1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:35:35.63 ID:Tk4OFRQK0

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:35:57.11 ID:Tk4OFRQK0

黒埼ちとせ「ほらほらっ♪もう一回だよっ♪」

白雪千夜「お、お嬢様っ!///もう充分では…っ///」

黒埼ちとせ「まだまだっ♪そんなんじゃ吸血鬼を演じるのは無理だって♪」

白雪千夜「お、お前からもお嬢様になんか言ってくださいっ!///」


モバP「なんでこうなる…」




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:36:26.19 ID:Tk4OFRQK0

回想

モバP(以降P表記)「吸血鬼役?」

千川ちひろ「はい。なんでも今度のドラマの配役、吸血鬼の女の子の枠が空いてるらしく、ウチに誰かいないかと打診が来ました。これが書類です。」ピラッ

P「なるほど…」

P「…」チラッ

ソファ

黒埼ちとせ「~♪」ゴロゴロ


P「……分かっててウチにきたのかな、その仕事。」

ちひろ「…まぁ、狙い済ましたかのような精度ですよね。」

P「…一応、一応本人の意向も確認しますか…義務ですし。」

ちひろ「ですね…前に文香ちゃんに、古書店の店主の役が来たときも、確認はしましたし。」

P「あれも気持ち悪いくらいハマってましたね…おーい、ちとせー」

ちとせ「ん?何かしら?」

P「ちょっといいか?お前にドラマの話が来てるんだが。」

ちとせ「ドラマ?何の役?」

P「吸血鬼だ。」

ちとせ「あら、私にぴったりねっ♪」

P「受けるか?」

ちとせ「勿論っ♪」

P「よし、じゃあ…ん?」

ちひろ「どうしました?」

P「あー…ちひろさん、これ二人くれって来てますね…」

ちひろ「え?あ、ほんとだ。」

P「うーん、あと一人どうしよう…」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:36:52.89 ID:Tk4OFRQK0

ガチャ

白雪千夜「おはようございます。お嬢様、遅れてしまって申し訳ありません…」

ちとせ「全然大丈夫だよー。…あ、ねえねえ、そのもう一人の吸血鬼、千夜ちゃんじゃだめ?」

P「千夜?」

ちとせ「うん。私的には合ってると思うんだけど。」

P「…」ジー

千夜「?」クビカシゲ

P「…いいかもな。」

ちとせ「でしょ?」

千夜「あの…なんの話でしょう…」

P「千夜。」

千夜「はい。」

P「吸血鬼役、やってくんない?」

千夜「吸血鬼役…ですか?」

P「そう。ドラマの吸血鬼役。」

千夜「吸血鬼でしたら、私よりお嬢様が適任かと…」

ちとせ「私もやるよ。吸血鬼はもう一人必要なんだって。」

千夜「なるほど…でも、私より適任はもっといるのでは?」

ちとせ「えー?私は千夜ちゃんとやりたいなー。」

P「俺からも頼むよ。」

千夜「…お嬢様からのお願いを無下には出来ません。受けましょう。」

P「おう…俺のお願いは?」

千夜「『お嬢様』からのお願いに答えます。」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:37:21.79 ID:Tk4OFRQK0

P「…ハイ」

ちとせ「やったー♪楽しみだなーそのドラマっ♪」

P「とりあえず先方にはそう伝えておくから、おって連絡する。」

ちとせ「はーい」

千夜「わかりました。」

P「二人は今日、レッスンだったな。頑張れよ。」

P「あと、千夜。ちとせを頼んだぞ。」

千夜「分かってます。」

ちとせ「あれ?私の方が年上なんだけど。」

千夜「ほら、お嬢様。行きますよ。」

ちとせ「あ、待って千夜ちゃん。」


P「よし、じゃあ早速監督さんに電話してっと…」ポチポチ




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:37:48.60 ID:Tk4OFRQK0

その日の夜


ちとせ「千夜ちゃーん、入って大丈夫?」コンコン

千夜「はい。」

ガチャ

ちとせ「ごめんねー、前に借りてた漫画の次の巻…どうしたの?」

千夜「少し、勉強を。」

ちとせ「これ、吸血鬼について?」

千夜「はい。どういったものなのかを調べて、演技の参考にしようと思いまして。」

ちとせ「ふーん…」

千夜「しかし…やはり難しいですね…」

ちとせ「……なら、実際に試してみる?」

千夜「え?」

ちとせ「ふふっ♪」

千夜「?」




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:38:16.15 ID:Tk4OFRQK0

翌日

P「演技の練習?」

ちとせ「そっ♪私と千夜ちゃんの演技の練習に付き合って欲しくて。」

P「それは俺より、演技指導の先生に聞いたほうが…」

ちとせ「これは、魔法使いのあなたにしか頼めないの。」ズイッ

P「お、おう…分かった。」

ちとせ「じゃあ、一緒に来て。」グイッ

P「おう…どこに行くんだ?」

ちとせ「レッスンといえば、レッスン室でしょ?」

P「…」

P(なんかデジャヴ…)


レッスンルーム


千夜「あ、お嬢様。…なぜそいつを?」

P「そいつって…」

ちとせ「練習台になってもらうのっ♪」

千夜「練習台?」

P「なんか嫌な予感が…」

ちとせ「ふふっ♪千夜ちゃんに問題っ。」

千夜「は、はい。」

ちとせ「吸血鬼って、主にどこから血をすってる?」

千夜「え…?く、首、でした。昨日調べた限りでは…」

ちとせ「正解っ♪首は動脈と静脈が比較的皮膚の近くを流れてるから、噛み付くだけで大量の血が吸えるんだよ。動脈なら、少し切るだけで2mは真っ赤な血が吹き出ちゃう。」

P「笑顔でなんておぞましいことを…」

千夜「それが、なにか…」

ちとせ「じゃあ、千夜ちゃんも同じように、魔法使いの首を吸ってみようっ♪」

千夜「え」

P「え」

ちとせ「♪」




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:38:44.11 ID:Tk4OFRQK0

千夜「お、お嬢様? 急に何をっ?」

ちとせ「えー?吸血鬼のキモチが知りたいんでしょ?だったら実戦あるのみだよっ♪」

千夜「し、しかしっ、なんでこの男なんですか?」

ちとせ「よく知らない人より、魔法使いの方が安心でしょ?」

千夜「それは、そうですが…」

ちとせ「ほらほらっ♪ギュッとしてチュッと吸ってっ♪」

P「それはよそ様の曲だ。」

千夜「わ、私は嫌ですよっ」プイッ

ちとせ「えー?…あっ♪じゃあ、私が先にお手本を見せるね。」

千夜「え?」

P「え」

ちとせ「はいっ、こっち向いてっ♪」グイッ

P「お、おいっ」

ちとせ「カプッ」

P「う…」

千夜「お嬢様っ?!///」

ちとせ「フフッ♪んっ///」

チュウッ

P「ぐ…」

ちとせ「んっ///」

チロッ

P「お、おい…っ」

ちとせ「んっ!///」カプッ




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:39:17.87 ID:Tk4OFRQK0

P「いっ」チクッ

ちとせ「ぷはっ…」

P「お、お前なぁっ…」

ちとせ「ふぅ…ふふっ♪千夜ちゃん、分かった?」

千夜「なっ…な…///」

P「絶対、跡残ったぞこれ…」

ちとせ「あら、キスマークを見られたらまずい相手でもいるの?」

P「…」

千夜「お、お嬢様…私は…///」

ちとせ「…じゃあ、私もう一回ねっ♪」グイッ

千夜「あ、だめですっ///」グイッ

P「うおっ」

ちとせ「ふふっ♪じゃあ、ほら、千夜ちゃんの番。」

千夜「う…」

ちとせ「ほらほらっ♪」

千夜「…///」スッ

P「ち、千夜?」

千夜「こ、これは…/// お嬢様に言われて仕方なく、すること…ですっ/// 勘違いしないように…っ///」

P「い、いや…嫌ならしなくても…」

千夜「…んっ///」

チュゥ

P「う」

千夜「んぅ…っ///」カプッ




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:39:44.36 ID:Tk4OFRQK0

P「いたっ」チクッ

千夜「ぷはっ…ふぅ…ふぅ…///」

P「こ、これでいいだろ?」

ちさと「んーん♪まだだよっ♪」

P「今度はなんだっ」

ちさと「する方だけじゃなくて…される側も経験しないとね…?」ニマニマ

P「」

千夜「へ…?そ、それって…///」

P「」

ちさと「ほら、さっきみたいに私からっ♪」

P「…分かったよ。」スッ

千夜「あっ、お前っ///」

チュウッ

ちさと「んっ///」

P「ん…」

チロチロッ

ちさと「んぁ///ぁ///」

カプッ

ちさと「んっ?!///」ゾクゾクッ

P「ふぅ…これでいいか?」

ちさと「…////」

P「ちさと?」

ちさと「え、ええっ///これでいいっ///」




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:40:11.70 ID:Tk4OFRQK0

P「…」

ちさと「つ、次は、千夜ちゃんの番だよ…///」

千夜「っ///」

P「…」グイッ

千夜「あっ…///」

P「…千夜が嫌だったらしないけど…どうする?」

千夜「……これは…練習の為…です…///だから…お願い、します…///」

P「…了解。」スッ

千夜「あ///」

P「ん…」

チュウ

千夜「あっ///」

P「…」

チュウゥゥ

千夜「あぅぅ///」

カプッ

千夜「んぅっ///」

P「ふう…」

千夜「ぁ…///ぁ///」

P「大丈夫か?」

千夜「//////」プシュー

P「茹で上がってる…」

P「…」




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:40:39.23 ID:Tk4OFRQK0

ちとせ「…///」ウツムキ

P「ちとせー?」

ちとせ「あっ///な、何?///」

P「いや、大丈夫か?」

ちとせ「だ、大丈夫っ///じゃ、じゃあもう遅いしっ///帰るねっ///」グイッ

千夜「あ…お嬢様…///」

P「あ、おい」

ちとせ「お、お疲れ様っ///」


P「早っ」


夜 黒埼邸

ちとせの部屋

ちとせ「…」ポスッ

ちとせ「…」サスッ

ちとせ「…////」

ちとせ(魔法使いに噛まれた時…なんか全身に電気走ったみたいだった…)

ちとせ「~~~っ/////」モゾモゾッ



千夜の部屋

千夜「…」ポスッ

千夜「…」サスッ

千夜「…///」

千夜「/////」

千夜「~~~っ///////」ジタバタ




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:41:13.83 ID:Tk4OFRQK0

翌日

P「よっす、おはよ、千夜。」

千夜「…///」フイッ

P「あれ?千夜ー?」

千夜「お、おはようございます…////」

P「…そんな露骨に視線を外されると…少し傷つくのですが…」

千夜「…あの…」

P「ん?」

千夜「……やっぱ…なんでもない…///」

P「?」

千夜「……お前…」

P「お、おう、なんか、様子変だけど、大丈夫か?」

千夜「…来てください…っ」グイッ

P「お、おい…」


仮眠室


千夜「…///」

p「ど、どうしたんだ?」

千夜「……昨日の続きを…してください…///」

P「へ?」

千夜「れ、練習…のことです…っ///」




14: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:41:41.97 ID:Tk4OFRQK0

P「え…でも…嫌だったんだろ?」

千夜「…練習の為ですっ///」ズイッ

P「…わ、分かったよ。」

千夜「じゃ、じゃあ、ん…///」クイッ

P「行くぞ…」

千夜「はぃ…///」

P「ん…」

チュウッ

千夜「あっ…///」

チュウゥ

千夜「ああ…っ///」

ハムッ

千夜「あっ///んぅ///」

チュルルッ

千夜「んんんっ///」ビクンッ

P「ふぅ...これでいいか?」

千夜「ぁ...」

P「千夜?」

千夜「フゥ.../// フゥ...///」

P「大丈夫か?」

千夜「......も...っと...///」

P「ん?」

千夜「...///」ウツムキ




15: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:42:28.20 ID:Tk4OFRQK0

P「おーい「プロデューサーさーん?」やば、ちひろさんだ。」

千夜「ぁ...」

P「じゃ、じゃあ、千夜。すまんっ。」

ガチャッ
バタンッ

千夜「...っ///」モジッ




P「…」カタカタカタ

P「ふぅ…」

P「ん~っ」ノビー

ちとせ「あ、やっぱりまだいた。」

P「ちとせか。お疲れさん。」

ちとせ「お疲れ。ねえ、この後、暇?」

P「まあ、もうこんな時間だしな。暇というか帰って寝たい。」

ちとせ「じゃあ、ちょっと付き合ってくれない?」

P「……凄まじく嫌な予感しか、しないんだが…」

ちとせ「昨日の、続き、するだけだって♪」

P「余計嫌だよ。」

ちとせ「ふーん…そっか…」

P「…なんだ?」

ちとせ「じゃあ、これ、皆に送っちゃおっかな?」ピッ


P『え…でも…嫌だったんだろ?』




16: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:43:05.65 ID:Tk4OFRQK0

千夜『…練習の為ですっ///』ズイッ

P『…わ、分かったよ。』

千夜『じゃ、じゃあ、ん…///』クイッ

P『行くぞ…』

千夜『はぃ…///』

P『ん…』

チュウッ

千夜『あっ…///』

チュウゥ

千夜『ああ…っ///』


ちとせ「~♪」ニコッ

P「」

ちとせ「えっとー、皆のライングループは…」

P「待て。分かった。行くから。」

ちとせ「クスッ、じゃあ、仕事がんばってね♪」ヒラヒラ

P「クソウ…」


黒埼邸


ちとせ「ただいまーっ」

千夜「お帰りなさいませ。お嬢さ…えっ」

P(おお…家じゃほんとに使用人の恰好してるのか…)

千夜「お、お嬢様っ、なぜその男が、い、一緒なのですかっ?」

ちとせ「えー?勿論、練習の為だよ?」




17: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:43:37.06 ID:Tk4OFRQK0

千夜「れ、練習って…」

ちとせ「うちの方が落ち着いて出来るでしょ?今晩はみんな出払ってて、私たちだけだし。」

千夜「…わ、私はっ、もう、練習は必要ありませんので…っ///」

ちとせ「まだ必要でしょ?はい、これっ」ピッ

千夜「えっ…ぁ…な、なぜこれを…///」

ちとせ「練習、するよね?」

千夜「ぅぅ…/// はぃ…///」

ちとせ「ほら、魔法使いを案内してあげて♪私の部屋ね♪」

千夜「…こっちです…///」

P「お、おう…」


廊下


P「…」

千夜「…////」ウツムキ

P(めっちゃ気まずい…)

千夜「ここ…です///」

P「おう…」

千夜「い、いいですね/// 椅子に座って大人しくしててくださいっ/// 少しでも余計な所に触れたら許しません///」

P「分かったって…」

千夜「で、では…///」

パタン…

P「カエリタイ…」




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:45:31.08 ID:Tk4OFRQK0

ガチャッ

ちとせ「お待たせっ♪」

千夜「ぅぅ///」

P「お、おお…」

ちとせ「クスッ、なんでそんな隅の椅子で縮こまってるの?」

P「千夜に何も触るなと言われてな…」

ちとせ「あははっ♪ いいのに別に。例えば~、下着はそこのタンスだよ?」

千夜「お、お嬢様っ!」

ちとせ「冗談だって♪」

p「…」

ちとせ「んじゃっ♪」スタスタ

P「え」

ちとせ「えいっ♪」

ギシッ

P「おい…なぜ俺の膝の上に座る…」

ちとせ「駄目?」クビカシゲ

P「いや、いいけど。」(脊髄反射)

P「あ、いや、だめだろ。」(正気)

ちとせ「いいじゃない。この方がしやすいよ? ほら。」スッ

P「お…」

ちとせ「んっ♪///」

カプッ

P「ぅ」チクッ




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:45:58.84 ID:Tk4OFRQK0

P(やっぱちょっと痛くてこそばゆい…)

千夜「お、お嬢様…っ///」

ちとせ「フフッ♪ んぅ///」

チュウッ

P「ん…」

ちとせ「んっ/// んっ/// 」カプカプ

P「ぃ」

ちとせ「ふぅ…/// あ、跡、ついたね。」

P「そりゃ、そんなに噛まれたらな。」

ちとせ「ほんとは血が出るぐらいでもいいんだけど…」

P「それは勘弁してくれ…」

ちとせ「フフッ…じゃ、次は千夜ちゃんだよっ♪」

千夜「わ、私は…」

ちとせ「…そっか、じゃあ千夜ちゃんは見学ね?」

千夜「えっ」

ちとせ「ほらほら、今度はあなたが私にする番っ♪」

千夜「…」ウツムキ


P「はいよ…」

ちとせ「あ、噛まないでね。」

P「え?」

ちとせ「明日も撮影あるのに、噛み跡なんて、ついてたら大騒ぎでしょ?」

P「まあ、確かに。」

ちとせ「だから、噛むのは禁止。」




20: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:46:32.92 ID:Tk4OFRQK0

P「…分かった。」

チュウッ

ちとせ「あっ///」

チュウゥ
チロッ

ちとせ「んんっ///ふぅ///」

P「ふぅ...これでいいか?」

ちとせ「フフッ/// ええ、じゃあ、次は私ね。」

P「まだするのか...」

ちとせ「んっ///」カプッ

ちとせ「フフッ」

ちとせ「んっ/// んぅ/// んっ///」

P「お、おい、ちとせ? なんか、上がってきてないか?」

ちとせ「んっ/// いいから、大人しくしてっ.../// んぅ///」

P「おい...」

ちとせ「しー。静かに。...んっ///」

P「んぅ」

千夜「お、お嬢様っ?!///」

ちとせ「んぅ/// んっ/// ちゅっ/// 」

P「ん...」

ちとせ「...ふぅ...//// 」

P「...これ、もう吸血鬼関係なくないか?」

ちとせ「フフッ、吸血鬼のキスって神秘的でしょ?」




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:47:02.29 ID:Tk4OFRQK0

P「...ドラマにはキスシーンは無いからな。」

ちとせ「あったら断ってる。」

P「ですよね。」

ちとせ「そんな事より、次はあなたの番よ。」

P「...おう。」スッ

チュッ

ちとせ「んっ////」

チュルッ

ちとせ「ぁ/// んっ/// ちゅっ/// 」

P「ふぅ...」

ちとせ「はぁっ/// フフッ/// 」ギュッ

P「...千夜。」

千夜「っ/// 」

P「本当に、練習しなくていいのか? 」

千夜「...///」

P「...したいなら、正直にな?」

千夜「.....」

P「ん、ちとせ、一旦どいてくれるか?」

ちとせ「...///」ギュウッ

P「ちとせ?」

ちとせ「...フゥ...しょうがないなぁ、千夜ちゃんはっ♪」スッ

P「...」

P「ほら、おいで、千夜。」




22: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:47:41.06 ID:Tk4OFRQK0

千夜「...///」

P「ほらっ」グイッ

千夜「ぁ///」ポスッ

P「どっちから、先にする?」

千夜「.../// お、お前から...して...///」

P「了解。」スッ

千夜「あ///」

チュウッ

P「ん...」

千夜「んっ//// ぁ/// ぅぅ/// んぅ///」

P「どうだ?」ボソッ

千夜「んぁ/// そ、そこで、喋らないで...ください...っ///」

P「どうして?」ボソッ

千夜「んぅ/// く、くすぐったい...///」

P「...ん」カプッ

千夜「あっ///」

P「ふぅ...ほらっ、次は千夜の番。」

千夜、「...んっ////」

チュウッ

千夜「...んっ//// んぅ/// ちゅっ/// 」

P「...」

千夜「フゥ.../// フゥ.../// 」ジー

P「ちとせみたいに...ここには、しなくていいのか?」




23: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:48:11.55 ID:Tk4OFRQK0

千夜「...これは、練習...です.../// お嬢様に、迷惑をかけない、為の…///」スッ

チュッ

千夜「んっ…///」

P「ん…」

ちとせ「フフッ♪」

千夜「んっ/// んんっ/// ちゅっ//// んぅ///」ギュウゥゥ

P「んぅ…ふぅ」パッ

千夜「ぁ…」

P「…どうした?」

千夜「…っ///」

P「ん?」

千夜「……も、もっと…っ///」

P「もっと、なんだ?」

千夜「……っ///」フイッ

P「……千夜は、練習がしたいんだよな?」

千夜「…はぃ…///」

P「じゃあ、もっと色んなパターンで、練習しないとな?」

千夜「え?」

P「よっと」ヒョイ

千夜「きゃっ///」

P「やっぱ軽いなー」スタスタ

千夜「な、なにを…///」

P「ちとせ、ベッド借りるぞ。」




24: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:48:53.43 ID:Tk4OFRQK0

ちさと「…フフッ、いいよっ♪」

千夜「べ、ベッドって…///」

P「ほれっ」トサッ

千夜「あっ///」

P「よっと…」ギシッ

千夜「ぅ…///」

P「よく見るだろ? ベッドで寝てるときに襲われるの。」

千夜「そ、そう…なんですか…///」フイッ

P「試すか…?」

千夜「……い、いいです…///」

P「ほんとに、いいの?」

千夜「っつ/// お、お前はっ/// 獣ですか…っ/// じょ、女性をベッドに押し倒すなど…/// 練習とはいえ…///」

P「千夜。」

千夜「だ、だいたいっ/// お嬢様に頼まれたとはいえっ、私とお嬢様、二人と、あんなに簡単にせ、接吻を…っ//」

P「千夜っ」

千夜「く、くずですっ/// お前はっ/// 大人なら、もっと弁えるべきですっ///」

P「千ー夜っ」クイッ

千夜「ぁぅ///」

P「ちょっと、だまろっか?」

千夜「あっ/// だめですっ/// だめっ/// だめ…っ//」

P「ん…」

千夜「んぅ…///」




25: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:49:24.91 ID:Tk4OFRQK0

P「…落ち着いた?」

千夜「お、落ち着くわけが…///」

P「落ち着いたな。じゃあ…」

チュウッ

千夜「んあっ///」

P「んっ」カプッ

千夜「あっ/// ああっ/// も、もうっ/// いいっ/// んやっ///」

P「ふぅ…」

千夜「はぁっ…/// はぁっ…///」

P「ほら、次は千夜の番だぞ。」

千夜「ぁ…/// …///」スッ

P「ん?首じゃないのか?」

千夜「っつ/// うるさいっ///」

チュッ

P「ん…」

千夜「んっ/// ちゅうっ/// ん~っ///」ギュウゥ

P「…」

チュルッ

千夜「ぁ/// ちゅるっ/// れるっ///」

P「ん…」

千夜「ぁ/// んっ/// ちゅるっ///」

P「…」

フニュ




26: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:49:53.00 ID:Tk4OFRQK0

千夜「んんっ///」

P「ふぅ…抵抗、しないのか?」

千夜「ハァ…/// フゥ…///」フイッ


ちとせ「えいっ♪」ギュッ

P「お?」

ちとせ「千夜ちゃんばっかずるいっ♪ んっ///」

P「んぅ」

千夜「…」ジトー

ちとせ「…ふぅ…フフッ、ねえ、魔法使いさん?」ゴロンッ

P「なんだ?」

ちとせ「これ以上は、なにもしないの?」

千夜「っ///」

P「…」

ちとせ「女の子部屋で、女の子のベッドに、女の子を押し倒して、キス、してるんだよ?」

P「…」

ちとせ「…これ以上、しないの?」

P「…」

P「」

クイッ

ちとせ「ぁ////」

P「…ちとせはいいのか? 」

ちとせ「…もちろんっ♪ だから部屋に上げたのよ。」

P「そっか。千夜は?」




27: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:50:19.41 ID:Tk4OFRQK0

千夜「っ///」ビクッ

P「…どうする?」

千夜「…///」

P「…ま、千夜が嫌なら無理じいはしないが。」

千夜「…ぃぃ///」

P「ん?」

千夜「…いい…ですよ…///」

P「二人を、めちゃくちゃにしちゃうよ?」

千夜「…わ、私が、好きでも無い男性に、キスしたり、させたりする訳が無いでしょう…///」

P「…了解。」スッ

千夜「ぁ///」

P「んっ…」

千夜「んぅ///」

フニュ

ちとせ「あっ///」

千夜「んぅ/// ちゅるっ/// れるっ///」

ムニュモニュ

ちとせ「んっ/// フフッ/// ほんと、魔法使いというより、狼ねっ///」

P「ふぅ…狼は一夫一妻だけどな。」スッ

千夜「ぁ…」

ちとせ「んっ///」

千夜「…」ジトッ




28: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:50:47.41 ID:Tk4OFRQK0

P「ん…」

フニュ

千夜「ぁ/// お、お前はっ/// お嬢様に集中できないのですかっ///」

P「…ふぅ、寂しそうだったからな。」

千夜「そんなことは…///」

ちとせ「ほら、私にももっとちゃんとしてっ♪///んっ///」

P「んぅ…」

フニッフニュ

千夜「んぁ/// んっ/// ふっ/// ぅんっ///」

ちとせ「んぅ...//// ちゅるっ/// れるっ///」

P「...ふぅ」

ちとせ「ハァ.../// フゥ...///」

千夜「はぁ.../// はぁ...///」

P「二人とも、これ、脱いでくれ。」クイッ

ちとせ「フフッ、いいよっ♪」

千夜「っ////」


P「...」

千夜「み、見ないでくださいっ////」

P「どうせこの後見るだろ?」

千夜「それでもですっ/// お前はもっとデリカシーというものを...///」

ちとせ「ほらほら、千夜ちゃんもっ♪」

千夜「お、お嬢様っ///」

ちとせ「今更恥ずかしがってもしょうがないってっ!///」




29: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:51:16.85 ID:Tk4OFRQK0

P「...」ニヤニヤ


千夜「うぅ///」プルプル

ちとせ「そんな恥ずかしがらなくていいのに///」

千夜「わ、私はお嬢様ほど、スタイルも良くないですし...///」

ちとせ「えー? スレンダーで羨ましいけどなぁ...」

P「二人とも綺麗だよ。」

ちとせ「ぁ/// ありがとっ♪///」

千夜「/////」

P「じゃあ二人とも、おいで。」

ちとせ「ほら、千夜ちゃんっ♪」グイッ

千夜「ぁ///」ポスッ

P「ほいっ」ギュウッ

ちとせ「フフッ///」

千夜「ぅぅ///」

P「顔、上げて。」

ちとせ「ん///」クイッ

千夜「////」クイッ

P「ん...」

ちとせ「んっ//// ちゅっ/// んぅ///」

P「千夜も...」

千夜「ん.../// んっ/// んんっ///」

P「...」スッ





30: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:51:45.51 ID:Tk4OFRQK0

クチュ
クチュ

ちとせ「あっ///」

千夜「んぁ///」

P「二人とも、準備しないとな?」

クチュクチュクチュクチュ
クチュクチュクチュクチュ

ちとせ「あんっ/// ぅんっ/// あっ///」

千夜「んんっ!/// んぁ/// ん〜っ///」

P「ふぅ...」

千夜「あっ...///」

P「ちとせ」

ちとせ「んあっ//// んっ//// ちゅうっ///」

千夜「あっ/// あっ/// あんっ///」

P「ふぅ...お待たせ、千夜。」

千夜「ぁ/// んっ/// ちゅるっ/// れるっ///」

ちとせ「あっ/// あっ/// ああっ/// も、もうっ/// あんっ///」

P「...」

グチュッグチュッグチュッグチュッ
グチュッグチュッグチュッグチュッ

ちとせ「やんっ/// はげしっ///んんっ///」

千夜「んんんっ///」

グチュッ

ちとせ「あんっ/// あああっ///」

千夜「んんんっつ〜〜〜っ///」




32: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:52:23.01 ID:Tk4OFRQK0

P「ふぅ...」

ちとせ「はあっ/// はあっ/// フフッ/// 」ギュウッ

千夜「ハァッ.../// ハァッ...///」クタッ

P「じゃあ、どっちからにする?」

ちとせ「んー、じゃあ、千夜ちゃんから?」

千夜「ぇ...///」

P「...そうだな。」ギシッ

千夜「ぅ...///」

ちとせ「フフッ♪」ポスッ

千夜「お、お嬢様...なんで隣に...///」

ちとせ「もちろん、千夜ちゃんの可愛い姿を近くで見るためだよっ♪///」

千夜「そんな...///」

P「ほら、千夜...」

クチュ

千夜「ぁ/// ま、まだ、心の準備が...///」

P「待てない。」ググッ

千夜「ぁ、ぁぁ/// はいっ、てぇ...///」

ヌププッ

プチプチッ

トン...

千夜「ああ...」

P「ふぅ、全部入ったぞ。」




33: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:52:49.00 ID:Tk4OFRQK0

千夜「い、たぃ...」

P「だよな。」ギュウッ

千夜「ぁ...///」

P「落ち着くまでこうしてるよ。」

千夜「...////」ギュゥ

ちとせ「♪」ニコニコ


千夜「も、もぅ...動いて大丈夫です...///」

P「分かった。辛かったら、すぐ言えよ。」

千夜「はぃ...///」

グッ

グチュッグチュッグチュッ

千夜「ぁ/// んっ/// んんっ///」

P「声、我慢しなくてもいいぞ。」

千夜「やぁ///」

P「ほらっ」

パチュンッ

千夜「あんっ///」

ちとせ「フフッ♪/// 千夜ちゃん、可愛い♪///」

千夜「やあっ/// おじょうさまぁ/// 見ないでくださいっ///」

パチュンッパチュンッパチュンッパチュンッ

千夜「んあっ/// やあっ/// うぁっ///」

ちとせ「んー…んっ///」チュッ

千夜「んっ?!////」




34: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:53:14.41 ID:Tk4OFRQK0

P「おっ」

ちとせ「んっ/// ちゅるっ///」

千夜「んぅっ/// お、おじょうさっ/// にゃにをっ///」

ちとせ「ぷはっ…千夜ちゃん可愛いんだもんっ♪///」

千夜「そんなっ/// あっ/// んあっ///」

ちとせ「だから、んっ///」チュウッ

千夜「んんっ///」

P「ぐっ…だすぞっ」

千夜「んぁっ/// んんっ/// な、なかはぁ///」

P「ぐぅっ」

ドクンッ

千夜「んんんっ~~~~っ////」

ドクッドクンッ


P「ふぅ…」

千夜「ふわぁ…///」クタァ

ちとせ「えいっ」ドンッ

P「うおっ」トサッ

ちとせ「フフッ///」マtガリ

P「積極的だな。」

ちとせ「んふっ/// もう、我慢出来ないのっ///」

クチュ

P「お…」




35: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:54:04.65 ID:Tk4OFRQK0

ちとせ「だから、んんっ」

ニュプッ

ちとせ「いっ…んっ」

プチプチッ

P「え…ちとせ…?」

プチッ

…トン

ちとせ「いっ…たぁ…」ペタッ

P「お前、はじめてだったのか…」

ちとせ「え、ええ…そんな、遊んでるように、見えてた…?」プルプルッ

P「いや…すごい余裕そうだったから…」

ちとせ「なにそれ…っ」

P「無理すんなって。ほら。」ギュッ

ちとせ「ぁ///」

P「痛いだろ。」

ちとせ「ふ、ふふっ、そうやってっ、事務所の娘達を、落としてきたの…?///」

P「…」

ちとせ「ふふっ、知らないとでも、思った…?///」

P「ぅ…」

ちとせ「んぅ…そろそろ、動いても、大丈夫…っ///」

P「…辛かったら、すぐ言えよ。」

ちとせ「うん…///」

ズッ




36: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:54:32.53 ID:Tk4OFRQK0

グチュッグチュッグチュッグチュッ

ちとせ「あ…っ/// んっ/// っ///」

P「…」

カプッ

ちとせ「んあっ?!/////」ビクッ

P「…首、噛まれるの、弱いんだな?」ボソッ

ちとせ「あっ/// …っ///」

P「ん?」

ちとせ「噛まないでって…言ったのに…っ///」

P「うーん、やだ。」カプカプッ

ちとせ「あっ/// だめっ/// ほんとっ/// あんっ///」

P「ん…」

パンッパンッパンッパンッパンッ

ちとせ「あっ/// ああっ/// んんっ/// ん~っ///」

P「なんで声、我慢してるの?」

ちとせ「んっ/// んぁ/// んぅ///」

P「…千夜。」


千夜「ふぇ…?///」


P「今なら、ちとせにやり返せるぞ?」

ちとせ「んんっ?/// な、なにをっ…///」

千夜「……お嬢様…///」スッ

ちとせ「えっ/// ち、千夜ちゃんっ?///」




37: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:54:59.01 ID:Tk4OFRQK0

千夜「んっ///」

ちとせ「んぅ///」


千夜「ん/// ちゅるっ/// れるっ///」

ちとせ「んぁ/// ち、ちよひゃんっ/// ちゅるっ///」


P「…」

パンッ

ちとせ「んんっ///」

パンッパンッパンッパンッ

ちとせ「んんぅっ///// んっ/// んんっ///」

千夜「ぷはっ…///」

ちとせ「あんっ/// んぁ/// ぅんっ/// ああっ///」

P「声、可愛いな。」

ちとせ「んっ///」フイッ


千夜「…お前///」

P「ん…んっ」チュッ

千夜「んぅ/// ちゅるっ/// ん~っ///」

ちとせ「ぁ/// ちよちゃんっ/// いま、私のばんっ///」

P「んぅ」

パンッパンッパンッパンッパンッ

ちとせ「あんっ/// やあっ/// あっ///あっ///あっ///」

千夜「んっ/// れるっ/// れろっ/// ちゅるっ///」

ちとせ「ん~っ/// もうっ///」グイッ




38: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:55:24.99 ID:Tk4OFRQK0

千夜「あ…っ///」

ちとせ「んっ!////」

P「んぅ」

ちとせ「んっ/// ぷはっ/// あっ/// あっ/// 」

P「どうだ?」

ちとせ「あっ/// もうっ/// 」

P「ぐっ、もう、でるぞ…っ」

ちとせ「あっ/// だしてっ/// あんっ///」

P「ぐぅ…っ」

ドクンッ

ちとせ「あああっ///」

ドクッドクッ


P「ふぅ…」

ちとせ「ぁ…/// こ、こんな…熱い、のね…///」

P「ああ…」




39: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:55:51.39 ID:Tk4OFRQK0

シャワー後


P「」

ちとせ「ふふっ♪」ギュッ

千夜「お嬢様…少しくっつきすぎでは…」ギュッ

ちとせ「千夜ちゃんこそ。」

P「…」

ちとせ「それで、魔法使いさん? どうするの?」

P「…」

千夜「…私や、お嬢様にあんな事をしておいて…まさか、責任をとらない気ですか?」ギロッ

P「…いや。」ギュッ

ちとせ「あっ///」

千夜「んっ///」

P「責任はとるよ。…でも」

ちとせ「みんなに説明するのが怖い?」

千夜「…そうですね。こいつは、他の娘にも手を出してるんでしたね。」ギュウゥゥゥ

P「ぐぅ…苦しぃ…」

ちとせ「んーじゃあ、はいっ」

P「え?」

ちとせ「えいっ」

ピッ
カシャッ

P「おい、なんで写真撮った?」

ちとせ「これを…送信っ♪」ピコンッ


P「え」

千夜「お嬢様…?」


ちとせ「明日、楽しみだね? 魔法使いさん?」


P「」





40: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:56:18.37 ID:Tk4OFRQK0

翌日

P「」セイザ

速水奏「…」ゴゴゴゴ

城ヶ崎美嘉「…」ゴゴゴゴ

塩見周子「…」ゴゴゴゴ


ちとせ「~♪」

千夜「…」


P「スイマセンデシタッ」ドゲザ

奏「ねえ、何回目かしら?」

周子「というより、何人目?」

美嘉「はぁ…」

P「」ダラダラ


未央「二人とも、こんなプロデューサーでほんとにいいの?」

ちとせ「んー? 大丈夫だよ?」

未央「千夜っちは?」

千夜「…私は、お嬢様に従います。」

ちとせ「そんな事言って、昨日はあんなに魔法使いに「好きー」って言ってたのにっ♪」

千夜「なっ/// そ、そんな事は言ってませんっ///」

未央「へー、千夜っちが…」

千夜「ち、違いますっ」

ちとせ「自分からキスをねだったりとかねっ♪」

千夜「それは…っ///」




41: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:56:46.64 ID:Tk4OFRQK0

未央「意外だねぇ」

千夜「うぅ…/// も、元はといえばお前が…っ///」ゲシッ

P「痛いっ」


ちとせ「ま、とりあえず…」スッ

未央「ん?」

P「え?」

ちとせ「アムッ」

カプッ

P「いっ」チクッ

奏「なっ」

周子「ちょっ」

美嘉「ちとせっ?」


ちとせ「これからも、よろしくね? 魔法使いさん?」




42: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:57:24.39 ID:Tk4OFRQK0

To be continued...



43: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/02/08(土) 21:58:26.37 ID:Tk4OFRQK0

今回は以上となります。

回想から終了までつながっていないのに、今気が付きました。
以後気を付けます。

お粗末様でした。


元スレ
SS速報R:モバP「こうなるとは思わなかった…」