1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 00:11:58.74 ID:TmyqelVqO

――765プロ事務所

貴音「…がおー」トテトテトテ、

貴音「…がおー」チラッ、

P「…」カタカタ、カチカチ、

貴音「…がおー」チラッ、

P「あのな?貴音…」フゥ...

貴音「…はて、どうされたのです?あなた様」トテトテトテ、

P「さっきから俺の周りをウロウロと…何をしているんだ?」

貴音「…ふふっ」ニヤリ

貴音「…がおー」ニギニギ、ニギニギ、

P(かわいい)




5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 00:13:53.20 ID:TmyqelVqO

貴音「いまのわたくしは…どらきゅらはくしゃく、なのです」クスクス、

P「ドラキュラ伯爵?」

貴音「…くすっ。はて、あなた様の血は…いったいどのような味がするのでしょうか…さぞかし、魔性な味なのでしょうね…」

貴音「…ふむ」チラッ、

P「…?」

貴音「ふふっ」クスッ、

貴音「…がおー」
――カプッ

P「うぉっ」アタフタ、

貴音「…ちぅちぅ、ちぅちぅ」チゥチゥ、チゥチゥ、

貴音「…ふふっ」ニコニコ、

P(たかきゅらかわいい)



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 00:15:17.48 ID:TmyqelVqO

P「あのな?貴音…ぶっちゃけ、かわいい」

貴音「…ふふっ。早速、わたくしの眷族になってしまいましたか?」チゥチゥ、チゥチゥ、

P「…かわいいけど、何か間違ってないか?」

貴音「どこが…ですか?」

――ガチャッ、

やよい「うっうー!おはよーございまーす!」

P「おはよう。やよい」

貴音「おはようございます。やよい」カプカプ、チゥチゥ、

やよい「うっうー!貴音さんがプロデューサーにちゅーしてますー!」

貴音「…違いますよ?やよい。これは、くちづけではありません」

やよい「えー?」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 00:16:59.81 ID:TmyqelVqO

貴音「…そう。どらきゅらはくしゃくであるわたくしが、血を吸っているのです」

貴音「…がおー」カプカプ、

P「おぅ。クセになってきた」ハァハァ、

やよい「うっうー!プロデューサーがうっとりしてますー!///」モジモジ

P「おぅふ…アマガミされることが、こんなに気持ちいい事だったとは…」

貴音「…あなた様?ふふっ。さっそく効果が表れましたね。さぁ既にあなた様はわたくしの眷族」

貴音「…ですので、わたくしから逃れる事など、出来なくなりました」クスクス、

P「…」チラッ、

貴音「…あなた様?」ウルウル、ウルウル、



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 00:19:40.53 ID:TmyqelVqO

P「あはは。そっか!それなら仕方ないな!」ナデナデ、ナデナデ、

貴音「はふぅ…」ウットリ、

やよい「うっうー…私、仲間外れです…」ショボーン、

やよい「…」チラッ、

貴音「…がおー」イチャイチャ、イチャイチャ、

P「貴音…やよいが見てるぞ?」ナデナデ、

貴音「…構いません。何故ならわたくしはあなた様の主。主は、眷族に何をしても許されるのです」

やよい「うー…うー…」フルフル、フルフル、

やよい「が…が…」フルフル、フルフル、

P「…?」

やよい「がおー!」ガバッ
――カプッ

P「やよいっ!?」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 00:22:09.35 ID:TmyqelVqO

貴音「…なんとッ!?」

やよい「ッ!ちうちう、ちうちう」チゥチゥ、

やよい「こっ、これでプロデューサーは私の…け、けんぞく?ですー!」ニコニコ、

やよい「プロデューサー!めーれーです!私もなでなでしてください!私はごしゅじんさまなんですよー?」ムフー

P「ははっ。やよいは素直だなぁ。寂しかった?」ナデナデ、ナデナデ、

やよい「…」ウルウル、

やよい「はい…。貴音さんばっかり、ちょっぴりズルいかなーって…」グスン...

貴音「…くすっ。そうだったのですか。ならば、やよい?」

やよい「はい!なんですかー?」キョトン、



19: 画像の人、ありがとう 2012/09/14(金) 00:24:25.00 ID:TmyqelVqO

貴音「…わたくしとやよいで、この方の主に、なりますか?」ナデナデ、

やよい「…はいっ!えへへ…貴音さんのなでなでも、気持ちいいです!///」モジモジ、

P「…俺の意見は聞かないの?」

貴音「…くすっ。ききませんよ?」クスクス、

やよい「えへへ!ききませーん!」ニコニコ、

P「ふむ…」

P「なら…呼び方を変えてみるか」ボソッ、

やよたか「?」キョトン、

P「やよいお姉様」キリッ

やよい「はぅっ><」ズッキューン

P「貴音お嬢様」スッ、

貴音「な…なんと面妖な…(*´ω`*)」キュンキュン



21: >>18リメイクって感じ 2012/09/14(金) 00:27:48.93 ID:TmyqelVqO

P「…」

P「やよいお姉様…」ギュッ

やよい「ぷっ…ぷぷぷ…ぷろでゅーさー!?///」アセアセ、

P「何を驚かれているのです。俺は貴女の眷族なのですよ?」

やよい「は…はうぅ~///」カァァァァ

P「ふふっ。紅くなったお顔も、可愛いですよ?」

やよい「」バッターン

P「…」

貴音「…」

P・貴音「「かわいい」」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 00:31:08.72 ID:TmyqelVqO

貴音「…」チラッ、

P「…」

貴音「さぁあなた様?わたくしには、何をしてくださるのです?」

P「貴音お嬢様、お手を拝借」スッ、

貴音「んっ…」ピクンッ、

P「まるで、白魚の様だ…食べたく…なってしまいます」チュッ、

貴音「あ…あぁ…///」モジモジ、

P「ふふっ。貴女でも、少女の様に紅くなることもあるのですね…」

貴音「あなた様がおかしくなってしまいました」アセアセ、アセアセ、



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 00:33:57.11 ID:TmyqelVqO

P「これは異な事を…」

P「貴女が…我が主である貴女が…俺を変えてしまったのです」スッ、

P「そう…それはさしずめ…」

P「恋の熱病…」チュッ、

貴音「!」

P「とでも…喩えましょうか」クスクス、



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 00:37:31.01 ID:TmyqelVqO

貴音「…」プルプル、プルプル、

P「さぁ…我が主…この熱病を…永久に感じt貴音「がおー!」カプッ、

P「!」

貴音「えいっ。えいっ」カプカプ、チゥチゥ、

貴音「元に…いつものあなた様に戻ってください…」カプカプ、

P「いっ、いや…貴音?あのな?」アセアセ、

貴音「あなた様あなた様…」グスッ、グスッ、



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 00:39:23.99 ID:TmyqelVqO

貴音「…が、がお?」チラッ、

P「大丈夫だって、貴音」ナデナデ、

貴音「…」ペタン

貴音「はぁ…」ハァ...

P「…たかね?」

貴音「あなた様は…いけずです…(´;ω;`)」クスン...

P(かわいい)



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 00:41:59.24 ID:TmyqelVqO

やよい「っ!」ガバッ

貴音「やよいも目を覚ましたようですね」

P「あぁ。あとでなんか美味いもんでも食いに行くか?」

やよい「…」フラフラ、

貴音「それは素晴らしいですね…と、はて…やよい?」

やよい「うー…うー…」フラフラ、フラフラ、

P「やよい?どうした?」

やよい「が…が…」プルプル、

P「…?」

やよい「がおー!」ガバッ



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 00:44:35.37 ID:TmyqelVqO

やよい「がぉ」ピョコッ、

P「やよいからしっぽが!」

やよい「がぅがぅ!」バサッ、バサッ、

貴音「なんと面妖な…蝙蝠の翼、ですか」

やよい「にししっ♪」

P「やよいが悪魔になっちゃった…」

貴音「…」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 00:47:20.86 ID:TmyqelVqO

小悪魔やよい「ぷろでゅーさーがいけないんですよー?」

P「はっ?」

小悪魔やよい「私のキモチなんかな~んにもしらないで~」ニコニコ、

小悪魔やよい「えへへ~♪でもでも、もう私はがまんなんかしません!」トテトテトテ、

小悪魔やよい「いっぱいぷろでゅーさーと遊んじゃいますー!」ギュー

P「何かに感染した?」

貴音「…まさか」ボソッ、



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 00:51:16.23 ID:TmyqelVqO

P「何か知ってるのか?」

貴音「どらきゅらごっこ…それは魔性の遊び…」

貴音「誰かが恋しい、誰かが好き、そういった感情を持った者が行えばその者は…」

P「…その者は…?」

貴音「その者の欲、そのものになるそうです」

小悪魔やよい「うっうー!ぷろでゅーさー!一緒にお絵描きしましょー!」ニコニコ、

P・貴音「「いちいちかわいい(ですね)」」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 00:53:55.71 ID:TmyqelVqO

小悪魔やよい「えへへ。ぷろでゅーさー、ぷろでゅーさー」スリスリ、スリスリ、

P「ちょっ!やよい!くすぐったいって!」

貴音「…」

小悪魔やよい「ぷろでゅーさーはぽかぽかですー!えへへ…ひとりじめー♪」ギュー

P「ははっ。これがやよいの欲かぁ…かわいいなぁ」ナデナデ、

小悪魔やよい「えへへ…こあくまになっちゃいましたけど…すきでいてくださいね?」チュッ、

貴音「…!」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 00:56:24.68 ID:TmyqelVqO

貴音「が…」プルプル、

P「…ん?」

貴音「が…が…」プルプル、

P「まさか…」ハラハラ、ドキドキ、

貴音「がぉー!」ピョコンッ、

P「ねこみみ!?」

貴音「にゃー!」ピョコッ、

P「ねこしっぽ!?」

たかにゃん「にゃふー♪」ゴロゴロ、



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 00:59:06.27 ID:TmyqelVqO

たかにゃん「に゛ゃー!やよいとばっかりイチャイチャしすぎですにゃ…あにゃた様…」ジトー

たかにゃん「わにゃくしとて、あにゃた様をお慕いしておりますにゃんよ?」スリスリ、

P「なにこのかわいいの」

小悪魔やよい「うっうー!たかねさんがねこさんになっちゃいましたー!」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 01:03:47.67 ID:TmyqelVqO

たかにゃん「にゃあ…にゃあ…あにゃた様…あにゃた様…」スピー、スピー、

小悪魔やよい「えへへ…おにいちゃん…だいすきですー」スヤスヤ、スヤスヤ、

P「ドラキュラごっこ…いいな、これ」

たかにゃん「にゃ…にゃにゃ…」ピコピコ、ピョコンッ、

P「あっ、しっぽとねこみみが無くなった」

貴音「んっ…あなた様…わたくしは…」

P「貴音、もっと素直になっていいんだからな?」ナデナデ

貴音「ッ」ビクッ

貴音「あ、あなた様…」グスッ



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 01:09:16.06 ID:TmyqelVqO

貴音「ふふっ。ドラキュラごっこ…まさかわたくしもあのような姿になるとは…」

P「…誰から教わったんだ?」

貴音「昨夜、駅前までの道を訪ねてきた女性を目的地まで一緒に行ったら…」

―――
――


??「ありがとうね~!これで帰れるよ~!」

貴音「ふふっ。良かったですね」

??「ここまでしてもらって、お礼しないとなっちゃあ代官山の名前が廃るわ!」

貴音「お礼…ですか?」

??「んふふ~♪アナタ今、スキな人いるでしょ」クスクス、

貴音「なんと…」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 01:13:00.95 ID:TmyqelVqO

??「この桃子さんが、とっておきのオマジナイを教えてあげるね~!」

貴音「オマジナイ…ですか?」

??「そうそう!と~っても楽しいオ・マ・ジ・ナ・イ♪これで気になるあの人のハートもバッチリ!バッチリ!」パシャッパシャッ、パシャッパシャッ、

貴音「ふふっ。見ず知らずの方に、写真をとられるとは…」クスクス、

??「ま~これも思い出ってヤツ?♪じゃーねー!」

貴音「…ふふっ。何だか不思議な人でしたね」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 01:15:11.13 ID:TmyqelVqO

―――
――


P「そしたらこうなった、と…」

やよい「えへへ…」スピー、スピー、

P「やよいも戻ったみたいだな」ナデナデ、

貴音「ふふっ。あなた様?」

P「…なんだ?」

貴音「その…ですね?」モジモジ、

P「ははっ。可愛かったぞ?がおー、がおーって」

貴音「っ!///」カァァァァ



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 01:17:35.08 ID:TmyqelVqO

貴音「あなた様?」チラッ、

P「…んー?」

貴音「今度は、二人きりの時に…です」

P「…何を?」

貴音「むぅ…」

貴音「がおー!」ガブッ

P「いてっ!」

おわり



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 01:18:31.60 ID:TmyqelVqO

はい。ここまでありがとうございました



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 01:25:27.19 ID:TmyqelVqO

一方その頃

桃子「がおー。がおー」カプカプ、カプカプ、

幸村「…」カタカタ、カチカチ、

桃子「がおー。がおー」カプカプ、

幸村「…」

桃子「んもぅっ!幸村くん!ちょっとは反応してよー!」プンスカプンプン、

すみれ「お姉様?『私の』幸村くんに手を出すつもりですか?」

桃子「なによ!すみれったら!いいじゃない、いいじゃない!お姉ちゃんだって恋がしたいの!恋がしたいお年頃なの!」

すみれ「はぁ…」ハァ...

幸村「あの…桃子さん?」ハァ...



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 01:28:24.88 ID:TmyqelVqO

桃子「なぁに?幸村くん♪お姉ちゃんに甘える気になった~?」

幸村「いや、それはないです」

桃子「ジェラシー!私って、女に見られていないのね…よよよ…」

すみれ「はぁ…勝手に言ってろです…」

桃子「むむむ!かっちーん!」カッチーン

幸村「いや、かっちーんはいいですから。それよりも、自分の頭触ってみてください」

桃子「頭?」キョトン、

すみれ「…ぷっ!」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 01:32:44.59 ID:TmyqelVqO

桃子「なになに?二人してー」ペタペタッ、フニッ...

桃子「ふに…?」ペタペタッ、

すみれ「おっ…お姉…様…ぷぷぷっ」プルプル、

幸村「桃子さん…鏡、見てください」スッ、

桃子「かがみー?」チラッ、

すみれ「たっ…たぬき…ぷっ!」

桃子「あっ…これ、ドラキュラごっこじゃなかった」ボソッ、

桃子「あの娘…大丈夫かしら。…大丈夫よね!うん。だいじょうぶ!大丈夫!」

幸村・すみれ「?」

おわり


元スレ
貴音「…がおー」貴音「かんせんかくだい」