1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 00:39:26.12 ID:y8u/93sA0


千早「プロデューサー」ユサユサ

千早「そんなトコロで寝ていては、風邪を引きます」ユサユサ

千早「起きてください」ユサユサ

P「…ちはや…?」

P「あぁ、すまん、事務所のソファーで寝て」

千早「いえ、それはいいんですが、お疲れですか?」

P「」

千早「プロデューサー?」

P「ちっ、千早さん?」

千早「はい?」

P「なっ、ななな、なんで、あなたに、揺れる胸がついてるんですかっ?!」

千早「…はい?」ユサッ



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 00:42:54.28 ID:y8u/93sA0


P「明らかに今までの…」

千早「…寝ぼけているんですか?」

P「いや、だって…」

千早「確かに、最近また大きくなりましたが…」

千早「だからと言ってプロデューサー、それはセクハラですよ」

P「えっ、はい、すみません…」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 00:45:02.76 ID:y8u/93sA0


千早「……」

P「……」

千早「あの」

P「?」

千早「そんなにジロジロ見られても…」

P「あっ、ご、ごめんなさい」

千早「……」

千早「いつもは胸なんて見ないのに、どうしたんですか?」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 00:48:07.29 ID:y8u/93sA0


P「いや、ちょっと、記憶が曖昧で」

千早「もう、しっかりしてください」

千早「その、プロデューサーは…」

P「?」

千早「私のような胸より、あずささんや、四条さんのような小さな胸が好きなんだと思ってたんですが…」

P「……。……なんだって…?」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 00:54:20.39 ID:y8u/93sA0


P「あずささんや貴音の胸が小さい…?」

千早「プロデューサー。女性に対して、胸のことは、あまり言わないであげてください。彼女たちだって好きで胸が小さいわけではないんです」

千早「私だって、大きい胸はコンプレックスです。でも、どうやっても胸を小さくすることはできません」

千早「もっと小さければ良かったのに…」

P「」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 00:55:37.65 ID:y8u/93sA0


P「そうか、千早も苦労してたんだな…」

千早「はい…」

P「……」

P「あの、それってパッドですよね?」

千早「何を言ってるんですか?」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 00:58:09.71 ID:y8u/93sA0


千早「なぜ私がわざわざ胸を大きくする必要が?」

P「ご、ごめんなさい…」

千早「いい加減にしてください。いくら私でも、好きで胸を大きくしてるわけではないんです」

P「じゃ、じゃあ、それは本物と言うのか?」

千早「もちろんです。正真正銘、本物です」

P「なら、俺が触っても問題ないわけだよな?」

千早「……」

千早「いえ、問題しかないと思いますが」




14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:00:30.77 ID:y8u/93sA0


P「そんなに大きいんだから、な?」

千早「私には、プロデューサーが言ってる意味は全く分かりかねます」

P「いいじゃんケチ」

千早「!」

千早「な、なんで、胸を触らせないとケチなんですか?!」




16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:02:10.35 ID:y8u/93sA0


P「胸が大きくっても、心は小さいんだな…千早は…」

千早「くっ」

千早「…わかりました。そこまで言うのなら…」

P「!」

千早「その代わり、軽くタッチだけですよ」

P「うん!」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:03:11.08 ID:y8u/93sA0


千早「はい、どうぞ」

P「…?」

千早「ど、どうしたんですか?早くしてください」

P「いや、服きてるし」

千早「…何言ってるんですか?」





20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:04:29.19 ID:y8u/93sA0


P「服の上から触ってパッドかどうか分かるほど、人生経験積んでないし」

千早「……」

千早「私にどうし

P「脱いで」

千早「…いやだと言っ

P「はやく」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:07:33.22 ID:y8u/93sA0


千早「…プロデューサー大丈夫で

P「ほら」

千早「ちょっとは?人の話を」

P「まだ?」

千早「……

P「分かった。もういいよ」

千早「?!」

P「千早は、結局、パッドじゃないと証明できないんだよな」

千早「わ、私が

P「いいよ。無理言ってごめんな。じゃあ、俺帰るから。おつか

千早「待ってください!」

千早「……」

千早「ぬ…脱ぎます」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:09:31.09 ID:y8u/93sA0


P「……ほんとか?」

千早「…その代わり、下着までですよ。それ以降は、絶対に、何と言われようとも、脱ぎません。いいですか?」

P「うん!」

千早「……」

ヌギ

P「!」

ヌギヌギ

P「!!」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:11:37.30 ID:y8u/93sA0


ファサッ

千早「…ど、どうですか?これで本物だと証明できましたよね?」

P「よく見えない」

千早「はあ?」

P「腕が邪魔」

千早「くっ…」

スッ

P「おー、本物だ」






29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:13:30.24 ID:y8u/93sA0


P「じゃあ、タッチするから」

千早「……」

P「ほら、『私の胸を触って確かめてください』って言って」

千早「……くっ」

千早「わ、私の…胸を…さっ、触って確かめて…ください……」

P「えー」

千早「まだなにかあるんですか?!」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:17:31.34 ID:y8u/93sA0


P「だって、パッドって、下着の下に入れるんだろ?」

千早「そ、そうなんじゃないですか」

P「なら言いたいことは分かるよな?」

千早「……いやです」

P「……」

千早「例え、プロデューサーにパッドでできた胸だと思われても、下着まで取るわけには…」

P「……」

千早「……」

P「……」

千早「……」

P「……」

千早「……わかりました!」

千早「その代わり後ろ向きますから!いいですか!いいですよね?!」

P「ああ、仕方ないな」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:19:23.99 ID:y8u/93sA0

クルッ

千早「……」

P「綺麗な背中だな」ボソッ

千早「や、やめてください!」

P「ほら、パッド取って」

千早「ち、違うって言ってるのに…」


パチッ


ポヨンッ


P「!!」






35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:22:03.77 ID:y8u/93sA0


千早「ほら、私の下着を見てください。どこにもパッドなんて…」

P「え?」

千早「だっ、だからっ!ブラ

P「タッチ」

千早「……」

P「一回なら触っていいんだろ?」

千早「……」

千早「…い、いやで

P「タッチ」

千早「……」

P「じゃあ、タッチなしでこっちを向くかどっちか」

千早「………」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:23:25.74 ID:y8u/93sA0


千早「……分かりました。そっちを向きます」

P「?!」


クルッ


千早「その代わり、手は胸をガードしますけど」フフンッ

P「くっ…」




39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:25:33.91 ID:y8u/93sA0


千早「はい、どうですか?どこも怪しいところはないでしょう?」

P「……」

P「手が

千早「いやです」

P「だっ

千早「無理です」

P「そっ

千早「なにか?」

P「…くっ」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:27:20.71 ID:y8u/93sA0


P「……フフッ」

千早「?! …何がおかしいんですか?」

P「どうして気づかなかったんだ?」

千早「なっ、何がですか?」

P「後ろ向いてよく見てみろよ」

千早「?!」


クルッ


千早「かっ、鏡…」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:29:52.57 ID:y8u/93sA0


P「まさかこんな手に引っかかるとはな…」

千早「……」

P「はーはっはっ!さぁ、大人しく、その手を…」

千早「……?」

千早「プロデューサー」

P「っ?!」

千早「あの鏡からの角度では、私が影になってプロデューサーには見えませんよね?」

P「くっ…」





44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:33:20.78 ID:y8u/93sA0


P「しかし、俺が角度を変えて鏡を見た可能性が

千早「ありません」

P「?!」

千早「だって、私があの鏡でプロデューサーが変な動きをしないか見ていましたから」

P「……」

千早「もし、プロデューサーが鏡から私の正面が見えたなら、私自身もプロデューサーの顔が見えたはず。それなのに、見えなかった」

千早「私が後ろを向いているときには気づかなかったんですね、違いますか?」

P「……」





45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:37:24.07 ID:y8u/93sA0


P「そう…だよ…」

千早「だから、ここで終了…ですね?」

P「……」

P「だが、千早は今、上半身裸だ」

千早「?!」

P「そして、腕は胸を隠すために使えない」

千早「……」

P「どっちが勝ちか、分かるはずだ。なぁ、千早?」

千早「…くっ」




47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:41:52.81 ID:y8u/93sA0


千早「……」


『……はや…?』ユサユサ


千早「分かりました…私の負けです…」


『…おーい、千早?』ユサユサ


千早「その代わり、一回だけですよ?」


『ほら、ソファーで寝てたら風邪引くぞー?』ユサユサ


千早「……」

スッ

「あっ、やっと起きた」

P「大丈夫か?千早?」




48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:44:29.68 ID:y8u/93sA0


千早「……」

千早「……ここは…?」

P「いや、ソファーで雑誌読んでるかと思ったら、急に倒れるから何事かと思ったぞ」

千早「……」

ペタッ

P「どうした、胸が痛むのか?何だったら病院でも」

千早「……」

千早「プロデューサー」

P「はっ、はい?」

千早「私は…この胸で良かったのでしょうか…」





51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:47:37.56 ID:y8u/93sA0


P「……」

P「ちょっと俺には質問の意図が分からないが…」

P「別にいいんじゃないか?」

千早「……」

P「俺は千早の胸、好きだぞ」

タッ-チ

千早「?!」

パチッ

千早「きゅ、急に触らないでください!」

P「くぅ…」

P「やっといつも通りに…変な夢見てたんじゃないか?…いてて…」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:51:32.94 ID:y8u/93sA0


千早「すっ、すみませんプロデューサー!」

P「いや、触ったのは俺だし、まぁ、気にするな。あと、寝るなら家に帰ってちゃんと寝ろよ?」

千早「…はい。お先に失礼します…」

P「なんだったら送ろうか?」

千早「いえ、結構です。少し考えたいことがあるので…」

ガチャ バタン


P「…ふう」

「プロデューサーさん、いい映像が取れましたよ」

P「ほんとですか?いやー、まさか千早自らが胸を見せてくれるなんてね」

「ふふっ。プロデューサーさんも、無茶しますね。まぁ、お薬飲ませたのは私なんですけどね」

P&??「…フフッ」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:53:04.52 ID:y8u/93sA0

おしまい


元スレ
千早「プロデューサー、プロデューサー」