1: 名無しで叶える物語 2020/02/05(水) 22:24:57.75 ID:uSehCXAg.net

遅ればせながらエマ誕SSを



3: 名無しで叶える物語 2020/02/05(水) 22:26:50.51 ID:uSehCXAg.net

 ―虹ヶ咲学園―

果林「…………どうしよう」

彼方「およよ…果林ちゃん浮かない顔。どした?」

果林「明日はエマの誕生日でしょう?」

彼方「そうだね、みんなでお祝いしないとね~」

彼方「エマちゃんへのプレゼント…彼方ちゃんもはりきって選んだよ」

果林「その…………プレゼントなんだけど、まだ決められてなくて…」

彼方「えぇ~!?」



5: 名無しで叶える物語 2020/02/05(水) 22:28:13.31 ID:uSehCXAg.net

彼方「まさか……もしかして忘れてたとか……」

果林「違うのよ」

果林「あれもこれも、って考えたんだけど…どうしてもしっくりこなくて」

彼方「それならもっと早く相談してくれてればよかったのに~」

果林「ほんとにね…」ヤレヤレ

果林「我ながら悪い癖だと思うわ……一人で考え込みすぎちゃうの」



6: 名無しで叶える物語 2020/02/05(水) 22:31:02.76 ID:uSehCXAg.net

彼方「今から用意できるものってなると…」

彼方「あ、花はどうかな~」ポコーン

果林「花……花ねぇ……」

彼方「エマちゃんヨーロッパ出身だし…そういうの喜びそうじゃない?」

果林「花ねぇ……う~ん…」

果林「……カーネーションとか?」

彼方「うん、それは母の日だね~」



7: 名無しで叶える物語 2020/02/05(水) 22:39:39.19 ID:uSehCXAg.net

彼方「あ、じゃあもっとシンプルに考えてみよう」

果林「シンプルに?」

彼方「贈り物の基本は~…自分がもらってうれしいもの、だよ」

果林「私はエマがよしよししてくれさえすればそれで満足よ」

彼方「だろうね」

果林「あの胸に抱かれて頭を優しく撫でられながら、それからあの小鳥のさえずりのような声で――」

 エマ『果林ちゃ~ん♡今日もお勉強にお仕事、たくさんがんばったね~♪』ナデナデ

 果林『ばぶぅ…』スリスリ

 エマ『よしよし…えらいえら~い♪』ナデナデ

 果林『えへへ~』モミモミ



8: 名無しで叶える物語 2020/02/05(水) 22:44:49.93 ID:uSehCXAg.net

果林「……ふっ、ふへっ、ふへへへ…」ニヘラ

彼方「か、果林ちゃ~ん、顔が……」

果林「はっ、いけない」キリッ

彼方(一瞬でもとに戻るのはすごいなぁ……)

果林「そうだ、彼方は何をプレゼントするの?」

彼方「え~……それは果林ちゃんにも秘密」

果林「教えてくれてもいいじゃない、参考にしたいの」

彼方「ん~…それじゃあヒントを出すから当ててみて」

果林「わかったわ」



9: 名無しで叶える物語 2020/02/05(水) 22:48:08.29 ID:uSehCXAg.net

彼方「じゃあいくよ~…?」

果林「……」グッ

彼方「おっきくて~」

果林「ふむふむ」

彼方「まるくて~」

果林「ふむふむ」

彼方「やわらかいもので~す」

果林「……おっぱいね!」ドヤァ

彼方「違うよ」



11: 名無しで叶える物語 2020/02/05(水) 22:51:15.37 ID:uSehCXAg.net

果林「うぅ、外れちゃったわ…残念……」シュン

彼方「どうやっておっぱいをプレゼントするっていうんだい」

果林「で、正解はなに?」

彼方「正解はね~……まくらだよ~」

果林「枕……おっぱい枕…?」

彼方(ダメだこいつ…)



12: 名無しで叶える物語 2020/02/05(水) 22:55:46.86 ID:uSehCXAg.net

果林「ふうん……枕、ね…」

彼方「そう、彼方ちゃん厳選のふかふか安眠まくら…」

彼方「これさえあればいつでもどこでも永遠の眠りへ……」

果林「いや、永遠に眠っちゃ駄目でしょ…」

果林「でも、確かに彼方らしくていいわね」

彼方「でしょ~?」

果林(…………私らしい贈り物、か……)


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 



13: 名無しで叶える物語 2020/02/05(水) 23:01:59.16 ID:uSehCXAg.net

 ―翌日―

エマ「………~♪」

 (今日はみんなに誕生日お祝いしてもらえてうれしかったなあ)

 (みんなが作ってくれた特製ケーキもおいしかったし…)

 (プレゼントまでもらっちゃって…)

エマ「…………」

 (……プレゼント…………)

 (……果林ちゃんからのだけ、無かった)

 (しかもあのあとすぐに帰っちゃうし…)

 (…………どうしたんだろう……?)



14: 名無しで叶える物語 2020/02/05(水) 23:05:23.30 ID:uSehCXAg.net

エマ「ただいま~……鍵は……っと」ゴソゴソ

🚪<ガチャ…

エマ「あれ……!?」

エマ(部屋の鍵、開いてる……閉めたはずなのに)

エマ(もしかして、泥棒……!?)

エマ「だ……、誰か居るんですか…?」ソローリ…


エマ「え!?なにこれ……!?」


 箱🎁 「…………」ドーン

 



15: 名無しで叶える物語 2020/02/05(水) 23:07:40.20 ID:uSehCXAg.net

 箱🎁 「…………」

エマ(おっきな箱……?)

 箱🎁 「…………!」カタカタ…

エマ「えっ!?ええっ!?」

 箱🎁 「……………!!!」パカッ!

果林「じゃ、じゃじゃ~ん……!!」

エマ「わぁぁぁっ!?」

果林「ふふっ、驚いた?」

エマ「……って、か、果林ちゃん!?」



16: 名無しで叶える物語 2020/02/05(水) 23:15:02.19 ID:uSehCXAg.net

果林(これが、私なりに考えた、私らしいプレゼント…つまり!)

果林「あなたへの誕生日プレゼント……それは、ワ・タ・シ♡」

エマ「…………」ポカーン

果林「今から私の身体はあなただけのもの… 」シュルッ…パサッ…

エマ「はぇえ!?か、果林ちゃんダメ~!////」

果林「あなたのシたいこと…なんでもしてあげる……♡」ギュッ

エマ「あわわわ……////」

果林「さぁ、来て…?」

果林(決まった……!…これでエマも大満足のハズ…!)



17: 名無しで叶える物語 2020/02/05(水) 23:18:54.82 ID:uSehCXAg.net

エマ「…………ぷっ」

果林「へ?」

エマ「うふふふっ、あははははっ!」

果林「わ、笑わないでよ、真面目にやってるのに!」

エマ「くすっ、ごめんね、なんだかおかしくって…」

エマ「ごめんごめん、拗ねないで!」

果林「むぅ…………」プクー



18: 名無しで叶える物語 2020/02/05(水) 23:22:02.98 ID:uSehCXAg.net

エマ「えっと……なんでも言うこと聞いてくれるんですよね?」

果林「もちろんよ」

エマ「じゃあ………外、出ようか」

果林「うん…////……って、えぇっ!?」

果林「だっ、ダメよこんな格好で…しかも野外でなんてそんな////」

エマ「こらこら!寒いんだからちゃんと着て!」

果林「あ、あれぇ……?」



19: 名無しで叶える物語 2020/02/05(水) 23:30:16.52 ID:uSehCXAg.net

 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

エマ「はぁ~……」

果林「やっぱり夜は冷えるわね…」

エマ「ん~……あんまり見えないなあ……」

果林「何か探してるの?」

エマ「星!」

果林「街の灯りが明るすぎるもの、ここからじゃ見えないわよ」



20: 名無しで叶える物語 2020/02/05(水) 23:42:15.46 ID:uSehCXAg.net

エマ「ん~……あ!」

果林「なぁに?」

エマ「あそこ!見て!」

   🌟 🌟 🌟

果林「えーっと……あれって、オリオン座かしら?」

エマ「うん!果林ちゃんのここと一緒!」ユビサシ

果林「あぁ、私のほくろ」

エマ「わたしね、果林ちゃんのほくろを見たときに…あの星のことを思い出してたんだ」

果林「確かに、ちょうど綺麗に並んでるものね」

エマ「わたしが思うに…そのほくろは神さまが果林ちゃんに分けてくれたお星さまなんだよ」

果林「よくわからないけど…、なんだかロマンチックね」



21: 名無しで叶える物語 2020/02/05(水) 23:46:53.57 ID:uSehCXAg.net

果林「ねぇ……いいの?」

エマ「なにが?」

果林「その……ただ夜空を眺めるだけだなんて」

エマ「あっ、そんな言い方ひどい!」

果林「そ、そうじゃなくて……星を見るのもステキだけど、もっと他に―――」

エマ「いいの」


エマ「これでいいの……」ギュッ

果林「!…………そうね」



22: 名無しで叶える物語 2020/02/05(水) 23:50:23.56 ID:uSehCXAg.net

エマ「ね、果林ちゃん……寒いね?」

果林「そうね……誰かに暖めてほしいくらい…ね」

エマ「ふふっ……もっとこっちに来て?」

果林「……こうかしら」

エマ「……離しちゃイヤだよ?」

果林「……わかってる」



23: 名無しで叶える物語 2020/02/05(水) 23:57:14.59 ID:uSehCXAg.net

果林「…………ごめんね、プレゼントのこと」

エマ「最初に言ってくれればよかったのに……」

果林「がっかりさせたくなかったから」

エマ「全然いいよ」

果林「私はね…まだあなたに何も返してあげられてないと思ってるの……それで―――」

エマ「そんなことないよ」



24: 名無しで叶える物語 2020/02/05(水) 23:58:59.37 ID:uSehCXAg.net

エマ「果林ちゃんや、虹ヶ咲のみんな…わたしたちを応援してくれるファンの人たち……」

エマ「わたしの周りにいてくれるみんなのおかげで……いっぱい大切な思い出ができたんだよ?」

エマ「スイスに持って帰るには、多すぎるくらい!」

エマ「それに」

果林「??」

エマ「わたしは、果林ちゃんと…返したり貸したりとか、そういう関係になったつもりはないよ?」



25: 名無しで叶える物語 2020/02/06(木) 00:01:12.08 ID:F/lzv31U.net

エマ「それでも果林ちゃんがわたしに何かあげたいと思ってるなら―――」

エマ「わたしから提案があります!」

果林「提案……なにかしら?」

エマ「今度の週末、お出かけしよっ!」

果林「え、いいけれど……どういうこと……?」

エマ「わたしの欲しいもの。果林ちゃんといっしょの思い出をわたしにプレゼントしてください」

果林「……なるほど、ね」


エマ「わたし、行ってみたい所がたくさんあるんだ♪猫カフェに、ふくろうカフェに、えーとそれから……」

果林「そういうことなら……私も、あなたに案内したい場所が山ほどあるの」

エマ「ふふっ、決まりだね」


エマ「これからもたくさん――いっしょに思い出をつくろうね♪」



 おしまい



26: 名無しで叶える物語 2020/02/06(木) 00:03:05.07 ID:F/lzv31U.net

日付変わったけどエマちゃんお誕生日おめでとうございます
ただのほのぼの系は書いててむず痒いですね


元スレ
エマ「三つ星をたどって…」