1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/28(火) 00:44:52.774 ID:irQFIJ1/0.net

サターニャ「はっ、もしかして今こうしてる間にもラフィエルが私を見てるかも!?」

サターニャ(そうなると下手なことは出来ないわね……あまり目立った行動はしないようにしないと……)

サターニャ「……こほん」

サターニャ「さーてと、趣味の読書でもしようかしら?」セイザ

サターニャ「この夏目……夏目ナントカいし?の本を読むわよ」

サターニャ「うふふっ、この本面白いわね……」


ラフィエル「ぷくくくくく……」プルプル



16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/28(火) 02:15:02.289 ID:9JIPAvSB0.net

数時間後

サターニャ「…」ポロポロ

サターニャ「何よこの本泣けるじゃない…うう…」


ラフィエル「悪魔の目にも涙ってものですかね」

ラフィエル「それにしても面白いことが起きませんね…」

サターニャ「さて本棚に直そうかしら」

ラフィエル「次は何をするんでしょうか…うぶぷ」

サターニャ「えーっとこの本は…」

ガタガタガタガタ

サターニャ「どわっ!?地震…」

グラッ

サターニャ「へっ?」


ラフィエル「!?」シュン



17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/28(火) 02:20:16.923 ID:9JIPAvSB0.net

サターニャ「…あれ、私…」

サターニャ「あー!?私の本棚が!」

サターニャ「えっでも私さっきまで本棚の近くに…あれ?」

ラフィエル「間一髪でしたねサターニャさん」

サターニャ「ぎゃー!?またアンタ…って」

サターニャ「もしかしてアンタが助けてくれたの…?」

ラフィエル「うふふーサターニャさんのピンチある所に私ありですよ~」



19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/28(火) 02:30:23.388 ID:9JIPAvSB0.net

サターニャ「ぐ…天使に情けをかけられるなんて…」

サターニャ「てかまたひゃくりがんで私のこと見てたでしょ!?」

ラフィエル「千里眼です」

サターニャ「どうでもいいわよ!まあでも…」

サターニャ「助けてくれてありがとっラフィエル」

ラフィエル(サターニャさんにお礼を言われるなんて…うふふ)

サターニャ「あーえっと…ラフィエル…とりあえずこの体制やめにしない?」

ラフィエル「お姫様だっこっていうらしいんですよ~サターニャ姫♪」

サターニャ「誰が姫よ!」



21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/28(火) 02:47:13.109 ID:9JIPAvSB0.net

ラフィエル「…無事でよかった」

サターニャ「え」

ラフィエル「サターニャさんがいなくなったら私の楽しみが6割減ってしまいます」

サターニャ「アンタね…」

ラフィエル「そしてサターニャさんは私の大切な友達です」

ラフィエル「だから…私が絶対サターニャさんのこと守ります」ギュッ

サターニャ「…ラフィエル」


サターニャ「って私のこと覗いてるの正当化しようとしてるんじゃないわよ!」

ラフィエル「ばれちゃいましたか~」



22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/28(火) 02:57:49.691 ID:9JIPAvSB0.net

サターニャ「大体そんな手使うんだったら一緒に住むとかすればいいじゃない…たっく…」

ラフィエル「!?」

サターニャ「なんて…私は天使を住まわせるほどお人よ…」

ラフィエル「早速ダブルベッド買いに行きましょう!他にもいろいろ必要ですよね!」ワクワク

サターニャ「勝手に話進んでる!?」



24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/28(火) 03:10:00.545 ID:9JIPAvSB0.net

その日の夜

ラフィエル「ダブルのベッドの広いですね♪」

サターニャ「だったらもっと離れなさいよ!」

サターニャ(ホントに住むことになるなんて…)

ラフィエル「おしつけちゃいます~」ギュー

サターニャ「柔らか…じゃないわよ、もう」

ラフィエル「うふふ、照れてるサターニャさん可愛いです」

サターニャ「なっ///…もう寝るわよ!」

ラフィエル「あらあら」ニコニコ



27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/28(火) 03:19:02.538 ID:9JIPAvSB0.net

サターニャ「…ラフィエル」

ラフィエル「はい」

サターニャ「今日アンタが助けに来なかったら私…ここにいなかった訳で…だからその…」

サターニャ「もう一度言うわ、ありがと」ボソッ

ラフィエル「いえいえ、サターニャさんのいる所が私の場所ですから」

サターニャ「ふふ…大悪魔が借りを作りっぱなしなのは性に合わないわ」

サターニャ「これからは私がラフィエルを守ってあげるわ…守る必要あるかわかんないけど」

ラフィエル「それはプロポーズ…ということでいいんですか」ニコッ

サターニャ「どうかしら…ふふ」



29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/28(火) 03:28:59.410 ID:9JIPAvSB0.net

ラフィエル(必要なかったのです)

ラフィエル(千里眼なんて使わなくてもこの目で)

ラフィエル(私はずっとサターニャさんのことしか見てませんでしたから)

ラフィエル「サターニャさん…」

サターニャ「ラフィ…」

チュッ




マルティエル「昨日はサタニキア様とお楽しみでしたねお嬢様」

ラフィエル「千里眼必要でした、あなた用に」

終わり


元スレ
サターニャ「私の生活がラフィエルの奴に覗かれていたなんて……おぞぞぞぞぞ」