SS速報VIP:【モバマスSS】Hurry up bunny !



1: ◆qnxUOGqQ6g 2013/09/02(月) 20:20:47.53 ID:q+9AkGtD0


みく「のあにゃんがのあぴょんになってしまったにゃあ…」

みく「にゃん・にゃん・にゃんはどうにゃるにゃあ…」

のあ「ごめんなさい、みく」

のあ「でも、私は彼の描く世界の偶像としてありたいの」

のあ「あなたにも曲げられない信念があるように私にも曲げられない信念がある」

みく「…」

のあ「どうか…わかってほしい」

みく「…ふーん!大丈夫にゃあ、元々猫ドルはみくの専売特許にゃあ!」

みく「むしろ猫ドルのライバルが消えてせいせいしたにゃ!」

のあ「みく…!」

アーニャ「…えっと…『同じユニットなのにはぶられた、みくにゃんのファンやめます』…?」

みく「!?…ってPチャン!アーニャンになにいわせてるにゃ!」

 


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1378120846




2: ◆qnxUOGqQ6g 2013/09/02(月) 20:25:18.37 ID:q+9AkGtD0

 
裕美「ぴょーんぴょん♪…えへ」

晴「ぬぬぬ…」

裕美「?結城さん、どうかしたの?」

晴「…関ねーちゃんはオレのバニー姿どう思う?」

裕美「どうって、とてもかわいらしいと思うよ?」

晴「そう!かわいらしいんだよなぁ…」

裕美「かわいいの…いやなの?」

晴「えっいや、いやじゃないけどもっとかっこいいほうが好きというか」

晴「そもそも小学生の俺にこんなの着せるあいつの趣味に乗ったみたいでうぅん…」

裕美「ふふっ」

晴「うん?」

裕美「大丈夫、はずかしいことなんてないよ」

晴「!」

裕美「わたしだってまだまだ子どもだから愛梨さんやのあさんみたいにセクシーさはないけど」

裕美「プロデューサーが似合うって選んでくれたから」

裕美「結城さんも、多分わかってる…よね?」

晴「…そーだな、ファンも喜んでくれるし!…でも、うーん…」

ばーん

優「見てーっ!アッキーにもおそろいのウサミミつけたの!かわいいでしょー!」

アッキー「くぅん…」

裕美「えっと…」

晴「…オレはまだ言葉で訴えられるだけマシなんだな…」
 




4: ◆qnxUOGqQ6g 2013/09/02(月) 20:25:55.30 ID:q+9AkGtD0

 

蘭子「灼熱の魔力が我が身に…(暑い…」

ぱちーん

蘭子「?…封印の楔?(…ボタン?」

ぱたぱた

愛梨「あっ蘭子ちゃん、おはよう!」

蘭子「闇に飲まれよ!先代魔王よ…闇の封印が解けて光が!?(おつかれさまです愛梨ちゃ…その衣装どうしたの!?」

愛梨「これねぇ、さっき跳ねてたらボタン取れちゃったの」

蘭子「先代魔王の魔力に我はまだ及ばぬか…(くっ、私もそれくらい胸があったら…」

愛梨「?」

蘭子「いや、改めて封印の義を行おう(それはそうとこのボタンですよね?直しましょうか?」

愛梨「ほんと?そしたら暑かったしちょうどいいから脱ぐね!」

蘭子「やめよ!世界が滅ぶぞ!(脱がなくても直せますよー!!」

愛梨「あんっ、引っ張ったら」

ぱぱぱちーん

愛梨「ボタンが…もっとはずれちゃった」

蘭子「ラグナロクが…始まる…!(ごめんなさいぃー!」
 






9: ◆qnxUOGqQ6g 2013/09/02(月) 20:52:41.97 ID:q+9AkGtD0


ヘレン「私こそがバニーガールオブバニーガールよ」

夏美「略してBoB、ボブだね!」

ヘレン「今回、私がまぶしすぎたせいでファンの目に映りにくかったのかメインを張ることができなかったけど」

ヘレン「箱が小さかったこともあるし…私を輝かせられるのはやはり世界的スケールがないとね」

夏美「私は空中ステージとかがいいかなぁ」

夏美「雲をスクリーンがわりにできたらいいわよね!」

ヘレン「なるほど…大地が離れていても空はいつも世界とつながっている…そういうことね」

夏美「ヘレンもいいこと言うじゃない!」

ヘレン「私は世界のヘレンよ?…いや、天下のヘレンまで目指してあげるわ!」

夏美「うふふ、私だって空を駆けてた頃があるのよ!今度は飛行機でじゃなくてアイドル相馬夏美の名声をこの空に響かせてあげるわ!」

ヘレン「うふふふふ」

夏美「んふふふ!」

ヘレ夏「あははははははははは!」

prrrrrr…ガチャリ

モバP「はい、Pですが」

美優『三船です…Pさん、助けてください…』

モバP「美優さん!?どうしたんですか!」

美優『ヘレンさんと夏美ちゃんが酔ってバニーガールの格好で踊り始めて止まらないんです…』

美優『ここ公園なのに…』

モバP「…すぐ向かいます」





12: ◆qnxUOGqQ6g 2013/09/02(月) 21:27:47.96 ID:q+9AkGtD0

 

菜々「今回バニーガールと聞いたのにどうして奈々にお声がかからなかったんでしょうか!」

晶葉「多分、ウサミン星人とバニーガールで明確に線引きされているんだろう」

美羽「奈々さん、落ち込まないでください!」

菜々「ありがとう、美羽ちゃん…」

晶葉「まぁ今回バニーガールにはならなかったが私には声がかかったぞ」

菜々「なっ!」

晶葉「と言っても、衣装のウサミミに小型スピーカーを仕込んでマイクと連動させるという裏方だがな」

菜々「それってちょっとすごいんじゃ…」

晶葉「Bluetoothの技術を借りただけだよ」

美羽「そういえばプロデューサーさんがひどいんですよ!」

菜々「脈絡なくきますね美羽ちゃん…で、どうしたの?」

美羽「こないだ、プロデューサーさんがなにか悩んでるようだったから…」

~~~~~~~~~~~

モバP「う~ん…」

美羽「どうしたんですかPさんっ」

モバP「おぉ、美羽か」

モバP「ちょーっと悩んでてな…考えがこんがらがってきてんだ」

美羽「大丈夫ですか?そんなときは元気出していきましょ!」

美羽「ほら、一緒に!ピョーンピョン♪」

モバP「ははっなんだそりゃ…」

モバP「!」

モバP「美羽!」

美羽「はっ、はい!」

モバP「お前のおかげでアイデアが浮かんだ!ありがとう!美羽は最高のアイドルだよ!」

美羽「えっ、そんなぁ…えへ」

モバP「こうしちゃいられん、悪いがちょっと出かけてくる!」

美羽「へ?あ…いってらっしゃーい…」

~~~~~~~~~~~~~





13: ◆qnxUOGqQ6g 2013/09/02(月) 21:28:57.15 ID:q+9AkGtD0

 
美羽「ってことがあったんですよ!」

菜々「それは…どうひどかったですか?」

美羽「私のミウサギをなんだそりゃって言って下げてからフォローして去ったことですよ!」

菜々(あ、バニーガール呼ばれなかったことじゃないのね?)

晶葉「まぁ…それはなんだ、助手のためにも言っておくが多分助手は矢口にとても感謝してると思うぞ」

晶葉(アイデアのきっかけになった矢口を起用しなかったのはどうかと思うが)

菜々「そうですよ!Pさんは自分の担当アイドルを邪険にあつかいませんって!」

菜々(ずさんにはあつかってるみたいだけど…)

美羽「そう…ですよね!プロデューサーさんがそんなひどいことするはずないですよね!」

美羽「私の勝手な想像で……今からプロデューサーに謝ってきます!」

菜々「行ってらっしゃい~」

美羽「ではそれでは…あっ!」

美羽「バニーにバイニ~ってどうですかっ?」

晶葉「……そうだな、私たちはバニーになれなかったからそのギャグは他のバニー達に言ってあげてくれ」

美羽「それもそうでしたね!では!」

たたたー…

菜々「晶葉ちゃん…」

晶葉「こっちを見るんじゃない、私にはあれを受けきれなかった…それだけだ…」



おしまい



14: ◆qnxUOGqQ6g 2013/09/02(月) 21:32:23.67 ID:q+9AkGtD0

 
おまけ

菜々「そういえばウサミンロボが一体足りないんですよね」

のあ「…」

菜々「のあちゃん知りませんか?」

のあ「…」

菜々「のあちゃん?のあちゃーん?」


おまけおしまい



15: ◆qnxUOGqQ6g 2013/09/02(月) 21:33:23.03 ID:q+9AkGtD0

おつかれっしたー

やっぱ1レス完結式難しすぎんよー
短いけど勘弁してくだせー


元スレ
SS速報VIP:【モバマスSS】Hurry up bunny !