1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 17:40:06.08 ID:fgirE6F80

ほむら「まどか、たまにはあなたからキスしてほしいわ」

まどか「え?で、でも///」

ほむら「ダメ……かしら?」

まどか「わ、わかったよ……えと、目をつぶってねほむらちゃん///」

ほむら「えぇ」



まどか「んー」プルプル

ほむら(つま先立ちしてキスしようとするけどハイヒールのせいでとどかなくてプルプルしているまどかが可愛いわ)

まどか「むー」プルプル





うん



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 17:45:52.74 ID:fgirE6F80

ほむら「なれないハイヒールに転んでしまったわ」

まどか「大丈夫!ほむらちゃん!」

ほむら「ちなみにこれはまどかに転んだことで手当を受けるためであって」

ほむら「決して本当に転んだわけではないわ」

まどか「何言ってるのほむらちゃん、膝から血が出てるよ……ほら見せて」

ほむら「決して本当に転んだわけではないわ」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 17:52:17.36 ID:fgirE6F80

ほむら「ハイヒールをはいたことによってまどかと見つめ合うと」ジィー

まどか「え?ど、どうしたのほむらちゃん」

ほむら「まどか、私の目を見て?」ジィー

まどか「う、うん」ジィー

ほむら「心配したような表情で上目遣いのまどかを見ることができて非常に幸せになれるわ」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 17:56:47.56 ID:fgirE6F80

ほむら「さらに」ギュゥ

まどか「わぷ」

ほむら「このようにまどかを胸に抱きしめて撫でることも可能よ」ナデナデ

まどか「ほむらちゃん、撫でられたり抱きしめられたりするのは嬉しいけど恥ずかしいよぉ///」

ほむら「やっぱりまどかの可愛さは無限大ね」ギュゥ

まどか「ほむらちゃん、抱きしめるのがちょっと強くていたいよぉ」

ほむら「ごめんなさいまどか、私に胸の脂肪があればあなたにそんな想いをさせずに済んだのに」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 18:05:05.07 ID:fgirE6F80

ほむら「ちなみになれないハイヒールは歩き方が不恰好になってしまうのよ」

ほむら「だからこのように普通に歩いているつもりなのだけどふらふらしてしまうの」

まどか「さっきの怪我のせいもあるとおもうけど……」

まどか「そうだ、ほむらちゃんの手を抱きしめて密着したらバランスも取りやすいかな!」ギュ

ほむら「と、何も言わなくてもまどかの優しさに寄って更なる幸せを得ることができるわ」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 18:11:12.64 ID:fgirE6F80

コツコツ

ほむら「ハイヒールならではのこのコツコツ音」

コツコツ

ほむら「大人の雰囲気を出しやすいわ」

まどか「わざと音を出す変な歩き方しちゃだめだよほむらちゃん」

ほむら「まどかに心配されて叱られることも可能よ」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 18:15:47.15 ID:fgirE6F80

ほむら「椅子に座った時もハイヒールはその真価を発揮するわ」

ほむら「こうしてハイヒールで足を組むとそれだけで妖艶さが増すわ」

ほむら「足を組んだハイヒールの女性と足を組んだスニーカーの女性を想像するとわかりやすいわね」

まどか「ほむらちゃん、足を組む時自分の足をヒールで蹴っ飛ばしてたけど大丈夫?痛くない?」

ほむら「失敗すると恥ずかしいから要練習ね」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 18:24:39.30 ID:fgirE6F80

ほむら「ハイヒールといえばストッキング」

ほむら「双方からでる大人な妖艶さが魅力を引き立てるわ」

まどか「さっき転んだせいでストッキングは断線してるよほむらちゃん……」

ほむら「まどか、そこはふれてはいけないわ」

まどか「そっか、ごめんねほむらちゃん」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 18:31:17.84 ID:fgirE6F80

ほむら「ハイヒールはSなイメージが強く、Mの人が興奮するらしいわ」

ほむら「だからまどかとそういったプレイをする際には」

まどか「そ、そんな話をこんなところでしないでよほむらちゃん///」

まどか「そ、それにそういう変態さんみたいな趣向は私にはないよぉ///」

ほむら「私がまどかに頼まれてもまどかを傷つけるようなことをするわけないじゃない」

まどか「そ、そっか、ごめんねほむらちゃん」

ほむら「今夜にでもそのことをもっとまどかに教えてあげないとね」

まどか「も、もう///」

ほむら「と、このようにハイヒールをはいた私ならまどかにちょっとえっちなお誘いもなんなくできるわ」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 18:39:01.50 ID:fgirE6F80

まどか「そういえばハイヒールってどうしてできたのかな?」

まどか「やっぱり綺麗にみせるためとか、身長をあげたいからとかかな?」

ほむら「まどか、昔は男女なんて関係なくハイヒールをはいていたそうよ」

まどか「そうなんだ、でもただ単に厚底にするだけじゃダメだったのかな?」

ほむら「まどか、あなたはハイヒールの起源なんてしらなくていい」

ほむら「あなたはあなたのままでいたらいいのよ」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 18:47:53.97 ID:fgirE6F80

まどか「ママもほむらちゃんもハイヒールがとっても似合ってていいなぁ」

まどか「私もママやほむらちゃんみたいにハイヒールが似合う人になりたいなぁ」

ほむら「あら、まどかにもハイヒールは似合うと思うわ」

まどか「本当!」

ほむら「赤いかわいい感じのハイヒールがきっと似合うわ」

ほむら「飾りがいっぱいついてて子供っぽい感じのものがきっといいわね」

まどか「私は子供っぽい感じじゃなくて大人な感じになりたいの!ほむらちゃんのいじわる!」プクー

ほむら「まどかが頬をふくらませてぷんぷんしている可愛い姿を見れるのもハイヒールがあってこそよ」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 18:56:01.79 ID:fgirE6F80

まどか「あ、杏子ちゃん!」

杏子「ん?まどかとほむらじゃねぇか」ポロッ

杏子「あ!あたしのうめぇ棒未開封!」

ふみっ

ほむら「え?」

杏子「あああああぁぁ……ほむらの足であたしのうめぇ棒が粉々に……」

まどか「ご、ごめんね杏子ちゃん、私が杏子ちゃんを呼び止めたせいで……」

ほむら「謝る必要はないわまどか」

まどか「でも……」

ほむら「よく見てみなさい杏子」

杏子「あ、あれ?砕けてねぇじゃん!でもほむらが踏んだはずじゃ?」

ほむら「ハイヒールじゃなかったら粉々だったわね、ハイヒールでよかったわ」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 19:04:17.49 ID:fgirE6F80

まどか「かかととつま先の間の空間にうまく入ったんだ」

杏子「まぁいいや、うめぇ棒が無事なら……それで何か用か?」

まどか「あ、ううん、杏子ちゃんが見えたから話しかけてみただけなんだ」

杏子「なんかほむらの背がのびたな」

ほむら「ハイヒールをはいているだけよ」

杏子「ふーん、まぁ用もないならあたしは行くよ、んじゃまたな」サクサク

ほむら「えぇ、またね杏子」

まどか「ばいばい杏子ちゃん」


ほむら「自分より少し背が高い相手を上から見ることができるのもハイヒールの魅力のひとつよ」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 19:10:10.55 ID:fgirE6F80

まどか「あ、アイス屋さんだ!食べようよほむらちゃん」

ほむら「えぇ、いいわね」

まどか「じゃあ私が買ってくるね!」

ほむら「あ、そんなの私が……」

まどか「うぇひひ、いつも助けてもらってるんだからこれぐらいしたいなって」タタッ

ほむら「行ってしまったわ……」


ほむら「そうそう、ハイヒールのかかとは硬くて魔法少女がその気になれば凶器になるわ」

QB「やぁ、暁美ほ」

グシャ

ほむら「小動物ぐらいなら貫通できてしまうから猫には注意しないとダメよ」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 19:14:47.95 ID:fgirE6F80

ほむら「ハイヒールにもいろいろなデザインのものがあるわ」

ほむら「例えば社会人の方がはいているようなものからサンダルのようなものまで」

ほむら「足の爪先部分が露出しているもの等があるわ、だから……」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 19:17:06.84 ID:fgirE6F80

まどか「ほむらちゃーん買ってきたよー」タタッ

まどか「あ!」コケッ

ほむら「まどか!危ない!」ギュゥ

まどか「あ、ありがとうほむらちゃん///」

ほむら「あなたが無事でよかったわ」

まどか「あ、アイスがほむらちゃんのハイヒールのつま先に……」

ほむら「気にしないで、靴は拭けばいいだけだしまどかが無事ならそれでいいわ」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 19:19:33.38 ID:fgirE6F80

まどか「で、でも……ほむらちゃんのつま先にアイスがついてべたついちゃうよ……」

ほむら「いいのよそんなこと」

まどか「そうだ!ほむらちゃん、ハイヒールを脱いで!」

ほむら「え?」

まどか「ほむらちゃんの足の爪先についたアイスを私がなめとるよ///」

まどか「私のせいだし、ほむらちゃんの足なら私///」

ほむら「そんなの汚いわ、まどかにそんなことさせられないわよ///」

まどか「ハイヒールを脱いでほむらちゃん……今私がなめとるからね///」




ほむら「などという展開はいくらハイヒールをはいた私でも頭の中でしか不可能だから注意が必要よ」

まどか「買ってきたよーほむらちゃんはチョコチップとストロベリー、どっちがいい?」

ほむら「あなたと同じ可愛らしい色のストロベリーをいただくわ」

まどか「も、もう、またへんなこというんだから///」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 19:24:31.82 ID:fgirE6F80

まどか「美味しいねー」

ほむら「そうね」

まどか「ねぇほむらちゃん、ストロベリーちょっとちょうだい!」

ほむら「あら、じゃあ代わりにあなたのチョコチップももらっていいかしら?」

まどか「うぇひひ、もちろんだよ」

パク

ほむら「甘くて美味しいわね」

まどか「うん!あ、ほっぺにクリームがついちゃってるよ」

ほむら「え?どこ?」

まどか「ん……」ペロ

ほむら「ま、まどかったら///」

まどか「うぇひひ///」


ほむら「これはハイヒールとは関係なくいちゃつきたかっただけよ」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 19:32:52.78 ID:fgirE6F80

ほむら「まどか、今日の夜が楽しみね」

まどか「も、もう!ほむらちゃんのえっち///」

ほむら「ねぇまどか、私が裸で黒い網タイツとハイヒールをはいてベッドに寝転がっているところを想像してみて?」

まどか「///」カァァ

ほむら「どう思った?」ボソ

まどか「その……と、とってもえっちくて///」カァァ

ほむら「ふふっ顔を真赤にしてまどかのえっち」ボソ

まどか「ほ、ほむらちゃんの馬鹿!」ポカポカ



ほむら「恋人同士のえっちなスキンシップもハイヒールがあればワンランクアップよ」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 19:44:42.59 ID:fgirE6F80

ほむら「ふふっあなたが可愛すぎるのがいけないのよ」

まどか「うー……」

ほむら「そのせいであなたを独占したいとか、あなたのいろんな表情をみたいってからかってしまうの」

まどか「そ、そう言われるのは嬉しいけど///」

ほむら「ほら、またころころと表情が変わってそのどれもが可愛いわ」

まどか「そ、そういうほむらちゃんはとっても美人さんで、でも可愛いところがいっぱいあるよね!」

ほむら「そんな事を言ってくれるなんて嬉しいわ、ありがとうまどか」

まどか「むー、ほむらちゃんが恥ずかしがらないよぉ」



ほむら「ちなみにこのいちゃいちゃは私とまどかのラブラブさによるものであってハイヒールは関係ないわ」



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 19:51:49.92 ID:fgirE6F80

―まどホーム―

まどか「あ、なんだかほむらちゃんが小さくなったみたいに感じるね」

ほむら「ハイヒールを脱いだせいね」

まどか「こ、これならちょっと背伸びしたらき、キスできるね///」

ほむら「ふふっそうね、じゃあ早速」

チュッ

まどか「///」カァァ



ほむら「土足厳禁な場所で身長が下がる事をデメリットと捉えがちな人は多いわ」

ほむら「でも、そのデメリットも利用すればハイヒールだからこそのいちゃいちゃにすることができるのよ」



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 19:57:29.55 ID:fgirE6F80

ほむら「まどか、足を崩してもいいかしら?」

まどか「そんなの聞かなくてもいいのに、でもほむらちゃんがそういう事言うの珍しいね」

まどか「もっと自分の家みたいにくつろいでくれてもいいのに」

ほむら「なれないハイヒールに足がつかれてしまったみたいなのよ」

ほむら「それにしても、自分の家のようにくつろいでいいというのは将来的にここが私の実家になるって考えてもいいのかしら?」

まどか「///」カァァ




ほむら「と、このようにわたしとまどかのラブラブ+ハイヒールならばある意味婚約を交わすことも可能となるわ」



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 20:04:03.71 ID:fgirE6F80

まどか「そうだ、疲れちゃったならマッサージしてあげるね」

まどか「ほむらちゃん、私のベッドにコロンってなって」

ほむら「じゃあお願いしようかしら」コロン

まどか「うぇひひ、こう見えてもママのマッサージとかたまにしてるんだ」

ほむら「あら、力がなくてくすぐったいぐらいかと思ったわ」クスクス

まどか「むむっ絶対に気持ちいいってほむらちゃんに言わせちゃうんだから」




ほむら「ハイヒールをはかなければこのようにまどかのベッドでまどかに匂いを感じながら」

ほむら「まどかにマッサージをしてもらうことはなかったといえるわ」

ほむら「さらに気持ちいいって言わせたいというちょっとえっちな発言も引き出せるのよ」



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 20:10:56.22 ID:fgirE6F80

まどか「んしょ、んしょ」

まどか「んしょ、んしょ……これぐらいでどうかな?」

ほむら「とても気持ちよかったわまどか」

まどか「うぇひひ、いつでも言ってくれたらやってあげるよ!」

ほむら「何かお礼をしたいわね」

まどか「え?お礼なんてそんなのいいよ」

ほむら「そうだわ、私もまどかを気持ちよくしてあげる」

まどか「え///」

ほむら「まどかが想像している通りのまどかが私にしてくれた方法とは違う方法でだけどね」ボソ

まどか「///」カァァ



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 20:23:02.71 ID:fgirE6F80

ほむら「というハイヒールのCMを考えたのですがどうでしょうかお義母様」

詢子「長すぎることと、後は同性愛の認められていない国でこの内容は厳しいね」

ほむら「そうですか……ノンフィクションなCMは新しいかとおもったのですが」

詢子「まぁ気を落とす必要はないさ」

まどか「その前にいつの間に撮ってたの!」

ほむら「嫁を楽させるためにももっと仕事ができるようにならないといけませんね」

詢子「その年でそこまで気合が入ってるなら大丈夫だ、自信持ちな」

まどか「ねぇ!ほむらちゃん!ほむらちゃんってば!」








終われ



97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 20:26:06.16 ID:fgirE6F80

2レス目の時点でネタ切れ状況だった
ハイヒールがどうこうじゃなくてこのスレを立てた理由がまず
ほむほむにキスしようと一生懸命背伸びしてるまどっちが妄想したらあまりに可愛かっただけだったという
暇つぶしにでもなってれば幸い、まどほむ大好き!こんなスレに付き合ってくれてありがとう


元スレ
ほむら「ハイヒールをはいてみたわ」