2: 名無しで叶える物語(日本) 2020/02/01(土) 13:28:31 ID:P6LI3udS.net

あなた「はい、これがせつ菜ちゃんの分のファンレターね」

せつ菜「わあ、ありがとうございます!」

愛「お、さすがせっつー人気者だねー」

あなた「愛さんの分もあるよ?」

かすみ「か、かすみんのはありますか先輩!?」

あなた「もちろん!」

璃奈「私のもある……」

あなた「全員分あるからみんな取りに来てー。集合集合」

果林「こういうのは素直に嬉しいわね」

しずく「応援してくれるファンの方々のためにも、頑張らないとって気持ちになりますね」



3: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 13:33:46.21 ID:P6LI3udS.net

エマ「それにしてもすごい数……」

あなた「みんなの分合わせると100通以上あるから仕分けるのも一苦労だよ」

歩夢「言ってくれたら手伝うのに……」

あなた「これは私の仕事だから。中身のチェックもしないといけないしね」

彼方「中身のチェック? もしかして、これ全部読んでるの?」

あなた「もちろん。変なこと書いてるといけないしね」

歩夢「それってすごく大変だよね……?」

あなた「チェックはあくまでついでだから。みんなの良い評判を見るのが楽しいってだけだから心配しないで?」

愛「ふふ、君らしいね。愛さんもみんなのファンレター読みたいなー!」

璃奈「愛さんはまず自分の分を読まないと。こんなにもいっぱいある」

果林「他の人のを見るのは自分のを読んでからね。内容によっては見られたくないのもあるだろうし」



4: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 13:38:56.09 ID:P6LI3udS.net

エマ「見られたくないの?」

果林「ラブレターとか♪」

せつ菜「らっ!?」

歩夢「そ、そんなこと……」

彼方「ここ女子校だよ~?」

果林「あら、今の時代珍しくもないわよ? 私、もらったことあるし」

せつ菜「ふぇぇ!?」

果林「しずくちゃんとかも貰ったことあるんじゃない? ほら、演劇部だし」

しずく「演劇部は関係あるのでしょうか…」

かすみ「し、しず子もらったことあるのっ!? 」

しずく「あるけど……」

かすみ「んなぁぁぁ!?」



6: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 13:43:59.20 ID:P6LI3udS.net

あなた「しずくちゃん男役とかもしてるもんね」

かすみ「しず子っ、その話詳しく…!」

せつ菜「こんなにも身近に告白を受けた人が2人もいるなんて……」

果林「2人ってことはないでしょう。日常的に告白されてそうなのが1人いるし」

エマ「あー……」

彼方「確かに~」

愛「この話やめやめー! 今はラブのレターじゃなくてファンのレターの話! 果林お口チャック!」

果林「あら、どうして話題を変えたがるのかしら?」

果林「この前校舎裏で1時間近く告白されてた時の話とか訊きたいんだけど」

愛「かーりーんっー! それ以上はおこおこのおこだよー!!」

璃奈「……」



7: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 13:45:30.49 ID:P6LI3udS.net

歩夢「あなたは、その。そういうのもらったこと、ないよね……?」

あなた「あはは、なに言ってるの歩夢ちゃん」

あなた「アイドルでもない私がファンレターなんてもらえるわけないよー」

歩夢「そ、そうじゃなくてっ」

果林「あら、その横に分けてるのはそうじゃないの? ハートのシールの」

あなた「あー……これは……」

歩夢「えっ、えっ、えっ」

エマ「はい、ストップだよ果林ちゃん。それ以上みんなにいじわるしちゃダメ」

果林「人聞きが悪いわ。いじわるなんてそんな」

エマ「果林ちゃん」

果林「はーい……」

彼方(エママ……)

しずく(果林さんの扱いは流石ですね……)



8: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 13:49:17.38 ID:P6LI3udS.net

あなた「みんなラブの話はそこまでだよー。残りのファンレター配るからちゃんと読んでねー」

歩夢「あのっ、あのっ」

せつ菜「あ……これっ……!」

あなた「どうしたのせつ菜ちゃん?」

せつ菜「この人、いつも送ってくれるんです!」

せつ菜「しおりんさん!」

あなた「あ! 和紙の人! めちゃくちゃ字上手い人だよね!」

愛「なになに? せっつー推しの人?」

しずく「綺麗な赤い便箋……」

璃奈「せつ菜さんのイメージカラーと一緒」

彼方「封筒も和紙だし、めちゃくちゃ良いヤツだよこれ」

歩夢「肌触りも良いしすごく高そう……」



11: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 13:52:28.81 ID:P6LI3udS.net

かすみ「わわ、本当に字上手い。習字の先生みたいです!」

愛「この字、筆ペンとかじゃなくて本物の筆だよね?」

エマ「筆……? ってことは、これ墨……?」

果林「筆と墨でファンレターって……しかもこの量、便箋10枚分くらいあるけど……」

あなた「メッセージも全部読んだけどすっごく一生懸命で、せつ菜ちゃんのこと隅々まで見てて……」

あなた「もうね、とにかく 愛に溢れてるの愛に!」

愛「愛に!」

せつ菜「しおりんさんは私がスクールアイドルを始めた時から今までずーっと応援してくれてるんです!」

あなた「ずっと!? すごいすごい!」

せつ菜「ちょっとしたイベントでも欠かさず来てくれて、ファンレターを送ってくれて!」



12: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 13:54:28.80 ID:P6LI3udS.net

せつ菜「ライブが終わったあとはすごく細かく感想を書いてくれたり、こうしたら良くなるっていう改善点まで教えてくれたり……!」

愛「ガチのせっつー推しなんだね、その人」

かすみ「羨ましいです……!」

彼方「確かにすごいし羨ましいとも思うけど、ちょっと熱がありすぎっていうか……」

しずく「何かあるたびにこの高級な和紙に筆と墨で10枚以上のファンレター書いてくる、ってことですか……?」

せつ菜「はい!」

エマ「えっと……」

璃奈「りなちゃんボード、あせあせ」

歩夢「そ、そんなにも応援されてるなんてすごいねせつ菜ちゃん!」

せつ菜「えへへ」

果林「いや普通に怖いでしょ。ストーカーとかされてないか心配にならない?」

かすみ「ちょっ」

歩夢「か、果林さん!?」



15: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 13:58:40.27 ID:P6LI3udS.net

せつ菜「ななな、何を言うですかっ!? しおりんさんはそんなことしません!!」

せつ菜「こんなにも誠実で私のことを真摯に思ってくれている方がそんなこと……!」

果林「誠実で真摯ねぇ……あなたはどう思う? メッセージを全部読んだのよね?」

あなた「す、すっごく熱心で情熱的な人だなーって……」

彼方「せつ菜ちゃん、手紙ちょっと見せてくれる~?」

愛「カナちゃん半分ちょーだい。アタシも見たい」

果林「私にも何枚かくれる?」

かすみ「な、なんだかきな臭くなってきました……!」



17: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 14:01:24.76 ID:P6LI3udS.net

愛「えーっとなになに……」

愛「優木せつ菜ちゃんへ。ミニライブお疲れ様でした。今日も世界一可愛かったです。
  いや、世界という枠にせつ菜ちゃんを収めては宇宙のみなさんに申し訳ないですね。
  全宇宙一可愛かったです。
  きっと宇宙戦争が起きたら戦争を止めるのはせつ菜ちゃんの笑顔だと思います……」

かすみ「別に変なところはないですね」

しずく「少し独特だとは思いますが……」

愛「あ、ごめんまだ途中」

愛「これがあと5枚分くらい続いてて……全部読み上げるのはちょっとしんどいかも」

かすみ「えっ」

しずく「5枚……!?」

あなた「それはせつ菜ちゃんの可愛さについて書いているものだね」

せつ菜「しおりんさんはテーマに分けて便箋の種類を変えてくれているんです!」

かすみ「テーマ別!? その量で!?」



18: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 14:04:15.75 ID:P6LI3udS.net

彼方「そういうことかぁ……」

彼方「彼方ちゃんのやつには歌やダンスの感想とかアドバイスが書かれてるねぇ」

あなた「私でも気づかないようなことがたくさん書かれててすごく勉強になったよ!」

璃奈「それは何枚あるの?」

彼方「5枚」

エマ「ボーノ……」

歩夢「ほ、本当にすごいね……1人で10枚も……」

果林「10枚どころじゃないわよ……愛、これ読んで」



19: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 14:07:59.13 ID:P6LI3udS.net

愛「ん? なになに」

愛「前から思っていた気持ちを直接伝えたいのですが、せつ菜ちゃんの前に姿を出す勇気がありません。
  せつ菜ちゃんを目の前にした時のことを考えると胸が張り裂けそうになります。
  この手紙を書いてる今もせつ菜ちゃんのことを考えて息が苦しくなっています。
  せつ菜ちゃんに見つめられた私は緊張して、何も話せなくて、きっと変な目で見られてしまいます。
  でもせつ菜ちゃんは優しいからそんな私に微笑みかけて、手をぎゅっと握ってくれるんだと思います。
  せつ菜ちゃんの小さくて柔らかい手が私の手を包み込んで、でも私の手は手汗でびしょびしょで。
  せつ菜ちゃんが汚れちゃうから私は手を振り払おうとするんだけど、そんな私の手をぎゅってして、にっこり笑って。
  今日は来てくれてありがとうございますってせつ菜ちゃんが話しかけてくれるのに私は何も話せなくて、そんな私をせつ菜ちゃんは心配してくれて。
  その優しさが本当に嬉しくて。嬉しいのに言葉に出来ないのが悲しくて、辛くて、きっと私は泣いてしまいます。
  今も涙が止まりません。私なんかのことをせつ菜ちゃんが考えてくれているという現実があまりにも無理です。受け止めきれません。
  好きです、大好きですせつ菜ちゃん。せつ菜ちゃんの笑った顔が好きです。せつ菜ちゃんの歌声が好きです。
  せつ菜ちゃんのダンスが好きです。せつ菜ちゃんのさらさらの髪が好きです。せつ菜ちゃんの優しいところが好きです。
  せつ菜ちゃんのひたむきさが好きです。せつ菜ちゃんが水を飲むときに両手でペットボトルを持つところが好きです。
  せつ菜ちゃんが人の話を聞くときに目ではなく唇のあたりを見つめているところが好きです。せつ菜ちゃんが」

かすみ「ちょっ、す、ストップ! ストップです愛先輩!」

愛「や、やっぱやめた方がいい? まだ1枚目だけど」



21: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 14:10:34.87 ID:P6LI3udS.net

果林「ここからさらに内容が過激になっていくわ。7枚目以降なんてもはや怪文書よ」

せつ菜「しおりんさんが一生懸命書いてくださったものを怪文書なんて言わないでください!」

果林「どう見ても怪文書でしょ!」

果林「せつ菜ちゃんのお風呂の残り湯をペットボトルに入れて眺めていたいとかせつ菜ちゃんの髪の毛でミサンガ作りたいとか!」

歩夢「え、嘘……」

しずく「さ、さすがにそれは……」

璃奈「りなちゃんボード、ヤバすぎ」

果林「だいぶマイルドなのを抜粋したつもりだけど、もっとすごいこと書いてたわよそれ」

愛「うーん、そこまでくるとちょっとまずいねー」



22: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 14:14:28.76 ID:P6LI3udS.net

彼方「アドバイスとか好きって気持ちだけならまだしも、そういうのはちょっと……」

果林「こういうのを検閲するのがあなたの仕事なんじゃなかったのかしら?」

あなた「いや、あの……そのっ……」

あなた「字が綺麗だったから!」

あなた「それに便箋から良い匂いしたし!」

果林「おばか!」

歩夢「やめて! この子を責めないで!」

歩夢「小学生の時からちょっと道徳観がずれてるとか危機管理能力がないとかって先生に言われてたけど根は真面目で良い子なの!」

彼方「フォローが苦しいね~」

しずく「フォローにすらなってないような……」



23: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 14:18:33.66 ID:P6LI3udS.net

愛「危機管理能力って話なら愛さんせっつーが一番心配だよ……」

せつ菜「わ、私ですか?」

果林「なーに鳩がマメ鉄砲食らったような顔してるの! これはあなたの話よせつ菜!」

果林「この勢いじゃ物盗まれたり盗撮されたりしててもおかしくないわよ!?」

せつ菜「しおりんさんはそんなこと絶対にしません!!」

果林「してそうだから言ってるの! ダンスや歌のアドバイスについてもおかしいでしょ!」

彼方「確かにあれは一回見ただけで把握できるレベルを超えてると思うなー」

彼方「カメラ回して撮った映像を何度も見返してるって考えるのが自然かも」

せつ菜「私のためにそこまでしてくれてるなんて……! 本当に嬉しいです!!」

果林「もう! どうしてそうなるの! このお花の国のアリスに何か言ってあげて愛!」

愛「カリンはせっつーのこと大好きだから本気で心配なんだと思う」

愛「ガミガミ言われてキツく感じるかもだけどちゃんと聞いてあげてね?」

果林「そういうことじゃなーい!」



25: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 14:21:55.70 ID:P6LI3udS.net

かすみ「でもかすみん、せつ菜先輩の気持ちも分かります……」

かすみ「確かにそのファンレターはどう考えてもヤバいですし、警察に相談するべきシロモノですが……」

せつ菜「警察っ!?」

かすみ「でもやっぱり嬉しいんです!」

かすみ「どんなにヤバくても自分のことを応援してくれてることには変わりません!」

かすみ「ヤバさと推しへの愛は表裏一体なんです!」

かすみ「駆け出しの頃からずっとずっと応援してくれて、大好きって気持ちもたくさんたくさん伝えてくれてっ」

かすみ「そんなの嬉しいに決まってるじゃないですか!!」

せつ菜「うぅぅ……かすみさぁん……」



27: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 14:26:17.13 ID:P6LI3udS.net

果林「……一番過剰に反応しそうなかすみが大人しかった理由がそれね」

かすみ「大好きって気持ちが溢れすぎて語彙力を失ったり言動が過激になっちゃうことはよくあることなんです!」

かすみ「だからしおりんさんもライブ終わりのハイテンションで大好きが溢れちゃっただけで、普段は理性的で常識のある人なんだと思います!」

しずく「ファンレターの一部はちょっとあれですが……」

しずく「おおよそは言葉遣いもしっかりしていますし、とても読みやすく伝わりやすい文章を書いています」

しずく「字も本当に綺麗ですし、かなり教養のある方だとは伺えますね」

あなた「私もライブ中は叫んだりブレード振り回したり変な動きしちゃったりして警察呼ばれてもおかしくないし、しおりんさんもそれと同じだよ!」

あなた「大好きが溢れるとちょっとあれになっちゃうだけで、きっと普段は素敵な人なんだと思う!」



28: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 14:29:49.68 ID:P6LI3udS.net

せつ菜「その通りです! しおりんさんはとっても素敵な方なんです!」

せつ菜「勝手なイメージを持って悪いように言わないでください!」

果林「はぁぁぁ……誰かこのおばかたちに何か言ってあげて……」

愛「あはは……」

しずく「あの、私は教養のある方だとは言いましたが、素敵な方だとは思ってませんよ?」

せつ菜「え」

かすみ「し、しず子どういうこと! フォローしてくれたと思ったのに!?」

しずく「この手紙だけで分かるしおりんさんの情報は
    『字が上手い』『教養がある』『歌やダンスについての造指が深い』
    『せつ菜さんへの想いがとても強い』『想いが強すぎるあまり危うさを感じる』くらいのものです」

しずく「その情報も結局は手紙だけのものですから、印象操作をしようと思えばいくらでもできます」

あなた「つまり……?」

しずく「先ほどせつ菜さんは勝手なイメージを持って悪いように言わないで、とおっしゃりましたが、それはせつ菜さんにも当てはまることなんです」

せつ菜「!」



29: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 14:33:38.11 ID:P6LI3udS.net

果林「せつ菜、あなたしおりんさんと会ったことはあるの?」

せつ菜「な、ないですけど……」

果林「脂ぎった40過ぎの醜悪なおじさんがこの手紙をあなたに送ってきてると考えて。どう思う?」

せつ菜「え」

果林「しかもハゲてるの。全力でハゲてる。なおかつとても臭いわ。いつも汗でビショビショ」

果林「そんな人がせつ菜ちゃんの太ももに挟まれたいとか言ってるの。どう思う?」


せつ菜「……」


歩夢「せ、せつ菜ちゃん放心しちゃってる……」

彼方「でも実際ありえることだからね~」

しずく「それにしても例えが極端すぎるとは思いますが……」

璃奈「せつ菜さんのネットリテラシーが試されてる」

愛「あはは、例えが上手いねりなりー」



30: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 14:38:06.15 ID:P6LI3udS.net

果林「どう思う?」

せつ菜「……す、素敵だなって! 思います!」

果林「本当に?」

せつ菜「ほ、本当です!」

せつ菜「しおりんさんがどんな人であっても私にとって大切な人であることに変わりはありません!」

果林「ふーん」

果林「ねえかすみ、あなたはどう思う?」

かすみ「わ、私ですか?」

果林「さっきのおじさんがかすみちゃんの歯ブラシと自分の歯ブラシをキスさせたいとか言ってるの。どう思う?」

かすみ「うっ」


しずく「今顔が一瞬引きつりましたね」

璃奈「りなちゃんボード、ぞわり」

歩夢「あ、アイドルって大変なんだね……」

あなた「例えが酷すぎるよ!!」

愛「落ち着いて落ち着いて」



31: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 14:41:19.61 ID:P6LI3udS.net

かすみ「か、かすみんはかすみんのことを応援してくる人ならどんな人でも大好きです!」

かすみ「みんな大切なかすみんのファンです!」

かすみ「例え40過ぎでハゲで臭くて汗でビショビショでも大切な人です!」

かすみ「プライベートでその人と何かをどうこうするわけじゃありませんし!?」

果林「でも臭いのよ?」

かすみ「……」

果林「想像してみて。汗と加齢臭がすごくてなおかつ3日間お風呂に入ってないの」

果林「それでもかすみはその人を愛せる?」

かすみ「……」

果林「せつ菜、あなたも考えてみて。笑顔で握手したり密着してチェキ撮ったりできる?」

せつ菜「……」

かすみ「……」



35: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 14:45:05.85 ID:P6LI3udS.net

かすみ「……ひぐっ」

かすみ「おじさんでも、ハゲてても、太っててもいいですけどっ……」

かすみ「臭いのだけは嫌です! お風呂入ってきてほしいです!!」

せつ菜「果林さんのばかああああああああああああ! !」 

果林「!?」

愛「せ、せっつー!?」

歩夢「せつ菜ちゃん!?」

せつ菜「しおりんさんは!!」

せつ菜「しおりんさんは臭くないです!」

せつ菜「おじさんでもないし!」

せつ菜「ハゲてもないです!!」

せつ菜「 20代後半の! 線が細くて身長が高くて! 声が沢城みゆき似のとっても素敵な女性なんです!!」

彼方「えぇ……」

しずく「それはさすがに……」

果林「ついに正体を表したわね……」



37: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 14:49:26.06 ID:P6LI3udS.net

果林「みんな今の聞いたでしょ!?」

果林「この子はファンがアイドルに理想を持っているように!」

果林「顔も見えないネット上の誰かに本気で恋をしてしまうように!」

果林「このしおりんとかいう危ないファンに理想と幻想を抱いて、あまつさえ恋心に近い感情を持ってしまっているの!」

エマ「せ、せつ菜ちゃん……」

かすみ「せつ菜先輩……」

璃菜「りなちゃんボード、あせあせ」

せつ菜「ちちち、違いますっ! 恋心なんて持ってませんっ!?」

果林「持ってるでしょ! 薄くてさらさらな○毛が欲しいとか言われてるのに拒否反応示さないなんてそれ以外に考えられないわ!」

しずく「そんなことまで書いてたんですか!?」

愛「さ、さすがの愛さんでもそれはキツイ……」

せつ菜「そこはちゃんと取り消し線で訂正してたじゃないですか!」

果林「普通は取り消し線じゃなくて内容が分からないように塗りつぶすの!!」



39: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 14:53:21.35 ID:P6LI3udS.net

あなた「せつ菜ちゃん。しおりんさんのこと……好きなの?」

せつ菜「……」

せつ菜「私が初めてもらったファンレターはしおりんさんからのものでした」

せつ菜「初ライブは歌もダンスも曲も全て拙くて失敗だらけ……」

せつ菜「声は裏返るしダンス中に転ぶし、挙句の果にはCDの再生エラーで音が出なくなったり……とてもステージと呼べるものではありませんでした」

せつ菜「当時の私はその時の失敗をすごく引きずりました」

せつ菜「自分が思い描いた理想と現実があまりにも違っていて……」

せつ菜「初ライブの時の失敗がトラウマになって、次のステージに立てなくなっていたんです」



40: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 14:54:34.11 ID:P6LI3udS.net

せつ菜「私には向いていない。そう思ってスクールアイドルとしての道を諦めようとした時……」

せつ菜「届いたのがしおりんさんからのファンレターでした」

せつ菜「そのファンレターには私のことやライブのことがたくさん書かれていました」

せつ菜「あんな失敗だらけのライブでも良かったって言ってくれて、励ましてくれて……」

せつ菜「私の長所や魅力的だと思うところをたくさん挙げてくれて、次のライブに向けての改善点やアドバイスまでしてくれて……」

せつ菜「挫折してやめようとしていた私に言ってくれたんです」

せつ菜「あなたには才能がある。これからも続けてほしい、頑張ってほしいって……」

せつ菜「次のライブも……楽しみにしてますって……」



41: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 14:59:02.67 ID:P6LI3udS.net

果林「……」

せつ菜「今の私があるのはしおりんさんのおかげなんです……」

せつ菜「あの時から今までずっと、しおりんさんは私のことを応援し続けてくれています」

せつ菜「私はしおりんさんからの手紙をいつも楽しみにしていますし、しおりんさんのことを考える日もたくさんあります」

せつ菜「この気持ちが恋心なのかどうかは分かりません……」

せつ菜「ただ、一つだけ言えることは……」

せつ菜「しおりんさんは私にとって……とても大切な人です」

あなた「……ひぐっ、ぐずっ」

あなた「私、感動しちゃったよぉぉぉ!!」

愛「うぅ、良い話だねぇ……」

かすみ「こんな話ずるいですぅ……泣いちゃうに決まってますぅ……」

歩夢「そんな事情があったなんて……」



44: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 15:02:07.03 ID:P6LI3udS.net

果林「ごめんなさいせつ菜、何も知らずに失礼なことを言って……」

せつ菜「いえ、いいんです……果林さんの言うことも間違っていないので……」

せつ菜「しおりんさんに対して特別な気持ちを持っているのは事実です」

せつ菜「 理想や幻想を抱いていることも……」

エマ「私はしおりんさんが悪い人だとは思わないよ!」

かすみ「かすみんもそう思います!」

かすみ「こんなにもせつ菜先輩のことを想ってるしおりんさんが変なことするわけありません!」

彼方「でも想うがあまり……ってのはない話じゃないと思うよ?」

愛「危ないメッセージ送ってきてるのは事実だしね」

しずく「私はしおりんさんという人のことがますます分からなくなってきました」

璃奈「私も……悪い人ではないと思うけど……」



46: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 15:05:10.50 ID:P6LI3udS.net

果林「さっきの話を聞いてもやっぱり心配だわ……」

果林「 本当に良い人なら○毛を要求するようなことはしないだろうし……」

かすみ「だ、だからそれはテンションの高ぶりのせいで……!」

あなた「よし、決めた!」

あなた「しおりんさんと実際に会ってみようよ!」

歩夢「しおりんさんと……?」

せつ菜「あ、会う……!?」

あなた「どんな人なのか実際に会って確かめよう! それが一番だと思う!」

かすみ「賛成です! 素敵な人ならそれでいいし、臭いおじさんだったらお風呂に入ってもらいましょう!」

彼方「危ない人だったら?」

しずく「通報しましょう」



47: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 15:08:20.93 ID:P6LI3udS.net

果林「本当にせつ菜と会わせるつもり? 何か事件になったら……」

あなた「その時はみんなでせつ菜ちゃんを守ろう」

あなた「もちろん先頭には私が立つし、危ない役も私が率先してする」

歩夢「そんな……」

あなた「人気が出たらこういうこととはいつか向き合わないといけないからね」

せつ菜「本当にいいんですか……?」

あなた「それを決めるのはせつ菜ちゃんだと思う。せつ菜ちゃんはどうしたい?」

せつ菜「私……私は……」



48: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 15:12:23.30 ID:P6LI3udS.net

せつ菜「しおりんさんに……お会いしたいです……」

せつ菜「感謝の気持ちを伝えたいですっ……」

せつ菜「いつもありがとうございますって……」

せつ菜「今の私があるのは、あなたのおかげですって……」

せつ菜「面と向かって言いたいですっっ!!!」

あなた「よし、やろう!」


あなた「握手会!!」



51: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 15:16:44.10 ID:P6LI3udS.net

  
------------------------------------------------
  
栞子「……これは一体なんですか」

あなた「学内掲示板の使用申請書だけど……」

栞子「そんなことは見れば分かります。このイベント内容はなんだと訊いているんです」

あなた「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会握手会!!」

栞子「場所はお台場海浜公園、参加制限なし……CDの購入特典として握手券を付与……」

あなた「同好会の知名度も上がってきたし、記念すべき第一回目の握手会を開催するなら今このタイミングがちょうどいいと思って!」

あなた「みんなの分のCDも完成したし、ファンの人たちにもそれ以外の人たちにもみんなの活動を知ってほしいし、曲も聴いてもらいたいんだ!」

栞子「公園でのイベント使用許可は取っているんですか」

あなた「イベント使用許可……?」

栞子「何の申請もせずに公共施設でそんなイベントが行えると思っているんですか」

あなた「こ、これからします……」



53: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 15:19:03.27 ID:P6LI3udS.net

栞子「参加制限なしと書いていますが集客予定数は?」

栞子「具体的にどのような人たちを何人集めて握手会を行うつもりですか?」

あなた「えっと……みんなを応援してくれている人を……いっぱい……?」

栞子「みんなを応援してくれている人とは何者ですか。男性ですか、女性ですか。成人ですか、未成年ですか」

栞子「いっぱいとは具体的に何人ですか。100人ですか、1000人ですか。1万人ですか」

栞子「最大集客予定数も分からないままどうやってそれに対応するためのスタッフを用意するというのですか?」

あなた「ぜ、全部これから考えます……」

栞子「そもそも握手会の運営ノウハウはあるのですか?」

栞子「開催要項やマニュアルは用意しているのですか?」

栞子「どのような運営体制と人員配置でこのイベントを執り行うつもりですか?」

あなた「え、えっと……」



58: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 15:24:05.38 ID:P6LI3udS.net

栞子「たくさんの人を集めたにも関わらず拙い運営体制でそれに対応し、混乱を招く」

栞子「その結果どれだけの人々に迷惑をかけるのか。想像できませんか?」

あなた「……」

栞子「何もかも分からない、すべて決まっていない」

栞子「結構です。これから十二分にお考えください」

栞子 「ただ、今この場でこれだけは明確に答えて頂きたい」

栞子「安全管理はどのように考えていますか ?」

栞子「善良なファンを装い握手会に来た暴漢が刃物を取り出し彼女たちに切りかかった時、あなたはそれに対処できるのですか?」

あなた「!」

栞子「学園外でのべつくまなく一般人を集め、彼女たちと交流させるということがどれだけリスクのある行為なのか……本当に分からないのですか」

あなた「……」

栞子「あなたの思慮の浅さには心の底から失望しました」

栞子「あなたのような人間が部長をやっている限り、同好会は必ず廃部にします」

栞子「もちろん学内掲示板の使用許可も出せません。今すぐここから出て行ってください」

あなた「っ……」



60: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 15:28:31.74 ID:P6LI3udS.net

あなた「待って!」

あなた「もう一度だけ……ここに来てもいいかな」

栞子「……」

あなた「三船さんの言ったこと、全部、ちゃんと考えるから」

あなた「もう一度だけ、話を聞いてほしい」

栞子「……」

あなた「協力してくれるみんなの気持ちを……せつ菜ちゃんの想いを裏切りたくないの」

栞子「中川さんの……?」

あなた「お願いします……」

栞子「……」



62: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 15:29:35.31 ID:P6LI3udS.net

栞子「条件を課します」

栞子「握手会は学園内で行うこと。参加できる人間はこの学園の生徒のみとすること」

栞子「開催要項や運営体制のすべてを簡潔にまとめた企画書を作成し、提出すること」

栞子「この三つを守れないのなら握手会の開催は認めません」

栞子「仮に生徒会や学園の管轄外でイベントを行ったとしても……私のすべてを賭けて潰します」

栞子「同好会も必ず廃部にします」

あなた「絶対に三船さんが納得できる握手会にするから」

栞子「……」



65: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 15:33:01.41 ID:P6LI3udS.net

  
------------------------------------------------
  
あなた「握手会の開催を告知して1週間……いよいよだね」

エマ「しおりんさん来てくれるかな……」

愛「この学園の生徒なら必ず来るっしょ! せっつー大大大好きなんだし!」

かすみ「しかもスクールアイドルとして初めての握手会なんですよ! そんなの絶対に来るに決まってます!」

果林「握手会の会場は学園内、対象はこの学園の生徒のみよ? 本人がいないという可能性もあるわ」

あなた「その時はしおりんさんがこの学園の生徒じゃないって分かるからね、次を考えよう」

しずく「この学園の生徒であって欲しいですが……」

かすみ「そうすれば臭いおじさんじゃないのは確定ですもんね」

璃奈「でもせつ菜さんは20代後半の綺麗な女性がいいって」

せつ菜「そのことは忘れてくださいっっ!!」



67: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 15:36:31.48 ID:P6LI3udS.net

歩夢「しおりんさんが本当に来たとしても分かるのかな……」

かすみ「それは大丈夫ですよ! ファンはアイドルに対して承認欲求半端ないですから!」

あなた「その通り! 会いに来た限りは絶対に自己紹介するよ!」

果林「そう簡単にいけばいいけど……」

あなた「私たち8人、今日はせつ菜ちゃんのために万全の運営体制で挑もう!」

かすみ「でもかすみん目当ての人が来たらどうしよ~、今日はかすみんスタッフなのに~」

歩夢「えっと、今日はせつ菜ちゃんの握手会なんだよね?」

果林「せつ菜のファンだとしても私たちのことを知ってる人は多いでしょうし、話しかけられそうではあるわね」

しずく「同好会が主催のイベントなので、私たちがいることを見越して来る人たちもいるかもしれません」

かすみ「そうなると剥がし役の剥がし役が必要になるっていうカオスな状況になっちゃいます……!」

あなた「ふっふっふ。そのあたりももちろん想定済みです!」

愛「 愛トモのみんなをお手伝いで呼んでるから、私たちが身動き取れなくなってもだいじょーぶ!」



70: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 15:39:28.64 ID:P6LI3udS.net

彼方「それならもういっそのことみんなの握手会にしても良かったかもね~ 」

あなた「ファンの人がたくさん来ちゃうと、しおりんさんどころじゃなくなっちゃうから」

あなた「それと同好会のみんなにスタッフとして対応してもらうことで、みんなのことをもっと身近に感じてもらいたいんだ」

かすみ「そこまで色々なことを考えているなんて流石先輩です!」

エマ「運営の段取りも完璧だよね。用意してくれた資料とかもすごく分かりやすかったし」

果林「流石部長様ね、本当に頼りになるわ」

あなた「……この握手会を開催できたのは、私だけの力じゃないから」

歩夢「えっ?」

あなた「さ、そろそろ準備を始めよっか」

あなた「今日の一番の目的はしおりんさんを見つけること」

あなた「みんなもファンの人には目を光らせてね!」

あなた「特にしおりんさんっぽい人は見逃さないように!」

果林「それが分かるのはせつ菜だけじゃ……」



72: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 15:42:52.71 ID:P6LI3udS.net

璃奈「そうでもないと思う」

かすみ「と、いうと?」

しずく「何か意図的な印象操作をしていない限り、あの手紙の内容やせつ菜さんのお話からある程度の人物像は絞れます」

しずく「まず1つ、熱烈なせつ菜さんのファンであること」

しずく「初ライブから今まで応援し続けていることからせつ菜さんにかける想いは本物です」

しずく「そんな人が初開催の握手会に参加するとなると、考えられる行動は……」

かすみ「はいはーい!」

しずく「はい、かすみさん」

かすみ「ずばりせつ菜先輩のハジメテを狙いにくると思います!」

エマ「は、ハジメテ……?」

果林「スクールアイドル優木せつ菜と一番最初に握手をした」

果林「その称号を狙いにくるってことよね?」

しずく「その通りです。故にイベント開始前の数時間前から出待ちをしたり、握手券が付いているCDを大量に購入することが予想されます」



73: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 15:47:48.67 ID:P6LI3udS.net

歩夢「えっと、CDと握手拳って何枚用意してるんだっけ?」

あなた「『CHASE』と『MELODY』で500枚ずつ用意してるよ! 1枚100円!」

エマ「すごい……1000枚も……」

果林「学校で物を売って大丈夫なの?」

あなた「収益は全部学校に寄付するってことで許可をもらったよ」

彼方「100円くらいなら無料でも良かったんじゃないかな?」

あなた「それだと握手券のために何枚も買うってことが出来ないから」

エマ「?」

あなた「熱心なファンであるほど握手券のためにCDを何十枚も買っていくんだ」

かすみ「複数買いさせることでさらに容疑者を絞っていくって作戦ですね! 先輩頭良い!」

しずく「学園内にしおりんさんがいるならまず間違いなく見つけられそうですね」



74: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 15:49:14.51 ID:P6LI3udS.net

エマ「でもせつ菜ちゃんって昔からスクールアイドルやってるし、熱心なファンも多そうだよね?」

歩夢「何人もそういう人がいたら見つけられるのかな……」

璃奈「それも大丈夫だと思う。ファンレターのこの部分、読んでみて」

歩夢「えっと……『この手紙を書いてる今もせつ菜ちゃんのことを考えて息が苦しくなっています』」

歩夢「『せつ菜ちゃんに見つめられた私は緊張して、何も話せなくて、きっと変な目で見られてしまいます……』」

愛「つまり、いざせっつーと握手するってなったらしおりんは何かしらの反応を見せるってことだね」

しずく「あれだけ想い続けている人に触れた上、面と向かって話をするんですから相当挙動不審になるはずです」



76: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 15:53:42.68 ID:P6LI3udS.net

エマ「しずくちゃんの話からしおりんさんの人物像をまとめると……」

果林「せつ菜ちゃんのハジメテを狙ってる」

璃奈「挙動不審な人」

せつ菜「もっと言い方を考えてくださいっ!?」

かすみ「出待ちしたりCDいっぱい買ってる人も要チェックですよ!」

あなた「ホシも絞れたことだし、しおりんさん絶対に捕まえるぞー!」


「「「「「「「おーっ!」」」」」」


エマ「逮捕だね!」

せつ菜「だから言い方をっ!」



79: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 15:59:08.84 ID:P6LI3udS.net

 
------------------------------------------------
 
あなた「開場10分前……どうせつ菜ちゃん? 緊張してる?」

せつ菜「……へ? なな、なんでしょうか!?」

あなた「あはは、やっぱり緊張してるんだね」

せつ菜「握手会なんて初めてなので……」

せつ菜「 もちろんファンとしての立場でなら参加したことはありますが……」

あなた「理由はそれだけ?」

せつ菜「……その言い方はいじわるです」

あなた「会えるといいね、しおりんさんと」

せつ菜「 しおりんさんはとても大切な人ですが、あくまで応援してくれているファンの方々の1人です」

せつ菜「他の人たちと同じ対応を心がけないと」



82: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 16:02:42.43 ID:P6LI3udS.net

あなた「せつ菜ちゃんは偉いね」

あなた「ま、私はただのスタッフだから、しおりんさんとたくさんお話しするつもりだけど!」

せつ菜「ななっ」

せつ菜「そんなのずるいですっ~~!」

あなた「あははっ」

果林「二人ともそろそろ開場するわよー」

あなた「果林さん、しおりんさんらしき人はどんな感じ?」

果林「開場時間が近づくにつれて挙動不審になっているそうよ」

あなた「ほぼ間違いなさそうだね」

せつ菜「えっ、しおりんさんが来てるんですか!?」



83: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 16:06:06.28 ID:P6LI3udS.net

果林「まだ断定はできないけど、 3時間前から並んでいる子が1人いるわよ」

せつ菜「3時間前って……なんでもっと早く言ってくれないんですか!?」

あなた「言ったらせつ菜ちゃん、様子を見に行ってそのまま話しかけちゃいそうだから」

せつ菜「そ、そんなことっ」

あなた「しおりんさんはたくさんいるファンの1人。そうなんだよね?」

せつ菜「っ……」

かすみ「開場しますよー! 先輩はしおりんさんのマークお願いします!」

かすみ「一番最初に物販に来たあと間違いなく握手列に来ます! 対応お願いします!」

あなた「任せて!」

あなた「じゃあ私は行ってくるから、心の準備しといてね」

せつ菜(しおりんさんが、すぐそこに……)



88: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 16:09:18.58 ID:P6LI3udS.net

あなた「みんなお疲れ様。しおりんさんはどこ?」

しずく「手荷物検査ブースです。ちょうど愛さんと彼方さんの間に立っています」

あなた「あの人が……他にそれっぽい人はいない?」

かすみ「2人目以降は全員30分前くらいから並び始めた人たちですね」

しずく「3時間も前から並んでいたのはあの人だけです」

璃奈「開場時間が近づくにつれてすごくそわそわしてた」

かすみ「あの挙動は推しと会うのを目前にした重度のアイドルオタクそのものです!」

あなた「なるほどなるほど、ってことはほぼクロだね……よし、ちょっと話しかけてみるよ」

しずく「相変わらずの行動力ですね……」

璃奈「コミ力お化け」



90: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 16:10:31.94 ID:P6LI3udS.net

愛「お、来たねー部長」

彼方「おつかれさまー」

あなた「二人ともお疲れ様。いよいよだね」

愛「並んでる人たちと立ち話してたら時間が過ぎるの一瞬だったよ」

彼方「すごい話しかけられるから大変だよぉ~」


 「……」


あなた(近くで見ると身長高めだな……愛さんと同じくらいだ)

あなた(顔は……よく分かんない……)

あなた(前髪が長くて片目しか見えない上にマスクまでしてるし)

あなた(あとめちゃくちゃ髪長い……腰あたりまで伸ばしてる……)

あなた(制服は高等部のでリボンは3年生のヤツ……ってことは上級生……?)



91: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 16:16:27.49 ID:P6LI3udS.net

彼方「君的にはどう思う?」

あなた「とりあえず臭いおじさんじゃなくて良かったかな……」

愛「あはは、そりゃそうだ」

彼方「顔はよくわかんないけど、雰囲気は美人さんだよね~」

あなた「これで声が沢城みゆき似ならせつ菜ちゃんの理想に近いんじゃないかな?」

愛「もし本人ならせっつーも大喜びだ」

あなた「訊いてみるね。しおりんさんですかって」

愛「あー、それがさ、話しかけてみたんだけど喉の調子が悪いみたいで喋れないみたい」

あなた「喋れない……?」

彼方「口のところばってんしてね~、だめだめーって」

あなた(そんなことって……)


歩夢「あ、いた」


歩夢「ねえ、どうする? もうそろそろ時間だけど……」



94: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 16:20:31.49 ID:P6LI3udS.net

あなた「時間通りに開場しよう。でも、その前に……」

歩夢「えっ……?」


あなた「先頭の方ですよね」

 「っ」

あなた「今日は来て頂きありがとうございます。もうすぐ案内しますね」

 「……」

あなた「お話は聞いてます。3時間も前から待ってくれているんですよね」

 「……」

あなた「そんなにも熱心に応援してくれている人と話せるなんて、せつ菜ちゃん、すごく喜ぶと思います」

あなた「だから……一言でも良いので声をかけてあげてくださいね」

あなた「しおりんさん」

しおりん「!」 



96: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 16:24:29.38 ID:P6LI3udS.net

あなた「みなさんお待たせしました! 開場します!」

あなた「まずは物販席に並んでください。先頭の方からこちらへどうぞ」


エマ「わわ、開場したよ果林ちゃん!」

果林「あれがしおりんとやらね……かなり怪しいけどとりあえず女の子で良かったわ」

エマ「こ、こっち来るよ!」

果林「ふふ、慌てなくてもマニュアル通り対応すれば大丈夫よ」


エマ「いらっしゃいませ! な、何枚お買い求めになりますか?」

果林「CDは1枚100円です。『CHASE』と『MELODY』2種類ございます」

果林「CD1枚につき握手券が1枚付いています。握手券1枚につき握手できる時間は5秒です」

果林「CDを10枚以上買ってくれた方にはチェキ券も付いて来ます」

エマ「いかがしますか?」



98: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 16:29:25.72 ID:P6LI3udS.net

しおりん「……」

あなた(スケッチブックを取り出した……ここでも喋らないつもりなんだ……)

果林(一体をして……?)


しおりん『用意している分、すべて買います』


エマ「えっ」

果林「なっ」

あなた「は!?」

しおりん「……」

あなた(な、何のためらいもなく10万円を……)

果林(嘘でしょ……)

エマ「え、えっと、えっと」

しおりん「……」



102: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 16:34:03.19 ID:P6LI3udS.net

あなた「も、申し訳ございません」

あなた「 ポスターには記載していませんでしたが、お一人様あたり購入限度枚数があるんです」

しおりん「……」


しおりん『買えるだけください』


あなた「えっと、じゃあ1種類あたり10枚までで……」


エマ「びっくりしたぁ」

果林「やっぱり普通じゃないわよあの子……」

エマ「CD全部ほしいなんて……」



104: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 16:40:32.33 ID:P6LI3udS.net

果林「お金のこともそうだけど、あの風貌で一言も喋らないのは異常だわ」

エマ「筆談、でもないもんね。紙芝居みたいに文字の書いてある紙を取り出して」

エマ「まるで最初から伝えることを決めてるみたい……」

果林「その文字も手書きじゃなくて印刷したものよ? どう考えてもおかしいわ」

果林「本当にせつ菜に会わせて大丈夫なのかしら……」

エマ「あの子を信じるしか……」


しおりん『この缶バッジと腕章は何個まで買えますか』

あなた「数が少ないので1つまでで……」



105: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 16:42:59.88 ID:P6LI3udS.net

エマ「お、お買い上げありがとうございました!」

果林「ありがとうございましたー……」

あなた「それでは握手列に案内しますね」


しおりん「……」


歩夢「こ、こんにちわ!」

歩夢(この人が、しおりんさん……)

歩夢「 握手券は何枚お持ちですか?」

しおりん「……」

歩夢「あ、はい。えっと……いち、に、さん、し……」



108: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 16:49:08.33 ID:P6LI3udS.net

歩夢(あの子の言ったとおりだ……こんなにもたくさん……)

歩夢「20……20枚なので100秒とチェキ1枚ですね。それではあちらへどうぞ」

あなた(100秒……)

しおりん「……」

あなた「ブースに入った瞬間から時間を計りますので、時間が来たら退席お願いします」

あなた「では中にお入りください」


しおりん「……」


あなた「……」

あなた「あの……?」



109: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 16:50:22.35 ID:P6LI3udS.net

しおりん「……」

あなた(震えてる……?)

あなた(それに息も荒いような……)

あなた「大丈夫、ですか?」

しおりん「っ……」

あなた「あはは、緊張しますよね」

あなた「その気持ちすごく分かります。私もしおりんさんの立場ならそうなると思うから……」

しおりん「……」

あなた「何年も前から、ずっと応援してくれてたんですよね」

あなた「私がせつ菜ちゃんと出会うずっと前から、せつ菜ちゃんのことを見ていてくれたんですよね」



110: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 16:55:51.43 ID:P6LI3udS.net

あなた「せつ菜ちゃん言ってましたよ」

あなた「今の私があるのはしおりんさんのおかげだって」

しおりん「!」

あなた「ファンレターを受け取ることは出来ても、返すことは一度だって出来なかったって」

しおりん「……」

あなた「伝えたいこと、たくさんあるんだと思います」

あなた「聞きたいことも、いっぱいあるんだと思います」

あなた「だから、ちゃんと話してあげてください」

あなた「一言だけでいいから、その声を聞かせてあげてください」

しおりん「……」

あなた「あはは、これじゃあどっちがアイドルなのか分かりませんね!」

あなた「とにかく! 今からの100秒間はとってもとってもとーっても幸せな時間なんです!」

あなた「だから、その……いっぱい楽しんでください!」

あなた「せつ菜ちゃーん! 記念すべき1人目が入るよ!」


 「は、はいっ! いつでも大丈夫です!」


あなた「さあ、どうぞ!」



112: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 17:02:41.23 ID:P6LI3udS.net

せつ菜「はは、初めまして! 優木せつ菜です!!」

せつ菜「きき、今日は握手会にお越し頂きありがとうございますっ!!!」

せつ菜(この人が……!)


しおりん「……」


せつ菜「あ、あのっ、時間も限られてますしっ! とりあえず握手っ、しましょうっ!!」


しおりん「…………」


せつ菜「え、えっと……」

あなた「し、しおりんさん、とりあえずもうちょっと近づいて……」

しおりん「っ……」

あなた(ぜ、全然動こうとしない……)



118: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 17:08:00.61 ID:P6LI3udS.net

せつ菜「きき、緊張してるんですか!? 奇遇ですね!! 私もすごく緊張しています!!」

せつ菜「と、とりあえず握手しましょう! ね!? 一発ヤッときましょう!!」

せつ菜「怖がらなくても大丈夫ですよ!? 痛くはしませんから!」

せつ菜「その、ちょっとだけ! ちょっとだけぎゅってするだけですから!!」

せつ菜「先っちょだけ! 先っちょだけです!! 先っちょだけですからお願いします!!?」

あなた「せつ菜ちゃん落ち着いて!?」

あなた(こ、この状況まずい……)

あなた(せつ菜ちゃんは半狂乱状態だし、しおりんさんも塩対応すぎて……)


しおりん「……」


あなた(え……? しおりんさんの手、震えてる……?)


しおりん「ぅ……ぁ……」


あなた(違う……これ、塩対応なんかじゃない……!)

あなた(語彙力を失ってるんだ!!)



119: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 17:15:35.68 ID:P6LI3udS.net

しおりん「はぁ……ぁ……!」

あなた(しおりんさんは頑張って声を出そうとしてる!)

あなた(何かを伝えようとしてる!)

あなた(あと少し、あと少しだけ時間があればしおりんさんは……!)

せつ菜「はっ!」

せつ菜(このいたたまれない空気を変えるにはこれしかありません!)

せつ菜(しおりんさんなら絶対に喜んでくれるはず!!)


せつ菜「あれ!? しおりんさん! 邪悪なものに取り憑かれていますよー!?」

しおりん「!!!」

あなた「ちょっ、せつ菜ちゃんそれはっ」


せつ菜「せつ菜☆スカーレットストーーーム!!」


しおりん「」


せつ菜「ふぅ……今日もまた世界を救ってしまいました!!」



123: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 17:20:02.02 ID:P6LI3udS.net

しおりん「」

あなた「……」

せつ菜「あ、あれ……?」

せつ菜「また私何かやっちゃいましたか……?」」

あなた「空気呼んでっ!!?」

せつ菜「ごめんなさい!!?」


 「ピピピピピピピピ!」


あなた「ま、まずいよせつ菜ちゃん! あと30秒しかない!!」

せつ菜「ふぇえええ!? ま、まだ何もしてません!!」

あなた「しおりんさん! 帰ってきて! しおりんさん!」

しおりん「」

せつ菜「わ、私はどうしたら……!」



124: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 17:26:21.68 ID:P6LI3udS.net

あなた「握手しよう!」

あなた「今なら好き放題できるしある意味チャンスだよ!」

あなた「せつ菜ちゃんに触られたショックで起きるかもしれないし!」

せつ菜「どういうことですかそれ!?」

あなた「とにかく握手だけでもしないと!」

あなた「3時間も並んだしおりんさんが浮かばれないよ!?」

せつ菜「っ……!」

せつ菜「しおりんさん!!」


しおりん「っ~~~!?」


せつ菜「今日は……今日は来てくださってありがとうございます!」

せつ菜「お会いできて本当に嬉しいです!」

せつ菜「手! 大きいですね!!」

あなた(もっと言うことあるよね!?)



125: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 17:30:59.98 ID:P6LI3udS.net

せつ菜「それにすべすべです……とても手触りが良くて、温かくて……」

せつ菜「ずっともにもにしてたくなります……」

しおりん「っ~~~!!」

せつ菜「す、すみませんっ。気持ち悪いですよね、べたべた触って……」

あなた(時間が……)

せつ菜「あ、あのっ、しおりんさん! 私、ずっとしおりんさんに言いたいことがっ!」


しおりん「っ……」


せつ菜「……え?」

あなた(手を振りほどいた……?)

せつ菜「あ、あの、まだ時間じゃ……」



126: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 17:36:08.72 ID:P6LI3udS.net

しおりん「……」


しおりん『今日はありがとうございました』

しおりん『握手会、参加できて良かったです』

しおりん『こうやってせつ菜ちゃんと会えるのは……最後だから』


せつ菜「え……?」

あなた「なっ」


しおりん『大好きです』

しおりん『これからもずっと、ずっとずっと応援しています』


せつ菜「し、しおりんさ–––」


  『さようなら』



「ピピピピピピピピピ!!」



129: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 17:42:01.36 ID:P6LI3udS.net

あなた「っ……」

あなた「……時間です。ありがとうございました」

あなた「こちらへ」

しおりん「……」


せつ菜「待ってください!!」


しおりん「!」

せつ菜「待って……」

せつ菜「私たち、まだ何も話せてないです……」

せつ菜「チェキだって撮ってないっ……」

あなた「せつ菜ちゃん……」

せつ菜「言いたいこと、たくさんあるんです……」

せつ菜「訊きたいことも……ぐずっ……いっぱい、いっぱい……!」

あなた「ッ……!」



132: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 17:45:15.30 ID:P6LI3udS.net

あなた「しおりんさん! そうです! チェキがまだです!」

あなた「チェキをするための時間は握手の時間には含まれていません!!」

あなた「チェキを撮っている間、せつ菜ちゃんと話をしてあげてください!」

しおりん「っ……」

あなた「しおりんさん!」


せつ菜「……」

あなた「……」

しおりん「……」


しおりん「ッ!!」


あなた「なっ」

あなた(なんで逃げるのーー!?)



134: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 17:49:28.76 ID:P6LI3udS.net

せつ菜「どうして……」

あなた「待っててせつ菜ちゃん! 絶対に捕まえてくるから!!」

せつ菜「で、でもっ」

あなた「チェキのこと忘れちゃうなんてうっかりさんだよね! ちゃんと教えてあげないと!」

せつ菜「っ……!」

せつ菜「お願いしますっ!!」

歩夢「な、何かあったの? しおりんさんすごい勢いで出ていったけど……」

あなた「歩夢ちゃん! 私の代わりにせつ菜ちゃんと握手会をお願い!」

歩夢「へっ?」

あなた「ちょっと行ってくる!」

歩夢「ま、待って! どこに行くの!? あなたの代わりなんてそんなっ」

あなた「お願い! 私には歩夢ちゃんしかいないの!」

歩夢「!!」

歩夢「は、はひ……」



136: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 17:55:04.06 ID:P6LI3udS.net

あなた「しおりんさんは……いた!」

あなた(この距離ならまだ間に合う……)

あなた(絶対に逃さない……!)


『こうやってせつ菜ちゃんと会えるのは……最後だから』


あなた(あの言葉が本当だとしたら……)

あなた(今逃せば……あの二人は、もう二度とっ……)


果林「ちょっと、一体どうしたのよ」

エマ「何かあった?」

あなた「果林さんも来て! しおりんさんを捕まえるの!」

果林「捕まえるって……」

エマ「しおりんさんせつ菜ちゃんに何かしたの?」

あなた「泣かせた!」



138: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 17:58:19.20 ID:P6LI3udS.net

果林「なっ……」

果林「ついにやったわねアイツ~……!!」

エマ「現行犯逮捕!!」

あなた「エマさんは愛トモさんと一緒に物販を続けて!」

エマ「えー!? 私も行きたいよー!!」

あなた「握手会の運営も大切だから!」

あなた「せつ菜ちゃんと会えるのを楽しみにしてるファンの人がいっぱいいるの!」

あなた「だからお願い!」

エマ「わ、分かったよ……」

エマ「果林ちゃん! 私の分もせつ菜ちゃんの仇を取ってね!」

果林「任せなさい!」



140: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 18:05:57.03 ID:P6LI3udS.net

彼方(なんだか向こうが騒がしいなぁ……)

彼方(何かトラブル……?)

あなた「彼方さーん!!」

彼方「?」

果林「そいつ捕まえてっ!!」

彼方「そいつって……」


しおりん「ッ……」


彼方「ほお……なるほどなるほど……」

彼方「任されたよ~、って言いたいところだけど」

彼方「彼方ちゃん、そういうキャラじゃないから~……」


あなた「ですよねー!?」

果林「あ、愛は!? 愛はどこ!?」



142: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 18:10:47.03 ID:P6LI3udS.net

彼方「愛ちゃんならファンの人と向こうでチェキ会してるよ~」


愛「さあみんないっくよー!!」

愛「愛してるよ~~?」


「「「「「「「「愛だけにーーー!!」」」」」」」


あなた「えぇぇ……」

果林「あのおばか~……!!」

あなた「一番頼りになりそうな人が……」

果林「しょうがないわ、私たちだけで追うわよ!」

あなた「そうだね! 彼方さん、愛さんに声かけといてくれる!?」

彼方「何かあったの~?」

あなた「緊急事態! しおりんさんを捕まえる!」

彼方「あらら、なんかやらかしちゃった感じだね~」

彼方「分かったよ。二人を追いかけるように言っとくね」

あなた「お願い!」



144: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 18:18:25.93 ID:P6LI3udS.net

あなた「人混みのせいでしおりんさんも上手く進めてないっ……!」

果林「今がチャンスよ! このまま一気に距離を詰めてっ……!」


「きゃー! 果林さん!」

「めちゃくちゃ身長高い!」

「あ、あのあの! 握手してください!」


果林「っ……!?」

あなた「た、対応してあげてっ!」

果林「で、でもっ」

あなた「しおりんさんもだけどイベントも大切だから!」



145: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 18:19:30.42 ID:P6LI3udS.net

 
 
「あ、あの……やっぱり忙しいですよね……?」

「当たり前でしょ! そもそも今日はせつ菜ちゃんの握手会だって!」

「ご、ごめんなさい! もう行くんでっ……」


果林「っ……だ、大丈夫よ。いつも応援してくれてありがとうね」

果林「握手でいい?」


「きゃあああああ!!」

「あ、あのあの! 私せつ菜ちゃんもだけど果林さんも大好きで……!」


あなた(ま、まずいっ、このままだと会場の外に出られるっ)

あなた(大声を出してファンの人に呼びかける……?)

あなた(でもそんなことしたらしおりんさんは不審者扱いで……)


しおりん「ッ!」


あなた「しまっ」



148: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 18:24:33.48 ID:P6LI3udS.net

かすみ「せ、先輩何事ですか!?」

しずく「すごい勢いでしおりんさんが走っていきましたけど……」

あなた「ご、ごめん説明してる暇ない!」

あなた「とにかく今はしおりんさんを捕まえないといけないの!」

かすみ「えええ!?」

しずく「つ、捕まえるって……」

あなた(この距離は本当にまずい!)

あなた(このままじゃ見失っ……)


かすみ「りな子ーーーーー!!」

あなた「!」

しずく「しおりんさんですっ!! 足止めしてください!!」

あなた(二人ともすごい声量……って、璃奈ちゃん……!?)


璃奈「任された」



149: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 18:29:38.38 ID:P6LI3udS.net

璃奈「りなちゃんガード!」


しおりん「!?」


璃奈「じりじり……」

しおりん「っ……!!」


あなた「な、ナイス璃奈ちゃん!!」

かすみ「よく分かりませんけど捕まえればいいんですよねっ!?」

あなた「そう! だけど二人は持ち場に戻って! これは私の仕事だから!」

しずく「分かりました。かすみさん、戻りましょう」

かすみ「うええ!? なな、何言ってるのしず子!? 先輩を助けないと!」

しずく「助けるために持ち場に戻るの。この状況、私たちの足の速さで役に立てるとは思えないし」

かすみ「で、でも~~!!」

しずく「それに、頼りになる人も来てるから」



150: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 18:33:21.00 ID:P6LI3udS.net

果林「待たせたわね!」

あなた「果林さん!」

果林「状況は……って璃奈ちゃん!?」

あなた「足止めしてくれてます! このまま捕まえましょう!」

果林「とっちめてやるんだから!」


璃奈「じりじり……」

しおりん「っ……!」


果林「まちなさーい!!」

あなた「しおりんさん!」


しおりん「ッ……!」



151: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 18:39:31.83 ID:P6LI3udS.net

しおりん「ごめんなさいっ!」

璃奈「!」

璃奈「きゃっ」


あなた「あ! 璃奈ちゃん!」

果林「あんなか弱い子を押しのけるなんて……!」


あなた「だ、大丈夫璃奈ちゃん!?」

璃奈「うん、大丈夫。優しかった」

璃奈「それより、あの人……」

あなた「うん、分かってる! 絶対に捕まえるから!」

璃奈「そうじゃなくて……」

あなた「本当にありがとうね!」

果林「あとは私たちに任せて!」


璃奈「……」



153: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 18:44:06.21 ID:P6LI3udS.net

あなた「ここまでくればっ……!」

果林「あとは捕まえるだけっ……!」


しおりん「ッ……!!」


あなた「んなっ!?」

果林「な、なにあの子!? めちゃくちゃ速いんだけど!?」

あなた「追いつけますか果林さん!?」

果林「追いついてみせるわっ!」


果林「ま、ち、な、さーーーい!!」

しおりん「!」

果林「せつ菜を泣かせたそうね!? タダじゃおかないわよ!!」

しおりん「ッ……!」



154: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 18:50:19.05 ID:P6LI3udS.net

果林「あなた一体なにをしたの!? 言いなさい!」

果林「せつ菜は強い子よ!」

果林「 そう簡単に涙なんて見せないわ!!」

しおりん「っ……!」

果林「どんな変態行為をしたのか言いなさいって言ってるのーー!!」

あなた「まま、待って果林さん! しおりんさんはそんなことしてないから!」

果林「はい!?」

あなた「むしろ何もしてないの!!」

あなた「何もしてないからダメなのーー!!」

果林「ど、どういうこと……?」

あなた「は、走って果林さんっ……気抜いちゃ、ダメっ」


しおりん「ッ……!」

果林(やばっ……!?)



155: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 18:56:47.38 ID:P6LI3udS.net

果林(ど、どんどん離されるっ……)

あなた(このままじゃ見失う……!)

果林(あの速さに加えて持久力もあるってどういうことよ……!?)


しおりん「はぁ……ぁ……!」


あなた「も、もうっ……むりっ……走れない……」


果林(あの子はもう限界……私が諦めるわけにはっ……!)


しおりん「あっ……!」


あなた「!」

果林(な、なに!? なにを落としたの!?)

果林「って缶バッジ……!?」



156: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 19:00:38.75 ID:P6LI3udS.net

あなた「果林さん避けて!」

果林「あっ……」

果林「っぶないわね!!」

あなた(す、すごい体幹……あのスピードと体勢で転けないなんて……!)

果林「なによこれ!? 危うく踏むところで……」

果林「って!?」


しおりん「はっ……はぁ……」


あなた(い、今ので完全に離されて……)

果林「ま、待ちなさい!!」

果林「これっ、大切なものなんじゃないの!?」


しおりん「!」



158: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 19:11:50.56 ID:P6LI3udS.net

果林「せつ菜のサイン付き缶バッジ!」

果林「置いてっていいの!?」


しおりん「っ……!」


あなた(か、果林さんナイス……!)

果林(私の足も限界だわ……もう追いつけない……)

果林(交渉するしか……)


しおりん「ッ!!」


果林「ちょっ!?」

あなた「そ、そんなっ……」

あなた「せつ菜ちゃんのグッズを置いてまで逃げるなんて……」



159: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 19:13:02.33 ID:P6LI3udS.net

あなた「どうして……」

果林「はぁ……終わりね……」


「終わってなーい!!」


あなた「!」

果林「!」


愛「やっと見つけたーーー!!」


あなた「あ、愛さんっ……!」

果林「もう、遅いのよっ……!」



163: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 19:18:05.04 ID:P6LI3udS.net

愛「お待たせ!」

愛「しおりん捕まえればいいんだよね!?」

あなた「うん! 愛さん、お願いっ……!」

果林「頼んだわよ、愛っ……!」

愛「任された!!」


愛「しおりんっ……」

愛「覚悟ーーーー!!」


しおりん「!?」


果林「はっや!?」

あなた「愛さんの全力!!」



164: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 19:24:29.15 ID:P6LI3udS.net

しおりん「くっ……!」

愛「うおおおおーー!!」


果林「いけるわ!」

あなた「愛さん頑張ってえええーー!!」


しおりん「はぁっ……ぁ……!!」

愛(速いっ……! カリンが追いつけないわけだ……!)

愛(でも相当疲れてる……!)


あなた「あと少し……」


愛(ここまで詰めればっ……!)



169: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 19:29:53.48 ID:P6LI3udS.net

愛「女の”命”が……”命”取りっっっ!!」


しおりん「!!?」


果林(上手い! あの長い髪を引っ張って……!!)

あなた「って……!?」


愛「と、取れちゃったっ!?」


あなた「ええええ!?」

果林「うっそ!?」


愛「これ……かつら……?」

愛「って、その顔……」

愛「あーーーーー!!?」



171: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 19:31:54.92 ID:P6LI3udS.net

あなた「な、なにっ!?」

果林「どうしたの愛!?」


愛「み、三船栞子っっ!!?」


果林「は?」

あなた「えっ?」


栞子「っ……」


「「「「ええええええええ!!?」」」

  



208: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 22:44:38.87 ID:P6LI3udS.net

  
------------------------------------------------
 
果林「さーて、場所も変えたことだし? ここならゆっくり話ができそうねー……?」

愛「もう逃げられないよ~……!」

栞子「……」

あなた「ふ、二人とも! 怖がらせるようなことしないで!」

果林「どう考えても怖がるなんてタマじゃないでしょ!」

愛「見てよこの反抗的な目! あれだけめちゃくちゃしといて反省の色なしだよ!」

栞子「……めちゃくちゃ? 私は握手会のルールに則り退場したまでです」

栞子「私を追いかけ騒ぎを大きくしたのはあなた方では?」

愛「むむむ~~!!」

果林「相変わらずの物言いね……!」

あなた「ふ、二人とも落ち着いて! 」



210: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 22:48:24.78 ID:P6LI3udS.net

果林「そんな態度してたらせつ菜缶バッジ返さないわよ!」

愛「裏に愛さんのサイン書いてせつあいバッジにしちゃおうかな~~?」

栞子「ぐっ……!」

あなた「愛さん!! 果林さん!!」

愛「むー……」

果林「わかったわよ……」

あなた「ごめんね? ほら、同好会のこととかで色々あるから……」

あなた「これ、返すね」

栞子「……そ、そんなものいりません」

あなた「えっ」

栞子「金銭を取るに値するのか生徒会として調査するために買っただけです」

栞子「煮るなり焼くなり好きにすればいいでしょう」



212: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 22:53:04.24 ID:P6LI3udS.net

あなた「そんな……」

果林「ふーん、ずいぶんな物言いね? ”しおりん”さん」

愛「無理しなくていいと思うよー? ”しおりん”」

栞子「……誰ですかそれは。そんな変な名前の人は知りません」

あなた「流石にそれは……」

栞子「私は生徒会長として学内で開催されるイベントの監査に来ていただけです」

栞子「それ以上もそれ以下の理由もありません」

愛「だからって3時間も前に並ぶ必要はあるのかなー?」

栞子「準備を含めた運営体勢の視察、および順番待ちをしているファンへの対応を確かめるためです」

果林「10万も用意してCDを全部買い占めようとするなんて、ずいぶん熱心なようだけど?」

栞子「開催要項の物販の項目に購入限度枚数についての記載がありませんでした」

栞子「あのようなことが起きた場合、どう対応するのかの確認をしたまでです」



215: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 22:56:35.38 ID:P6LI3udS.net

果林「あ、相変わらず口が立つわね……」

愛「あくまで自分をしおりんって認めないつもり?」

栞子「認めないも何も私はそのような変な名前の人物ではありません」

あなた「どうしてそこまで否定するの……?」

あなた「確かに三船さんは生徒会長で、スクールアイドル同好会を廃部にしようとしてる……」

あなた「でも、だからってせつ菜ちゃんのことが大好きな気持ちを隠す必要はないよ!!」

栞子「っ……」

あなた「せつ菜ちゃんのことが大好きだから、握手会の開催にも協力してくれたんだよね?」

果林「協力……?」



216: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 23:00:38.05 ID:P6LI3udS.net

あなた「この握手会の内容と運営体勢を考えたのは三船さんなの」

愛「ええええ!?」

果林「初耳なんだけど……」

栞子「勝手なことを言わないでください。私はあなたが持って来た企画書の不備を指摘しただけです」

あなた「でも三船さんのアドバイスのおかげで運営体勢も見直すことが出来たし握手会も無事開催できた」

あなた「そうだよね?」

栞子「……それはあなたの勝手な解釈です」

あなた「私が考えた握手会だと、せつ菜ちゃんが危険な目に会うかもしれなかった」

あなた「だからあの時、あんなにも怒ったんだよね?」

栞子「生徒会長として意見を出したまでです。個人的な感情は一切ありません」



217: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 23:05:40.72 ID:P6LI3udS.net

あなた「三船さん! いや、しおりんさん!」

あなた「大好きを隠さないで! せつ菜ちゃんの気持ちを受け止めてあげて!」

あなた「せつ菜ちゃんがどれだけしおりんさんのことを想っているのか……考えたことはある!?」

あなた「しおりんさんがせつ菜ちゃんのことを大切に思ってるのと同じくらい、せつ菜ちゃんもしおりんさんのことを大切に思ってるんだよ!?」

栞子「っ……」

あなた「どうして握手会の時何も言わなかったの!? せつ菜ちゃんから逃げたの!?」

あなた「正体がバレるから!?」

あなた「そんな理由でせつ菜ちゃんを悲しませたなんて許せない!」

あなた「泣かせたなんて絶対に許せないよ!」

栞子「……私は三船栞子です。しおりんなどという人物ではありません」

愛「まだそれ言う!?」



220: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 23:18:25.92 ID:P6LI3udS.net

栞子「私が自分の姿を偽ったのは秘密裏に同好会のイベント内容を探るためです」

栞子「中川さんと言葉を交わさなかったのは声で正体が露呈するのを防ぐため」

栞子「出待ちやCDの買い占めは先ほど説明したとおりです」

栞子「あなたたちは何を根拠に私をしおりんなる人物だと決めつけているのですか?」

栞子「私は同好会を廃部にしようとしているんですよ?」

栞子「彼女から生徒会長の座も奪いました」

栞子「もし仮に私がしおりんなる人物だとして、心のそこから優木せつ菜さんを愛しているとして」

栞子「どうして愛する人の邪魔になるようなことをするんですか?」

栞子「何故彼女の大好きな同好会を潰そうとするのですか? 矛盾していますよね?」

果林「そ、それは……」

栞子「私がしおりんではないと言える根拠と、あなた方が私をしおりんだと言う根拠」

栞子「どちらの方が客観的、論理的に見て確証が高いか。明白だと思いますが?」

愛「ほんっと口喧嘩強いなー!?」

果林「ディベート選手権全国1位は伊達じゃないわね……」



222: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 23:20:38.51 ID:P6LI3udS.net

愛「もうさ、せっつー連れて来ようよー。ちゅーとかさせればボロ出すってー」

栞子「!?」

果林「ほら! 今もあからさまに動揺したわ! いい加減認めなさい!」

栞子「認めません! そんな方法で根拠も証拠もないまま弾劾しようとするなんて極めて野蛮です!」

果林「その動揺の仕方が何よりの証拠でしょ!」

栞子「こ、これ以上は時間の無駄ですね。私は帰らせてもらいます」

愛「あー! せっつー呼ばれそうになって逃げようとしてるー!」

栞子「してません!! これ以上あなた方の妄想に付き合う暇はないと言ってるんです!!」



223: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 23:22:24.06 ID:P6LI3udS.net

果林「どうするの? せっかく追い詰めたのにこのままじゃ……」

あなた「……やっぱりせつ菜ちゃんを呼ぼう」

栞子「!」

愛「ちゅーさせる?」

あなた「ううん、そういうのはなし」

あなた「根拠と証拠、あればいいんだよね」

栞子「……」

あなた「決着をつけよう、三船さん」



226: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 23:26:30.23 ID:P6LI3udS.net

 
------------------------------------------------
 
あなた「せつ菜ちゃんお疲れ様」

愛「おっつーせっつー」

果林「お疲れ様、せつ菜」

せつ菜「お疲れ様です。みなさん部室にいたんですね」

あなた「ごめんね、握手会終わったばかりなのに呼び出して」

せつ菜「いえ……それよりこの状況は……?」


栞子「……」


せつ菜「どうして三船さんがここに……?」

せつ菜「あの、しおりんさんは……?」

あなた「全部、これから話すね」



227: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 23:30:21.35 ID:P6LI3udS.net

あなた「論理と証拠、だったよね三船さん」

栞子「話をする前に一つだけ約束してください」

栞子「先ほど宮下さんが言ったような真似はしないと」

栞子「彼女が私に指一本でも触れようとした瞬間話はそこで終わりです」

栞子「いいですね?」

あなた「うん、分かった。約束するよ」

栞子「……ではお聞きしましょう。あなたの言う論理を」

栞子「お見せください。その証拠を」



228: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 23:33:21.74 ID:P6LI3udS.net

あなた「三船さん、さっき言ったよね」

あなた「自分がしおりんさんだとしたら、同好会を潰そうとするのはおかしいって」

せつ菜「えええええーーーっ!!!?」

せつ菜「みみ、三船さんがしおりっ」

愛「せっつーお口チャック!」

果林「気持ちは分かるけど今は空気読みなさい!」

せつ菜「んーーー!!?」


栞子「……何度でも言います。私はそのような変な名前の人物ではありません」

栞子「中川さんから生徒会長の立場を奪ったこと、同好会を廃部にしようとしていること」

栞子「この二つがそれを証明しています」

栞子「しおりんと呼ばれる人物の言動と私の行動は乖離している。矛盾している」

あなた「ううん、矛盾なんてしてないよ」

あなた「三船さんが生徒会長になったのも、同好会を潰そうとしているのも」

あなた「全部せつ菜ちゃんのためなんだもん」

せつ菜「!」

栞子「な、なにを……」



229: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 23:36:42.76 ID:P6LI3udS.net

あなた「三船さんが生徒会長になったのは、せつ菜ちゃんにスクールアイドル活動に専念してもらうためだよね?」

あなた「負担の大きいスクールアイドルと生徒会長の二重生活をやめさせて、長年の悩みだった両親との問題と向き合ってもらうために生徒会長に立候補したの」

あなた「違う?」

栞子「こじつけもいいところですね……」

栞子「私は自分のため、自分の理想とする学園を実現するために生徒会長に立候補したのです」

あなた「現にせつ菜ちゃんは両親との確執もなくなってスクールアイドルに専念できてる」

あなた「こんな都合の良い話があるかな」

栞子「……仮にスクールアイドルに専念してほしいという意図があったとしても、それは生徒会長として、この学園の一生徒に対する配慮です」

せつ菜「!」

あなた「せつ菜ちゃんのことを考えてくれたのは事実だよね」

栞子「私は生徒会長としてこの学園のすべての生徒のことを考えています」

あなた「特別な感情はないってこと?」

栞子「当然です」



231: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 23:40:15.38 ID:P6LI3udS.net

あなた「それは嘘だよ」

あなた「同好会を潰そうとしているのは……せつ菜ちゃんを守るためなんだから」

栞子「!」

せつ菜「私を……?」

あなた「三船さん……ううん、しおりんさんは今までずっとせつ菜ちゃんのことを応援し続けている」

あなた「それこそソロ時代の活動も5人だった頃の同好会のことも全部知ってるはず」

あなた「私が来る前の同好会はせつ菜ちゃんが中心だった」

あなた「せつ菜ちゃんには思い描く理想のアイドル像があって、そこに向かうためにリーダーとしてみんなを引っ張っていて……」

あなた「でもみんなのやりたいことはバラバラで……」

あなた「せつ菜ちゃんはみんなに遠慮して、自分の理想や大好きを押し殺すようになった」

せつ菜「……」



234: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 23:50:31.63 ID:P6LI3udS.net

あなた「三船さんはその時のせつ菜ちゃんを一番近くで見ていた」

あなた「きっと絶望したんだと思う」

あなた「これからもっと色々な活動が見られる」

あなた「グループの中で切磋琢磨し、どんどん力を付けて有名になっていくせつ菜さんを追いかけられる……そう思っていたのに」

あなた「その期待も夢も全部、同好会に裏切られたんだから」

栞子 「っ……」

あなた「同好会にはスクールアイドル以外の才能を持っている子たちがたくさんいる」

あなた「そこにいる果林さんにはモデルとしての才能があるし、」

あなた「愛さんには出来ないことや向いてないことが思いつかないくらい、たくさんの才能がある」

あなた「スクールアイドル以外にも長所や大好きを持っている子たちが、スクールアイドルにすべてを捧げているせつ菜ちゃんと一緒にいるのが嫌なんだよね……?」

あなた「せつ菜ちゃんにはスクールアイドルしかないのに、他の子たちには別の何かがある」

あなた「他の何かのためにスクールアイドルをやっている子だっている」

あなた「そんな子たちはいつスクールアイドルをやめてもおかしくない……」

あなた「いつせつ菜ちゃんの元から離れていくかも分からない……」



235: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 23:52:51.90 ID:P6LI3udS.net

あなた「だから、何もかもが順調にいって、同好会がせつ菜ちゃんにとってかけがえのない場所になる前に潰す」

あなた「そうすれば昔みたいにみんながバラバラになった時、せつ菜ちゃんは悲しい思いをせずに済む……」

あなた「早い段階からソロとしての活動に専念できる……」

あなた「同好会のみんなもあるべき道に進める……自分自身も裏切られずに済む……そうだよね?」

栞子「っ……!!」

せつ菜「三船、さん……」

栞子「ち、違うっ!! そんなの全部っ、あなたの勝手な妄想じゃないですか!?」

栞子「私はスクールアイドル部が気に入らない!!」

栞子「将来何の役にも立たない活動にっ、類い稀な才能を持っている人たちがその貴重な時間を無駄に消費していくことを見るのが耐えられない!!」

栞子「それがすべてです!!」

栞子「勝手な妄想を押し付けて私に幻想を抱くのはやめてください!!」

果林「しおりん、あなたそんなことを考えていたのね……」

愛「ぐずっ……なんで言ってくれなかったんだよぉ……しおりん……!」

栞子「しおりんじゃないですっっっ!!!」



238: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 23:59:24.06 ID:P6LI3udS.net

栞子「証拠はあるんですか!?」

栞子「あなたの言ったそのすべてが!! 真実と裏付ける証拠はっ!?」

あなた「せつ菜ちゃん、これ読んでもらえるかな?」

せつ菜「優木せつ菜握手会……企画書……?」

あなた「そう、今日の握手会の企画書だよ。生徒会や学校の許可をもらうために作ったの」

せつ菜「生徒会も……」

あなた「今せつ菜ちゃんが持ってるのはそれの初稿。いわゆるプロトタイプってヤツだね」

せつ菜「すごくたくさん書き込まれてます……」

せつ菜「細かい疑問点や改善案に、フォントの指定や文章の校正まで……」

あなた「その字、どこかで見覚えがない?」

せつ菜「……」


せつ菜「こ、これっ、しおりんさんの文字です……!」

栞子「!」



239: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 00:03:13.95 ID:h6vfhBuq.net

せつ菜「間違いないです!!」

せつ菜「この角ばった感じに文字の大きさ。払い方や止め方……」

せつ菜「なによりこれです! ひらがなの『き』!」

せつ菜「しおりんさんはひらがなの『き』の線を繋げて書く癖があるんです!」

せつ菜「これ、見てください! しおりんさんのファンレター!」

愛「わ、ほんとだ! 繋がってる!」

果林「見比べればよく分かるわね……他の字もそっくり……」

あなた「文字は声や指紋と同じくらいその個人を特定できる、って言うよね」

栞子「っ……!」

せつ菜「これを書いたのって……」

あなた「三船さんだよ」



244: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 00:07:16.66 ID:h6vfhBuq.net

あなた「その企画書の添削をしてくれたのは……そこにいる三船栞子さん」


栞子「……」


せつ菜「っ……!!」

せつ菜「しおりんさんっっっ!!!!」

栞子「ひアっっ!?」

せつ菜「三船さんがっ……ひぐっ、しおりんさんだったんですね……!」

せつ菜「私のためにっ、いろんなことっ……」

せつ菜「今までずっとっ……全部っ、全部っ……!!」


栞子「」


愛「おー、いいハグだね~」

果林「最初からああすれば良かったのよ」

あなた「あはは……」



248: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 00:11:03.43 ID:h6vfhBuq.net

せつ菜「あの! あの! しおりんさん!!」

栞子(近い近い近い近い近い近い!!!?)

せつ菜「え……? 三船さん……?」

せつ菜「どど、どっちでお呼びすればいいでしょうかっっ!!!?」

栞子「声が大きいです近すぎます胸が当たってます離れてください!!?」

せつ菜「いやですっっ!!!」

栞子「!?」

せつ菜「私っ、しおりんさんに伝えたいことがたくさんあるんですっっ!!」

せつ菜「訊きたいこともっ、いっぱい、いっぱい……!!」

栞子「すべて聞きます答えますっ!! だから離れてくださいっ!!?」

せつ菜「で、でもそうしたら三船さんまた逃げて……」

せつ菜「え……? 三船さん……? しおりんさん……?」

せつ菜「あのっ!! どど、どっちでお呼びすればっっ!!?」

栞子「っっ~~~~!!?」



256: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 00:14:57.36 ID:h6vfhBuq.net

あなた「さて、そろそろ私たちは戻ろっか」

果林「えー、もうちょっと見ていきましょうよ」

愛「これ以上は無粋だって。それに後片付け手伝わないと」

果林「あんなしおりんの顔見れるの今だけよ?」

あなた「これからきっとたくさん見れるよ」

あんた「もう大好きを隠さなくていいんだから」



せつ菜「私的にはしおりんさんの方が可愛いと思うんですけど三船さんは三船さんだし……」

栞子「どっちでもいいです!! 好きに呼んで構いませんから離れっ」

せつ菜「じゃあ栞子ちゃんって呼んでいいですか!!」

栞子「まったく良くないです過呼吸になります息が出来なくなります死んでしまいます本当にやめてください!!」

せつ菜「栞子ちゃん、いつもファンレターありがとうございます!!」

せつ菜「私、栞子ちゃんのファンレターにいつも励まされてて……!!」



262: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 00:20:44.86 ID:h6vfhBuq.net

せつ菜「私のことやライブのこと……」

せつ菜「歌やダンスのこと……日常生活の些細なことまで……」

せつ菜「そんなことがたくさん書かれた、大好きに溢れた栞子ちゃんのファンレターが私は大好きなんです!!」

栞子「っ……!!」

せつ菜「辛い時や落ち込んだ時はいつも、あのファンレターを読み返すんです……」

せつ菜「そうすると胸の中が温かくなって、とっても嬉しい気持ちになって……」

せつ菜「この人のために頑張ろうって、良いライブをしようって!勇気と元気を貰えるんです!」

せつ菜「初ライブのこと、覚えてますか……?」

せつ菜「歌もダンスもボロボロで、MCは噛み噛みで……」

栞子「3曲目のBメロで音源が止まった、あのライブのことですか……?」

せつ菜「っ~~~!!」

栞子「忘れるわけ、ないじゃないですか……」

栞子「私の人生は……あの日から------」



265: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 00:26:17.79 ID:h6vfhBuq.net

  
------------------------------------------------
 
あなた「ということで、握手会の成功を祝って……」


「「「「「「かんぱーーーーーい!!!」」」」」


愛「いやー、終わった終わったー」

果林「ほんっとうに疲れた……明日絶対に筋肉痛だわ……」

かすみ「結局あのあとしおりんさんはどうなったんですか?」

しずく「そもそもどうして追いかけて……?」

あなた「あー、しおりんさんチェキ忘れてて」

歩夢「そんなことであんなにも騒いでたの……?」

かすみ「いやいや歩夢先輩! チェキはとーっても大切ですよ!」

かすみ「先輩があんなにも必死になってた理由もわかります!」

しずく「でもそれならしおりんさんはどうして逃げたんでしょうか?」

エマ「あの時、せつ菜ちゃんを泣かせたって言ってたよね……?」



267: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 00:28:51.80 ID:h6vfhBuq.net

果林「せつ菜は嬉しすぎて泣いたのよ。しおりんさんに会えたーって」

愛「んでしおりんももらい泣きしちゃってさー」

愛「こんなぐちゃぐちゃの顔じゃチェキなんていやーって言って逃げちゃった」

彼方「なんだか気の抜ける話だね。あんなにも一生懸命だったから何事かと思ったよ」

璃奈「……」

歩夢 「それならそう言ってほしかったな……すごく心配したんだよ?」

あなた「ごめんね? でも握手会が何事もなく終わったのは歩夢ちゃんのおかげだよ」

あなた「ありがとうね」

歩夢「っ……」

かすみ「あー! かすみんたちだって頑張ったのにー!」

あなた「もちろんわかってるよー、よしよし」

しずく「あの、せつ菜さんが居ませんが……一体どこに……?」



270: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 00:36:25.67 ID:h6vfhBuq.net

果林「連絡は入れてるから、もうちょっとしたら来ると思うわ」

かすみ「主役がいないとは何事ですか! けしからんですねっ」

愛「まあまあ。せっつーにも色々あるんだって」

エマ「しおりんさんのこと?」

璃奈「……話すこと、たくさんあるんだと思う」

あなた「うん。だからもうちょっとだけ待ってあげようね」

かすみ「ふん! せつ菜さんの分のからあげ食べちゃいます!」

果林「なら私はケーキを頂こうかしら。たくさん動いたしねー」

愛「ふふ、愛さんももらっちゃおーかなー」

しずく「私も頂いちゃいます」

歩夢「みんな取りすぎだよ~! ちょっとは残してあげないとっ」

彼方「彼方ちゃんは寝ます……」

あなた「彼方さん起きて! 打ち上げはまだまだこれからだよ!」

かすみ「そうですよ! せつ菜先輩の分も打ち上がって------」



271: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 00:38:09.06 ID:h6vfhBuq.net

 
------------------------------------------------
 
あなた「失礼します」

あなた「握手会の報告書、提出しに来ました 」

栞子「……」

栞子「……あとで拝見します。そこに置いておいてください」

あなた「はーい」

栞子「……」

あなた「……」

栞子「……なんですか。用がないなら出て行ってください」

あなた「あの話、考えてくれた?」

栞子「……何度も言っているはずです。お断りしますと」

あなた「そこをなんとか!」

栞子「私は生徒会の活動で忙しいんです。そんな暇はありません」



273: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 00:42:14.37 ID:h6vfhBuq.net

あなた「栞子ちゃんが入部してくれたら百人力なのに……」

栞子「天地が逆になってもありえません。あと下の名前で呼ばないでください」

あなた「しおりんさん」

栞子「……」

あなた「ご、ごめんなさい」

栞子「何を勘違いしているのかは知りませんが……私は同好会を認めるつもりはありません」

あなた「せつ菜ちゃんのお願いでも?」

栞子「っ……認めません」

あなた「強いなぁ……」

栞子「今後も問題があれば同好会は即刻廃部にします」

あなた「私たちのこと……信用出来ない?」

栞子「出来ません」

栞子「 あんな向こう見ずで何も考えていないイベントを実行しようとする人は特に」

あなた「うっ」



275: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 00:45:44.83 ID:h6vfhBuq.net

栞子「……あなたは確かに才能があります。音楽的センスに行動力や決断力、人を惹きつける力もある」

栞子「ただ、抜けている部分もあるし詰めの甘さも目立つ……」

あなた「そんなのにせつ菜ちゃんは任せられない?」

栞子「……せつ菜さんだけの話ではありません」

栞子「 あなたが崩れればあの9人は全員崩れる……あまりに不安定すぎる……」

あなた「だから」

栞子「私にあなたを支えろ、と? ふざけないでください」

あなた「違う。私じゃなくて私たちだよ。ふざけてもいない」

栞子「……」

あなた「……」



277: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 00:50:35.76 ID:h6vfhBuq.net

あなた「はぁ……分かった、それでいいよ」

あなた「私たちと栞子ちゃんは今の関係性が一番いい、そう言いたいんだよね」

あなた「今はまだ」

栞子「……これからもこのままです」

あなた「ふふ……」

栞子「……」

あなた「話は変わるんだけど、再来週のライブのために早速講堂の使用許可が欲しいのですが……」

栞子「講堂は部活動での利用は原則として禁止です」

あなた「原則ってことは例外もあるんだよね?」

栞子「企画書を持って来てください。話はそれからです」

あなた「あ、あれをまた作るのは流石に……」

栞子「今すぐお引き取りください。使用許可も出しません」

あなた「これでなんとかなりませんか……?」


(しおせつツーショットチェキ)


栞子「ッ……!!」

栞子「同好会は廃部です!!」



おわり
 



291: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 00:58:38.31 ID:h6vfhBuq.net

ありがとうございました
虹の子たちは書いてて楽しかったです
しおせつが流行ることを心から祈ってます


元スレ
栞子「しおりん? そんな変な名前の人は知りません」