「へいらっしゃい…あ」

サターニャ「はっはー!サタニキア様の来店…」

ラフィエル「サターニャさんのことを私のものにしたいんです!」

ヴィーネ「…ラフィ後ろ」チョイチョイ

ラフィエル「後ろ!?確かにサターニャさんは後姿も素敵…」

サターニャ「何デカイ声で話してんのよアンタ」

ラフィエル「…」



30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/24(金) 05:43:26.116 ID:Ie7A4Sc60.net

ラフィエル「後ろにも目を付けることの重大さを話してました」

ヴィーネ「そんな話一ミリもしてないわよ」

サターニャ「ちゃんと聴こえてたわよ サターニャさんを私のものにしたいです! て」
 
ラフィエル「」

ラフィエル(あああもう駄目ですサターニャさんにバレてしまった聞こえてしまった終わりです堕天しますううう)

ガヴ「輪っか黒くなってんぞ」

サターニャ「たっく…この大悪魔サタニキア様を所有物にしたいなんて天使の癖に生意気ね」

サターニャ「まあでもラフィエル」

ラフィエル「なんですか…もう恥ずかしさで私しにそうです」

サターニャ「アンタを私のものにしてやるわ!これは命令よ!」ニコッ

ラフィエル「」

サターニャ「なんてデビルスジョークよ!どう?悪魔的…」

ラフィエル「はい!私サターニャさんのものになりますううううううう!」ギュー

サターニャ「え!?ちょおおおおお!?」

ヴィーネ「よかったわね…ラフィ…」グスッ

ガヴリール「ミルクティーうめえ」ゴクゴク

サターニャ「なにがいいのよ!?」

ラフィエル「サターニャさあん♪」スリスリ



32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/24(金) 05:45:15.226 ID:Ie7A4Sc60.net

イチャイチャ サタラフィ サタラフィ

マスター「…」ニコニコ

マスター「今日はお店閉めようかな…」

終わり


元スレ
ラフィエル「最近、サターニャさんの笑顔を見るのが大好きになってきました……」