4: 名無しで叶える物語 2020/01/30(木) 17:20:59.62 ID:FKskjvT+.net

2スレ目>>953の続き

歩夢「お風呂とご飯どっち先にする?」

あなた「あー……(そこそこ汗かいてるし)お風呂にしようかな」

歩夢「うふふ、分かった。温めててくるね」

トテトテ

あぐり「よいしょ……」ヌギ

あなた「え、あぐりも入る気?」

あぐり「?」

あなた「いや、いいんだけどさ」

あなた(遅く帰ってくる時に限って一緒に入りたがるんだよなぁ……)



13: 書くの遅いから落ちちゃったらゴメンね 2020/01/30(木) 17:27:18.19 ID:FKskjvT+.net

歩夢「お待たせ、じゃあ入ろっか」(全裸)

あなた(当然の如くって感じだ……)

……


ジャアァァァァァァ

あなた「ふぅ……やっぱ家のシャワーが一番落ち着く……」

歩夢「会社のってなんだかあまり汚せなさそうで落ち着けなさそうだもんね」

あなた「あ……うんうん!弁償とかさすがにね……」



15: このss内に登場する人物は実在する人物、団体、思想に一切関係がございません(もんじゃ) 2020/01/30(Thu) 17:36:47 ID:FKskjvT+.net

ゴシゴシゴシゴシ

あなた「いたた、あぐり強く擦りすぎだよ」

あぐり「ご、ごめん……ちゃんと身体洗ってあげないとって思って……」ショボン

あなた「いや!怒ってるわけじゃないよ!むしろあぐりも力強くなって成長してきたなぁって!」

歩夢「ほんとあぐりちゃんには甘いんだから……そんなに甘やかしてると将来あぐりちゃんがお嫁さんに行く時どうなっちゃうんだろ」

あなた「あのさぁ!その辛い現実今から見させないでよ!」

あぐり「お母さん何言ってるの?私はママと結婚するんだから将来のお嫁さんに優しくされて何か問題あるの?」

あなた(こんなこと言ってもやっぱもうちょっと成長したら反抗期に入るんだろうなぁ……)シミジミ



26: 名無しで叶える物語 2020/01/30(木) 17:52:27.82 ID:FKskjvT+.net

歩夢「うふふ、かわいいね。でもあぐりちゃんがいくらママのこと大好きでもお嫁さんにはなれないよ?」

あぐり「なんで!親子だから!?そんなの関係ないよ!」

歩夢「私も愛があれば姉妹でも親子でも結婚していいと思うけどね」

あなた(えぇ……)

歩夢「お嫁さんは一人しかなれないんだからもうママはこれ以上お嫁さん増やせないの。ね?」

あなた「え、と……」

チラ

あぐり「ママ……」

チラ

歩夢「……」



35: 名無しで叶える物語 2020/01/30(木) 18:20:51.91 ID:FKskjvT+.net

あなた「た、たしかに私には歩夢……お母さんがお嫁さんにいるからこれ以上お嫁さんは増やせないけど……」

あぐり「……」

あなた「で、でもね!もしあぐりが大きくなって凄く魅力的な女の子になったらママもどうなるかわからないなー」

あぐり「え、ほ、ほんと!?」パアァァ

あなた「うん。ほんとだよ(そのくらいの歳になれば他に良い人がいるはずだからね……うぅ、悲しくなってきた)」

あぐり「じゃあもっともっとすごい女の人にならないと!」ムンッ

あなた「がんばってね」アハハ

歩夢「……」



43: 名無しで叶える物語 2020/01/30(木) 18:43:29.90 ID:FKskjvT+.net

歩夢「……じゃあ私はもっともっと良いお嫁さんになればあなたはずうっと私のお嫁さんだね♡」

歩夢「あぐりちゃんでも、他の誰でもない私だけの……♥︎」

あぐり「ふーん、私がいい女の人になる頃にはお母さんなんて勝負にすらならないよ」

歩夢「子供にはわからない大人の魅力ってあるんだよあぐりちゃん」

バチバチ

あなた「の……のぼせちゃうから出ようか!」



45: 名無しで叶える物語 2020/01/30(木) 19:19:26.90 ID:FKskjvT+.net

モニュモグ

あなた「ごめんねこんな遅くなのにご飯まで付き合わせちゃって……」

歩夢「ううん。気にしないで。それにご飯は家族で食べるのが一番美味しいから」

あなた「あ、そうだ明日の天気どうなんだろ。ちょっとだけテレビつけるね」

ピッ

『速報です!不倫騒動でお騒がせ中の東●さんがたったいま、死亡したと情報が入りました!』

あなた「ごほっ!ごほっ!」

あぐり「ま、ママ大丈夫!?」

サスリ

あなた「あ、ああうん……ちょっとむせちゃって」



55: 名無しで叶える物語 2020/01/30(木) 20:06:31.62 ID:FKskjvT+.net

『妻の●●さんに後ろから刃物で一突き……即死だったようです』

『続いて明日の天気予報です」

歩夢「こわいね……けど刺すなんてあんまりだよ……」

あぐり「ねーママ。不倫ってなに?」

あなた「え、あー……お嫁さん以外の人と仲良くする……ことかな」

あぐり「!じゃあ私と不倫しよ!」

あなた「ゴホッ!ゴホッ!」

歩夢「あぐりちゃん!ママが困っちゃうから!」

歩夢「ほら、あなた。明日の天気出てるよ!」

歩夢「明日は一日中シャイニーだって!お布団綺麗に干せそうでよかった♪」



67: 名無しで叶える物語 2020/01/30(木) 20:35:03.07 ID:FKskjvT+.net

あなた「そうだよね!晴れてる方が気持ち良いもんね!」

歩夢「あ!明日の占いもやってるよ!あなたのラッキーカラーは……ライトピンクだって!あなた持ってる?」

あなた「うん。昔一緒に買ったハンカチもライトピンクだったよね?それ持ってくよ」

歩夢「お……おぼえててくれたんだ……///」

あなた「大切な思い出だもんね」

歩夢「///」

あぐり「むー……」

ポン

あなた「あぐりも今度買い物行った時お揃いの何か買ってあげるから」ボソ

あぐり「……!」コク



68: 名無しで叶える物語 2020/01/30(木) 20:37:03.07 ID:FKskjvT+.net

歩夢「アンラッキーカラーはヴァイオレットだって」

歩夢「でも大丈夫だよね、うちに紫色の家具とかないし……あなたも持ってないよね?」

あなた「ヴァイオレットかぁ……特にないと思うな」

歩夢「じゃあ安心だね」

あなた「明日はいい日になりそうだなぁ」



76: 名無しで叶える物語 2020/01/30(木) 20:59:01.23 ID:FKskjvT+.net

サスケ「シャ-……」

あなた「サスケは……まあ家族だから色には含まれないから大丈夫だよ」

サスケ「シャ-♪」チロチロ 

あなた「あはは、くすぐったいよ」

歩夢「もう、サスケったらあなたにばっか構うようになっちゃって……誰に似たんだか」

……


あぐり「ん……ママ……zzz」

歩夢「あぐりちゃん寝た?」

あなた「うん。今日もなかなか手強かったよ」

歩夢「ふふ、その子あなたに抱きついてもらわないとなかなか眠らないもんね」

あなた「うん。そういうところ小さい頃の歩夢ちゃんそっくり」フフ

歩夢「も、もう……///」



100: 名無しで叶える物語 2020/01/31(金) 04:40:34.65 ID:l2I8ER2K.net

あなた「私たちも寝ようか」

歩夢「……」

あなた「歩夢?」

ドン!

ガバッ  

あなた「あゆ––––––––

チュッ
 
ネロ

ペロペロ

あなた(き、キス、激しい……!中まで舌でぐちゅぐちゅに……!!)

ヌチョヌチョ

歩夢「ぷはっ……」タラ-



101: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/01/31(金) 04:54:08 ID:l2I8ER2K.net

歩夢「あなた……」ハァハァ

あなた「あ、あゆ……

ガシッ  

ガシッ

あなた「う……(身体完全に押さえつけられて……動けない……私と歩夢の体格差じゃダメだ……)」

歩夢「はむっ」

チユウウウウ

歩夢「ぷはっ……」

 歩夢は私を押さえつけ何度も何度も深いキスの雨を降らした。まるで何かを上書きするかのように唇から口内の至る所へ舌を伸ばしていた。

歩夢「……脱がすね」

パチ

パチ

 私はされるがままパジャマをあっという間に脱がされた。抵抗しようにもそんな力はないし拒めばどうなるかわからないのでどうしようもなかった。

 正直先ほどの鞠莉との行為でそういった欲はもう今日は尽きていたのでさっさと寝たい。どうにかして早く済ませて欲しいということを考えている。



103: 名無しで叶える物語 2020/01/31(金) 09:57:57.41 ID:l2I8ER2K.net

歩夢「あなたも……さわって」

あなた「うん」

ムニ

歩夢「んっ……///」

歩夢「ごめんね、あなたにさわられただけでこんなになっちゃって」

あなた「歩夢が悦んでくれるならなによりだよ」ニコ

 歩夢との行為にはたしかに愛が生まれていることが確認できる。愛のある行為はとても気持ちの良いものだ。

 だけどそこには刺激が足りない。ピリピリとカラダを締め付けるような刺激的な快感が得られない。

歩夢「……」



110: 名無しで叶える物語 2020/01/31(金) 21:20:00.76 ID:l2I8ER2K.net

あなた「……っ、歩夢……!」

歩夢「うん……!一緒に……!」

 私たちは絶頂するときはいつも同じタイミングだった。刺激はないけどカラダの相性は本当に最高だ。

歩夢「はぁ……はぁ……」

あなた「ふぅ……」

歩夢「ごめんね、お風呂入ったのに結局……」

あなた「ううん。シてもシなくても毎日二人に抱きつかれて寝てると起きたら汗すごいから変わらないよ」

歩夢「う……ごめんなさい」

あなた「本当に遅くなっちゃったし今度こそ寝ようか」

歩夢「うん。おやすみ」ニコ

あなた「おやすみ」ニコ



112: 名無しで叶える物語 2020/01/31(金) 21:26:05.58 ID:l2I8ER2K.net

あなた「むにゃむにゃ……それは仕込み用の食材だからたべちゃだめだよぅ……zzz」

歩夢「……ごめんね、満足させられなくて」



117: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/01/31(金) 22:07:06 ID:l2I8ER2K.net



歩夢「今日も遅くなるの?」

あなた「うん……最近新しい企画の件で中々……(嘘は言ってない。実際定時までには片付くけど)」

歩夢「……そうなんだ」

あぐり「う~……今日もママの帰り待ちたかったのに……」

あなた「あれ?あぐりどうしたの?」

歩夢「今日は宿泊防災らしいの」

あなた「あ、今日だったんだ」

あぐり「う~」

あなた「残念だけどちゃんとやるんだぞ~」ナデナデ

あぐり「は~い」

あなた「それじゃあ私行ってくるね」

歩夢「行ってらっしゃい♪」

あぐり「いってらっしゃーい!」

チュ

チュ



118: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/01/31(金) 22:10:03 ID:l2I8ER2K.net

あぐり「それじゃあ私も行ってきます」

歩夢「行ってらっしゃい。気をつけてね」

あぐり「お母さんも私がいない間にママ取らないでね!」

歩夢「いってらっしゃーい」

あぐり「うぐぐ……」

ガチャ

バタン



119: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/01/31(金) 22:13:43 ID:l2I8ER2K.net

歩夢「ふぅ……お掃除お掃除……」

歩夢「あ……」

歩夢「……ハンカチ、忘れてる」



123: 名無しで叶える物語 2020/01/31(金) 22:26:16.63 ID:l2I8ER2K.net

17:00

あなた「ふう……また定時内に仕事を終わらせてしまった……」

「SUGEEEEEE!!」

あなた「あれ?私また何かやっちゃいました?」

「今日はこの後……」

あなた「あ、先約があるので」

「知ってた」

あなた「それじゃあお先失礼しまーす!あと余裕あったので皆さんの分も殆ど終わらせといたので帰って大丈夫ですよー!」



126: 名無しで叶える物語 2020/01/31(金) 22:41:04.04 ID:l2I8ER2K.net

––––––––––––
–––––––
––

あなた「っはぁ……!はぁ……っ!」

鞠莉「きて!あなたの全部!マリーの中に!」

あなた「っっっ鞠莉ッッッ!!!」

……


鞠莉「んくんく……はぁ、やっぱり最高の後に飲むお酒は本当にシャイニーね」

あなた「もはやシャイニーとはなんなのか私にはわからないよ……」

鞠莉「あなたもまだまだねぇ……」


チュウ

あなた「ん!?」

チュルチュル

あなた「ん……んく……んく……」

鞠莉「ぷはぁ……どう?分かった?シャイニーの味は」

あなた「……なんとなくね///」フキフキ



134: 名無しで叶える物語 2020/01/31(金) 23:20:02.87 ID:l2I8ER2K.net

鞠莉「……ううん、なんでもない」

あなた「?」

あなた「あ、いけないそろそろ帰る時間だ」

鞠莉「今日はだあぐり家にいないんでしょ?なら今日くらい泊まっていかない?美味しいディナーを用意するわよ」

あなた「ごめん、お断りするよ。あぐりはいなくても歩夢が待ってるから」

あなた「ご飯も作ってるだろうし悪いよ」アハハ

鞠莉「そ、そうよね!ちょっとからかってみたんだけど全然引っかからないんだから!」

あなた「私ももう大人だからね、ちょっと前までならドキドキしたかもしれないけど」

あなた「それじゃあまたね、鞠莉」

ガチャン

鞠莉「……私は今でもあなたの前じゃドキドキしてるんだけどな……」

鞠莉「んく……」



136: 名無しで叶える物語 2020/01/31(金) 23:31:05.16 ID:l2I8ER2K.net

鞠莉「––––––––はぁ、結局昔から何も変わってないなぁ……私」

鞠莉「……泊まってこうよ、私だけを見ててよ。今だけじゃなくて、これからずっと……」

鞠莉「この一言がなんで言えないの……」ポロポロ



137: 名無しで叶える物語 2020/01/31(金) 23:35:23.57 ID:l2I8ER2K.net

ホテル入口

ザアァァァァァァア

あなた「………雨、か……」

あなた「今日は一日中晴れって予報だったのに……」

あなた「はぁ……傘も持ってないし……ツイてないなぁ……」

あなた(ちょっと辛いけど走って帰ってすぐお風呂入れば大丈夫だよね?)

「あの……よかったら傘、入ります?」

あなた「すみません、凄く嬉しい申し出なんですけど––––––––––––」クル

歩夢「ふふ、ひどいなぁ。お嫁さんの声を一発で当てられないなんて」



156: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 00:06:02.29 ID:tiUtGPbB.net

あなた「歩……夢……」

歩夢「どうしたの?入らないの?お家帰れないよ」

あなた「……うん」

バッ

歩夢「ふふ、ライトピンクの傘なんだ。あなた今日ハンカチ忘れたでしょ?」

あなた「あ……」

歩夢「……あるこっか」



157: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 00:10:25.82 ID:tiUtGPbB.net

トコトコ

ザアァァァァァァ

歩夢「すごい雨だねぇ……よかったよ午後の晴れてるうちに洗濯物取り込んどいて」

あなた「……」

歩夢「あなたがラッキーカラー忘れてっちゃったからかな?それとも何かヴァイオレットに関係するモノ持ってたりとか」

あなた「……」

歩夢「あぐりちゃん大丈夫かなぁ。この大雨だとお泊まりは怖いよね……防災には確かにいいかもしれないけど……」

あなた「……」

あなた「……気付いてたの?」

歩夢「……」

ザアァアアァァァ



158: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 00:11:00.45 ID:tiUtGPbB.net

歩夢「……うん」

歩夢「ずっと……しってたよ」



165: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 00:36:58.13 ID:tiUtGPbB.net

あなた「いつから……」

歩夢「あなたのことだもん。すぐ分かるよ」

あなた「じゃあなんで今日までずっと……」

歩夢「……いえないよ、だってあなたは何も悪くないもん」

あなた「なっ……」

歩夢「悪いのは、あなたを支えてあげられなかった私の方だよ」

あなた「ち、違う!歩夢は何も悪くないよ!これは私が勝手に!」

歩夢「不満もなくて他の女の人と寝るの!?」

あなた「あ……」



171: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 01:03:40.38 ID:tiUtGPbB.net

歩夢「あ……ご、ごめん……大きな声だして……」

歩夢「ごめん、ごめんね……」ポロポロ

あなた「!」

歩夢「ごめんなさい……ごめんなさい……」

あなた(こんな姿……初めてみる……こんな取り乱してる歩夢なんて……)

あなた「ゆっくり……歩こう。歩夢はのペースでいいから一歩一歩、ゆっくりと」

あなた「そして話そう。私たちはまずそれからだよ」



205: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 16:44:37.36 ID:tiUtGPbB.net

ザアァァァァァ

トコ……トコ……

歩夢「……変だなって思ったのが数ヶ月前の夜」

歩夢「あなたと一緒になっているとき……あなたの様子がおかしいことに気付いたの」

歩夢「最初は機嫌悪いのかな、そういう気分じゃなかったのかなって思ってたんだけどあなたは私とするときはいつもそんな雰囲気になってた」

歩夢「焦った私は必死になってあなたに悦んでもらおうとしたけどやっぱりあなたはどこか別のところをみていて……」

歩夢「……わたし、あなたに愛されてないのかなぁって……」ポロポロ

あなた「ち、ちが……!そんなことない!たしかに私は……歩夢を裏切っていたけどそれでも!歩夢とあぐりを愛さない日なんて一日もないよ!」



206: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 17:05:10.63 ID:tiUtGPbB.net

あなた「もちろん、鞠莉……鞠莉さんと関係になっちゃったのは事実だから都合のいいように言ってようになっちゃうかもしれないけど……」

あなた「悪いのは本当に歩夢じゃないんだ!愛してる人がいるのに他の人と寝ている自分に酔っちゃってる私が悪いんだよ!」

歩夢「そういう性癖にしちゃった私が悪いんだよ!私がもっとあなたを私に依存させるようにしてたらこんなことにはならなかったのに!」

歩夢「……けっきょく依存してたのは私だけ……ごめんね…重い女で……」ポロ

あなた「そんなことないって!歩夢が重いのなんてずっと昔から知ってるよ!そんなところ含めて好きだから結婚したんだよ!!」



211: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 17:33:25.88 ID:tiUtGPbB.net

歩夢「……ほんとうに?」グス

あなた「本当だよ!」

歩夢「……私のこと愛してるの?」

あなた「愛してる!歩夢ちゃんと、あぐりこと!」

歩夢「……そこは私だけって言う場面じゃないのかな」

あなた「あぐりにバレたら本当にマズそうだからそれはちょっと……」

歩夢「……私がお嫁さんで、ほんとうにいいの?」

あなた「もちろん!!」

歩夢「じゃあ今ここで……抱ける?」



215: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 17:54:22.94 ID:tiUtGPbB.net

あなた「え……だ、抱いてって……」キョロ

あなた「ここ……普通に路上だけど」

歩夢「夜だから大丈夫だよ」

ザアァァァァァァア

あなた「雨も降ってるけど……」

歩夢「一緒にお風呂入ろう」

あなた「……」

歩夢「……そうだよね、やっぱり私なんか……」ウル

ガシッ

あなた「嫌だなんて……言ってない」



217: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/02/01(土) 18:23:39 ID:tiUtGPbB.net

あなた「電柱に手をついて」

歩夢「うん……」

あなた「下、脱がすよ」

スル  

あなた「……びちょびちょだよ」

歩夢「どうせ雨でわからなくなるもん///」

ドクン

あなた(あれ、なんだろうこの胸の高鳴り……)

歩夢「うぅ……私だけだと恥ずかしいよ……あなたも」

ガシッ

ズル

あなた「あっ!!」

歩夢「……ふふ、あなたもびちょびちょだね♡」

ドクンドクン



222: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 18:43:50.53 ID:tiUtGPbB.net

あなた(私たち二人で道端で下半身裸になって……びちょびちょで……)

あなた(わっ……歩夢のあそこ……電柱からの光で反射してテカテカしてて……///雨でお互いもう上半身はスケスケだし……)ドキドキ

歩夢「ふふ……なんだかどきどきするね」

あなた「あ、歩夢も?……私も、いますっごいどきどきしてる……///(髪がびしょびしょになってる歩夢かわいい……お風呂の時とは全然違って見えるよ……)」

歩夢「ねぇ……キスしよっか」

あなた「……うん」


チュ

あなた「……!」ビリ



227: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 19:02:48.63 ID:tiUtGPbB.net

あなた(この感覚……)

歩夢「あなた……」

あなた「……ん」

チュル

歩夢「!?(この子から舌を入れてくるなんて……)」

歩夢「うれしい……」ポロ


あなた「はぁ……あゆ、む……!(すごい……かわいい……)」

あなた(こんな変態なことしてるのに……それを受け入れてこんなに悦んでくれてる……)

ズキ

あなた(なんで私はこんな子を……)

歩夢「あなた!」チュルル

あなた「んむっ……!」

歩夢「私のことは……いいの、あなたがいま、私のことで頭が一杯になってくれてるなら」ニコ

あなた「っ––––––––––––!(ほんとうに馬鹿だ私、バカYouだ……こんなに私を想ってくれてるお嫁さんを裏切って……)」



234: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 19:22:18.37 ID:tiUtGPbB.net

あなた「歩夢……本当に、ごめん……!!」

あなた「謝って許されることじゃない!何をされても何も文句は言わないしなんでもする!」

あなた「私のお嫁さんは……歩夢しかいないよ……!」

歩夢「許すも許さないも……最初から怒ってないって言ってるでしょ」

あなた「でも……!」

歩夢「じゃあ……なんでもするって言ったよね」

あなた「うん!なんでも!どんなプレイでもなんでも受け入れるから!」

歩夢「あはは……私どんなイメージ持たれてるの……?」

歩夢「私のお願いはいままでも……これからもずっと……あぐりちゃんも含めて家族みんなで幸せで居続けたいってことだけだよ」

歩夢「だから……まだ、私をお嫁さんでいさせてください」

歩夢「なんでもって言ったんだから断らないでね」ニコ

あなた「歩夢……!」

歩夢「……今日は歩夢ちゃんって、呼んでもらいたいな」

あなた「歩夢ちゃん……!」

歩夢「ふふ、あなたにそう呼んでもらいながらえっちしてると昔に戻ったみたい」

歩夢「ねぇ、覚えてる?初体験のこと––––––––––––」



238: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 19:34:27.93 ID:tiUtGPbB.net

 雨が降り続ける夜空の下、私たちは何度も何度も絶頂を繰り返した。再び灯った私たちの愛の前では雨などほんの些細な問題で、私たち二人の天気は晴れ模様だった。

あなた(……やっぱり、私のラッキーカラーは歩夢ちゃんしかいないよ……。もう絶対に、忘れないようにずっと離れないよ)

ギュウ

あなた「歩夢ちゃん。歩夢ちゃんは怒ってないって言ってくれたけどやっぱりどうしても自分が許せなくて……」

あなた「だから、言わせてほしいことがあるんだ」

歩夢「……うん」

あなた「歩夢ちゃん。私は……歩夢ちゃんが好きです!だから……」

あなた「私の……お嫁さんになってください!!」

歩夢「……」


歩夢「……はい、幸せに……してください」ニコ



242: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 19:55:23.97 ID:tiUtGPbB.net

あなた「そ、そろそろ帰ろうか……っくしょん!」

歩夢「う、うんそうだ……くちゅん!」

あなた「……」

歩夢「……」

「「あははははは」」

ガサッ

あなぽむ「「!?」」バッ

……

あなた「き、気のせいか……」

歩夢「始まったのに終わっちゃったかと思ったよ……」

あなた「……下、履かないとね」

歩夢「うん」



248: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 20:20:11.05 ID:tiUtGPbB.net

翌日

あぐり「もう……ママもお母さんも二人とも……」

あなた「あはは……ぐえぷし!」

歩夢「ごめんねあぐりちゃん帰ってきたのに……はくちゅ!」

あなた「ああ……はいティッシュ」フキフキ

歩夢「ありがとう……///」

あなた「えへへ……」

歩夢「……」

あぐり「なんで二人そんなに仲良くなってるの!?ずるいよ!」

歩夢「ごめんねあぐりちゃん。お母さん昨日ママにお嫁さんになってって言われたんだ♡」

あぐり「なっ……!」

歩夢「ふふ、安心してね。あぐりちゃんは私たち二人でちゃんと子供として愛してるから」

歩夢「子供として、ね?」

あぐり「うー!うー!」

 その後、泣き喚くあぐりにどのくらいひっつかれたことか。



256: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 20:30:20.51 ID:tiUtGPbB.net

––––––––––––
––––––––
––––

あなた(……こっちのケジメもつけないと)

あなた(歩夢やあぐりだけじゃない。彼女にもとうてい私は許されないことをしてきたんだ……)

プルルル

プルルル

あなた「……忙しいのかな」

ガチャ

あなた「あ、鞠莉––––––––

『お掛けになった電話番号は現在使われておりません』

あなた「え––––––––––––」


 その後私は直接鞠莉に会おうとしたが彼女の痕跡はどこにも残っていなかった。どこにいるのかAqoursのみんなですら、誰も知らなかった。



262: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 20:56:12.89 ID:tiUtGPbB.net

––––––––数年後



あなた「二人ともいつにも増してひっつきすぎじゃない……?」

歩夢「そんなことないよ?それにほら、北海道って寒いから」ギュ-ッ

あなた「あぐりはアイドルグループに入ったんでしょ?さすがに誰かに見られたらまずいんじゃ……」

あぐり「旅行中家族と仲良くしてるのバレて何が悪いの?スキャンダルとは一切縁がないアイドルNo.1だと思ってるけどなぁ」ギュ-ッ

あなた「はは……」

 あれから数年。私たち三人は幸せに暮らしている。歩夢は変わらず美人で全然昔と変わらないのに身体つきだけはどんどんと魅力さを増してる。

 あぐりは成長してとんでもない美少女になり今ではアイドルグループに所属するようになったけどどうやら親離れはまだみたい。……本当に反抗期ってあるよね?まだ一緒にお風呂入ってても世間的には大丈夫だよね?

ビュオ-
 
あなた「うひゃ……たしかに寒い……」ガクガク

あなた「私みんなの分の温かい飲み物買ってくるからちょっと待ってて!」

あぐり「雪で滑らないでね!ギャグで滑るのとはわけが違うくらい痛いからー!」

あなた「ぶひょっ……くくwあっ」ツルン

ドテン

あなた「いたた…….」

歩夢「もう!あぐりちゃんママを笑わせないで!」

あぐり「えへへ……」



264: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 21:08:32.32 ID:tiUtGPbB.net

ピッ

ガチャン  

あなた「あっつ!」

あなた「まあ……こんなもんでいいか……」

あなた「さて戻ろ………ん?」

あなた(あの小さい女の子、一人で遊んでるのかな……)

「……?」

トテテテ

あなた(あっ、目があっちゃってこっち来た)

「おねえちゃんなんでみてたのー?」

ズキ

あなた「(あれ、なに……これ)ご、ごめんね……一人で遊んでたからつい……」

「うん。おともだちはみんな家族とあそんでて……わたしはママがいそがしいから……」

あなた「そう……」

ズキン、ズキン

「おねえちゃんもひとり?」

あなた「わた、しは……家族みんなで来てて……」

「いいな~」

ドクン、ドクン、ドクン

あなた「あの……ちょっと変な人みたいなこと聞いてもいい?」

「んー?」

あなた「君の……お名前聞いてもいいかな……?」

「いいよ!わたしのなまえは」

あなた「……」

ドッ、ドッ、ドッ、ドッ


「––––––––あいな!」

「小原––––––––––––あいなだよ!!」ニコ



281: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 21:31:52.82 ID:tiUtGPbB.net

あなた「––––––––––◼◼◼◼!!!!」(声にならない叫び)ガバッ

あなた「はぁ……はぁ……!!」

あなた(な、なんてこと……)

ガチャ

歩夢「おはよ~」

あなた「!!!」バッ

ドサッ

あなた「ごめんなさい!ごめんなさい!ごめんなさいごめんなさい!!」ガン!ガン!

歩夢「きゃあぁぁぁ!?ど、どうしたの!?」



291: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 21:45:36.80 ID:tiUtGPbB.net

ガン!ガン!ガン!

あなた(いくらシミュレーションだからってあんなこと……人として本当にやっちゃいけないことだよ!!)

あなた(歩夢ちゃんやあぐりだけじゃない……鞠莉さんにも、もっとたくさんの人を不幸にしてる……!!)

あなた「うっ……(め、目眩がする……吐き気もだ……)」クラ

歩夢「大丈夫!?」

サスサス


あなた「やめて!!私は歩夢ちゃんに優しくされるような人間じゃない!」

パシン

歩夢「あ……」

あなた「あ……ごめん……」

歩夢「う、ううん!気にしないで!」

あなた「……ごめん、歩夢ちゃん。今日は私に構わないでいいから、先に行ってていいよ」

歩夢「え……」

あなた「……しばらくは、私一人で朝行くよ」

歩夢「ぇ……」

あなた(あんな考えを少し前まで持っていた私が歩夢ちゃんのそばにいるなんて……だめだ)



301: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 22:06:43.81 ID:jiZAkTsy.net

璃奈「あの……大丈夫?璃奈ちゃんボード『こいつ……し、死んでいる……』」

璃奈「歩夢さんさっき見かけたけど目が虚で話しかけてもなにも反応しなかった……」

あなた「なんなのあの新機能!!」

璃奈「あ、やっぱりそのことが」

あなた「なんであんな機能つけたの!?しかも私の思考まで……」

璃奈「たくさんのデータを集めてあなたの脳波を解析をして上手く思考回路を操作できるようになったから試しに」

璃奈「不倫って最近ニュースとかでもやってるから興味もあった。璃奈ちゃんボード『●出』」

あなた「おかげで私はもうぐちゃぐちゃで……なにも考えられないよ。自分の最低さで」

璃奈「うーん……これは結構重症かも」



314: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 22:19:14.78 ID:tiUtGPbB.net

あなた「もうやだ……」

璃奈(このままじゃこの子が精神病にかかりかねない……そんなことになったら私たちの同好会も終わっちゃう……)

璃奈(記憶削除も数年分のデータを脳から何個も抜き出すわけにはいかないから使えないし……)

💡!(ひらめきスキル獲得)

璃奈「あなた、今日も機械持ってきてる?」

あなた「あ……うん」

璃奈「貸して。お詫びと言ってはなんだけど……こんどはちゃんとした大型アップデートをするから」

あなた「でも……私は……」

璃奈「いいから私を信用して。璃奈ちゃんボード『ぶいっ』」

あなた「璃奈ちゃんがそういうなら……」



324: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 22:29:47.87 ID:tiUtGPbB.net

放課後

歩夢(あの子とちゃんとお話ししないと……あの子の様子、おかしかったから……)

歩夢(どこに行ったんだろう……)


あなた トコトコ

歩夢(いた!!)

歩夢「……!!!」


愛「でねでね!そんとき愛さんがね!」グイグイ

あなた「えぇ~それは……w」

愛「お!やっと笑った!」

あなた「え……?」

愛「今日ず~~っと暗い顔してたじゃん?愛さんみてたんだよ?」

愛「キミはそうやって笑ってる顔が一番だよ!ほら!もっと笑お!」ニコ

あなた「ありがとう……愛ちゃん」ニコ

トコトコ

エッ、アイチャンソレホント

ホントホント!


歩夢「……」



330: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 22:44:15.84 ID:tiUtGPbB.net

翌日

かすみ「先輩今日は元気でよかったです!」

あなた「そうかな……」ニコニコ

しずく「はい、昨日はすごく暗い顔をしていて……遠慮してしまってお話聞けませんでした」

あなた「ごめんね、心配かけちゃって」


歩夢「……」



332: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 22:51:58.75 ID:tiUtGPbB.net

数日後

あなた「~~~~~」ブツブツ

果林「あの子……どうしたのかしら」

彼方「心ここにあらずって感じだね~」

せつ菜「私も好きなアニメみたあとはあんな感じになってしまう時がありますがやっぱり少しですね」

エマ「大丈夫かなぁ……」

璃奈「やりすぎちゃったかな……」ボソリ


歩夢「……」



335: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 23:09:06.01 ID:tiUtGPbB.net

自宅

あなた「ふぅ……今日はどうしようかなぁ」

あなた「昨日がことりちゃんだったから……う~ん」

あなた「いや、今日はなんとなくAqoursの気分だなぁ」

あなた「一人だと物足りないかもしれないから複数設定にして……」

ピッピ

あなた「曜ちゃんと……ルビィちゃんにしよ!」

ピッ

カチャ

チキチキ 

あなた「幸せだなぁ––––––––––––––––」ツ-



356: 名無しで叶える物語 2020/02/01(土) 23:39:26.50 ID:tiUtGPbB.net

翌朝

しずく「先輩たち来ませんね……」

彼方「朝練の日だから頑張って起きたのに……彼方ちゃん……お目めが」

果林「寝坊かしら?」

愛「カリンじゃないんだからさ~」

エマ「かすみちゃん何かしらない?」

かすみ「わからないです。最近先輩朝ちょっと忙しいからしばらく一緒に行けないって言ってましたし……む~!かすみんより優先することなんですか!」

せつ菜「深夜アニメを遅くまで見てるのかもしれません!羨ましいです!」

ガラ!!

歩夢「璃奈ちゃん!!」

璃奈「あ、歩夢さん……大きな声出してどうしたの?璃奈ちゃんボード『びっくり!』」

歩夢「あの子が……」


歩夢「あの子が起きないの!!」ポロポロ



399: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 17:12:37.40 ID:Q+yCGJgR.net

あなた宅

璃奈「こ、これは……」

チキチキチキ  

あなた「ふへ……へへへ……だ、だめだよ曜ちゃんルビィちゃん……船の上でなんて…」タラ-

歩夢「何しても起きないの……機械を外そうとしてもできないし……」

璃奈「無理やり外さなくてよかった……もし機械を無理やり外していたら脳細胞が破壊されていたかもしれない……」

果林「の、脳細胞!?」

かすみ「とんでもないこと言わないでよりな子……」

彼方「でもこの子、すごく幸せそう……」



405: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 17:27:12.11 ID:Q+yCGJgR.net

璃奈「多分幸せだから起きないんだと思う……」

しずく「ど、どういうこと?」

璃奈「この子は深く心を病んでしまった。だから私は機械を調整してこの子の脳に最大限の幸福を与えるように設定をし脳を矯正しようとしたの」

璃奈「だけどその結果この子の脳は現実の辛いことよりシミュレーションの中の幸せこそが一番だと判断し、起き上がらせるということができないように働いている」

エマ「?????」

果林「頭が痛くなってきたわ……」

愛「あ、愛さんでも意味わかんないよ……」

せつ菜「ふむふむ、一昔流行ったVRMMO的な展開ですね」

彼方「せつ菜ちゃんは対応できるんだね……」



411: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 17:41:34.41 ID:Q+yCGJgR.net

歩夢「でも璃奈ちゃんならなんとかできるよね!?」

璃奈「……無理」

歩夢「え……」

璃奈「脳と機械のデータが混ざり合っちゃって私じゃどうすることもできない……」

璃奈「けどこのままじゃこの子は栄養失調に陥りやがて……」

かすみ「いやぁ!やめて!言わないで!」

璃奈「それだけは絶対に避けなきゃいけない。……最後の手段を使えば起こせる」

果林「な、なーんだ……起こせるんじゃない……びっくりさせないでよ」

愛「……!りなりーそれって……」

璃奈「うん。この子の脳を……完全に初期化する」

璃奈「そうすれば全部が一旦真白になり機械を外すことができる。脳を破壊される前にこちらから綺麗に漂白するという手段」

彼方「で、でもそれってつまりこの子の記憶が……」

璃奈「全てなくなる。生まれたての赤ちゃんと同じレベルになる」

歩夢「!?」



425: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/02/02(日) 17:55:43 ID:Q+yCGJgR.net

エマ「他に方法はないの!?璃奈ちゃん!そんなのあんまりだよ……」

璃奈「……残念だけど。このまま衰弱死しちゃうか、脳が破壊されて廃人になるか記憶を全て消して赤ちゃんに戻るしか……」

ガクン

しずく「そんな……そんなの……」

かすみ「しず子!しっかり……う、うぅ……」ポロポロ

愛「しずく、かすみん……」グス

彼方「私たちじゃ何もできないの……?」

果林「こんな時に何もできない自分に腹が立つわね……」



427: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/02/02(日) 18:05:09 ID:Q+yCGJgR.net

せつ菜「シミュレーション……幸福…」ブツブツ

せつ菜「あの……例えば、第三者がこの子の中に直接介入すればどうにかならないでしょうか?」

果林「?」

彼方「せつ菜ちゃん、それってどういう意味?」

せつ菜「えっと……この子は今シミュレーションの中の世界こそが一番の幸福だと感じているんですよね?だから起き上がらない」

せつ菜「なら他の人が外からこの子のシミュレーションに介入して説得すれば……現実の方がいいことを伝えることができれば……」

かすみ「そんな……アニメやゲームみたいなこと…」

せつ菜「……!すみません……こんな時だというのに私……変なこと言ってしまって……」

璃奈「……いや、できるかもしれない」



431: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/02/02(日) 18:15:31 ID:Q+yCGJgR.net

璃奈「そうか……そういう発想は思いつかなかった……外からだめなら中から……」

璃奈「それなら脳を傷つけずに出来るかもしれない……!」

愛「ほんと!?りなりー!」

璃奈「うん。もちろん……うまくいく保証なんてないけど」

彼方「けどこの子が元どおりになるにはそれしか方法はないんだよね?」

璃奈「……そうなる」

璃奈「……問題は、誰がこの子の中に入るか」



434: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/02/02(日) 18:30:58 ID:Q+yCGJgR.net

歩夢「私!私!私が入る!この子のことなら一番私が理解るから!!」

かすみ「かすみん!かすみんが行きます!先輩を絶対に起こしてみせます!」

しずく「私にいかせてください!先輩を……助けたいんです……!」

果林「私が行くわ!私が誘惑すればすぐこの子も現実の方がいいって思うはずだわ!」

愛「愛さんが行くよ!この子の笑顔を……今度こそ取り戻すんだ!」

彼方「彼方ちゃんなら夢の世界に詳しいから起こすことだってでにるはず……彼方ちゃんに任せてよ」

せつ菜「こういうことは私の方が詳しい自信があります!」

エマ「わ、私にいかせてほしいな!ジッとしてるなんてできないよ!」

璃奈「も、元はと言えば全て私が原因……私が責任をもって行くよ」



456: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 19:05:53.58 ID:Q+yCGJgR.net

数分後

愛「こ、これじゃいつまで経っても決まらないよ~!」

歩夢「私にしよう?幼馴染だから……」

かすみ「そんなの関係ないです!」

璃奈「うぅ……こうなったら全員で行く……?」

せつ菜「えっ!?できるんですか!?」

果林「さ、最初から言って欲しかったわ」

璃奈「でも全員で行ったらもしもの時起こせる人が……誰か一人でも残ってればいいけど……」

シ-ン

璃奈「……誰も残りたくないよね」

しずく「いきましょう!大丈夫です!私たちなら絶対先輩を助けられます!」

エマ「うん!」

彼方「みんな一緒なら大丈夫だよ~」

璃奈「……わかった」



458: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 19:10:32.33 ID:Q+yCGJgR.net

カタカタカタカタ

璃奈「よし……これでみんな入れるよ」

璃奈「……ほんとうに準備はいい?ここから先はもう戻れないよ」

せつ菜「ら、ラスボス戦の前みたいですね……」

歩夢「はじめて、璃奈ちゃん」

璃奈「うん……いくよ!」

ピッ

チキチキチキチキ

–––––––––––––––––––––––



464: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 19:23:42.59 ID:Q+yCGJgR.net

––––––––––––––––
––––––––––––
––––

プオ--

あなた「もう行っちゃうんだね」

曜「うん。またしばらく帰ってこれないけど……毎日連絡するよ」

曜「ルビィちゃん。私がいない間はルビィちゃんがしっかりこの子を助けてあげてね」

ルビィ「うん!任せて!」

あなた「もー!それじゃ私が頼りないみたいじゃん!」プンプン

曜「あはは……ごめん。でも……」

サスサス

曜「もう一人だけの身体じゃないんだからさ」

あなた「う……」

曜「絶対にその子が生まれてくるまでに帰ってくるから」

あなた「うん……///」

曜「おっと……もう出航時間だ」

ルビィ「気をつけてね!」

曜「うん。……あ、二人とも、ちょっと顔上げて」

あなた「え?」

ルビィ「?」

チュ

チュ

あなた「あ……///」

ルビィ「うぅ……///」

曜「それじゃあ行ってくるね!ヨーソロー!」



469: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 19:45:46.61 ID:Q+yCGJgR.net

ルビィ「行っちゃったね……」

あなた「……うん」

ルビィ「大丈夫。ルビィは曜ちゃんほど頼りにならないかもだけどあなたのことしっかりと守るから」

あなた「そんなことないよ!ルビィちゃんも頼りになるよ!」

ルビィ「えへへ……」

プルル

ルビィ「ぴっ!?な、なに……」

ビッ

ルビィ「もしもし……もう!今日は電話しないでって言ったでしょ!え……逃げた?そんなのそっちで捕まえて処理してよ!……わかった!わかったよ!今日だけだからね!」

ピッ

ルビィ「……ごめんなさい。ちょっと仕事の人が失敗しちゃってちょっとだけ行かなくちゃ……」

あなた「気にしないで!すぐ終わるんでしょ?」

ルビィ「うん。だからちょっと何処かでお茶でもしてゆっくりしてて」

あなた「うん!」

ルビィ「それじゃあ!」フリフリ



472: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 20:02:02.23 ID:Q+yCGJgR.net

シュウウウ

せつ菜「まさかこんなターミ●ーターみたいな登場だなんて」

璃奈「9人同時だから……」

愛「とりあえず人来る前に離れよ!」

エマ「ま、待って!あそこの喫茶店にいるの……あの子じゃない!?」

かすみ「先輩!?どこですか!?」

果林「ちょ、ちょっと待って!あの子のお腹……」

歩夢「うそ……」



480: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 20:09:29.48 ID:Q+yCGJgR.net

カランコロン 

あなた「……!?み、みんな!?」

かすみ「うわーん!会いたかったです先輩!」ダキッ

あなた「ちょちょ!かすみちゃん!ダメだよ!」

あなた「……あれ、みんな何で沼津に……しかもそれって高校の時の制服……」

璃奈「私たちは今高校生だから。この世界の私たちは東京の方にいるはず」

璃奈「……シミュレーターを使って来たって言えばわかる?」

あなた「………!!」



482: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 20:12:57.81 ID:Q+yCGJgR.net

あなた「なっ、なんで……」

璃奈「あなたが起きなくなっちゃったからみんな心配して来たの」

あなた「私が……?」

璃奈「あなたの脳が現実に戻ることを拒否しているの。このシミュレーションの中が幸せすぎて……」

しずく「戻りましょう先輩!このままじゃ現実の先輩が……!!」

果林「そうよ!放って置けないわ!」

あなた「……心配してくれてありがとう」



483: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 20:24:40.85 ID:Q+yCGJgR.net

あなた「……でも、私は……」

璃奈「あれは私のせい!こうやって今あなたが大変な目にあってるのも全部私のせいだから!あなたは気にしなくていいの!」

あなた「璃奈ちゃん……」

サスサス

歩夢「ねぇ……あなたのそのお腹……」

あなた「うん……曜ちゃんとの……赤ちゃんがいるんだ」

歩夢「っ……!」

あなた「……いま私が戻ったら、この子が……」



484: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 20:42:33.65 ID:Q+yCGJgR.net

璃奈「大丈夫。あなたが戻ってもこの世界のあなたは何も変わらない」

果林「わけがわからないわね……」

あなた「でも……」

歩夢「お願い……戻って来てよぉ……あなたがいないと私……」ポロ

かすみ「そうですよ先輩!かすみん、先輩がいないと、いないとぉ……」ポロ

しずく「先輩の助けがないと私ダメなんです!」

せつ菜「みんなあなたが必要なんです!」

あなた「みんな……」

あなた「……現実に私の居場所なんて……」

あなた「私なんかシミュレーションの中でくらいしか可愛いみんなと仲良くなれないから……」



489: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 20:53:58.36 ID:Q+yCGJgR.net

愛「……それ本気で言ってる?」

彼方「にぶちん……」

せつ菜「私の好きな小説の主人公みたいです!ようやくヒロインの気持ちが分かりました……」

エマ「あなたのことみんな大好きだよ?」

果林「むしろ私たちの方が色んなこと仲良くするあなたに妬いてたんだけど……」

璃奈「いくら私が多少脳を調整したからとはいえ……」

しずく「これは……もう直接教えるしかないかも……ね?かすみさん」

かすみ「しず子……うん!」

歩夢「璃奈ちゃん、ここでやったことって現実には関係ないんだよね?」

あなた「え、歩夢ちゃん……?」

璃奈「うん」

歩夢「そう……」



499: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 21:14:48.70 ID:Q+yCGJgR.net

淡島にあるホテルの一室

あなた「あ、あの……こんなところに連れてきてなにを……」

歩夢「あなたに教えるためだよ。私たちの想いを……」シュル

あなた「あ、歩夢ちゃん!?」

かすみ「先輩……///」シュル

しずく「これは嘘偽りない私の気持ちです……」シュル

果林「特別よ?ふふ……」シュル

愛「えへへ……愛さん、キミのために文字通り人肌脱いじゃう!」シュル

彼方「こうでもしないとあなた気づけないもんね~」シュル

せつ菜「大丈夫です!私は複数人許容派なので!」シュル

エマ「あなたを癒してあげるね♪」シュル ブルン

璃奈「……///」シュル(ボードなし)

あなた「ちょ……み、みんな……」



506: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 21:35:10.14 ID:Q+yCGJgR.net

チュ……チュル

歩夢「んふぅ……♥︎」

あなた「歩夢ちゃ……///

かすみ「ずるい!かすみんもちゅーしたいです!」

チュッチュ

しずく「先輩の髪……やはり素敵です、少し汚してしまうかもしれませんが」スリスリ  

チュパチュパ

あなた「ひゃっ!?か、果林さん!璃奈ちゃん!そこは……///」

果林「す、すごいわ……本当に出るのね……」チュパ

璃奈「遥か昔の記憶を思い出す……あったかい……」チュパ

あなた「あっ♥︎あっ♥︎むねがじんじんして……!」



512: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 21:45:33.35 ID:Q+yCGJgR.net

ビリッ

あなた「んっっ!!?!♥︎え、エマさん!!そこは……っ!!」

エマ「えへへ……心配しないで?ちゃんと綺麗にするから♥︎」ペロペロ

あなた(やっ!え、エマさんのお口……あったかくて……//)ビュルビュル

エマ「ふふ♥︎これじゃいつまで経っても綺麗にならないかな?」

愛「エマっちがそっちなら……愛さんはこっち!」ニュ

あなた「ん゛っ゛!!」

愛「すごっ!なんの抵抗もなく……キミ結構……」ジト

あなた「あ、うぅ……///」

せつ菜「私は脚を!スベスベで……あ!このニーソを履いてもらって」ヌギヌギ

ハキハキ

あなた「こ、こんな……恥ずかしいよ……///」

せつ菜「全裸の妊婦さんに白ニーソ……こんなのアニメでも滅多にお目にかかれませんよ……!!」



525: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 22:32:46.43 ID:Q+yCGJgR.net

……
….
歩夢「ジュル……ジュゾゾ……わかった?みんな、あなたのことこんなに好きなんだよ……♡シミュレーションじゃなくてもあなたを愛してくれる子はこんなにいるの」

あなた「私を……」

歩夢「だから戻ろ?みんなで……」

あなた「みんな、で……」

歩夢「この続きは戻ってから。だから今は……」

チュッ

歩夢「ここまで♡」

かすみ「かすみんも!」

チュッ

しずく「先輩……戻ってからも楽しみましょうね♡」

チュッ

果林「ずいぶん先になっちゃうかもだけど……また飲めるのを楽しみにしてるわ」

チュッ

愛「愛さんやっぱりキミがいないとダメみたい……You &Iってゆえなーい!だもん!」

チュッ

彼方「夢の中でも現実でもずっと彼方ちゃんと一緒にいようね……」

チュッ

せつ菜「あっちに戻ったらいっぱいハーレム系の漫画や小説貸しますね!一緒にみましょう!」

チュッ

エマ「戻ってもいっぱい気持ちいいことしようね♡」

チュッ

璃奈「私のせいでごめんなさい……でも、それでも私と……これからもずっと一緒にいてくれると嬉しいな」ニコ
 
チュッ

あなた「みんな……!」

あなた「うん……ありがとう……」ポロポロ

ピカアァァァ
あなた「ってなんかみんな光ってる!?私もだ!」

璃奈「どうやら脳が認めたみたい。これから多分現実で覚醒するはず」

あなた「な、なるほど……(曜ちゃん、ルビィちゃん。ごめん……私はいなくなっちゃうけど、四人の幸せはずっと祈ってるよ……)」

–––––––––––––



533: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 22:46:29.71 ID:Q+yCGJgR.net

あなた「––––––––––––!」ガバァ!

あなた「……」

歩夢「よかった!」

ダキッ

あなた「歩夢ちゃん……」

歩夢「本当によかった……よぅ……目が覚めて……!」

かすみ「せ゛ん゛は゛い゛!!」

あなた「みんなのおかげだよ……」

歩夢「……?」

歩夢「私たちは何も……」

あなた「え……?」

璃奈「私たちみんなシミュレーションの中の記憶は保持してないの。あくまであれはあなたの脳内だから……」

しずく「私たち一体どうやって先輩を説得したんですか?」

あなた「あー……」ポリポリ

あなた「えへへ……秘密」

愛「えーー!?そりゃないよー!」


あなた(みんなの気持ちはちゃんと分かったよ……これからは現実でもみんなの好意をちゃんと受け入れなきゃ)



537: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 22:54:06.84 ID:Q+yCGJgR.net

翌朝

あなた「ふぁ……」

歩夢「おはよ♪」

あなた「おはよぅ……(なんだか久しぶりにぐっすり眠った気がする……)」

歩夢「朝ごはんできてるよ」

あなた「はーい」

……


モニュモグ

あなた「……!!こ、このたまごやきは……!!」

モニュモニュモニュモグ

あなた「お、おいしい!(でもこの味は……完成形歩夢ちゃんの味……なんでいまの歩夢ちゃんがこの味を……!?)」



542: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 23:00:33.32 ID:Q+yCGJgR.net

歩夢「ふふ、そんなに美味しそうに食べてくれると嬉しいなぁ♪」

ピンポ-ン

歩夢「あ、かすみちゃんかな」

トテトテ

あなた「う~ん……ま、おいしいぶんには何も問題はないからヨシ!」

モニュモグ

トコトコ

かすみ「……」

あなた「あ!かすみちゃんおはよ!」

タタタ

ダキッ

かすみ「先輩……!」

あなた「ほぇっ?」



544: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 23:05:32.87 ID:Q+yCGJgR.net

ギュ-ッ

あなた「かすみちゃん……どうしたの?」

かすみ「すみません……私もよく分からないんですけど……先輩に会うまで不安で……」

かすみ「学校行くまでもうちょっとだけこのまま……」

ギュウウ

あなた「……」

歩夢「頭……撫でてあげて」

あなた「いいの?」

歩夢「うん……かすみちゃん…つらそう……」

あなた「……うん」

ナデナデ



554: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 23:21:57.35 ID:Q+yCGJgR.net

テクテク

ギュ

あなた「あはは、大丈夫だよかすみちゃん。しっかり握ってるから離さないよ」

かすみ「はい……ありがとうございます///」

あなた「歩夢ちゃんもほら」スッ

歩夢「うん///」

ギュ

あなた(かすみちゃん……怖い夢でもみたのかな……?)

??「あーっ!みつけたー!」

タタタタ 

ダキッ

あなた「うわっ!え!?なに!?」

??「ずるいずるい!アタシほっといて登校なんて!」

あなた「えっと……?もしかして……」

歩夢「うん……髪色が違うけど……」

あなた「愛ちゃん……?」

愛(黒髪)「ん?愛さんは愛さんだよ?」



555: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 23:30:55.83 ID:Q+yCGJgR.net

あなた「な、なんで急に黒髪に……(これじゃまるであの時の……)」

愛「いやーなんかふと黒にしなきゃって思ってさ……苦労したんだよ?結構前の色馴染んでたから……黒だけに!」

あなた「ぶっ……w」

愛「キミに一番最初に見てもらいたかったんだ……」ギュウ

愛「どうかな?変じゃ……ない?//」

あなた「(かわいい……)全然変じゃないよ……どんな愛ちゃんでも愛ちゃんらしくていいと思う」

愛「えへへ~///」



562: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 23:40:01.37 ID:Q+yCGJgR.net

学校

菜々「おはようございます!」

あなた「菜々ちゃん、おはよう」ニコ

菜々「あの、よかったら今週の土日映画に観に行きませんか」

あなた「映画?うん、いいよ!なにみるの?」

菜々「はい、女児向けなんですが……ぷいきゅあを」

あなた「うん。全然大丈夫だよ。とはいっても私そんな詳しくないんだけどね」

菜々「だからこそです!今のうちに詳しくなっておいて将来ともりとみんなで楽しくみましょう!」

あなた「え……」

菜々「あれ……?ともり……?私何を言ってるんでしょう……?」

あなた(こ、これって……)



568: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 23:50:18.35 ID:Q+yCGJgR.net

彼方「あ~!いたいた!」

あなた「あ、彼方さん!」

ムギュッ

あなた「もごっ(む、胸に圧迫されるッッッ!!!)」

彼方「ちゃんと彼方ちゃんって呼んでくれるまで離さないんだからね~」

ギュウウ

あなた「か、かな!彼方ちゃん!」

彼方「ふへ~すき~」

ギュウウウウウ

あなた「おべっ!?(よ、余計強くなってる……!)」

彼方「みんなだから仕方ないけど彼方ちゃんにも優しくしてくれないと怒っちゃうんだからね~!」

あなた「ご、ごめん彼方ちゃん!」

彼方「今日お昼ご飯一緒に食べてくれたら許してあげるね。なんだかずっとお弁当作るの上手くなった気がするからあなたのほっぺた落っことしてあげる♪」



571: 名無しで叶える物語 2020/02/02(日) 23:59:58.93 ID:Q+yCGJgR.net

しずく「……」キョロ

しずく「……」キョロ

あなた「あれは……しずくちゃん?(あんなに挙動不審になってどうしたんだろ)」

あなた「あのー……しずくちゃん、どうしたの?」

ビクッ

しずく「せ、先輩……!?」

ダキッ

しずく「先輩!わ、私は桜坂しずくですよね!?」

あなた「???そ、そうだよ……?」

しずく「そう……私は桜坂しずく……桜坂しずくなんだから……」ブツブツ

あなた「だ、大丈夫……?」

しずく「先輩!!」

あなた「は、はい」ビクッ

しずく「幸せになりましょうね!」

あなた「は、はい!」



573: 名無しで叶える物語 2020/02/03(月) 00:09:13.35 ID:Uo63JmLV.net

あなた「璃奈ちゃんはどこに……」

パフ!!
 
エマ「きゃあ!」

あなた「ご、ごめんエマさん!(ぶつかったのに全く衝撃を受けないなんて……)」

エマ「もう~だめだよちゃんと前見ないと」

あなた「ごめんなさい」

エマ「ちゃんとわかるまでお説教かなぁ♪」

あなた「えっ……」

ボソ

エマ「空いてる時私の寮に来て♥︎」

あなた「!?///」

エマ「じゃあ待ってるね♪」

テクテク



575: 名無しで叶える物語 2020/02/03(月) 00:16:27.08 ID:Uo63JmLV.net

あなた(うぅ……あんな藤丸顔のエマさんシミュレーションでしかみたことないよ……)

栞子「なんですか、だらしのない顔をして」

あなた「あ、三船さん……」

栞子「そういうだらしのない顔をしながら歩いていると同じ学校の生徒として恥ずかしいです。ちゃんと意識して振る舞ってください」

あなた「ご、ごめんなさい……」

栞子「反省しているのならいいです。人は失敗から学ぶ生き物ですから」

栞子「……ところであなた、お見合いの話聞いていますか?」

あなた「……?」

栞子「な、なんでもありません!それでは!」

トコトコ



582: 名無しで叶える物語 2020/02/03(月) 00:25:17.24 ID:Uo63JmLV.net

璃奈「あ」

あなた「いた!璃奈ちゃん!」

璃奈「よかった……私もあなたを探してたの」ニコ  

あなた「!?り、璃奈ちゃん……」

璃奈「うん。今朝起きたら完璧じゃないけどだいぶ表情を作れるようになってたの……」

璃奈「……うっすらと浮かんでくるあなたやちえみとの生活が影響しているんだと思う」

あなた「ちえみ……ということはやっぱり……!」

璃奈「うん。多分昨日あなたの脳に接続した時みんなあなたの脳内あったデータを受信しちゃったみたいなの」

あなた「やっぱり……」

璃奈「もちろん完璧にそのまま記憶があるわけじゃないけど人によって差はあると思う……私は夢よりちょっと強いくらいで受信した」

あなた「なるほど……」



589: 名無しで叶える物語 2020/02/03(月) 00:34:57.81 ID:Uo63JmLV.net

あなた「……!」

あなた「ごめん璃奈ちゃん!私ちょっと行ってくる!」

璃奈「うん。いってらっしゃい」

タタタ

あなた(果林ちゃん……!!)

……


三年生教室

果林「……」ボ-ッ

ガラ!
 
あなた「果林ちゃん!」

果林「……!!」ウル

ダッ
 
タタタ  

ギュウ

果林「ごめんなさい……私、私……」プルプル

あなた「大丈夫……もう大丈夫だから……」



591: 名無しで叶える物語 2020/02/03(月) 00:44:51.43 ID:Uo63JmLV.net

果林「おかしいの……朝起きたらすごく、すごく不安で……」

果林「……夢をみたの」

果林「あなたとの夢」

果林「私とあなたは幸せに暮らして……愛する子も産まれてきて私たちはとても幸福だった……」

果林「なのに……」ポロポロ

あなた(果林ちゃんはまだ高校生……受け入れられるわけがない……)

あなた「大丈夫!夢は夢!いまは私も……同好会のみんなも一緒だよ!」

ギュ

あなた(そうだ……今度こそ絶対に離すもんか!)



596: 名無しで叶える物語 2020/02/03(月) 00:57:16.63 ID:Uo63JmLV.net

––––––––数年後

あなた「すやぴ……zzz」

彼方「むにゅう……zzz」

愛「こらーー!!二人とも起きなさーい!!」

ガバァ

あなた「ひえっ!」

彼方「さむ~い……これはDVだ愛ちゃん……!!」

愛「そんなこと言ったってもう二人以外は起きてるんだから!子供よりお寝坊な親なんてダメだよ!」

あなた「うう……なにも言い返せないです……」

愛「なつみ、あかり二人を洗面所まで連れてってあげて……アタシご飯の準備手伝ってくる」

なつみ「オッケー!」

あかり「しょうがないなぁ……」



606: 名無しで叶える物語 2020/02/03(月) 01:11:50.02 ID:Uo63JmLV.net

洗面所

みゆ「ほら、マリアもかおりも髪の毛ちゃんとなおして!寝癖がすごいよ!」サッサッ

マリア「ありがとうみゆお姉ちゃん!」

かおり「やっぱりやってもらうのがいちばん~」

あなた「みゆもすっかり長女が板についてきたなぁ」

果林「ほんと……私に似ないでよかったわ」ボサボサ

エマ「果林ちゃんもそろそろ自分で朝セットしようね~」

しずく「かおりは少し怠け癖がついてしまいました…….どうしましょうあなた」

あなた「まだ小さいし甘えたい年頃なんだよ。見守ってあげよう」



612: 名無しで叶える物語 2020/02/03(月) 01:22:51.28 ID:Uo63JmLV.net

リビング

璃奈「ほら、朝ご飯の時間だからそろそろテレビから離れて」

ともり「えー!いまいいとこなの!」

ちえみ「もうちょっとだけー!」

アランMarkII「にゃあ~!」

璃奈「もう……菜々ちゃんからも何か言って……あ」

菜々「そこです!そこで必殺技を……あ///」

栞子「全く……あなたがそんなのだから子供が真似しちゃうんですよ」

菜々「……もえかもさっき一緒に見てたんですけど……」

栞子「……」

もえか「あは、あはは~」

栞子「さて、そろそろ支度ができますよ。食卓に来てくださいね」



617: 名無しで叶える物語 2020/02/03(月) 01:33:25.25 ID:Uo63JmLV.net

歩夢「あ!あなた!もうやっと起き

あぐり「ママおはよー!!」

ダキ

スリスリスリ  

歩夢「……あぐりちゃーん…寝起きのママにそれはダメって前から

かすみ「せんぱーい!」

ダキ

スリスリスリ

歩夢「……かすみちゃん、やってることが子供と一緒なんだけど……」

かすみ「いいもーん!かすみんはずっと先輩とこうしてたいんだもーん♡」

スリスリ

あなた「もう二人共……まいったなぁ」アハハ

歩夢「むー」プク-

あなた「歩夢も遠慮しないでいいんだよ?」

歩夢「うわーん!」ダキッ

あなた「よしよし」



623: 名無しで叶える物語 2020/02/03(月) 01:49:54.78 ID:Uo63JmLV.net

ソロ~リ

かすみ「あ!こら~!」

ビクッ

かすみ「もう!私たちが先輩の相手してる隙をみてまゆったら!」

まゆ「だって~お腹すいたんだもん」

かすみ「はぁ……心配しなくてもちゃんと一杯作ってあるからみんなでいただきますしてからたべよ?」ナデナデ

まゆ「うん!」

あなた「ちゃんとお母さんの言うこと聞けて偉いぞ~まゆ~」

まゆ「えへへ~せんぱいもなでて~」

あなた「よしよし」ナデナデ

歩夢「あはは……かすみちゃんの影響ですっかりせんぱい呼びが定着しちゃったね」

あぐり「私もそろそろあなたって呼んでみようかなぁ……」

歩夢「絶対だめ!!」



639: 名無しで叶える物語 2020/02/03(月) 02:14:57.23 ID:Uo63JmLV.net

食卓

ゾロゾロ

果林「ごめんね……エマも今大変なのに私のお世話させちゃって…」

エマ「全然平気だよ♪もうルーティーンみたいになってるから」

彼方「逞しすぎる……双子を宿しているお母さんパワー…….」

愛「もー!たしかに子供は可愛いけどあんまり甘やかしすぎちゃうのはだめだからねー!」

菜々「はい……」

栞子「わ、私は別に……!」

璃奈「さすが愛さん……あの二人を完璧におとなしくさせてる……」

しずく「やっぱり、かおりには厳しく?けど反抗されたら……」

かすみ「あ!歩夢ちゃん今日も先輩の隣取った!」

歩夢「ふふ、早い者勝ちが我が家のルールだよ♪」

かすみ「むーー!!!」

あなた「ほらほら、ご飯前に争わないの」

あなた「子供たちも……うん、みんなちゃんと座ったね」

あなた「サスケたちも……」

サスケ「シャ-♪」

オフィーリア「わん!」

ネーヴェ「メ~」

アランMarkII「にゃ~」

あなた「よし!それじゃあみんな揃ったし朝ご飯食べよっか!」

あなた「いただきまーす!」

みんな「「「いただきます!!」」」



643: 名無しで叶える物語 2020/02/03(月) 02:26:46.68 ID:Uo63JmLV.net

 高校生を卒業して数年後、私はみんなと結婚し、私たちは家族になった。重婚は認められていなかったけど璃奈ちゃんが開発したテレテレパシ-人工衛星で全人類の認識を変えることができ、法律も変わった。他にも何かにテレテレパシ-を使ったらしいけどなんだったんだろう?

 仕事は家族みんなで作った会社でそれぞれの得意分野なことを生かした仕事をしている。成功したおかげで家族全員がのびのびと過ごせる家も建てられた。

 家族の仲も本当に良好で直接の繋がりはなくとも全員が全員を愛してるのが伝わってくる。

 この絆をこれからも大切にみんなと育んでいこうと思う。愛するお嫁さん、子供たちやペットと一緒に……


ワイワイ

あなた(私は今……ううん、私たちは本当に––––––––)

歩夢「どうしたの?あなた」

あなた「ふふ、なんでもないよ。ただ……」

あなた「幸せだなって……」ニコ



644: 名無しで叶える物語 2020/02/03(月) 02:27:00.60 ID:Uo63JmLV.net




元スレ
あなた「お嫁さんシミュレーション?」璃奈「うん」続2