1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 00:09:24.88 ID:An382YINO

――765プロ事務所
――15:30

P「…」ガサガサ

P「…」パラッ、パラッ

P「……」

小鳥「プロデューサーさん?何見てるんです?」チラッ

P「いやぁ…挨拶周りから帰ってきたら、なんか封筒の束があったんですよね」

小鳥「封筒…ですか?」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 00:10:48.24 ID:An382YINO

P「えぇ。たぶん、あいつらからだと思うんですけど…別に誕生日って訳でもなんでもないんですよね」

小鳥「どんな内容なんですか?」

P「いや、まだ開封してないんですよ」

小鳥「あら、残念」

P「一応、あいつらの気持ちですからね。これは帰ってから読むことにします」

―――
――




4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 00:11:33.54 ID:An382YINO

――Pの部屋
――22:15

P「さぁ、あいつらの手紙を読むか」

P「最初は…そうだなぁ…」パラッ、パラッ

P「うん。決めた!この封筒にしよう」

P「どれどれ?」

―――
――




5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 00:12:41.14 ID:An382YINO

『アンタにこうして手紙を書くのは初めてね。
今さら何を、と思ったんだけど他の娘たちが『感謝を伝えるんだー』なんて騒いでるから、私も伝えてあげることにしたわ。感謝しなさい?にひひっ♪
なんて、普段は言ってるけど…これでもアンタに感謝してるんだから。
私がトップに立てたのは…そりゃ私がスーパーアイドルだからなんだけど…ちょっとはアンタの力もあったからなのかな…なんて思うの。
だから…ね?にひひっ♪アンタはずっと私の下僕なんだから!ずっと、ずーっと私の側にいなさい?いいわね?
…はぁ…柄にもない事書いたわね。でも、たまにはいいかもね。
それじゃあ…またね?』



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 00:14:33.72 ID:An382YINO

―――
――


P「名前は書いてないけど、この文面はたぶん伊織だな。アイツ、そんなことを考えてくれていたのか…明日、メシでもオゴってやろう」

P「…そっか。これ、あいつらの感謝の手紙なんだな」

P「次はどの封筒にしよう…ご丁寧に名前が書いてない。読んだ時のお楽しみって訳か」

P「…」パラッ、パラッ

P「よし!このピンクの封筒にしよう!」

―――
――




7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 00:15:40.39 ID:An382YINO

『プロデューサーへ。
いきなりのお手紙ごめんなさい。だけど…どうしてもお礼が言いたくて…。
プロデューサー…私…プロデューサーがプロデューサーでよかったです…。って、何を言ってるんでしょうか私…うぅ…。
でもでも、プロデューサーに私の気持ちを伝えたいから…頑張ります!
プロデューサー。私…本当に感謝してるんです。だから、プロデューサーが私にしてくれたように…私はずっとプロデューサーに尽くしたいと思うんです。
プロデューサーが私にしてくれたように…ふふっ。だって私は、プロデューサーのおかげでアイドルになれたんですから。えへへ…。
ちょっと…恥ずかしいですね…。でも…プロデューサーに私の気持ちが伝わればいいな…。そうですぅ!プロデューサーの大好きなお味噌汁…作って待っていますから、早く帰ってきてくださいね?』



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 00:17:14.54 ID:An382YINO

―――
――


P「この感じは、きっと雪歩だな。でも、早く帰ってきてって…どこに帰ればいいんだ?」

P「…」

P「まさか」タッタッタッタ

――ガチャッ、バタン

―――
――


P「外でメシ食ってきたから台所見なかったが…」

P「味噌汁…出来てた…」

P「雪歩恐るべし」

P「…よし。次を読もう」

―――
――




11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 00:18:06.11 ID:An382YINO

『プロデューサーへ!
うっうー!プロデューサー!いつもいつもありがとうございます!えへへ…!プロデューサーにお手紙書くのは初めてですね!
でもでも、何を書けばいいのかなーって思ったんですけど…皆がプロデューサーに『ありがとう』を伝えるって言ってたから私も『ありがとう』を伝えます!
プロデューサー!いつもいつもありがとうございます!プロデューサーが側にいてくれると、ぽわぽわーってあったかい気持ちになれるんです!
プロデューサーはどうですかー?
えへへ…一緒だったらいいなーって!そうだ!プロデューサー!今度、お家に遊びに来てください!いっぱいご飯作っちゃいますから!
そのあとは…えへへ…///』



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 00:18:53.06 ID:An382YINO

―――
――


P「やよいはかわいいなぁ」

P「やよいのご飯は美味しいからなぁ…」

P「…さぁ、つぎつぎ」

P「…」

―――
――




13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 00:19:53.21 ID:An382YINO

『ハニーの赤ちゃんほしいのー!』



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 00:20:47.66 ID:An382YINO

―――
――


P「えっ?これだけ?…でもまぁ、名前なんか無くても大方の予想はつくけど」

P「美希はストレートだなぁ…」

P「でも、こうやって手紙をもらえるのは嬉しい事だよな。プロデューサー冥利に尽きるというか、なんというか…」

P「でも四通か。他のアイドルからの手紙も読んでみたかったな」

P「でもまっ、こういうのは気持ちの問題だからな!また明日から頑張っていこう」

P「って、寝るには丁度いい時間だな。よし、明日に備えてもう寝よう」

―――
――




16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 00:23:24.86 ID:An382YINO

「すきです。だいすきなんです。どうすればつたわるんでしょう。どうすればいいんでしょう。そうです。おてがみをかきましょう。きっとよろこんでくれますよね。うふ。うふふふふ。あのひとのすきなまっかないろでかきましょう」ピッ...ツゥ...

「ふふっ。ふふふっ。まっかなまっかっか。これならあのひともよろこんでくれますよね。いっぱいかきますね。まっかないろでいっぱい」

「おてがみたくさん」

おわり



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 00:24:54.93 ID:An382YINO

はい。ここまでありがとうございました


元スレ
P「手紙をもらった」