1: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 05:42:54.45 ID:3YPyFf690

明けましておめでとうございます
新年の初SSは歌鈴ちゃん誕生日SSです

・ファン×アイドルのR18SSで、無知シチュ、中出し、玉舐め要素あり



2: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 05:43:48.91 ID:3YPyFf690

「今日親衛隊の皆さんに集まってもらったのは他でもありません……」

奈良にある某神社の社務所にて我々歌鈴ちゃん親衛隊は

今、プロデューサーと向き合っていた。

俺を含めた六人はいずれも、当時デビューしたての歌鈴ちゃんを

影から何かと支え続けてきた古参メンバーだ。

プロデューサーも我々には一目置いている。

何か問題があった際に彼女は決まってこの歌鈴ちゃん親衛隊を呼び

スケジュールから楽曲の順番と、何から何まで相談した上で決断を下す。

それは決して彼女が優柔不断で頼りない女プロデューサーだからではない。

最早我々はファンとプロデューサーというよりかは股肱の臣として

共に歌鈴ちゃんを支え合う大きな家族のような存在となっていた。

「実は……このところ歌鈴は何かしら悩みを抱えている様子なのです。
 しかし、私や家族にも悩みを打ち明けようとはいたしません……」

我々は互いに顔を見合わせつつも、プロデューサーの話に耳を傾ける。

アイドルのメンタルがライブに大きく影響を与えるのは周知の事実。

健気なアイドルが笑顔の仮面を纏い続け、気がつけば

手遅れなほどに病んでしまうという事態は珍しくない。




3: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 05:44:31.77 ID:3YPyFf690

「そこで手前勝手ながら、親衛隊の皆さんにもご尽力をいただきたいのです。
 同性に話せなくとも、異性になら話せる悩みもあるのではないかと。
 駆け出しの頃から歌鈴を親身になって見守って下さっている皆さんなら
 きっとあの娘も打ち明けてくれるでしょう。
 どうか私に代わって、歌鈴から悩みを聞き出してはいただけませんか?」

「承知致しました、プロデューサーさん!」

「歌鈴ちゃんの悩みは、我々の悩みも同然!」

「我々の力で良ければいくらでも貸しましょう!」

二つ返事で受けた我々はプロデューサーさんの手配で拝殿に招かれた。

そこに待機していた歌鈴ちゃんはちょうど紅白の映える巫女服に身を包んでいた。

最初こそ小袖に赤袴と巫女を模した衣装だったが

人気の出てからは他のステージ衣装を着る事も増え

我々も初詣にちなんだ正月ライブでしかそんな姿は拝めなかった。

久々のナマ巫女姿を前にして高揚する気を抑えつつも、我々は写真撮影をお願いした。

軽い撮影会で和気藹々とした雰囲気を装う中、我々はおもむろに

話題をふり、歌鈴ちゃんから何とか悩みを聞き出したのだ。



4: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 05:44:58.88 ID:3YPyFf690

「あの、私……成人を前にした神社の儀式を控えているんです。
 ですが、今までやった事なくて、自信が……」

なるほど、それでプレッシャーからぎこちなくなっていたのか。

確かにしばしば歌鈴ちゃんはドジを踏む。

マイクを倒すし、凸凹のないステージで転ぶし、舌を噛む事はしょっちゅうだ。

だがそれは、いつまでも初々しくあざとさのない彼女の美点だと我々は思っている。

特に八月初ライブのノーブラ事件は我々の網膜に消えぬ幸福を焼き付けた。

だが、厳かな神社の儀式ともなればそうもいかないだろう。

ともあれ我々はどうにかして歌鈴ちゃんを助けたかった。

悩みを解決し、大勢のファンにあの笑顔を届けて欲しいのは誰しもが願う所。

最初歌鈴ちゃんは中々承知しなかったが

やがてリハーサルという名目でこっそりと手伝わせてもらう事にした。

「……それで歌鈴ちゃん、何か儀式の手順を書いた紙とかないかな?」

「それなら舞殿に保管しています」

途中向こうから何度か転ぶ音を立てて、彼女は桐箱を運んできた。

その中には辛うじて読める達筆な文字と共に挿し絵が描かれている巻物があった。



5: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 05:45:32.94 ID:3YPyFf690

それを見たとき、我々は目が点になった。

白装束をきた男の前で巫女とおぼしき女性が半裸となって勃起を握って愛撫している図

更にそれを咥えている図、垂れた男の睾丸を巫女が後ろから口に含んでいる図……

まるで江戸時代の枕絵のような男女の痴態が順に描かれていた。

「あの……っ、こ、これは……本当に儀式の……!?」

「はい、道明寺家では年頃になるとこの儀式を神様に捧げるんです。
 私のお母さんも、お婆さんも、皆、そうしてきました……」

「たたたたたた隊長ぉ……ッッッッ!」

普段寡黙な会員ナンバー2がうわずった声で俺に囁いた。

「こっ……! これはひょっとしてっ
 カルト宗教に存在するという『淫儀』では……!」

「隊長、俺はこんな事を歌鈴ちゃんにさせるのは反対です!」

周りにいた隊員も口々に自分の意見を言った。

清らかな処女アイドルたる歌鈴ちゃんを今まで守ってきた我々には

多かれ少なかれ父性に近い感情がある。

ましてや巫女でもある彼女の処女性は永久不可侵的なものとみなされていて

その体を穢すなどという想いなど抱くのも畏れ多いと考える隊員も多い。

事実、そんな旧家の淫らなしきたりに応じる必要はない

今すぐ縁を切ってしまうべきだという極論まで彼らの口から飛び出てきた。



6: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 05:46:03.59 ID:3YPyFf690

「――狼狽えるなッッ!」

一喝した俺は一拍置いて続けた。傍にはまだ歌鈴ちゃんがいる。

彼女が勇気を出して告白してくれたというのに、我々が無様に動揺してどうするのだ。

とりあえず一度彼女にその場から離れてもらい、メンバーだけで話し合う事にした。

「……よく聞くんだ、皆。我々の使命は何だ?
 歌鈴ちゃんの悩みを解決し、笑顔と元気を戻す事ではないか」

「……ですが、隊長! それでは!」

「聞け! ……歌鈴ちゃんはこの儀式についての悩みを、他ならぬ我々に打ち明けてくれた。
 血の繋がった家族にも、同性のプロデューサーにも相談出来なかった事を、だ。
 一人のファンとして、これほど名誉な事があるか。
 いいか、歌鈴ちゃんだって我々のように大人になる。
 ……そして、いつしか恋愛し、結婚する事だってあり得る」

仲間の一人が呻いた。

それは美少女アイドルのファンが皆、心のどこかで考えるまいとしてきた現実だ。

「残酷だろうが……ファンの手前、恋愛も出来ずに
 朽ち果てていく女の道もまた、残酷だとは思わないか。
 彼女は他ならぬ我々を、形こそ異なれ、性愛の指南役として選んでくれたのだ」

俺はそう言うと重たい唾を飲み込み、服を脱ぎ捨てた。

不摂生はどしりと突き出た醜い腹肉として現れ、その下には

およそ男女の遊戯に縁も何もなさそうな慎まし過ぎる象徴が、埋もれるように垂れている。

「俺は見ての通りみすぼらしいものしか持ち合わせていない……
 だが、この浅ましい身をあえて晒し、全力で歌鈴ちゃんの踏み台となる!
 そして彼女に自信を持たせて儀式を成功に導く! そうして悩みを解決するつもりだ!」

「た、隊長ぉ……!」

「……歌鈴ちゃんを汚さないため、彼女に故郷を捨てさせ、逃がそうとする皆の気持ちも分かる。
 ……だから俺の決断を異と思うなら……ここで死合おう!」

俺と親衛隊のメンバーはしばらく緊迫した空気の中睨み合っていた。

……だが熱意は通じた。

苦悩とジレンマの末に、一人また一人と彼らはズボンを下げて男のものを晒し始めたのだ。

「皆……!」

「歌鈴ちゃんあってこその親衛隊!」

「歌鈴ちゃんの意志を支えてこその親衛隊!」

「……そうですよね、隊長!」

むわっとする男たちの恥臭が急に濃くなった。



7: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 05:46:41.02 ID:3YPyFf690

   #  #  #

我々親衛隊は歌鈴ちゃんを前にペニスを剥き出しにして整列した。

短小のもの、意外と大きいもの、貧弱そうな見た目のもの、いずれも極度の皮オナによって

勃起しても亀頭の所在が不明なほど包皮を被っている点は同じだった。

美少女アイドルを前に己がモノを見せつける妙なシチュエーションに

使命とは言っても我々はよこしまな劣情を抱えずにはいられなかった。

「うわぁ……すごい臭いですね……これが本当の男の人の
 オチンチンの臭いなんですね……」

歌鈴ちゃんは差し出した我々のを興味深げに見つめて、あの可憐な手で触っていく。

「ふぉおほっ、はわああああっ……!
 歌鈴ちゃんのっ、吐息があっ! 俺のチンポに……!」

「うふぉお……っ!
 あの歌鈴ちゃんが、間近で俺のチンカス臭をクンクンと……!」

「こんなん実質セックスじゃん!」

俺と同様、アイドル趣味以外で女の子と全く縁のない隊員たちは

歌鈴ちゃんの手がペニスに触れるや先端からじんわりと

先走りを漏らし、つつと蜘蛛の糸のように垂らした。




8: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 05:47:10.64 ID:3YPyFf690

「……では、始めますね。まずは『子孫繁栄』の祈願として、皆さんのをお浄めいたします」

歌鈴ちゃんはそう言って「指南書の通りに」細い手で俺のをそっと包み込んだ。

武骨な自分の手でしか快感を得られなかった小さいペニスは

世界で一番好きな女の子の手の中で震えた。

吸い付くような柔らかさ、キメの細かい手肌、そして遠慮がちな力加減。

「ふおおぅぅっっ……! あ、ああっ、歌鈴ちゃん……!」

俺は暴走する興奮を抑えきれないでいた。

もう握られているだけでビクンビクン勝手に脈を打ちまくって膨らんでいく。

しかも雄の身勝手な挙動など知らない歌鈴ちゃんは、上下に手を動かして刺激して来るのだ。

男を知らない美少女の手というものは、これほどまでに甘美なのか……!

「――ううんっ!!」

俺はもう限界だった。

歌鈴ちゃんの儀式の練習だという事も忘れて、昂った性欲を

ビュッビュッビュッとその場で弾けさせてしまったのだ。

射精したザーメンは壁にぶつけた卵のように歌鈴ちゃんの頬に当たると汚らしく飛散した。

「きゃあっ!?」

「ごめん、歌鈴ちゃん! 興奮して、つい……」

謝りつつも俺は、顔射を食らって呆然としている歌鈴ちゃんの顔を見た。

自分が何をし、何が起こり、何をされたのか、把握さえできていない彼女の無垢な様子は

かえってモテない男たちの歪んだ劣情を炎のように煽り立てた。

視線を下方に移すと飛び損ねた精液が鈴口から恨めしそうにぶら下がっていた。




9: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 05:59:21.64 ID:3YPyFf690

「これって、精液……ですか?」

歌鈴ちゃんは人生で初めて見る精液を頬から指で拭い

指にくっついたそれを伸ばしたり、嗅いだりして、興味深そうに観察していた。

その純真な姿を見ていた我々は、もれなく亀頭をパンパンにさせてペニスをひくつかせていた。

「あの……大丈夫ですか?
 こんなのゼリーの混じったようなものをオチンチンから出して……」

「だっ、大丈夫です! 痛いどころか気持ちいいので!」

「ああっ……! か、歌鈴ちゃんっ、俺のチンポでも練習して下さい!」

屹立した包茎ペニスが歌鈴ちゃんの前にグンと寄っていく。

歌鈴ちゃんは笑顔で我々のをぎこちなくしごいて練習した。

俺と一緒で女に免疫のないメンバーたちは

奉仕の温もりに堪えきれず低い奇声を漏らしながら勢い良く射精していった。

しかし、彼女のような美少女アイドルに搾り取られるなら

たとえここで今生分の精液を発射し尽くしても本望と言えるだろう。



10: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 05:59:52.46 ID:3YPyFf690

「ふぅ……皆さん大丈夫ですか?」

歌鈴ちゃんは我々が次々にぶっかけたドルオタザーメンを

顔一杯に浴びながらキョトンとした様子で尋ねた。

ぶっかけ用に加工したお風呂ポスターでしか見れなかった歌鈴ちゃんのそんな姿に

我々の玉工場はもう出したそばから過剰生産しまくっている。

「ハァ……ハァ……歌鈴ちゃんはどう? 自信、ついたかな?」

「我々のチンポ、どんどん使っていいからね……?」

次に始まったのは早漏・遅漏・不能回復に効果のある儀式だという。

絵では男の腰にすがり付き、その男根を頬張っている美女が描かれていた。

俺はザーメン滴るペニスを歌鈴ちゃんに向けながら、期待と劣情で

胸がおかしくなりそうなのを必死に抑えていた。

儀式とはいえ、やる事はフェラチオそのもの。

しかもそれをセックスの知らない美少女アイドル相手にさせるのだからおかしくもなる。

三度転生したってこんな機会は滅多に回ってこないだろう。




11: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:00:27.45 ID:3YPyFf690

「じゃあっ! かみましゅよ……! かみましゅからね!」

歌鈴ちゃんも初めてのおしゃぶりに緊張して噛みまくっている。

嗚呼可愛すぎる……とぼんやりと眺めていたら思いっきり歯を立てられて、悶絶した。

「す、すみませんっ! すみませんっ!」

「ううん……大丈夫だよ、歌鈴ちゃん。一杯練習しようね……」

歯形のついたペニスを擦りながらも、歌鈴ちゃんが口を押さえて

申し訳なさそうに縮こまっているとこの痛みすら福音に思えてくる。

この歯形は、歌鈴ちゃんが俺のチンポを咥えた確かな証なのだから。

「歯を立てないで、口の力を抜いて、唇だけで咥えておしゃぶりするんだよ……?」

エロゲーのフェラ知識しかない俺の言葉に

歌鈴ちゃんは小さくうなづいて、真剣な視線をペニスに向けた。

再び、彼女の可憐な唇が小さなペニスを飲み込む。

ああ……目頭が熱くなるのも止むを得ないだろう。

三十年以上の付き合いになる意気地なしの愚息は

とっくの昔に女の子と触れ合う事を諦めて日陰者に徹していた。

それが今、最高の美少女の初フェラを味わっているのだ。




12: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:01:04.06 ID:3YPyFf690

「ちゅぱ、んっ……んふ……んん……」

俺は宙を両手の平に掴みながら天を仰いで鯉のように口をパクパク開いていた。

局部を食む唇の感触にすっかり蕩けきっている。

こうしていても、信じられない。

あの巫女アイドルの歌鈴ちゃんが、俺のカスチンを優しくおしゃぶりしているのだ!

「ああ、そう、そうだよ……もっと、唾液を出して
 唇で先から根元まで伸ばすようにしごいて……!」

「んう……っ、……ちゅぼ、んうう……んちゅっ、ちゅぷっ……」

俺は歌鈴ちゃんを見下ろした。

両手を根元に添えて、頬を赤らめながらも赤く膨張しきった欲望の権化をすすりしゃぶる

そんな健気な彼女を見て、猛烈に興奮が痴情となって駆け巡った。

「歌鈴ちゃ……っ……も、もぅ出……っっ!」

言い終わらないうちにドッピュウと美少女の口の中に身勝手な射精が起こった。

歌鈴ちゃんはいきなり口内発射されて目を丸くして反射的に頭を引こうとした。

恥ずかしながら俺は自分の快楽を優先し、彼女の頭を抱えながら

涙を滲ませて苦悶するそのおしとやかな口へ、生臭いあの種汁をたっぷり流し込んだのだ。




13: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:01:35.11 ID:3YPyFf690

「けほっ、けほっ……!」

解放された歌鈴ちゃんのむせ込む姿を見た時、これ以上ない罪悪感を覚えた。

儀式を成功させようと頑張る彼女に対して、あまりにも興奮が過ぎた。

「大丈夫、歌鈴ちゃん!? ごめんね、俺も加減が利かなくて……!」

「んん……あの……」

歌鈴ちゃんは口の中を見せてきた。

整った美しい口端に俺の短い縮れ毛が二本くっついて、その喉奥には

黄ばんだザーメンのプールが出来ていた。

「こへ、変な味ですけほ、大丈夫へふか……?」

「だっ、大丈夫です! ただのたんぱく質ですから! むしろ栄養になるかな……なんて……」

すると、俺の目の前で歌鈴ちゃんはあの粘っこいミルクをこくんと喉を鳴らして飲んで見せた。

性知識に乏しい処女巫女の喉を俺のザーメンが犯し、胃へと滑り落ちたかと思うと

出したばかりだというのに再びペニスは血を滾らせてビキビキと頭を持ち上げていく。

「……歌鈴ちゃん、俺のも練習に使ってくださいっ!!」

「俺のも早漏なんですっっ!! 御祈願、お願いしますっっ!!」

巫女さんのナマごっくんを目の当たりにした他の隊員たちは

最早大義もそっちのけに構えたペニスを歌鈴ちゃんの前に差し出した。

歌鈴ちゃんは嬉しそうに皆のペニスを順番におしゃぶりしていく。

当然の事ながら隊員たちは感動にうち震えた。

そして畏れ多くも彼女の無垢な口へと次々ドピュドピュと早漏ミルクをたっぷり奉納した。

彼女は健気にも我々の漏らしたドルオタ汁を嫌がらずに

その都度細い喉をこくこく鳴らして飲んでくれた。




14: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:02:01.44 ID:3YPyFf690

「天使だっっ……歌鈴ちゃんは本当に天使だ……っっ!!」

隊員たちは泣きじゃくりながらも口内発射をしていく。

オナニーでしか満たされなかったペニスの歓喜の声が射精音として部屋に響いた。

実生活では底辺として蔑まれた我々は、彼女によってようやく人間になれた気さえした。

結局、我々はリハーサルと称して歌鈴ちゃんにたっぷりとザーメンシェイクを飲ませてしまった。

仕方がない、彼女の初々しいフェラチオに我慢できるチンポなんてこの世に存在するかも疑わしい。

   #  #  #

次に待っていたのは魂ゆらの儀式というもので、これも子孫繁栄祈願のものらしい。

しかし、その儀式もやはり特殊も特殊で、男の玉袋を咥えておしゃぶりするというものだった。

ともかく俺は仰向けになり、掴んだ両足首を胸の方へと寄せた。

恐ろしく恥ずかしい格好だが、彼女が玉を舐めやすくする方便だ。

玉掬うように両手に乗せて、小さく温かな舌がなぞり這う。



15: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:02:29.74 ID:3YPyFf690

「はふ……はふ……んぅ……ふぅう……んむぅ……」

仰向けの俺は、へその上でペニスをしきりに跳ねさせながら

歌鈴ちゃんの丁寧な玉フェラの性感にどっぷりと溺れていた。

醜く浅ましい姿を好きな異性に晒すというシチュエーションは

羞恥心と共に屈折した快美をも俺に教えてくる。

そしてそれを、男の命そのもので完全な急所である精嚢を

女の子に支配されるという稀有なスリルが後押ししてくる。

潰すも活かすも彼女の気紛れ次第という状況下で受ける、金玉への優しいお口の愛撫。

瑞々しい唇に甘噛みされる興奮。

口の中で舌につつかれ、楽しく転がる双玉。

そして、息苦しそうに鼻息を大きくしつつも、毛だらけの雄袋を頬張る愛らしい巫女神の御姿。

確かにこれは子孫繁栄に効果があるに違いない。

その証拠に、この女性的に悩ましい愛撫を受け続けた俺は

弄ばれた玉が身悶え、ビキビキと過剰量の精子を増殖、増産、増加させ

入りきらんと見るや竿の天辺まで遺伝子汁を充填させていく過程を味わった。



16: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:03:10.29 ID:3YPyFf690

「あっ、あっ……! 歌鈴ちゃん……!
 チンポも、チンポもしごいてっ!」

愛らしい処女神は懇願通り熱い唇で金玉をすっぽりと

咥え込んだまま、ガチガチに屹立したチンポを握った。

乙女の指の輪がシュッシュッシュッシュッとリズミカルに

臨界ペニスを一生懸命に上下にしごき始めた。

処女の口腔で蕩け切った金玉に、精子を抑える力など残る訳がない。

情けない声を隊員の前で漏らしながらも、歌鈴ちゃんの柔らかな手の中で

俺は射精のビートを刻みながら、ビュブッビュブッと爆射した。

こんな贅沢なオナニーなど、生まれて初めて味わった。




17: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:03:36.81 ID:3YPyFf690

「んおおおぅぅ、た、隊長ッッ!
 ヤバいっす! 歌鈴ちゃんのタマフェラ、気持ち良……っ!」

俺以下の隊員は四つん這いになって玉フェラを受けながらしごいてもらった。

要領は得たようだし指南書の通りに練習した方がいいと思ったのだ。

更に言えば自分の金玉を味わう美少女の姿というのは

童貞の我々にとってはあまりにも目に毒だと理解したからなのだ。

出来るだけ射精に耐えて長く練習してもらおうという配慮だったが

彼女の真剣なおしゃぶりを金玉に受けた隊員たちは

上擦ったよがり声を口々に発しながら、白魚のようなあの手の中で次々と果てていった。

神社の板床に我々のザーメンが無駄打ちされ、とろろをぶちまけたようになっていっていく。

恐ろしいまでの精力増進効果を体感した我々は

病みつきになってしまう前に次の儀式に移る事にした。





18: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:04:03.31 ID:3YPyFf690

「あの、次は……痛みを治す儀式なんですけど……」

しかし、果たしてこの古文書に尋常な儀式など載っているのだろうか。

それに応えるように次の儀式もやはり我々の度肝を抜いた。

歌鈴ちゃんは寝転がって巫女の袴をへそまでたくし上げた。

我々の瞳に、一糸纏わぬ女の子の箇所が映り込んできた。

日に当たってない細腰は雪のように白かった。

毛が一本も生えていない無垢然とした恥丘は、突き立ての餅のように柔らかく盛り上がっていた。

あまりに美しく魅力的なそれを前に感嘆を漏らした我々は

互いの荒息が頬がぶつかるくらい歌鈴ちゃんのそこに顔を近づけ、じっくりと視姦した。

巫女さん、というか歌鈴ちゃんが度々穿いていないというウワサは聞いた事がある。

そのウワサの真偽がこれでようやく判明した訳だ。

「あの……ここに、皆さんの指を入れて、祈るんです……」

「かっ、歌鈴ちゃん……!」

隊員のナンバー4が興奮の抑えきれぬ声で彼女に告げた。

「緊張して、濡れてないよ。これじゃあ怪我をする」

「ええ、どうしよう……!」

そうだ、女の子は防衛反応として異物を入れられた時に

分泌して膣内を濡らすと唯一の得意教科だった保健体育で聞いた事がある。

長く練習する訳だから濡れているに越した事はない。

そこで、練習を安全に行うべく、まずは歌鈴ちゃんの女の子を

たっぷり濡らしてあげる事が肝要と我々は判断した。




19: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:04:50.41 ID:3YPyFf690

「あはぁ……んうう……はぁあん……♪」

一番手の俺は口を密着させ、ペロペロと舌を乱舞させて歌鈴ちゃんの巫女穴を心行くまで清めた。

初めて嗅ぐ処女の匂いは純童貞の俺をトリップさせるに足る深い薫りだった。

鼻先に当たる慎ましいクリトリス、未発達で短い小陰唇、その門を開いた先にある妖しい桃色の蜜園。

全てが二次元と異なる未知の世界であり、得難い体験だった。

チンポにビンビンと響く薫りに鼻を捕らわれつつも

歌鈴ちゃんが怪我しないようにと心を込めて舌で丁寧に舐めまくる。

「ああんっ……!」

それにしても漏れていくにつれてしきりに頭上から零れてくる歌鈴ちゃんの喘ぎ。

これがまた初々しいながら男の脳髄をアイスのように甘く蕩けさせてくるほど色っぽい。

乙女特有の戸惑いの中に、隠しきれない快感の色が混ざり合っていて、さながら性のラテアートだ。

「あっ……! あっ、あっ、あはぁあ……! ご、ごめぇん……ッ……!」

我々の紡いだ不断の愛撫に堪えかねたのか、歌鈴ちゃんは真っ赤になった顔を

両手で隠しながら、三番手として舐めていた隊員の顔に甘酸っぱい快潮をプシップシッと放った。

その時の隊員ナンバー5のご満悦ぷりときたら、俺たちが思わず殺意を抱いてしまうほどだった。

大好きな天使の潮吹きを顔に受ける機会など果たしてどれほどある?



20: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:05:51.92 ID:3YPyFf690

「……じゃあ、挿入れるね?」

ともあれ充分に濡れた事を確認出来たので改めて指入れの儀式に移る。

俺は人差し指をつぷっとゆっくりまんこに挿入れていく。

未だかつて犯された事のない聖道を天にも昇る心地で開拓していく。

「あ、あのっ、そこで……!」

歌鈴ちゃんは不安に涙を浮かべて身を硬くしている。

彼女の嫌がる事をするのは本懐ではない。

開拓をそこまでにしてゆっくりと指肉を内に外にと動かしていく。

歌鈴ちゃんのナカは本当に温かくて、そのままにしてると指がふやけてしまいそうだった。

四方の肉襞が優しくすがり付いてきて、奥へと引き込もうと蠢く所は別の生き物のようだった。

この狭い穴に突っ込んで思いっきり射精したらどれだけ気持ちいいだろう

と邪な事を考えずにはいられなくなるくらいに。

そんな不埒な葛藤をしている間にも、頑張り屋の歌鈴ちゃんは

練習として両手に隊員二人のチンポを握り、お口でもう一本を頬張って練習に励んだ。

端から見れば美しい巫女さんをキモオタが輪姦しまくっている姿にしか見えないだろう。

「んおおおぅぅ……歌鈴ちゃあんッッ……!!」

我々は丸一日歌鈴ちゃんの口や手にしごかれぬいた。

小さくすぼんだ金玉の中身は、一滴も残さず全て歌鈴ちゃんに捧げた。

彼女は髪、顔、肩、胸、口の中から手のひらに至るまで

我々の熱いザーメンでベトベトになりながらも、儀式の所作を自分のものにした。

やっと彼女の笑みが見れた我々はふらふらになりながら

社務所の風呂場を借りて、体を洗い流してリハーサルを終えた。



21: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:06:34.04 ID:3YPyFf690

   #  #  #

リハーサルがあるという事はすなわち、本番もあるという事だ。

前夜、我々はまた社務所に集められた。そこには厳格な顔つきの神主が既に座っていた。

恐らく、彼が歌鈴ちゃんのお祖父さんだろう。

彼は孫娘の決断と説得に尽力してくれた事を感謝しているようだった。

そして、翌日の儀式のお供として巫女と対になる男性を欲していると言う。

「孫娘がまごつかないよう、心を許している君たちの中から男神の依り代を選んで欲しい」

俺は血闘の起こる予感がした。

つまり、それはあの歌鈴ちゃんともう一度儀式という名目のエッチが出来る、という事だ。

出来る事なら誰だって名乗り出たい。

だが、儀式に出られる依り代は一人までだという。

今まで歌鈴ちゃんを支える仲間として綻びを見せた事のない結束が

歌鈴ちゃんのために壊れはしないかと危惧した。

しかし全員の辞退は出来かねる。

辞退すればお祖父さんは村の男から依り代を選ぶという。

歌鈴ちゃんの緊張も心配だけど、正直彼女の身体を、知らない誰かにもう抱かせたくはない。

彼女の愛撫を受けた我々は今まで以上に彼女へ恋慕の情を募らせていた。




22: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:07:00.65 ID:3YPyFf690

   #  #  #

神主さんに一旦下がってもらった上で、俺は隊員たちと改めて話し合うつもりだった。

歌鈴ちゃんの儀式を成功に導くに相応しい人物は、彼女が心を許したこの六人から選ぶのが妥当だろう。

「――隊長」

中々文句を言い出せずにいる俺の肩に、隊員のナンバー5の手が乗った。

「貴方が行って来て下さい」

「……! 待て、これは君の一存で決める事じゃないんだ」

「ええ。しかし我々親衛隊は全員、隊長を大役に推します!」

俺は瞬きも忘れて他の隊員たちを見た。彼らは互いの顔を見てうなづき合っている。

「いや、待て! これは重要な事なんだ……俺が隊長だからといって忖度も遠慮もしないでくれ!」

儀式であれ、歌鈴ちゃんと添い遂げたいと思わない男性ファンなど果たしているだろうか。

いや、たとえファンクラブ会員でなくとも

あんなに一生懸命で可愛い女の子と睦み合えるのなら誰だって儀式に参加したいと思うはずだ。

「……ここにいる親衛隊の皆全員に等しくチャンスはある。それに……皆も見ただろう。
 俺のは早漏で、大きさもショボい……巫女としての花道に相応しい男とは到底……」

「それこそ関係ありません!」

「この中で隊長が一番歌鈴ちゃんに相応しいと、皆が思ってます!」

隊員たちが次々と口を開いて意見を述べた。

「歌鈴ちゃんの望み、願いを支えるのが親衛隊の務め……
 隊長のあの言葉で、我々は気づかされたんです……。
 歌鈴ちゃんは一生清らかであるべきという勝手なエゴを、我々は彼女に押し付ける所でした」

「我々の存在意義、それは歌鈴ちゃんをサポートする事であり
 自らの求める偶像の型に彼女を無理やり押し込む事ではない」

「歌鈴ちゃんの意見を尊重するという我々の原点を
 恥を忍んで自らの身体を晒して示してくれた……
 我々の中でもっとも儀式に相応しい相手は、隊長です!」

「……お前たち! ……承知した、歌鈴ちゃん親衛隊隊長として
 俺はこの儀式を成功に導き、あの彼女の笑顔を再び取り戻す事を――ここに約束する!」



23: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:07:53.28 ID:3YPyFf690

   #  #  #

月夜の下に胡蝶の如く舞っていた白袖がゆっくりとその羽根を下ろし、神への奉舞は区切りを迎えた。

それを合図として、装束に身を包んだ俺は舞台へと震える足を踏み出していく。

――舞殿の中央にて、歌鈴ちゃんは待っていた。

紅白を基調とした巫女服のためか清麗たる雰囲気に包まれていて、まさに天に仕える乙女の印象を受ける。

中央にて向かい合うと、彼女は足音もない静かな動きで俺の体に密着してきた。

乙女の祈りに応えた男神が天より降り立ち、大地に恵みをもたらす。

確かこの儀式はそういった意味合いが込められていた。

愛しげに唇を食んでくる歌鈴ちゃん……。

そのキスの洗礼を受けて情けなくも俺は頭が真っ白になってしまった。

異性にモテた試しなどなく、それどころかずっと不登校だった俺に、人並みの恋愛など夢のまた夢だった。

そんな俺に人を好きになる事を教えてくれたのが、歌鈴ちゃんだ。

そして今、その彼女からこんなにも優しいキスをされている!

分かっている、これは所詮儀式の一貫だ。

歌鈴ちゃんは真面目に取り組んでいるだけで、このキスには

恋愛感情など全くないという事ぐらい分かっている。

だが、この唇の瑞々しさ、いとおしさ!

渇いた喉に滴り落ちる果汁のように甘く切ない味は、どんな果実酒よりも俺を深く酩酊させてくる。

多幸感に足裏が浮くような心地のまま、儀式はゆっくりと進行していった。

そう、儀式だ。ここに登ったからには儀式は成功させる。俺は気を引き締め直し、彼女の腰を抱いた。



24: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:09:06.51 ID:3YPyFf690

「んっ……♪」

袴の中へと手を潜り込ませると、すべすべした太股に触れた。

その柔らかな内肉にゆっくり沿わせていき、歌鈴ちゃんの脚の間へと手を向かわせる。

緊張ゆえかそれとも事前に一人で練習でもしていたのか、そこはほのかに温かく露を帯びていた。

男神は乙女に田畑の具合は如何と尋ね、乙女は

男神の助力さえあればここは輝く稲穂が実りましょうと応える。

そんな神話伝承のワンシーンを我々は再現していくのだ。

「はぁあっ……っ……んっ……んぁ……♪」

袴の中で俺の指は既に、歌鈴ちゃんの女の子を幾度となく慰めていた。

膣道はあの匂いが込み上げてきそうなくらい熱く濡れていて

指を泳がせているだけで溶けてなくなりそうだった。

おまけに彼女は悩ましい吐息をそっと漏らしながら

俺の袴の盛り上がりをしきりに擦り上げていくのだ。

「歌鈴ちゃん……そろそろ次に……」

この手コキで徒に射精するのはまずいと感じた俺は少し早めに互いの手淫を切り上げた。

歌鈴ちゃんはしずしずと俺の袴を解いた。

あらわになった慎ましい愚息に両手を添えた彼女は、先走りによる臭気に嫌な顔一つせず口に収めた。



25: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:10:42.38 ID:3YPyFf690

「んぽっ……んふ、ん、……ちゅぷっ……ちゅぼ……♪」

歌鈴ちゃんは俺の腰に腕を絡ませ、膝をついた。

そのままやると絶対転けるためそうするように打ち合わせておいたのだ。

リズミカルで唾液たっぷりのフェラチオは練習の成果を存分に伝えてきた。

問題は俺の方だ。

雅楽を演奏する人間は舞殿の奥で厳かな調べを奏でている。

衆人環視という異様なシチュエーションの中

キスと手マンで盛り上がった肉欲は、彼女の口内で早くも白旗を振って悲鳴を上げている。

一分と立たないうちに昇天しかねない事態だ。

俺は両足を踏ん張って堪えていたが、ちらっと

歌鈴ちゃんの一生懸命おしゃぶりをする顔を一瞬見てしまった。

振りまくったコーラのように内から込み上げる性欲、淫欲、肉欲の咆哮。

……もう遅かった。やはり早漏は早漏でしかないのか。

ブルルと震えた俺は、歌鈴ちゃんの口にどぷどぷんとまたも無遠慮なザーメンを先走らせた。

出したからと言って神儀を切り上げる事は出来ない。

キスの時と比べても早すぎるからだ。

射精から来る多幸感でくらくらする頭に、重たい雅楽の調べが絡み付く。

舌で歌鈴ちゃんがペロペロと二回、未だに噴き出る鈴口に意味深な舐め方をした。

目をやると歌鈴ちゃんは少し涙目になりながら頭を軽く縦に振って俺を見ている。




26: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:11:39.01 ID:3YPyFf690

――大丈夫。

そんな彼女の言葉が聞こえてきた。

彼女は蹲踞の姿勢になり、嫌な顔一つせずフェラチオを続けた。

苦くて臭いはずのそれを一生懸命喉に流し込んで

力の抜ける男の腰を抱き支えたまま、しゃぶりすがっている。

男神をもてなし、凶作を訴える神乙女の場面を彼女は必死に演じていた。

歌鈴ちゃんの儀式を成功させる礎になる、そんな使命を俺は思い出している。

俺の身体はもう俺だけのものではない。仲間たちの意志を背負っているんだ。

「じゅぽぉ、ぢゅばっ、むちゅるるる……」

一度射精したペニスは不断のフェラチオで快感を抑えきれず止めどなく溢れ出る。

気が付くと歌鈴ちゃんが咥えている間、実に三発も早漏汁を出してしまった。

ザーメンをしこたま喉に受けた彼女だったが、儀式の事は忘れていない。

震えるその手をやや萎えたペニスに導き優しくしごいてもらった。

乙女の手厚いもてなしに気を良くした男神が、慈雨を降らせて田畑を蘇らせるシーンだ。

多少余裕も出来た。ザーメンの滑りが程よいローションになり、ペニスはすぐに復活した。

早漏だがリカバリーの早さなら自信がある。

彼女の手の中で脈が段々と強く大きくなっていく。

先っぽも空気を入れたようにパンパンに膨らみきっていた。

歌鈴ちゃんの指穴の締まりに悶えながらも、腰を浮かして構える。

慈雨を旱地へと降らせる場面――俺は下腹に力を込めてビュッビュッビュルルルンッッ、と強かに豪射した。

舞殿の真ん中に我々はいたのだが、発射したザーメンは廊下の中程までビュンッと一気に飛んだ。

演奏している人たちも驚いたのか、一瞬調べが滞ったかのように聴こえた。



27: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:12:43.13 ID:3YPyFf690

   #  #  #

「はふ、はふ……♪」

床に四つん這いになった俺の股間に、歌鈴ちゃんは顔を埋め、丹念に玉袋を頬張って舐め慰める。

慈雨を降らせた男神はその後自ら牛の姿になって、乙女と共に種を撒きつつ田畑を耕したそうだ。

つまりこの恥ずかしい、四つん這い玉舐めの格好はこの伝承に基づいた儀式らしい。

「はふんっ……んふ、んうう……♪」

毛だらけの玉袋が歌鈴ちゃんの可愛い舌の上をコロコロと転がり

女神の鼻息がそよ風のように肛門を何度も撫でていく。

数日前に俺を虜にしたあの御奉仕が嵐のように俺の被虐癖をくすぐってきた。

舌でペロペロと弄ばれた玉袋は唾液で蕩けてしまいそうになりながら

絞り出すように精子を増産させていく。

逆手に握られたペニスは込み上げてくる精子に充満させながら

女の子の指穴に挟まれ、涎をポタポタと垂らしている。

もっと出せ、早く出せ、と催促するように巫女の手は桃色に膨れたペニスをリズミカルにしごき続けた。

粘りに粘った末、限界を迎えた俺は歌鈴ちゃんの手コキで五回目の射精を迎えた。

ビュッビュッビュ――――ッッ、と床に穴でも開くような勢いの射精音を噴き鳴らした。

しかし夢中な歌鈴ちゃんは射精に気づかずずっと玉をしゃぶり続けていた。

おかげで俺は彼女の舌の操るままに肘と膝に囲まれた床を真っ白に染め上げてしまった。




28: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:23:22.70 ID:3YPyFf690

   #  #  #

幸せながらも強烈な搾精を喰らい続けた俺は、歌鈴ちゃんの助けを借りてふらふらと立ち上がる。

ともかく、儀式は無事に終わったので少し一息ついた。

「隊長さん」

聞こえない程度の小声で耳打ちすると、歌鈴ちゃんは俺に手を添えて舞殿から別の離れへと誘導した。

着いたそこは大体十畳くらいの広さで、空手か何かの道場にも見える殺風景な部屋だった。

そこはよく見ると冷蔵庫とか食事の備えもあり、トイレも部屋の端にあった。

「ここは私の所の神社で一番古い社なんです。儀式は最後ここでやって……それで終わりです」

最後……あの舞殿で行った淫儀が全部じゃなかったのか。

俺は珍奇な儀式に気を取られていて、全体の流れを疎かにしていた事に今更気づいた。

「人世に降りた男の神様は神性を取り戻すまでの三年間
 ここで暮らした後天界に戻られたと言われています。
 だからそれを再現した儀式をして終わりになります」

それでここでは具体的に何をするかと歌鈴ちゃんに聞いた。

彼女が顔を赤らめて言う事には「三年を意味する三日間、ここで男女が昼夜を過ごす」らしい。

あんな儀式を済ませた男女が二人きりで過ごすのだ。何も起きないはずがない。

むしろさっきのように人目のない分、羽目を外しまくる事は大いに考えられた。

「あの……」

歌鈴ちゃんが俺の手を両手で握り締めてきた。

握手会で何度も握ったその小さな手には、感謝の念が籠っていた。



29: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:24:08.65 ID:3YPyFf690

「ありがヅッ!!……~~っっ……!」

「……だ、大丈夫?」

舌を噛んだ歌鈴ちゃんを心配して慰める。

「……うう~……はい。……。あの……ありがとうございます、隊長さん……」

「えっ」

「私、男の人の事全く知らなくて……お爺ちゃんたちにも聞けないし
 プロデューサーさんにも言えなくて……。
 それに好きな子もいないし、でも、近所のおじさんとこうゆう事するのも嫌で……
 それで、親衛隊の人たちなら何とか聞いてくれるかもって思って……」

歌鈴ちゃんは本当に一人で悩んでいたんだ……。

俺は彼女の感謝の言葉を聞いてようやく肩の荷が下りた気がした。

「いや、歌鈴ちゃん親衛隊として当然の事をしたまでです。と、ところで……」

「……?」

「良ければ、あのっ……! もう一度……キス! お願いしますっ……!」

「えっ、良いんですか? 儀式でその……キスしたら
 隊長さん固くなったから……キス、嫌いなのかなって……」

「ぜっ……全然嫌いじゃないですっ!
 むしろもっとしてほしかったくらいで……!」




30: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:24:38.07 ID:3YPyFf690

すると歌鈴ちゃんは強張った表情を崩して微笑んだ。

ああ、これだ……。

苛められ不登校になった後、ただ生かされているだけのニート時代。

夏休みに親戚が遊びに来るというので家を追い出された俺は、路上で彼女を見た。

一人か二人、足を止めて遠巻きに見るかどうかという営業を

デビューしたての彼女――道明寺歌鈴は商品名を噛みながら笑顔でやっていた。

緊張してるのか声かけはもうカミカミで、お世辞にも商品名すら覚えてもらえなさそうに思えた。

そんな彼女の健気な姿が何となくほっておけず、俺は思わず女物の香水なのにそれを買った。

その時だ――彼女は精一杯の笑顔を返してくれたのは。

それで元気付けられた俺はアルバイト代を全部歌鈴ちゃんのアルバムやライブに使った。

それでも足りなかったので血尿出しながらも就職活動に努めた。

彼女からもらった力で這い上がれた俺は

第一のファンとして彼女をずっと支えていこうとその時誓ったのである。

   #  #  #



31: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:25:21.20 ID:3YPyFf690

「んっ……」

回想に浸りそうな俺は、首に腕が絡んでいるのに気づいた。

顔が近いと思うよりも早く、あの優しい感触の唇が重なった。

彼女の後頭部を広げた右手で押さえ、唇を尖らせて甘い唾液を何度も啜った。

俺は熱くなる目頭を感じながら、この甘酸っぱい歌鈴ちゃんの唇と唾液を味わった。

「ふふふ、まるで、恋人同士みたいですね……」

唇を離した歌鈴ちゃんが微笑んで囁いた。地に足のついていない心地が続く。

もうこのまま成仏しても良いくらいだ。

「やっぱり、これが一番恥ずかしい、かな……」

歌鈴ちゃんは四つん這いになり、お尻を高くしたまま大きく左右に可憐な花弁を開いた。

そこはもう舐めなくていいくらいに湿っていて、弄る前から濃い匂いを放っている。

「んっ……隊長さんのオチンチンたくさんおしゃぶりしてたら、こうなって……」

キュートとエロスの洪水で溺れそうになりながらも

俺は身体を屈めて後ろから歌鈴ちゃんのヒップに抱きつき、むしゃぶりついた。

今はただ、大好きなアイドルの匂いや味を存分に堪能したい。




32: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:25:54.46 ID:3YPyFf690

「あっ、あぁ……隊長さんの舌、気持ちいいぃ……
 どうしよぉ……来ちゃぅ……、来ちゃいますぅぅ……!」

腰にかぶりついて煩悩の命じるままに舐め清めていると

歌鈴ちゃんのつるつるした巫女穴が悦ぶようにピュッピュッと美味しい潮を漏らした。

どうやら、この娘は我々親衛隊にペロペロされてからクンニで逝きやすくなったのかもしれない。

彼女は少し体勢を崩して横に転がったが、俺は頭を彼女の股に挟ませて執拗に舐め続けた。

彼女も気持ちいいのか、柔らかな太股に俺の頭を挟んで離そうとしない。

「あんっ、また来るぅ……♪」

無理やり歌鈴ちゃんを顔面に跨がらせた俺は、汗の玉を作っている小さな下乳を眺めていた。

彼女は恥ずかしそうにしながらも男の顔上で

お尻を前後に振り乱しながら舌の快感によがりまくる。

俺の顔は気がつくと、鼻から喉仏まで彼女の濃い膣汁にまみれていた。

「……あのっ、お願いが」

胸板の上にお尻を乗っけた歌鈴ちゃんは、荒い呼吸を繰り返しながら見つめている。

彼女は俺の眼前で股を大きく開いて見せた。

舌で蕩けた女の子の花弁を自分の指でくちゅくちゅと弄っている。

あの病みつきになる性臭が一層濃く立ち込めていった。

「……男の人って、舐めるだけじゃガマン出来ないんですよね?
 ……隊長さんのオチンチンを、この奥に……」

味のなくなるまで舐めていたそこは拝みたくなるほど

美しいパールピンクで、未踏の深淵では既に女の匂いが籠っている。

間近で見た俺はもうペニスの竿が滾った精子でパンパンになり、おかしくなりそうだった。

だが果たしてここまでしていいんだろうか?

ここまで来て俺は意気地なさと性欲との板挟みになって

次の行動に移れずただただオロオロとしていた。



33: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:26:31.62 ID:3YPyFf690

「隊長さん……」

桃色の靄のかかった瞳を向けたまま、歌鈴ちゃんは言った。

「覚えていますか……? 初めての営業の日の事なんですけど……香水を紹介していて
 ……でも噛んでばかりで上手くお客さんに興味持ってもらえなくて。
 焦れば焦るほど、ますます言えなくなって……私、どうしようもなかったんです」

「……!」

「ですが隊長さんは、私から女の人用の香水を買ってくれました。
 それがどんなに嬉しかったか……実際、隊長さんがいなくなった後
 私は自信がつき、調子を取り戻して噛まずに営業を続けられました。
 信じられないかもしれませんが、あの後完売したんですよ?
 ……でも完売した事よりもずっと嬉しかったのは、隊長さんの優しさでした。
 あれからずっと小さなライブにも参加してくれて
 私の悩みにも真摯に取り組んでくれて……だから」

上気した可愛い顔をうつむき加減にして、歌鈴ちゃんは言った。

「私、相手が隊長さんになった時……すごく嬉しかったんですよ?
 この気持ちが恋かどうかは分かりません。ですが、隊長さんは私の大切な人です……。
 大切な人だから……一緒に気持ちよくなりたいし、なって欲しいです」

「歌鈴ちゃん……」

「……隊長さんは、私とセックスするの、嫌ですか……?」

――もう限界だった。嫌なわけがないじゃないか!

   #  #  #



34: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:27:08.76 ID:3YPyFf690

「お、俺はっ! 歌鈴ちゃんと……したいっっ!」

やっとそれだけ言うと、経験がないながらも我々は身体を寄せ合った。

硬くなった俺のに彼女が手を添えて、未踏の入り口へと誘う。

脚と脚とを絡み合わせながら、その中へと猛るペニスを滑り込ませた。

敏感な男の突起を彼女の粘膜は温かく迎え入れた。

ふと、眼下の彼女を見た。

彼女はそんなに痛がる素振りを見せていない。

多分俺のが小さいからだろう……それにしても、これは夢なのか?

――初恋のアイドルが、俺を受け入れてるだなんて!

「歌鈴ちゃんっ……! 好きだ、好きだ……っっ!」

女の子の太ももを腕に抱き締めながら、俺はペニスを深く深く打ち込む。

性欲全開のフルピストンと共に、歌鈴ちゃんの女の子が音を立てながら温かな飛沫を溢れ散らす。

獣と化した俺は彼女の小さな体に覆い被さり、込み上げ続ける淫欲のままに彼女を攻め立てた。

柔尻を持ち上げ、爪先を天井に向けた歌鈴ちゃんは

俺の下で切なげな吐息を幾度も漏らして女の悦びを訴えている。

全然奥には届いてないし、スタイリッシュな体位でも、腰の動きでもなかった。

だが、確かに我々は幸せだった。

人を愛し人に愛され、互いに愛を交わし合う事の素晴らしさを噛み締めながら

ゆっくりと昂りを絡ませ、登り詰めていく。



35: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:27:46.27 ID:3YPyFf690

「んおおおぅぅ……! 歌鈴ちゃん、出る、出るぅ……!」

「あんっ……! 出してぇ……!! そのまま私に……して下さ……っ!」

――ビュブッビュブッ、ビュッビブリュルルルルッッ!!

勢い良く歌鈴ちゃんの中で脈を刻みながら熱いザーメンが発射されていく。

粘っこい精子が尿道を焼きながら噴き出ていく度に、高揚感は際限なく膨張していった。

あの可愛い歌鈴ちゃんに、憧れのアイドルに中出ししてる……

俺のナマザーメンが、歌鈴ちゃんの膣内をいっぱい泳いでいる……。

余韻に浸っている間もペニスは力強い脈を打って、ビュルビュルと

次々に濃いザーメンを歌鈴ちゃんに注ぎ込んでいった……。

「気持ち良かったんですね、嬉しいです……♪」

ああ、無垢な歌鈴ちゃんの笑顔が眩しい……住んでいる世界すらも違う俺たちが

こうして繋がった奇跡に、無神論者ではあるが祈りと感謝を捧げたい気分だ。




36: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:28:21.69 ID:3YPyFf690

「あっ、あっ、あはぁ……♪」

巫女服の襟をやや乱暴に左右へ開いた。

ブラジャーすらないその下からは、愛らしい小振りのおっぱいがまろび出る。

初めて見る巫女アイドルのおっぱいは、形の整った非の打ち所のないお碗型だった。

触ると滑るようなキメ細かな若肌と共に、更に美しく輝く可能性すらも感じさせる美肌だ。

「あっ、そ、そんなに吸っちゃ……♪」

恥も外聞も関係なく歌鈴ちゃんのおっぱいに吸い付いた。

選ばれし人間のみが吸えるという生のおっぱいを前に、舌も油の上に立てたかのように滑る、滑る。

胸がきゅっとなるほどに甘く切ない乳首の感触に俺は早くも顔の筋肉を緩めて溺れていた。

倒れそうになる彼女の身体を左手で支えつつ、意地汚い右手は彼女の股下に潜り込んでいる。

お世話になった彼女の穴の中は大分蕩けていた。

先ほど出したばかりのザーメンの温もりがそのまま残っている。

膣内のそれを指に絡め、まんべんなく襞と襞の隙間に塗りつけるように掻き回した。

その間、彼女は細くくびれた柳腰をやらしく左右に捻ってしきりに悶えている。

そう動く度に彼女の入り口はきゅんっと締まり

晒されている胸の膨らみが艶を帯びて隆起を繰り返した。

彼女の切ない吐息を間近で聞き続けていると本当に心がかき乱される。

罪悪感ではない。それも多少はあるだろうが、彼女を弄びたい、攻め立てたい

という獣欲というものが刺激され、ふつふつと湧き起こって来るのだ。




37: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:28:59.43 ID:3YPyFf690

「あんっ、あっ、ああっ……!」

四つん這いにさせた歌鈴ちゃんの後ろに張り付いた俺は

可憐な花弁を開き、その中央へ肉欲を潜り込ませた。

ほとんど抵抗なく根元まで滑るように収まったのを確認すると

彼女の腰を手で押さえながら猛烈にピストンをぶつけた。

生殖本能を剥き出しにして大好きな女の子の身体を

ガツガツと貪る俺は今、男としての生を実感している。

こんな狼のような自分が眠っていたのかと、何より俺自身が驚いている。

汗ばんだ巫女尻はピストンを打ち込まれる度に妖しく波打ち

それに呼応するように彼女の口から堕天使の吐息がしきりに漏れる。

お尻のてっぺんに出来た汗が谷間に沿うように流れ

整った処女肛を舐めながら結合部へと垂れていく。

そんな光景を眺めていると、ふと自分が驚くほど長くピストンを続けていると気づいた。

確かに今日は何度も歌鈴ちゃんで抜いたけど

早漏の俺にはインターバルなんて有ってないものだった。

きっとこれは歌鈴ちゃんの一生懸命な祈願が御利益として現れたに違いない。



38: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:29:29.14 ID:3YPyFf690

「んん……隊長さぁん……♪」

一度燃え上がった肉欲の炎は、繋がっている二人の身体を

丸呑みして燃え盛り、容易には消えそうになかった。

抜く間も惜しいと挿入したまま胡座をかいた俺は、歌鈴ちゃんを後ろから抱き寄せた。

華奢なその身体は腕の中にすっぽりと収まった。

つんと澄まし顔の乳首が目に入ると、両手指でそれをやらしくこねくり回す。

「ああ、そこぉ……♪ そこはぁ……あぁ……っっ♪」

既に唾液で濡れた彼女のそれは、更に男の熱い愛撫を受けて

押し返すように桃色に膨張していく。

蠱惑的なうなじの匂いを嗅ぎ味わいながら、下から激しくピストンのラッシュを浴びせた。

「あはぁ……っっ♪ あぁ……気持ち良いぃ……ですぅ……っ♪」

一回りも歳の離れた冴えない男の腕の中で

巫女服を着乱した美少女は目蓋を伏せがちに歓びを漏らす。

その細背に密着した胸板からは、処女を捧げた彼女の

戸惑いながらも静かに燃える鼓動が伝わってくる。



39: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:30:08.03 ID:3YPyFf690

「最高だ、最高だよ……歌鈴ちゃんっ……! ああっ……! また、出そうだよ!」

搾るように乳首を摘まみ伸ばし、壊れんばかりに美少女の花中を突いて突いて突きまくる。

彼女の吐息はいよいよ荒く切なくなり、もう返事らしい返事すら出来ずにいた。

込み上げてきたザーメンはもう竿内に充ちて今にも破裂せんばかりに発射を心待にしている。

(皆、ありがとう……俺は、俺は……ッッ!)

最早霞のようになった理性で、俺はこの花道を譲ってくれた

隊員全員に尽きない感謝を繰り返していた。

そして彼らの想いも腰に乗せて、彼女の狭く初々しい膣道を愛しまくった。

「あぁ……ダメぇ……♪ やらぁ……あああっ……!」

歌鈴ちゃんは俺の腕の中で弓形になり、身体を痙攣させた。

天を仰いで絶頂する彼女とは逆に、俺は彼女の肩に顔を伏せながら

ブビュッブビュッブビュッ、と汚ならしい射精音と共に濁精を注ぎ込む。

うねり狂う若々しい膣道は俺の小さなペニスを咥えながら奥へと赤ちゃんの素を啜り飲んでいく。

汗ばんだ彼女のおっぱいを鷲掴みして優しく揉み愛でながら、授精の余韻を貪った。

「あぁ……ごめんなさい……隊長さんにおっぱいの先
 弄られて、訳が分からないくらい気持ち良くって……♪」

ぐったりと全身の重みを預けてくる歌鈴ちゃんを姫抱きにしながら、唇を吸った。

互いに渇いた喉を潤すように舌を潜らせて舐め合うと少しホッとした。

「いいよ、歌鈴ちゃん。君が気持ち良さそうにしてくれて、俺も最高に幸せだ……」





40: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:30:39.67 ID:3YPyFf690

   #  #  #

この三日間、俺は昼夜問わず歌鈴ちゃんを求め、抱き

起きている間ずっと不断の精を注ぎ込み続けた。

御手洗いに行く時ですらも離れ難くて、無理やり彼女を説得した上で二人で中へと入る。

「あぁ……隊長さん……恥ずかしいぃ……♪」

細い歌鈴ちゃんの両脚を腕に抱え、チンポをしっかりと挿した状態でオシッコさせた。

宙に固定された彼女は顔を両手で隠している。

しかし尿意は我慢出来ず、最初チョロチョロと垂れていた黄色い放射は

徐々に扇の弧を描いて便器へと飛び込んでいく。

人気アイドルのそんな様子を見たらどうなる。

俺は興奮を抑えきれずにビュッビュッと逞しい射精を彼女の中で迎えた。

「あんっ……隊長さん……早く赤ちゃんのオツユ下さい♪
 私のお腹の中に、あの温かいの下さいぃ……♪」

仰向けになった俺の上で歌鈴ちゃんは腰を激しく奮っている。

巫女としての責任からか長時間のセックス漬けからか

あるいは元々エッチが大好きな素質があったのか

彼女は箍が外れたように腰を振り、チンポを搾り取って来ている。

ピチピチとしたすべらかな肌に美しい玉汗を滲ませる美少女を

ローアングルから見上げられる幸せを密かに噛み締める。

それに応えるようにして小兵ながら腹筋に力を込めて下からズボズボと突き上げる。

推しのアイドルからエッチなおねだりを受けておいて、応えない道理はない。

発育途上だが瑞々しい弾力に満ちたおっぱいを、捏ねるように揉み上げる。

反時計回りに動かすと、撹拌された膣道からぬるりとした快楽の混合液がぶぢゅっと溢れた。




41: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:31:10.91 ID:3YPyFf690

「歌鈴ちゃ……!」

「んっ……♪ きてぇ……隊長さぁん……♪」

両指の交差する恋人握りをしながら上体を起こした俺たちは、ディープキスを交わし合う。

舌が蛇の如く絡み合う度に結合部にもその興奮が伝わり

恥汁の撹拌音も一層大きく響いて漏れ出てくる。

込み上げてくる射精欲を抑え込みながら腰をバウンドさせて

ここを先途とばかりに激しくラッシュを繰り出す。

ここにいない隊員の精子の分までピストンに乗せ、歌鈴ちゃんの膣内に魂を奉納するのだ。

「んうう……♪ んふ、ん……♪」

しっかりと繋がったまま昇り詰めた俺たちは、濃厚なザーメンの爆射を他所にキスを続けた。

我慢に我慢を重ねたペニスは、歌鈴ちゃんの膣内を

真っ白に染め上げながら頭を振り乱して荒れ狂う。

力強い律動を繰り返すペニスを彼女の巫女穴は

しっかりと咥え込んで美味しそうにうねり啜った。

熱いザーメンを膣内に吐き出し切った俺はブルルと震えながら

暖を取るように歌鈴ちゃんの唇を吸った。

その時少し唇を離して呟いた彼女の言葉が、俺を一瞬にして火照らせたのを覚えている。

「んっ……♪ 隊長さんの赤ちゃん、出来ちゃいそう……♪」




42: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:31:48.77 ID:3YPyFf690

夢のような三日間の儀式だった。

二日目にして互いの身体を貪り尽くした俺たちは、最後の一日だけ、ただ身体を密着させて眠った。

「ねぇ、歌鈴ちゃん……ここで歌ってくれない?」

この申し出を快く承諾してくれた歌鈴ちゃんは

仰向けになった俺の上に重なったまま、持ち歌を順に歌い始めた。

ライブで何度も聴いた優しくて元気の出る歌、それをこんな天国にもなさそうな特等席で聴けるのだ!

「……ねぇ、隊長さんも、一緒に歌いましょう?」

「……うん!」

正直歌の上手くない俺だったが、歌鈴ちゃんとデュエットで歌っている間ははしゃぎまくりだった。

「いぃーざー♪ 吹かーん♪ 花―ふーぶき♪」

「なーれーば、かくーごーはよいかー♪」

一通り歌った後は脱いだ巫女服を布団代わりにして並んで寝た。

俺は起きている間、彼女のレッスンの事とか

アイドル事務所で出来た友達の話とか何気ない会話ばかりを聞いていた。

意外に思うかもしれないが、三日間の中で

このほとんどセックスしなかった一日が一番好きだった。

   #  #  #

夜遅くまで語り合った俺たちはいつの間にか寝てしまったようで

気がつくと窓からは雀たちのさえずりが聞こえていた。

「ふぁあ~……んん~……おはよぉございまふゅ~……」

少ししてから歌鈴ちゃんが眠たい目蓋を擦りながら起きてきた。

三日間だけのお嫁さんにさよならをしてからはまた、親衛隊隊長とアイドルの関係に戻るのだ。



43: ◆K1k1KYRick 2020/01/01(水) 06:32:49.03 ID:3YPyFf690

以上です


元スレ
SS速報R:【R18モバマス】道明寺歌鈴「三日花嫁」