1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 18:50:13.74 ID:liWf+Bam0

~某日~


千早「……」ぺらっ

千早(せっかくのオフなのに……勿体無いかしら)


ぱたん


千早「……少し散歩しましょうか」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 18:57:12.45 ID:liWf+Bam0

千早「……」

千早(思ったより……寒い)

千早「はぁ」


千早(家を出たばかりだけど……もう帰りたい)

千早「……あ、コンビニ」

千早「……」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 19:02:44.13 ID:liWf+Bam0

ッシャセー


千早「肉まんをふた、ひとつ下さい」


ゥエーイ


千早「クレジットでお願いします」


サインオナッシャース


千早「え、その……今はオフですからサインとかは…」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 19:07:38.26 ID:liWf+Bam0

……




千早(クレジットの控えのことだったのね……無駄に恥をかいた)


ぱかっ


ほくほく


貴音「おお、立ち昇る湯気さえも美味しそうですね」

千早「ええ」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 19:14:37.61 ID:liWf+Bam0

千早「……!?」

貴音「む、食べないのですか?」


千早「し、四条さん?」

貴音「はい?」

千早「いつからここに?」


貴音「散歩をしていたところ、肉ま……千早を見つけたものですから」

千早「そう……」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 19:20:34.58 ID:liWf+Bam0

千早「半分食べる?」

貴音「いえ、あなたが買った肉まんです」



千早「四条さん、よだれ」

貴音「はっ……!」

千早「私の食べかけだと、嫌かしら」

貴音「まさか」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 19:25:21.77 ID:liWf+Bam0




貴音「はふはふ」

千早「ふー、ふー……ん」


貴音「まこと美味ですね」

千早「冷えた体が温まるわね」

貴音「肉まんのお礼です…良い所へ案内しましょう」

千早「……?」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 19:30:43.20 ID:liWf+Bam0

……




千早「……」

貴音「何もないじゃないか……といった表情ですね」

千早「え、そ……そんな事は」

貴音「ふふ、もうじきです」



千早「………あ」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 19:36:03.21 ID:liWf+Bam0

千早「……すごい」

貴音「美しいでしょう?」

千早「ええ、本当に」



貴音「これを知っているのは、私とあなただけ」

貴音「つまりふたりだけの秘密です」

千早「私と、四条さんの」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 19:43:53.66 ID:liWf+Bam0

貴音「のん」

千早「え?」

貴音「名前で、呼んでくれますか?」

千早「た、貴音さん……?」

貴音「ふふっ、よろしい」


千早(なんだか恥ずかしいわね……)



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 19:48:16.15 ID:liWf+Bam0

貴音「さ、夜はさらに冷えます」

千早「そうね、そろそろ行きましょうか」


ぐぅ~


貴音「……」

千早「帰りに、また肉まんを買いましょうか」

貴音「ふふ、そうですね」




千早・貴音
おわり



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 19:59:14.78 ID:liWf+Bam0

千早「……当てもなく外へ出たけど」

千早「どうしようかしら」



響「……あれ、千早か?」

響「千早っぽいけど……うーん」



千早「……」

千早(誰かしら…私をチラチラ見てくる)



千早(あやしい)

響(なんだか怪しいぞ)



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:04:58.60 ID:liWf+Bam0

千早「……」


すたすた


響「むむ、これは尾行するしかない!」


すたすた


千早(ついて来る……ストーカー?)

響(撒こうとしてる…ますます怪しい)



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:14:09.05 ID:liWf+Bam0

千早「……」

千早(なぜ私を狙うのかしら)


響「……」

響(どうして必要以上にコソコソしてるんだ?)




響(……もしかして)

響(デートか!?)



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:22:13.59 ID:liWf+Bam0

響(それじゃあ、邪魔したら悪いよね)



響(いや、相手が誰なのか気になる…)

響(ちょっと見て帰ろう…そして胸の内にしまっておこう)



千早(あたたかい目で見られている気がする……)

千早(……なぜ)



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:30:39.53 ID:liWf+Bam0

千早(とにかく撒くのが最優先ね)


だっ


響「あっ!」

響「待てー!」


だだっ


千早「っ……!!」

千早(走って追いかけてきた……)



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:36:42.76 ID:liWf+Bam0

……




千早「なんとか撒いたわね……」

千早「怖かった…」



響「見失った…」

響「尾行失敗だぁ~」




千早「あ、我那覇さん!」

響「え?」



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:44:03.67 ID:liWf+Bam0

千早「ストーカーに追われているの」

響「な……!?」


響「本当なのか!?」

千早「ええ……ちょうど我那覇さんと同じような背の」

千早「同じような……」




千早「あ」

響「んん?」



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:58:01.54 ID:liWf+Bam0



響「自分、不審人物だと思われてたのか!?」

千早「ごめんなさい……」

響「ちっとも怪しくないぞ!」

千早「でも……」



千早「帽子を被ってマスクをつけていたら、遠くだと誰だかわからないもの」

響「そ、そうか……」



千早・響
おわり



109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 21:38:34.95 ID:2cUjG56R0

千早(少し寒い……もう少し厚着してくればよかったかしら)

千早(それにしても散歩って何をしたらいいの?)

千早(……どうしよう)

美希「あれ? 千早さん?」

千早「……美希じゃない。こんなところで会うなんて奇遇ね」

美希「それはこっちのセリフなの。千早さんどうしたの? お買い物?」

千早「いえ、ちょっと暇だったから気分転換に散歩でも、って……」

美希「へぇ……千早さんもそういうことするんだ。ちょっと意外かも!」



113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 21:46:46.72 ID:2cUjG56R0

千早「でもやっぱり慣れないことはするものじゃないわね。もう何をしたらいいか分からなくなってるもの」

美希「どういうこと?千早さんはおさんぽしてるんだよね?」

千早「そうね」

美希「でも何をしたらいいのか分からないの?」

千早「えぇ」

美希「えっと……よくわかんないけどおさんぽ続けたらいいんじゃないかな?」

千早「そのおさんぽで何をしたらいいのかが分からないのよ」

美希「なるほど」



116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 21:53:38.47 ID:2cUjG56R0

美希「つまり千早さんはおさんぽが何をするものなのかよく分かってないってことだね」

千早「まあ、そういうことになるかもしれないわね」

美希「そういうことならミキとおさんぽしない? ミキ、よくおさんぽするからけっこー得意だよ」

千早「散歩に得意とかあるのかしら?」

美希「でも千早さんは苦手なんだよね?」

千早「……そうね」

千早「それで、どこへ向かうの?」

美希「さあ? おさんぽって行き先を考えずに適当に歩くことだと思うの。だから行き先なんてどうでもいいって思うな」



119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 22:01:39.47 ID:2cUjG56R0

千早「それもそうね。……美希は散歩の時どんなことを考えてるの?」

美希「うーん、その時によるけど大体は面白いものを探してるかな」

千早「面白いもの?」

美希「うん、例えばこのタイルの模様とか、あそこに生えてる木の枝の形とか……」

千早「面白いかしら?」

美希「どこが面白いかとか聞かれると困るの」

美希「さっき言ったのはミキ的に面白いって思うものだから千早さんも自分が面白いと思うものを探すといいと思うな」

千早「なるほどね……」ジッ

美希「えっと、そこでどうしてミキのことを見るのかな……?」



121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 22:02:34.69 ID:2cUjG56R0

千早「美希が面白いから?」

美希「ちょっとそれ、どーいうことなの!?」

千早「どこが面白いかと聞かれると困るわ」

美希「ミキのマネしてる?」

千早「ふふっ、ごめんなさい、冗談よ」

千早「また暇なときにでも一緒に散歩しましょうか」

美希「おさんぽしてる美希が面白いから?」

千早「それは内緒」

美希「むむむ……でもミキもおさんぽしてる千早さん面白いって思ったしお互い様かな」

千早「じゃあまた今度」

美希「暇な時にね!」


終わり



123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 22:04:47.16 ID:2cUjG56R0

謎の団結を見て美希書いたけどフェアリー制覇しちゃってるじゃねぇか
あとは任せた


元スレ
千早「おさんぽ」