1: 名無しで叶える物語 2020/01/02(木) 18:05:38.41 ID:g3shyiq2.net

正月 秋葉原

花陽「あ、おはようエマちゃん」

エマ「おはよう花陽ちゃん、お待たせ」

花陽「明けましておめでとうございます」

花陽「今年もよろしくお願いします」ペコリ

エマ「明けまして…おめでとう……?」

花陽「日本のお正月にする挨拶だよ」

エマ「へぇ~ニッポンのお正月はこういう挨拶から始まるんだね」

エマ「明けましておめでとうございます、花陽ちゃん」

エマ「今年もよろしくお願いします」ペコリ

エマ「これでいいの、かな?」

花陽「うんうん、バッチリだよ」

エマ「えへへ、なんだかいいね改まって挨拶するのも」

花陽「ちょっと堅苦しいけどこの挨拶しないとお正月って感じがしないよ」

エマ「礼儀正しい日本人らしいね~」



2: 名無しで叶える物語 2020/01/02(木) 18:17:04.77 ID:g3shyiq2.net

花陽「お正月早々呼び出してごめんね」

エマ「ううん、いいんだよ。寮にいても退屈なだけだったから」

エマ「それで、今日はどこに行くんだっけ?」

花陽「穂乃果ちゃんの家で餅つきをやるんだよ。私毎年参加してるんだ」

エマ「そうだ餅つき、お餅って食べた事ないから楽しみだなぁ~」

エマ「あれだよね、お月様でうさぎがぺったんぺったん……」

花陽「そうだけど変わった覚え方してるんだね……」

エマ「かすみちゃんに教えてもらったんだ。月にうさぎがいるなんてすごいよね」

花陽「あはは……そうだね」

エマ「穂乃果ちゃんの家はお餅屋さんなの?」

花陽「お餅も作るけど和菓子がメインなんだよ」

エマ「お~和菓子、私ニッポンのお菓子大好き」

花陽「私も穂乃果ちゃんのお店のおまんじゅう大好き。すっごくおいしんだよ」

エマ「お餅だけじゃなくて和菓子も食べたいね~」

花陽「穂乃果ちゃんにお願いしてみようか」



3: 名無しで叶える物語 2020/01/02(木) 18:30:19.78 ID:g3shyiq2.net

穂むら

花陽「こんにちは」

エマ「お邪魔しま~す」

穂乃果「いらっしゃいませ!!あ、花陽ちゃんエマちゃん。来てくれたんだね」

穂乃果「明けましておめでとう‼今年もよろしくね!!」

エマ「こちらこそよろしくね。今日は餅つき楽しみにして来たよ」

穂乃果「花陽ちゃんはいつも来てくれるんだ。今年はエマちゃんも来てくれて嬉しいよ」

花陽「穂乃果ちゃんの家のお餅食べたら他のお餅じゃ満足出来ないよ」

エマ「へぇ~そんなにおいしいんだ」

穂乃果「つきたてをすぐ食べてもらうからね。自慢じゃないけど他じゃ食べられないよ」

穂乃果「ちょっと待っててね。今準備してくるから」

穂乃果「その間、お茶でも飲んでて」

穂乃果「お母さーん!!穂乃果餅つきの準備するから花陽ちゃん達にお茶出してあげてー!!」バタバタ

エマ「行っちゃった」

花陽「相変わらず忙しいね……」



4: 名無しで叶える物語 2020/01/02(木) 18:42:28.75 ID:g3shyiq2.net

穂乃果母「穂乃果‼走って転ばないでねー‼」

穂乃果母「いらっしゃい。ごめんね忙しい娘で……」

穂乃果母「明けましておめでとうございます」

花陽・エマ「「明けましておめでとうございます」」

穂乃果母「あら、花陽ちゃんは知ってるけどあなたは初めましてかしらね」

エマ「あ、私エマ・ヴェルデと言います。虹ヶ咲学園の3年生です」

穂乃果母「あぁ、穂乃果達と同じスクールアイドルをやっているって言う娘ね」

穂乃果母「あなたみたいな外国の人もいるなんてスクールアイドルも国際的になったわねぇ」

エマ「私、スイスから留学してきたんです。ずっとアイドルに憧れていて」

穂乃果母「スイスから、それはまた遠い所から来てくれたのね」

穂乃果母「今日は餅つき、楽しんでいってね」

穂乃果「これ、うちのおまんじゅう。お茶によく合うから食べてみて」

エマ「うわぁ~かわいい~。いただきま~す」



6: 名無しで叶える物語 2020/01/02(木) 18:55:07.15 ID:g3shyiq2.net

エマ「う~ん、優しい甘さでおいしいねぇ」

花陽「おまんじゅうとお茶は最高の組み合わせだよね~」

エマ「和菓子って色々な種類があるんだね。見てるだけでも楽しいな」

花陽「和菓子はおいしいだけじゃなくて見た目の美しさも大切にされているんだよ」

花陽「それを競うコンテストも開かれるくらい重要視されてるの」

エマ「食べる楽しさと目で見る楽しさがあるんだね、尊い」

エマ「はぁ~おいしかった。ごちそうさまでした」

花陽「穂乃果ちゃん、準備終わったのかな?」

穂乃果「ーふんぬっ‼ぐぐぐ……!!」

穂乃果母「ーちょっと穂乃果、一人じゃ無理よ」

エマ「なんだろう?私達も行ってみよう」

花陽「もしかして穂乃果ちゃん、一人で臼を……?」



7: 名無しで叶える物語 2020/01/02(木) 19:07:33.14 ID:g3shyiq2.net

エマ「よっこいしょ、ここでいいのかな?」ドスッ

穂乃果「うん、ここでOKだよ」

穂乃果「エマちゃんが来てくれて助かったよ~ありがとね」

エマ「これは一人じゃ大変だよ。最初から呼んでくれればよかったのに」

穂乃果「あはは、今度からそうするよ」

エマ「この木の器で餅つきをするの?」

穂乃果「あと花陽ちゃんの持ってる杵を使ってね」

花陽「こ、これもやっぱり重いね……」プルプル

エマ「私の故郷にも木の道具が沢山あってね、なんだか懐かしいなぁ~」

穂乃果「あとはお母さんが餅米持って来てくれるから、そしたら準備完了だよ」

穂乃果「あ、お水も用意しないと」



10: 名無しで叶える物語 2020/01/02(木) 19:17:49.15 ID:g3shyiq2.net

穂乃果母「はい、お待ちどおさま。あとはよろしくね穂乃果」

穂乃果「ありがとうお母さん!!さてと、さっそく始めますか」

エマ「……?」ジーッ

エマ「これ、ご飯?ご飯がお餅になるの?」

穂乃果「これは普通のご飯じゃないんだよ。餅米っていうお餅の元になる物」

花陽「このまま食べてももちろんおいしいけど、杵と臼でつく事でおいしいお餅になるんだよ」

エマ「へぇ~すごいなぁ~」

穂乃果「まず最初に穂乃果がやって見せるからね。花陽ちゃん、お水お願い」

花陽「うん、任せて‼」

穂乃果「よーし、それじゃいっくよ~!!」



11: 名無しで叶える物語 2020/01/02(木) 19:32:38.31 ID:g3shyiq2.net

穂乃果「せーの……よいしょ‼」ペタン

花陽「はいっ」クルッ

穂乃果「よいしょ‼」ペタン

花陽「はいっ」クルッ

穂乃果「よいしょー‼」ペタン

花陽「はいーっ」クルッ

エマ「わぁ、うさぎの餅つきと一緒だ~」

穂乃果「うさぎ?」

花陽「かすみちゃんに教えてもらったみたい。うさぎが月で餅つきをするんだって」

穂乃果「へぇ、なんかかわいいね~」

エマ「二人共息ピッタリだね、花陽ちゃんの手が潰されちゃうのかとドキドキしたよ」

穂乃果「たまにそういう事故もあるみたいだけどね……」

花陽「なんかそう言われたら怖くなってきたよ……」

花陽「穂乃果ちゃん、替わって~」

穂乃果「よし、それじゃ今度はエマちゃんが餅をついてみようか」

エマ「わ~い、やりたいやりたい」ウキウキ

穂乃果「……くれぐれも穂乃果の手はつかないでね」

エマ「気を付けま~す」グッ



12: 名無しで叶える物語 2020/01/02(木) 19:44:09.98 ID:g3shyiq2.net

エマ「いくよ~それっ‼」ペタン

穂乃果「よしきた」クルッ

エマ「えいっ‼」ペタン

穂乃果「ほらきた」クルッ

エマ「そりゃ‼」ペタン

穂乃果「それきた」クルッ

花陽「エマちゃん上手だよ~穂乃果ちゃんと息も合ってる」

エマ「楽しいねぇ~これ」

穂乃果「エマちゃん穂乃果より力があるから餅つきに最適かもね」

エマ「うん、まだまだ出来るよ」

エマ「ところで、穂乃果ちゃんや花陽ちゃんがやっていたのって?」

花陽「つきながらお水で餅を濡らすの。そうしないと杵からお餅が離れなくなっちゃう」

エマ「そういう意味があったんだ、ただつけばいいだけじゃないんだね」

穂乃果「簡単に見えて意外と奥が深いんだよ餅つきは」



13: 名無しで叶える物語 2020/01/02(木) 19:57:13.98 ID:g3shyiq2.net

エマ「とりゃ!!」ペタン

穂乃果「またきた」クルッ

穂乃果「ーうん、だいぶいい感じに出来たきたね。これはもう終りでいいかな」

花陽「エマちゃん、お疲れ様」

エマ「あれ、もう終わり?」

穂乃果「まだ餅米はあるよ。次のをもらってくるね」



花陽「どうだった?餅つき」

エマ「すごく楽しい!!薪割りみたいだね~」

花陽「エマちゃん、薪割りなんてやってたの?」

エマ「スイスで薪は必需品だからね。薪割りは私の仕事だったよ」

花陽「だから杵を軽々と……納得」

「「「こんにちは~」」」

花陽「ん?あなた達は」



14: 名無しで叶える物語 2020/01/02(木) 20:19:25.87 ID:g3shyiq2.net

こころ「花陽さん、明けましておめでとうございます」

ここあ「おめでた!!」

虎太郎「あけおめ~」

花陽「あぁ、こころちゃんにここあちゃんに虎太郎君。明けましておめでとうございます」

花陽「あなた達も餅つきに来たの?」

こころ「はい、お姉様にお話を聞いて」

花陽「にこちゃんは?」

こころ「お母さんと一緒におせちを作っています。邪魔になるので3人で来たんです」

エマ「うわぁ~皆かわいいね~」

ここあ「だ、誰だお姉ちゃん!?」バッ

虎太郎「でか~い」

こころ「こ、こら二人共失礼ですよ!!ごめんなさい私の妹弟が」

エマ「いいよいいよ~私にも妹弟がいるから」

エマ「初めまして、私はエマ・ヴェルデだよ。にこちゃんの妹さん達かな?よろしくね」

こころ「私はこころ、この子はここあ、その子は虎太郎です」

ここあ「お姉ちゃんの友達だったの?よろしくね!!」

虎太郎「ど~も~」

エマ「にこちゃんにこんなかわいい妹弟達がいるなんて知らなかったな~」

エマ(まるで私の妹弟達といるみたい、ふふっ)



15: 名無しで叶える物語 2020/01/02(木) 20:32:39.80 ID:g3shyiq2.net

穂乃果「お待たせ~ーって、あれ?こころちゃん達だ」

こころ「穂乃果さん、明けましておめでとうございます。餅つきをやると聞いてやって来ました」

穂乃果「明けましておめでとう。ちょうどよかった、新しい餅米が準備出来たよ」

ここあ「私やるー!!」

こころ「ここあ一人じゃ無理ですよ」

ここあ「出来るよ‼きね貸して!!」パッ

ここあ「あわ、あわわわ……!!」フラフラ

花陽「あ、危ないよここあちゃん」

エマ「私が手伝ってあげるよ」ギュッ

穂乃果「それじゃこころちゃんは私と一緒にお餅に水をかけてひっくり返そうか」

こころ「は、はい‼」

花陽「虎太郎君は私と見てようね」

虎太郎「たいくつ~」



16: 名無しで叶える物語 2020/01/02(木) 20:46:40.21 ID:g3shyiq2.net

エマ「よーし、いくよ~」

ここあ「そーれ‼」ペタン

穂乃果「今だよこころちゃん」

こころ「そ、それっ」クルッ

エマ「えーい‼」ペタン

穂乃果「どれきた」クルッ

ここあ「そーれ‼」ペタン

こころ「それっ」クルッ

花陽「お姉ちゃん達上手だねぇ」

虎太郎「ま~ま~かな~」

穂乃果「今度は交代してやってみようか」



ここあ「はぁっ……はぁっ……」

こころ「これは結構……疲れますね……」

エマ「二人共お疲れ様、あとは私達がやるから休んでて」

花陽「穂乃果ちゃん、私替わるよ」

穂乃果「お願い、穂乃果もちょっと休憩……」



17: 名無しで叶える物語 2020/01/02(木) 21:01:38.37 ID:g3shyiq2.net

エマ「そ~れ‼」ペタン

花陽「はいっ」クルッ

エマ「よいしょ~」ペタン

花陽「はいっ」クルッ

虎太郎「ぺた~んぺた~ん」

こころ「エマさんすごい体力ですね」

ここあ「ずっとやってるよ、うちのお姉ちゃんだったらすぐバテてるね」

穂乃果「なんだか本当にエマちゃんがうさぎに見えてきたよ」

ここあ「お月様でお餅つくうさぎさん?」

穂乃果「うん、友達にそう教えてもらったんだって」

こころ「エマさんは外国の人ですよね」

穂乃果「スイスから留学してきたんだよ」

ここあ「じゃあエマお姉ちゃんはスイスのうさぎさんだね」

穂乃果「エマちゃん、聞こえた?スイスのうさぎさんだって」

エマ「聞いてたよ~スイスのうさぎさんかぁ」

エマ「私の故郷から見る月でもうさぎがお餅ついてるのかな~」ペタン

花陽「きっとそうだよ。月は世界中から見えるんだから」クルッ

エマ「じゃあ私達の妹弟達にも見えているんだね」ペタン

エマ「故郷に帰ったら皆に餅つき教えてあげよ~」



19: 名無しで叶える物語 2020/01/02(木) 21:18:31.27 ID:g3shyiq2.net

穂乃果「これで餅つきはおしまい。次はこれをちぎって丸めるよ」

花陽「これなら虎太郎君も出来るかな、まだ熱いからヤケドしないようにね」

虎太郎「やっとでばん~」

ここあ「粘土遊びみたいだ。楽しい~」

こころ「幼稚園を思い出しますねこれ」

エマ「お餅ってこんなに柔らかいんだ、面白~い」

花陽「くすっ…エマちゃん、子供みたい。かわいいね」

エマ「えっ?そう?は、恥ずかしいな……」カァァ

穂乃果「いいんだよ、穂乃果も楽しいんだから」

穂乃果「お正月くらい、皆子供になっちゃおうよ」

穂乃果「台所からあんことかお醤油取ってくるから5人で続けててね」

ここあ「はーい!!」

虎太郎「いってら~」



20: 名無しで叶える物語 2020/01/02(木) 21:35:47.78 ID:g3shyiq2.net

穂乃果「お~いっぱい丸められたね。これなら皆お腹いっぱい食べられるよ」

虎太郎「おなかすいた~」

エマ「お餅ってどうやって食べるの?」

花陽「あんこやお醤油をつけて食べるのが普通だけど……」

花陽「まずはそのまま食べてみて、おいしいよ」

ここあ「いただきまーす」パクッ

ここあ「うおー‼伸びる~」ウニョーン

エマ「うわぁ、すごいね~」

エマ「私も、いただきま~す」パクッ

エマ「ん……なにこれ、噛みきれない……」ビョーン

こころ「エマさんのお餅が1番伸びてます」モグモグ

花陽「ゆっくりでいいから、喉に詰まらせないようにね。ーあ~ん」パクッ

花陽「う~ん、餅米のほのかな甘味がたまらな~い」

穂乃果「穂乃果も食べよーっと、あむ…」

穂乃果「ーぐっ!?うむむむむぅ~!!」ドンドン

エマ「穂乃果ちゃん!?大丈夫!?」

花陽「大変!!私お水もらってくる‼」

虎太郎「うま~い」モグモグ



22: 名無しで叶える物語 2020/01/02(木) 21:52:40.84 ID:g3shyiq2.net

穂乃果「……はぁ~死ぬかと思った」

花陽「喉に詰まらせないようにって言ったばかりだったのに」

穂乃果「面目ない……」

エマ「まぁまぁ、無事に済んだんだからよかったじゃない」

エマ「お餅っておいしいね~面白いくらい伸びるし不思議な食べ物だよ」

穂乃果「餅つきも楽しかったでしょ?」

エマ「うん!!虹ヶ咲の皆とやってみたくなったよ」

穂乃果「その時は臼と杵貸してあげるよ」

エマ「ありがとう、よろしくね」

花陽「はぁ~いっぱいお餅食べて幸せ~やっぱり穂乃果ちゃんの家のお餅が1番おいしいね」

穂乃果「まだ残ってるお餅たくさんあるからお土産に持って行きなよ」

こころ「お母さんとお姉様の分貰ってもいいですか?」

穂乃果「もちろん‼にこちゃんとお母さんにも食べさせてあげて」

エマ「私も皆の分貰うね~」

穂乃果「どうぞどうぞ」



24: 名無しで叶える物語 2020/01/02(木) 22:12:04.40 ID:g3shyiq2.net

ここあ「エマお姉ちゃん遊んでー‼」ダキッ

虎太郎「だっこ~」ギュッ

エマ「おっと…うふふっ、いいよ~」ガシッ

エマ「しっかり捕まっててね、飛行機ごっこだ~びゅうーん!!」

ここあ「キャーッ‼」

虎太郎「とんでる~」

こころ「もう、あの子達ったらエマさんにご迷惑を……」

こころ「……」ソワソワ

穂乃果「……ふっ」ニヤリ

穂乃果「こころちゃーん!!」バッ

こころ「きゃあっ!?穂乃果さんなにを」

穂乃果「こころちゃんくらいなら肩車出来ちゃうね~」

穂乃果「どう?高いでしょ?」

こころ「……はい、とても」

こころ「お姉様には肩車なんてお願い出来ないので嬉しいです」

こころ「穂乃果さん、ありがとうございます」



にこ「ーふぇっくし‼」

にこ母「あら、どうしたの?風邪?」

にこ「さぁ?誰か噂してるのかしら?」



ここあ「今度はうさぎさんになってー」

エマ「ぴょんぴょん、ぴょんぴょん。エマうさぎさんだよ~」ピョンピョン

虎太郎「ゆれる~」

花陽「あぁ……癒される空間……」ウットリ



26: 名無しで叶える物語 2020/01/02(木) 22:26:20.45 ID:g3shyiq2.net

こころ「あ、お姉様からメールが」

こころ「おせちが出来上がったみたいです。ここあ、虎太郎、そろそろ帰りますよ」

ここあ「えー?もっとお姉ちゃんと遊びたーい」

虎太郎「あそぶ~」

こころ「わがままを言っちゃいけません。お母さんとお姉様が待っているんですよ」

エマ「こころちゃんの言う通りだよ。またいつでも遊んであげるから今日はもう終わりにしようか」

ここあ「ん~わかったぁ」

虎太郎「しょ~がな~い」

穂乃果「さすがお姉ちゃんだねぇ~」

花陽「エマちゃんの妹弟さん達も皆素直なんだろうな」

エマ「うん、こころちゃん達みたいに皆素直でいい子達だよ」

こころ「穂乃果さん、花陽さん、エマさん、今日はお世話になりました。お土産もありがとうございます」

穂乃果「にこちゃんとお母さんによろしくね」

ここあ「お姉ちゃん達、今日はありがとう!!すっごく楽しかった‼」

エマ「私も楽しかったよ~気を付けてね」

虎太郎「ばいば~い」

花陽「またね、ばいばーい」



27: 名無しで叶える物語 2020/01/02(木) 22:42:31.82 ID:g3shyiq2.net

穂乃果「エマちゃん、花陽ちゃん、今日は来てくれてありがとう」

穂乃果「特にエマちゃんは餅つきにここあちゃん達の相手に色々疲れたでしょ」

エマ「ううん、皆でやった餅つきもここあちゃん達と遊んだのもまるで故郷に里帰りした気分になって楽しかったよ」

エマ「お餅もとてもおいしかったし、大満足だよ~」

花陽「よかった、エマちゃんが喜んでくれて私も嬉しい」

花陽「また、来年も餅つきやろうね」

エマ「うん、こんな楽しい事が毎年出来るなんてニッポンは最高の国だね‼」

穂乃果「いや~それほどでも」

花陽「どうして穂乃果ちゃんが照れるの?」

穂乃果「その、自分の国を誉められたからつい……」

エマ「ふふっ、穂乃果ちゃん面白いね」

エマ(故郷の家族の皆……)

エマ(私は遠く離れたニッポンにいるけれど)

エマ(夜、月を見上げればそこにはきっと)

エマ(ニッポンから見てもスイスから見ても同じように)

エマ(うさぎがお餅をついてるはず)

エマ(そう思うとなんだか離れている気がしないね)

エマ(私、今年もスクールアイドル活動頑張ります‼)



28: 名無しで叶える物語 2020/01/02(木) 22:44:00.53 ID:g3shyiq2.net

長くなりましたがこれで終わりになります。
最後まで読んでくれてありがとうございました。今年もよろしくお願いします。


元スレ
エマ「私はスイスのうさぎさん」