1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/26(木) 17:18:02 ID:HR08YUyQ

*エレアニ、アニエレ?になるかと思います。ネタバレとかあるかも



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/26(木) 17:19:18 ID:HR08YUyQ

アニ「…」ギュウ

エレン「…」ギュウ

アニ「ねえ…」

エレン「なんだよ?」

アニ「私達の関係ってさ…」

エレン「不思議だよな…」

アニ「恋人同士なわけ…?」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/26(木) 17:20:18 ID:HR08YUyQ

エレン「いや違うんじゃねぇか?」

アニ「なんで?」

アニ「まわりには悟られないように会ってるし、抱きしめあってるし、キスするし」

エレン「それ以上させてくれないしな…」

アニ「…」ゲシ

エレン「イテッ!」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/26(木) 17:21:04 ID:HR08YUyQ

エレン「何するんだよ?」イタイナ

アニ「うるさいよ」

アニ「あんたは、クリスタとの仲を恋人って言いたいの?」

エレン「クリスタ?……恋人ってわけでもないと思うけど…」

エレン「前にも言っただろ」

アニ「周囲は付き合ってると思ってるよ」

エレン「そうなのか?」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/26(木) 17:22:35 ID:HR08YUyQ

アニ「そういう声はあると思うよ」

エレン「そっか~」

アニ「…」

アニ「…」スル

エレン「アニ…なんで離れるんだよ?」

アニ「……別に」

エレン「アニ…?」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/26(木) 17:23:53 ID:HR08YUyQ

アニ「…」

エレン「…アニ」グイ

アニ「なにすんのさ…んん!?」

エレン「ん…ちゅう…」チュウ

アニ「ン…チュウ…ん…」

エレン「拗ねるなよ…」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/26(木) 17:27:38 ID:HR08YUyQ

アニ「別に拗ねてなんか…ないよ」

エレン「じゃあまあそういうことにしとくけど…機嫌直ったか?」

アニ「知らないね」

エレン「ははは…」

アニ「笑うんじゃないよ」ゲシ

エレン「だから痛いっての…!」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/26(木) 17:34:56 ID:HR08YUyQ

食堂

ユミル「てめぇ…なんでまた私達の席で飯食ってやがるんだよ?」イライラ

エレン「なんでって…わかるだろ」

ユミル「うるせぇ」

クリスタ「ユミル!…ごめんね?エレン」

エレン「いや、大丈夫だけどさ」

エレン(ユミルは本当にレズかなんかか?)

エレン(それとも親友が心配なだけか?)

クリスタ「スープ冷めちゃうし、食べよっか」

エレン「ああ」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/26(木) 17:36:12 ID:HR08YUyQ

ミカサ「エレン、頬に食べかすがついてる」

ミカサ「とってあげるから動かないで」ヒョイ

アルミン「ミカサ…僕はエレンじゃないよ…」

アルミン「認めたくないのはわかるけどさ…」

ミカサ「エレン、黒髪から金髪に変えたの?それでもあなたには変わりない」

ミカサ「ので問題ない…」

アルミン「…」(ミカサが変になってる…)



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/26(木) 17:37:40 ID:HR08YUyQ

アニ「…」パクパク

ミーナ「ねえねえアニ~」

アニ「どうしたんだい?」

ミーナ「クリスタの席だけど…」

アニ「うん…なに?」

ミーナ「あの二人ってアヤシイよね~」ニヤニヤ

アニ「まったくあんたは…そういうの大好きだね」

ミーナ「アニだって見てたじゃない」

アニ「…」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/26(木) 17:43:59 ID:HR08YUyQ

ハンナ「ねね、フランツ」

フランツ「なんだいハンナ?」

ハンナ「エレンとクリスタの二人…付き合ってると思う?」

フランツ「どうだろう…最近一緒にご飯食べるようになったんだよね」



ハンナ「元々あんまり話してなかった印象があるんだけど…」

フランツ「うん。きっかけは馬術訓練だろうね」

ハンナ「ああ…あの…」

ハンナ「興奮した馬にぶつかられるところを、エレンが身を挺して守ったんだっけ」

フランツ「クリスタからしたら、王子さまのように感じたかもね」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/26(木) 17:44:46 ID:HR08YUyQ

クリスタ「♪~~~」

エレン「楽しそうだなクリスタ。いいことあったか?」

クリスタ「え?なんでもないよ~」(エレンと食べれて嬉しいだけなんだけどね)

ユミル「くそう…なんだってこんな死に急ぎ野郎のこと…」イジイジ



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/26(木) 17:57:09 ID:HR08YUyQ

ガヤガヤ


アニ(付き合ってはないんだよね…)

アニ(影で会ったりしてるのは私だしね…)



回想~


アニ「ねえ…あんたさ…」

エレン「なんだ?」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/26(木) 18:00:21 ID:HR08YUyQ

アニ「あんた最近クリスタと仲良いよね」

エレン「そ、そうか?…話す機会は増えたけど…」

アニ「…」

エレン「それがどうかしたのか?」

アニ「さあね…」ダキ

エレン「わっ…なんだよ抱き着いて…」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/26(木) 18:00:59 ID:HR08YUyQ

アニ「こういうことクリスタに内緒でやると楽しくないかい?」

エレン「?どういうことだよ…」

アニ「なんだか悪いことしてるような感じしない?」

エレン「どうだろうな…」

エレン「クリスタとは付き合ってるわけでもないし…」

アニ「…」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/26(木) 18:02:32 ID:HR08YUyQ

エレン「でも俺たちって、特に噂とかもたたないよな」

アニ「格闘訓練一緒にやってる仲間くらいに思われてるだけだろうね」

エレン「みんなに隠れて抱き合うとかは楽しいかもな…」

エレン「教官に内緒で食糧盗んでるサシャの心境かも」

アニ「なるほどね」クス

アニ「じゃあ、時々やらないかい?」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/26(木) 18:06:19 ID:HR08YUyQ

エレン「こういうことをか?」

アニ「小屋の裏とか、林のそばとかなら見つからないだろうし」

エレン「そうだな…俺は構わないぜ…」

アニ「あんた女の身体に興味はないの?」

エレン「ないわけないだろ…」

エレン「特にアニはスタイル良いと思うし…」(特に胸とか尻とか…)

アニ「嬉しいこと言ってくれるね…」(やっと乙女扱いされたってところかな)


回想おわり~



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/26(木) 18:10:43 ID:HR08YUyQ

アニ「……」

ミーナ「今夜あたりクリスタに根掘り葉掘り聞いてみようかな~」

アニ「本人にかい?」

ミーナ「うん」

アニ「……」

ミーナ「アニも聞いてみたいと思わない?」

アニ「興味ないけどね」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 21:17:49 ID:yymR61j6

その夜 女子寮


クリスタ「えっ…!エレンとの関係?」

ミーナ「そうそう」ワクワク

アニ「…」

ハンナ「私も興味あるわ」

クリスタ「か、関係って…」モジモジ



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 21:18:57 ID:yymR61j6

ミーナ「ずばり聞くけど…」

ミーナ「付き合ってるの!?」

クリスタ「…付き合ってはないと思う…」

ミーナ「え~~、付き合ってないの?」

ハンナ「でも大好きなんでしょ?そうよね?」

クリスタ「……//」コク

アニ「…」ピク

ミーナ「キャ~~~//」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 21:32:26 ID:yymR61j6

ハンナ「明日の休日でかける予定とか組んでるの?」

クリスタ「う、うん…約束はもうしてるけど…」

アニ「な…」

ミーナ「アニ?」

アニ「な、なんでもない…」
ミーナ「でも、いいな~デートか~」

クリスタ「デートじゃないよ~~」カアア

ハンナ「クリスタ、顔真っ赤」

クリスタ「ううう~~//」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 21:41:00 ID:yymR61j6

ハンナ「がんばってね。応援してる」

ミーナ「エレンをクッリクリにしてやんなよ!」

クリスタ「…?あ、ありがとう」

アニ(これは…心配だね)

ミーナ「そうと決まれば明日着ていく服を決めなきゃね!」

ハンナ「そうね」

ワイワイ キャーキャー アーデモナイコーデモナイ



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 21:42:21 ID:yymR61j6

ミーナ「おお…これは」

ハンナ「ずごい綺麗…!」

クリスタ「ほ、本当…?」テレテレ

ミーナ「うん可愛すぎるわよ。ミニスカートがポイントね」

ハンナ「綺麗な生足を出してるのは、男の人を虜にするにはもってこいよ」

アニ「……」(かわいいと思わざるをえない…)

ミーナ「フランツに同じようなことしてたの?」

ハンナ「私はクリスタみたいに可愛くないから、そんなことできないわよ」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 21:48:18 ID:yymR61j6

ミーナ「とにかく明日はこのコーディネートで決まりね」

ハンナ「鈍感なエレンもきっと反応するわよ」

クリスタ「うん…ありがとう。私がんばるね!」

アニ「……」


翌日 休日


小屋の裏


アニ「はあ…なにやってんだろ私…」

アニ「エレンとの待ち合わせ場所にこんな早くから居て…」

アニ「エレンは今頃…クリスタとデート中なんだろうね」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 21:54:32 ID:yymR61j6

しばらくして…

エレン「おーいアニ」

アニ「…」ウトウト

エレン「アニってば…」

アニ「はっ…」パチ

アニ「エレン!…遅いじゃないか…」

エレン「いや、遅れてはないはずだが…」

アニ「別にいいよ」ギュウ

エレン「いきなり抱き着くなよな…」

アニ「早く抱きしめてよ」

エレン「はいはい」ギュウ

アニ「……」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 22:19:22 ID:yymR61j6

アニ「…今日のデートは楽しかった?」

エレン「な、なんで知ってるんだよ?」

アニ「昨日クリスタに聞いたから…」

エレン「そうか…楽しかったよ」

アニ「そう…」

アニ「クリスタの足とかに目奪われたんじゃないのかい?」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 22:20:12 ID:yymR61j6

エレン「う……なんでわかんだよ…」

アニ「…」ギリギリ

エレン「いててて!」

アニ「クリスタ、ミニスカートだっただろ?」

エレン「まあ…」

アニ「どうせ可愛いとか思ったんでしょ」

エレン「……それは…思ったけどさ」

アニ「…」ギュ



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 22:21:41 ID:yymR61j6

エレン「痛いって…背中つねるなよ」

アニ「うるさい」

エレン「デートのことばかり聞いてくるよな」

アニ「だめかい?」

エレン「そんなことねぇけどさ…」

アニ「じゃあ、他にどんなことしたのか教えな」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 23:30:02 ID:yymR61j6

エレン「どんなって言われてな…二人で服とか靴とか見て…」

エレン「屋台で飯とか食べて…」

アニ「普通だね…」

エレン「だろ?」

アニ「あとは…?」

エレン「あとは…膝枕してもらったかな」

アニ「…膝枕?」



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 23:47:06 ID:yymR61j6

ギュ

エレン「いって!」

アニ「膝枕ってのは…どういうことだい?」ギリギリ

エレン「い、いや…そのままの意味だけど…」

アニ「クリスタはミニスカートだったよね?」

エレン「あ、ああ…」タラタラ

アニ「あんたその状態の彼女に膝枕してもらったの?」



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 23:47:53 ID:yymR61j6

エレン「あ、いやそれは……」

アニ「それは…?」

エレン「……はい」

アニ「……!」ゲシ

エレン「ごわっ!」

アニ「…馬鹿」ゲシゲシ

エレン「痛いって…!まじで…!!」


アニ「…ふん」ギュウ

エレン「結局抱き着くのかよ……」

アニ「うるさい」



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 23:53:29 ID:yymR61j6

アニ「もちろんそれだけじゃないよね?」

アニ「あれだけ短いスカートだったんだ…」

アニ「……クリスタの下着も覗いたんだろ?」

エレン「う…なんでわかるんだよ…//」

アニ「何赤くなってんの?この変態」ゲシ

エレン「…すみません」

アニ「謝ってもだめ」ゲシゲシゲシ



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/29(日) 12:17:20 ID:xOdcrWYk

エレン「すげー痛い。許してくれよ!」

エレン「何か言うこと聞くから!」

アニ「言うこと?」ピタ

エレン「ああ…」

アニ「じゃあ、私ともデートして」

エレン「アニと…?」



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/29(日) 12:18:04 ID:xOdcrWYk

アニ「うん」

アニ「嫌って言ったらずっと蹴り続けるよ」

エレン「言わないし…わかったよ。今度の休日空けておく」

アニ「うん」

エレン「機嫌直った?」

アニ「少しはね…」



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/29(日) 12:18:52 ID:xOdcrWYk

エレン「よかった。デートとかけっこう乙女なんだな」

アニ「そうだよ。私は乙女さ」

エレン「スタイルもいいもんな。胸とか尻とか」サワサワ ナデナデ

アニ「あ、ばか…!…何触って…」

アニ「ちょ…だめ…!」

エレン「とかなんとか言って、抵抗はしないよな」ニヤニヤ

アニ「う、うるさい…!」



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/29(日) 12:20:27 ID:xOdcrWYk

数日後 女子寮

クリスタ「ほんとやめてよ~」

クリスタ「エレンとはそういう関係じゃないんだってば~」

ミーナ「そう言いつつ顔がにやけてますなクリスタさん」

ハンナ「今日も色々と聞いておかなくちゃね」

クリスタ「ええ…!そんな~」

ミーナ「それともくすぐりの刑の方がいいですかな?」

クリスタ「あ、あれは嫌…」ウルウル

……………



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/29(日) 12:37:54 ID:xOdcrWYk

アニ(話を聞く限り、クリスタともキスとかしてるんだね…)

アニ(エレンの奴…全く…)

アニ(次のデートで勝負決めないと…負けちゃうかもしれないね)



デート当日

アニ(待ち合わせ時間より早く来てしまったけど…)

ジロジロ チラチラ

アニ(見られてる気がするね…やっぱりきついか…)



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/29(日) 12:40:26 ID:xOdcrWYk

エレン「アニ~。もう来てたのかよ…て…」

アニ「…」

エレン「…」

アニ「変かい?やっぱり…」

エレン「お前…スカートとか持ってたんだな」

アニ「まあ、私だってね」



50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/29(日) 12:41:38 ID:xOdcrWYk

エレン「乙女だもんな」

アニ「うん、そうだね」

エレン(ミニスカートだから足が見えるよな…)

エレン(綺麗だなアニ…)フマレタイ

アニ「どこ見てるんだい?スケベ」

エレン「よし、どっか適当にまわるか」

アニ「こら、無視すんな」

エレン「その格好で蹴るなよ。見えるから」

アニ「ふん」



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/29(日) 13:04:38 ID:xOdcrWYk

アニ「それで何を買うか決めてあるの?」

エレン「まあな」

アニ「何買うんだい?」

エレン「マフラーと…」

アニ「マフラー?」

エレン「ミカサのマフラーあれ古いんだよな」

エレン「だから新しいのあげようかなって…」

アニ「ああ…そういうこと」



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/29(日) 13:06:14 ID:xOdcrWYk

エレン「ミカサは家族だからさ…わかってると思うけど…」

アニ「いちいち言わなくてもいいよ」ギュ

エレン「なんか尻のあたりが痛いんですが…」

アニ「気のせいじゃない?」

エレン「あとは…ペアリングでも買うかなって…」

アニ「ペアリング?」



54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/29(日) 13:07:11 ID:xOdcrWYk

エレン「いやか?」

アニ「私に?」

エレン「うん」

アニ「嫌じゃないけど…いいのかい?」

アニ「私勘違いするよ…?」

エレン「…勘違いていうのがよくわかんねーな」

アニ「買ってくれるんならうれしいよ」

エレン「今日は素直だなアニ」

アニ「…」ゲシ

エレン「イテ!」(見えなかった…)



55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/29(日) 13:07:56 ID:xOdcrWYk

人気ない 公園

アニ「……」ジー

エレン「なんでそんなリングを凝視してるんだよ」

アニ「そりゃあんたとお揃いのリングだからね」

アニ「うれしくてさ」

エレン「うれしいのかよ…//」



56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/29(日) 13:08:48 ID:xOdcrWYk

アニ「もちろんさ…だって…」

エレン「だって…?」

アニ「愛してる人からのプレゼントだよ?」

アニ「うれしいに決まってるじゃないか」

エレン「…」

アニ「…」

エレン「それって…告白ってことか?」
アニ「そうだね、私はあんたの恋人になりたい」

エレン「アニ……」

エレン「俺の方からも、よろしくお願いいたします」ペコ



57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/29(日) 13:30:57 ID:xOdcrWYk

アニ「………」

アニ「クリスタはいいのかい?」

エレン「何回も言ってきたと思うけど」

エレン「クリスタとは付き合ってないって…」

アニ「付き合ってないって言っても…クリスタもあんたのこと好きだよ」

エレン「それは…また謝っとくさ」

アニ「じゃあ…いいんだね」

エレン「ああ、よろしくなアニ」

アニ「うん、よろしく」



58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/29(日) 13:31:34 ID:xOdcrWYk

アニ「と、ところでさ…」

エレン「ん?」

アニ「ひ、膝枕してあげよっか?」ウツムキ

エレン「その格好で?」

アニ「うん…」

エレン「ぜひお願いします」ペコ



59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/29(日) 13:32:43 ID:xOdcrWYk

アニ「…変態」

エレン「欲望に忠実と言ってくれ」


エレン「じゃあ、失礼します」ボフ

アニ「ど、どんな感じ?」ドキドキ

エレン「気持ちいい、アニの膝枕はいいな」

アニ「そう、よかったよ」



60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/29(日) 13:33:24 ID:xOdcrWYk

エレン(照れてるアニかわいいな…)

エレン(さっき蹴りのときはみえなかったし…)

エレン(この状態は大チャンス)

アニ「あ、あのさ…エレン」

エレン「なに?」

アニ「あ、あんまり頭動かさないでくれるかい?」

アニ「スカート上がっちゃうからさ…//」

エレン「そういうことか…」ニヤニヤ

アニ(嫌な予感…)

エレン「とう」ゴロン

アニ「ば、バカ…!…どっち向いて…!」

エレン「今日のアニの下着はピンクと…」フムフム

アニ「死ね!」ゴス



61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/29(日) 13:34:28 ID:xOdcrWYk

夜 女子寮

アニ「クリスタ…その…ごめんね」

クリスタ「……仕方ないよ。エレンとは付き合ってなかったもん」

アニ「…」

クリスタ「わたしは応援するよ」

アニ「クリスタ……ありがとう」

クリスタ「でもそのかわり…」ニコニコ



62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/29(日) 13:36:12 ID:xOdcrWYk

ミーナ「そうそう…」ニヤニヤ

ハンナ「根掘り葉掘り聞く相手があなたになってしまうけどね」

アニ「な…あんたら…!」

一同「かかれ~~~」

アニ「ちょ…ばか…脇はだめ…あ…」

ミーナ「くすぐりの刑と、質問に答えるのどっちがいい?」

アニ「質問に答えます…」グス

ミーナ「よろしい!」

クリスタ「何を答えてもらおうかな~」

ハンナ「まず、いつごろから妖しい関係になったのかでしょ」

ミーナ「二人あまりそういう噂なかったし」

ハンナ「隠れて会ってたんじゃないの?」

アニ「う…」ドキドキ

クリスタ「今夜は楽しそうね、アニ」ニコニコニコ

                           完



63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/29(日) 13:37:09 ID:xOdcrWYk

これでおわりです。 見てくださってありがとうございました~


元スレ
SS深夜VIP:エレン「アニとの関係性」