1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 21:07:59.68 ID:TmyqelVqO

――765プロ事務所前
――21:00

P「もうこんな時間かよ…何だってテレビ局の会議ってヤツは長いんだ…。合い鍵持って行ってて良かった…」

「~♪」

P「…ん?事務所にまだ誰かいるのか?歌声が聞こえる」

P「…」

「夏は光いっぱ…」

「奇跡じゃなく…」

P「…これって…あぁ、そうか…」

P「…」

P「やっぱり、綺麗な歌声だなぁ…」

「だって巡ってまた春は来るから…」

P「…」

P「お疲れさまです。こんな時間まで、残業ですか?」

―――
――




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 21:09:25.13 ID:TmyqelVqO

小鳥「ふふっ。いきなりプロデューサーさんが入ってくるんですもの。ビックリしちゃいましたよ」

小鳥「年甲斐もなくあんな風に誰かの歌を歌うとこを見られるなんて、ちょっぴり恥ずかしいですね」

P「ははっ。そんなことないです。いい歌声でした。それと小鳥さん?」

小鳥「はい?なんです?」」

P「すみません。実はいきなりじゃ、なかったりします」

小鳥「えっ?」

P「『久しぶり』に、ゆっくり聴きましたよ。貴女の歌声」

小鳥「『久しぶり』?」

小鳥「って事は、知ってたんですか」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 21:10:13.43 ID:TmyqelVqO

P「えぇ。さっきのは、小鳥さんがデビューした…最初のシングル」

P「小鳥さんは気付いてないと思いますが、実は俺」

小鳥「?」

P「貴女のファンだったんですよ?何度もライブに行ったりもしてました」

小鳥「くすっ。まさか」

P「『いつか咲こう きっと』」

P「『諦めないで 葉を広げて』」

小鳥「プロデューサーさん、それ…」

P「良かった。忘れてしまってはいないんですね」

小鳥「忘れるわけ…ないじゃないですか…だってそれは…」

小鳥「私の歌…なんですから」

P「最初」

小鳥「えっ?」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 21:11:09.34 ID:TmyqelVqO

P「社長にスカウトされ、初めて事務所に来たときはビックリしました。だって」

小鳥「…」

P「だって、俺が憧れていたアイドルが、そこにいたんですから」

小鳥「…プロデューサーさん?」

P「なんです?」

小鳥「私は、プロデューサーさんが憧れるようなアイドルでは無かったんです」

P「どうして?」

小鳥「私は、諦めてしまったんですよ」

小鳥「歌うことを」

小鳥「夢とか希望とか、誰かにあげられる事が出来なかったんです」

P「…」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 21:12:32.65 ID:TmyqelVqO

小鳥「な~んて、あんなに未練たらしく過去の持ち歌…誰からも忘れられた歌を歌ってる時点で、ただの言い訳にしかならないんですけどね?ふふっ」

P「…」

小鳥「プロデューサーさん?」

P「覚えていますか?」

小鳥「えっ?」

P「…貴女がデビューしてから、最初のライブ」

P「ちいさなちいさなライブハウスでした」

小鳥「…」

P「決して満員とは言えないライブハウス。ですが貴女は、とても楽しそうに歌っていました」

小鳥「プロデューサーさん?」

P「そして…ライブも終わりに近付き、小鳥さん…貴女はこう言ったんです」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 21:13:54.11 ID:TmyqelVqO

『私はなんの取り柄も無いけれど。
私の歌で誰かが元気になってくれるなら。
誰かが笑ってくれるなら。
誰かが夢を抱いてくれるなら。
私は歌いたい。
だから、私に歌を歌わせてください。だから私に、夢を見させてください。
私と一緒に、夢を見てください』



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 21:15:02.96 ID:TmyqelVqO

小鳥「…」

小鳥「よく…そんな昔の事を覚えていますね…」

P「シングル4枚、活動期間2年…花の様に咲いて、散っていった」

P「ですけど俺は、忘れることが出来ませんでした。あの時の笑顔、歌声…。
それもあっての事なんだと思います。俺が、アイドルのプロデューサーになったのは」

小鳥「ふふっ。私に昔を思い出させて…どうするおつもりなんですか?」

P「どうもしませんよ?ただ…」

小鳥「ただ?」

P「ここに、貴女のファンがいるという事を忘れないでください」

小鳥「あっ…」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 21:16:03.39 ID:TmyqelVqO

P「誰が何と言おうと、貴女はアイドルなんです。たとえ現役じゃなくったって…こうして今も、俺の中にアイドルとしての小鳥さんがいる」

小鳥「んっ…」

小鳥「ふふっ」

小鳥「…ねぇ、プロデューサーさん?」

P「…なんです?」

小鳥「こうやって、女を抱き締めながらそんな事を言ってしまうと…女は勘違いしてしまうんですよ?」

P「…構いません」

小鳥「…えっ?」

P「勘違いしてくれても、構わないです」

小鳥「えっ?あの、プロデューサーさん?」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 21:17:07.39 ID:TmyqelVqO

P「そうしたら、ずっと勘違いしたままでいてもらいますから」

小鳥「ばか」

P「ははっ。いまごろ気付いたんですか?実は、そうなんです」

小鳥「ばか」

P「小鳥さん、ひとついいですか?」

小鳥「なんです?」

P「覚えていますか?貴女が最後にリリースした、ラストシングル」

小鳥「忘れる訳、ありませんよ」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 21:18:08.26 ID:TmyqelVqO

P「『もしも道に迷った日は自由に歩いてごらん
そしていつだって素直でいて』」

小鳥「!」

小鳥「…くすっ」

小鳥「『もしも失敗が恐い日は思いっきり泣いてごらん
そしてどこだって未来はあると知って欲しい』」

P「いい曲ですよね」

小鳥「えぇ。とっても」

P「小鳥さんは…」

小鳥「はい?」

P「…」

P「小鳥さんは…迷っていますか?」

小鳥「どういう意味、ですか?」

P「…」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 21:19:28.45 ID:TmyqelVqO

P「
『光り輝け
みんなひとりひとつの光を
光り輝け
あなたらしいあなたのその光を

愛してるから
どうか負けないで』」

小鳥「…」

P「小鳥さん」

小鳥「…」

P「もし、もう一人じゃ光り輝けないのなら…」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 21:21:46.99 ID:TmyqelVqO

小鳥「んっ…ちゅっ…」

小鳥「あっ…」

P「俺が一緒に輝きます。小鳥さんが朝日で生まれる光なら、俺は一緒に生まれる影になります」

P「だから」

小鳥「んっ…」

小鳥「もう…強引なんですから」

P「えぇ。こうでもしないと、貴女は逃げてしまいますから」

小鳥「ふふっ。酷い人」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 21:23:02.79 ID:TmyqelVqO

P「小鳥さん程じゃありませんって」

小鳥「えー?どういう意味ですかー?それ」

P「小鳥さんが突然引退した時…本当に悲しかったんですから。もう会えない、もう歌声を聴けない、って」

小鳥「…ごめんなさい」

P「いいですよ、もう」

小鳥「プロデューサーさん、そんなに強く抱き締められたら…んぅ…」

P「形は違えど、こうして俺の前に貴女がいるんですから…」

小鳥「…」

P「どうしました?」

小鳥「…」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 21:24:21.03 ID:TmyqelVqO

P「小鳥さん?」

小鳥「私…」

P「?」

小鳥「貴方からの言葉…聞いてません…」

P「言葉?」

小鳥「その…『好き』って…ちゃんと言って…」

小鳥「私を、安心させて…んっ…」

小鳥「ふぁっ…また…キス…」

P「好きです」

小鳥「!」

P「好きです、小鳥さん。何年も、何年も、」

P「ずっと片想いでした。遠く離れた、空の上のアイドルに恋をするだなんて、自分でも馬鹿だって思いました」

小鳥「プロデューサーさん…」

P「でも、好きなものは好きなんだからしょうがないんです。実際、今だって…」

P「恋、してるんですから」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 21:25:35.84 ID:TmyqelVqO

小鳥「プロデューサーさん…」

P「…安心、してくれましたか?」

小鳥「…はい」

小鳥「…」

小鳥「そうだ、プロデューサーさん」

P「何ですか?」

小鳥「ひとつ、聴いてください」

P「…?」

小鳥「私の始まりは、アイドル。なら、私の終わりはどこにあるの?」

小鳥「それを教えてくれた貴方に、聴いてほしいんです」

小鳥「今はもう『アイドル』じゃない」

小鳥「だから、一人の『音無小鳥』としての…」

小鳥「始まりの、一曲」

小鳥「空」

おわり



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 21:26:27.83 ID:TmyqelVqO

はい。ここまでありがとうございました


元スレ
小鳥「空」