関連



SS速報VIP:【アイマス 】真美「人は変わるものだから…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1577691141/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:32:21.15 ID:Rq3LxGNQO

亜美真美の部屋

真美「ふんふふんふふ~ん♪」ペラッ

亜美「真美ぃ!対戦しよーYO!」

真美「うーん…今はちょっと…」ペラッ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1577691141




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:34:05.87 ID:Rq3LxGNQO

亜美「えぇ…それ何読んでんの?」

真美「ん?これ?ファッション誌」ペラッ

亜美「ファッション誌?」

真美「うん、今度この雑誌でモデルやるからべんきょーちゅーなんだ!」

亜美「…ふーん」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:34:41.51 ID:Rq3LxGNQO

真美「学校のべんきょーはやだけど、こういうべんきょーはたのしーね!」

亜美「…ゲームしてくれてもいいじゃん」

真美「ダメだよ、これお仕事だもん」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:35:12.51 ID:Rq3LxGNQO

亜美「モデルなんて、用意された服着るだけじゃん!ゲームしよーYO!」

真美「ダメだよ!最近は兄ちゃんも真美の意見聞いてくれるんだから!」

亜美「最近って…真美、そんなにモデルのお仕事してるの?」

真美「え?うーん…そだね、亜美が竜宮入ってから増えたかも…」

亜美「えっ?」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:36:23.37 ID:Rq3LxGNQO

真美「亜美が一人で仕事してる時は大体モデルのお仕事してるかも」

亜美「そ、そんなに!?」

真美「うん!…そういえばこないださ、めちゃんこ可愛い服があってね!…って、亜美?聞いてる?」

亜美「う、うん!聞いてるっぽいよ!?」

真美「…変なの」

真美(どうしたんだろ?)



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:37:35.34 ID:Rq3LxGNQO

真美「ってことで今はゲームできないから」

亜美「…やだ!」

真美「やだって…」

亜美「やだ!ゲーム一緒にする!」

真美「いや、そんな…子供じゃないんだから…」




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:39:19.86 ID:Rq3LxGNQO

亜美「子供だもん!事務所で一番歳下じゃん!真美だって同い年じゃん!」

真美「そりゃそうだけど…」

亜美「いいからゲームしよーYO!」

真美「だから無理だって…」




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:40:02.72 ID:Rq3LxGNQO

亜美「…真美…変わっちゃったね」

真美「は?」

亜美「前は一緒にゲームしてくれたのに…」

真美「いや、だからしないとは言ってないじゃん!今はできないって…」

亜美「本読んでるだけじゃん!?何で一緒にしてくんないの!?」

真美「ほ、本読んでるだけじゃないもん!お仕事だもん!」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:40:42.70 ID:Rq3LxGNQO

亜美「でも真美楽しそうじゃん!亜美とゲームするよりそっちの方が楽しいんでしょ?もうずっとべんきょーしときなよ」

真美「そんなこと言ってないじゃん!?」

亜美「あーあ、真美ったら変わっちゃったなー!つまんないなー!」




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:41:23.98 ID:Rq3LxGNQO

真美「…なの…」

亜美「ん?」

真美「そん…なの…」

亜美「何?はっきり言えばいいっしょ!?」

真美「そんなの!……先に変わったのは…亜美の方じゃん…」




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:41:57.19 ID:Rq3LxGNQO

亜美「え?あ、亜美は変わってなんて…」

真美「一人で竜宮に選ばれて…一人でお仕事始めて…真美のことなんて見てなかったじゃん!」

亜美「そ、そんなこと!」

真美「だから真美がどんなお仕事してるかも知らなかったじゃん」

亜美「!?」




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:42:53.18 ID:Rq3LxGNQO

真美「…亜美が先に変わったんだよ」

亜美「う、う、うわぁぁぁぁぁぁぁぁあ!?」ダッ

真美「ちょ!?亜美!どこ行くのさ!?」




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:43:30.71 ID:Rq3LxGNQO

真美「…行っちゃった…ってもうこんな時間!?お仕事行かなきゃ!」




14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:44:00.05 ID:Rq3LxGNQO

ブーブーエス楽屋

ガチャッ

真美「ハロハロー!」

雪歩「あ、真美ちゃん」

真「おはよう、真美」

真美「うん、おはよう、ゆきぴょん、まこちん」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:44:31.55 ID:Rq3LxGNQO

雪歩「ん?真美ちゃん…なんか元気ない?」

真美「そ、そんなことないっぽいよ?」

真「いや、元気ないでしょ?いつもだったら『んっふっふっ~ゆきぴょんったら、朝からお盛んですな~』とか余計な一言言ってるじゃないか」

真美「それどんなイメージなのさ!?」




16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:45:06.16 ID:Rq3LxGNQO

雪歩「でも言うでしょ?」

真美「言ってたこともあったけど…もうそんなお子ちゃまじゃないんだから…」

真「ふーん、真美も成長したってことか」

真美「成長…か…ねぇ、ゆきぴょん、まこちん」

真「ん?」

雪歩「どうしたの?」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:45:46.20 ID:Rq3LxGNQO

真美「成長するって…変わっていくって良いことだよね?」

真「どういう意味?」

真美「実はね…」

カクカクシカジカトカトカチッチッ

雪歩「へぇ、亜美ちゃんと喧嘩しちゃったんだ…」




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:46:32.95 ID:Rq3LxGNQO

真「珍しいね…」

真美「だっておかしいじゃん!人間が変わっていくなんて当たり前だYO!」

雪歩「それはそうだと思うけど…」

真「特に僕たちは変わりたくてアイドルになったわけだからね…」

真美「でしょ?変わっていくのがいいに決まってるじゃんね?」




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:47:05.89 ID:Rq3LxGNQO

雪歩「うーん…」

真「そうとは言えないんじゃないかな?」

真美「なんでさ?二人だって変わるために765プロに入ったんでしょ?」

雪歩「うん、そうだよ…そうだけど…」

真「難しいね、これを説明するの…」

真美「うあうあー!?なんなの?2人とも!」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:47:58.60 ID:Rq3LxGNQO

雪歩「いや、確かに真美ちゃんの言う通りなんだけどね…」

真「なんというか…真美、焦ってない?」

真美「焦る?」




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:48:28.69 ID:Rq3LxGNQO

雪歩「確かに、人って変わっていくものだけど、それって無理やり変わるものじゃなくて、ゆっくり少しずつ、時間をかけて変わるものだと思うの」

真「そうそう、何もそんなにすぐに変わらなくたって…」

真美「…そんなの嘘だよ」

雪歩「え?」



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:49:09.66 ID:Rq3LxGNQO

真美「…真美、たった半年でゆきぴょんの身長抜いたよ?ゆっくり少しずつだった?半年なんてあっという間じゃん」

雪歩「そ、それはそうかもだけど…」

真美「…まこちんだって半年の間に髪の毛伸ばして雰囲気変わったじゃん」

真「それは…」




23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:49:49.26 ID:Rq3LxGNQO

真美「いおりんも、あずさお姉ちゃんも髪型変えたし…」

雪歩「あの、真美ちゃん?でもね…」

真美「りっちゃんなんて、アイドルからプロデューサーになっちゃったよ?」

雪歩真「「…」」



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:50:28.39 ID:Rq3LxGNQO

真美「みんなが変わっていくのに…真美だけは変わらないでいるの?真美だけ成長するなってこと?」

雪歩「どうしたの、真美ちゃん」

真「トゲトゲしすぎだよ…」

真美「だって!」ドンッ

雪歩「ひっ!?」




25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:50:58.30 ID:Rq3LxGNQO

真美「…だって、誰よりも亜美が先に変わったんじゃんか」

真「真美…」

真美「…ごめん…ちょっと今日真美、変みたい…あはは…嫌なところばっかり変わっちゃったのかな…」




26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:51:24.39 ID:Rq3LxGNQO

雪歩「真美ちゃん!そんなことは…」

真美「ごめんね…お仕事始まるまでには戻るから…」スッ

雪歩「真美ちゃん!」

真「…雪歩、今はそっとしとこう…」




27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:52:17.39 ID:Rq3LxGNQO



真美「はぁ…ついカッとなっちゃった…ゆきぴょんたちは何も悪くないのに…」

??「かみしめた昨日は~♪私であるための証♪涙~♪忘れたフリ~をする~♪」

真美「あれ?この声って…」



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:52:44.55 ID:Rq3LxGNQO

千早「あら?真美じゃない」

真美「千早お姉ちゃん…なんでこんなところに?」

千早「私は出番の前に練習をしていたのよ」

真美「そっか…千早お姉ちゃんらしいね…」




29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:55:16.37 ID:Rq3LxGNQO

千早「真美こそどうしたの?元気がないようだけれど…」

真美「…真美は変わっちゃったから…千早お姉ちゃんの好きな真美じゃないかもよ?」

千早「あら?それこそ、真美らしくないわね…まぁ、けど…」

真美「?」



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:58:15.49 ID:Rq3LxGNQO

千早「私はどんな真美でも好きだと思うけれど…」

真美「千早お姉ちゃん…」

千早「何かあったんでしょう?教えてくれない?」

真美「実は…」

カクカクシカジカトカトカチッチッ




31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:59:04.23 ID:Rq3LxGNQO

千早「そう…そんなことがあったの…」

真美「真美、もうわかんないよ…みんな変わってくから…真美も変わらなきゃって思って…でもそれが間違いで…」

千早「間違いなんかじゃないわよ」




32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 16:59:35.84 ID:Rq3LxGNQO

真美「へ?間違いじゃないの?でも、さっきまこちんたちは…」

千早「うーん…そうねぇ…真や萩原さんの言いたいこともわかるけど…こんなことに答えなんてないのよ」

真美「答えがない?」




33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:01:12.99 ID:Rq3LxGNQO

千早「そうよ、だって成長する速さなんて人それぞれだもの。だから早く変わっちゃっても、いつまでも変わらなくても、それはそれでいいの」

真美「いいの?そんなんで…」

千早「そんなのでいいのよ」




34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:03:11.49 ID:Rq3LxGNQO

真美「でも、みんなはドンドン変わって…」

千早「それは変わっていく方が目立つからよ。春香が転ばなくなった?美希はお昼寝を辞めた?あずささんの方向音痴は治ったのかしら?」

真美「た、確かに…」




35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:03:49.53 ID:Rq3LxGNQO

千早「変わった人たちだってそうよ?みんながみんな短い間に変わったわけじゃないわ」

真美「そうかな?」

千早「そうよ、他ならぬ私がそうじゃない」

真美「千早お姉ちゃんが?」




36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:04:33.33 ID:Rq3LxGNQO

千早「ええ、そうよ…私は…あの日から、自分には歌しかないと思い込んでいたわ…何年も何年も…」

真美「千早お姉ちゃん…」

千早「そうじゃないと、あなたたちが気づかせてくれたのは…さっきみたいに明るい歌も歌えるようになったのはつい最近の話よ?」




37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:05:03.96 ID:Rq3LxGNQO

真美「…千早お姉ちゃんは変わって良かったって思える?」

千早「えぇ、そうね良かったと思うわ。歌に囚われていた昔より、歌を楽しめる今の方がいいし…何より、みんなと仲間になれたから…」

真美「そっか…」



38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:05:41.96 ID:Rq3LxGNQO

千早「けどね、真美。私は変わる前の自分が大嫌い…なんてことはないのよ?」

真美「…」

千早「間違っていたかもしれない…迷惑もかけた…見当違いなことをした…思い返すと恥ずかしいことばかりよ…でもね?」

千早「私は、あの時の自分をどうしても嫌いにはなれないの」

真美「…」



39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:06:17.45 ID:Rq3LxGNQO

千早「だからね、真美。あなたは変わりたいと思うのかもしれない。あなたたちの未来は希望でいっぱいだもの。誰だってドンドン変わっていきたいと思うわよ」

真美「希望でいっぱい…」

千早「けれどね、前に進むのはいいけれど、その時に、以前の自分を嫌いにならないで」

真美「どうして?だって間違ってて…見当違いで…恥ずかしいんでしょ?千早お姉ちゃんみたいなしっかりした人でもそうなんでしょ?それじゃあ真美なんて余計に…」




40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:06:46.34 ID:Rq3LxGNQO

千早「間違っているかもしれない、見当違いだったかもしれない、思い返すと恥ずかしいかもしれない…けどね、あなたは…真美はいつだって一生懸命だったはずよ?」

真美「一生…懸命…」




41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:07:14.15 ID:Rq3LxGNQO

千早「『双海亜美』としてデビューした時も、亜美と離れ離れのユニットになった時も、竜宮小町と対決した時も、あなたは一生懸命だったわ。それを否定なんて、たとえ真美自身にだってさせないわ」

真美「そっか…そーだよね…真美焦ってたかも…」



42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:07:45.94 ID:Rq3LxGNQO

P「おーい、千早!そろそろ…って真美?」

真美「兄ちゃん!」

P「どうしたんだ?こんなところで?」

千早「いえ、少しお話していただけです」ニコッ

P「…そうか」




43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:08:19.65 ID:Rq3LxGNQO

千早「えぇ、それでは私は準備して来ますね…真美?」

真美「え?」

千早「今のその顔、忘れちゃダメよ?」

真美「…うん」

千早「それじゃあね」



44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:08:55.44 ID:Rq3LxGNQO

P「…すっかりお姉ちゃんだな」

真美「ね、変わったよね、千早お姉ちゃん」

P「うーん、どうだろうな。元々はああいう性格だったんじゃないか?」

真美「え?そうかな?」

P「そりゃあお姉ちゃんだしな。性格的に真面目すぎるくらいだけど、元々お前たち…というか歳下には甘かったぞ?」

真美「そっか…」



45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:09:31.44 ID:Rq3LxGNQO

P「ま、それも最近だけどな。千早もどんどん成長していくなぁ…」

真美「千早お姉ちゃんも?」

P「そうだよ、千早もお前も、何なら律子やあずささんだって俺に言わせりゃ可能性の塊だよ」



46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:10:02.64 ID:Rq3LxGNQO

真美「ピヨちゃんは?」

P「小鳥さんは…うん、この話はやめておこう…」

真美「どうして?」

P「何というか…流石に歳上には言いにくい…けどな、人間なんて一生成長するんだぞ?」




47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:10:35.80 ID:Rq3LxGNQO

真美「あ、あずさお姉ちゃんのバストもあれ以上に?」

P「それはそれで夢のある話だが…身体の成長なんてごく一部に過ぎない。考え方や思考はいつまでも成長していく。例え何かが衰えたって他の何かでカバーできるようになる」

真美「胸が萎んでも脚線美で勝負!とか?」

P「それ、千早と真には絶対に言うなよ!?…だからな、真美」

真美「ん?」



48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:11:04.23 ID:Rq3LxGNQO

P「一生成長していくんだから、焦らなくていいんだよ」

真美「…聞いてたの?」

P「聞かなくてもわかるさ、お前たち
のことくらい」

真美「ロリコンだから?」

P「プロデューサーだからだよ!?…けどさ、ほら、こっちの方が真美らしいよ」




49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:11:44.55 ID:Rq3LxGNQO

真美「け、けど…」

P「もちろん成長したいならすればいい、成長したいのにそれを止める必要なんてない。けどな、したくもないのにする必要なんてもっとない」

真美「兄ちゃん…」




50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:12:14.81 ID:Rq3LxGNQO

P「亜美は亜美、真美は真美なんだよ。双子でも2人は違う人間なんだ。比べる必要なんてないさ」

真美「…うん、そだね…兄ちゃん、あのさ…」

P「ん?」

真美「真美を、亜美のところに連れて行って!真美、亜美に謝らなくっちゃ!」

P「…おう、任せとけ」




51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:12:48.99 ID:Rq3LxGNQO

事務所

P「さっき小鳥さんに確認したら亜美は事務所に来ているらしい」

真美「それは確かな情報?」

P「あぁ、やたら『はぁはぁ』言ってたが間違いない」

真美「それ大丈夫なの!?」




52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:13:16.30 ID:Rq3LxGNQO

P「大丈夫だ!ほら、俺は車を停めて来るから、先に行ってろ」

真美「う、うん…」

真美(うあうあー!?いざとなったら緊張するYO!)



53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:13:45.39 ID:Rq3LxGNQO

真美「…ふぅ」

ガチャッ

亜美「うぅぅ…」グスッ

真美「あっ…」

亜美「ま、真美!?」

真美「あ、あのね…その…」

真美(うぅ…まさか、扉開けてすぐにいるとは…)



54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:14:12.55 ID:Rq3LxGNQO

真美「その…」

亜美「ごめんなさい!」

真美「へ?」

亜美「ごめんなさい!ごめんなさい!だかれ…だから…嫌いにならないでぇ…」




55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:14:38.47 ID:Rq3LxGNQO

真美「…真美が亜美のこと嫌いになるわけないじゃん!」

亜美「え?」

真美「真美は…真美は、亜美のこと大好きだもん!誰より大好きだもん!…そりゃ、たまにはこうやって喧嘩しちゃうかもだけど…けど、真美は誰よりも亜美の味方だもん!」




56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:15:05.97 ID:Rq3LxGNQO

亜美「け、けど…それも変わっちゃったら…」

真美「…どんなに変わったって、この気持ちは変わらないよ…亜美のこと、嫌いになんてなれないもん…」

亜美「う、うっ…うわぁぁぁぁぁぁぁぁん!?」

真美「ちょ、ちょっと!?なんで泣くのさ!?」



57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:15:34.27 ID:Rq3LxGNQO

亜美「らって!らって不安らったんらもん!?真美が…真美が変わっちゃったら…真美が亜美のこと嫌いになっちゃったらって…」

真美「だから、そんなことあるわけ…」

亜美「酷いこと…言っちゃったし…」




58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:16:24.00 ID:Rq3LxGNQO

真美「それは真美もだよ…ごめんね、亜美だってわざとしてたわけじゃないのに、あんな言い方…」

亜美「いや、やっぱりそれは亜美がむしんけーだったから…」

真美「それを言うなら真美だって…」




59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:17:09.54 ID:Rq3LxGNQO

亜美「いや、だから亜美が…」

真美「いや、真美が…」

亜美「亜美が!」

真美「真美が!」

P「なんでまた喧嘩してるんだよ…」

亜美真美「「兄ちゃん!?」」



60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:17:40.22 ID:Rq3LxGNQO

P「よっ!」グイッ

亜美「うわぁ!?」

P「オラよっ…と!」グイッ

真美「おわぁ!?」



61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:18:19.13 ID:Rq3LxGNQO

P「ふぎぎぎぎっ…ち、ちょっと…きつい…か?…いや!い、いける!」

真美「急にどうしたのさ!?2人もおんぶしたら…」

亜美「そうだYO!兄ちゃんの腰が壊れちゃうYO!」

P「あははは…くっ…ま、まだまだそんなやわじゃないさ…ふんっ…」ガクガクガクガク

真美「嘘じゃん!?脚に来てるじゃん!?」



62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:18:49.14 ID:Rq3LxGNQO

P「な、なんのことだかわからない…なぁぁぁぁぁぁあ!」ダンッ

亜美「持ち直したけど時間の問題っしょ!?兄ちゃん自分で言ってたじゃん…もう2人ともは無理だって…」

P「けど…まだまだ…2人ともおんぶできるぞ!ふぎぎぎぎっ!」

真美「兄ちゃん…」



63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:19:30.99 ID:Rq3LxGNQO

P「な、なんのことだかわからない…なぁぁぁぁぁぁあ!」ダンッ

亜美「持ち直したけど時間の問題っしょ!?兄ちゃん自分で言ってたじゃん…もう2人ともは無理だって…」

P「けど…まだまだ…2人ともおんぶできるぞ!ふぎぎぎぎっ!」

真美「兄ちゃん…」



64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:20:22.23 ID:Rq3LxGNQO

P「まだまだ俺に言わせりゃお前たちなんてケツの青いガキんちょだよ…焦るな焦るな…やり過ぎてたら止めてやる、サボってたらケツひっ叩いて動かしてやる、間違ってたら…全力で叱ってやる…そのための俺だ!」

亜美「兄ちゃん…プロデューサーっぽい…」

P「いや、そりゃプロデューサーだからな…」



65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:20:52.49 ID:Rq3LxGNQO

真美「…兄ちゃん」

P「ん?」

亜美「亜美たち、これから多分ドンドン変わっていくよ…?」

P「…おう」

真美「変わらないこともあるかもしんないけど…」

亜美「それでも、亜美たちのことプロデュースしてくれる?」



66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:21:19.38 ID:Rq3LxGNQO

P「当たり前だろ?どんな風に変わったって亜美は亜美だし、真美は真美だ。そして、俺はお前たちのことが大好きだ。この三つは変わらないよ」

亜美真美「「に、兄ちゃぁぁぁぁぁあん!?」」ギュウッ

P「あはは、まだまだ甘えん坊だ…」ギックリ

P「な…って…え?」ガクンッ

亜美真美「「え?」」

P「ぎぃやぁぁぁぁぁぁぁあ!?」

亜美真美「「兄ちゃぁぁぁぁぁあん!?」」



67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:21:50.86 ID:Rq3LxGNQO

双海医院

亜美「兄ちゃん大丈夫かな?」

小鳥「大丈夫よ、亜美ちゃんと真美ちゃんのお父さんが診てくれるんだから…」

社長「うむ、素早く手配してくださって助かったよ」



68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:22:17.86 ID:Rq3LxGNQO

ガチャッ

P「…」ヨタヨタ

真美「あ、出てきた…」

亜美「兄ちゃん!?大丈夫!?」

P「あぁ、ただのぎっくり腰だ…」

亜美「ただのって…」

真美「大怪我じゃん…」



69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:22:43.14 ID:Rq3LxGNQO

P「ははは…変化の中には、『老化』もあるってことかな?」

社長「あはははは!キミぃ…若いのに情けないなぁ…いや、これも私が働かせ過ぎたせいか…とにかく治るまではゆっくり休みたまえ」



70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:23:16.26 ID:Rq3LxGNQO

P「けど…」

小鳥「そうですよ!その間は私たちが代わりに頑張りますから!」

亜美「そーだよ、兄ちゃん。無理しない方がいいよ」

真美「まぁ、真美たちが言えることではないけど…」

P「そうか…そうだな…それじゃあお言葉に甘えて少し休暇を取らせてもらいます」



71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:23:48.49 ID:Rq3LxGNQO

社長「うむ、そうしたまえ!さぁ、亜美くん!真美くん!そうと決まれば私が臨時で君たちのプロデューサーになろう!」

亜美「え?社長さんが!?」

社長「これでも昔は敏腕プロデューサーとしてならしていたんだ…久しぶりに実力を披露させてもらうよ!あははははははは…」ギックリ

社長「はぅっ!?」ガクッ

真美「あ、あれ?」

亜美「ど、どこかで見たような…」



72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:24:20.51 ID:Rq3LxGNQO

社長「うわぁぁぁあ!?こ、腰が…腰がぁぁぁぁぁあ!?」

亜美「そんな…社長までぎっくり腰に…」

真美「ただ笑ってただけなのに…」

小鳥「社長!大丈夫ですか!?私に捕まってください!」

真美「ピヨちゃん!?」

亜美「危ない!」



73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:24:48.93 ID:Rq3LxGNQO

社長「おぉ…た、助かるよ…」スッ

小鳥「いきますよ?せーのっ…」ギックリ

小鳥「あっ…」ガクンッ

亜美真美「「あっ…」」

小鳥「いやぁぁぁぁぁぁあ!?」

亜美「うあうあー!?」

真美「地獄絵図だYO!?」



74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:25:14.73 ID:Rq3LxGNQO

黒井「ふふふ、情けない…情けないなぁ!高木ぃ!」

亜美「あ、黒ちゃん…」

P「クソ!よりにもよってこんな時に…」

真美「うん、兄ちゃん、多分大丈夫だよ?」

亜美「亜美も、もう嫌な予感しかしない…」



75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:25:56.84 ID:Rq3LxGNQO

黒井「貴様らが腰痛に喘いでいる間に我々は上に行かせてもらう!アデュー!あはははは…」ギックリ

黒井「んっ?」

亜美真美「「あっ…」」



76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:26:22.72 ID:Rq3LxGNQO

黒井「ぎゃぁぁぁぁあ!?」

P「く、こ、腰が…」

小鳥「あっ…こ、この体勢なら…いや、でもこれは…」

高木「だ、誰か…起こしてくれ…」

黒井「ひっ…ぐっ…ぁぁ…」

亜美真美「「…」」



77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:26:56.47 ID:Rq3LxGNQO

亜美「真美…」

真美「ん?」

亜美「どんなに変わっちゃってもさ…」

真美「うん…」

亜美「運動はしとこうね…」

真美「そだね…」

終わり



78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/30(月) 17:28:24.79 ID:Rq3LxGNQO
元スレ
SS速報VIP:【アイマス 】真美「人は変わるものだから…」