1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 20:24:40.76 ID:2O4xNxDGi

~某居酒屋~


律子「……ええ、これを」

律子「はい、そのタイミングでお願いします」


律子「ふう…それにしても」

あずさ「遅いですね~」

律子「仕事が長引いてるのかも」

あずさ「あらあら」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 20:29:20.74 ID:2O4xNxDGi

ッシャセー


律子「あ、来たみたいですよ」

P「すいません、遅くなり……!!」

小鳥「うそ…あずささんが先に来てる…」

あずさ「もうっ、失礼ですよー!」

律子「私が竜宮小町の営業で一緒にいたんですから」

P「なるほど」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 20:32:19.62 ID:2O4xNxDGi

律子「さあ、とりあえず飲み物を頼んじゃいましょう」

P「はい」

小鳥「私はビール!」

あずさ「私も、ビールを」

P「俺もビール…律子は?」

律子「私もそれで」


P「よし、ビール四つお願いします」


アーイ!!



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 20:36:42.98 ID:PpfcWkVai

P「しかし…伊織はともかく、亜美はついて来るって言ってなかったか?」

律子「言ってましたよ」

小鳥「やっぱり」

あずさ「ここからは大人の時間よ~って言ったら」


亜美『これだから大人は! まったく大人は!』


律子「ですって」

小鳥「ふふ、可愛い」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 20:40:54.21 ID:PpfcWkVai

オマッシター!!


P「ああ、どうも」

律子「さ、グラスは持ちましたか?」

あずさ「はい~」

小鳥「バッチリ!」

律子「では」

P「小鳥さんの誕生日に!」

あずさ「かんぱーい!」



「「かんぱーい!」」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 20:45:09.74 ID:PpfcWkVai

小鳥「っぷはぁ……美味しい」

あずさ「改めて、誕生日おめでとうごさいます」

律子「誕生日おめでとうございます」

P「おめでとうございます」


小鳥「めでたくないですけど……嬉しいです!」

小鳥「ありがとうございます!」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 20:51:21.14 ID:PpfcWkVai

あずさ「小鳥さん…プレゼントです」

P「コーヒーメーカー?」

小鳥「けっこうコンパクトなんですね」

あずさ「場所を取らないから、邪魔にはならないと思います」

あずさ「家でゆったり楽しんで下さいね」


小鳥「はい、ありがとうございます!」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 20:55:32.06 ID:PpfcWkVai

律子「私からは…」


律子「はい、どうぞ」

小鳥「クッション?」

律子「デスクワークばかりだと腰を悪くしちゃいますから」

律子「一応私も使ってるお気に入りのクッションです」

小鳥「なら安心ですね、ありがとうございます!」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 21:04:49.09 ID:PpfcWkVai

P「…あと、焼きなすを…?」

あずさ「……」チラッ

律子「……」チラッ

P「え……俺は、その…後のお楽しみです」


あずさ「あら」

律子「ハードルが上がりましたよ?」

P「がっかりはさせません…多分」

小鳥(なんだろう…)



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 21:09:41.79 ID:PpfcWkVai

オマッシター


P「お、刺身と串焼きが来ましたよ」

律子「いつ頼んでたんですか」

P「プレゼントを渡してる時に」

あずさ「気付きませんでした」

P「ふふふ」

律子「抜け目ない…勉強になります」

P「おいおい、こんな時くらい仕事の事はナシだ」

小鳥「そうです!」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 21:15:52.29 ID:PpfcWkVai

P「本当に律子は仕事熱心だな」

律子「いえ、恥ずかしいです…」

小鳥「可愛いわねぇ、うりうり~」

律子「もうっ、やめてください!」

あずさ「うりうり~」

律子「あぁっ! あずささんまで!」


ヤイヤイ


P(美女三人のくんずほぐれつ…)

P(酒が進みますなぁ…)



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 21:23:53.31 ID:PpfcWkVai

オマッシター!!


P「あ、どうも」

P「あと、ビールを」

小鳥「私もビール!」

あずさ「私はピーチウーロンを」

律子「ちょ、いい加減に……!」



P「楽しそうだな、律子」

律子「そう見えますか?」

P「うん、何飲む?」

律子「私もピーチウーロンを…」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 21:27:50.20 ID:PpfcWkVai

小鳥「知ってますか?」

P「何をです?」

小鳥「ピーチウーロンって、北海道ではクーニャンって呼ぶらしいんですよ」

律子「へえ、可愛らしい呼び方ですね」


あずさ「くーにゃん♪」

あずさ「って事ですか?」


P(可愛い)

小鳥(可愛い)

律子(可愛い)



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 21:35:01.73 ID:PpfcWkVai

小鳥「中国の言葉で『姑娘』って書いて」

小鳥「未婚の若い女性って意味なんだそうですよ」

P「へえ、詳しいですね」

小鳥「わ、若く…ないですけど」

小鳥「未婚の、という意味では私も姑娘!」


P「若いでしょうに」

あずさ「大丈夫ですよ」

律子「ええ、近いうちに姑娘とは言われなくなりますよ」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 21:38:39.71 ID:PpfcWkVai

P「………」

小鳥「どうしました?」

P「あ、いえ何でもないです」

小鳥「…?」

小鳥「あ、少し席を外しますね」




律子「緊張しすぎですよ」

P「うっ…」

あずさ「はい、リラックス、リラーックス」

P「すぅ……はぁ…」

P「よし! 大丈夫です!」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 21:44:01.41 ID:PpfcWkVai

あずさ「ふふ、応援していますよ」

律子「しっかりして下さいね、プロデューサー殿」

P「頑張りましょう」


小鳥「戻りました~って、どうしたんですか?」

あずさ「いえ、何でもないですよ?」


P「少し席を外しますね」

律子「はい」フリフリ

あずさ「言ってらっしゃい」フリフリ



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 21:47:30.58 ID:PpfcWkVai

小鳥「……」

あずさ「どうなんですか?」

小鳥「へ?」

律子「とぼけても無駄です」

小鳥「どうって……完全に私に興味ナシですよ」

あずさ「あら~」

律子「あらら…」

小鳥「なによ、もう」クスン



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 21:51:07.96 ID:PpfcWkVai

P「ただいま戻りました…って」

小鳥「プロデューサーさん! ふたりがイジメる!」

あずさ「ふふふ」

律子「ふふふ」

P「……」


P「……ふふふ」

小鳥「あ、プロデューサーさんが暗黒面に!」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 21:55:22.44 ID:PpfcWkVai

P「ああ楽しい」

小鳥「もうっ!」

あずさ「ふふ、でも騒ぎすぎちゃったかしら?」

律子「そうですね…追い出される前に…」

律子「すいませーん、お願いします!」


ウーイ!!


小鳥「…?」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 22:00:55.82 ID:PpfcWkVai

オマッシター!!


小鳥「こ、これ…!」

律子「内緒で用意したバースデーケーキです」

あずさ「サプライズ成功ですね!」

P「おお、立派なケーキ」

小鳥「本当に立派……おっきい…」

P「こら」

小鳥「言わなければいけないような気がして」

律子「ブレませんね」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 22:06:37.29 ID:PpfcWkVai

あずさ「じゃあ、歌いますよ?」

律子「はい」

P(本当にやるのか…)



あずさ「ハッピーバースデートゥーユー」

律子「ぱぱぱぱーん」

小鳥「……」

小鳥(なぜ合いの手がゼク○ィ…)

あずさ「ハッピーバースデートゥーユー」

律子「ぱぱぱぱーん」


小鳥「っ……」プルプル



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 22:12:25.52 ID:PpfcWkVai

あずさ「ハッピーバースデーディア小鳥さーん」

律子「ぱぱぱぱん、ぱぱぱぱん」

小鳥「っ……もうっ! いい加減に…」

P「小鳥さん…」


パカッ


小鳥「なんです………か」

小鳥「指輪…?」

P「好きです」

P「結婚を前提に、お付き合いして下さい」

小鳥「……え…」


あずさ「ハッピーバースデートゥーユー」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 22:18:30.53 ID:PpfcWkVai

小鳥「は……はい…っ」


ギュッ


P「わっ……と」

P「ああよかった、断られるかと」

律子「アイラービューフォエーバー!!」

あずさ「おめでとうございます…っ」

律子「小鳥さん…っ!」

小鳥「あずささんっ…律子さんっ…!」


ウワーン!!



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 22:25:12.57 ID:PpfcWkVai

P「ほら、みんなケーキ食べましょう」

律子「はいっ……」モグモグ

小鳥「しょっぱい…ですっ…」モグモグ

あずさ「涙の味です……っ」モグモグ


P「あ、俺の分ない…食われた」

P「ちぇっ」

あずさ「…!!」

律子「こ、小鳥さん…」


ゴニョゴニョ


小鳥「…ええ!?」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 22:28:45.59 ID:PpfcWkVai

小鳥「ぷ、プロデューサーさん」

P「はい?」



小鳥「はい、あーん」

P「」

小鳥「…?」

あずさ「ほら、プロデューサーさん」

律子「あーんですよ」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 22:32:30.13 ID:PpfcWkVai

P「あ、あーん」


パクッ


P「うん、ほどよい甘さだ」

小鳥「お、美味しいですよね!」


律子「私たちは甘すぎて困ってます」

あずさ「そうですね…」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 22:35:46.28 ID:PpfcWkVai

律子「さ、これ以上カップルの空気に当てられたら胸焼けしちゃいます」

律子「出ますよ」


P「だそうです…行きましょうか」

小鳥「はい…」ギュッ

小鳥「えへへ…」


あずさ(小鳥さん、幸せそう)

律子(あんなに嬉しそうな顔、見たことない)



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 22:39:03.44 ID:PpfcWkVai

アザッシター!!


律子「さて、私はあずささんを送り届けますね」

あずさ「ごゆっくりどうぞ~」


P「はーい」フリフリ

小鳥「……」

P「さて、もう一軒行きます?」

小鳥「は、はい!」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 22:42:03.99 ID:PpfcWkVai

小鳥「まだ、夢を見てるみたいです」

P「…?」

小鳥「こんなに幸せなんて…」


ギュー


小鳥「ひぁあ!?」

小鳥「ちょっと! 痛いですよ!」ヒリヒリ

P「じゃあ、夢じゃないみたいですよ?」

小鳥「もうっ!」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 22:44:33.87 ID:PpfcWkVai

小鳥「ふつうこういう時は…」

小鳥「その…キs」


チュ


小鳥「っ……!!」

P「目は覚めましたか?」

小鳥「え、え……ええ!?」

P「さて、どこで飲みましょうか」

小鳥「もう一回! もう一回!!」

P「今日はここまでです」

小鳥「ケチー!」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/09(日) 22:45:58.50 ID:PpfcWkVai

おわり
ピヨちゃん誕生日おめでとう!


元スレ
律子「では」あずさ「かんぱーい!」