1: 名無しで叶える物語 2020/01/03(金) 19:55:40.74 ID:dIBXi4Hr.net

あなた「ふ、二人とも一体何してるの……?」

かすみ「何って、そんなの決まってるじゃないですかぁ?ベロチューですよぉ、ベロチュー」

あなた「いや、それは見ればわかるんだけど……」

歩夢「そういえば、あなたにはまだ言ってなかったよね」

あなた「?」

歩夢「私とかすみちゃんね、今日から付き合うことになったんだ」

かすみ「えへへっ!ねぇ~♪歩夢先輩っ」ギュッ

歩夢「ねぇ~♪」ギュッ

あなた「え?!あ、歩夢ちゃんとかすみちゃんが??」



2: 名無しで叶える物語 2020/01/03(金) 19:59:44.04 ID:dIBXi4Hr.net

かすみ「先輩、今どんな気持ちですかぁ~?ねぇ!ねぇ!」

あなた「え、えーと……」

歩夢「ふふっ。鳩が豆鉄砲くらったような顔になってるね」

あなた「ごめん。上手く言葉に出来ないけど……」

あなた「二人ともおめでとう!まるで自分の事のように嬉しいよ!」

歩夢「え?」

かすみ「は?」

あなた「前々から思ってたんだ。歩夢ちゃんとかすみちゃんって、凄くお似合いな二人だなって!」



4: 名無しで叶える物語 2020/01/03(金) 20:03:59.85 ID:dIBXi4Hr.net

かすみ「ま、待って下さいよぉ?!先輩!?」ガタッ

あなた「ん?」

かすみ「先輩はそれで本当にいいんですかぁ!」

あなた「どういう事?」

歩夢「つ、付き合っちゃうんだよ!私とかすみちゃんが?」ガタッ

あなた「うん。だって、二人とも両想いなんでしょ?」

かすみ「…………」

歩夢「…………」

あなた「そうだ!せっかくだし、歩夢ちゃんとかすみちゃんの二人でデュエット曲を歌う……のはどうかな!」パァッー



8: 名無しで叶える物語 2020/01/03(金) 20:08:34.81 ID:dIBXi4Hr.net

あなた「それに今ならとっても素敵な歌詞が書けそうな気がしてきた!」

歩夢「あ、あの…………」

かすみ「…………先輩?」

あなた「とりあえず、二人でベロチューしてる所をもう一回見せてよ!」

あゆかす「?!」



歩夢「(ど、どうしようかすみちゃん?!)」ボソッ

かすみ「(むむむ……)」



───────
────




9: 名無しで叶える物語 2020/01/03(金) 20:11:16.68 ID:dIBXi4Hr.net

数日前、あなたちゃんの部屋



かすみ「歩夢先輩」

歩夢「ん?どうしたのかすみちゃん」

かすみ「さっきから難しい顔して何読んでるんですかぁ?」

歩夢「ああ、うん。これは私のお気に入りの少女漫画なんだ」

かすみ「へぇ~。歩夢先輩って、結構そういうの好きなんですかぁ?」

歩夢「今はあんまり読まなくなったけど……でも、昔はよく買ってたかな」

かすみ「ふ~ん」



10: 名無しで叶える物語 2020/01/03(金) 20:14:44.26 ID:dIBXi4Hr.net

かすみ「ちなみにどんな内容なんですか?その少女漫画」

歩夢「これ?う~ん……これはねぇ……」

かすみ「?」

歩夢「二人のヒロインが主人公を巡って取り合いをする話なんだ」

かすみ「…………」

歩夢「一人は主人公の幼馴染で、もう一人は同じ学校に通う後輩の女の子なんだけど────」



かすみ「……ちょっといいですか」

歩夢「あっ、もしかしてかすみちゃんも読んでみたくなった?」



11: 名無しで叶える物語 2020/01/03(金) 20:17:31.85 ID:dIBXi4Hr.net

かすみ「いえ、そうではなくて」

歩夢「?」

かすみ「歩夢先輩、一つ質問してもいいですか?」

歩夢「ん」

かすみ「歩夢先輩って、先輩の事が好きなんですよね?」

歩夢「…………」



歩夢「やっぱり、気づいてたんだね。かすみちゃん」

かすみ「そんなの当たり前ですよぉ。寧ろバレバレなくらいでしたし」



12: 名無しで叶える物語 2020/01/03(金) 20:20:52.07 ID:dIBXi4Hr.net

歩夢「きっと同じなんだよね。かすみちゃんも」

かすみ「…………」

歩夢「だって『好き』って顔にかいてあるもん」

かすみ「かすみん、先輩の好きじゃないですよぉ?」

かすみ「『好き』じゃなくて、『大好き』ですもん」

歩夢「…………」

かすみ「…………」



14: 名無しで叶える物語 2020/01/03(金) 20:24:51.83 ID:dIBXi4Hr.net

かすみん「そこでかすみんから提案があります」

歩夢「……提案?」

かすみん「歩夢先輩はこのままでいいんですか」

歩夢「このままでいい……って?」

かすみ「だーかーら!先輩との関係ですよぉ!」

歩夢「だって、それは私が決める事じゃないと思うから……」

かすみ「ああ~もう!焦れったい!」

歩夢「?」

かすみ「先輩に半ば強制的に選んでもらうんですよぉ!歩夢先輩か、かすみんのいずれかを!」



15: 名無しで叶える物語 2020/01/03(金) 20:27:16.32 ID:dIBXi4Hr.net

かすみ「いいですか、歩夢先輩」

歩夢「は、はい!」

かすみ「このままだと、先輩はどちらを選ぶ事なく、ただ時間だけがいたずらに過ぎていく一方なんです」

歩夢「うん。それなんかわかるかも」

かすみ「だったら選んでもらえばいいんです。無理矢理にでも」

歩夢「でも、どうやって?」

かすみ「ふふん。それはですねぇ……」



かすみ「ベロチューですよぉ!」



17: 名無しで叶える物語 2020/01/03(金) 20:31:21.64 ID:dIBXi4Hr.net

───────
────




かすみ「んぅ…ちゅっ…///」

歩夢「れろっ…んっ……///」

かすみ「ハァハァ…れろぉ…///」

歩夢「ちゅぷっ♡あ~…むっ♡」

かすみ「んっ♡ハァハァ♡ちゅっぱ♡」

歩夢「ちゅっ♡れろれろぉ♡ふっ♡」



18: 名無しで叶える物語 2020/01/03(金) 20:34:29.83 ID:dIBXi4Hr.net

かすみ「あの……歩夢先輩?」

歩夢「んっ♡はむっ♡♡」チュッ

かすみ「んっ…///って、ちょっと落ち着いてくださいよぉ?!///」

歩夢「えっ///」

かすみ「先輩、もういませんよ……」

歩夢「ホントだね……気がつかなかったよ……」

かすみ「なんか『新曲が出来そうだからシャープペンとってくるよ!』とか言って、凄まじい勢いで教室を飛び出していきましたけど」

歩夢「あの子、昔からそういうところあるから」

かすみ「…………」

歩夢「…………」



19: 名無しで叶える物語 2020/01/03(金) 20:38:55.93 ID:dIBXi4Hr.net

かすみ「どうやら作戦は失敗したみたいですねぇ」

歩夢「うん……」

かすみ「かすみんの予定では、追い込まれて焦った先輩をそのまま問いただして」

かすみ「先輩が本当に好きなのは歩夢先輩なのか、それともかすみんなのか。どちらか一方を選んでもらって白黒ハッキリさせるつもりだったんですけどぉ」

歩夢「ふふっ。まさか応援されちゃうなんてね。それもあの子らしいと言えばあの子らしいかも」

かすみ「…………」

歩夢「…………」



かすみ「それより、歩夢先輩……」

歩夢「ん?」

かすみ「その……な、何で急に舌を入れてきたんですか……///」

歩夢「ふぇ///」



22: 名無しで叶える物語 2020/01/03(金) 20:46:55.39 ID:dIBXi4Hr.net

かすみ「別にあそこまでやる必要はありませんでしたし……やってるフリで良かったんですよぉ、フリで」

歩夢「ご、ごめん!なんか突然スイッチ入っちゃって……」

かすみ「いや、別に謝って欲しいわけじゃ…ないんですけどねっ……///」

歩夢「だ、だって……!」

かすみ「?」

歩夢「その……キ、キスしてる時のかすみちゃん────」




歩夢「凄く……可愛かったから……///」ドキドキ



28: 名無しで叶える物語 2020/01/03(金) 20:52:05.80 ID:dIBXi4Hr.net

かすみ「……///」

歩夢「……///」

かすみ「あ、当たり前じゃないですかぁ!それにかすみんはキスの時だけじゃなくて、常に可愛いですもん!」ドキドキ

歩夢「ふふっ……かすみちゃんらしい答えだね」

かすみ「…/////」

歩夢「…/////」

かすみ「……でも、歩夢先輩も超可愛いかったですよぉ」ギュッ

歩夢「えっ……///」キュン




かすみ「かすみんの次くらいに──」




ちゅっ……んっ…♡



31: 名無しで叶える物語 2020/01/03(金) 20:57:14.59 ID:dIBXi4Hr.net

終わり


元スレ
歩夢「んふっ……れろ…ちゅぱ…///」かすみ「ちゅぱ……はむっ…ちゅっ……///」あなた「?!」