1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 15:50:54.00 ID:9LTzI0j80

※崩壊型ほむQ



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 15:53:14.57 ID:9LTzI0j80


喫茶店 キャンデロロ


カランカラン

まどか「こんばんわー」

マミ「いらっしゃい、鹿目さん」

杏子「いらっしゃいな」

まどか「時間間に合ってよかったー」

マミ「まだだれも来てないから大丈夫よ」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 15:55:38.49 ID:9LTzI0j80


杏子「あいつら時間にルーズだよな」

杏子「注文はなんにする?」

まどか「まだみんな来てないからなぁ……」

まどか「マミさんの紅茶を久しぶりに飲みたいです」

杏子「だってさ」

マミ「わかったわ」

マミ「それじゃあ、昔と同じ紅茶で……」カチャカチャ…



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 15:58:14.33 ID:9LTzI0j80


マミ「はい、おまたせ」カチャ

まどか「わぁ、懐かしい香り……」

杏子「それじゃ、追加があったら呼んでくれ」

まどか「うん」

まどか「でも、みんな遅いなぁ……」

マミ「みんな仕事とかで忙しいんじゃないかしら」

まどか「今日も、結構ギリギリで集まれたんですよね」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 16:00:17.10 ID:9LTzI0j80


カランカラン

マミ「あら、いらっしゃい」

さやか「ごめーん!ちょっと遅れっちゃった」

まどか「さやかちゃんひさしぶりー!」

さやか「おおまどか!相変わらずかわいいなぁ!」

さやか「どぉれ、今からでもあたしの嫁にしてやろうかぁ?」

まどか「うぇひひ……上条君に言いつけちゃうよ?」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 16:03:12.76 ID:9LTzI0j80


杏子「ほらほら、店で暴れんな」

さやか「杏子久しぶり!元気してた?」

杏子「まぁな」

杏子「相変わらずマミの店で働いてるよ」

まどか「教会立て直すお金を稼ぐためにがんばってるんだね」

さやか「昔のアンタとは大違いだわ」

杏子「よせやい……」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 16:08:07.42 ID:9LTzI0j80


まどか「マミさんが喫茶店をやるって聞いた時は驚いちゃいました」

さやか「そぉ?あたしは『ああ、やっぱりなー』って感じだったけど」

マミ「昔からの夢だったのよ」

マミ「お菓子屋さんとか、こういうお店を持つのが」

まどか「そうだったんですか」

杏子「まぁ、昔からケーキとか好きだしな」

杏子「暇があれば紅茶飲んで、ケーキを作ってたりしてたし」

さやか「それでその細い体格を維持できるのが羨ましい……」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 16:10:48.93 ID:9LTzI0j80


カランカラン


マミ「いらっしゃい」

さやか「遅いぞほむらー!」

ほむら「遅れてごめんなさい」

QB「久しぶりだね、みんな」

まどか「ほむらちゃん、ひさしぶり」

ほむら「こんばんは、まどか」




13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 16:15:04.88 ID:9LTzI0j80


マミ「キュゥベえも暁美さんも、しばらくぶりね」

QB「最後にあったのはいつ振りだろう?」

ほむら「こうやって全員であったのは、魔法少女同窓会以来かしら?」

杏子「なんか飲み会みたいな名前になってんな」

さやか「本当はただのお茶会だけどさ」

ほむら「なんにせよ、久しぶりに集まれてうれしいわ」

まどか「なんだか懐かしいな」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 16:18:29.62 ID:9LTzI0j80


マミ「全員そろったことだし、パーティ始めましょうか?」

さやか「よっしゃあ!久しぶりに張り切っちゃいますよ!」

まどか「まぁまぁさやかちゃん、ちょっと落ち着いて……」

マミ「今日は貸し切りだから気にしないでいいわよ」

マミ「それじゃ、私は奥から料理取ってくるわね」

マミ「佐倉さん、お手伝いお願いしていいかしら?」

杏子「ん、わかった」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 16:21:29.85 ID:9LTzI0j80





マミ「はい、おまたせ」カチャカチャ

杏子「ちょいとテーブル開けてくれ」カチャカチャ

さやか「おお、すごいメニューだ」

まどか「どれもおいしそうだなぁ……」

QB「うちじゃ想像できないメニューだね」

ほむら「余計なことを言わないでちょうだい」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 16:25:51.41 ID:9LTzI0j80


杏子「飲み物注ぐぞー」

トクトクトク…


杏子「これで全部か」

マミ「それじゃ、私たちもいただきましょう」

さやか「それじゃ、さやかちゃんが初めのシメをさせてもらいます!」

ほむら「さやか、日本語がおかしいわよ」

さやか「まーまー気にしない。それじゃグラス持って……」


「「「「「かんぱーい!」」」」」





18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 16:29:11.26 ID:9LTzI0j80


ワイワイ

さやか「わっ、このお肉おいしー!」

マミ「それ、佐倉さんが作ったのよ」

さやか「マジか。あんたやるねぇ」

杏子「マミのみてたら覚えただけだよ」

ほむら「まどか、そこの醤油とってもらっていいかしら?」

まどか「あ、これ?はい」

ほむら「ありがとう。キュゥベえもほら、醤油つけなさい」

QB「すまないね、ほむら」

ガヤガヤ



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 16:32:05.34 ID:9LTzI0j80






さやか「ふぅ、お腹満腹!」

まどか「ごちそうさまでした」

QB「きゅぷい!」

ほむら「我ながらよく食べたわ……」


マミ「それじゃ、片付けてきましょ」

杏子「あいよ」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 16:36:38.41 ID:9LTzI0j80


さやか「食べた後は、雑談タイムにしゃれ込むとしますか」

マミ「何か欲しいものがあったら言ってね」

マミ「今日はうんとサービスするわ」

ほむら「あ、それじゃあ巴マミ……」



ほむら「ほろよく酔えるウォッカでもお願いするわ」

マミ「あのねぇ暁美さん、ここは一応喫茶店なのだけど……」コトッ

杏子「そういいながら用意してるマミもマミだよな」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 16:44:14.33 ID:9LTzI0j80


さやか「ええ?ウォッカなんて飲むの!?」

杏子「コイツよくうちに来るんだけどさ、大半はアルコールだよ」

さやか「でもウォッカの類ってアルコール結構高いんじゃ……」

マミ「モノによってはね」

まどか「ほむらちゃんって意外にお酒強いの―――」


ほむら「ん~?」ゴクゴク

さやか「ラッパ飲み!?」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 16:50:05.39 ID:9LTzI0j80


ほむら「マミぃ……また弱いのを注いだわね」

マミ「またそういう飲み方をすると思ったからよ」

マミ「だいたいそういう飲み方じゃないの。体を壊すわ」

ほむら「むぅ……お酒くらい好きに飲んでいいじゃない」

QB「それにだよ、君は自分がいかにアルコールに弱い体質かを理解してないだろう?」

ほむら「なによ、あなたまで……」

QB「全く……」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 16:53:42.59 ID:9LTzI0j80


さやか「こりゃ酒豪というのかな……?」

QB「僕からしたらただの飲んだくれだよ」

ほむら「なによ、いいじゃない……」ホムゥ

QB「やれやれ……」


さやか「まぁほむらも本調子(?)になったことだし」

さやか「話に花を咲かせようか!」

まどか「わー」パチパチ



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 16:59:21.04 ID:9LTzI0j80


さやか「そういや、久しぶりに先生にあったんだ」

まどか「え?早乙女先生?」

さやか「うん。このまえ道端でばったり」

杏子「だれだ?」

ほむら「私たちが中三の時の担任よ……」グビグビ

まどか「ほむらちゃん、二年生のときだよ……」

QB「早くも酔い始めたようだね」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 17:03:35.22 ID:9LTzI0j80


さやか「驚いたのがさ、横に男の人がいたんだ」

まどか「わぁ……」

ほむら「まぁ、流石に身を固めているでしょう」

さやか「そうと思うでしょ?」




さやか「まだお付き合いの段階だって」

ほむら「あえて年齢は聞かないでおくわ」

まどか「ひぃ、ふぅ、みぃ……」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 17:07:21.82 ID:9LTzI0j80


ほむら「そういえばあなたは上条恭介と結婚しているのよね」

さやか「うん、まぁね」

マミ「アシスタントをしているんですってね?」

杏子「へぇ、そんなことやってんのか」

まどか「なんだか大変そう」

さやか「んー、まぁ大変な時もあるけどさ」

さやか「あたしはこれが天職だと思ってるよ」

ほむら「……良かったわね、さやか」ヒック



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 17:12:46.01 ID:9LTzI0j80

さやか「そういえば仁美からの手紙貰った?」

ほむら「結婚式上るんっですってね」チビチビ

まどか「ドレス姿の仁美ちゃんかぁ……」


まどか「……気付いたら周りのみんながどんどん結婚していってるよ」

まどか「私もはやく身を固めた方がいいのかな……?」

杏子「まぁ焦る気持ちもわかるけどさ、安易に決めるもんじゃないぜ」

マミ「後で後悔できるものじゃないわ」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 17:15:56.42 ID:9LTzI0j80


ほむら「心配しないでも大丈夫よ、まどか」

ほむら「いずれあなたにも、最高の相手が見つかるはずだから」

まどか「そうだったらいいけど……」


さやか「して、お二人の恋愛事情はどんなものですかな?」

杏子「残念だけど、あたしは聖職者だからな」

杏子「シスターになるつもりだから、結婚をするつもりもないよ」

さやか「お堅いなぁー」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 17:20:33.34 ID:9LTzI0j80


さやか「マミさんはどうですか?」

マミ「わ…わたし!?」

マミ「わたしはそんな人いないわよ……」

杏子「へぇ……」

杏子「最近常連の人と仲良いようだけどさ―――」



マミ「佐倉さん?それ以上言ったら給料引くわよ?」ニッコリ

杏子「すまん。勘弁してくれ」

まどか「わぁ……」マドマド…



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 17:23:15.82 ID:9LTzI0j80


さやか「しかしまぁ、恋愛がらみで驚いたのが」

さやか「そこの二人だよねぇ……」



QB「きゅぷい!」

ほむら「……なによ」グビグビ

さやか「おおう、酒癖がさらに悪化していらっしゃる」

QB「ほむら、その変でやめておいた方が……」

ほむら「まだまだよ……」グビッ!



43: ここからカオスになる 2012/04/17(火) 17:27:04.23 ID:9LTzI0j80


マミ「まぁ、そうよね……」

杏子「犬猿の仲だった二人がよぉ……」



さやか「まさか結婚するほどの仲にまで進むとは……」

ほむら「まぎらわしーいいかたしないでくれないかしら?」

QB「………」

さやか「前は否定してなかった気がするんだけど?」

ほむら「今否定してるじゃないの……」グビグビ



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 17:31:13.38 ID:9LTzI0j80


まどか「最初聞いた時、びっくりしちゃったよ」

さやか「一緒に暮らす時点で驚いてるのにさ」

さやか「まさかそういう関係になるとは……」

杏子「今じゃキュゥベえもすっかりほむらに馴染んでるしよぉ……」


ほむら「ふん……」グビグビ

マミ「ちょっと暁美さん、ピッチ早くない?」

ほむら「これくらい朝飯前よ……」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 17:34:14.50 ID:9LTzI0j80


ほむら「……まぁ、仲が良くなったというのは認めるわ」

ほむら「でも、どうして結婚という話になるのよ」

杏子「おめーが自分で言ってたんだろうが」

ほむら「んなの覚えてないわ……」チビチビ

QB「今の彼女はところどころ記憶が飛んでいる」

QB「酔いがさめてからじゃないと無意味だと思うよ」

マミ「飲み過ぎよ、暁美さん」

ほむら「……巴マミ、もう一本持ってきなさい」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 17:36:53.64 ID:9LTzI0j80


QB「彼女は酔うと適当なことを言い出すからね」

QB「あまりあてにしない方がいいよ」キュップイ

さやか「ちぇっ、すこし時間が遅すぎたか……」

マミ「あら、聞き出す相手なら目の前にいるじゃない」

QB「……きゅぷい?」

さやか「ああそうか、キュゥベえは酔っていないし」

さやか「それにたしか、嘘憑けなかったんだよね」ワキワキ

QB「さやか、その卑猥な動きをする手を収めてほしいな」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 17:40:34.24 ID:9LTzI0j80


まどか「キュゥベえ、ほむらちゃんの事教えて!」

QB「白状することは何もないんだけどな……」

QB「もっとも、それが君の願いとして魔法少女になってくれるなら別だけど」


ほむら「させないわよ」ガシッ!

QB「やめてくれよほむら」ギリギリギリ

QB「もうこの年になって契約しないなんて、わかりきった事だろう?」

ほむら「……ふん」ポイ

QB「やれやれ……」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 17:44:11.61 ID:9LTzI0j80


さやか「それじゃ、白状してもらおうか」

QB「そうだね……白状というわけじゃないけど、誤解は解いておこうか」

QB「僕と暁美ほむらは、この星における結婚という行為は行っていない」

QB「それだけさ」

まどか「なぁーんだ、びっくりしちゃった」

さやか「つまんないなぁ」

QB「そもそもぼくらインキュベーターと地球人ができるわけないだろう?」

マミ「それもそうよね……」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 17:48:18.54 ID:9LTzI0j80


杏子「だったらよぉ、なんでほむらはそんなこと言ったんだ?」

ほむら「………」グビグビ

QB「……さてね」

QB「大方、酔っているときに吐いた妄言の類なんじゃないかい?」


さやか「妄言……ねぇ……」

まどか「……うぇひひ」

マミ「ふふふ」

杏子「へぇ……」

QB「なんだい?みんなそろって……」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 17:55:50.87 ID:9LTzI0j80


ほむら「……ふぅ」

ほむら「巴マミ、お水を貰えないかしら……」ウプ

マミ「ほら、いわんこっちゃないでしょう?」スッ

ほむら「ん……」チビチビ…


ほむら「……アルコールが足りないわ」トクトクトク

マミ「また飲むの……?」

QB「やれやれ、まだ飲み足りないのかい」

まどか「ほむらちゃん、飲み過ぎは体に毒だよ?」

ほむら「いざとなったら魔力でどうにかするわ」グビッ



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 18:00:53.88 ID:9LTzI0j80


さやか「ところでほむらさん」

ほむら「なによ」

さやか「キュゥベえさんと仲がいいのは認めるわけですね?」

ほむら「……ええ、そこは認めてあげるわ」グビグビ

さやか「昔はあんなにケンカしてたのに?」

ほむら「ケンカ?生ぬるいわね」

ほむら「視界に入ろうものならすぐに撃ち殺そうとでも思ってたほどよ」グビッ!

さやか「わぉ……」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 18:04:43.60 ID:9LTzI0j80


さやか「どうしてこんな風になったか気にならない?」

まどか「ほんとだ。どうして急に仲良くなったんだろう?」

杏子「不思議だよな」

マミ「気になるわね」


ほむら「………」チビチビ

ほむら「そんなに気になるなら、別に話てもいいけど……」


さやか(計画通り!)



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 18:08:31.93 ID:9LTzI0j80


ほむら「……ワルプルギスの夜を倒した後の事ね」


~~~~~~~~

さやか「スクワタトーレ!」

杏子「ロッソ・ファンタズマ!」

ほむら「ハープーン発射!サルボー!」

マミ「ティロ・フィナーレ!」

ワルプル「キャッハハハハハ……」

バシュウ!


▼ワルプルギスのよる を たおした !



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 18:11:39.89 ID:9LTzI0j80


ほむら「おわった……」ペタン

まどか「ほむらちゃん……お疲れ様……」

杏子「やったな」

マミ「お疲れ様、暁美さん」

さやか「やったね、ほむら!」

QB「やれやれ、本当に倒してしまうとは……」

QB「魔法少女は、やはり侮れない存在だ」

ほむら「………」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 18:14:06.81 ID:9LTzI0j80


ほむほーむ

どんちゃんどんちゃん

さやか「一番美樹さやか!一発芸行きます!」

さやか「しゃちほこのポーズ!」ビシッ!

まどか「うぇひひ……」

杏子「あっははは!全然似てねー!」

さやか「んなっ!?」

ほむら「魔女化してから出直してきなさい」クスッ

さやか「ひどいいわれようだー!」

マミ「あらあら……」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 18:17:36.20 ID:9LTzI0j80






杏子「ぐぉー……」

マミ「すぅ、すぅ……」

まどか「むにゃむにゃ……」


ほむら「暴れたら暴れたで放置で、勝手に泊まって勝手に寝るんだから……」

ほむら「まぁ、今回だけは勘弁してあげましょう」

QB「……君は寝ないのかい?」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 18:21:37.59 ID:9LTzI0j80


ほむら「……いたの」

QB「僕がいちゃいけないのかい?」

ほむら「あなたにとって、今日の出来事はゲームに負けたようなものでしょう?」

QB「たしかに、僕がまどかを魔法少女にする戦略――」

QB「ワルプルギスの夜で君たちを追い込み、契約させることはできなかったよ」

QB「だけど君達みたいに、悔しいということを感じないからね」

QB「隙あらばと狙っているだけさ」

ほむら「無駄な努力ね」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 18:28:17.34 ID:9LTzI0j80


QB「なにはともあれ、君たちはワルプルギスの夜を乗り越えた」

QB「そのことは、素直に褒めさせてもらおう」

ほむら「……ふん」


QB「とりわけ君は、よくがんばったとおもうよ」

ほむら「……?」

QB「数多の並行世界を横断し、やっと手に入れた未来だ」

QB「おめでとう、ほむら」

ほむら「……あなたに祝われても、嬉しくないわ」

QB「やれやれ、せっかくお祝いの言葉をかけてあげたというのに……」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 18:32:31.86 ID:9LTzI0j80


~~~~~~~~~

ほむら(……あの時から、私はなにか変わった気がしたのね)

ほむら(キュゥベえを見る目とでもいうのかしら?)

ほむら(とにかく、何かが変わった)

さやか「おーいほむら、一人で思いふけってるんじゃないぞー!」

ほむら「……悪かったわ」グビッ

マミ「それで、それで?」

杏子「なんかマミが生き生きしてんな……」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 18:35:15.59 ID:9LTzI0j80


~~~~~~~~~

QB「やぁ」

ほむら「……また来たの」

QB「特に仕事もないからね、暇なのさ」

ほむら「あなたの仕事は少女の勧誘でしょう?」

QB「それもそうだけどね」

QB「ここら辺の魔法少女の勧誘ノルマは達成したから、別に新たにする必要もないのさ」

ほむら「なら、まどかの勧誘をやめてとっとと母星に帰ることね」

QB「それはできない相談だよ」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 18:39:48.24 ID:9LTzI0j80


ほむら「だいたい、ここにきても暇なのには変わりないと思うのだけど」

QB「それもそうなんだよね」

QB「だが、今の時間はどこに行っても暇なんだ」

QB「そのなかで、君の家に白羽の矢が立ったんだよ」

ほむら「人の家に弓を射る宇宙人は始末しなければいけないわね」ジャコ

QB「全く、君はいつもそうだ。少しは我慢というのを覚えた方がいい」

ほむら「あなたが私の前に姿を現さなければいい話なのよ」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 18:43:11.52 ID:9LTzI0j80


~~~~~~~~~~~

ほむら「……こんな風に、何度も家に来てね」

ほむら「うざかったわ。本当にうざかった」

ほむら「こいつは私に一人の時間を与えないつもりなのか、というほどにね」

さやか「そんなに来てたの?」

QB「……ほむらの家に行ってたことは事実だけれども、そこまではなかったはずだよ」

QB「過剰表現だね」

ほむら「うるさいわねぇ……」グビッ



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 18:48:18.41 ID:9LTzI0j80


~~~~~~~~~

QB「………」

ほむら「………」

ほむら「よくも飽きずに来るわね」

QB「飽きないから来ているんだろう?」

ほむら「私の家は暇つぶしの家?」

QB「そうともいえるかもしれないね」




73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 18:50:51.60 ID:9LTzI0j80


ほむら「暇つぶしハウス:ほむほーむ」

ほむら「インキュベーターの入場料は一匹につき一匹となっております」

QB「?」

QB「君が言っていることがわからないよ、暁美ほむら」

QB「『一匹につき一匹』じゃ、わけがわからない」

ほむら「鈍いのね」

ほむら「つまりはあなた一匹の命が入場料ということよ」ジャコ

QB「きゅっ…ぷい……?」



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 18:54:51.23 ID:9LTzI0j80


~~~~~~~~

QB「やぁ、また来たよ」

ほむら「料金は前払いよ」ジャキ

QB「……冗談だと思っていたんだけどな」

ほむら「冗談だけど」

ほむら「本当が良かった?この淫獣は」

QB「……たちが悪いね」

ほむら「あなたほどじゃないわ」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 18:57:15.45 ID:9LTzI0j80


~~~~~~~~~~

ほむら「……気付いたら、こいつは毎日来るようになっていた」

ほむら「詫びれもせず、まるで自分の家の様にね」

ほむら「ずうずうしいったらありゃしなかったわ」グビグビ


まどか「あれ?でもさっき……」

QB「………」

さやか「……!」

さやか「……いやいやまさかぁ」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 19:02:02.85 ID:9LTzI0j80


~~~~~~~~~~

ほむら「今日は月がきれいね」

QB「十五夜、いわゆる月見の日だね」

ほむら「今日ほど魔法少女になってよかったと思う日はないわ」

QB「やれやれ……」

QB「魔法を使って、建設現場の一番高いところで月見をするなんて」

QB「どうしてそんな無駄なことをするのかわからないよ」



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 19:05:05.75 ID:9LTzI0j80


ほむら「風情というものを知らないあなたには、そうとしか感じないのでしょうね」

QB「何か意味があるのかい?」

ほむら「誰にも、何にも邪魔されず月見ができるのよ」

ほむら「団子を食べるために争う必要もないし」ガサゴソ…

ほむら(……団子がない?)

QB「きゅぷ?」モシャモシャ

ほむら「………」


ほむら「地獄に落ちなさい、インキュベーター」ポイ

QB「ひどいなあぁぁぁ……」ヒュウウウウ…





83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 19:23:07.23 ID:9LTzI0j80


~~~~~~~~~

ほむら「とまぁ、こんな感じよ」

さやか「いやいやいや、訳わかんないから!」

さやか「そっからが重要でしょ!?」

ほむら「とはいっても、なにもないのだけど」

マミ「キュゥベえ、どうなの?」

QB「……確かに、これといって取り上げることはないね」

杏子「どういうことだおい……」



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 19:27:29.50 ID:9LTzI0j80


ほむら「………」グビグビ

まどか「ねぇ、ほむらちゃん」

ほむら「なにかしら?」

まどか「……ほむらちゃんはさ、キュゥベえのどこが好きなの?」

さやか(だ……ダイレクトに行った!)

ほむら「ん……」


ほむら「好きなところなんて、あるわけないじゃない」

まどか「そ……そうなんだ……」

さやか(ですよねー)



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 19:32:48.78 ID:9LTzI0j80


まどか「じゃあ、ほむらちゃんはどうしてキュゥベえといっしょにいるの?」

まどか「さっきの話を聞いてて思ったんだ」

まどか「ほむらちゃん、途中からキュゥベえをあまり拒絶してないよね?」

まどか「なにか訳があるのかな?」

ほむら「………」チビチビ


ほむら「……まどかには敵わないわ」

ほむら「そうね、そうかもしれない」




90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 19:43:13.64 ID:9LTzI0j80


ほむら「………」チビチビ

ほむら「……退屈じゃなかったからかしら」

杏子「あん?どーいう意味だい?」

ほむら「アイツといる時間は、なぜだか退屈しなかった」

ほむら「たぶん、私はキュゥベえといる時間を、私は気に入ってたのね」

ほむら「だから次第に拒むことも少なくなっていった……」

ほむら「……思い返すと、我ながら笑えるわね」

まどか「ほむらちゃん……」



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 19:45:44.15 ID:9LTzI0j80


ほむら「だって考えてみなさい」

ほむら「憎くて憎くて仕方のなかった相手に、今じゃ得体の知れない感情を抱いているのよ」

ほむら「……今ならアイツの言っていた感情の厄介さがわかるわ」



QB「………」

マミ「キュゥベえ?」

QB「……! な、なんだいマミ?」

マミ「どうしたの?さっきから黙りこんでるけど……」

QB「な…なんでもないよ!」



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 19:55:52.10 ID:9LTzI0j80


まどか「じゃあ、キュゥベえ」

QB「きゅぷい!?」

まどか「キュゥベえは、ほむらちゃんとどうしているの?」

まどか「私との契約を邪魔するほむらちゃんは、特に好きというわけじゃないでしょ?」

QB「………」

QB「……さぁね」

QB「それがわかれば、苦労しないさ」



95: おかしい 話がだんだんずれてる 2012/04/17(火) 20:03:10.62 ID:9LTzI0j80


QB「最初はね、なんでもなかったんだ」

QB「たまたまふらりと立ち寄った家がほむらの家だっただけ」

QB「そんなことが数回繰り返すうちに、なぜだかそれが当たり前のようになったんだ」

QB「自分の意志で行ってるはずなのに、裏で僕を操っている人間がいるような」

QB「足が引き寄せられるとでもいうかな、そんな感じでね」

QB「やがて毎日通うようになってしまった」

QB「……今考えても、わけがわからないよ」



96: 書き直したい 2012/04/17(火) 20:07:45.41 ID:9LTzI0j80


まどか「ほむらちゃんが、その……好きなんじゃないの?」

QB「……まさか、ありえないよ」

QB「感情を持たない僕が人を好きになるなんて、ありえっこないさ」

さやか「ほむらの家に行くとき、ドキドキしたりは?」

QB「そんなこともなかったさ」

マミ「暁美さんと話していて、どんな感じがした?」

QB「これといって何も」

QB「……ただ、退屈ではなかったね」



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 20:12:36.24 ID:9LTzI0j80


ほむら「うぇっぷ……」

ほむら「流石に飲み過ぎたわね……」

QB「言わんこっちゃないよ、ほむら」

ほむら「うるさいわねっ……」フラフラ

マミ「トイレで吐く?」

ほむら「その必要は……ないわ……」

まどか「ほむらちゃん、落ち着いてね」



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 20:15:48.24 ID:9LTzI0j80


さやか「ん~、ほむらも落ちちゃったことだし」

さやか「今日はお開きにしようか?」

まどか「そうだね」

マミ「それじゃ、お片付けしなきゃ」

杏子「んじゃ、お会計するぞー」

さやか「あれ?ただじゃないの!?」

杏子「思いっきり値引きはしてやるからよ、少しは経営維持に協力してくれ」



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 20:25:17.07 ID:9LTzI0j80


まどか「ほむらちゃん、一人で帰れる?」

ほむら「それには及ばないわ……」フラフラ

QB「大丈夫だよまどか。いざとなったら僕がいるからさ」


まどか「うぇひひっ」

QB「……なんだい?その目は」

まどか「だってキュゥベえ、まるで女の子を支える男の子みたいなこというんだもん」

QB「……よしてくれよ」



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 20:32:22.23 ID:9LTzI0j80





ほむら「うぅ……」フラフラ

QB「だから言っただろう?飲み過ぎはよくないと」

ほむら「うるさいわ……」

QB「アルコールに浸るのもいいけど、浸り過ぎはよくないよ」

QB「元々君は弱い体質なんだから」

ほむら「………」



106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 20:37:58.71 ID:9LTzI0j80


ほむら「ねぇキュゥベえ」

QB「なんだい?」

ほむら「もしここで私が倒れたら、あなたどうするの?」

QB「……他の魔法少女でも呼んで、運んでもらうさ」

ほむら「……ふふっ」

QB「なんだい?」

ほむら「いいえ、相変わらずのあなたで安心したわ」

QB「………」



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 20:43:15.68 ID:9LTzI0j80


ほむら「キツイわ」

ほむら「このまま倒れようかしら」

QB「……嫌な冗談はやめてほしいね」

ほむら「面白くない奴ね」

QB「君は“冗談”にかこつけて時に心配ばかりさせるね」

QB「……呆れてものが言えないよ」

ほむら「………」



109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 20:47:16.96 ID:9LTzI0j80


ほむら「……うぇ」

QB「は……吐きそうなのかい?」

ほむら「………」コク

QB「落ち着くんだほむら。ゆっくり呼吸をするんだ」

QB「苦しかったら無理にしなくてもいいからね」

ほむら「………」スーハー…

QB「楽になるまで続けて……」



110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 20:49:49.75 ID:9LTzI0j80


ほむら「……何とか収まったわ」

QB「そうかい、それはよかったよ」

ほむら「ありがとう、キュゥベえ」ニコッ

QB「……お礼を言うなんて、君らしくもないじゃないか」

ほむら「たまには、こういうのもいいと思ったのよ」



ほむら「嘘つきな宇宙人にお礼をするのもね」

QB「……わけがわからないよ」

おわり



113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 20:53:14.44 ID:9LTzI0j80

きゅぷい……きゅぷい……?

うん、なんだこれ
どこかでおかしくなった

本当なら本当に結婚する勢いなほむQと
その他に追及されて互いの良さを話したりするほむQ
実はアダルティな関係だったりするほむQ
酔ったほむらに仕事の愚痴を聞かされてるキュゥベえ
やはりそこまで素直にはなれないほむら

これを書きたかったはずなのに、どうしてこうなった


元スレ
ほむら「Ten years after」 QB「十年後」