1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 22:56:25.19 ID:CgcfwucJ0

伊織「はぁ~!? 何それ私に言ってるの?」

P「そうだよハゲ」

伊織「あんた、そんな事言ってると首にするわよ」

P「クビだぁ? こんな仕事こっちから願い下げだ!」

伊織「な、なによ……ほ、本当にクビするわよ……」

P「だから勝手にしろって言ってんだろ。俺は家に帰る」

伊織「……私の仕事はどうするのよ」

P「一人で行けば? 俺は家帰ってやよいのプロモ見て寝る」

伊織「……」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:00:44.16 ID:CgcfwucJ0

伊織「か、勝手に帰ったら許さないんだから」

P「へー、あっそ、じゃ」

伊織「本当に許さないんだからね。 一生就職できなくなくする事だって出来るのよ」

P「別に」

伊織「えっ?」

P「そうなったらそうなったでやよいの家で居候するわ」

伊織「なに……言ってんのよ……」





6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:04:29.62 ID:CgcfwucJ0

P「何も言ってねえよハゲ」

伊織「ハゲじゃ……ないわよ……」

P「嘘つくなよ禿げてんじゃん。後退してるじゃん」

伊織「違うもん……」

P「まぁ別にお前がハゲてても、ハゲてなくても、もう俺には関係ないんだけどね」

伊織「関係あるでしょ……プロデューサーでしょ、私の……」

P「もう辞めたって言ってんだろーが」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:07:25.49 ID:CgcfwucJ0

P「ほんじゃ、さいなら」

伊織「待ちなさいよ」

P「……」スタスタ

伊織「……待ってよ」

P「……」スタスタ

伊織「……行かないでよ」



伊織「……一人になっちゃうじゃない」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:13:12.28 ID:CgcfwucJ0

春香「み、皆! プ、プロデューサーさんが事務所辞めるって!」

真「えっ」

響「な、何言ってるんだぞ春香。プロデューサーは自分をトップアイドルにするまで自分と頑張るっていってたさー」

春香「けど、昨日事務所に辞表出したって……」

美希「分かったの! ハニーは美希と結婚する為に事務所を去ったの! 名推理!」

雪歩「なんで急に辞めちゃったんですかぁ」

貴音「こんなに急に辞めてしまうからには理由があるのでは?」

美希「分かったの! ハニーは────」

亜美「とりあえず兄ちゃんに直接き→てみようよ→!」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:18:36.09 ID:CgcfwucJ0

やよい「うっうー、電話してもつながらないですー」

春香「きっと何か理由があるはずだよ」

あずさ「昨日って言うと、確か伊織ちゃんと仕事ね」

真美「いおりんが兄ちゃんを怒らしたんじゃない?」

真「あるかも。伊織はいつもプロデューサーにつらく当たってたし」

響「自分、伊織がプロデューサーに殴られてるの見た事あるぞ」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:20:21.71 ID:S0aiHjGri

伊織がPを殴ってんじゃないの?



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:23:35.29 ID:CgcfwucJ0

>>14「伊織がPを殴ってんじゃないの?」

響「あぁ、うん、そうだったさ」

春香「私も伊織がプロデューサーさんをイスにしている所を見た事ある」

真「実は僕も伊織がプロデューサーに足を舐めさせてる所見た事あるんだ」

雪歩「私は伊織ちゃんがプロデューサーの食べ物に───」


――――――

――――

――

「そうか、伊織のせいだ」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:29:50.72 ID:CgcfwucJ0

伊織「……おはよう」

アイドル達「……」

伊織「な、なによ?」

やよい「伊織ちゃん、プロデューサーが事務所辞めちゃったんだよ―」

伊織「そ、そう」

真「伊織、何か知ってるんじゃないの?」

伊織「別に」

美希「ペロッ、これは嘘をついてる味なの!」

春香「本当は昨日、何かあったんゃないの?」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:36:09.10 ID:CgcfwucJ0

伊織「……」

あずさ「黙ってたら何も分からないのよ?」

雪歩「うぅ……何が有ったかしりたいですぅ」

伊織「知らない、知らない、知らない」

貴音「何かあったのなら話してはくれませんか、伊織?」

伊織「私は悪くないもん。全部あいつが悪いのよ!」



美希「響、ミキの事見えてる?」

響「うん、無視されるのってつらいさー」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:41:22.43 ID:CgcfwucJ0

雪歩「やっぱり伊織ちゃんのせいなんだ……」

真美「最悪だよいおりん……兄ちゃんを辞めさせるなんて……」

伊織「ち、違っ」

真「違くなんてないよ! プロデューサーは、プロデューサーは……」


やよい「プロデューサーがいなくなっちゃうの、私イヤですー」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:46:12.79 ID:CgcfwucJ0

春香「もういいよ、それよりどうしたらプロデューサーさんが戻ってきてくれるか考えようよ」

美希「はるかぁ」

貴音「そうですね、今ならまだ戻ってきてくれるかもしれません」

亜美「じゃあ、ど→する? 兄ちゃんの家に突撃しちゃう?」

真美「けど、皆兄ちゃんの家の場所しらないんじゃない?」

「「…………」」

雪歩「あの、私途中までならわかりますぅ」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:51:34.71 ID:CgcfwucJ0

真「さすが雪歩、とりあえずそこまで行ってみよう」

雪歩「えへへ」

亜美「ゆきぴょんのお手柄ですな→」

ゾロゾロ

伊織「……」

春香「プロデューサーさんが戻って来なかったら……伊織の事許さないから」ボソッ

伊織「!?」


春香「ゆっくりゆっくり

生きていることを確かめさせながら

死が近づいていることを認識させるよ。

残酷なほどに 優しく

切り刻む」

伊織「ヒッ」ガクガク



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/24(金) 23:58:07.36 ID:CgcfwucJ0

響「はるかー、早く来ないと置いてくぞ―」

春香「ごめんごめん響ちゃん」

伊織「……」ガクガク ブルブル




雪歩「ここの公園の近くまでは知ってるんだけど、後は分からないの。ゴメンネ」

貴音「雪歩のおかげで、プロデューサーに近づき来ましたよ」

雪歩「えへへ///」


響「なんで雪歩はプロデューサーの家を途中まで知ってるんだ?」

美希「それはきっと、聞かない方がいいと思うの……」





52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:03:01.13 ID:k64LWX2X0

あずさ「けど、ここからどうすればいいのかしら?」

美希「分かったの、この棒の先にハニーはいるの!」

パタン
美希「あっちなの」

→ 壁

「「……」」

響「自分分かってるぞ!美希は皆の気分を盛りあげようとしたんだ」

美希「……うん」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:07:47.36 ID:k64LWX2X0

貴音「手掛かりがないと、どうしようもありませんね」

「「……」」

亜美「う→ん……あれっ?「

真美「どったの亜美?」

やよい「千早さんですー」

真「あれ?千早の家ってこっちだっけ?」

響「確か、もっと遠くだったはずだぞ」

春香「ま さ か」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:14:23.78 ID:k64LWX2X0

真美「あの千早お姉ちゃんが鼻歌歌ってる」

亜美「ご機嫌ですな→」

響「あれ、スーパーの袋だぞ、千早って確か料理は……」

雪歩「苦手って言ってたような」

やよい「?」

真「と、とりあえず後をつけてみようか?」

貴音「そうですね」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:19:37.39 ID:k64LWX2X0

千早「ふーん♪ ふふーん♪ ふーん♪」


響「だ、誰だあれ!? 本当に千早なのか!?」

あずさ「確かに普段の千早ちゃんからは想像できない姿だわ」

伊織「後をついいていかなくていいの?」

亜美「そうだよ→」

真美「おいてかれちゃうよ→」

雪歩「後をつけるのは得意なんだよ真ちゃん」

真「はは」(なんで?)



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:23:12.60 ID:k64LWX2X0

コンコン
千早「もう起きてますか?」

コンコン
千早「……」

コンコン
千早「プロデューサーもう出掛けちゃったんですか?」



美希「ハニーの家の様なの……」

春香「なんで千早ちゃんが知ってるんだろ? なんでだろう?」

やよい「仲良しなんですねー」



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:25:52.32 ID:k64LWX2X0

コンコン
千早「……プロデューサーいるんでしょ?」

コンコン
千早「居留守は止めてくださいよ」

コンコン
千早「別に私は怒らないから出てきてください」

コンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコン


貴音「なにやら様子がおかしいようですね」

あずさ「ちょっと怖いわね~」



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:32:43.40 ID:k64LWX2X0

コンコン
千早「もう、恥ずかしがってるんですか、プロデューサー?」

コンコン
千早「けど、これ買って来たんで良かったら食べてください♪」

ゴソゴソ
千早「どんどん入れますね」

ザラザラザラザラザラ


春香「な、何かをポストから部屋の中にいれてるようだけど……」

伊織「あれは……大豆?」






92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:38:02.20 ID:k64LWX2X0

あずさ「聞いたことがあるわ、大豆の中には確か……」

美希「イソフラボンが入ってるの!」

貴音「いそふらぼん……」

真「確かイソフラボンって胸を大きくする作用が」

やよい「そうなんですかー」




真(良い事を聞いたぞ)



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:44:53.62 ID:k64LWX2X0

やよい「! プロデューサーから電話ですー」

「「!!」」

やよい「もしもし、プロデューサーですかー?」

やよい「はい、……あの、プロデューサーはお仕事辞めちゃうんですか?」

やよい「うぅ……」

春香「ちょっといいかなやよい?」

やよい「春香さん、はい」

春香「プロデューサーさんですか?」



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:49:16.16 ID:k64LWX2X0

春香「はい、はい、できれば皆で話を聞きたいんですけど」

春香「……」

春香「いいんですか! じゃあ今から皆でお家にいきますね」

春香「場所ですか、それなら……えっ」

春香「あぁ、わかりました、じゃあ今から向かいます」

春香「プロデューサーさんの家に来ても良いって」

「「えっ」」

伊織「……」



千早「ふふふ」
ザラザラザラザラザラ



112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 00:56:33.09 ID:k64LWX2X0

春香「じゃあ皆でプロデューサーさんの家向かおっか」

真「場所って」

雪歩「あそこじゃ……」

春香「引っ越したらしいよ、この前」

亜美「じゃあ、あそこは」

真美「誰の……」



千早「ふふふ」
ザラザラザラザラザラ


imas-007545-112
 



120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:01:39.75 ID:k64LWX2X0

コンコン

ガチャ
P「おう、悪かったな、来てもらっちゃって」

春香「皆、心配したんですよ……」

真「そうですよプロデューサー」

雪歩「ひっく……戻ってきてほしいですぅ」

やよい「そうですー一緒にお仕事したいですぅ」

亜美「取りあえず→」

真美「兄ちゃんの家に入ろうよ→」

P「だな」



128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:10:03.43 ID:k64LWX2X0

貴音「台所は……」

あずさ「あらあら、目的が変わっちゃってるわよ貴音ちゃん」

美希「ここがミキの新しいお家なのー」

響「これだけ大きければ、イヌ美達も快適に暮らせそうだぞ」


P「伊織も来たのか……」

伊織「ん……」

P「まぁ、入れよ」

伊織「……うん」



132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:12:49.96 ID:k64LWX2X0

P「じゃあ、まずは何から話そうか……」

あずさ「あっ、私お茶を入れてきます~」

P「あっ、すいません」

雪歩「わ、私も手伝いますぅ」

貴音「私も」




やよい「プロデューサーお仕事辞めちゃうんですか?」

P「やっぱり、その話か……」



135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:17:35.29 ID:k64LWX2X0

真「辞めないで下さいプロデューサー!」

P「うん、えっと、えぇーっと……」




亜美「あっち怪しくない真美隊員?」

真美「探る必要がありますな→」


美希「お部屋いっぱいなの。ミキはこの部屋がいいな~」

響「ならこっちの部屋はブタ太に部屋さ―」



140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:28:19.59 ID:k64LWX2X0

P「実は……」

伊織「ごめんなさい」

春香「ふむ」

伊織「わ、私がいけなかったの……」

伊織「ごめんなさい、プロデューサー」ポロポロ

P「伊織……」

真「伊織……」

やよい「伊織ちゃん」

春香「ほう」

P(言えない、新居に早く行きたいからテキトーに伊織に切れて帰ったなんて言えない……)



147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:36:01.06 ID:k64LWX2X0

P「い、いいんだよ伊織!」

伊織「プロデューサー……」

P「俺は伊織がこんな良い娘に育ってくれて感動した」

春香「そ、それじゃあ事務所に戻ってきてくれるんですか?」

やよい「うっうー」

P「俺も事務所に戻りたい。けど、辞表を出した手前、社長が許してくれるか……」


P(昨日は伊織を泣かして社長に首を宣告されたからな……)

P(うまくいけば事務所に)



150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:39:48.25 ID:k64LWX2X0

真「なら、僕達が皆で社長にお願いします」

P「真は良い娘だな~」ナデナデ

真「んっ、プロデューサー///」

やよい「うぅうー私もお願いしてみますー」

P「やよいも良い子だ」ダキッ

やよい「ふぁ///」

P(ひょひょひょ、このまま全員を陥落させていけば……)



156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:46:35.85 ID:k64LWX2X0

あずさ「あら///」

貴音「らぁめん!」

雪歩「ヒャッ///」

亜美真美「しょうがないっしょ→」

美希「もー未来の旦那さんの為ならしょうがないのー」


春香「……」

伊織「……」



161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:52:56.06 ID:k64LWX2X0

P「伊織!」

伊織「な、何!?」

P「本当は俺は伊織が一番好きだよ」

P「この前はちょっと感情的になったけど」

P「俺はこれからも伊織と一緒に働きたい!」

伊織「も、もう///……分かったわよ///」

P「ありがとう伊織」ギュっ


P(スーハスーハ―、いおりん良い香りやでホンマに)クンカクンカ



164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 01:59:26.84 ID:k64LWX2X0

P「さて後は――――」


P「春香」

春香「はい……」

P「俺は春香の事がこの世で─―――」

春香「私の事が一番好きなんですよね?結婚したい位好きですか?」

P「えっ、ああ、うん……そのくらい好きだ」

春香「分かりました、私も社長に言います」

P「そうか、ありがとう」

春香「はい、けど、さっきの言葉が嘘だったら……

ゆっくりゆっくり

生きていることを確かめさせながら

死が近づいていることを認識させて

残酷なほどに 優しく

切り刻みますから」





178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 02:05:49.04 ID:k64LWX2X0

なお響はトイレに閉じ込められた模様

響「ドアノブがとてちゃったぞー」

響「新しい家だって言ってたじゃないですか―」

響「イヤダ―」




そして千早は豆を詰めた。




元スレ
伊織「さっ、行くわよ」 P「ひとりで行け」