SS速報R:【デレマス】小さな勇気。頑張れ狂える雷神
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1577933903/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/02(木) 11:58:23.95 ID:JSFHOQLDO

「あっ、あ、きゃふぁっ!」

ロングの長い髪が俺の逸物が動く度に揺れ、清楚な戸惑いを見せていた表情が艶やかなものに変わっていく

「おらっ!これがいいんだろっ!」

再び奥底まで突くと、快感を得ているのか、さらに喘ぎ声を出す

「ふぁぅ!もっとぉ!下さい……おちんちん下さい!」

嬉しそうに叫ぶ。先に堕とした二人より早いペースで虜になったようだ

「ふぅ、ふぅ、んあぁっ!もっとぉ、もっとぉっ!」

「なら聞かせてやれよ。お前のお仲間に……な」

そう言うと、俺は女を既に横に寝転がっているところまで――――もちろん結合したまま――――運び、足を持ち上げる

「やぁぁ……何を……ふあっ!」

その状態のまま女を二人の正面にやり

「や、やだぁ、見ないで……お願い……見ないでぇぇぇー!」

「美波……さん……」

「あ……凄い……」

息も絶え絶えになりながらも、二人はこの女と俺との結合部から目を離せないでいた

「やだぁ……あっ、ふっ、ふっ、あぁ……」

明らかに先ほどとは違う膣の内部の反応。やはり、この女は見られて興奮しているのか



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/02(木) 12:17:18.73 ID:JSFHOQLDO

ならば……とラストスパートに入ろうとした時だった

「そこまでよ!!」

ホテルのドアが急に開いたと思ったら、小柄の女と蛍光緑の服を着たが入る

「げ、片桐と千川!……ってことは、こいつらは美人局!?」

こいつらは俺が所属する事務所のアイドル部門の女だ……何をしているかは知らんが、こうやって俺が食べている最中に乗り込んで

「ちょっと待った。あなたねぇ……モデル部門だからって、その悪業は知られてるのよ!」



紹介が遅れたな。俺はP。346プロの割と有名なモデルだ。おかげで、女はあちらからわんさとやってくるから、つまみ食いしまくっていたら謹慎処分を受けたわけだ

で、謹慎の最中にこうやってアイドル部門のJDを捕まえてやっていたんだが……これだよ

「ちょっと!聞いてるの!?」

そうやってヒステリックな片桐を指で指示して、千川が近づく

「さて……今回の件で、あなたのマネージャーはお怒りです」

「さぁな。もう首なんだろ。勝手にするさ」

「いえいえ……あなたには利用価値がありますので」



「慰謝料をすべてウチで負担しますから」

「アイドル部門のプロデューサーをやって……いえ」

「やれ」



3: L.M.B.Gからハイファイメンバーを除いたメンツです 2020/01/02(木) 12:22:47.15 ID:JSFHOQLDO

こうして俺のプロデューサーとしての日々が始まったが……

「ちょっと!次の仕事こそパパに自慢できる仕事でしょうね!」

「チカ、魔法少女のお仕事をしてみたいなぁ」

「プロデューサー、サッカーしようぜ」

「ふわぁ~……お昼ねぇ~……」

「小春も眠くなってきちゃいました~」

「だ、ダメだよ、寝ちゃあ」



どうしてこうなった



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/02(木) 23:40:35.41 ID:JSFHOQLDO

こいつらはウチの幼少組ユニット、L.M.B.Gのメンバーなんだが……

いわゆるメンバーの中でもイマイチ「売れない」派である

実際、「売れている」方の佐々木千枝、橘ありす、櫻井桃華、赤城みりあ、龍崎薫、市原仁奈、メアリーコクランはここにはいない

で、今いるメンバーの中でも比較的まともな、的場梨沙と結城晴をユニットとして売り出している最中なんだが……

「ただいま……外は……寒いよ……」

何故か、佐城雪美と遊佐こずえが売れて来ている……わからん。ケツも乳もない連中のどこがいいんだ?

「プロデューサー……だっこ……」

「あ、こら。今、書類を書いているから……」

「ダメ……?」

……視線を感じる。だが、無視せねば

「じーっ……」

「じーっ……なのぉ~」

畜生、増えやがった

「じーっ、ですよぉ」



「あーっ、わかったわかった。膝上までだぞ」

本当にこいつらは……今までと全然接していた世代とまったく違うから、どうにも苦手だ



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/03(金) 12:07:16.16 ID:zti2dTJDO

いわゆる幼少組を担当するなら、手を出す心配はない

そう判断したのだろう……たしかにその通りだからシャクにさわる。たまに来る事務員も現役を退いた元プロデューサーという老人だ

「プロデューサー~……そろそろ~…」

おっとそんな時間か。今日はテレビ収録がある。いわゆるお遊戯番組だが、意外に侮れない人気……世の中ロリコンだらけということか

「それじゃあ、とときらの収録に行くから準備はいいか?」

「はーい」
「はいっ」
「いいぜ」
「いいよ……」
「ですぅ~」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/03(金) 12:18:05.97 ID:zti2dTJDO

「お……お疲れさま……です」

「お、由愛だけか?」

「は、はい……みんなレッスンが終わって……」

「ん……鍵だけ置いて帰っておけばよかったのに」

「えっと……」

「あー、わかったわかった。家まで送ってやるよ」

「わぁ……えへへ」

この娘は成宮由愛。同じL.M.B.Gのメンバーだが、見た目はともかく気弱でおどおどしている……簡単に言うとおちこぼれ組の一人だ

とうていアイドルに向いているとは思えないが、綺麗系とかわいい系のあいのこでルックスは悪くない

もう少し成長すれば、セクシー路線は無理でも正当派路線で売り込めそうなんで手元に置いているとか何とかと聞いた

「えへ……嬉しいな」

そう言いながら彼女はスケッチブックを開く。何を描いたかは見せてくれたことはないが、いわゆるグリモワールのナントカ的なものだろう



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/03(金) 12:54:09.76 ID:zti2dTJDO

そんなある日のことだった。

「Pさん。こんにちは」

んげ。千川だ……君子危うきに近寄らず

「……何故、逃げる恰好をしているのですか?」

「ナンデモアリマセンヨ」

ちっ、逃げそびれたか……さぁ、どんな難問を言ってくるんだ

「あ、少し時間はあるかしら?たしか、今日はみんなレッスンだけでしたよね?」

逃げる話題すら許されないというわけだな。さすがは346の鬼悪魔ちひろと呼ばれるだけのことはある

「……何か失礼なことを考えていませんか?」

「イイエ、キノセイデスヨ」

「それはそうと、あなたの所の成宮由愛ちゃんですが、変わったところはありませんでしたか?」

「変わったとこ?」

…………そういえば、いつも持っているスケッチブックを持っていなかったな

「実は彼女。今、母親が……仕事ということになってますが、男を作って出ていってしまってるのです」

「え……」

「てことは、父親は……?」

「あら、ご存知なかったのですか?」



「あの子、生まれてすぐに父親が……」



気がつくと、最後まで話を聞かずに走り出していた



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/03(金) 13:36:57.13 ID:zti2dTJDO

それは



『お父さん、お母さんはいつ帰ってくるの?』

『ねぇ……なんで泣いてるの?』



それは



『違うよ!お母さんは帰ってくるよ』

『うっそだー!うちのかーちゃんがそういってたぞ!』

『う……う……』

『あ、ちょっと……おい』

『うわぁぁぁぁんっ!』

『あー、○○がまたPを泣かせた!』



あんな思いを……



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/03(金) 13:52:33.07 ID:zti2dTJDO

俺は部屋の扉を開けるといつものように由愛が一人でいるのを確認すると、早速事情を聞こうとした

「由愛……あ……お母さんが帰ってないって本当か?」

「……っ」

一瞬、ハッとしたような顔をした彼女だったが少しの沈黙のあと、俺の顔を見ながら泣き出した

「ママが……ママが……」

「落ち着け。まず、泣きやんでから話そう。まず座ろうか」

そう言いながら、震えている肩を抱きながらソファへ誘導する

やがて落ち着いたのか、ポツリポツリと話し出す

「あ、新しい恋人が出来た……と思います」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/03(金) 14:02:42.83 ID:zti2dTJDO

「ママ……パパと別れてから、ずっと夜のお仕事をしてて……よく、歳をごまかして男の人とデートしていたから……」

あー。典型的なパターンだな。だが、ここまで知っているってことは日常にもそういうのが出ているのか

「ママ……いなくなった日に、メールで少し長くなるって……また私のことを秘密にして……」

「あ、あ、大丈夫です。……レッスン費用とかは銀行に送るって書いてあったし、その……私の通帳にも何ヶ月かはお金があるから」

「だから……お、お願いです。アイドル止めて出ていけなんて……その……お願いします」

再び泣き出す彼女。その真剣な眼差しは、アイドルがプロデューサーに首にされようとして哀願している姿そっくり

……ということは、ひょっとして俺が追い出そうと思っているということか

「いや、追い出すだなんて言わない。ただ、由愛が一人で困ってないか心配だから声を……」

「あ……プロデューサーとしてな」

ひょっとしたら中学生ぐらいなら、俺の女癖の噂ぐらいは聞いているかもしれない

そうなら、この状況はそのまま家に連れ込んで狼になって食べてしまうケースそのもの思われると気付き、慌てて訂正した



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/03(金) 14:14:11.24 ID:zti2dTJDO

「ありがとう……ございます」

そう言うと彼女は俺に体を預けた。肩を抱いてやるか迷ったが、こういうときは下心なしでやるべきだと思い、軽く抱いた

「……温かい…です」

ひょっとして拒否反応でも起こされたら……と思ったが、自意識過剰みたいだ。むしろ彼女から頬を胸に寄せてくる

「あ……もしよかったら、夜とか俺のところに来てもいいんだぞ。ほら、みんなして遊びに来てるだろ」

「で、でも……」

まぁ、普通は警戒するだろうな。でも何故か畳み掛けるように言葉を発した

「遠慮するなって。どうせ俺のプライバシーはないも同然だし、遅くなったときとかだけでいいさ」

「それに」

「それに……?」

「もし、一人でいて何かあったらウチの鬼悪魔が何を言い出すかわからん」

もちろん千川のことだ

「あ……ちひろさんのことですね。……い、言い付けますよ」

「そりゃ困ったな」

「ふふふっ……」

ようやく笑ってくれたか……ま、よい兆候としておこう



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/03(金) 14:16:35.02 ID:zti2dTJDO

そう思ってると、彼女は一人で思案して何度か頷いていたと思ったら

「はい……それじゃあ、お願いします……」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/03(金) 14:22:10.18 ID:zti2dTJDO

とりあえず彼女の家で着替え等を取りに行く

俺も手伝うと言い、そのまま入る

「ん……片付いてるね」

「はい。散らかるとすぐに汚れますから……」

そう言いながら色々鞄にいれていく。さすがに下着等はまずいと思い、部屋までは入らなかった

ふと、例のスケッチブックを目にする。興味は湧くがプライベートに立ち入る気はまったくない為、そのままにする

いや待てよ。このまま置いて言っていいのか?……今まで彼女は肌身離さずにいたというのに

そんな疑問が頭に残ったまま、家を去った



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/03(金) 14:26:32.68 ID:zti2dTJDO

「プロデューサーさん……カノジョとかいますか?」

夕飯を食べ、うつらうつらとしてきたので風呂でも沸かそうとした時、聞いてきた

何を言ってるんだとは思いなから、正直に

「今の所は仕事が恋人だからな……」

と半分嘘(そこまでワーカーホリックでない)のいないのは本当の答を出す

「あ……もしよかったら、わ、私がお掃除とか選択をしますので……」

ありがたい申し出だが、さすがに担当アイドル。しかも中学生にやらせる事項ではないだろう

「あ……でも、同じ事務所の佐久間さんや五十嵐さんに……」

……噂は知ってる。担当Pの家にストーカー紛いのことをしでかしているアイドルだな

「それに千枝ちゃんや桃華ちゃんも……」





まて。今、何て??



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/03(金) 14:39:51.36 ID:zti2dTJDO

き、聞き違いじゃないよな?

「え?千枝ちゃんや桃華ちゃんですか?よく、担当のプロデューサーさんのお家や、自宅に招いて夜遅くまで愛し合って……」

ちょっと待て。彼女達は小学生……???

「だから……私も……負けられない……」

そう言うと立ち上がり、スカートのホックを外す。スリップも何も着用していない為、そのまま足元に落ちフリルの可愛いパンツが丸見えになる

さらにブラウスを手早く脱ぐと、何かを俺が言い出す前にブラジャーのみの姿になった

「えへへ……恥ずかしいですね……」

そう顔を真っ赤にしながら言う……膨らみかけの胸を覆うブラジャーに、うっすらとヘアが見える中学生には少し早いローレグのフリルのついたパンツ

恥ずかしさで体温が高いのだろう、体中を真っ赤にしているため、下着の白が映えて見える

「ど、どうですか……私の身体は……」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/03(金) 20:27:38.59 ID:zti2dTJDO

彼女の身体は無駄という物が存在しなかった。スラッとした首筋に肩甲骨。控え目ながらふっくらした胸。ほどよい肉付きのお腹。綺麗に調った三角地帯に太股

すべてが完璧だった。まるで一流モデルが目の前にいる。そんな感覚だった

変態と呼ばれようと、目が離せるものじゃない。ロリコン呼ばわりされようと、この艶めかしさは逃がしたくない

まるで少年のころの初恋に似たような胸が締め付けられるほど、自分が興奮するなんて夢にも思わなかった

こんなのが目の前にあるなら……そう思うと、気がつかぬうちに彼女の身体を抱きしめていた

「あ……」

「すまん……イヤだったらすぐに……」

「いえ……」

そう言いながら彼女……由愛は目を閉じ

「あ……んんっ……」

キスをかわす

「んっ、んんっ、ふぁっ……プロデューサーさん――んっ、あぁっ、はぁ……」

「Pでいいよ」

俺が一度、唇を離すと由愛は顔を赤くしながら



ニヤリと笑ったような気がした

「Pさん……はぁ、はっ……んんっ」

しかし、由愛が口の中へ下を絡めてきたことで、そんな些細なことは吹き飛んでしまった



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/03(金) 20:44:12.61 ID:zti2dTJDO

「んっ……ふぅっ、んんっ……んはっ、んん!」

唾液が交じり、お互い味わいつつ、由愛の舌を吸いながらさらに激しくキスをする

「はふぅ、あっ、んっ――んはぁっ、ふぅ……あっ!はぁぁっ!」

キスだけでイカせてしまいそうになり、慌てて口を離す

「はぁはぁ……どうして」

不服そうな由愛をベッドに押し倒す。そして唾液ですっかり濡れたブラジャーを外そうと手をかける

「あ……」

由愛の身体が少し固くなり、緊張しているのが伝わってくる

「恐い?」

「い、いえ……お、男の人に見られるのが初めてで……」

「楽にして……一度息を吸ってごらい」

そう言うと言われた通りに息を吸って深呼吸する。その隙に由愛の背中に手を回しブラのホックを外す

「あ、ん……ど、どうですか?へ、変じゃ……ないですか?」

ふるんっと柔らかな双丘の先に、すでにツンと立っている乳首

恥ずかしいのか真っ赤にした顔とは対象に、やや白い色が印象的だ

「可愛いおっぱいだね。乳首も立ってるよ」

「んんんっ――!」

言葉責めに合い、少し身体を震わせる

白いブラジャーの下に隠れていた乳房は、知っている数字よりやや大きめの胸であった



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/03(金) 23:19:18.96 ID:zti2dTJDO

「綺麗な乳首だね」

そう言うと由愛は恥ずかしそうに顔を背ける

その表情が愛おしくなり、再びキスをする

「んふっ、んっ……あんんっ…」

淡いピンク色の乳首に誘われたかのように、乳房を揉みしだく

「ン……んふぅっ……」

まだ胸を触られただけでは感じるほど経験はないはずだが、雰囲気だろうか艶めかしい声を出す

「ふぁっ……はふぁぁ……」

小さいながらも、手の動きに合わせ形を変える乳房。さらに気持ちよくしようと、先端を擦りだす

「ひぃぅ!んあぅ……はふぅ……やぁ……」

口では嫌がっているものの、身体はグネグネ動かすだけで特に拒否されてないと気付き、さらに力をこめる

「あくぅつ!?はふっ、あっ、はぁっ……ふぁぁっ!」

「だ、ダメ……そこ…ジンジンして……やぁっ!」

指の動きに合わせるように、吐息のような声を漏らす。そんな由愛の反応が可愛くてさらに捻る

「あふぁっ!!あくぅぅぅつ!……やっ、あっ、あっ、あぁぁぁ!」

身体ごと奮え始め、足がガクガクしてへたりそうになる由愛を抱きしめながらラストスパートをかける

「やぁっ!、だ、ダメぇ……っくぅぅ、おねが……んっ、あ、あぁぁ……あァー――――!」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/03(金) 23:32:22.32 ID:zti2dTJDO

「はァ……はぁ、はぁ……」

乳首だけで絶頂を迎えた由愛を寝かせる。人の手でイカされたことで、息も絶え絶えになってしまった

「……ごめんな。由愛が可愛くて」

そう言いながら頭を撫でてやると、恥ずかしがりながらそっぽを向く

「胸……弱いんです……だから……」

そう言いながら……寝転がりながらパンツを脱ぐ

「ココなら……どうぞ」

すでに由愛のソコは、愛液でヌメりテカり、ヴァギナは物欲しそうにひくついていた



「いいの?ここまで来ると、最後まで止まらないよ」

念のため確認しておく。今まで……というより、女子中学生だなんて経験上にない相手だ。おそらく膣内はキツいだろうし、途中で止めてと言われてもおそらく無理だろう

だが

「えと……セックスって、子供なんかどうでもよくなるぐらいキモチイイんですよね?」

胸に刺さる。由愛とて俺に対する批判ではないだろうが、今までの体験上否定しきれないのだろう。だから、曖昧な言葉でにごす

「そうだな……人によるだろうけど、由愛のお母さんはそうだったのかもしれないな」

「なら……私、少しでもママの気持ちになりたい……です」

「だから……最後まで……お願いします」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/03(金) 23:49:27.37 ID:zti2dTJDO

ワレメをなぞるように指を当て、愛液を馴染ませる

「ん……んんっ……」

しっかとシーツを掴み、快楽とも苦痛とも取れる呻き声に似た声を出しながら必死に由愛が我慢している

秘部をなぞり、そのまま指を入れる

「ひ……んはぁぁっ!」

膣の中は思ったより広く、これなら入ると判断し

「じゃあ、入れるよ」

「は、はい……わ、私、セックス……今から……す、するんですよね……」

と俺のモノを当てるとより一層恥ずかしいのか、こちらを見ずに頭だけ頷いているように動いた

そのままの体制――正常位――で、少しずつ入れていく

「……っ!ん、んんっ……あぁ……んっ……」

緊張か、それとも痛みか、違和感に耐えているのか。すっかり言葉少なげになってしまった

「……く……ッ……うぅ……」

やはり入るとは思っても狭い……と思っていた時だった

「うぐっ……くぅ――――ああぁぁぁぅぅっんっ!!」

急にスポっと入ったかと思うと、物凄く安心のある締め付けに襲われる

「は、入った……んです…ね」

「あぁ、痛くはないか?」

「えっと……大丈夫……かな?」

「なら……動いてみるよ」

「え?――っ――あ…ァッ――!!」



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/03(金) 23:54:26.06 ID:zti2dTJDO

「……あぁ、あっ――――!…っぅッ――!」

すごい。はっきり言ってすごい。今まで三桁は経験したが、こんなに気持ちのいいのは始めてだった

これがいわえる「名器」というやつか……と思っている間にも壊れてしまうぐらい腰を降り続け

「あッ!アァ…ッ――――!」

「くっ、で、出るぅ!」

「――――ダ――っ……メぇッ――――――つっ!!」

それは……血管がはち切れそうになった感覚になるぐらい激しいセックスだった



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/04(土) 00:00:06.74 ID:COk2BmTDO

へたれ込む俺とは対象に、由愛の方はまだ元気だった

「ふふっ……これで……」

「あなたが誰のものかカラダがわかったですよね」

え?……どういう……

「そんなに不安になることはないですよ……あなたが惑わされないように」

そう言って手にしたのは


スケッチブック??



「持ち物帳にサインを入れるだけですから……ね」

「絶対に……離しませんよ。今度こそ壊れないように……」





~~~~~~~~~~~~ホワンホワン



23: ◆f1tFKtbZna.K 2020/01/04(土) 00:03:08.84 ID:COk2BmTDO

~~~~~~~~~~~~ホワンホワン

由愛「な、な、な……」

比奈「あー、見ちゃったっスか」

由愛「……ポンッ!」

乃々「あ……壊れましたです」

凪「おやおや、これはどちゃくそえろい本というやつですね。早速勉強せねば」

裕美「こ、恐いけど……」チラッ



奈緒「おい、14歳」



24: ◆f1tFKtbZna.K 2020/01/04(土) 00:12:43.93 ID:COk2BmTDO

奈緒「とりあえず、これが噂の取り憑かれていた時の本というのか……」

比奈「あ、あ……もう自分ではまず描けないから資料として保管してたっスよ」

奈緒「とりあえず廃棄処分で」

比奈「そ、そんなぁ……」

奈緒「なら、今まで締切り前にみんなに手伝ってもらっていたけど、Pさんに頼んで」

比奈「データを入れたUSBっス」ドゲザー

奈緒「よろしい」



奈緒(しかし……なぁ)

奈緒(……いくら予算がかかっているかって、うちのU-14のみんなの18禁同人誌を捌くちひろさんもちひろさんだけど)

奈緒(Pさんはその処分をアタシにやらせるか?)

奈緒(まったく……)



奈緒(今度のデート。高いところを覚悟しとけよ)



~Fin



25: ◆f1tFKtbZna.K 2020/01/04(土) 00:14:54.00 ID:COk2BmTDO

というわけであけおめです

薄い本シリーズも久々の18禁です。ちょいちょいタッチは変えてます(ある本は乃々、この本は凪……みたいに)

では、今年もよろしくお願いいたします


元スレ
SS速報R:【デレマス】小さな勇気。頑張れ狂える雷神