SS速報R:【ハチナイ】雫「千景がレズもののエロ本を隠し持っていました」【エロ本パロネタ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1577801704/



1: ◆o.T02ywbDc 2019/12/31(火) 23:15:04.39 ID:3u7s9NJB0

思い付きの見切り発車で投下を




2: ◆o.T02ywbDc 2019/12/31(火) 23:16:18.60 ID:3u7s9NJB0

部室

ぽとっ

雫「千景、なにか落としましたよ」

千景「!?」

雫「本ですか。。このくらいであれば私が」
 「千景、不要なものを持ち込むのはよくない事ですよ…」

千景「見ないで!雫さんには」




3: ◆o.T02ywbDc 2019/12/31(火) 23:17:40.40 ID:3u7s9NJB0

雫「千景が、千景が怖いぃぃ、、。」

千景「誤解。誤解なのぉ」

雫「千景に犯される」さっ

千景「やめて!!」




4: ◆o.T02ywbDc 2019/12/31(火) 23:18:19.38 ID:3u7s9NJB0

千景「ご、誤解なの。雫さん」

雫「そうですか…」

千景「ええ」コクコク


雫「では、この本は千景の本ではないと」


千景「それは…、まぁわたしの物のだけれど」


雫「千景に犯される!千景に犯される」ガタガタ


千景「ち、ちがうのぉ」




5: ◆o.T02ywbDc 2019/12/31(火) 23:19:21.73 ID:3u7s9NJB0

雫「あの。千景も女の子ですから、そういう事に興味を持つ事自体は否定しません」

千景「……」コクン

雫「そういう本を読みたくなることも、悪い事ではない…」ブルッ

千景「…あの、雫さん」


雫「な、なんでしょう」そぉっ


千景「なぜ距離を取っているの?」


雫「怖いんです!親友に犯されてしまいます」


千景「やめてっ!!」



6: ◆o.T02ywbDc 2019/12/31(火) 23:20:09.44 ID:3u7s9NJB0

雫「私を超マニアックな方法で犯すのですか」


千景「しないわ。そんなことは」


雫「屋上に連れ込まれて『いつも皆と一緒に居る屋上で、別の意味で二人きりの気分はどうかしら?』と言いながら犯されるのですよね」


千景「本からの抜粋やめて」




7: ◆o.T02ywbDc 2019/12/31(火) 23:20:46.61 ID:3u7s9NJB0

雫「レズビアン特有の言葉攻めを」

千景「しないわ」

雫「『女の子同士なのよ。このくらいスキンシップにも入らないわ』と言いながらに犯すんですよね」

千景「だから、本からの抜粋やめて!音読もしないで!」


雫「千景がマニアックな言葉攻めを身に付けているとは…」
 「とにかく、千景はそういうマニアックなプレイしようとしてるのですよね?」


千景「違うの!そういうわけじゃなくて」


雫「分かりました。千景がそこまで言うのであれば信じ」


千景「さっき雫さんが言ったのは全然マニアックの範疇ではないのよ」




8: ◆o.T02ywbDc 2019/12/31(火) 23:21:37.86 ID:3u7s9NJB0

雫「…えっ?」


千景「…あ」


雫「……あ、あの程度は基本なのですか?」


千景「ナンデモ、ナンデモナイノヨ。シズクサン」


雫「先ほどのもかなり危ない部分を抜粋したつもりでしたが」


千景「聞いて。さっきのは間違いなの」


雫「もうあの程度では満足できないと」


千景「やめて!」




9: ◆o.T02ywbDc 2019/12/31(火) 23:22:39.40 ID:3u7s9NJB0

雫「千景がどんどん遠くなっていきます」


千景「遠くなっているのは雫さんの方よ。物理的に距離を取っているじゃない」


雫「距離を取らなければ、千景に犯されてしまいます」ビクッ


千景「わたしは、雫さんをメチャクチャにしたいだなんて」


雫「剣道部に戻ろうとしたのが悪かったのでしょうか」
 「あの時期に、私は千景に寂しい思いをさせてしまったから」

千景「重い感じにしないで」


雫「私がきっぱりと剣道部への未練を絶てていれば……」


千景「剣道をしている雫さんも美しいわ」


雫「もしかして、プレイ的な目線で見れば竹刀も興奮ポイントに…?」


千景「嗜好を探るのは止めて」



10: ◆o.T02ywbDc 2019/12/31(火) 23:23:35.39 ID:3u7s9NJB0

雫「先ほどの内容は基礎の範囲なのですよね」

千景「ナンデモナイと言ったじゃない」


雫「ですが、竹刀とかそういう方向に行かざる得ません」


千景「雫さん、少し協力的なような気が…。さっきまでは犯す侵さないの話だったはずよ」


雫「これは私の優柔不断さが招いた当然の結末なので」


千景「雫さんの責任ではないの。というよりしないわ!」



11: ◆o.T02ywbDc 2019/12/31(火) 23:24:36.16 ID:3u7s9NJB0

雫「面と向かっていってください」


千景「わたしは何を言えばいいの?」


雫「『わたしは雫さんを犯したいと思っていないし、思ったこともありません』とお願いします」


千景「何なの。。その宣言は」


雫「言ってくれなければ信用できません!ガチレズと同じ部活に居られません!」


千景「ガチ、レズ、、」



12: ◆o.T02ywbDc 2019/12/31(火) 23:25:28.81 ID:3u7s9NJB0

雫「とりあえず言ってもらえると、私は安心できますから」


千景「……うぅん」


雫「自分を偽る事はできませんか?」


千景「もう自分を偽ったりはしていないわ」


雫「すみません。。私は千景に虚偽の申告をさせようと!」


千景「そんなつもりは」


雫「これ以上千景を傷つけるくらいであれば、私は千景の嗜好と向き合うと誓いますから!」


千景「言うわ!誓わなくてもいいから」



13: ◆o.T02ywbDc 2019/12/31(火) 23:26:16.31 ID:3u7s9NJB0

千景「えぇっと、何だったかしら。。『わたしは』…」

雫「『わたしは雫さんを犯したいと思っていないし、思ったこともありません』」

千景「そうね。『わたしは雫さんを』…」

雫「千景、どうしましたか?」

千景「いちおう、確認をしておきたいのだけれど…」


雫「確認ですか?」


千景「この『犯す』の範囲というのは」


雫「!!」ゾクッ


千景「い、一応よ」



14: ◆o.T02ywbDc 2019/12/31(火) 23:27:49.42 ID:3u7s9NJB0

雫「それは、つまり範囲によっては」


千景「意外と二人の間で食い違っているかもしれないわ」


雫「範囲によっては言えない可能性があるという事でしょうか」


千景「だから、その確認はするべきよ」


雫「そうですね。千景の基準はすこしアレですから」


千景「アレって…」




15: ◆o.T02ywbDc 2019/12/31(火) 23:31:06.20 ID:3u7s9NJB0

千景「じゃあ、少しずつ確認していきましょう」


雫「はい…。ここでの『犯す』の範囲が広ければ広いほど、その…」


千景「………」


雫「先ほどの『近い』を言えない可能性が上がってしまうという」


千景「おそらく、というより絶対大丈夫に決まっているわ」


雫「いいでしょう」コホン


千景「では、『犯す』の基準決めを始めましょう」


雫「まずは『キス』!」


千景「えッ!?」


雫「へッ!?」




16: ◆o.T02ywbDc 2019/12/31(火) 23:32:05.24 ID:3u7s9NJB0

千景「ストップ!中断をしないといけないわ」


雫「怖い怖い怖い怖い!!」ビクン


千景「違うのよ、普通にするでしょう!?キスはするでしょう!?女の子同士で!」


雫「しないしないしない、怖い怖い怖い怖い」


千景「わたしがするかどうかではなくて、一般的によ」
 「一般的な基準として、女の子同士でキスはセーフなはずだけど」


雫「私はしないような気がするのですが…」


千景「唇でやる普通のキスよ。『舌の口同士で』とかそういうのでなくて」
 「そのつもりでわたしはOKにしたのだけれど」


雫「当たり前です!」
 「今言ったほうがOKだった場合、もう一度退部を考えなければなりませんでした」



17: ◆o.T02ywbDc 2019/12/31(火) 23:32:53.47 ID:3u7s9NJB0

雫「あの、キスが基準でアウトという事ですよね?」
 「千景の言いたい事は言わなくても分かります」


千景(なんだか寂しいわ)


雫「この際、はっきりと聞いておきましょう」
 「どのラインであれば、先ほどの誓いを言えるのでしょうか」


千景「そうねぇ」


雫「千景が決めてかまいません。それを聞いて対処するので」


千景「…ふぅ」




18: ◆o.T02ywbDc 2019/12/31(火) 23:34:00.68 ID:3u7s9NJB0

(15分後)



千景「……」


雫「……」ドキドキ


千景「……あの」


雫「ひいぃ」


千景「そこまで怯えられると悲しくなってくるわ」


雫「すみません。驚いてしまっただけです」
 「ごめんね?犯さないで……?」


千景「やめて」


雫「というよりも、これを長考している時点で…」


千景「言うわ!今すぐに言わせてもらうわ」



19: ◆o.T02ywbDc 2019/12/31(火) 23:35:11.91 ID:3u7s9NJB0

千景「えっと」


雫「言ってくれていいんです!バッチコイです」


千景「えぇ~っと」


雫「覚悟はできました」



千景「えー……。何をラインにしても、無理よ」


雫「まさか」


千景「あの。だって、したいの……」


雫「うわあああぁぁやっぱりガチレズだったんですね」


千景「ゴメンなさいいぃぃ!でも、したくてえぇ」



20: ◆o.T02ywbDc 2019/12/31(火) 23:36:25.82 ID:3u7s9NJB0

雫「最初ので正解だったとは。最初のリアクションこそがむしろ大正解だった!!!」


千景「雫さんには申し訳ないと思っているの」
 「でも、さっきの言葉責めとかとってもヤリたくて」


雫「そこまで聞いていません!怖い怖い怖いぃぃぃ!!」


千景「静かにしないと、犯すわよ」


雫「千景、落ち着きましょう。本性が出ています」



21: ◆o.T02ywbDc 2019/12/31(火) 23:38:19.14 ID:3u7s9NJB0

雫「部室でのプレイは?」

本庄「基本」


雫「美しさとかいて?」

千景「レズセックス」


雫「バットと竹刀は」

千景「プレイの小道具」


雫「カラオケの十八番は?」

千景「硝子の花園」



雫「怖いぃぃ、親友が怖いぃぃ!」


千景「うるさいわね!下着口に詰めようかしら!?」


雫「何なんですか?それは…」



千景「よくある事よ!」


雫「よくある事!?」




22: ◆o.T02ywbDc 2019/12/31(火) 23:39:22.51 ID:3u7s9NJB0

千景「お揃いで色々装着したまま守備練習をしましょう」

雫「いきなり!?」


千景「ゴメンなさい」
 「雫さんへもう我慢しなくていいと思ったら、願望が出てしまったの」


雫「怖い!そんなことを内に秘めてたとか怖い!」


千景「東雲さんにピッチングを教わっている時にリモコンでいじりたい!」


雫「やめてください…」




23: ◆o.T02ywbDc 2019/12/31(火) 23:40:31.65 ID:3u7s9NJB0

千景「願望があふれ出ちゃったあぁぁ」

雫「落ち着いてください!千景」


千景「他の部員に見られない部室の資格でキスがしたい!」



千景「剣道の師と電話をしている後ろから胸を揉みたい!」



千景「雫さんと一緒に青春の汗を流したい」



雫「最後のはいつもと変わりないこと言ってるはずなのに怖い」




24: ◆o.T02ywbDc 2019/12/31(火) 23:42:17.85 ID:3u7s9NJB0

千景「そういう事なの!よろしくね、雫さん」


雫「ナニをヨロシクすれば?」


千景「わたしは帰るから。そろそろ帰らないと」


雫「このタイミングで引き上げられるとは卑怯です」
 「というよりも、ナニをヨロシクすれば~」



千景「また明日ね!雫さん」


雫「待って下さい!千景」



雫「絶対に明日から何か仕掛けてくるのでしょう」


雫「本当に嫌だ、本当に怖い……」


雫「なぜ、私は千景の本を拾おうとしていたのでしょうか。。」


雫「他の部のメンバーにはなんと言えば」
 「いえ、言わないほうがいいでしょう。千景を裏切るわけには…」



25: ◆o.T02ywbDc 2019/12/31(火) 23:43:19.62 ID:3u7s9NJB0

~~~~



清城高校


ぽとっ


小也香「なにか落としましたね」


花「!?」


小也香「本ですか。。このくらいであれば私が」
 「牧野さん、私物を持ち込むのはよくない事です」


花「見ないで!小也香には」



Fin.




26: ◆o.T02ywbDc 2019/12/31(火) 23:45:22.19 ID:3u7s9NJB0

以上でありますゞ

ではでは、皆様よいお年を
見てくれた皆様へ感謝


元スレ
SS速報R:【ハチナイ】雫「千景がレズもののエロ本を隠し持っていました」【エロ本パロネタ】