1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:04:08.44 ID:rFdN2y5u0

ちひろ「おはようございます、早いですね」

P「今が頑張りどきですからね」

ちひろ「調子いいみたいですね期待してますよ」

P「いやいや、俺でなく高峯さんに期待してくださいよ」

ちひろ「プロデューサーには本当に期待してるんですよ?」
ちひろ「彼女の前任者、4人ともリタイヤしましたから」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:09:49.35 ID:rFdN2y5u0

P「ああ…聞いてます、健康上の理由でしたっけ?」

ちひろ「心労みたいですよ、皆そろってのあさんが怖いって…ヘンな話ですよね?」

P「確かにチョット取っ付きにくいけど、怖いってことは無いだろうになぁ」

ちひろ「しかも、そのうち一人は謎の失踪したりして大変だったんですから」
ちひろ「プロデューサーはダウンせず頑張ってくださいよ」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:15:09.03 ID:rFdN2y5u0

P「不安がらせないでくださいよ、それに関係は良好です」

のあ「貴方…ここにいたのね?」

P「あ、おはようございます高峯さん」

のあ「…仕事、今日はどうだったかしら?」

P「ええ、この後すぐにですね」

のあ「…なら早くなさい、さっそく出かけるわ」

P「はい、じゃあ千川さん後ほど」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:18:59.39 ID:rFdN2y5u0


――
―――

ちひろ「今日も仕事は大成功、ますます絶好調ですね」

P「ああ、千川さんありがとうございます、おかげさまで、ですよ」

ちひろ「今日も鬼気迫るステージでしたね」

P「彼女ちょっと人間離れした美貌だから、鬼気迫るって表現ピッタリですね」

ちひろ「何ですか惚気ですかぁ?」

P「違いますよ客観的な意見です」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:20:28.26 ID:rFdN2y5u0

ちひろ「のあさん奈良出身ですよね?」
ちひろ「奈良って鬼伝説がいろいろ残ってるから、彼女の本当に鬼の子孫だったりして?」

P「”おとぎばなし”は現代じゃ通用しないでしょ」

ちひろ「もう、のってくださいよ恥ずかしいじゃないですか」

のあ「…いいかしら?」

ちひろ「あ、のあさんお疲れ様です」

のあ「…彼を少し借りても?」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:21:55.89 ID:rFdN2y5u0

ちひろ「どうぞ、どうぞ、何なら持って帰ってもらっても」

P「千川さァ~ん?」

ちひろ「ふふっ、ごゆっくりどうぞ」

のあ「…悪いわね、時間を取らして」

P「何言ってるんですか、担当ですよいつでも時間くらい」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:24:04.97 ID:rFdN2y5u0

のあ「…確認よ」

P「なんでしょう」

のあ「…単刀直入に聞くわ」

P「はい」

のあ「…貴方は私と居てどうかしら?」

P「どう、と言われても…優秀なアイドルだからありがたいとは思いますけど」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:26:59.41 ID:rFdN2y5u0

のあ「…私の前任者は皆心を病んでしまったわ」

P「そう聞いています」

のあ「…貴方は平気かしら?」

P「まあ割と、今の所はですけど」

のあ「貴方…私と相性がいいわ…」

P「そう…、ですか?」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:30:03.26 ID:rFdN2y5u0

のあ「私の傍にいて、私の空白を…貴方が埋めてくれるかしら?」
のあ「北極星は定点で、旅人を導く…」

P「そう、ですね、俺は…あなたに求められるかぎりは…」

のあ「…そう、良かった…期待しているわ」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:35:25.40 ID:rFdN2y5u0


――
―――

P「失踪した前任者さん見つかったんですか?」

ちひろ「ええ、あまりイイ話ではないですけど」

P「どういうことです?」

ちひろ「遺体で見つかったそうです…」

P「!?」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:38:32.48 ID:rFdN2y5u0

ちひろ「まるで、野生動物にでも襲われたようなヒドイ状態で」

P「そう…ですか…」

ちひろ「どうしました顔色悪いですよ、憔悴してるようにみえます」

P「心配かけてすいません…」

ちひろ「いえ、本当に心配なんですよ何かあったんですか?」

P「高峯さんの前任者と同じ症状って言ったらいいですか」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:42:46.62 ID:rFdN2y5u0

ちひろ「え?なに言ってるんですか、関係は良好と言ったじゃないですか」

P「彼女を少し調べてみました」

ちひろ「プライバシーの侵害ですよ!?」

P「彼女には何の痕跡もなかった」

ちひろ「なにが言いたいんです?」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:46:13.27 ID:rFdN2y5u0

P「いくらなんでも、調べて何もない人間なんていない…」

ちひろ「それは調査がいい加減…」
P「確かな情報です、それなりのお金を掛けましたから」

ちひろ「事務所の仲間でしょう?少しくらい…」

P「彼女の何を知ってます千川さん?何も知らないでしょう、俺も何も知らない」
P「そのクセその彼女に深く関わった人は全て人事不省?」
P「しかもそのうち一人は遺体で発見?アノ人は普通じゃない!」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:50:49.44 ID:rFdN2y5u0

ちひろ「全部プロデューサーさんの想像じゃないですか!」

P「俺は若造じゃない…」

ちひろ「プロデューサーさん…」

P「社長に拾ってもらうまでイロイロやった…それこそココではいえないような危険なことまで」

ちひろ「………」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:54:04.48 ID:rFdN2y5u0

P「だから色んな手合いも見てきた」

P「だけど彼女はソレのどれとも違う…、もっと言うと非人間的な…」

ちひろ「プロデューサーさん…疲れているんですよ」

P「彼女を“怖い”と言った前任者たちの気持ちが、今はわかる」

ちひろ「どういうことですか?」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:58:27.12 ID:rFdN2y5u0

P「人間がいくら野生を失っても、捕食者と絶えず接していて平気でいられるわけはない…」

ちひろ「笑えない冗談ですよ…」

P「本能的な恐怖に晒され続ければ、逃げるか戦うか…」
P「失踪した前任者は…」

ちひろ「もう、この話は止めにしましょ…」

 バタッ!



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 02:03:31.63 ID:rFdN2y5u0

P「千川さんッ!?」

のあ「…楽しいお話の最中、お邪魔かしら?」

P「…いや、ちょうどいいかもしれない」

のあ「………」

P「このタイミングのよさなら、どうせ話の内容も全部把握済みだろ?」

のあ「…そうね」

P「何が目的でアイドルなんてやってる?どうせアンタの情報は全部デタラメだろ?」

のあ「…何を脅えてるのかしら?慌てすぎよ…いつもの貴方では無いわね」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 02:07:14.34 ID:rFdN2y5u0

P「俺は今アンタが怖い、これは理屈じゃないな」

のあ「…貴方は、私と居ても平気と言わなかった?」

P「少し前は…今は違うな」

のあ「…傍に居てくれるという話は嘘だったのかしら?」

P「ハッキリ言わしてもらう、アンタはナンだ?」

のあ「…好奇心は猫を殺すと言うわよね」

P「ああ…」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 02:10:38.53 ID:rFdN2y5u0

のあ「…リップ・ヴァン・ウィンクルというお話を知っているかしら?」

P「浦島太郎だな」

リップ・ヴァン・ウィンクル・・・・・・
彼は山へ狩り出かけます
そこで老人たちに出会います
彼はその老人たちお酒をご馳走になりました
その老人たちとの酒盛りの最中に彼はぐっすり眠ってしまう
目覚めると何十年も時がたってました



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 02:13:41.85 ID:rFdN2y5u0

P「そういう話だったよな…それが今、何の…」

のあ「…戯言よ、…ちなみに彼が飲んでいたお酒の名前知っているかしら?」

P「………後学のために教えてもらえるかな?」

のあ「ラム、コアントロー、それに、レモンジュースを少々」

P「X・・Y・・Z・・・」

のあ「そう・・・・・・これで 終 わ り っ て 酒 よ !」


  ガギンッッ! 



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 02:16:46.88 ID:rFdN2y5u0


――
―――

ちひろ「あ、のあさん、おはようございます」

のあ「…おはよう」

ちひろ「今日のお仕事予定はそこにありますよ」

のあ「…ありがとう、見ておくわ」

ちひろ「まったく、昨日は突然倒れてすいませんでした」

のあ「…いいのよ、問題ないわ」

ちひろ「すいません、あんまりその前後のコトも覚えてなくて…」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 02:19:52.26 ID:rFdN2y5u0

P「しっかりしてくださいよ千川さん、頼りにしてるんですから」

ちひろ「プロデューサーさんこそ、階段から落ちてそんなケガなんて」

P「…ええ、気をつけますね」

千川さんは、何故か記憶があいまいなようだ
もう俺には“高峯のあ”がナニかはどうでもよかった…
彼女の気まぐれで生き長らえただけで十分
被食者は食べられないよう祈るだけだ…


のあ「…これからも傍にいて、私独りでは決して届かなかった高みへ……導きなさい」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 02:22:56.49 ID:rFdN2y5u0

おわりです

支援様、画像様 ありがとうございました
某映画の某シーンをパク…リスペクトして書いて見たかっただけのSSです

のあさんのラブラブSSは誰かに期待


元スレ
モバP「寡黙のアイドル」