5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 17:11:10.69 ID:zqHDVdUB0


貴音「今宵も月が綺麗ですね…」

貴音「……」

貴音「ここは…更衣室でしょうか」

貴音「ふふっ、月明かりに誘われたのでしょう」

貴音「……」

貴音「ここが、萩原雪歩のろっかー…ですね」

ガチャッ

ガチャガチャッ

貴音「ふむ…。萩原雪歩に似て、恥ずかしがり屋なのかもしれません…ですが」

バキッ

貴音「その心の扉、開いてみせましょう」

キーッ



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 17:13:54.86 ID:zqHDVdUB0


貴音「ふむ、綺麗に整理されてますね」

貴音「……」

ゴソゴソッ

貴音「…!!」

貴音「こ、これは萩原雪歩のぱんてぃー…!!」

貴音「なぜ、このようなところに…」

貴音「……」


貴音「ふむ」

クンクン

貴音「はぁ…」

スリスリ

貴音「ほう」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 17:19:14.72 ID:zqHDVdUB0


貴音「やはり、洗剤の香りでは趣がでませんね…」

貴音「……」

貴音「どうにかして、使用済みのぱんてぃーを手に入れなければ…」

貴音「…ふむ」

貴音「とりあえず、被って考えましょう」

貴音「……」

貴音「なかなか、よいのではないでしょうか」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 17:22:33.66 ID:zqHDVdUB0


貴音「あまりにも自然なのでステージ衣装としても使えそうですね」

貴音「今度、プロデューサーにも検討していただきましょう」

貴音「……」

貴音「!!」

貴音「これは頭に被るのではなく…」

貴音「こうやって、顔につふぇれふぁ(顔につければ)」

貴音「……ふぉいふぉのでふゅ(良いものです)」

貴音「…ふゅむ」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 17:28:20.74 ID:zqHDVdUB0


貴音「……」

貴音「話しにくいのでやめましょう」

貴音「分かりました」

貴音「萩原雪歩が思わずぱんてぃーを脱いでしまう状況にすれば良いのです」

貴音「早速、明日、実行しましょう」

貴音「……」

貴音「このぱんてぃーは、今夜の夕食として持ち帰るとして」

貴音「萩原雪歩が、なくなったことに気付くかもしれませんね…」

貴音「ふむ、響のぱんてぃーでも入れておきましょう」

ガチャ

貴音「鍵をしてないとは、相変わらず無用心ですね」

貴音「……」

ゴソゴソ

貴音「これなら、ばれないでしょう」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 17:31:28.06 ID:zqHDVdUB0


-翌日-

P「今日は、貴音と雪歩でCM…あれ?水着撮影だっけ…?」

雪歩「どうしたんですか?」

P「いや、昨日見た時にはCM撮影だった気がするんだが…」

貴音「最近は忙しすぎて、お疲れだったのでしょう」

P「うーん、そう言われると、そうかもしれない。勘違いかな」

P「じゃあ、頼んだぞ」

貴音「はい」

雪歩「はいですぅ」





17: ID… 2012/10/09(火) 17:37:21.89 ID:ZLTsT85B0



P「じゃあ、俺は外で待ってるから」


-現場、更衣室にて-

雪歩「四条さんと一緒のお仕事は久しぶりですね」

貴音(今日も白…ですか)

貴音「そうですね」

雪歩「でも、久しぶりのお仕事が、水着撮影だなんて…」

雪歩「四条さんの隣に並んだら、ちんちくりんな私は…」

貴音「……萩原雪歩」

雪歩「はっ、はい!」

貴音「あなたはとても、良い物をお持ちです。あとは、自分に自身を持ちなさい」

雪歩「……。そうです…よね…。なんか、四条さんに言われたら、ちょっとだけ自身がつきました、えへへっ」

貴音「その笑顔を忘れずにいるのですよ」

貴音(そして、その身を包んでいるぱんてぃーを早く脱ぐんです)



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 17:43:48.11 ID:ZLTsT85B0


貴音「……(萩原雪歩がパンティーに手をかけました。先に、ぱんてぃーから着替えるのですね)」 ジーッ

雪歩「……(……)」 ドキドキ

貴音「……(はて、固まったまま、どうしたのでしょう?)」 ジーッ

雪歩「……あっ、あの」

貴音「いかがなされました?」

雪歩「わ、私の下着変…でしたか…?さっきから、ずっと見られてる気が…」

貴音「それは申し訳ありません。私も、着替えるとしましょう」

雪歩「……。よいしょ…」

貴音「……(萩原雪歩の指がぱんてぃーを下げ…素晴らしい…)」 チラッ

貴音「……(まるで白桃のような、その臀部)」

貴音「……(私にはかないませんね)」




19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 17:50:43.96 ID:ZLTsT85B0


雪歩「……」

貴音「……(前について触れないのは、れでぃーの嗜みですね)」

貴音「……(なるほど、さぽーたーなるものを着るのですね)」

貴音「……(ふむ…あれもいただきたいものです…)」

雪歩「…はみだしてないよね…」 (ボソッ

貴音「……(これはたまりません。本当は今すぐ触れたいものです)」

貴音「……(プロデューサーが私のお尻を偶になでるのもこういう気持ちなのでしょう…)」

雪歩「…あれ?四条さんはまだ着替えてなかったんですか?」

貴音「……少し、考え事をしていました」

雪歩「あの…私は先にプロデューサーのところに行くんで、この部屋の鍵をお願いしてもいいですか…?」

貴音「えぇ、着替え次第、向かいます」

雪歩「それじゃあ、お願いします」

ガチャ バタン



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 17:54:33.89 ID:ZLTsT85B0


貴音「時が来ました」

ガチャ

貴音「これで、誰も私を止めることはできません」

ゴソゴソッ

貴音「……」

貴音「これが…」

貴音「萩原雪歩の、生ぱんてぃー…!!」


ナデナデ

貴音「萩原雪歩の温もりを感じます…」

クンクン

貴音「!!」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 17:57:29.46 ID:ZLTsT85B0


貴音「この香り…」

貴音「そして、一部分だけの湿り気は…」

貴音「……」

貴音「……」

貴音「…なるほど、分かりました」

貴音「ありがたく頂きましょう」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 18:13:09.45 ID:EFtyLZJb0


貴音「昨日と同じく、ぱんてぃーをますくのようにすれば…」

貴音「…すぅー、はやぁー…」

貴音「しゅばらしゅきもにょでふゅ(素晴らしきものです…)」

コンコン

P「おーい、貴音、まだかー」

貴音「!!」

貴音「ふぉまふぃくだふぅい(お待ちください)」

P「? まぁ、待ってるぞー」

貴音(急いで着替えなければ…)




24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 18:17:19.47 ID:EFtyLZJb0


カチャ

貴音「ふゅんび、でふぃまふぃた(準備、できました)」

P「……た、たかね…?」

雪歩「……そっ、それって…」 サーッ

雪歩「……」 フラッ

バタッ

P「ゆっ、雪歩!?大丈夫か!?」

貴音「なふぃか…(何か…)」

貴音「…すぅー…はやぁ…」

P(どう見ても、パンティー…だよな…。穴から見える貴音の目が…もう…)

貴音「……?」

雪歩「」

P「……」


おわれ


元スレ
貴音「こ、これは萩原雪歩のぱんてぃー…!!」