1: 名無しで叶える物語 2020/01/16(木) 20:00:27.71 ID:itv3z/sw.net

あなた「これは一体どういうものなの?」

璃奈「操作方法は簡単。このバイザーを装着してお嫁さんにしたい人を選択するだけ」

あなた「へぇ~、面白そう」

あなた「だけどなんでこんなの作ったの?」

璃奈「……夫婦ってどういうものか知りたくて」

あなた(触れちゃだめなやつだ)



2: 名無しで叶える物語 2020/01/16(木) 20:01:12.90 ID:itv3z/sw.net

あなた「璃奈ちゃんは使ったの?」

璃奈「まだ。だからあなたにテストしてもらおうと思って。璃奈ちゃんボード『よろ』」

あなた「ま、まあいいけど……」

あなた「さっそく今日家で使ってみようかな」

璃奈「一つだけ注意」

あなた「ん?」

璃奈「あくまでそれはシミュレーション。現実とは違う」

あなた「あはは、分かってるよ。ゲームと現実を一緒にする人なんてそうそういないって」

璃奈「ならいいけど……璃奈ちゃんボード『不安』」



7: 名無しで叶える物語 2020/01/16(木) 20:05:00.83 ID:itv3z/sw.net

自宅 

あなた「うーん、誰にしようかなぁ……」

あなた「お嫁さんお嫁さん……」ウ-ン

あなた「……最初だし、一番付き合いが長い歩夢ちゃんにしてみようかな」

あなた「幼馴染でそんなこと考えてるなんて知られたら変に思われちゃうかなぁ……ま、シミュレーションだし大丈夫だよね?」

カチャカチャ  

あなた「よし、装着完了。あとは選択して……と」

上原歩夢←

ピッ

チキチキ

あなた(あ––––––––––––意識が)



9: 名無しで叶える物語 2020/01/16(木) 20:06:23.40 ID:itv3z/sw.net

「––––––––なた」

「––––––––ねえ、あなたってば」

ユサユサ

あなた「ん……んん」

歩夢「あ、やっと起きた……もう、お寝坊さんなんだから」

あなた「おはよ~……」フワアア

あなた(もう朝かぁ……というかあの機械起動してなかったのかな?)

あなた「……てあれ?」

あなた(ここ、どこ?私の部屋じゃないしベッドでもない……こんなダブルサイズのベッドなんて寝るの初めてだよ……)



13: 名無しで叶える物語 2020/01/16(木) 20:15:12.14 ID:itv3z/sw.net

歩夢「どうしたの?ぱちぱちして」

あなた「歩夢ちゃんはなんとも思わないの?」

歩夢「え?……というかあなた今、歩夢ちゃんって……」

あなた「?歩夢ちゃんは歩夢ちゃんだけど……どうしたの?」

歩夢「そうなんだけど……ふふ、懐かしいなぁ。あなたに歩夢ちゃんって呼んでもらうの」

あなた「???」

歩夢「結婚してからは歩夢って呼んでくれるようになったからなんか新鮮♪」ユビワキラ

あなた「––––––––––––––––!」

あなた(そうか……やっぱり機械は作動していたんだ)

あなた(つまり今はシミュレーションの中……!!)



15: 名無しで叶える物語 2020/01/16(木) 20:20:18.58 ID:itv3z/sw.net

キイィィィィン

あなた「っ!(頭の中に情報が……)」

あなた(矛盾が起きないように記憶が入ってきてるんだ……私と歩夢ちゃんは結婚二年目、団地を二人で出て都内マンションで二人暮らし)

あなた(プロポーズは私からして歩夢ちゃんのことは今は呼び捨てなんだ……)

歩夢「どうしたの?やっぱりまだ寝ぼけてるの?」

あなた「ううん、大丈夫。ちょっと懐かしくなっちゃって」

あなた「心配してくれてありがとう、歩夢」ナデナデ

歩夢「う……きゅ、急に撫でるなんてずるいよぉ……///」



17: 名無しで叶える物語 2020/01/16(木) 20:25:05.43 ID:itv3z/sw.net


 
あなた「おいしい!やっぱり歩夢のご飯はとってもおいしいよ!」モニュモグ

歩夢「ふふ、そう言ってもらえると嬉しいな♪はい、たまごやき。あーん」

あなた「あーん」パク

あなた「凄い!このたまごやき……完璧だよ!いままで食べたどのたまごやきよりも……!!こんなに腕をあげてたなんて!」

歩夢「ずっとずっと改良を重ねて結婚してようやく120%あなたに合うたまごやきを作れるようになったからね」

あなた「こんな美味しいたまごやき食べちゃったらもう他のたまごやき食べられなくなっちゃうよ」

歩夢「いーの。あなたにはずっとずっと、一生私がついてたまごやき食べさせてあげるんだから」ニコ

あなた「!」ドキ

あなた(あれっ、なんだろう……すごく胸がドキドキする……歩夢ちゃんと朝ご飯なんていつも食べてるはずなのにこんな……)ドキドキ



21: 名無しで叶える物語 2020/01/16(木) 20:31:46.17 ID:itv3z/sw.net

歩夢「ねぇ……」

あなた「な、なに?」ドキッ

歩夢「今日の夜って……空いてる?」

あなた「う、うん……大丈夫……だけど……」

歩夢「今日ね、私その……」

歩夢「……あの日なの」ボソ

歩夢「……結婚してもう二年でしょ、だからその……」

歩夢「そろそろ……あなたとの赤ちゃん、欲しいなあって……なんて///」



24: 名無しで叶える物語 2020/01/16(木) 20:35:58.00 ID:itv3z/sw.net

あなた「歩夢––––––––––––!!」ガバッ  

あなた「ってあれ……?」カチャ  

あなた「……見慣れた天井、いつものベッド……」

あなた「……終わるの早いよ!ここからだったじゃん!!」ガンガン  

あなた「もー!!」

ガチャ   

歩夢「あれ?今日は早いね。もう起きてるんだ」

あなた「あ、おはよう」

あなた「歩夢」

歩夢「……」

歩夢「––––––––––––!?」ボンッ 



31: 名無しで叶える物語 2020/01/16(木) 20:45:56.22 ID:itv3z/sw.net

歩夢「あ、え、と、え!?そんなきゅ、きゅうにわた……」カアァァァァァ

あなた「あっ……!(ついシミュレーションの時のが……璃奈ちゃんに注意されたっていうのに……)」

あなた「あはは!な、なんでもないよ!早く朝ご飯食べよ!」

歩夢「う、うん!が、がんばるね!」アタフタ

あなた(なにを……?)

歩夢(歩夢……歩夢––––––––––––歩夢……生まれて初めて、呼び捨てで……)

ムニュ

ギチチ

歩夢(夢……?痛いから現実……?ど、どっちぃ……?)

あなた(歩夢ちゃん何してるかわからないけどほっべたお餅みたいになってて可愛いな)



39: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/01/16(Thu) 20:59:40 ID:itv3z/sw.net

歩夢「はい、たまごやき。今日も頑張って作った自信作だよ」

あなた「いただきまーす!」

アム

モニュ…モグ

あなた「……」

歩夢「どう?一歩一歩あなたの好みに近づいてると思うんだけど」

あなた「……うん、おいしい」

あなた(確かに歩夢ちゃんのたまごやきは美味しいし大好物だけど……なんだろう)

あなた「……」モグ

あなた「…….うーん」ズゾゾゾ

あなた「あのたまごやきが美味しすぎたからかなぁ」ボソ

歩夢「ぇ……」

パン

あなた「ごちそうさま!おいしかったよ!」

あなた「じゃあ学校いこっか!」



42: 名無しで叶える物語 2020/01/16(木) 21:08:34.95 ID:itv3z/sw.net

ピンポ-ン

あなた「あ、かすみちゃん来たね」

あなた「どうしたの歩夢ちゃん、遅刻しちゃうよ?」

歩夢「あ、ううん。なんでもないの」ニコ 

あなた「?」

歩夢(たまごやき……私以外の誰が……この子が私以外のたまごやき食べられるなんてそんな……)



43: 名無しで叶える物語 2020/01/16(木) 21:18:21.53 ID:itv3z/sw.net

あなた「というわけで本当に凄かったよ」

璃奈「私にかかれば余裕。璃奈ちゃんボード『ドヤァ』」

あなた「ところでこれって次使う時前回の続きからとかってできる?」

璃奈「うーん、それは多分できない。シミュレーションされる場面はランダムだから」

あなた「そっかぁ……(歩夢ちゃんと夜の……ってだめだめ!幼馴染とそんな……)」

璃奈「もっとデータ欲しいからできればこれからもっと使って欲しい」

あなた「うん、わかった」

璃奈「もうちょっとデータが集まれば新しい機能も搭載できるかもしれないから頑張って。璃奈ちゃんボード『ん、がんばんなよ』」

あなた「あはは……」



47: 名無しで叶える物語 2020/01/16(木) 21:33:53.45 ID:itv3z/sw.net

自宅

あなた「うーん、今日はどうしようかなあ……」

あなた「歩夢ちゃん連続はなんか面白味に欠けるし……」

あなた「うーん……お嫁さんかぁ……」

あなた「そうだ、あんまりお嫁さん姿が想像できないの子にしてみよう!」

カチャカチャ

ピッ

チキチキ

あなた「お、きた––––––––」
 



67: 名無しで叶える物語 2020/01/17(金) 13:23:12.31 ID:rTjzMAqQ.net

あなた「––––––––は!」ガバッ

「?おかあさんどうしたの?」

あなた「え!?お、おか……!?」

あなた(もしかしてこの女の子……私の子供!?)

あなた(たしかに誰かに似た面影が……)

「ままー、おかあさんがおかしいー!」

??「おかあさんも忙しいからお休みの日くらいゆっくりさせてあげなさい」

あなた「あっ……!せ、……」

あなた「せつ菜ちゃん……!?」



69: この物語は現実上の人物とは一切関係がございません 2020/01/17(金) 13:31:49.48 ID:rTjzMAqQ.net

菜々「わあ、懐かしいなぁ。そうそうせつ菜、優木せつ菜」

あなた「へ……?」

菜々「あなたにせつ菜って呼んでもらうのも優木せつ菜finalライブ以来……だね」

「せつ菜ってだれー?」

菜々「ふふ、もうちょっと大きくなったらともりにもスクールアイドルの時のこと教えてあげる」ナデナデ

菜々「ほら、ニチアサ始まっちゃうよ」

ともり「あっ!リモコンリモコン!」

あなた「……」ボ-ゼン



75: 名無しで叶える物語 2020/01/17(金) 14:08:49.20 ID:rTjzMAqQ.net

ともり「ぷいきゅあー!」

菜々「がんばえー!」

あなた(知らないプリキュアだ……こういうところまでリアルに再現できるんだ……)

あなた(というか……)チラ

菜々「~~!!♪」

ともり「ー!ー!」

あなた(二人とも楽しそう……)

あなた(日曜の朝から家族みんなでテレビの前で団欒……正直、家庭環境のことから子供には当たり強いイメージあったけど……)

菜々「あはは」ニコニコ

あなた(ごめんねせつ菜ちゃん、私の思い込みは間違いだったよ)



77: 名無しで叶える物語 2020/01/17(金) 14:24:06.72 ID:rTjzMAqQ.net

あなた(それに……何かと慌ただしかったけど雰囲気も落ち着いてお母さんになったからか安心感も出てて……)

菜々「……あなたどうしたの?」

あなた「あ、ううん。なんでもないよ菜々(普段ずっと丁寧な口調だったからこの家族にだけ向けるくだけた口調もまた唆られる……)」

菜々「ふふ、変な人♪」

あなた(……あれ?もしかしてせつ菜ちゃんって完璧なお嫁さんなのでは……?)

ともり「面白かったー!ちょっと時間あるからお勉強してこよ!」タタタ

菜々「分からないところがあったら言ってねー」

あなた「……いい子に育ったね、ともり」

菜々「うん。……私、お父さんとお母さんにうまく接したことがなかったから最初ともりが生まれた時不安だったけど……」

菜々「あなたが隣にいてくれたから、あなたとの“大好き”の結晶であるともりを愛せるんだよ」

あなた「菜々……」

菜々「……今日あなたにせつ菜って呼ばれてちょっと嬉しかったな」

菜々「……夜、久しぶりにせつ菜の姿になってあなたと“大好き”を育みたいです……なんて///」



78: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/01/17(金) 14:26:38 ID:rTjzMAqQ.net

あなた「菜々––––––––––––!」ガバッ

あなた「……」

あなた「なんで!なんでなんだよ!」ガンガン

あなた「まだ朝だったんだよ!?どう考えても短いでしょ!?」

あなた「今日璃奈ちゃんに絶対文句言ってやる」プンプン

ガチャ

歩夢「おはよう」

あなた「おわぁ!?……あ、そっか……歩夢ちゃんか……おはよう!」

歩夢「な、なんでそんな驚いてるの……?毎朝来てるよね」

あなた「あはは……(感覚的にさっきまで違う家庭にいたからなんかつい……)」



85: 名無しで叶える物語 2020/01/17(金) 15:03:40.66 ID:rTjzMAqQ.net

あなた「早すぎるんだよ!切れるのが!」バンバン

璃奈「そ、そんなこと言われても……うーん」

カタカタ

璃奈「データによると心拍数が急上昇すると自動的に接続が切れるみたい。安全性を考慮した仕様」

あなた「う……」

璃奈「冷静さを保てば大丈夫な筈」

あなた「そう言われても……」

あなた「……というかよくよく考えたらなんで子供が……だって私たち……」

璃奈「!!」つテレテレパシ-ステッキ  

ミョンミョンミョン

あなた「あぴょっ☆!?」バタ

璃奈「璃奈ちゃんボード『それ以上はいけない』」

あなた「ま、別におかしいことないよね!」



86: 名無しで叶える物語 2020/01/17(金) 15:20:06.57 ID:rTjzMAqQ.net

部活中

あなた「……」ジ-

せつ菜「ここでターン!」キュッ
  
せつ菜「……?」

せつ菜「あの……どうしたんですか?私、どこか踊り変でしたか?」

あなた「あ!いやそんなことはないよ!ごめんね菜々」

みんな「!?」

せつ菜「えっ!?あ、あの……出来れば今はせつ菜と呼んでもらえれば……」

あなた「あっ……!!」

あなた「ご、ごめんねせつ菜ちゃん!本当に……!」

せつ菜「い、いえそんな……気にしてないですから……」

歩夢「……せつ菜ちゃんも」

あなた(あぁ……そうだ……菜々、ともりと過ごしたあの幸せな時間は作られたものだったんだよね……)

あなた(せつ菜ちゃんの反応……結構キツイなぁ……)



95: 名無しで叶える物語 2020/01/17(金) 15:52:36.73 ID:rTjzMAqQ.net

自宅

あなた「はぁ……」

あなた「現実とシミュレーション内の落差に落ち込むなぁ……」

あなた「けどシミュレーションの中はすごく幸せだしもっと使ってみたい……」

あなた「次はどうしよう……」

あなた「歩夢ちゃん、菜々……この順ならやっぱあの子かなぁ」

カチャカチャ

ピッ

チキチキ

––––––––––––



97: 名無しで叶える物語 2020/01/17(金) 16:24:25.17 ID:rTjzMAqQ.net

あなた「––––––––!!」

あなた「……ってあれ?どこだろここ」

あなた「賑やかだけどお店……?」

??「おおーい!ちょっとちょっとボーッとしてどうしたの?」

あなた「……?えっと……誰?」

??「えぇ!?嘘でしょ!?急に悲しいこと言わないでよ!」

??「奥さんのこと冗談でも忘れたなんて結構心にダメージあるんだから駄目だぞ!だめだけに!」

あなた「ぷっ……ぷひゃっwwこ、この的確にツボをついてくるダジャレは……」

あなた(髪も金髪から黒になってるから一瞬わかんなかったけど……)

あなた「愛ちゃん!?」

愛(26歳)「?」



104: 名無しで叶える物語 2020/01/17(金) 17:18:44.99 ID:rTjzMAqQ.net

愛「もー、君ってばさっきから変だぞー?ほら!お店混んじゃうよ!」

あなた「おみせ……」

キイィィィィン

あなた(……なるほど、私たちは結婚後に愛ちゃん家のもんじゃ屋を夫婦で切り盛りしてるんだ……)

あなた(それにしても愛ちゃん……)

あなた(黒にして髪もおろしてるからなんだか美里さんに雰囲気似てるなぁ……なんていうか大人な感じがする)

あなた(かといって高校時代の元気さは健在だしお肌もスタイルも完璧……とても四捨五入したら30だなんて思えない)

愛「あなたったら私のこと熱い視線でみすぎだよ」

愛「そーゆーのは仕事が終わってから!ほらがんばろ!」

あなた「う、うん!」



106: この物語は実在する人物とは一切関係がございません 2020/01/17(金) 17:32:18.23 ID:rTjzMAqQ.net

「ただいまー!」

愛「あ!こらなつみ!お店の方から入っちゃダメって言ってるでしょ!」

なつみ「えー!いーじゃん別に!お店手伝ってあげるから!」ドタドタ

愛「全く……」ヤレヤレ  

あなた(あの子が私たちの子供かぁ……小学生くらいだけど愛ちゃんが子供産んだのが……じゅ、19歳の時!?)

あなた(このシミュレーションの中の私とんでもないことしてくれてるね……)


あなた(……なるほど、子供できちゃって大学にも行けないから私が責任を取って婿入りしたってことかぁ……)



111: 名無しで叶える物語 2020/01/17(金) 18:48:50.05 ID:rTjzMAqQ.net

あなた「ふぅ……」

愛「ふう……今日もお疲れ様」

愛「なんか途中悪ふざけもしてたけどいつも通りに戻ったね」

あなた「あはは……ごめんね愛ちゃん」

愛「いや……さ」

愛「実は私もあなたにあんな風な視線送られるの久しぶりでさ……」

愛「なつみが生まれて、お店のこともあったりでそーゆーのも中々できなかったけど……その…」

愛「……///」

あなた「愛ちゃん……」

愛「明日お店お休みじゃん?だから……」

愛「……どう、かな」ウワメ

あなた「––––––––––––!(耐えろ耐えろ耐えろ耐えろここで興奮しちゃダメだまだダメだ耐えろ耐えろ耐えろ!)」



113: 名無しで叶える物語 2020/01/17(金) 18:56:58.29 ID:rTjzMAqQ.net

チャポン

愛「なんだかこうやって二人で湯船に浸かるのもいつぶりだろうね」

あなた「う、うん……(あ、愛ちゃんのカラダ……高校の時よりムチムチとしてて……これが経産婦……)」ドキドキ

愛「あれ……もしかして君……緊張してる?」

あなた「え!?し、してないよよ!」アタフタ

愛「ふーん」ニタニタ

あなた「な、なにその顔は……」

愛「いやー、君のそんな顔久しぶりに見たからさ……からかいがいがあるなぁ」

愛「……どうせならここでしちゃおっか♥︎」ペロ

あなた「!?!?!?!?!!」



114: 名無しで叶える物語 2020/01/17(金) 18:59:37.97 ID:rTjzMAqQ.net

あなた「––––––––––––!!」ガバッ

あなた「……不意打ちはずるい、ズルすぎるよ……」

あなた「お風呂場なんてただでさえ身体が熱くなってるんだからあんなのきたらばくばくに決まってるじゃん……」

あなた「ああ、でも見ちゃった。ついにお嫁さんの……は、はだゃ……///」(恥ずかしい)

ガチャ

歩夢「なにを見たの?」

あなた「な、なんでも!」

あなた(今日愛ちゃんの顔まともに見れるかなぁ……)



121: 名無しで叶える物語 2020/01/17(金) 19:11:37.56 ID:rTjzMAqQ.net

登校中

愛「おはよー!ぶちょー!歩夢!かすかす!」

歩夢「おはよう愛ちゃん♪」

かすみ「む~……もうかすみん愛先輩には突っ込まないことにしましたからね」

愛「ごめんってかすみん~!突っ込まれないボケほど悲しいことはないから勘弁して!」

あなた「……」ジ-ッ

愛「?どしたの?」

あなた「いや……やっぱりなつみに似てるなぁって……」

愛「へ?なつみ……?誰それ」

あなた「あ、えっと分からないよね……私と愛ちゃんの子供だよ」

かすみ「ぶーっ!!」

歩夢「は?」

愛「へ……!?こ、こど……!?き、キミなにいってんの……そんな愛さん困るよ……///」カアァァ



129: 名無しで叶える物語 2020/01/17(金) 19:25:08.77 ID:rTjzMAqQ.net

かすみ「そ、そうですよ先輩!いきなり何言ってるんですか!?」

歩夢「ふふ、そうだよ。愛ちゃんとの子供だなんて……おかしな夢でもみちゃったんだね」

あなた「いや、夢ってわけじゃなくてお嫁さんが愛さんで私たちは夫婦でもんじゃ屋をやってて……それで一人娘のなつみがいてっていうのを……」

愛「な……ふ、ふーふ!?も、もしかして愛さん今ぷろぽーずされてる……!?で、でもまだ愛さん高校生だしそんな……だ、ダメだよ!」

あなた「あー、そこのところは大丈夫なんじゃない?愛ちゃん19歳でなつみ産んでるし」

かすみ「え……てことはもう……」

愛「い、いないよ!愛さんまだ……ゴニョゴニョ…だし」

あなた「うーん……次は誰に……」ブツブツ



134: 名無しで叶える物語 2020/01/17(金) 19:43:27.72 ID:rTjzMAqQ.net

璃奈「今回はそこそこ耐えたみたいだからデータも多く取れた。璃奈ちゃんボード『大したやつだ…』」

あなた「あのセーフティどうにかならないかなぁ」

璃奈「……あれがないと下手をしたら一生戻って来れなくなるし戻ってこれたとしてもとんでもなく精神に異常をきたす可能性がある」

璃奈「多少制限を緩くするのは出来るかもしれないけどセーフティそのものを解除するのはできない。璃奈ちゃんボード『ゾッ』」

あなた「うーん……しょうがないか……」

璃奈「結構デリケートな機械だからしょうがない。今のところ耐久性もあんまりだからもっとデータが欲しい」

あなた「任せてよ!璃奈ちゃんの研究のためもっともっと頑張るね!」

璃奈「うれしい。璃奈ちゃんボード『にっこりん』」



136: 名無しで叶える物語 2020/01/17(金) 19:49:06.89 ID:rTjzMAqQ.net

あなた「なんか今日愛ちゃんとか歩夢ちゃんの雰囲気変だったなぁ……練習メニューちょっと変えたほうがいいかな?」

カチャカチャ

あなた「次はなんとなく決めてたあの子にしよう」

あなた「まるで想像つかないや、どういうシチュエーションなのかもランダムだし……」

あなた「入ってからのお楽しみにしよう」

ピッ

チキチキ

––––––––––––



139: 名無しで叶える物語 2020/01/17(金) 19:58:18.00 ID:rTjzMAqQ.net

あなた「––––––––っと」

あなた(今度はちゃんと理解してるから初手で驚くことはないぞ……)

あなた(ここは私と“彼女”が二人で暮らしている一軒家。そしてその彼女は今キッチンで料理を作っている)

??「先輩、ご飯できましたよ」

??「……いけません、また先輩と言ってしまいました」

あなた「あはは、全然気にしないよ。ごめんね、作らせちゃって」

あなた「しずくちゃん」

しずく「いえ、私が好きでやっていることなので……あなたには美味しいものを食べて欲しくて」



143: 名無しで叶える物語 2020/01/17(金) 20:22:03.33 ID:rTjzMAqQ.net

オフィーリア「くうぅぅん」

しずく「ごめんごめん、オフィーリアのも忘れてないよ」

コト

あなた「そうだしずくちゃん!しばらくの間大きいお休みもらえたんだ!これで一緒にいられるね」

しずく「え……そんな、いいんですか?私も今はお仕事休んでますし……」

あなた「大丈夫!ちゃんとこういう時のための貯蓄はあるし!」

あなた「家にしずくちゃん一人にしていられないよ」

しずく「あなた……///」

しずく「それでは久しぶりにお芝居を見に行きませんか」

あなた「お芝居かあ……いいね」

しずく「おそらくしばらくは私も忙しくなってゆっくりあなたと観に行く時間も無くなりますし……」

しずく「それに……“この子”にもお芝居の素晴らしさを今のうちから教えてあげたいなって」サスサス

あなた「……そうだね」ニコ



163: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/01/18(土) 07:11:07 ID:/TdYn/1b.net

あなた「だいぶ大きくなってきたけど大丈夫?」

あなた(背丈は私の知っているしずくちゃんとあまり変わらないけど、表情は高校の時よりさらに大人びていて綺麗なお姉さんの顔つきになっていた)


しずく「はい。あなたが仕事に出かけている時も同好会の皆さんが様子を見にきてくれたりしてるんですよ」

あなた「へえ……そうだったんだ」

しずく「私たちの子供がどんな子なのか楽しみです……元気な姿を同好会の皆さんにも見せてあげたいですし」サスサス

あなた「しずくちゃんの子供だから絶対可愛いに決まってるよ」

しずく「ふふ、私“と”あなたの子供ですよ」

しずく「ねー?かおり」サスサス  

あなた「あ、名前決めていたんだね」

しずく「はい。なんだかとてもしっくりきて……どうですか?」

あなた「すごく良いと思う。しずくちゃんだから憧れの女優の名前取るのかと思ってたよ」

しずく「さ、さすがに海外の名前をつけるのはどうかと思いまして……」

あなた「かおり……か」サスサス

あなた「早く生まれてきてほしいなぁ」

しずく「私に似ないで大きな子になってくれるといいなあ」



183: 名無しで叶える物語 2020/01/19(日) 12:23:29.76 ID:YUeKn8vQ.net

あなた「思いやりができる優しい子に育ってくれたらそれでいいよ」

しずく「ふふ……そうですね」

あなた(なんだか……いいなぁ、こういうの……)

あなた(夫婦二人で子供のことについて考えて……二人で助け合っていく感じ)

あなた(……幸せってこういうことを言うんだろうなぁ)

しずく「……あなた」

あなた「ん?どうしたの」

チュ

あなた「あ……//」

しずく「えへへ……この子が生まれてくる前に、もっとしておきたくて……」



184: 名無しで叶える物語 2020/01/19(日) 12:38:59.08 ID:YUeKn8vQ.net

––––––––––––––––

あなた「しずくちゃん!頑張ってね……!」ギュ

しずく「はい……正直、怖いです。……先輩」

あなた「私、しずくちゃんのこと応援してるから!」

しずく「ありがとうございます……私も、絶対に諦めないようにします」

かすみ「そうだよしず子!かすみんもおいしいパンかおりちゃんに食べさせようって今から頑張ってるんだから!」

璃奈「しずくちゃん、頑張って!璃奈ちゃんボード『ファイトだよ!』」

愛「愛さんもめっちゃテンアゲで応援してるからね!って病院だからしずかにしてないとダメか……しずくだけに!」

菜々「しずくさん……大変な時間が始まると思いますが頑張ってください。それを乗り越えれば数えきれないような大好きが待ってるはずです!」

果林「しずくちゃんは本当にすごいわ。私よりカッコいい大人みたいよ。私に何ができるか分からないけどとにかく応援してるわ」

エマ「しずくちゃん、大変だろうけど家族ってすごく素敵なものだから……その幸せを考えてたらきっと大丈夫!」

彼方「うぅ……彼方ちゃん、涙が止まらないよ……あの頃お世話してもらっていたしずくちゃんが……うぅ……」


歩夢「しずくちゃん、頑張ってね!私、はやく、はやくかおりちゃんに会いたいな♪早くかおりちゃんと仲良くなって一緒に遊んだりして……」

しずく「みなさん……!」

あなた「みんな、しずくちゃんを見守ってるからね!」

しずく「はい……!」

真姫「……準備はいい?」

しずく「はい!お願いします!」

真姫「それじゃあ運んで」


あなた「しずくちゃん……!」オイノリ



187: 名無しで叶える物語 2020/01/19(日) 12:42:43.73 ID:YUeKn8vQ.net

あなた「––––––––しずくちゃん!かおり!」ガバッ

あなた「……え、私は……」キョロキョロ

あなた「手術室から、かおりの泣き声が聞こえて、それで……」

あなた「……うそ、そんな……」ガク

あなた「う、うぅ……」ポロポロ

あなた「しずくちゃん……かおり……」

あなた(シミュレーションなんかじゃない……しずくちゃんと、一緒にお芝居を見に行ったり、一緒にかおりの服を買いに行ったりしたのは嘘なんかじゃない!)

あなた「……う……かおり……少しでも、会いたかった……」ポロポロ



197: ひとつだけ 2020/01/19(日) 13:00:18.96 ID:YUeKn8vQ.net

モニュ……モグ

あなた「……」

歩夢「ど、どうしたの?あなた、なんだか様子がおかしいけど……味、変だったかな?」

あなた「あ……いや、そういうわけじゃないよ…」ボ-

あなた(しずくちゃんの料理……特別に美味しいっていうわけじゃないけどそれでもあの体でも頑張って作ってくれて、とっても暖かくて……)

あなた「う……」ポロ

歩夢「!?」

あなた(しずくちゃんのご飯を……かおりと三人で食べたかったなぁ……)



224: 名無しで叶える物語 2020/01/19(日) 23:56:23.61 ID:YUeKn8vQ.net

放課後 部室

ガララ  

しずく「こんにちわ」

あなた「!!し、しずくちゃん!」ガタッ

タタタ

ダキッ

みんな「!?」

あなた「ありがとう!本当に……!」

ギュ-ッ

しずく「せ、せせ先輩……!?///」

あなた「大丈夫?あ!私支えるから!」

しずく「ええ!?私なんともないのでそんな……」

あなた「私がしたいの!しずくちゃんを放ってなんておけないよ!」

しずく「せん……ぱい…」キュン

あなた「……しずくちゃんがよかったら、あなたって呼んでほしいな」

しずく「~~~///」



かすみ「な、なんですかあれ!?先輩どうしちゃったんですか!?」

果林「なんていうか……ちょっと…いやかなり変よね」

歩夢「うふふ、きっと風邪だよ」

愛「愛さんと夫婦になるって……言ったじゃん」

璃奈「うーん……」



233: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/01/20(月) 01:38:25 ID:6kQVkqAw.net

あなた「なにかな璃奈ちゃん。私、しずくちゃんを家まで送らないと……あ、オフィーリアの散歩も今日は私が……」

璃奈「落ち着いて。……ずいぶん長いこといたみたいだね」

あなた「……うん、数ヶ月。しずくちゃんと暮らして……あとちょっと、あとちょっとだったのに……」

あなた「子供が生まれるんだよ!?心拍数が上がらないわけないじゃん!ねえ!璃奈ちゃん!」

璃奈「そ、そんなこと言われても……」

璃奈「これはいけない。だいぶ長い間シミュレーションの中にいたせいか精神にも乱れが出てる。璃奈ちゃんボード『ダメだこいつ』」

璃奈「このままじゃしずくちゃんに婚約申し込んじゃうかも……それはまずい。璃奈ちゃんボード『ダメ、絶対』」

璃奈「こうなったら……」



235: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/01/20(月) 01:41:28 ID:6kQVkqAw.net

璃奈「いま機械持ってる?」

あなた「え、まああるけど……璃奈ちゃんに頼んでどうにかして続きを……」

璃奈「やってみるから貸して」

あなた「えっ!?できるの!?」

璃奈「璃奈ちゃんボード『きらーん』」

あなた「さすりな!」

カチャカチャ

ピッピッ

璃奈「……ふう、できた」

あなた「!!」

璃奈「今日も設定をしずくちゃんでやってみて」

あなた「うん!!ありがとう璃奈ちゃん!」パァア



252: 名無しで叶える物語 2020/01/20(月) 11:24:51.39 ID:6kQVkqAw.net

––––––––––––

あなた「––––––––はっ!」ガバッ

あなた「ここは……しずくちゃんと私の家……」

あなた「日時は……」

時計

あなた「出産日の次の日だ!やったぞ!発現したぞ!戻ったんだ!」

あなた(……けどなんでだろう、情報が入ってこない)

あなた「とりあえず病院に……」


ガタッ


あなた「え……?物音……誰かいるの?」

トテトテ

あなた「リビングのソファに誰か……」

あなた「!?」

しずく「すぴー、すぴー……」髪ボサボサ

あなた「し、しずくちゃん!?」



257: 名無しで叶える物語 2020/01/20(月) 12:18:35.56 ID:6kQVkqAw.net

あなた「しずくちゃん、な、なんでここにいるの!?この散らかってるお酒は!?体は!?かおりは!?」

しずく「~~~んん……んあ?」パチ
  
しずく「ふあ~~~……いつの間にか寝ちゃってた…」ボリボリ   

しずく「あ。あなた、おはようございます」

あなた「しずくちゃんどうしたの一体……なんだかお酒くさいし」

しずく「そりゃ寝落ちするくらい飲んでたんだからそうですよw……うぅ~頭痛い……」

あなた「だ、だってしずくちゃん……お酒は苦手で……かおりも生まれるから飲むことはないなって話を……」

しずく「?なんの話ですか?それにかおりって誰です?」

あなた「……!?」

あなた「な、なに言ってるの……私としずくちゃんの子供じゃない!冗談言わないでよ!」



259: 名無しで叶える物語 2020/01/20(月) 12:42:42.14 ID:6kQVkqAw.net

しずく「大丈夫ですか?もしかしてあなたもお酒入ってるんですか?」

しずく「子供もなにもあなたとは避妊具有りでしかやってないじゃないですか。どうやったら子供ができるって言うんです?」

あなた「……へ?」

しずく「あなたは欲しがってたけど正直子育てって疲れそうだし……私も普段は一応女優なんで身籠ると色々とアレだからってことでお互い納得したじゃないですか」

しずく「お酒控えろとか耐えられませんしねw」

しずく「まあ私もたまには生でヤッてみてもいいかなーって思ってたんですよ……」

しずく「あっ!今日大丈夫ですしヤッてみます?w」

あなた「あ……あ……」



262: 名無しで叶える物語 2020/01/20(月) 12:46:55.71 ID:6kQVkqAw.net

あなた「––––––––うわああああああ!!」ガバッ

あなた「はぁ……はぁ……!!」

歩夢「大丈夫!?デス13の攻撃された花京院みたいになってるよ?」

あなた「はぁ……はぁ……歩夢……ちゃん……私は……」

あなた「う……うう……」

歩夢「よしよし……怖い夢見ちゃったんだね。大丈夫。私がいるから」

あなた「歩夢ちゃん……」

歩夢「今日は学校休もうか?あなた最近疲れてたみたいだし。私も一緒に休むから」

あなた「うん……」



267: 名無しで叶える物語 2020/01/20(月) 12:58:20.77 ID:6kQVkqAw.net

かすみ「先輩と歩夢先輩今日お休みらしいです」

果林「んー、やっぱり体調悪かったのかしら」

彼方「いいなぁ、彼方ちゃんもぐっすりお休みしたい……」

しずく「お見舞いに行った方がいいかな……先輩のようす気になりますし……」

愛「愛さんもいこうかな」

璃奈「や、やめといた方がいいと思う。璃奈ちゃんボード『触らぬ神に祟りなし』」

璃奈(ショック療法、効いたかな?これでだいぶ良くなると思うけど)



277: 名無しで叶える物語 2020/01/20(月) 14:34:59.40 ID:6kQVkqAw.net

翌日

璃奈「どうだった?」

あなた「どうだったじゃないよ……璃奈ちゃんわざとあんな設定を……」

璃奈「仕方がなかった。だから最初に注意した」

あなた「確かにちょっと私も混乱してたけどいくらなんでもあれは……」

璃奈「……けど、あなたがみたものもあり得るかもしれない世界線だからしずくちゃんがどうなるかもあなた次第」

あなた「……」

璃奈「まあ中々大変だったけどデータもすごく取れたし私的には満足。璃奈ちゃんボード『うきうき』」

璃奈「設定は元に戻しといたし今日も使う?」

あなた「うん」

璃奈「そ、即答」

あなた「大丈夫大丈夫。今度はちゃんとするから」



280: 名無しで叶える物語 2020/01/20(月) 14:42:42.43 ID:6kQVkqAw.net

自宅

あなた「とにかく今日は幸せな世界が見たい……」

あなた「そろそろあの子のが見てみたかったし」

カチャカチャ

ピッ

チキチキ

––––––––––––––––



284: 名無しで叶える物語 2020/01/20(月) 14:50:37.20 ID:6kQVkqAw.net

あなた「––––––––ん……んん……」ゴロン
 
あなた(かわいい部屋……それにかわいいダブルベッド)

あなた(そして隣には……)

かすみ「むにゃむにゃ……」

あなた(かわいいお嫁さん)

かすみ「んん~……」

かすみ「ん…」パチ

あなた「おはよう。かすみちゃん」

かすみ「あう……///また先に起きられちゃった……先輩を起こしたいのに……」

あなた「私はかすみちゃんのかわいい寝顔がみれて幸せだよ」

かすみ「も、もー!先輩そーゆーとこずるいですよぉ……!」キュンキュン

かすみ「わ、私朝ご飯作ってきます!」

ドテドテ



288: 名無しで叶える物語 2020/01/20(月) 15:06:51.88 ID:6kQVkqAw.net

かすみ「はい♡先輩あーん♡」

あなた「あーん」

モニュモグ

あなた「んー♪おいしい!」

かすみ「えへへ///」

かすみ「せ、せんぱい……」ソワソワ

あなた「……ふふ、わかってるよ」

あなた「はい、あーん」

かすみ「!!」パアァ

かすみ「あーむっ♡」パク

かすみ「とっても、と~ってもおいしいです!」

あなた「かすみちゃんのご飯は最高だからね!」

かすみ「違いますよ。私のご飯がおいしいのもそうですけど……先輩に食べさせてくれるご飯はその何十、何百倍もおいしいんです!」

あなた「かすみちゃん……///」

かすみ「先輩……///」

スッ  

チュッ



296: 名無しで叶える物語 2020/01/20(月) 16:22:39.70 ID:6kQVkqAw.net

かすみ「えへへ……♡」

チュ

チュ

あなた「かすみちゃん……!」

かすみ「もーう!ダメですよ先輩♡お仕事の時間ですよ」

かすみ「お仕事終わったらいっぱい、いーっぱい甘えさせてくださいね♡」



297: 名無しで叶える物語 2020/01/20(月) 16:30:11.88 ID:6kQVkqAw.net

かすみ「んしょ……んしょ…」コネコネ

あなた「ありがとうございましたー!」

 私とかすみちゃんはお台場で小さなパン屋さんを夫婦で経営していた。かすみちゃんの作るコッペパンはとてつもない人気で毎日が忙しい。

あなた「歩夢ちゃん!毎日ありがとうね!」

歩夢「ううん、家も近いし、何よりかすみちゃんのパンが美味しいから毎日通っちゃうよ」

あなた「はい、スタンプ」ポン

歩夢「ありがとう♪また明日くるね」

あなた「ありがとうございまーす」

カランコロン

あなた「ふぅ……」

ヒョイ

close

かすみ「オープンと同時に歩夢先輩が来てクローズの時にまた来るから歩夢先輩を見ると1日が終わったなぁって感じがしますよね」

あなた「あはは……お掃除して戻ろうか」



303: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/01/20(月) 17:09:49 ID:6kQVkqAw.net



あなた「ごちそうさまでした」

かすみ「先輩……お風呂一緒に入りましょ♡」

あなた「うん!」


チャポン

あなた(かすみちゃんのお肌プルプルしてて……すっごくいい匂いする……)

かすみ「せ、先輩……そんなみちゃやですよ……」

かすみ「私、お胸もちっちゃいしいつも先輩を満足させられないって……」

あなた「そんなことあるわけないでしょ。私はかすみちゃんのお胸大好きだよ。パンみたいにずっとコネコネしたいくらいに」

かすみ「……♡」

あなた「……///」

あなた「……ベッド、いこっか」

かすみ「……はい」

ギュッ



305: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/01/20(月) 17:19:31 ID:6kQVkqAw.net

~♡

~♥︎

かすみ「せんぱい……さいご……ちゅーしてください……」ウルウル

あなた「かすみちゃん……かすみ……!!」ダキッ

チュッ

ネロ

かすみ「……んっ♥︎」

かすみ「ぷはっ……せんぱい……すき、すき……♥︎」



308: 名無しで叶える物語 2020/01/20(月) 17:27:58.85 ID:6kQVkqAw.net

……

あなた「ふぅ……飲み物取ってこようか」

かすみ「ありがとうございます……」


あなた「かすみちゃん、お水持ってきた……よ」

かすみ「うぅ……ひっぐ、うぅ……」ポロポロ

あなた「か、かすみちゃん!どうしたの?大丈夫?どこか痛い?」

かすみ「違うんです!私、先輩と一緒になれて、こうして一つになれて、とっても幸せなんです……」

かすみ「先輩と結婚して、お嫁さんになって、一緒にパン屋さんをやって」

かすみ「子供ができて家族ができたらなんて憧れだったのに……」

かすみ「私が……私がこんなカラダなばっかりに……」ポロポロ

あなた「かすみちゃんは悪くないよ……」

かすみ「ごめんなさい、ごめんなさい。私なんかと結婚させちゃって……」ポロポロ

かすみ「赤ちゃん産めなくて……ごめんなさい……」ポロポロ

あなた「かすみちゃんが謝ることなんてないよ!私はかすみちゃんがそばにいてくれればそれで幸せなんだから!」



336: 名無しで叶える物語 2020/01/21(火) 00:34:37.29 ID:6+Zm+UqG.net

ギュウウ

あなた「かすみちゃん……二人で……ずっと幸せになろうね」

かすみ「はい……わた……かすみんのこと、ずっと愛してください……」

ピト

……………
………




339: 名無しで叶える物語 2020/01/21(火) 00:44:19.47 ID:6+Zm+UqG.net

あなた「––––––––––––」ガバッ 
 
あなた「……」

ガチャ
 
歩夢「おはよう♪今日はよく眠れた?」

あなた「歩夢ちゃん……うん、ぐっすり」ニコ

歩夢「待ってて、今ご飯作ってくるから……」

あなた「あ、ちょっとお願いなんだけど」

歩夢「ん?」

あなた「今日はパンがいいかな。パンが食べたい気分で」ニコ

歩夢「……うん♪わかった。待っててね♪」

あなた「ありがとう」



342: 名無しで叶える物語 2020/01/21(火) 01:21:54.09 ID:6+Zm+UqG.net

モニュモグ

歩夢「どう……かな?」

あなた「うん♪とっても美味しいよ。ただあと20秒くらい焼いた方がもっと美味しくなるよ」ニコ

歩夢「う、うん!がんばってみる!」

ピンポ-ン

歩夢「あ、かすみちゃん今日は早いね」

トテトテ

かすみ「おはようございまーす!先輩!それに歩夢先輩!」

歩夢「おはようかすみちゃん」

あなた「……」

かすみ「?どうしたんですか先輩。ことり先輩がラブアローシュート撃たれたみたいな顔して」

あなた「ううん、なんでもないよ」ニコ



344: 名無しで叶える物語 2020/01/21(火) 01:26:28.04 ID:6+Zm+UqG.net

かすみ「くんくん……この匂い、パン焼いたんですか!」

歩夢「うん、この子が食べたいっていうから」

かすみ「……」ウズウズ  

歩夢「ふふ、かすみちゃんもどうぞ♪」

かすみ「ありがとうございます!」

かすみ「あーむ……もぐもぐ」

歩夢「どう?流石にかすみちゃんには敵わないと思うけど」

かすみ「いえ、歩夢先輩のパンもおいしいですよ!」

かすみ「でもこれは化けるとかすみんのライバルになっちゃうかも……」ボソボソ

かすみ「ちょっとアドバイスするとしたらあと20秒くらい焼いた方がいいかもです」



349: 名無しで叶える物語 2020/01/21(火) 02:05:21.98 ID:6+Zm+UqG.net

歩夢「ふふ、この子と同じアドバイスだね」

かすみ「えっ!先輩もわかるんですか!?もしかして経験者……?」

あなた「……あはは、ちょっとかじったくらいだよ」

かすみ(ちょっと齧ったレベルじゃないですよ……)

歩夢「そろそろ行こうか。遅刻しちゃうよ」

かすみ「あ!は、はい!」

あなた「そうだね」



350: 名無しで叶える物語 2020/01/21(火) 02:12:02.32 ID:6+Zm+UqG.net

テクテク

ギュ

かすみ「ひゃっ!?せ、先輩……!?///」

あなた「手、繋ぎたいなって……ダメかな?」

かすみ「ダメなんかじゃないです!ただ、ちょっと、心の準備が!(か、かすみんからいつか繋ごうと思ってたのに……)」

歩夢「……」

あなた「ふふ、歩夢ちゃんも手繋ごう?」

歩夢「え、ええ!?い、いいの!?」

あなた「もちろん♪」

歩夢「あ、え、えと……そ、それじゃあ……」オドオド

ソォ……

ギュ

歩夢「えへ……えへへ……暖かい……///」

あなた「……」ホホエミ



365: 名無しで叶える物語 2020/01/21(火) 11:36:43.19 ID:6+Zm+UqG.net

璃奈「……うそ」

璃奈「あなた……何年間……いや何十年……」

あなた「あはは、かすみちゃんと二人で穏やかに過ごしてたら……ね」

璃奈「し、信じられない……脳波も異常は特にないし……璃奈ちゃんボード『なん……だと…』」

あなた「子供はいなかったけど最後まで私たちは二人で幸せになれたから幸せだったしね」

璃奈「璃奈ちゃんボード『ぽかーん』」

あなた「……今日はお願いがあって璃奈ちゃのところに来たんだ」



376: 名無しで叶える物語 2020/01/21(火) 12:20:21.92 ID:6+Zm+UqG.net

あなた「……私の記憶を消して欲しいんだ」

璃奈「璃奈ちゃんボード『!?』」

あなた「我儘かもしれないけれど……かすみちゃんとの思い出は“私”とかすみちゃんだけのものにしたいんだ」

あなた「つらいし、悲しいけど……私たちは満足した人生を過ごしたし、何より今この時間を過ごしているかすみちゃんに失礼だよ……」

あなた「できるかな、璃奈ちゃん」

璃奈「……うん、できるよ」

璃奈「……本当に、いいの?」

あなた「うん。お願い」ニコ

璃奈「わかった」

カチャカチャ

ピッ

チキチキ

あなた「ありがとうね璃奈ちゃん」

璃奈「……うん」

あなた「かすみちゃん……この世界でも元気でね。歩夢ちゃんも…私がもっと––––––––––––」

あなた「––––––––––––」


璃奈「データ消去100%……人間って、不思議。まだまだわからないことばっか」



392: 名無しで叶える物語 2020/01/21(火) 13:00:15.03 ID:6+Zm+UqG.net

あなた「–––––––––んん……」

璃奈「あ、起きた。どこも異常はない?」

あなた「あ、璃奈ちゃん。……うん、特にないけど……」

あなた「あれ?私どうしてたんだっけ?かすみちゃんのシミュレーションをしてそれで……」

ポロ

あなた「……?なんだろ、り、璃奈ちゃん……なんか涙が出てくるんだけどこれって異常かな……?」

璃奈「……私はそれを異常だとは思いたくないな」

あなた「?」



402: 名無しで叶える物語 2020/01/21(火) 14:06:47.50 ID:6+Zm+UqG.net

かすみ「せんぱーい!帰りましょ!」

あなた「かすみちゃん、歩夢ちゃん。うん、帰ろっか」

かすみ「あ!あの……その……手繋いでもいいですか?」

あなた「え?手?いいよ」

かすみ「ありがとうございます!」

ギュ

あなた「……」

あなた「……?」

あなた「ねえかすみちゃん、変なこと聞くんだけど」

あなた「いま、幸せ?」

かすみ「……?かすみんは先輩や同好会のみんながいるから幸せですよー?あ!けどもっとかすみんファンクラブは増やしたいかも……」

あなた「そっか」

かすみ「いきなりどうしたんですか?」

あなた「ううん。なんでか分からないけど、ちょっと聞いてみたくってさ」

かすみ「へんなせんぱーい」



406: 名無しで叶える物語 2020/01/21(火) 15:25:39.75 ID:6+Zm+UqG.net

自宅

あなた「今日は誰にしようかな~」

あなた「それにしてもみんなほんと良いお嫁さんになるよねぇ」

あなた「私もみんなみたいな可愛くて楽しく過ごせるようなお嫁さんと結婚したいなぁ……」

あなた「ま、私みたいなのがアイドルのみんなとなんて釣り合わないよね」

あなた「だからこうして毎晩毎晩せめてシミュレーションだけでもって感じで使ってるけど」

カチャカチャ

ピッ

チキチキ

––––––––––––



422: 名無しで叶える物語 2020/01/21(火) 23:51:45.26 ID:6+Zm+UqG.net

あなた「––––––––はっ!」ガバッ

あなた「……ここは」

キイィィィィン

あなた「……とりあえずご飯作らないと」ヨイショ

タタタ

ザクザク

ジュウウ



423: この物語は実在する人物とは一切関わりがございません 2020/01/21(火) 23:59:15.70 ID:6+Zm+UqG.net

リビング

あなた「ご飯できたよー」

コト

ちえみ「んー」

ピコピコ

あなた「ほらちえみ、ご飯の時くらいポ●モンやるのやめなさい」

ちえみ「はーい」

あなた「……いないか」

あなた「ちょっとママのところ行ってくるね」

ちえみ「うん」



427: 名無しで叶える物語 2020/01/22(水) 00:07:42.71 ID:dZ1Dws2E.net

ガチャ 

カタカタ

カタカタ

璃奈「……」

あなた「璃奈ちゃん、朝ご飯持ってきたよ」

璃奈「……」

あなた「おーい!璃奈ちゃーん!」

璃奈「……あ、おはよう」

璃奈「てことはもう朝か……朝ご飯置いておいて。食べ終わったら洗っておく」

あなた「たまにはみんなで食べない?」

璃奈「……やめとく」

あなた「……わかった」



431: 名無しで叶える物語 2020/01/22(水) 00:21:04.37 ID:dZ1Dws2E.net

ちえみ「……ママやっぱりこないんだね」

あなた「うん……でもママもお仕事で忙しいだけだから!」

ちえみ「無理しなくていいよお母さん。ママが私のこと苦手なの分かってるし」

あなた「そ、そんなこと……」

ちえみ「大丈夫。お母さんは優しいし私にはポ●モンとアランがいるから寂しくないよ」

ちえみ「ね?アラン」

アランMarkII「にゃー」

あなた「ちえみ……」



444: 名無しで叶える物語 2020/01/22(水) 01:25:20.43 ID:dZ1Dws2E.net

ちえみ「たまに顔合わす時だって変なお面つけたりしてるし付けてないと思ったらずっと怒ってるみたいな顔してるし……」

あなた「違うの、璃奈ちゃん、ママは……」

ちえみ「あ、学校行かないと」

ちえみ「行ってきます、お母さん、アラン」

トコトコ

アランMarkII「にゃー」

あなた「うん……いってらっしゃい」


ガチャ

璃奈「ごちそうさま」

璃奈「あの子もう学校行ったんだ」

あなた「うん。まだ全然登校時間じゃないのに……」



449: 名無しで叶える物語 2020/01/22(水) 02:10:06.26 ID:dZ1Dws2E.net

璃奈「……やっぱりダメだったね」

あなた「璃奈ちゃん……」

璃奈「愛さんと出会って、あなたと出会って……同好会のみんなとスクールアイドルとして活動してきて私も感情がだいぶ出るようになったのに……」

璃奈「あの子……ちえみを前にするとどう接していいか、なんて顔すればいいのか全然わからない……」

璃奈「結局ボードに頼っても想いなんて伝わるわけないし……私ができることなんて働いて稼いであの子が不自由なく暮らせるようにするくらい」

あなた「そんな……璃奈ちゃんはそれでいいの……!?」


璃奈「……ごめんなさい」

トコトコ

あなた「あ!璃奈ちゃん……!」



455: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/01/22(水) 02:33:54 ID:dZ1Dws2E.net

チクタクチクタク

あなた「ちえみ……遅いな…もしかしてまた……」

ガチャ

ちえみ「ただいま」

ちえみ「あ、お母さん。私今日は晩ご飯いいや」

あなた「ちえみ……もしかして」

ちえみ「うん、歩夢おばちゃんの家で食べてきた」

あなた「また……迷惑かかっちゃうからダメだって言ったじゃない」

ちえみ「でも……私友達少ないし……けど歩夢おばちゃんいっぱいお話ししてくれるから……」

あなた「……」

あなた「とにかく、せめて連絡はして。何かあったんじゃないかって心配するから」

ちえみ「……お母さんじゃなくて、ママに心配されたいのに……」ボソ



468: 名無しで叶える物語 2020/01/22(水) 13:52:48.79 ID:dZ1Dws2E.net

あなた「ごめんね歩夢ちゃん。ちえみがお世話になっちゃって……」

歩夢『ううん、全然大丈夫。ちえみちゃんかわいいし私にも子供ができたみたいで嬉しいんだ♪」

歩夢『それより……あなたは大丈夫?』

あなた「え……」

歩夢『璃奈ちゃん……ちえみちゃんとうまく会話できてないみたいだけど……』

あなた「うん……」

歩夢『余計なお世話かもしれないけど、ちゃんと二人で話し合った方がいいと思うな』

あなた「そうだよね……やっぱり私もちゃんとしないとダメだよね」

歩夢『大変だろうけど、向き合わないといけないことだからね』

歩夢『私でよかったらいつでもお話聞くからあなたもちえみちゃん連れて私のお家きてね』

あなた「うん、ありがとう歩夢ちゃん」

ピッ


あなた「向き合う……か」



478: 名無しで叶える物語 2020/01/22(水) 22:56:01.60 ID:dZ1Dws2E.net

深夜

カタカタ  

カタカタ

璃奈「……」

璃奈「ふう、終わった……」

璃奈「お風呂入ろ……」

ガチャ  

璃奈「……あ」

あなた「おつかれさま、璃奈ちゃん」

璃奈「まだ起きてたんだ」

あなた「璃奈ちゃんとゆっくり話がしたくてお仕事終わるの待ってたんだ」

璃奈「……わかった。でもその前にお風呂に入りたい」

あなた「じゃあ一緒に入ろうか」

璃奈「え」



481: 名無しで叶える物語 2020/01/23(木) 00:23:21.72 ID:N1IrZ8OF.net

––––––––––––結婚一年目

かすみ「せ、先輩……ほんとにいいんですかね……こんな理由でお仕事休んじゃって……」

あなた「“こんな”なんかじゃないよ!今日はかすみちゃんのお誕生日だよ!一年に一回しかないこんなおめでたい日に仕事なんてやってられないよ!」

かすみ「先輩……///」

あなた「同好会のみんなを呼んだパーティーは土日にやるとして……今日は二人で一日中ずーっと一緒にいようね」

かすみ「はい……!」

あなた「……誕生日プレゼントっていうにはちょっと変かもしれないけど……これ、作ってみたんだ」

かすみ「わあ!美味しそうなコッペパン!先輩が作ったんですか!?」

あなた「うん……私も作れるようになってかすみちゃんの負担が減ればなって……」

あなた「……初めてはかすみちゃんに食べてもらいたくて」

あなた「ごめんね……誕生日プレゼントぽくなくて……」

かすみ「そんなことないです!」

かすみ「先輩が一緒にいてくれて、かすみんの為に手作りパンまで……」

かすみ「こんな幸せな誕生日……ないですよぉ……」ウルウル

あなた「かすみちゃん……」

かすみ「先輩……」

チュッ

かすみ「かすみん、もう20歳になったんですよ?」

かすみ「……だから、その……///」

あなた「かすみ……ちゃん」ゴク

かすみ「えへ……まだ朝なのにすみません……けどかすみん、心の準備はできてますから」

かすみ「先輩がかすみんのこと大切に思ってくれてるのはすごく、すごーく分かります……」

かすみ「でももうかすみんも……私も大人なんです」

かすみ「だから……先輩、お願いします」

あなた「うん……わかった」

あなた「ご飯食べたら……一緒にお風呂入ろっか」

かすみ「……はい///」


 ……これからしばらくして、私とかすみちゃんは辛い現実を知ることになる。



494: 名無しで叶える物語 2020/01/23(木) 15:43:34.70 ID:N1IrZ8OF.net

>>478の続き

チャポン

璃奈「……」

あなた「……」

あなた「あはは……なんだか久しぶりだね、二人で入るの」

璃奈「うん……ちえみが生まれるまでは毎日一緒に入ってたね」

璃奈「う……なんだか恥ずかしい……///」チャプ  

あなた「ほら、そんなにかわいい顔できるんだからきっとちえみの前でもできるよ」



495: 名無しで叶える物語 2020/01/23(木) 15:58:51.27 ID:N1IrZ8OF.net

あなた「璃奈ちゃんはちえみのこと嫌い?」

璃奈「そ、そんなことない!ちえみはとっても大切な私の……私たちの子供だよ」アセアセ  

璃奈「ちえみがちっちゃい頃は一緒にいることが多かったんだけど大きくなってくるにつれて昔の自分が重なって見えちゃって……」

璃奈「ちえみくらいの歳の頃は私、ほとんど両親と接してなかったから……」

璃奈「私、ちえみに嫌われたくなくて……だから、変なことしちゃう前に距離を置こうと……」

あなた「璃奈ちゃん、それは違うよ」

あなた「璃奈ちゃんは子供の時ご両親に会えない時間が多かったけど会えたときはどうだった?」

璃奈「それは……嬉しかったよ」

あなた「ちえみも同じだよ。ちえみも璃奈ちゃんのこた大好きなんだから」



497: 名無しで叶える物語 2020/01/23(木) 16:07:19.17 ID:N1IrZ8OF.net

璃奈「そうかな……」

あなた「その証拠にちえみ、アランMarkIIのことずっと大切にしてるんだよ」

あなた「ちえみ、璃奈ちゃんに作ってもらったアランMarkIIを家にいるときはずっと一緒なんだよ。普通苦手な人が作ったやつなんてそんな持ってられないよ」

璃奈「あ……」

あなた「お互いにちょっとすれ違ってるだけなんだよ。すぐに分かり合えるよ」

璃奈「……昔みたいに、話せるかな」

あなた「話せるよ。ちえみとポ●モンの話してる時の璃奈ちゃんすっごく楽しそうだったよ」

璃奈「……ちえみ」

璃奈「……会いたいな」



500: 名無しで叶える物語 2020/01/23(木) 16:20:28.33 ID:N1IrZ8OF.net

璃奈「……遅く、ないかな」

あなた「きっと大丈夫。私も一緒だから……」

璃奈「ありがとう。あなたにはいつも助けられてばかりで……」

あなた「いいんだよ。璃奈ちゃんに振り回されるの昔から好きだからさ」

璃奈「もう……そんなこというならまた色々な発明の実験に付き合ってもらうよ」

あなた「あはは……」

璃奈「明日……ちえみが学校から帰ってきたら話してみようと思う」

あなた「うん。そうだね……。朝だとちょっと慌ただしいからね」

璃奈「うぅ……緊張してきた」

あなた「大丈夫……大丈夫」

ギュウ

璃奈「あ……」

璃奈「あなたとこうしてると……安心する」

璃奈「もうちょっとだけ……いい?」

あなた「もちろん」

………
……




502: 名無しで叶える物語 2020/01/23(木) 16:44:19.81 ID:N1IrZ8OF.net

翌日 夕方

あなた「……遅いね」

璃奈「う、うん……」ソワソワ

ガチャ

あなた「あ!帰ってきた……!!」

璃奈「!!や、やっぱりボードを……」アセアセ

あなた「もー!ダメだって!」

ちえみ「ただいまーお母さん!」

ちえみ「……あ、ママ」

あなた「お

璃奈「お、おかえり!ちえみ」

ちえみ「!!」



506: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/01/23(Thu) 17:11:06 ID:N1IrZ8OF.net

璃奈「その……ちえみ……ママね……」テンパリ

あなた(がんばれ!璃奈ちゃん!)

ちえみ「ま、ママ!」

ゴソゴソ

ちえみ「こ、これ!あげる!」つ

璃奈「……え、これって……」

ちえみ「お、お花!」

ちえみ「ずっと、ママと話したくて……でも私、よくわからなくて……それで相談したら歩夢おばちゃんが一緒に考えてくれて……」

あなた(……!だから最近ずっと花屋さんやってる歩夢ちゃんのところに……)

ちえみ「……ほんとはずっとママと一緒にいたかった。でも、私不器用だから……」

璃奈「そんなことないよ!私こそ……ママこそ、ごめんね……!!」



515: 名無しで叶える物語 2020/01/23(木) 17:59:58.79 ID:N1IrZ8OF.net

ギュウ   

ちえみ「ママ……ママ……!!」

璃奈「ちえみ……」  

璃奈「ちえみ!!」

ギュウウ

あなた「よかった……本当に……璃奈ちゃん……ちえみ……」ポロポロ

アランMarkII「にゃー……」ニッコリ  



519: 名無しで叶える物語 2020/01/23(木) 18:13:59.36 ID:N1IrZ8OF.net

あなた「全部知ってたんだね歩夢ちゃん」

歩夢『うん……でもよかった……ちえみちゃんと璃奈ちゃんがまた仲良くなれて……』

あなた「ごめんね歩夢ちゃん、色々と……」

歩夢『ううん。私はあなた達が幸せになれるならそれが一番だから』

歩夢『もう私は必要ないかもしれないけど、よかったらまたちえみちゃんに遊びに来てって伝えといてくれるかな?』

あなた「もちろん!今度は……家族みんなでも行くよ!」

歩夢『ふふ、楽しみに待ってるね』

あなた「それじゃあ、いまからみんなでご飯を食べるからまたね!」

歩夢『うん♪』

ピッ

 
歩夢「……あなたが幸せなら、私も幸せだから…」ポロ



527: 名無しで叶える物語 2020/01/23(木) 18:43:59.14 ID:N1IrZ8OF.net

ちえみ「むにゃ……」zzz

ギュウ

アランMarkII「にゃー……」zzz

あなた「ぐっすり眠ってるね」

璃奈「うん……なんだかこうやってちえみの寝顔をちゃんとみるのも久しぶり……」

璃奈「ずっと家にいたのに、こんなに近くにいたのに……」

あなた「これからいくらでも見れるよ」

璃奈「うん……そうだね」

あなた(璃奈ちゃん……気付いてないかもしれないけど今の璃奈ちゃんとっても安らいだ表情してるよ)

璃奈「あなたには本当に頭も上がらない……学生の時からずうっと」

あなた「何言ってるの璃奈ちゃん。私たちは夫婦なんだから当たり前だよ」

璃奈「うん……」

璃奈「思えば、あなたとも最近はあまり話せてなかった……」

璃奈「その……」

璃奈「久しぶりに……あなたとも……二人で過ごしたいなって……///」

あなた「……うん」



528: 名無しで叶える物語 2020/01/23(木) 18:50:54.70 ID:N1IrZ8OF.net

ピ-!ピ-!ピ-!

あなた「––––––––––––!?」ガバッ

あなた「な、なに……?」

あなた「あ……バイザーの液晶に何か表示が……」

『強制シャットダウン』

あなた「え、な、なにが……」

ガチャ

歩夢「おはよー♪」

あなた「あ……おはよう、歩夢ちゃん」

あなた「……」

歩夢「?どうしたの?」

あなた「ううん、私、歩夢ちゃんが幼馴染で本当に良かったなって」

歩夢「!」ボンッ

歩夢「も、もうあなたったら……そんなこと言ってもなにもないよ?///」テレテレ



538: 名無しで叶える物語 2020/01/23(木) 19:18:00.18 ID:N1IrZ8OF.net

璃奈「……強制シャットダウン。ということはあなた……私のシミュレーションしたの?」

あなた「う、うん」

璃奈「う……恥ずかしい……璃奈ちゃんボード『てれてれ』」

あなた「璃奈ちゃん……あのね」

璃奈「いい、言わなくて……。私も内容は知りたくないから」

あなた「……うん」

璃奈「それに……あなたが望めば」ゴニョゴニョ

あなた「えっ?」

璃奈「な、なんでもない!璃奈ちゃんボード『勘のいいガキは嫌いだよ』」

あなた「う、うん……(けど、きっと、あの後もちえみと璃奈ちゃんはうまくやっていけてるんだろうね)」



545: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/01/23(Thu) 19:46:55 ID:N1IrZ8OF.net

自宅

あなた「今日はどうしようかなあ……」

あなた「……あれ?なんだろうこれ」

あなた「そういえば璃奈ちゃん言ってたっけ……機能が増えるかもって……もしかしてこれのことかな」

あなた「ま、物は試し!やってみよ!」

カチャカチャ

ピッ

チキチキ

––––––––––––



548: 名無しで叶える物語 2020/01/23(木) 20:04:29.25 ID:N1IrZ8OF.net

あなた「––––––––」

あなた「……ん……ここは……」キョロキョロ

あなた(大きい部屋……お屋敷みたい……)

??「はぁ……ようやく起きたんですか?」

あなた「え……!?」

あなた「えっと……あなたは……」

??「……いくら寝起きとはいえ失礼すぎではないでしょうか」

あなた(こんな着物美人みたこと……)

??「その顔……本当に理解してなそうですが大丈夫ですか?お医者様でも呼びましょうか?」

あなた(う……このちょっと毒がある口調……もしかして……まさか……)

あなた「……三船、さん?」

栞子「確かに私は三船栞子ですが仮にも妻である私にそこまで他人行儀だとは……」

栞子「家の人に聞かれたらどうするんです?少なくともこの家の中ではいつものように“栞子”と呼んでください」



561: 名無しで叶える物語 2020/01/23(木) 20:30:31.17 ID:N1IrZ8OF.net

あなた「わ、わかったよ……栞子」

栞子「本当にわかっているんですか?……まあいいです。そんなことより起きたのなら早く顔でも洗ってきたらどうですか?」

あなた「うん」

栞子「せっかく作った朝食をあなたがだらだらとするせいで冷めたらどうするんですか?」

あなた「い、急ぎます」

トテトテ

栞子「はぁ……」



572: 名無しで叶える物語 2020/01/23(木) 21:13:23.00 ID:N1IrZ8OF.net

デン!

あなた(す、すごい……高級料亭みたい……)

あなた「こ、これ栞子が……?」

栞子「何を今更言っているんですか?毎日見ているでしょう?」

あなた(こんなの朝何時に起きれば……)

栞子「はやく食べてください。私もお腹は空いているんです」

あなた「あ、うん……い、いただきます」

パク

モニュ…モグ

あなた「……!!」

パクパク

あなた「お、美味しい!すごく美味しいよ!」

栞子「たかが朝食でそこまで喜べるなんて……幸せな頭を持っていますね」

栞子「……まあ、悪い気はしませんが」

あなた「ん?何か言った?」

栞子「は?何も言ってませんが?」

栞子「……」ギロ

あなた「う……」

栞子「……」

ジリジリ

あなた(ま、まずい!怒らせちゃったかな)>~<

スッ

フキフキ

あなた「え……」

栞子「口周りにお米がついていますよ……全く、食事作法はあれほど教えたというのに」

あなた「あ、ありがとう……」



576: 名無しで叶える物語 2020/01/23(木) 21:32:13.70 ID:N1IrZ8OF.net

あなた「ごちそうさま!とっても美味しかったよ!」

栞子「そうですか。片付けは私がやるのであなたは仕事の支度をしなさい」

あなた「うん。ありがとうね」

栞子「妻として当然のことをするまでですので余計な心配はかえって不愉快です」

あなた「ご、ごめんね……(うーん……夫婦仲悪いのかなぁ……)」


あなた(……情報も断片的にしか入ってこない……)

あなた「……とりあえず仕事行くか」



577: 名無しで叶える物語 2020/01/23(木) 21:51:20.08 ID:N1IrZ8OF.net



あなた「ただいま……(結構遅くなっちゃったなぁ……みふ、栞子怒ってそうだなぁ」

栞子「おかえりなさい」

栞子「お疲れでしょう?まずはお風呂へどうぞ」

あなた「あ、うん……あの……怒ってない?」

栞子「……?なぜ怒る必要が?」

あなた「いや……遅くなっちゃったし」

栞子「遅くまで家族のために仕事をこなす伴侶に怒る理由があるんですか?つまらない質問していないで早くお風呂に入りなさい」

あなた「は、はい!」



578: 名無しで叶える物語 2020/01/23(木) 22:03:12.70 ID:N1IrZ8OF.net

シャ-
 
あなた「お風呂場もでっかいしすごい家だなぁ……普段団地暮らしだから尚更……」

ガラガラ

栞子「失礼いたします」

あなた「!?」

あなた「み……栞子!?ど、どうしたの!?」

栞子「どうしたもなにも……いつも通りお背中を流しに来ましたが?」

あなた「い、いつも通りって……(毎日一緒に入ってるってことかな……)」

栞子「まあこれも妻の役目なので……あなたはなにも考えなくてもいいんですよ」

あなた(と言われてもなぁ……)



579: 名無しで叶える物語 2020/01/23(木) 22:28:28.18 ID:N1IrZ8OF.net

チャポン

あなた「……」

栞子「……」

あなた(……き、気まずい……)

チラ

栞子「……ふぅ」

あなた(この子はなんとも思わないでお風呂満喫してそうだし……)


栞子「あの、何ですか?先ほどから私ことをチラチラと」

あなた「わ!?」

栞子「相変わらず変な人ですね」

あなた(うぅ……やっぱ怖いな)



580: 名無しで叶える物語 2020/01/23(木) 22:36:31.11 ID:N1IrZ8OF.net

あなた「……あのさ」

あなた「私なんかと結婚して……楽しい?」

栞子「……は?」



586: 名無しで叶える物語 2020/01/23(木) 23:15:37.45 ID:N1IrZ8OF.net

栞子「……たしかに、私たちはお互いの意思で惹かれあったわけではありません」

栞子「……見合いの席でも互いに気まずい雰囲気にもなりました」

栞子「正直な話……結婚というのも両親の顔を立てるため仕方がなくという気持ちでした」

栞子「ですが……あなたと共に過ごし、苦楽を乗り越え……いつしか私は……」

栞子「わ、悪くないなと思うようになっていました……」

栞子「……あなたも、同じかと思っていました……」

ポロ


あなた「!!……栞子……」

栞子「水滴です……気にしないでください」

キイィィィィィン

あなた「っっ!」



593: 名無しで叶える物語 2020/01/23(木) 23:52:53.61 ID:N1IrZ8OF.net

あなた(思い……出した…!)

あなた(お見合い、お食事会、デート、結婚式も……)

あなた「栞子!」

ダキッ

栞子「なっ……!なんですか!?ここは身体を清めるところですよ!そ、そういうことは然るべき場所で……」

あなた「ごめん!変なこと言っちゃって!」

あなた「私……不安で……栞子がそうなふうに思ってくれてたなんて……」

あなた「ごめん……ごめんね……」

栞子「はぁ……本当にあなたはどうしようもないですね」

栞子「あなたを見ているとこっちまで不安になってきます」

栞子「私が責任を持って最後まで導いてあげないといけませんね」



598: 名無しで叶える物語 2020/01/24(金) 00:02:14.92 ID:O1CXOpch.net

栞子「そろそろ両親からも催促が来るころでしょうし……ちょうどいいタイミングですし今晩でいいでしょうか」

あなた「え……?何が……?」

栞子「はぁ……本当に鈍い人ですね……。私が三船の名を背負って結婚した意味、わかりますよね?」

あなた「あ……」

栞子「言っておきますがやるからには全力でいきますので……」

栞子「––––––––––––覚悟してくださいね?」



604: 名無しで叶える物語 2020/01/24(金) 00:16:59.93 ID:O1CXOpch.net

あなた「––––––––え」

あなた「……」

『体験版はここまでです』

あなた「……」

プルルル

プルルル

ガチャ

璃奈『な、なに……ね、眠いよ……』

あなた「天王寺ーーーー!!!」



614: 名無しで叶える物語 2020/01/24(金) 00:37:54.18 ID:O1CXOpch.net

璃奈「あー……うん…それはねデータ不足だからだよ」

あなた「データ不足……?」

璃奈「三船栞子との営みを再現するのにもう少し女の子のデータが必要だったの」

あなた「つまりそういう方向に持っていかなければもう少し続いたの?」

璃奈「うん」

あなた「……なんかもったいない気がした……いやでもあんなこと言われたら栞子と……」ブツブツ

ガラガラ

あなた「!」

栞子「……天王寺さんとあなたの二人だけですか」

璃奈「あ……三船さん」



620: 名無しで叶える物語 2020/01/24(金) 00:55:13.88 ID:O1CXOpch.net

栞子「見たところスクールアイドルの練習はしていないんですね」

璃奈「きょ、今日は練習お休みの日だから……」

栞子「むしろ練習する意味あるんでしょうか?先日のテスト問題はたまたま回避できましたがこの同好会もいずれは潰れるんです」

栞子「意味のない練習をしても時間の無駄だと思いますが?」

璃奈「そ、そんなこと……!絶対スクールアイドルは続けるんだから!璃奈ちゃんボード『むん!』」

栞子「……天王寺璃奈さん。私はあなたのことを本気で思っているから言っているんです」

栞子「あなたのその才能は全人類でもトップクラスのものです。スクールアイドルなんてものに時間を取られるなんて人類の損失です」

璃奈「そ、そんなの知らない。私は私のやりたいことをやりたいだけ」

栞子「……まあいいです。潰れるまでは好きなことをするのも自由ですので」

栞子「そういえば部長さん。あなた今日は変に大人しいですね?反論の余地もありませんか」

栞子「……!?」

あなた「……」ニコニコ



623: 名無しで叶える物語 2020/01/24(金) 01:13:54.01 ID:O1CXOpch.net

栞子「何をにやにやと笑っているんですか?」

あなた「え……いやあ、別に」ニヤニヤ

栞子「もはや反論の余地もなく、笑うしかできないと捉えてもいいんでしょうか」

あなた「どうかなあ(口ではこんなこと言ってるけどかわいいなあ栞子)」

あなた「しお……三船さんももっと笑ったほうがいいと思うよ。笑えばすごく可愛いんだから」

栞子「なっ……///ふ、不愉快です!絶対に近いうちに同好会は潰させてもらいますので今日のところは失礼します!」

スタスタ  

あなた「行っちゃった」

璃奈(もう一回くらいショック療法したほうがいいのかなぁ?)



629: 名無しで叶える物語 2020/01/24(金) 01:29:01.16 ID:O1CXOpch.net

自宅

あなた「さーて、二年生、一年生と終わったから……(かすみちゃんはなぜか記憶にないけどま、いっか)とうとう三年生いっちゃおっか!」

あなた「~誰にしようかなぁ~♪年上のお嫁さんってすごくドキドキするなぁ」

あなた「ん~……」

あなた「よし!決めた!一番最初は果林さんにしよっと!」

カチャカチャ

ピッ

チキチキ

あなた「––––––––––––」



638: 名無しで叶える物語 2020/01/24(金) 01:53:30.58 ID:O1CXOpch.net

あなた「か、果林さん何してるの!?」

果林「え……?何って……あ、ふふ。そうよね…ごめんなさい。あなたはこういうお店初めてだから分からないわよね」

果林「これはね?前菜といってメインの料理が運ばれてくる前に食べるものなのよ?」

あなた「果林さん……あのね、その花は……」

あなた「~~~」(説明中)

果林「……」

果林「……」ダラダラ

果林「……///」ボンッ


本編とは特に関係ない



654: こ物実関な 2020/01/24(金) 12:44:54.91 ID:O1CXOpch.net

あなた「––––––––あ」ガバ  

みゆ(13歳)「ママ、おはよう」ニコ 

あなた「みゆ……おはよう」

みゆ「朝ごはんできてるよ、一緒に食べよ」

あなた「うん」

……


あなた「ほんと、どんどんみゆの料理美味しくなってくね」モニュモグ

みゆ「えへへ、ありがと」モニュモグ

あなた「いつのまにかヨーグルトまで手作りしちゃうようになってるし……私できないよ」

みゆ「好きだからがんばった!」

あなた「ふふ」

みゆ「それじゃあ学校行ってくるね。できるだけ早く帰ってくるから」

あなた「うん、待ってるね」



659: 名無しで叶える物語 2020/01/24(金) 13:11:23.24 ID:O1CXOpch.net

西木野総合病院

ガラ

果林「あら?今日も来てくれたの?ふふ、嬉しいけど来すぎなんじゃない?」

あなた「そんなことないよ……私もみゆも果林ちゃんに会いたいんだよ」

みゆ「お母さん……!」

ダキッ

果林「あらあら……甘えんぼさんね、誰に似たのかしら……みゆちゃんもう中学生でしょ?」

みゆ「でも……!」

果林「ふふ」ナデナデ

あなた「果林ちゃん……調子はどう?」

果林「もう……そうな暗い顔しないで。今日はとっても元気よ。ご飯のおかわり頼んだら怒られちゃったけど」

あなた「あはは……果林ちゃんらしいね」



664: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/01/24(金) 14:01:26 ID:O1CXOpch.net

みゆ「あのねお母さん!みてこれ!」

バッ

果林「何かしらこれ……テスト?」

みゆ「期末試験!全部満点取ったよ!」

果林「あら、凄いじゃないみゆちゃん!」

みゆ「ママに勉強教えてもらったしお母さんにも褒めてもらいたくて……えへへ」

果林「偉いわよ~みゆちゃん」ナデナデ

みゆ「身体良くなったらお母さんにも勉強教えてほしいな!」

果林「えっ!?あ、あ~」チラ

あなた「……wそうだね、お母さん学生の時からずっと完璧だったから教えてもらうといいよ」

みゆ「やったー!」

果林「そ、そうだみゆちゃん!満点のご褒美にこれで下の売店で好きなもの買ってきていいわよ」ピラ

みゆ「いいの!?」

果林「ええ。一緒にいけなくてごめんね」

みゆ「お母さんたちの分も買ってくるよ!」

タタタ



667: 名無しで叶える物語 2020/01/24(金) 14:49:39.52 ID:O1CXOpch.net

果林「……まったく、本当あなたって意地悪だわ」ムス

あなた「ごめんごめん。つい」

果林「まあ……頭の出来については私に似ないでよかったわ」

果林「あの子なら……きっとこの先上手くやっていけるってまた安心感が増したわ」

あなた「……何言ってるの果林ちゃん。そんな

果林「……わかるのよ、自分のことは」

果林「これでも元モデルなんだから自分の身体の異変なんてすぐわかっちゃうの」

あなた「でも……真姫ちゃんは」

果林「あの子はとっても優しい子だから私たちに気をつかってるのよ……」

果林「とは言ってもね?私だってそう簡単に諦める女じゃないんだからとことん抗うわよ」

果林「……だから」

スッ

ギュッ

果林「泣かないで……。もっと笑顔を見せてほしいな」

あなた「う゛ん゛……ごめん……」ポロポロ


病室前

みゆ「……」ウツムキ



689: 名無しで叶える物語 2020/01/24(金) 18:10:56.90 ID:O1CXOpch.net

ガラ

果林「遅かったわね?何買ったの?」

みゆ「うんとね!ヨーグルト!」

果林「みゆちゃんは本当にヨーグルトが好きね」フフ

あなた「最近はとうとう自分で作り始めちゃったからね」

果林「え!ヨーグルトって作れるの?」

みゆ「意外と簡単だよ?あ!今度持ってくるよ!」

果林「あらあら、楽しみね。病院食にも飽きてたところなのよ」

みゆ「楽しみにしててね!」

果林「えぇ……」



690: 名無しで叶える物語 2020/01/24(金) 18:22:06.37 ID:O1CXOpch.net

帰り道

トコトコ

みゆ「お母さんにどんなヨーグルト作ってこうかなぁ!プレーンだと味気ないかなぁ、うーん……」

あなた「……(果林ちゃん、元々モデル体型で細かったけど……さらに細くなって…)」

みゆ「次はいつくらいに行こうか?毎日だと勉強しなさいって怒られそうだし……」

あなた「……(普段からちゃんとご飯を食べられてるのかな……さっきは調子がいいこと言ってたけどやっぱり……)」

みゆ「……ママ」

あなた「あ、ごめんのめん……なんの話だっけ」

みゆ「お母さんなら大丈夫。大丈夫だから……」

みゆ「お母さんのために、私たちは笑わないと….あはは」ポロポロ
  
あなた「みゆ––––––––––––」



693: 名無しで叶える物語 2020/01/24(金) 19:03:30.23 ID:O1CXOpch.net

あなた「ごめんね(みゆは必死にがんばってるのに、私ときたら)」

あなた「よーし!今日外で食べてこうか!何食べたい?」

みゆ「肉!!」

あなた「よし!ちょっとお高い所行こうか!」

みゆ「うおー!!」

……




700: 名無しで叶える物語 2020/01/24(金) 20:02:23.58 ID:O1CXOpch.net

数ヶ月後

みゆ「はい!今日もヨーグルト作ってきたよ!」

果林「ありがとうみゆちゃん」ニコ  

果林「あなたもごめんなさいね。お仕事が忙しいのに。その上ずっと家のことも任せちゃって……」

あなた「気にしないでいいよ。私は平気だしそれにたまにだけど同好会のみんなが手伝いに来てくれるんだ」

あなた「この前は菜々ちゃんが料理作りに来たんだけど下手したら私たちが病院送りになるところだったよ」

果林「あ、相変わらずなのねあの子……」

あなた「みゆは料理も家事も出来るし私も大助かりだしね」

あなた「最近はすっかりみゆに朝起こされるようになっちゃったし……あはは」

果林「なぜ私の遺伝子が入っていて朝強いのかしら……」

果林「……安心だわ。私がいなくてもちゃんとできるのね」

みゆ「……!!」

あなた「も~果林ちゃんてば何言ってんだか……あはは」

果林「な~んて、冗談よ♪はぁ、私も久しぶりに帰りたいなあ」

あなた「そのことなんだけど……真姫ちゃんに聞いてみたら少しならいいって」

みゆ「え!?ほんと!?」

果林「いつのまにそんなこと聞いたの」

あなた「えへへ……」

みゆ「お母さん帰ってくるんだ!やったー!!」

果林「私も嬉しい……楽しみにしてるわね」



702: 名無しで叶える物語 2020/01/24(金) 20:08:38.82 ID:O1CXOpch.net

あなた「じゃあ私たちは帰るね。帰ってくるときのために色々と準備もしなくちゃ」

みゆ「またねお母さん!」フリフリ

果林「ええ」フリフリ

ガチャ

果林「……さて、みゆちゃんのヨーグルト食べようかしら」

プルプル

果林「……っ」

プル……ピト

果林「……」ホッ

パク

果林(やっぱり美味しいわ♪)

果林「––––––––!!」ウッ

果林(だめ!これだけは絶対に……!!)

果林「……はぁ……んっ……はぁ……」

ゴクン

果林「絶対に……食べるんだから……」

パク

……




710: 名無しで叶える物語 2020/01/24(金) 20:42:44.47 ID:O1CXOpch.net

真姫「それじゃあ……何かあったらすぐに連絡して。いつでも動ける準備してるから」

あなた「うん。ありがとう真姫ちゃん」

真姫「……そんなこと言われる資格は、私には……」

あなた「果林ちゃんがよく言ってくれるんだ。真姫ちゃんがいっぱい頑張ってくれてること。休憩の時間だって果林ちゃんの話し相手になってくれたり」

真姫「べ、別にそれは……」クルクル  

あなた「っと……そろそろ行かないと。それじゃあ」

真姫「気をつけなさいよ」

……


駐車場

みゆ「ママ遅いよー!」

果林「美人のお医者さんと何話してたのかしら……こんな綺麗な親子放っておくなんて妬けちゃうわね」

あなた「そ、そんなんじゃないよ!もう!私が愛してるのは二人だけだよ」

果林「そ、そういうこと平然と言うんだからまったく……///」

みゆ「あ!お母さん赤くなってる!」

果林「い、言わなくていいの!」



714: 名無しで叶える物語 2020/01/24(金) 21:51:25.44 ID:O1CXOpch.net

ガチャ

果林「……久しぶりね、この家も……全然変わってない」キョロキョロ

みゆ「あっ!お母さんだめだよ!行儀がなってないなあ!」

果林「えっ?」

あなた「果林ちゃんが小さい頃みゆに教えたんじゃない」

みゆ「帰ってきたらなんて言うの?」

果林「ああ……ふふ」

果林「ただいま」ニコ

あなた、みゆ「「おかえり!!」」



716: 名無しで叶える物語 2020/01/24(金) 22:01:04.01 ID:O1CXOpch.net

 その日は家族三人で夜まで団欒をした。いつぶりだろう。自宅でこんなに楽しい時間を過ごしたのは。

果林「あら、みゆちゃん寝ちゃったの?」

あなた「うん。果林ちゃんが寝るまで起きてるって言ってたけど規則正しい生活のせいでこの時間になっちゃうと眠っちゃうみたい」

果林「ほんと良い子に育ってくれたわ……」

果林「こほっ、こほっ」

あなた「!!」ガタ  

果林「ふふ、心配しないで。このくらいならお薬飲めばすぐ治るから」

ゴク

果林「……ふぅ」

あなた「果林ちゃん、身体は……その……」

果林「ここ数ヶ月で今日が一番調子がいいわ。こうやってご飯も食べられたし」

あなた「……」

果林「……お願いがあるの」



717: 名無しで叶える物語 2020/01/24(金) 22:32:45.86 ID:O1CXOpch.net

みゆ「行ってきまーす!ママ!お母さん!」

あなた「気をつけてね」

果林「いってらっしゃい♪」フフ  

 果林ちゃんのお願いとは、病院に戻らずに家に残りたいというものだった。もちろん私は反対だったけど果林ちゃんの目をみたら断ることができなかった……。

果林「ごめんなさい。私の我儘であなたにお仕事休ませちゃって」

あなた「全然大丈夫だよ。有給溜まってたし果林ちゃん一人になんてできるわけないんだから」

果林「あなたと二人だと昔のことがほんの数日前に感じるわ」

あなた「私もだよ。ねぇ、覚えてる?果林ちゃんてば初デートの時前菜と間違えて––––––––––––



721: 名無しで叶える物語 2020/01/24(金) 22:46:41.69 ID:O1CXOpch.net

 一度口を開けば、お互いに思い出が枯れることなく溢れ出てきた。

––––––––––––
––––––––
––––

あなた「果林さん……私と、結婚してください!」

果林「……」

あなた「……果林、さん……?」

果林「……」ウル

あなた「わっ!?果林さん!?な、泣いて……ごめんなさい!気を悪くさせちゃって……」

果林「ち、ちがうの!!わ、わた……」

果林「本当に……私なんかでいいの?」

あなた「果林さんだからいいんだよ」

果林「私……一人じゃ何もできないのよ?」

あなた「知ってる」

果林「あなたに迷惑がかかっちゃうわ……」

あなた「そんなの関係ないよ。私は果林さんのこと愛してるから」

果林「私……こう見えて甘えんぼなんだけど、本当にいいの?」

ギュウウ

果林「!?」

あなた「なんでもいい!私は果林さんが好きなんだ!結婚しよう!」

果林「……はい……」ポロポロ



723: 描写してないけどちゃんと他のスクドルも招待されてるよ 2020/01/24(金) 23:01:29.02 ID:O1CXOpch.net

––––––––––––
––––––––
––––

チュ

あなた「……///」

果林「……///」


かすみ「う゛わ゛ー゛ん゛!お゛ふ゛た゛り゛と゛も゛お゛め゛て゛と゛う゛こ゛さ゛い゛ま゛す゛」ズビズビ

菜々「か、かすみさん……大声で泣きすぎですよ……まったく」グスン

璃奈「とっても綺麗……」

しずく「はい。お二人とも本当に美しいです……私もいつか着てみたいなぁ、ウエディング」

愛「ぶちょー……カリン……愛さんホントに嬉しくて……涙が止まらないよ……」フキフキ

璃奈「!?あ、愛さんそのハンカチ……血がついてるよ!?」

愛「ん?ああ……結婚だから血痕柄のハンカチ持ってきたの。けっこんだけに!」

彼方「彼方ちゃん……今日はとんでもなく興奮してる……!!二人とも幸せにー!!!!」

エマ「果林ちゃん……本当によかったね……妹が巣立つみたいで悲しいけどそれ以上にとってもエモエモで嬉しみが深くて草だよぉ……」グスン

歩夢「二人とも……幸せにね……いつまでも、祈ってるから……」ポロポロ



731: 名無しで叶える物語 2020/01/24(金) 23:15:30.80 ID:O1CXOpch.net

––––––––––––
––––––––
––––

果林「……やだ、そんなにみないで……///恥ずかしいわ///」

あなた「えぇ……モデルやってて?今までかなり露出高めな衣装も着てきたじゃない」

果林「そ、それとこれとは別よ!裸なんて……」

あなた「可愛いなぁ……果林ちゃんは」

… 👈ツンツン

果林「もー!ホクロのとこ突かないの!」

果林「もう……私の色気で悩殺して攻め攻めで行こうと思ってたのに……」

あなた「そんなことしなくても私はずっと前から果林ちゃんに悩殺されてるよ」

果林「あなた……♡」

あなた「果林ちゃん……♡」

チュ  

ネロ


~♡
~♥︎



732: 名無しで叶える物語 2020/01/24(金) 23:22:25.49 ID:O1CXOpch.net

––––––––––––
––––––––
––––

オギャ- オギャ-  

果林「この子が……私たちの……」

あなた「うん……ほんとうに、よく頑張ったね。果林ちゃん」ナデナデ

果林「う……うぅ……」ポロポロ



734: 名無しで叶える物語 2020/01/24(金) 23:25:47.47 ID:O1CXOpch.net

––––––––––––
––––––––
––––

チュパチュパ  

果林「……やっぱり不思議な気分だわ…」

あなた「人類の神秘だよね……」

チュポン

みゆ「~♪」キャッキャッ


果林「……そんなに美味しいのかしら」ゴクリ

あなた「ちょっ!果林ちゃん!?」



737: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/01/24(金) 23:35:37 ID:O1CXOpch.net

みゆ「ごちそうさま!お母さんのご飯久しぶりに食べたけどやっぱ美味しいね!」

果林「そうよ~。しかもカロリーとかかなり計算してるんだから」

みゆ「すげーっ!」

果林「みゆちゃんも私に似てスタイル良いからちゃんとした食生活を送れば相当な美人に育つわよ」

みゆ「じゃあさ!私もスクールアイドルになれるかな!?」

果林「!」

みゆ「高校生になってスクールアイドルになって……すっごいパフォーマンスお母さんに見せてあげる!」

果林「えぇ……とっても楽しみにしてるわ♪ね?あなた?」

あなた「……うん!」


 その晩、私たちは三人で一緒のベッドで眠った。



738: 名無しで叶える物語 2020/01/24(金) 23:45:09.58 ID:O1CXOpch.net

チュンチュン

あなた「んん……」ガバッ

みゆ「あ、ママ起きた」

みゆ「あのねー、お母さん全然起きないの……ほんと朝弱いの治らないねー」

あなた「……!」

みゆ「エマおばちゃんにとっておきの技ってやつ教えてもらおうかな……」

あなた「……ゆっくり寝かせてあげよう」

みゆ「んー……まあお母さん特に用事があるわけでもないし無理に起こさなくていっか」

みゆ「私朝ごはん作ってくるね!一応お母さんの分も!」

タタタ

果林「……」

あなた「……穏やかそうに眠って……いい夢でもみてるのかな?」

あなた「……おやすみ、果林ちゃん」



742: 名無しで叶える物語 2020/01/24(金) 23:48:50.83 ID:O1CXOpch.net

あなた「––––––––––––」

 バイザーを外すと、溜まっていた涙がひたひたと溢れ布団を濡らしていく。バイザーの液晶画面に目を移すとそこには電子的なフォントの文字でこう書かれていた。

『対象ロストのため終了しました』

あなた「……」



797: 名無しで叶える物語 2020/01/25(土) 13:30:36.65 ID:gxLoZWye.net

璃奈「なるほど……終了の条件にそういうものがあったとは……」カタカタ


あなた「……」

璃奈「あの……大丈夫?」

あなた「……うん」

璃奈「その……もし辛いようなら記憶を消そうか?」

あなた「記憶……」

あなた「……だめだよ、それは」

あなた「仮にシミュレーションだとしてもあの世界のみゆは現実を受け止めてこれからも前に進まないといけないんだ」

あなた「それなのに私だけが忘れてのうのうと過ごすことなんてできるわけないよ」

璃奈「……」

璃奈「……やっぱりあなたは家族思いなんだね」



799: 名無しで叶える物語 2020/01/25(土) 13:58:58.28 ID:gxLoZWye.net

部活中

あなた「……」

かすみ「なんだか先輩どこか上の空って感じですね」

歩夢「うん……朝ご飯もいつもより食べなかったし……」

ガラガラ

果林「ごめんね遅れちゃって」

あなた「!」

あなた(っっ!ダメだ……ここにいる果林ちゃんは…私たちの果林ちゃんじゃないんだ!堪えないと……)

エマ「あ!果林ちゃん!大丈夫だった~?」

愛「ん?カリンどーかしたの?」

果林「ちょっと今日は学校休んで病院に行ってたのよ」

彼方「病気?果林ちゃんどこか悪いところあるの?」

果林「いえ……そういうわけじゃなかったけど朝起きたらなんとなく行かなきゃ……って思って」

愛「あはは、なにそれー」

果林「検査受けてびっくりしたわ、まだ凄く小さいけど何かのウィルスがあったみたいで……お医者さんもびっくりしてたわ」

果林「放っておけばいずれとんでもないものになっていたかもしれないけどこんなに早く発見できたら薬を飲めばすぐなくなるらしいわ」

しずく「それは……なんという幸運でしょう。とにかくよかったです」

せつ菜「果林さん……なんだか超能力みたいですね。虫の知らせっていうやつでしょうか」

果林「なんだったのかしらね……あ、キミ」

果林「ごめんね練習遅れちゃって。今日は発声練習したいんだけど……いいかしら?」

果林「……?どうしたの?後ろ向いたりしちゃって」

あなた「ううん……なんでも、ないよ」ポロポロ



811: 名無しで叶える物語 2020/01/25(土) 14:27:21.76 ID:gxLoZWye.net

自宅

あなた「……今日はもう寝よう」

あなた「……zzz」

––––––––ぱい

せん––––––––ぱい

せんぱい!!


あなた「––––––––っ!!」ガバッ

あなた「はぁ……はぁ……ゆめ……?」ダラダラ

あなた「……寝ないと」



815: 名無しで叶える物語 2020/01/25(土) 14:52:57.02 ID:gxLoZWye.net

璃奈「すごい隈……眠れなかったの?」

あなた「うん……あはは……」

あなた「璃奈ちゃん睡眠薬とか持ってない?真姫ちゃんに頼んだら怒られちゃって……」

璃奈「璃奈ちゃんボード『そんなものないよ…』」

璃奈「シミュレーションはしなくていいの?」

あなた「ちょっと気分じゃなくて……」

璃奈(このままじゃこの子……どうかしちゃう)

璃奈(なんとかしないと!)



819: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/01/25(土) 15:06:35 ID:gxLoZWye.net

夜 

あなた「うぅ……うぅん……」

ガチャ

ソロリ

璃奈「……」

璃奈「ありがとう、サスケ。もう帰って大丈夫だよ」ヒソヒソ

サスケ「シャ-」

璃奈(私特製のバウリナガルでサスケと会話して鍵を開けてもらえて入って来れたけど……ちゃんと謝っとかないと)

あなた「う……」

カチャ  

璃奈「よし、装着完了。あとは設定を」

ピッピッピッ

璃奈「開始」

チキチキ

あなた「あっ––––––––––––」

璃奈「私にできるのはこれくらい……」



829: 名無しで叶える物語 2020/01/25(土) 15:43:40.56 ID:gxLoZWye.net

あなた「––––––––––––」ガバッ

あなた「……え?ここは……」キョロキョロ

あなた(見慣れない部屋、見慣れないベッド……これまでの流れからしてシミュレーションの中……?でも私使ってないのに……)

あなた(そもそも誰のシミュレーションなんだろう……)

ガチャ

??「あっ♪先輩おきました♡もう、ねぼすけさんですね~♡」

??「ふふ、この子もいつも頑張ってるんだから無理いっちゃダメだよ♡」

あなた「え……あ……なんで……」

あなた「歩夢ちゃんに……かすみ……ちゃん?」

かすみ「はーい♪先輩のお嫁さん1号のかすみんですよー♡」

歩夢「もーかすみちゃん!1号とかそういうのなしで二人とも平等って言ったでしょ」プンプン

歩夢「ごめんね騒がしくしちゃって。ご飯できてるから食べよ?」

かすみ「今日もかすみたち二人で頑張って作りました♪」

あなた(……一体な、何が……)



835: 名無しで叶える物語 2020/01/25(土) 16:10:02.58 ID:gxLoZWye.net

かすみ「はい、先輩あ~ん♪」

歩夢「あぁ!かすみちゃんずるいよ!」

かすみ「早い者勝ちで~す♪」

歩夢「うー!うー!」プク-

あなた「あはは……歩夢ちゃんにはたまごやき食べさせてほしいなあ……なんて」

歩夢「!!」パアァァ

歩夢「うん!うん!いっぱい食べさせてあげる!」

かすみ「先輩てば歩夢ちゃんに甘いんだから」

 どういうわけか分からないけどこのシミュレーションだと私は歩夢ちゃん、かすみちゃんの二人と結婚しているみたいだ。法律的にどうなのとかあるけどシミュレーションだからあまり気にしなくていいんだろう。

モニュモグ

あなた「おいしいなぁ……」

かすみ「あっ!先輩……」

スッ

ペロ
 
あなた「あ、か、かすみちゃん……!!」

かすみ「えへへ、ほっぺたに付いてまし

チュ

かすみ「ぴゃっ!?あ、歩夢ちゃん……!?なにを……んっ……///」

歩夢「かすみちゃんだけずるいよ……私にもちょうだい……んっちゅっ」

チュパ……チュパ

あなた「あわわ……///」



843: 名無しで叶える物語 2020/01/25(土) 16:36:32.46 ID:gxLoZWye.net

あなた「そ、それじゃあ仕事行ってくるね」

 どうやらこのシミュレーションの中の私は花屋でもパン屋でもなく音楽プロデューサーをやっているらしい。家のことは歩夢ちゃんとかすみちゃんに任せているそうだ。

あなた(……パン屋ってなんだっけ)

歩夢「あなた」

かすみ「先輩!」

あなた「ん?」

チュ

チュ

あなた(あ……///両頬に……///)

歩夢「いってらっしゃい♪お仕事がんばってね!」

かすみ「美味しい晩ご飯作って待ってます♡」

あなた「うん……」ドキドキ



849: 名無しで叶える物語 2020/01/25(土) 17:28:04.10 ID:gxLoZWye.net

あなた「ただいま~」

歩夢、かすみ「「おかえりなさい♡」」

あなた「!?ふ、ふたりとも……その格好は……」

かすみ「えへへ……お疲れの先輩が見たら先輩喜ぶと思って」

歩夢「は、恥ずかしいよぅ……///」

あなた「あ……あ……(は、裸エプロン……!?本当に存在するものだったとは……)」

ギュッ

かすみ「どうですか?先輩……似合いますか?」ウワメ

ギュッ

歩夢「結構……がんばったんだよ?」ウワメ

あなた「あ……あ……」

ツ-

あなた「あ、あひ……」

ドテン

––––––––––––––––



857: 名無しで叶える物語 2020/01/25(土) 17:43:35.44 ID:gxLoZWye.net

あなた「––––––––おわぁ!」ガバッ

カタカタ

璃奈「復旧成功……あ……起きた」

あなた「えっ……?璃奈ちゃん……?てことはまだシミュレーションの中……?けど歩夢ちゃんとかすみちゃんは……」

璃奈「ここは現実だよ。……ちょっとお邪魔してたの」

あなた「もしかして璃奈ちゃんが?」

璃奈「うん……。あのまま放っておいたらいけないと思って。勝手に上がり込んじゃってごめんなさい」ペコ

あなた「ううん。全然いいよ……。私もなんだかスッキリしてし」

あなた「そうだよね……くよくよしてないで元気にしてないと!」

璃奈(……やっぱり壊れかけの脳には濃厚な甘いデータを注入することによって防御、復元出来るみたい。これまで入手したデータが役にたった)

ガラ

歩夢「おはよー……え」

歩夢「璃奈ちゃん……?」



863: 名無しで叶える物語 2020/01/25(土) 17:53:15.58 ID:gxLoZWye.net

歩夢「なんで璃奈ちゃんがいるの……?」

璃奈「あ……えと……」

あなた「ああ!ちょっと新曲の打ち合わせがあってさ!中々進まないから泊まってやろうってことにしたんだ!」

あなた「ねっ!?」

璃奈「あ、う、うん。そうなの。璃奈ちゃんボード『あはは』」

歩夢「……」

歩夢「ふふっ、そうだったんだ♪そういうことだったら私もお手伝いしたかったな♪」

歩夢「璃奈ちゃんもお腹空いてるよね?もう一人分用意してくるね!」

あなた「……」ジ-

歩夢「ど、どうしたの?」

あなた「いや、裸エプロンじゃないんだなーって」

歩夢「!?は、はだ……///」

歩夢「着て……ほしいの?///」

あなた「あっ……」

璃奈「すぐこうなんだから……璃奈ちゃんボード『やれやれ』」



873: 名無しで叶える物語 2020/01/25(土) 18:22:47.85 ID:gxLoZWye.net



あなた「ふぅ……璃奈ちゃんのおかげで元気になったし今日は使うかあ」

あなた(そういえばあのお嫁さんが二人出てきたのどうやったんだろ?今度教えてもらおうかな……)

あなた「今日は誰にしようかなあ……といっても同好会であと試してないのは彼方さんとエマさんの二人か……」

あなた「……」

あなた「……よし!決めた!」

カチャカチャ

ピッ

チキチキ  

––––––––––––––––



878: 名無しで叶える物語 2020/01/25(土) 18:53:33.44 ID:gxLoZWye.net

あなた「––––––––––––」

スンスン

あなた「良い匂い……」

エマ「おはよ~。気持ちの良い朝だね」

あなた「おはようエマちゃん」ニコ

??「おはようお母さん!」

あなた「マリアもおはよう」ワシャワシャ

マリア「えへへ~これすき~」

エマ「ご飯できてるよ?みんなで食べよう」ニコニコ

あなた「うん。もう良い匂いが漂ってきて我慢できないよ!」

エマ「もう、食いしん坊さんなんだから♪」



884: 名無しで叶える物語 2020/01/25(土) 19:02:06.83 ID:gxLoZWye.net

マリア「私チュンとルン起こしてくるね」

トテトテ

エマ「ふふ♪すっかりお姉ちゃんみたい」

あなた「マリアはしっかりしてる子だからね。エマちゃんによく似てるよ」

エマ「そうかなぁ?私はあなたに似てると思うけど」

あなた「そんなことないよお」

イチャイチャ

 私とエマちゃんは結婚してすぐにスイスで暮らし始めた。緑豊かな広々としたところに家を建て小さな牧場を二人で経営している。
 長女にマリア、そして双子のチュンとルンがいて五人家族の大所帯。大変だけど毎日が充実している。



886: 名無しで叶える物語 2020/01/25(土) 19:03:08.71 ID:gxLoZWye.net

感覚麻痺してたけどこのスレに登場する人物は実在する人物、団体、思想とは一切関係がございません



892: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/01/25(土) 19:13:15 ID:gxLoZWye.net

あなた「あ!これってあれだ!ハイジのアレ!」

ミョイ-ン

あなた「ほ、本物だ!」

モニュモグ

あなた「ゥンまああ~~い!!!」

マリア「おいしいね!」

チュン「ねー!」

ルン「ねー!」

エマ「もう大袈裟だよ~」

エマ「食べたいっていってたから作ってみたんだ」

あなた「そしてやっぱうちの牛乳は世界一美味しいよ!」

ゴクゴク

エマ「私たちで頑張って育ててるからね♪同好会のみんなにも人気なんだよ」

あなた「果林ちゃん気に入りすぎてわざわざこっちまで取りに来たときあったもんね」

エマ「言ってくれればすぐ送るのにね~」

「「あはははは!!」」



901: 名無しで叶える物語 2020/01/25(土) 20:28:06.86 ID:gxLoZWye.net

チュン「あそぼー」

ルン「ぼー」

あなた「そうだね、今日は天気も良いし外で思いっきり遊ぼうか」

エマ「わぁ♪とってもいいね。じゃあ私お弁当作るからお昼はみんなでお外で食べよう♪」

マリア「やったー♪」



902: 名無しで叶える物語 2020/01/25(土) 20:35:59.89 ID:gxLoZWye.net

ワイワイ

チュン「おかあさんおそいおそいー!」

ルン「つかまえられないよー!」

あなた「ひえー……は、速すぎる……」

マリア「あの子たち凄く運動できるから……」

エマ「ほらお母さんがんばれがんばれ~♪応援するよ~♪」

ネーヴェ「め~」

あなた「うおおおおお!やる気が満ちてきた!」

タタタ

ルン「うわ!?はやくなった!」

キャ-キャ-



903: 名無しで叶える物語 2020/01/25(土) 20:44:10.62 ID:gxLoZWye.net

お昼

モニュモグ

エマ「なんだか懐かしい気分になるよねぇ」

あなた「ん?」←体中三人に絡みつかれてる

エマ「あなたとこうやって子供たちと遊んでると高校生の時を思い出すんだ」

あなた「ああ。エマちゃんとはよく保育園のボランティア行ったもんね」

エマ「あの頃から思ってたんだあ。あなたと家族になって子供が生まれたらこんな幸せな光景が毎日見れるんだなぁって」

あなた「え、エマちゃん……///」

エマ「……///」



905: 名無しで叶える物語 2020/01/25(土) 21:11:00.49 ID:gxLoZWye.net

夕方

あなた「ふぅ……(平和な一日だったなぁ……自然溢れる土地で家族全員で遊んでご飯食べて……)」

キーーー🦅

あなた「ん?歩夢ちゃんの鷹だ」

バサバサ

あなた「ご苦労様。……あ、お手紙だ」

ペラ


『拝啓(あんまりまだ使いこなせません泣)

 お元気ですか?日本ではいま新型の病気が流行っていて周りの人が結構苦しそうにしています。そちらの方でも流行っていてあなたが苦しんでたらと思うと夜も眠れません。どうか健康であることを祈ります。
 
 先日送られてきたチーズと牛乳、とっても美味しかったです。あなたとエマさんの温かさも感じられてる涙が出てきました。私も何かお返しができたらなぁと思います。
 
~~~中略~~~

 ちょっと長くなっちゃったかもしれないけれど読むのも大変だろうから終わりにするね。

 お金と時間に余裕ができたので近いうちにそちらに伺おうかと思います。ご迷惑でなければ都合の良い日を教えてくれたら嬉しいな。

 えっと……敬具、でいいのかな。

 上原歩夢』


あなた「15枚分も……歩夢ちゃん昔から豆だからなぁ」

あなた「近いうちに返事返さないと……キミも今日は休んでいきな」ナデナデ
 
鷹「キーーー」



916: 名無しで叶える物語 2020/01/25(土) 21:22:53.95 ID:gxLoZWye.net

あなた(こっちじゃいらないと思ってたけどやっぱ携帯持ってたほうがいいかなあ……毎回手紙っていうのも……)ポリポリ

マリア「あ!お母さんいた!」

あなた「お、マリアどうしたの」

マリア「あのね、みんなでお風呂入ろ!」

あなた「そうだねぇ、寒くなってきたし入ろうか」

……


チャポン

あなた(お風呂……慣れてきた気がするけどこれは……)

デデデン

エマ「?どうしたの?」

あなた(あ、アルプス……高校の時よりさらに……)

エマ「……だめだよ?子供たちの前じゃ」ボソ

マリア「?」

チュン「?」

ルン「?」



924: 名無しで叶える物語 2020/01/25(土) 21:43:31.83 ID:gxLoZWye.net

ルン「ママ~」

モミ

エマ「やんっ」

あなた「!!」

チュン「ああいいなーわたしも!」

モミュン

エマ「んっ……」

あなた「……」ゴクリ

マリア「お母さんどうしたの?」

あなた「……はっ!いや、な、なんでもないよ」

エマ「変なお母さんだね~♪」



925: 名無しで叶える物語 2020/01/25(土) 21:51:31.12 ID:gxLoZWye.net

ス-ス-
 
エマ「……三人ともぐっすりだね」

あなた「うん。いっぱい遊んだからね」

エマ「……あなたも?」

あなた「うん。結構疲れたかな……」

エマ「ふーん……じゃあ、いっか」ムナモトピラ

あなた「!!……いや、まだまだかなーっ……もうひと運動くらいしないと眠れないかなぁ……」

エマ「……」

あなた「……」

エマ「いこっか」

あなた「……うん」



930: 個人的にはエマちゃんとのHは暖炉のある木造の部屋で素朴なベッドの上が好ましい 2020/01/25(土) 22:07:53.14 ID:gxLoZWye.net

パチパチ

エマ「よいしょ……」ヌギ

ブルンブルンブルン

あなた「う……あ……///」

エマ「もー、お風呂の時からジッと見つめすぎだよ~子供たちによくないよ?」

あなた「だ、だって……こんなの見ちゃったら……」

エマ「触ってるの見て羨ましがってたでしょ」

エマ「ほら、もういいよ~おいで♥︎」

あなた「え、エマちゃん!」ガバッ
 
あなた「ん~□×◎~」モガモガ

エマ「何いってるかわからないよ~」



943: 名無しで叶える物語 2020/01/25(土) 22:45:55.26 ID:gxLoZWye.net

チュパ、チュパ

エマ「必死になって吸っても今はもう出ないよ~」

エマ「……また出るようにしよっか?♥︎」

チュポン

あなた「……!!」

あなた「え、エマちゃん……それって……」

エマ「家族は増えれば増えるほど楽しくなるから私は大歓迎だよ♪」

エマ「それとも…….」


エマ「あなたがミルク、出してみる?」サワ

あなた「!?///」

エマ「えいっ♥︎」

ダキッ

エマ「どっちが先に赤ちゃんできるかな」

グチョ、クヂョ

あなた「ま、負けないんだから!」

ワシ

エマ「わっ//そ、そんな乱暴に……!!」

あなた「大丈夫。希さんに教わった胸を一切傷付けないワシワシだから……なんならバストアップの効果もあるよ」

エマ「んっ……//やんっ……///これ以上大きくなったら動けなくなるよ~」

ワシワシ

あなた「安心して……責任もってわたしがお世話するから」

チュルチュル

エマ「ん~!私も!」

ポニュ

あなた「やっ……♥︎わ、私のお胸……///」

エマ「ちゅ~」

チュウウウ

あなた「あっ、あっ、す、吸わないでぇ……///」



949: 名無しで叶える物語 2020/01/25(土) 22:57:25.84 ID:gxLoZWye.net

 互いに攻め、受け合い私たちは気絶するまで行為を止めることはなかった。

––––––––––––––––そして月日は経ち


真姫「––––––––全く、それで二人とも動けなくなるんじゃ世話ないわよ」

あなた「あはは……」ボテ

エマ「ごめんねぇ真姫ちゃん」ボテ

真姫「まあいいケド……ちょうど海外でのんびりしようかなとも思ってたし……」

果林「私もたまたまこっちにきててよかったわ」

チュン「あゆむちゃんあそぼー!」

ルン「わたしもー!」

歩夢「ふふ、いいよ♪マリアちゃんも一緒に遊ぼ♪」

マリア「う、うん!」

あなた「三人がいてくれて助かるよ」

エマ「責任取るって言ったのにね」

あなた「う……まさか二人とも同時になんて思わなかったんだもん」

果林「……」

真姫「どうしたの果林」

果林「い、いえ!なんでもないわ!」



957: 名無しで叶える物語 2020/01/25(土) 23:19:55.78 ID:gxLoZWye.net

チュウチュウ

あなた「エマちゃんのミルク……コクがあってもう出し慣れてるって感じで美味しい」

チュウチュウ

エマ「あなたのミルクも新鮮さ溢れてて美味しいよ♪」

チュポン×2

エマ「さすがにあまりお互いに飲みすぎちゃうと赤ちゃんの分がなくなっちゃうね」

あなた「あはは……」

––––––––^––––

あなた「うっ!?」

あなた「いたっ……いたたたた!!!!」

エマ「あ!た、大変!真姫ちゃん!まきちゃーん!!」


あなた「う、うぎぎぎぎ!!!」ジンジンジン



959: 名無しで叶える物語 2020/01/25(土) 23:26:59.27 ID:gxLoZWye.net

あなた「––––––––––––はっ!!」ガバッ

サス……サス……

あなた「私は……(あのあと真姫ちゃんのおかげで無事赤ちゃんが生まれてそれで安心して気を失って……)」

あなた「そっか、戻ってきたんだ……」

サス……サス……


あなた(悲しいけど……あっちの私と家族みんなで幸せにね)ホロ


ガチャ

歩夢「おはよう♪」

あなた「おはよう歩夢ちゃん」

歩夢「……?」

あなた「どうしたの?」

歩夢「う、ううん。なんだかあなたからお母さんみたいな温かい雰囲気がして……」

あなた「そっか……」ニコ



963: 名無しで叶える物語 2020/01/25(土) 23:38:35.78 ID:gxLoZWye.net

ダンスレッスン中

愛「よよよいよい」ホッ

エマ「ふっ……よっ……」ブルン

エマ「……ん?」

あなた「……」ジ- 

エマ(も、もしかして私のお胸みてるのかな……?は、恥ずかしいよ……///)

あなた「……!」ニコ    

エマ(でもなんだろう……嫌な気持ちはしないなぁ……)

あなた「……」サスサス


かすみ「なんだか先輩今日ずっとお腹さすってますね」

せつ菜「お腹痛いんでしょうか」

果林「というかあの子……あんなにお胸大きかったかしら……」

璃奈「えっ……(まさかね……)」ダラダラ



965: 名無しで叶える物語 2020/01/25(土) 23:39:49.23 ID:gxLoZWye.net

エマ編はこれで終わりだけどどう考えても彼方編以降足りないので次スレ立てまふ。25くらいまで保守してくれるとたすかります



977: 埋め用1レス 2020/01/26(日) 00:13:15.68 ID:/Hr2co2a.net

かすみ「ぇ……」

あなた「う、うそ……だよね真姫ちゃん!はは……冗談キツいよほんと!」

真姫「––––––––残酷だけど、事実なの」

真姫「受け止めて、かすみの身体は––––––––」

かすみ「っ!」ガタッ


タタタ

あなた「!か、かすみちゃん!!」

タタタ

真姫「––––––––ごめんなさい」

……

屋上

かすみ「……」

あなた「はぁ……はぁ…かすみ、ちゃん……」

かすみ「あは……あははは……」

かすみ「なんで……」

かすみ「……なんで……私たちなの……!?」

かすみ「やだよ……なんで……いやぁ!」バッ

あなた「っ!!かすみちゃん!!」

ダキッ

ジタバタ

ギュ-ッ

あなた「……落ち着いた?」

かすみ「先輩……ごめん、なさい……」ポロ

あなた「かすみちゃんは何も悪くないよ……大丈夫。私はどんなことがあってもかすみちゃんとずっと一緒だよ」

ギュッ



983: 埋め用1レス 2020/01/26(日) 00:27:21.17 ID:/Hr2co2a.net

ピコピコ

ちえみ「あー!!ママずるいよ!そんなガッチガチでくるなんて!」

璃奈「ふふ……在宅仕事人だから厳選、調整はいくらでも時間があるのだよ……」ニヤニヤ

ちえみ「くっそー!でもいいよ……こっちも縛りなしで戦ってあげる」

璃奈「え……まだ本気ではなかったの……?」

ちえみ「卵孵化はアランに頼めば私が学校行ってる間でも出来るしね……」

璃奈「ぬぬぬ……」


あなた「やれやれ……」フッ

アランMarkII「にゃー」



988: 埋め用1レス 2020/01/26(日) 00:39:10.26 ID:/Hr2co2a.net

真姫「––––––––おめでとう、元気な赤ちゃんよ」

しずく「えへ……あなた、ほら……かわいいですよ…」

かおり「わーん!!わーん!!」

あなた「しずくちゃん……かおり……」ウルウル

あなた「本当によく……がんばったね」

キュ

しずく「はい……みなさんの、あなたの……先輩のおかげです」

あなた「うん!退院したら三人でみんなのところ行こうね!」

しずく「はい」ニコ



993: 名無しで叶える物語 2020/01/26(日) 00:52:23.05 ID:/Hr2co2a.net

–––––––––––––––
––––––––––
––––

あなた「みゆ、お母さんに報告終わった?」

みゆ(18)「……うん」

みゆ「私、もう少しお水汲んでくるね!」

トテトテ


あなた「……果林ちゃん聞いた?約束通りみゆ、スクールアイドルになったんだよ?しかもあの頃私たちが頑張って開催したスクールアイドルフェスティバルにも参加して……」

あなた「それだけじゃないよ。みゆってばあの“ラブライブ!”で優勝したんだよ!?凄すぎるよ……」

コト

あなた「これはその時の写真。すごいよね……さすが果林ちゃんの……私たちの子供だよ」

あなた「ってあはは……報告しなくても果林ちゃんきっとみてたから大丈夫だったかな?」

あなた「あの子がどうしても直接伝えたいって言うからさ……」

あなた「私は……果林ちゃんに言いたいことはもうずっと前から変わってないからさ……」

あなた「ずっとずっと好きだよ。愛してるからね」

––––––––––––果林ちゃん



994: 名無しで叶える物語 2020/01/26(日) 00:52:59.65 ID:/Hr2co2a.net

とりあえずなんとなくさっき思いついた埋めネタは以上です








元スレ
あなた「お嫁さんシミュレーション?」璃奈「うん」