1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:28:43.59 ID:P/6GDTno0

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:29:33.81 ID:P/6GDTno0

島村卯月「うー…」ムスー

五十嵐響子「う、卯月ちゃん…その、私たちも、悪いからっ///」

小日向美穂「うぅ…///」


モバP「」




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:30:05.08 ID:P/6GDTno0

回想


島村卯月「はい。紅茶。二人ともストレートでよかったかな?」

五十嵐響子「うん。ありがと、卯月ちゃん。」

小日向美穂「わぁ、このティーセット可愛いねっ」

卯月「えへへ。この間のロケの時に見つけてね。帰る前に買ってきたんだ。」

響子「んっ、美味しい…」

卯月「ほんと?良かった。」

美穂「このクッキーも美味しい~♪」

響子「将来、卯月ちゃんと結婚する旦那さんは幸せ者だなぁ」

卯月「そ、そんな事ないってっ///」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:31:22.42 ID:P/6GDTno0

数十分後

卯月「それでね…」

ピピピ

響子「あれ?卯月ちゃん、スマホ鳴ってるよ。」

卯月「あっ、ほんとだ。お母さん? ちょっとごめんね?」

響子「うん。」

美穂「大丈夫だよ。」

ガチャ

卯月「もしもし、お母さん?」

美穂「…」モジモジ

響子「? 美穂ちゃん?」

美穂「う~っ、我慢できないっ」ポスッ

響子「あっ」

美穂「ふわぁ…やっぱりこのクッションすごい…」クタァ

響子「あはは、卯月ちゃんもそのクッション持ってたんだね。」

美穂「これは…だめになっちゃうぅ…」

響子「あははっ」

美穂「…ん?」

響子「どうしたの?」

美穂「なんか、ベッドの下に落ちてる?」ゴソゴソ

響子「え?」

美穂「雑誌かな…えいっ」ヒョイッ




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:32:40.67 ID:P/6GDTno0



雑誌『彼氏が喜ぶ! SEXテクニック』






6: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:33:37.40 ID:P/6GDTno0

響子「え」

美穂「え」

響子「えっ、ええっ?!///そ、それって…っ///」

美穂「ふぇぇっ?!///こ、これ…ええっ?!///」

響子「み、美穂ちゃんっ///落ち着いてっ///」

美穂「う、うん…///」

響子「…///」

美穂「…これ…どうしよう…戻した方がいいよね…///」

響子「…そ、その前に…その…ちょっとだけ、見てみない?///」

美穂「ええっ?!///」

響子「み、美穂ちゃんは…興味、無い?///」

美穂「え、ぅぅ…///」

響子「ほら…二人で…見よ…////」

美穂「……ぅん////」




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:34:05.17 ID:P/6GDTno0

ペラッ

響子「…///」

美穂「…///」

ペラッ

響子「あっ///」

美穂「わっ///」

ペラッ

響子「わわっ…/// すごい…///」

美穂「わー…////」




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:35:58.14 ID:P/6GDTno0

ガチャッ

卯月「ごめんねっ、電話終わっ…た…」

響子美穂「「あっ」」

卯月「えっ、あっ、それっ、だめっ!」バッ

響子「わっ」

美穂「きゃっ」

卯月「うぅ…////」


響子「う、卯月ちゃん…それ…///」

卯月「こ、これはっ、そのっ///べ、勉強の為、とかじゃなくってねっ///」

美穂「う、うん…///」

卯月「そのっ///えっと…っ///」

響子「…///」

卯月「ぅぅ……////」




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:36:35.15 ID:P/6GDTno0

美穂「卯月ちゃん…彼氏、いるの?」

卯月「ぅ…///」

響子「そ、そういう本、読むってことは…///」

美穂「い、いるんだよね…?///」

卯月「……///」コクン

響子「そ、そっか…///」

美穂「へ、へー...///」

卯月「ぅぅ...///」

響子「............ね、ねぇ...卯月ちゃん...」

卯月「...な、なに?」

響子「も、もしかしてだけど...さ、彼氏って...Pさん...?」

美穂「え?」

卯月「っ」ビクッ

響子「...そうなんだ...」

美穂「そ、そうなの...?」

卯月「...」コクン

響子「っ...そっか...そう...なんだ...」ジワッ

美穂「...っ」ポロポロ




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:37:20.27 ID:P/6GDTno0

卯月「...で、でもっ」

響子「え?」

美穂「...?」

卯月「そのっ...わ、私だけじゃないって...いうか...その...」

響子「....え?」

美穂「?」

卯月「...実は」

卯月(みんな、ごめんなさいっ)


説明中...


卯月「っていう事、なんだ...」

響子「え、ええっ?! Pさん、みんなと付き合ってるのっ?!」

美穂「それってっ、い、いけない事...なんじゃ...」

卯月「...うん...でも...みんな、それでもいいって。」

美穂「そ、そうなんだ...」




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:37:56.79 ID:P/6GDTno0

響子「...って、事は...卯月ちゃんは、その...Pさんと、その...///」

卯月「っ///」カァァ

美穂「わぁ.../// う、卯月ちゃんが大人に...///」

響子「う、うん...///」

卯月「うぅ/// と、とにかくっ/// そういう事、なのっ/// この本のことは忘れてねっ///」

響子「あっ」

美穂「うん...///」


響子(でも…卯月ちゃん…私も、Pさんと…///)

美穂(卯月ちゃん…すごいなぁ…私も…もっと積極的になれば、Pさんと…なんて…///)

卯月「......い、一応、プロデューサーは私の恋人、だから、二人とも、変なことしちゃだめだよ?」

響子美穂「「」」ギクッ




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:39:25.50 ID:P/6GDTno0

数日後


モバP(以降P表記)「...」カタカタカタ

P「...んー...」

P「ふんっ...んーっ」ノビー

P「ふわぁぁ...」

P「...」

P(まずい...このままソファに座ってたら...寝ちゃい...そう...)

P「...グー」




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:39:51.75 ID:P/6GDTno0

ガチャッ

美穂「お疲れ様です...」

美穂「あ、Pさん。Pさん?」

P「スー...スー...」

美穂「寝ちゃってる?」

P「んん...スー...スー...」

美穂「これじゃ風邪ひいちゃうな...えっと、仮眠室に毛布が...」



美穂「...」

美穂「ちょっ、ちょっとだけ...///」

ポスッ

美穂(Pさんの隣に座って...)

美穂「...///」

美穂(私とPさんに毛布を...///)

パサッ

美穂「//////」

美穂(Pさん...暖かい...///)




14: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:40:46.96 ID:P/6GDTno0

美穂(...?)

美穂「なにか...ある...?」

サワサワ

美穂「っ」

美穂「っつ!!??////」

美穂(こ、これっ!///Pさんの...っ?!///)

美穂(え、なんで、おっきく...なってる...のかな...//////)

美穂(...だ、だめっ///これ以上...っ///)

美穂(........../////)サワサワ

P「ん...んん...」ピクッ

美穂「ぁ...///」

美穂(き、きもちーのかな...///)

美穂(...う、卯月ちゃんの本だと...確か...///)

美穂(こ...こう...?///)サスサス

P「んんっ...っ」

美穂(ど、どうしよう...こんなの...ダメ、なのに....///)




15: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:41:18.86 ID:P/6GDTno0



P「...美穂?」






16: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:42:17.32 ID:P/6GDTno0

美穂「えっ」

P「...何してるんだ?」

美穂「ぁ...ぅぅ...」ギュッ

P「ん?」

美穂「す、スー...スー...///」

美穂(どうしよう...咄嗟に寝たフリしちゃった...けど...)

P「...」

P「...そっかそっか寝ぼけちゃったのか。」スッ

サワッ

美穂「んんっ////」

美穂(えっ、P、Pさんっ?!///さ、触ってる...?///)

P「寝ぼけてるんじゃ、仕方ない、よな?」

美穂(ど、どうしよう...///起きないと...でも...///)




17: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:42:45.61 ID:P/6GDTno0

P「...」

スリスリ

美穂「ぁ///んぅ///んっ///」

P「でも、寝ぼけながら、あんな事しちゃう子には、お仕置き、しないとな?」ボソッ

美穂「っ///」

P「んっ」チュウッ

美穂「ぁ///」

美穂(耳に...キス...///)

P「んぅ」

スリスリ
ツー

美穂「ぁ///ダメ...///」

美穂(Pさんの手が、スカートの中に...////)

P「ん?起きてるの?」

美穂「っつ//////」

P「そのまま、寝てろよ?」

美穂「...//////」




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:43:37.00 ID:P/6GDTno0

P「いい子だ...」

ピトッ

美穂「んぁ///」

クチュ

P「寝ながら濡らしてるの? エッチだね、美穂は。」

美穂「〜〜〜っ//////」

P「どれ...」

クチュクチュクチュ

美穂「んぅっ///んぁっ///ぅぅ///ん〜っ///」

P「もうぐちょぐちょだ。」

美穂「ヤァ...///」

P「...」

クチュ
グチュッグチュッグチュッ

美穂「ぁぁ///もっ///やぁ///んぅっ/////」

P「寝ながらいっちゃうんだ。」

美穂「〜〜っ/////」

P「いいよ、いっても。」

グチュッグチュッグチュッ

美穂「んぁっ///ぅぅ///んんんっ〜〜〜っ/////」ビクビクッ




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:44:41.54 ID:P/6GDTno0

P「お」

美穂「ハァッ.../// ハァッ.../// ハァッ...///」

P「美穂、起きた?」

美穂「はぁ.../// はぁ...///」

P「起きないと、キス、するよ?」

美穂「っつ////」

美穂「...//////」

P「キスしていいんだ。ほら。」クイッ

美穂「.../////」

P「ん...」

チュウッ

美穂「んっ////」

P「ふぅ...」

美穂「ぁ...」

P「...起きるまで、キスするよ?」

美穂「っ////」




20: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:45:08.34 ID:P/6GDTno0

P「んっ...ん...んぅ...」

美穂「んっ//// んっ//// ぁ/// んぅ///」

P「ふぅ...美穂はほんとにねぼすけだな。こんな事されても起きないなんて。」

美穂「ぅぅ////」

P「...美穂、もし、万が一にも、寝たフリしてるなら聞いてね。」

美穂「.../////」

P「またして欲しくなったら、いつでもいいいからな。」

美穂「っ////」

P「よし、じゃあ、さっき言ったとおり起きるまでキスな。」

美穂「..../////」

美穂(も、もう少し...だけ...寝てよう...//////)

美穂(卯月ちゃん...ごめんね...でも、みんなと付き合ってるんだもん...私も、いいよね...?)




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:45:42.23 ID:P/6GDTno0

翌日


P「死のう...」

千川ちひろ「プロデューサーさん。遊んでないで仕事してください。」

P「はい...」




22: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:46:29.68 ID:P/6GDTno0

数日後


P「夜ご飯?」

響子「ちゃんと食べてますか?」

P「食べてるぞ?」

響子「...コンビニ弁当とか、レトルトじゃないですよね?」

P「.......もちろん。」

響子「やっぱりっ!駄目ですよっ!ちゃんとしたの食べなきゃ。」

P「そうは言ってもなぁ...」

響子「...分かりました。じゃあ、今日は私がPさんの夜ご飯を作りに行きます。」

P「え、いや、それは」

響子「だめですっ」ズイッ

P「おおう…」

響子「Pさんはこの事務所を欠かせない存在ですっ。Pさんが体を壊したら、いっぱいの人に迷惑がかかってしまいます。」




23: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:47:09.72 ID:P/6GDTno0

P「まぁ、そっすね…」

響子「だからPさんは、もっと健康的な生活を送ってもらわなければいけませんっ」

P「は、はい…」

響子「では、今日の夜、Pさんは私の部屋に来てもらいますっ」

P「え」

響子「私の部屋で、夜ごはんをたべてもらいます。」

P「いや、アイドルの部屋にプロデューサーが行くのは…」

響子「大丈夫ですっ。事務所の寮にプロデューサーが入るのは、なんの問題もありません。」

P「いや、だから…」

響子「とにかくっ。仕事終わり、待ってますからねっ」

P「あ、おい…」

P「どうしよう…」


響子「…ヨシッ///」

響子(卯月ちゃんには悪いけど、私だって...)




24: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:47:39.58 ID:P/6GDTno0




女子寮 響子の部屋の前

P「来ちゃったよ…ちくしょう…」


コンコン


響子「は、はーいっ///」

ガチャッ

ヒョコッ

P「お…」

響子「ど、どうぞ…///」

P「お、おう…なんで首だけ出してんだ?」

響子「い、いいですからっ///」グイッ

P「うおっ」


バタンッ

P「…え」

響子「な、なんですか?///」スクミズ+エプロン

P「いや…なんだそのカッコ…」

響子「り、料理をする時は、エプロンをつけるんですよっ///」

P「いや、その、エプロンはいいんだが…」

響子「あ、あとは…その…こ、こういう恰好は…男の人が喜ぶって…///」

P「え」

響子「その…う、嬉しく…ないですか…?」

P「いや、めっちゃ嬉しい。」(脊髄反射)

響子「ほ、ほんとですかっ///」

P「あ、いや、今のは、その、つい本音が」

響子「そ、そっか…///Pさんが喜んでくれたなら、がんばって着たかいがありましたっ///」ニコッ

P(可愛い)

響子「あ、ちゃんとご飯も作ったので、まずは手洗いうがいお願いします。」

P「おう…」




25: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:48:34.73 ID:P/6GDTno0

リビング


P「これは…すごいな…」

響子「お代わりもありますからねっ♪」

P「いただきます。」

響子「召し上がれ♡」


P「んっ…」


P「美味っ」

響子「ほんとですかっ♪」

P「さすが響子…ほんとすごいな…」

響子「えへへっ♪ほめすぎですよっ♪」

P「これなら、もっと料理系の仕事…いや、コンビニとかファミレスとのコラボ商品も…」ブツブツ

響子「も、もうっ、Pさんっ」プクッ

P「え?」

響子「仕事の事は忘れて、食べてくださいっ」

P「あ、ごめんごめん。」

響子「もう…」

響子(でも…仕事の事考えてる時のPさん…かっこよかったな…///)




26: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:49:03.18 ID:P/6GDTno0

P「…ところで、響子。」

響子「はい?」

P「なぜ、隣に座るのでしょう。」

響子「? だめでした?」

P「いえ…いいんですけど。」

P(視界の端に、響子の肌色がちらついて集中できん。)

響子「いいですからっ、ほら、食べてください。」

P「ハイ…」




27: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:49:31.65 ID:P/6GDTno0

響子「…///」

響子「…P、Pさん…」

P「ん?」

響子「あ、あーん///」

P「え」

響子「…///」

P「あ、あーん」

パクッ

響子「えへへっ♪一回、やってみたかったんです。」

P「そ、そうか…」フイッ




28: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:51:16.23 ID:P/6GDTno0

響子「…P、Pさんも、してくれませんか?////」

P「え」

響子「あ、あーん…///」

P「…フーフー」

P「はいあーん…」

響子「アムッ///」

P「…どうだ?」

響子「お、美味しいです…///」

P「そっか…」フイッ

響子「…///」

響子(も、もっと積極的に…///)




29: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:52:59.56 ID:P/6GDTno0

響子「アムッ…Pひゃん…///」

P「…ん?」

響子「ふぁい…///」

P「っ…それは、さすがに…」

響子「…////」ジー

P「…いいんだな?」

響子「…///」コクッ

P「…んっ」

チュッ

響子「ぁ///」

p「…」フイッ

響子「こ、今度は…Pさんの、番、ですよ…///」

P「…」パクッ

P「…ん」

響子「…////」

アムッ

響子「…///」スッ

チュウッ

響子「んっ///」

P「ん…」

響子「ぁ///んっ///んぅ///ちゅっ///」




30: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:53:31.31 ID:P/6GDTno0

P「…ふぅ」

響子「ぁ…」

P「次は、響子の番だぞ?」

響子「ぁ…///…ん///」パクッ

P「…」クイッ

響子「ぁ///」

P「んむっ」

チュウッ

響子「んっ///Pひゃんっ///んぅ///」

P「…」パッ

響子「ぁ…も、もっと…///」

P「もう、おかず無いぞ?」

響子「あ…」

P「ごちそうさまでした。片付け手伝うよ。」

響子「…はぃ…」シュン

P「…」




31: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:54:04.92 ID:P/6GDTno0

台所

響子「…///」

P「これ、どんどん吹いてっちゃうな?」

響子「…お願いします…」

P「…」

響子(うぅ…どうしよう…なんか…すごくもどかしい…///)

響子「…///」チラッ

P「…」フキフキ

響子「っ///」フイッ

響子(き、キス…しちゃったんだよね…Pさんと…///)

響子(どうしよう…もっと、したいよ…全然、足りないよ…///)

ビシャッ

響子「きゃっ」

P「おっと…水がはねちゃったか。」

響子「は、はい…」ポタポタ

P「胸のところ、濡れちゃったな。動かないで、拭いてやるから。」

響子「ぇ…」




32: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:54:38.59 ID:P/6GDTno0

P「ほら、そのままそのまま…」

フニッ

響子「んっ///P、Pさんっ?///」

P「水着でも、濡らしたままじゃ風邪ひくぞ。」

響子「じ、自分で拭けますから…///」

フニフニッ

響子「あぅ…///」

P「ちゃんと、拭かないとな。」

響子「…はぃ///」

P「ほら、手、止まってるぞ。」

響子「っ/// はぃ///」

P「…」

ムニムニッ

響子「ぁ///ぅぅ///んっ///」

P「…結構、濡れちゃったな。」

響子「は、はぃ…///」

P「首も…」フキフキ

響子「んっ///」

P「顔も…」

響子「んぅ///」

P「…」

ピトッ

響子「ぁ///な、なんです、か?///」




33: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:55:11.52 ID:P/6GDTno0

P「この辺も、濡れちゃったかなって…」

響子「…はぃ...濡れちゃいました...///」

P「そっか。じゃあ、よく見せて?」

響子「ぅ...は、はぃ...///」クイッ

P「どのへんが、濡れちゃったんだ?」

響子「唇、です...///もっと、近くで、見てください...///」ググッ

P「...」

響子「近くで見れば...わかると、思います...////」ググッ

P「...うーん、分かんないなぁ。」ヒョイッ

響子「ぁ...」

P「どうした?」

響子「...キス...///」

P「ん?」

響子「っ//// キス、してくださいっ///」

P「...キス?」グッ

響子「は、はぃ.../// さっきみたいな...キス、です///」

P「いいの?洗い物は。」

響子「キス、してくれたら、します///」

P「...んっ」

響子「んぅ///」

P「ふぅ...」

響子「ぁ...も、もっとですっ///」

P「...ん」




34: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:55:39.43 ID:P/6GDTno0

響子「んぅ///んっ///ぁ///んんっ///ん〜っ////」

P「ん...」

ムニュッ

響子「ぁ///」

P「痛い?」

響子「大丈夫...です...////」

P「じゃあ、もっと触っていい?」

響子「...はぃ/// Pさんなら、好きに、触っていいですよ...///」

P「んっ」

チュウッ

響子「んっ///」

ムニュッ

響子「んぅっ////」

P「...」

チュルッ

響子「ぁ.../// ちゅるっ/// れるっ/// んっ///」

P「ん...」スッ

クチュ

響子「んあっ///」

P「...」クイッ

響子「ぁ/// 水着、ずらしちゃ...///」

クチュクチュ

響子「ああっ///」




35: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:56:13.05 ID:P/6GDTno0

P「ほら、キス、するんだろ?」クイッ

響子「ぁ///んぅっ///」

クチュクチュクチュクチュ

ムニュッ

響子「んぁっ///んぅつ///ちゅうっ///ん〜〜〜っ/////」ゾクゾクッ

グチュッ

響子「んあっ////んんんっ〜〜〜っ/////」ビクビクッ

響子「ふわぁ...///」

P「おっと...」

響子「ハァ.../// ハァ...///」

P「洗い物は休憩してからだな。」


P「じゃあ、ご飯、ごちそうさま。また明日な。響子。」

響子「は...はい...///」

P「...あ、最後に...」グイッ

響子「ぇ...」

P「ん」

チュッ

響子「んっ///」

P「...また、ご馳走になってもいいか?」

響子「ぁ...はぃ...いつでも、いいですよ...///」






36: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:56:43.78 ID:P/6GDTno0

翌日

P「」チーン

ちひろ「またですか。」

P「己が愚かすぎて...」

ちひろ「自己嫌悪はいいんで、仕事してください。

P「はぃ...えっと...今日は...」

P「あ」




37: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:57:19.11 ID:P/6GDTno0

回想終了

P「」

卯月「うー...」ムスー

響子「う、卯月ちゃんっ…わ、私たちがわるいからっ…///」

美穂「ぅぅ...///」

P「卯月...聞いた?」

卯月「聞きました...」ムスー

P「」

P「スイマセンシタッ」ドゲザ

響子「う、卯月ちゃん、私もごめんっ」

美穂「わ、私も、ごめんなさい...」

卯月「...響子ちゃんと美穂ちゃんには、怒ってないよ。」

響子「え?」

美穂「そ、そうなの?」

卯月「うん...」

卯月「プロデューサーさんっ」

P「」ビクッ

卯月「どうしてそんなに簡単にみんなを受け入れちゃうんですかっ!」ムスッ




38: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:57:49.68 ID:P/6GDTno0

P「...スイマセン」セイザ

響子「卯月ちゃん...ほんとにいいの...?」

美穂「わ、私達、卯月ちゃんの...」

卯月「...二人は、親友だもん。私だけって、申し訳なかったから...」

卯月「でもっ、いくらなんでもプロデューサーさんは軽率ですっ!」ムスッ

P「ゴモットモデ...」

卯月「...さ、最後まで、したんですか?」

P「イエ...」

卯月「...するつもりでした?」

P「...イエ」

卯月「......」

P「」ダラダラダラ

卯月「...責任...」

P「え?」

卯月「...こうなったら、二人とも、責任とってあげてください///」

響子「う、卯月ちゃんっ?!///」

美穂「それって...///」

卯月「ふ、二人にあれだけの事をしておいてっ、責任取らないなんて言いませんよねっ!///」

P「は、はいっ」

卯月「じゃあ、今日の仕事終わり、寮まで、送ってください...///」

P「...ま、まじで...?」

卯月「...二人も、いいよね?///」




39: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:58:38.79 ID:P/6GDTno0

響子「ぅ...///」コクン

美穂「ぇ.../// ...///」コクン

卯月「じゃあ、そういうことで...///」

P「はぃ...」


夜 車内

P「シートベルト、締めろよ...」

卯月「はぃ...///」

響子「...///」

美穂「...///」

P「...ほんとに、響子の部屋に行くんだな?」

卯月「はい...///」

P「二人も、いいんだな?」

響子「...///」コクン

美穂「は、はぃ///」

P「...分かった。」




40: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:59:17.24 ID:P/6GDTno0

夜 女子寮 響子の部屋



響子「お、お茶、淹れたよ…///」

卯月「あ、ありがと…///」

美穂「…////」

P「…」

響子「…///」ポスッ

卯月「…///」

美穂「…///」

P「…」ズズッ

スッ

ピトッ

卯月「んっ///」

響子「ぁ…///」

美穂「っ/////」

スリスリ

卯月「んっ/// あっ/// ぷ、プロデューサーさん…///」

P「卯月…」グイッ

卯月「あっ///」

チュウッ

卯月「んぅ///」




41: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/24(金) 23:59:59.75 ID:P/6GDTno0

響子「…///」

美穂「わっ…///」

チュルッ

卯月「ぁ/// ちゅるっ/// れるっ/// んっ///」

響子「…////」クイクイッ

P「ん?」

響子「わ、私にも…キス、してください…///」

美穂「きょ、響子ちゃん…///」

P「…ああ、勿論。」クイッ




42: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/25(土) 00:01:38.04 ID:oEGc9Peg0

響子「あ/// …ん///」

P「…これでいいか?」

響子「だめっ/// もっと…///」

P「じゃあ、舌出して。」

響子「…んっ///」

P「いい子だ。」

チュルルッ

響子「んぁっ//// ん~っ///」ピクピクッ

P「…ふぅ…美穂も。」グイッ

美穂「あっ///」

P「…ほんとはあの時、起きてたんだな。」

美穂「うぅ///」

P「エッチだな。美穂は。」クイッ

美穂「っ///」

P「ん…」

美穂「んっ///」

P「…ほら、もっと舌からまして。」

美穂「…こお…でしゅか///」

P「ん…そうだ。」

美穂「んぅ/// ちゅるっ/// れるっ/// 」

P「…ふぅ」

美穂「ぁ…/// ハァ…/// ハァ…///」

P「…じゃあ、最初は誰からにする?」




43: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/25(土) 00:02:04.10 ID:oEGc9Peg0

卯月「…/// じゃ、じゃあ、私…から、お願いします…///」

P「…分かった。ほら、こっち来い。」グイッ

卯月「んっ///」

P「そうだよな。まずは卯月が見本を見せないとな。」

卯月「は…はぃ…///」

P「…それとも、卯月が我慢出来なくなっちゃった?」ボソッ

卯月「っつ/// そ、そんな事は…//////」

P「卯月はエッチだもんね。」ボソッ

卯月「違いますぅ…////」


P「二人はそこで見てて。あと、もどかしくなったら、自分で慰めてていいから。」

響子「そんなっ////」

美穂「//////////」

P「それじゃあ、卯月。服、脱いで。」

卯月「え…///」

P「俺の卯月の体、見せてくれるか?」

卯月「…//// は、はぃ…///」

シュルッ
パサッ

卯月「////////」モジモジ

P「卯月っ」グイッ

卯月「ぁ…///」

P「ん…」

卯月「んっ/// ぁ/// ちゅるっ/// れるっ/// んんっ////」




44: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/25(土) 00:02:50.02 ID:oEGc9Peg0

P「…」スッ

クチュッ

卯月「んんっ////」

クチュクチュクチュ

卯月「んぁっ//////// んぅっ//// んん~っ////」ゾクゾクッ

P「いっちゃうの? 二人が見てるよ?」

卯月「やあっ///」

P「気持ちよくなっちゃって、我慢出来ない卯月のエッチで可愛い姿、二人に見られるぞ?」

卯月「いわっ、あんっ/// 言わないでっ///」

P「クスッ、ほら、イケっ」

グチュッ

卯月「ふわっ、んあああああっ/////」

卯月「やああっ…///」

P「おっと」

卯月「はあっ…/// はあっ…////」

P「これからが本番だぞ。卯月。よっと。」

卯月「ふぇ…?///」

P「よいしょ」ポスッ

ハイメンザイ

卯月「ぁ/// あ、足、閉じてください…/////」

P「閉じたければ、閉じていいぞ?」

卯月「ぅぅ/// 力…はいんないです…////」




45: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/25(土) 00:03:27.26 ID:oEGc9Peg0

P「それより、ほら、見てみろ。」

卯月「ぇ…ぁ////」カァァ

響子「…っ////」モジモジ

美穂「…////」

P「今から、卯月と俺のエッチ、あの二人に全部見てもらうぞ。」

卯月「やあ…/// 」

P「だめ。卯月は俺のだろ? 言うこと、聞けないの?」ボソッ

卯月「…ぅぅ////」

P「ほら、行くぞ…」ボロンッ

響子「っ////」

美穂「////////」

ニュプッ

卯月「んぁ///」

ヌプププッ

卯月「ああああんっ////」

パンッ

卯月「あんっ///」

P「可愛い声。もっと聞かせてあげて。」ボソッ

卯月「やあっ///」

パンッパンッパンッパンッパンッ

卯月「んやあっ/// あんっ/// おくっ/// とどいてっ/// 」


響子「...////」

美穂「/////」




46: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/25(土) 00:03:58.36 ID:oEGc9Peg0

P「いつもより膣、キツイね。見られて興奮してるんだ?」

卯月「ちがっ/// あんっ/// あっ/// あっ/// 違いますっ////」

P「卯月、俺言ったよね? 素直な方が可愛いよって。」

卯月「っつ//// んあっ//// んぅっ///」

P「卯月?」

卯月「ぅぅ〜っ//// は、はぃ/// こ、コーフンしちゃって、ますっ////」

P「そう。素直でエッチな卯月が可愛いし、俺は好きだよ。」

卯月「あんっ/// す、好きってぇ/// いま、言われたらぁ///」

P「余計に気持ちよくなっちゃう?」

卯月「っつ//// はいっ/// うれしくてっ/// 気持ちよくなっちゃうんですっ////」

P「そっか。じゃあいっぱい言ってあげるね。」

卯月「ああっ///」

パンッパンッパンッパンッパンッ

卯月「やあっ/// んあっ//// んぅっ///」

P「卯月、好きだ。大好きだ。」

卯月「あんっ/// わ、私もっ//// 好きですっ/// ぷろでゅーさーさんっ////」

P「くっ...出すぞ、卯月。」

卯月「あっ/// なかにっ/// 中にくださいっ//// ぷろでゅーさーさんっのっ、ほしいですっ///」

P「ああっ、出るっ」

ドクンッ

卯月「ふわあぁぁあっ////」ビクビクンッ

ドクンッドクッ




47: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/25(土) 00:04:27.49 ID:oEGc9Peg0

卯月「ああ...///」

P「ふぅ...」

ヌポッ

卯月「ぁ...///」クタァ


P「さて...」

響子「っ///」

美穂「ぅ////」

P「二人も、脱いで見せてくれないか?」

響子「...はぃ///」

美穂「わ、分かりました...///」


シュルッ
パサッ


響子「っ〜〜////」

美穂「/////」

P「綺麗だよ。二人とも。」

響子「ありがとうございます...///」

美穂「ぅぅ///」

P「ほら、おいで。」

響子「...////」ペタペタ

美穂「/////」ペタペタ

P「はいっ。」ギュウッ

響子「ぁ///」




48: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/25(土) 00:05:10.36 ID:oEGc9Peg0

美穂「んっ////」

P「...」スッ

クチュ

響子「あんっ///」

クチュ

美穂「んあっ?!///」

P「二人とも、準備しないとな。」

クチュクチュクチュクチュ

響子「んあっ//// ゆびっ/// ああっ/// あんっ///」

美穂「やあっ/// はげしいっ/// ですっ///」

P「二人とも、顔上げて。」

響子「あっ/// あっ/// 」クイッ

美穂「あんっ/// こ、こうですかっ////」

P「そう。んっ」

響子「んっ////」

美穂「あっ///」

響子「んんっ/// ちゅるっ/// れるっ/// ん〜っ///」

美穂「Pさんっ//// わたしもっ/// わたしにもっきすっ/// んあっ////」

P「...んっ」

美穂「ちゅうっ/// んっ///」


響子「ふわっ/// Pさんっ/// もっ/// いっちゃいますっ///」

美穂「あんっ/// わ、わたしもぉ///」

P「いいぞ。二人とも、思いっきりイけ。」




49: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/25(土) 00:05:53.24 ID:oEGc9Peg0

グチュッ

響子「ああああっ//////」

美穂「やああああっ////」


響子「ふわぁ...///」

美穂「はぁぁ...///」


P「二人揃ってダウンか。じゃあ...」

グイッ

響子「ぁ///」トサッ

美穂「ぅ///」トサッ


P「二人とも、行くぞ?」


響子「ぁ.../// は、はぃ...///」

美穂「来て...ください....///」

P「じゃあまずは美穂、からだ...っ」

ニュプッ

美穂「んっ///」

ニュププッ...

美穂「ぁぁ.../// 入って...くる...///」

プチプチッ

美穂「いっ...んぅ...」

プチッ

…トン




50: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/25(土) 00:06:25.05 ID:oEGc9Peg0

美穂「ああっ...はぁっ...はぁっ...///」

響子「み、美穂ちゃん...大丈夫...?」

美穂「ちょっ、ちょっとだけ、痛い、けど...」

P「痛かったら言えよ。」

美穂「っ...はぃ...」

P「動くぞ...」

ズッ

美穂「んっ...///」

P「...」

ズッ...
パンッ

美穂「あっ///」

P「気持ちいい?」

美穂「っ///」

パンッパンッパンッ

美穂「あっ/// あっ/// Pさぁっ/// 」

P「初めてなのに、もう気持ちいいんだ?」

美穂「やあっ///」

P「寝てる俺にいたずらしたり、美穂は本当にエッチだね。」

美穂「あんっ/// やあっ/// ちがっ、いますっ/// あっ/// あっ/// ああっ///」

響子「わぁ...///」

響子「...////」スッ

クチュ





51: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/25(土) 00:07:06.02 ID:oEGc9Peg0

響子「んっ...///」

美穂「P、さんっ/// はげしいっ//// ですっ/// なかっ/// ぐちゃぐちゃになっちゃうっ///」

P「ああ、ぐちゃぐちゃになって、美穂の中、俺の形になっちゃうな。」

美穂「あんっ/// p、Pさんの形ってぇ/// 」

P「そしたら、もう一生俺としか出来ないな。」

美穂「それってっ/// あっ///」

P「美穂が、一生俺専用になるってこと。」

美穂「あんっ/// あっ/// そんなっ/// あんっ///」

P「嫌? 嫌ならやめるよ?」

美穂「っつ/// 嫌じゃないですっ//// わたしっ、Pさんっ、せんよーになりますっ////」

P「ぐっ...中に出すぞっ」

美穂「あっ/// はぃっ/// 来てっ///」

P「うっ...」

ドクンッ

美穂「んあっ//// あああっ///」ビクビクッ

ドクッドクッ

美穂「ふわぁ.../// あつぃ...///」




52: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/25(土) 00:07:31.48 ID:oEGc9Peg0

P「ふぅ...」

ヌポッ

ドロッ

美穂「ぁぁ...///」クタァ


P「...お待たせ、響子。」

響子「っ///」ビクッ

P「ごめんね、待たせちゃって。」

響子「っ...だ、大丈夫...です...///」

P「...自分で、慰めてたのに?」

響子「ぁ...///」カァァ

P「...そうだ。響子。入れる前に、これ、綺麗にしてくれないか?」

響子「ぇ...そ、それって...///」

P「嫌なら、いいんだが。」

響子「...///」ギシッ

P「...お願いな。」

響子「んっ////」チュウッ

P「っ」

響子「ぁ、い、痛かった、ですか?」

P「いや、大丈夫だよ。それより、ほら。」

響子「ぅ...はぃ...///」

チロッペロッ

響子「///////」

チュルッペロッ

P「んっ...いいぞ、響子。」ナデナデ

響子「んっ///」

P「じゃあ、加えてみよっか?」

響子「咥える.../// アムッ///」

P「よし、そしたら口の中で、舌を使って舐めて。」




53: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/25(土) 00:08:20.21 ID:oEGc9Peg0

響子「ふぁい.../// んっ/// ちゅるっ///」

P「っ...上手いぞ、響子。」


響子「んっ/// れるっ/// ん〜っ///」

P「...よし、もういいぞ。」パッ

響子「ぷはっ...ぁ...///」

P「じゃあ、いくよ。」

クチュ

響子「んぁ///」

ニュププッ

プチプチップチッ

響子「いっ...んぅ...」

…トン

P「...全部入ったぞ。」

響子「はぁっ...はぁっ...」

P「痛い?」

響子「...す、少し...だけ...」

P「だよな。ほら。」ギュゥ

響子「ぁ///」

P「響子が落ち着くまでこうしてるよ。」ナデナデ

響子「っ/// ありがとうございます...///」


響子「...ぁの...もう、動いて、大丈夫です...///」

P「了解。辛かったらすぐ言って。」




54: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/25(土) 00:08:55.27 ID:oEGc9Peg0

響子「はぃ...///」

ズッ...

グッチュグッチュグッチュグッチュ

響子「んぅっ/// んぁ/// んんっ///」

P「痛い?」

響子「そ、そんなにはっ///」

P「気持ちいい?」

響子「っ///」

P「響子...」

チュウッ

響子「んぅ///」

P「...気持ちいい?」

響子「...はぃ/// き、きもちいいです...///」

P「そっか。じゃあ、響子も、俺専用にしちゃっていい?」

響子「っつ////」

P「いや?」

響子「...///」フルフル

P「じゃあ、響子は今日から俺の物な?」

響子「っ/// はぃ...///」

P「じゃあ...」

パンッパンッパンッ

響子「んぁっ/// やあっ/// ぅん///」

P「ちゃんと、体に染み込ませないとね。響子が誰のものなのか。」




55: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/25(土) 00:09:32.07 ID:oEGc9Peg0

響子「あっ/// あっ/// ああっ///」

P「ほら、響子。響子は誰のものだ?」

響子「あんっ/// わ、わたしはっ/// P、Pさんのものですっ///」

P「そうだ。響子は俺のものだ。この体も、全部俺のものだからな。他の男には、見せても触らせても駄目だからな。」

響子「はいっ/// わたしがっ、こんな事するのはっ/// Pさんだけっ/// ですっ///」

P「よく言った。じゃあ、俺の響子に出すぞっ。」

響子「くださいっ//// あっ/// Pさんのですからっ/// 好きに出してっ///」

P「ぐぅ...」

ドクッ

響子「ああああっ////」

ドクッドクッドクッ

P「ぅ...」

響子「ぁ...ぁぁ.../// あつぃ...です...////」

P「ふぅ...」

ヌポッ


P「これで、3人ともちゃんと俺のものだな。」

卯月「っ///」

美穂「ぅ///」

響子「はぃ...///」

P「シャワー浴びる前に、3人で綺麗にしてくれ。」

卯月「...はぃ///」

美穂「分かりました...///」




56: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/25(土) 00:10:01.83 ID:oEGc9Peg0

響子「...///」


卯月「んっ/// ちゅっ/// 」

美穂「チロッ/// ちゅるっ///」

響子「んぅ/// ちゅうっ/// 」

P「3人とも、もしまたしたくなったらいつでもいいからな。」

卯月美穂響子「「「…はい///」」」




57: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/25(土) 00:10:28.81 ID:oEGc9Peg0

翌日


塩見周子「P、お腹すいたんっ♪」ダキッ

P「いちいち抱きつくなといつも…」

周子「ええやんっべつにっ♪」

P「はぁ…」

周子「ねえ、どっか食べ行こ。」

P「そうだな。じゃあ…」

響子「あっ、Pさんっ。お弁当作ってきたので良かったらどうぞっ」ハイッ

周子「え?」

P「おお…ありがとな。」

響子「いえ、全然大丈夫ですっ。あっ、じゃあ私卯月ちゃん達と約束があるのでっ」

P「おお…」

響子「あとで感想聞かせてくださいねっ♪」タッ




58: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/25(土) 00:11:04.66 ID:oEGc9Peg0

周子「…ふーん…」ジトッ

P「…どんなお弁当かなー」キヅカナイフリ

パカッ

弁当『たまごで大きなハートマークが書かれたそぼろ弁当』


P「」

周子「…」

P「…オ、オイシソウダナー…」

周子「…P?」

P「…」フイッ


響子「あっ、Pさんっ、言い忘れてましたっ。」

P「…おう」

響子「これからは毎日お弁当作ってきますねっ♪彼女としては当然ですからっ♪」

P「」

響子「それではっ♪」


ガチャ
バタンッ


周子「…で? 彼女の私になにか説明は?」

P「」

P「スイマセンデシタッ」ドゲザ

周子「はぁ…」


周子「まぁ、食べなよ。響子ちゃんがせっかく作ってくれたんやし。」

P「おう…」

周子「……今日の夜、Pの家行くから。」

P「え」

周子「…夜ご飯、作ったげる…」

P「いや…さすがに家はちょっと…」

周子「…」

P「…是非、お願いいたします…」

周子「ん。じゃあアタシは紗枝ちゃんとご飯行ってこよ。」

P「おう…」

周子「……アタシダッテ…」ボソッ




59: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/25(土) 00:11:35.68 ID:oEGc9Peg0

 

To be continued...





60: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/25(土) 00:12:37.08 ID:oEGc9Peg0

今回は以上となります。

一回これまで出てきたアイドル達、全員ちゃんと書きたい

けどもっといろんなアイドルも書きたい。

そんな葛藤。

お粗末様でした。


元スレ
SS速報R:モバP「どうしてこうなったんだっけ…」