1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/20(水) 14:01:40.67 ID:euDFzzk6.net

店員(うわぁ…可愛い)

穂乃果「花陽ちゃん!どれにする?どれにする!?」

花陽「えっと、えっとね!」

店員(どっかで見たような…)

店員「ご注文がお決まりになられ」

花陽「か、からあげ定食で!」

穂乃果「じゃあ私は日替わり定食お願いします!」

店員「は、はい!からあげ定食がひとつ、日替わり定食がひとつですね。以上でよろしいでしょうか?」

ほのぱな「「はいっ!」」



2: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/20(水) 14:02:32.12 ID:euDFzzk6.net

穂乃果「まだかなまだかな♪」

花陽「ああ…これも美味しそう…」

店員「お待たせしました!からあげ定食でお待ちのお客様」

花陽「はい!」

店員「こちら日替わり定食でお待ちのお客様」

穂乃果「はいはいはーい!」


店員「ご注文以上でお揃いでしょうか?ごゆっくりどうぞー」

ほのぱな「「いただきまーす!」」



5: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/20(水) 14:07:50.59 ID:euDFzzk6.net

穂乃果「はむっ…おーいしいー!」

花陽「お、黄金米~!」

穂乃果「はぐはぐ」

花陽「もぐもぐ」

ほのぱな「「んん~♡」」



店員(幸せそう…)



6: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/20(水) 14:14:50.70 ID:euDFzzk6.net

穂乃果「…からあげ美味しそう」

花陽「食べる?」

穂乃果「いいの?」

花陽「うん♡はい、あーん」

穂乃果「あーん♡」パク

花陽「おいし?」

穂乃果「ん~♡美味しいね~」

花陽「ねー♪」

穂乃果「花陽ちゃんも穂乃果の!あーん♡」

花陽「わぁ…あーん♡」パク

花陽「んん!これは…ご飯が進みます!」モグモグ

穂乃果「ほんとに!」モグモグ



15: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/20(水) 14:48:27.76 ID:euDFzzk6.net

穂乃果「ふはぁ~…ごちそうさま~」

花陽「ごちそうさまでした!」

穂乃果「…明日も来ちゃう?」

花陽「えぇ…来ちゃう?」

穂乃果「…二人だけの秘密ね」シー

花陽「皆には内緒だね」シー



店員(可愛いなぁ…)



26: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/20(水) 16:49:09.35 ID:euDFzzk6.net

花陽「…はっ!」

穂乃果「どうかした?」

花陽「ど、どうしよう…お財布、持ってきてなかった…」ウルウル


店員(ええ!?)


穂乃果「ええ!?…なーんだそんなことかぁ」

花陽「そんなことって…一大事だよ!?」

穂乃果「今日は私が奢ってあげる♪」

花陽「え…」

穂乃果「花陽ちゃんのこと誘ったの穂乃果だし…先輩禁止っていっても、年上だしね!」フフン


店員(あら、いい子ね…)


花陽「穂乃果ちゃん…で、でも」

穂乃果「いいのいいの!すいませーん、お会計お願いしまーす」



28: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/20(水) 16:54:48.22 ID:euDFzzk6.net

店員「当店のスタンプカードはお持ちですか?」

穂乃果「あ、持ってないです」

店員「ではこちら…スタンプが貯まりますとご飯の大盛が無料になりますので」

花陽「お、大盛が!?」

穂乃果「無料!すごい!」

穂乃果「あ、これで」

店員「はい…こちらお返しが…」



29: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/20(水) 17:00:23.97 ID:euDFzzk6.net

穂乃果「美味しかったねー」

花陽「ごめんね…」

穂乃果「もー花陽ちゃんってば、気にしないで?」

花陽「うん…」

穂乃果「ほら、早く行こ?海未ちゃんに怒られちゃう」ギュ

花陽「あ…」

穂乃果「一緒にスタンプ貯めようね♡」

花陽「…うん!///」

ウィーン...

店員「ありがとうございましたー」



30: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/20(水) 17:04:05.90 ID:euDFzzk6.net

店員「…あ」

店員(そうだ…あの子達μ'sっていうスクールアイドルの…)

店員(どうりで可愛いわけね…)

店員(…仲良さ気だったなぁ)

店員(付き合ってたりして…)

ウィーン...

店員「あ…いらっしゃいませー」

店員(そんなわけないか)



31: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/20(水) 17:12:05.69 ID:euDFzzk6.net

───────────────────

穂乃果「今日はハンバーグ定食にしよっと!」

花陽「私は…鯖味噌定食かな!」


店員(今日も来た…)


花陽「…大盛で」

穂乃果「え!?しちゃう?しちゃうの?」

花陽「…うふ♪」

穂乃果「う~…穂乃果も!穂乃果も大盛にしちゃうよ!」

店員「ご注文は…」

穂乃果「ハンバーグ定食…大盛で!」

花陽「鯖味噌定食…大盛でお願いします!」



32: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/20(水) 17:19:17.69 ID:euDFzzk6.net

穂乃果「運動したあとだから格別だねぇ…」モグモグ

花陽「うんうん!」ハグハグ

穂乃果「はい、花陽ちゃん」ズイ

花陽「ふぇ?」

穂乃果「あ~ん♡」

花陽「……」

穂乃果「? どうしたの?」

花陽「う、ううん…あ、あーん///」パク

穂乃果「どうどう?」

花陽「お、美味しい…です///」

穂乃果「花陽ちゃんのも一口ちょーだい?」

花陽「……あーん」

穂乃果「あむ…おいしー♪」

花陽「……///」



店員(んん…?)



58: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/20(水) 22:53:08.13 ID:euDFzzk6.net

花陽「…あ」

穂乃果「ん?」

花陽「えっと…あった」

花陽「……」フキフキ

穂乃果「んぅ…?」

花陽「ふふ、ソースついてたから」ニコ

穂乃果「……」

花陽「?」

穂乃果「そ、っか…うん、ありがと///」

花陽「うん♪」

穂乃果「花陽ちゃん…優しいね」

花陽「ええ…そ、そうかな?」




店員(んん…!?)



62: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/20(水) 23:16:41.54 ID:euDFzzk6.net

穂乃果「そろそろ行こっか」

花陽「うん」

穂乃果「すいませーん」




店員「…では、こちらスタンプカードのお返しです」

穂乃果「あれ?」

花陽「どうしたの?」

店員「あ、今日はスタンプが二倍の日なんです」

穂乃果「そうなんですか!やったね花陽ちゃん♪」

花陽「うん♪」

店員(嬉しそう…)

ほのぱな「「ごちそうさまでした!」」


ウィーン..


店員「ありがとうございましたー」



79: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/22(金) 13:36:07.86 ID:b+SBvZv1.net

──────────────────────


穂乃果「親子丼美味しい!」モキュモキュ

花陽「丼物もいいね!」パクパク

穂乃果「花陽ちゃん…ご飯とカツ別にしてるからそれカツ丼じゃないよ…」

花陽「え、えへへ…」



店員(私がシフト入ってるときいつも来てるなぁ…。もしかして毎日来てる?アイドルなのにいいのかな…)



ほのぱな「「ごちそうさまでした!」」



店員(お粗末様です。私が作ったわけじゃないけどね)

店員(て…あれ?おかず交換は?あーんは?あれ?あれれ?)



86: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/22(金) 14:04:09.66 ID:b+SBvZv1.net

穂乃果「出よっか」

花陽「…穂乃果ちゃん」

穂乃果「なに? 花陽ちゃん」

花陽「あの、えっとね…今から花陽…変なこと言うけど…聞いてくれる、かな?」

穂乃果「うん…?」


店員(え…なんだろなんだろ…)


花陽「私…私ね…」

穂乃果「……」

花陽「穂乃果ちゃんのことが…好きなの…っ////」

穂乃果「ふぇ?」


店員(おおおおおおぉぉぉ!?///)


花陽「恋愛的な…意味で…なのっ////」


店員(うひゃああああああ!?///)


穂乃果「……」

花陽「…な、なんちゃって…ごめんね?気持ち悪い冗談言っちゃって…あはは」

穂乃果「えっと…」

花陽「あは…」ポロポロ


店員「!?」


花陽「あ、あれ…?なんだろ、こ、れ…?」グシグシ

穂乃果「は、花陽ちゃ」

花陽「ご、ごめ、穂乃果ちゃ…私…っ」ガタッ タタタ


ウィーン


花陽「っ、ごちそうさまでした!」タタタタタ


店員(ど、どこいくの花陽ちゃん!)

店員「ありがとうございましたー」



90: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/22(金) 14:13:34.74 ID:b+SBvZv1.net

穂乃果「ま、待って!」タタタ

穂乃果「あ、あ、お会計…」ゴソ

店員「あ、はい…」

穂乃果「あ、あれ?財布が抜けな…ちょ、ちょっと待って、くださ」ワタワタ

店員「……」

穂乃果「えっと、えっと」


店員(私…なにしてんだろ…今の見てたでしょ…?)

店員(今、私がすべきことは…!)


店員「───追いかけなさい」

穂乃果「え?」

店員「っ、早く追いかけなさい!お金はいいから!早くッ!!」

穂乃果「あ…は、はい!」タタタ


ウィーン


穂乃果「あの!ありがとうございます!お姉さん!」ダッ



店員「ふふ…どういたしまして」

店員「…頑張れ」




店員(さーて、お金入れとこ)



94: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/22(金) 14:46:19.53 ID:b+SBvZv1.net

───────────────────────

ウィーン


店員「いらっしゃいませー」


穂乃果「疲れてない? 花陽ちゃん♡」ギュウ

花陽「大丈夫だよ 穂乃果ちゃん♡」ギュウ


店員「」

店員(腕組んでる!私知ってる!あれ恋人同士がやるやつだ!)


穂乃果「あ、お姉さん!」

店員「い、いらっしゃいませ…上手くいったようで…///」

穂乃果「お姉さんのお陰です…昨日は本当に…ありがとうございます」ペコリ

店員「いえ、私は…」

花陽「あの、私…穂乃果ちゃんから聞いて…ありがとうございます。えっと、昨日のお金…」コソ

店員「あ、そんな…」



98: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/22(金) 15:03:32.37 ID:b+SBvZv1.net

穂乃果「お姉さんは私達の恋のキューピッドです!ねー♡」

花陽「ねー♡」

店員「あはは…あ、申し訳ございません。こちらの席にどうぞ」




店員「ご注文はお決まりでしょうか?」

穂乃果「親子丼で!」

花陽「カツ丼お願いします!カツとご飯は別で!」

店員「あれ?これだと昨日と同じ…」

穂乃果「いいんです♡だって今日は…」

花陽「食べさせ合いっこ♡できなかったもんね」


ほのぱな「「ねー♡」」


穂乃果「あ、大盛でお願いします」

花陽「私も」

店員「…かしこまりました」



102: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/22(金) 15:21:24.84 ID:b+SBvZv1.net

穂乃果「花陽ちゃん あーん♡」

花陽「あーん♡」パク

穂乃果「…おいし?」

花陽「…幸せの味が、します♡」

穂乃果「なにそれー♡」



103: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/22(金) 15:22:28.57 ID:b+SBvZv1.net

花陽「穂乃果ちゃん あ~ん♡」

穂乃果「あ~ん♡」パク

花陽「…ね?」

穂乃果「…ほんとだ♡」

花陽「幸せだね♡」

穂乃果「うん♡」



104: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/22(金) 15:26:32.30 ID:b+SBvZv1.net

店員「……」



店員「……」



店員「……」



店員「……」




店員「」 👀
 



110: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/22(金) 16:33:51.85 ID:b+SBvZv1.net

店員「……」ポンポンポンポン


花陽「え…あの」

店員「…昨日の分と、今日の分です」

花陽「そ、そうなんですか?」

店員「はい」

穂乃果「あの!私達μ'sっていうスクールアイドルなんですけど」

店員「…はい」

穂乃果「ラブライブっていう大会があって、その大会への最終予選を今度やるので、お姉さんさえよければぜひ観に来てください!」

店員「行きます」

穂乃果「本当ですか!?」

店員「例え猛吹雪になっても絶対に行きます!」

花陽「あ、ありがとうございます」ペコ

穂乃果「それじゃあ…」


ほのぱな「「ごちそうさまでした!」」


店員(こちらこそ…)


ウィーン


店員「ありがとうございましたー!」



114: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/22(金) 16:37:49.65 ID:b+SBvZv1.net

イヤーキョウモオイシカッタネー

ミテミテ!キョウデサービススタンプゼンブタマッタヨ

ホントウ!?

コレデジカイハゴハンオオモリムリョウ!

オオモリムリョウ!ソレッテテンゴクー♡

ダヨネダヨネ♡


アハハハ♡



アナタタチ…


…ヒィッ!?


…サ、セツメイシテモラエマスカ?♡






ウィーン...

店員「いらっしゃいませー!」



115: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/22(金) 16:38:37.69 ID:b+SBvZv1.net

GOHAN-YA店員「いらっしゃいませー」




最後に入れ忘れた


元スレ
GOHAN-YA店員「いらっしゃいませー」