4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 17:45:07.37 ID:E8mF7uNIO

結衣「だからあかりを人気ごと私のモノにしてみせる!」




京子「あ、暑さでどうかしたのかよ?結衣…」シラーッ

こうでしょうかね?ヘヘ



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 17:50:36.89 ID:E8mF7uNIO

結衣「だって考えてもみろよ!」

京子「…(こうなった結衣は面倒だから黙っておこう…)」

結衣「確かにあかりは可愛いさ!巷では大天使などと呼ばれるだけあって優しい!!」

京子「…(じゃあ人気あっても構わないだろェ)」

結衣「いいわけないだろッ!」バンッ

京子「!?」ビクッ



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 17:54:57.96 ID:E8mF7uNIO

京子「こ、心を読んだ…だと…」

結衣「…口に出してたぞ」

京子「そ、そうか…」

結衣「まったく…すぐにお前は話を脱線させる…」ハァ

京子(じゃあ他の奴に話せよ…)

結衣「それよりも、だ!」

結衣「よーく考えてもみろ?あかりが人気だったら、他の奴らにとられる可能性が高くはならないか?」

京子「…」



京子「!?」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 17:58:57.30 ID:E8mF7uNIO

京子「い、いいい言われてみれば!!」

結衣「やっと気がついたか…」

結衣「今まで手塩にかけて育てて来たあかりが、他の奴に奪われるんだ…」

結衣「そう!鳶に油揚げを攫われるようになッ!!」バンッ

京子「…」ワナワナ



京子「な、何という盲点…」ガクッ



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 18:05:24.58 ID:E8mF7uNIO

京子「そ、そんなのヤダよぅ…」ジワッ

京子「せっかくあかりちゃんの気を惹くために、強気な女の子演じてきたのに…」グスッ

結衣「あぁ…」ナデナデ

結衣「お前の努力は知ってるさ…」

結衣「私だってあかりの好きなオムライスを練習したり、苦手なコーヒー飲んたり」

結衣「部活だって陸上を蹴ったんだ…」

京子「結衣、ちゃん…」ポロポロ



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 18:07:27.96 ID:E8mF7uNIO

結衣「大丈夫だ…大丈夫だよ、京子」ナデナデ

結衣「きっと私達の気持ちが伝われば、あかりはずっと私達とッ!」グッ




結衣「だから、あかり私達のモノになってくれッ!?」キッ

京子「お願いッ!!」チラッ

あかり「…」




あかり「ど、どういうこと?」ポカーン



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 18:12:59.44 ID:E8mF7uNIO

結衣「はぁ…」

京子「こういう鈍いところも、魅力なんだけれどなぁ…」ハァ

結衣「もう一度だけ言うぞ?」



結衣「あかり、私達だけのモノでいてくれ」

京子「…」ドキドキ


あかり「そ、それって、人気のため…?それとも…」

結衣「もっ!もちろん、あかりが好きだからに決まってるだろッ!!」

京子「!!」ウンウン




24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 18:17:59.27 ID:E8mF7uNIO

あかり「…」





京子(…あれ?)

結衣(おかしい…)

結衣(私達の知っている、あかりなら…)


あかり「すすす好きって、あかりを!?」

あかり「そ、そんな感じじゃなかったのに…」カーッ

あかり「あかりなんかでいいのかなぁ…//」


結衣(…こうなるはずなのにッ、ま、まさか!?)ギリッ



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 18:26:54.21 ID:E8mF7uNIO

結衣「お、おい!あかり、お前まさk」





あかり「ごめんね?結衣ちゃん…京子ちゃん…」

結京「!?」

京子「ど、どうして謝るの!?あかりちゃん!」

結衣「やっぱり…」

あかり「あかり、もう…」



「あ、あああ赤座あかりーーッ!!」バーン




33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 18:34:05.36 ID:E8mF7uNIO

結衣「!?」

京子「!?」

あかり「!」



綾乃「こ、これ…家に忘れてたわよッ!」つ携帯

あかり「あ!綾乃さんの家に忘れちゃってたんだ、ずっと探してたからあって良かったよぉ」ホッ

綾乃「べ、別に届けに来たわけじゃないんだからね!?たまたま娯楽部に用事があっただけで…」ゴニョゴニョ

あかり「ふふ、ありがとう…綾乃さん!」ニコッ

綾乃「~~ッ///」


京子(なに、これ…)ポカーン

結衣(やっぱり…しかし相手が綾乃だと!?し、しかも『家に』とは…すでにッ!)ギリッ




36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 18:39:23.88 ID:E8mF7uNIO

京子「あ、あかりちゃん!」

あかり「あっ」

京子「そ…その、これって…」

あかり「…」

京子「…」ビクビク

結衣(…頼むッ、外れていてくれ!!)

あかり「うん、あかり…」



あかり「綾乃さんと付き合ってるんだ…」

京子「!?」

綾乃「!?」


結衣(神は…いなかったか…)



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 18:45:02.96 ID:E8mF7uNIO

綾乃「あ、あかり!そ、それは内緒だって…ッ」アワアワ

あかり「…」フルフル

あかり「もう皆に秘密には出来ないよ…

綾乃「あかり…」

あかり「あかりはちゃんと、綾乃さんとのことを皆にも分かって貰いたい…」

あかり「綾乃さんはあかりとのこと、知られたくない?祝福してもらいたくない?」

綾乃「!?」

綾乃「そッ、そんなわけないじゃない!!」

綾乃「皆にも、あかりとのこと分かって貰いたいわよ!こんなに好きなんだから!!」


結京「…」




43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 18:50:11.34 ID:E8mF7uNIO

結衣「そんなに好きなら仕方ないな…」

京子「そうだね…」

あかり「!」綾乃「!」

あかり「じ、じゃあ!?」

結衣「あぁ…」




結衣「綾乃とのことは認めるよ…」

あかり「結衣ちゃん…」

結衣「あかりのことは諦めないけれどな、な?京子」

京子「」コクコク


あかり「!?」綾乃「!?」



49: 楓「>>40さんの甲斐性じゃ無理だと思うの…」 2012/08/31(金) 19:01:33.43 ID:E8mF7uNIO

綾乃「え?い、いったいどういう…」

あかり「ゆ、結衣ちゃん!?京子ちゃん!?」

京子「私達が虫もつかないように大事にしてきた、あかりちゃん…」

結衣「そのあかりが選んだ相手だ、無闇に別れさせるわけにもいかないだろう?」

綾乃「歳納京子…船見さん…」

結衣「…だけどな?はいどうぞ、と差し出せるほど簡単な年月でもないんだ」キリッ

京子「だから綾乃が油断したら、あかりちゃんはすぐにでも奪い返すからね!」キリッ



ちなつ(ゆ、結衣先輩の本音を聞き出そうと押し入れに入って、結衣先輩あかりちゃん京子先輩を呼び出して盗み聞きしてたら…と、とんでもないことに!?)


   \オッワリーン/


元スレ
結衣「あかりのくせに私より人気があるなんて生意気だ!」