1: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/12/17(火) 02:33:11.45 ID:YE8hyfTS0


馬場このみさんが童貞のプロデューサーとセックスします



2: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/12/17(火) 02:33:46.76 ID:YE8hyfTS0

諦めならとうの昔に終えていた。女の扱いも上手くて、誰からも慕われて。私よりも年下なのに、私よりもしっかりしてて。そんな彼へ好意を抱いたことも『すでに恋人がいる』と諦めたことも、全て過去のことだった。

けれど

「まぁだ俺は女性と付き合ったことないですしね、どーせ」

話題が弾む中、今期のドラマの話になっていて。話題が進む中、酒に酔った彼は気がついたらそう言っていた。始めは酩酊した故の世迷い言かと思っていた。

「へ……へぇ、でも、女性との接し方とか上手じゃない。劇場のみんなとか、テレビ局の人とも」

「姉と妹がいましたからねぇ、ええ、大学も実家から通ってましたし20年以上そこで揉まれ続けた結果ですよ」

「じゃあその指輪は……」

「ああ、これですか。ま、着けといた方が保護者も安心されると思って。大事な娘さんを預けるわけですからね。バレちゃマズいですしちゃんとしたブランドのを」

右手薬指の指輪を外しながら、彼はそう続ける。今が半個室で、私以外の誰もいないから気が緩んでいるのだろうか。本当はここにもう数人いる予定だったけど、みんな予定が合わずに来なかった。

幸運だ。私以外にも好意を寄せているアイドルはいるし、指輪をみて諦めた人だって多い。私だけは、そうじゃ無くて

はやる気持ちを抑えながら、ウーロンハイを口に含み、飲み下して、息を吐く

「……じゃあ、童貞?」

「ぶほっ!」

プロデューサーはぼんじりを吹き出しそうになった。口元に手を当て、唇を拭うようにして、口の中のモノを飲み下してから

「……あんまり、アイドルがそういうこと言わない方が良いと思います」

と、そうとだけ言った。否定はしなかった。

私は横目で彼を見ながら、空になりかけのグラスを扇ぐ。彼が露骨に話題を変えたけど、どこか他人事のようにしか聞けなくて

注文をしながら、あまり食べ過ぎないように、飲み過ぎないように注意しながら

そろそろ時間も、となるときには、胸の中に張り詰めたような決意が生まれていた





3: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/12/17(火) 02:36:27.48 ID:YE8hyfTS0

「いやぁ、もうこの時期は冷えますね」

彼の足取りは、いつもよりややふらふらしている。途中からの策が高じたらしい

「ねぇ、プロデューサー」

道行く人、すれ違う人は少ない。私達を観る人は、私達以外にいない

「ちょっと、足取りが覚束ないんじゃない?」

「……ですねぇ、なんか今日は、すげぇ酔ってる感じがする」

ふらふらとしている彼に肩を貸し、歩く。酩酊しきっているのだろう、二日酔いにはなりにくい体質だと言っていたが、どうだろう。明日が休みで良かった、と彼は溢した。

彼の家の場所は知っている。一度忘れ物を届けたことがある。諦めていた時のことだったから、今のように、心臓は激しく、うるさくしてはいなかった。

「このまま送ってあげるから」

彼に肩を貸す。身長差があるせいか、歩きにくい。彼の体温が背中全体に伝わる

あのときとは違った緊張感を持ちながら、彼の家までの道を歩いた。




4: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/12/17(火) 02:37:09.46 ID:YE8hyfTS0

彼のポケットをまさぐり、鍵を取り出す。上の方からぼやくような、謝るような声がした。

ドアを開け、玄関をくぐり、彼の空間に足を踏み入れる。軽く見渡してみても、恋人が置いていくようなものは見当たらなかった。男の部屋には、男の物しかなく。忘れ物を届けたときに気がつかなかった自分が少し情けない、どれだけ絶望していたんだという話だ

彼をベッドに寝かせ、キッチンでコップに水を入れ持って行く。フワフワとした「ありがとうございます」という言葉が、少し可愛らしい

水を飲み、一息吐いてから、彼は

「本当に、ありがとうございます……すいません、こんな遅くまで付き合わせて。もうタクシーしかないでしょうけど……」

と言った

帰ると思っているのだろう、彼は。私がこのまま帰って、さっき聞いた彼の秘密を誰にも漏らすことなく、共犯として隠し通してくれるのだろうと思っているのだろう

社会人として信頼されている証。だけど私は、それがたまらなく嫌だった。

彼からコップを受け取り、キッチンまで歩く。その途中でコップに口づけをした。

寝室に、再び戻る。彼は少し驚いたような顔をしていた。まだ帰ってないのか、大丈夫なのだろうか、と心配するような色も含まれた顔だった

質問をしながら彼に近づき、起こしている上半身を押し倒す。

「このみさんっ……?」

酒の匂いが漂う。自分で想定していたよりも飲ませすぎたのかもしれない。横たわる彼の、シャツのボタンを一つ一つ外し、彼の肌色を出して行く。

「やめてくださっ、ちょっ……」

力が入っていない声。抵抗しようとしている身じろぎ。小柄な私でも、押さえつけることが出来る彼の体。

彼は結構、筋肉がある方だ。海美ちゃんに触発されてとか、美奈子ちゃんからもらう分のカロリー消費とかで、運動を習慣的にやっているらしい。胸板に手を添える。割合引き締まっていて、中々に男性的だった

うっとりするのを中断して、体を下の方へ持って行く。ベルトを外し、パンツを下ろして、彼のおちんちんを曝け出した

まだ全然固くなっていない。お酒を呑むと勃ちにくくなる、というのは聞いたことがあるけれど、どうやら本当らしい

手でふにゃふにゃのオチンチンを摘まみ、上下にしごく。バッグからウェットティッシュを取りだして、亀頭の周りを拭く。清潔にしているらしく、汚れはほとんどなかった

大きさをほんの少し得たおちんちんを、そのまま口に入れた。

「うわっ、このみさ、うぅっ……」

さっきまで抵抗していた彼も、もううめき声を上げるだけで、私を押しのけようともしない。酒に酔うと、理性がなくなるというか、我慢が出来なくなるというか。曰く、当人が本当にしたいことに素直になるらしい

彼が抵抗しないのが、私を心のどこかで求めているとしたら。性欲ではなく、他の所から……なんて。そういう希望のような観測をしてしまう。我ながら浮かれすぎている。好きな男と結ばれるかもしれない、というだけで宙に浮くような気分になる。

口内をぐちゅぐちゅと動かし、唾液を分泌させる。貯めた唾液をオチンチンに垂らして、水音をあえて立てるように扱いてあげる。ぐちゃぐちゃ、ぬちゃぬちゃと、いやらしい音を響かせる

「ねぇ……童貞かどうか、まだ答えてもらってなかったけど……」

ゆっくりと動かすようにして、唾液の音を小さくしていく、代わりに焦らされるようになった彼の半身が、手の中でより大きくなった

「こういうことしてもらうのは、初めてなんじゃない?」

手はおちんちんに添えたまま、体を彼の上に持って行く。彼のおとがいに唇を沿わせ、舌で舐め、軽いリップ音を立てた。

好きな人いるかどうか聞いて、答えてもらえなかった。居酒屋で童貞かどうか聞いたのもまだ答えてもらってない。

見上げるようにして見つめる。彼に目をそらされる。

「こら」

「うっ!?」

おちんちんを触ってない方の手で、乳首を摘まんだ。……ちょっと、強すぎたみたい。ごめんなさいね

「……はい、その、初めてです……童貞です……ごめんなさい」

でも力を入れすぎたおかげか、彼は従順になってくれたようだ。いつもはプロデューサーとしてアイドルのみんなを引っ張り、道を示している彼が、こんなにも弱い姿を見せているという事実が愛おしい。

「……なんで謝るのよ」

また謝りそうになる口を、唇で塞ぐ。

どう考えても、悪いのは私の方でしょ。お酒をいつもより多く勧めて、信頼されてるからって、家まで上がり込んで。アイドルなのに、あなたより大人なのに、私のほうがダメダメだ

「……いやなら、突き飛ばして良いから」

罪悪感が心の中に生まれて、彼にそう言ってしまった。顔をのぞき込む。彼の顔が赤くなった、お酒がまた回り出したのだろうか




5: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/12/17(火) 02:37:43.49 ID:YE8hyfTS0


「突き飛ばす、とか、そういうのは……」

「……いや、その……私も、かなり強引だし」

ここに来て臆病風に吹かれる。何をしているんだ私は……いや、きっとここで終わっても良いと、心のどこかで思っているんだと想う。ここまでしておいて、何を言っているのだという話だけど

彼に彼女がいないことを知った、彼の恋人になれるかもしれないと喜んだ、けれど、向こうもそうだとは限らない。プロデューサーは私の事を、一アイドルとしてしか観てないかもしれないのだ

すると、彼の腕が私の背中まで回った。そのまま、密着する。腕にも筋肉が付いてるんだ、とそのとき知った

積み上がってもないムードが壊れたまま。彼はおずおずと、拙い口調で言葉を紡いだ

「俺は、その」

彼はまた謝罪の言葉を吐いた。その後に、自分はダメな奴だと、プロデューサーであるのに、抱いてはいけない感情を得てしまったのだと語った。

今日、私に嘘を明かしたのは、私にそう思われているのが嫌になってきたから、だとか。こうなるとは、一切予想していなかったけど、とも言っていた

私はそこまで飲んでいない。お酒を呑ませることに注視して、飲む方は全くだった。でも、お酒を呑んだときよりもずっと顔が熱くなって、呼吸の仕方を忘れかける。胸の奥が締め付けられる。その痛みが心地よかった。

抱き締める彼の頬へ手を添え、軽く唇同士を触れ合わせた

「それ、嘘じゃないわよね?」

「……絶対に、違います」

いつも事務所のアイドルを引っ張るっているときのような、頼もしい声色だった。

私達は大人だ。『たった一度』、『今回限り』、『明日になれば二人とも忘れる』、『お酒を呑んだせいで』。言い訳の言葉ならいくらでも使える。嘘も二人なら貫き通すことが出来る

「できるなら」とお願いの言葉を言おうとして止めた。聞いたらきっと、彼は「ダメだ」としか言えない。彼はプロデューサーで、私はアイドルだから

だから、言葉の代わりに、近くにあった手を握って、彼の指輪を外した




6: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/12/17(火) 02:38:15.57 ID:YE8hyfTS0

ずっとほったらかしにしていたオチンチンは、またすこし柔らかくなっていた。口に入れて、亀頭の周りをねぶる。舌を裏筋に這わせたり、鈴口を舌先でほじったりした

「きもちいっ、うぅ……」

私も経験が豊富って訳でも無いし、セカンドバージンってくらいご無沙汰だけど、自分がすることで相手が感じることがこんなに喜ばしいなんて

いいよ、いまはお姉さんに任せなさい、リードしてあげる、なんて。ちょっと得意気になりながら、彼のオチンチンを舐めていく。先っぽから半透明な汁が漏れ出す。それを潤滑剤のようにして、頭を振り、唇と舌で竿をしごく。彼のオチンチンは中々に大きく、全部咥えたら喉まで届いてえづきかけてしまう。これがこの後自分の中に入るなんて、ちょっと信じられない。

上目遣いになると、彼の顔がよく見えた。回簡易襲われて、緩んでだらしなくなっている顔。私だけしか観たことのな表情。もっともっと、彼のことを観たくなった、オチンチンをより刺激する

じゅるじゅると液体を啜って、わざといやらしい音を立てながら吸う。ピクピクと口の中で跳ねるのが可愛らしい。先走った汁が口の中に溜まって、唾液よりも多くなっていく。しょっぱい味がどんどんたまっていく。

彼の太ももを押さえつけて、更に激しくねぶり上げる。亀頭だけを口に入れて、カリを唇ではさみながら舐めていく。あめ玉を口の中で転がすように、彼のピンク色を舌の上で味わっていった

本当はここまでするつもり無かったし、勃たせられたらまぁ……と思っていただけなのに、ここまで感じてくれるのは嬉しい。もっともっと感じてほしくなって、彼の弱いところを探り出す

もっと深く口の中に入れられるように体勢を変えた。すると、自分のアソコがすでにビチャビチャになっているのが分かった。相手の感じてる姿を眺めて興奮するなんて、私ってサディスティックなのかしら?

くぽっ、ぐぽっ、と音を立てながらオチンチンを口でいじめていく。頭をフルスピード、締め付ける舌の巣良さを徐々に上げていく。

「このみさん、もう、俺っ……!」

彼の声は苦しそうで、腰の辺りに力が入っていくのが分かった。私はラストスパートをかけ、オチンチンを思いっきり咥え込んだ

彼が短く息継ぎをするような声を漏らした後、口内のオチンチンが吐精した。数回に分けて痙攣して、私の口の中を白色に染め上げていく。

射精が終わって、彼のオチンチンを口から引き抜く。唇の間から垂れて、顎まで筋がいくつか伸びた

口の中の精液は青臭くて、不味くて、今すぐにでも吐き出したい。でも、彼のものだと思うと、それと背反した想いも生まれてきた

唾液と混ぜ合わせて、ドロドロと濃厚な精液を薄めていく。一滴ずつ、喉に絡まるのを防ぐように、飲んでいく。

「だ、出してくださいって……聞きかじりですけど、精液って」

「らいじょーぶ……」

見せつけるようにして飲み下す。口の中のモノを、私の胃の腑に全部治めるのをずっと観てもらう。ごくり、と最期の一滴を飲んだ後に、得意げに口の中を見せつけた

彼はいつの間にか盛ってきていたティッシュで、私の口の周りを拭っていった。

「ちょ、何を」

「……無理して欲しくないですよ……その、飲んでるとき、苦しそうでしたし……飲んでくれたのは、ありがたいですけど」

「えっ、本当?」

ちょっとショックだった。けれど、今まで精飲なんてしたことなかったし、無理しているように見えたのかもしれない。口の周りを拭われるのは、子ども扱いされているようでいやだったけど、彼の心配うぃしても裸得たのが嬉しくて、プラスマイナスの差し引きで言うとプラスだった。

目を閉じて、ティッシュ越しに彼の指を唇で感じる。とっと骨張っていて、男らしくて、爪は短かった

「……全部、取れましたよ」

「……うん」

そのまま彼に抱きついた。鎖骨が私の鼻とぶつかる。キスしたいけど、精液臭いよね? 彼は優しい力で私を抱き寄せた。こら、頭を撫でるな……いや、続けてほしいかも。これ、癖になりそう




7: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/12/17(火) 02:39:13.58 ID:YE8hyfTS0


密着したまま、互いの体温を交換し合う。一度射精したら休憩時間が必要だし、それに、こうやって『普通の恋人』みたいにイチャイチャする時間を私達は欲していた。

肌と肌を文字通りに重ねて、互いの暖かい部分を知らせ合う。「やわらかっ……」って彼が呟いた。私は体を寄せて、もっと自分のおっぱいを彼の体に押しつけた。

さっきまで私の背中にあった手をほどいて、おっぱいを触りに来る

「……っ」

「……触るのも、初めて?」

「……はい」

鼻息が荒くなってる。ガシッ、と鷲掴みをするような形じゃなくて、下から支えるように持ち上げて、手を添えられる。

「……うわっ、すごっ、うぁ……」

「なによその感想」

あまりにも初々しすぎる。お姉さんとか妹の胸とかも触れたことはないのかしら。家で過ごしてたら、ぶつかったりの不可抗力で触ることもありそうだけど。

こうまで照れられると、私の方も恥ずかしくなってくる。

指先が沈んで、おっぱいを揉まれる。莉緒ちゃんのよりは小さいけど、ここまで夢中になって揉まれるなんてね

「大丈夫、ですか? 痛かったりとか……」

「うんっ……平気、だから……」

実際、そこまで力は強くないし、マッサージを受けているような感覚で痛みはなかった。

そのまま自由にさせておくと、彼のオチンチンが元気を取り戻しているのが分かった。おっぱいに夢中で気がついてないみたい。

オチンチンを握る。口の中とは違う暖かさの伝わり方。液体が乾いて、少しベトベトしている

「ねぇ……そろそろ、する?」

「あっ……はい、その……」

また彼に仰向けになってもらう。パンツを脱ぐと、ショーツの部分が自分の出した液でべっとりとしていた。おっぱいを揉まれている間も感じていたのかしら

彼の腰の上に跨がって、素股のように陰部と陰部をすりあわせる

「……ここを見るのも初めてでしょ」

「そのっ……そうです」

薄暗いけど、ちゃんと見えているのかしら。仰向けのまま首だけを起こしていて、ちょっと辛そう

……彼のいろいろな初めてを、自分が染めて行っているという事に嬉しさを覚えてしまう。人生で一度しかない彼の最初を、自分のものだけに出来る。

でも、最初だけじゃなくて最期までも、その間もずっと私だけであって欲しいと願ってしまった

いまこの関係は間違ってて、歪んでて、こうなっちゃいけないハズなのに。このまま彼には私以外の女を知って欲しくない、他の誰にも渡って欲しくないと望まずにはいられなかった

ガチガチになったオチンチンを導いて、私の中に入れる。ずぷ、ぬぷ、と腰をゆっくり落として、彼を受け入れていく。

「……ふふっ、全部っ……入っ、たわよ」

愛液は止めどなく溢れて、オチンチンに押し出される形で穴から漏れ出る。彼の陰毛にそれが付いて、いやらしく月明かりに照らされた

「……どう?」

「はぁっ、その、熱くて……すごい、気持いいです」

「……そ♡」

胸の奥がじくじくとうずく。彼と一つになれた、彼の交われた、というのが泣けてしまう程満たされる。もっと感じて欲しい、もっと感じたいって思いが強くなる




8: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/12/17(火) 02:43:18.43 ID:YE8hyfTS0

スクワットをするようでキツいけど、お構いなしにピストンをする。腰を打ち付けるたびに、ぱちゅ、パチュと愛液と肌がぶつかって音が鳴った

「このみさんっ……うっ、このみさん……」

上下に動く度、中を抉られて、気持ちの良いところにオチンチンが当たる。気持ちよさそうに声を出す彼と、短く息継ぎするような声しか出せなくなった私

リードするつもりだったのに、彼と繋がれている事実に感じ過ぎちゃって、頭の中がグツグツと煮える。上体を倒して、彼の顔をのぞき込むように近づく。キスして、キスされる。

精液臭いかな、とか嫌じゃないかな、と思ったけれど向こうは全然気にしないらしい。濃厚なベロキスで、私の口の中を犯してくる。私はだらしなく口を開けて、交わる唾液を味わった

腰を打ち付けて、彼のオチンチンを私の中全部で味わうと、もうたまらない。普段オナニーしてる自分の指じゃ物足りなくなってしまうかもしれない

彼に手を握られる。さっき、おっぱいを揉んでいたときよりも強く握る手。私は手のひらの中で指を動かして、恋人のように繋いだ。私より大きな手。私よりゴツゴツした指。私の大好きな彼の一部。

繋がって、くっついて、絡まって、互いの境界線もあやふやになるくらい混じり合う。手のひらの汗は、どっちが照れて出したものなのだろう

彼の名前を呼びながら、私の名前を呼ばれる。アイドルでも、プロデューサーでもない、一人の人間同士の名前。

見下ろした彼の顔がどんどん険しくなる。私の中オチンチンが膨張して、今すぐにもイきそうだというのが分かる

このまま、どうかこのままでと、ピストンを加速させて、彼のオチンチンに刺激を与える。中を広げられて、擦られて、私もそろそろイってしまいそう

「――♡」

自分の全身が痙攣しているのが分かった。足腰から力が抜けて、ただ膣だけが相手の精を搾り取ろうと収縮して、締め付けている。彼が私の中に精液を出し、痛いくらいに私の手を握った。

他人事のように、それらを感じ取る。

飛んでいくような感覚に支配されながら、彼の上で息を整える。彼も体温が上がっていて、肌に触れた頬が熱くなるのが分かった。

また頭を撫でられた。向こうはまだ余裕があるらしい。私は髪の毛越しの感触を味わいながら、彼の熱を奪うように胸板に寝転んだ




9: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/12/17(火) 02:44:46.41 ID:YE8hyfTS0

◆◇◆

あの後。互いを求め合った男女が一度で我慢出来ることはなく、数度セックスをした。

二回目は正常位で、彼が上になって、腰を私に打ち付けるような形だった。正直、卒業したばかりでテクニックとかはまだまだで、気持ち良さとかはそこまでだった。けれど、彼がたどたどしくもピストンをする姿が可愛らしくて、ずっと眺めていたいくらいに、見上げた彼の姿に虜になった

三回目は対面座位で、より一層イチャイチャしながらやった。キスして、舐めて、吸って、触れて、唇の跡をつけて……とにかく、脳が溶けるくらいイチャついた。甘くてどろっとしてて、纏わり付くような時間。ゆっくりとしたセックスは、最高に気持ちよかった

後は……互いに体力の限界が来るまで、ずっとヤりあって、そのまま寝て……

……目を醒ますと、びしょびしょのシーツの上だった、という感じ。

今は二人でシャワーを浴びて、ご飯を食べて、録画したバラエティ番組を見ている。私も彼も、今日は休日だ。わざわざ外に出る理由もないし、このままだらけよう

ソファに座る彼の足の間に座り込む。後ろから彼がくっついてくる。こうしていると普通の恋人同士みたい。

「……なんで大きくなってるの?」

「……ごめんなさい」

お尻に固いものが当たる。昨晩散々したのに、まだ足りないのだろうか。正直、私は体のあちこちが痛むし疲れた。

けれど。

リモコンを取って、テレビを切る。真っ暗な画面に彼と私が反射した。その振り返って、彼を見上げながら

「……休みなんだし、じゃあ、またする?」

ねだるように、彼に向き合った。シーツはまだ乾いてないけれど、このソファなら問題無いだろう。人が横たわるだけのスペースはある

首の後ろまで腕を回して、体を伸ばし、キスをした。軽く触れる、啄むようなキス。私もまた、彼を求めているらしい

私も彼も、今日は休日だ。いまここにいるのは、ただの男女。日付が変わるまで、この関係のまま、私達は愛し合った。

テーブルの上で、外された指輪が鈍く光っている

【終わり】



10: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/12/17(火) 02:45:19.40 ID:YE8hyfTS0

ここまでです、ありがとうございました

馬場このみさんの守護霊は楊貴妃です


元スレ
SS速報R:馬場このみ「よい夜に、初めての」