1: 名無しで叶える物語(わんこそば)@\(^o^)/ 2016/06/02(木) 22:46:45.20 ID:T0OLaoN5.net

にこ(二十一世紀と申しましても、何ら変る事無く日々は過ぎて行くのだなア。)



にこ(我思ふ、ゆゑに我有り。)



花陽「ヤアヤアにこさん、何を思ひふけつてゐるのでせう?」



3: 名無しで叶える物語(わんこそば)@\(^o^)/ 2016/06/02(木) 22:48:28.11 ID:T0OLaoN5.net

にこ「これはこれは花陽さん、御機嫌うるはしう。ワッハッハッハ。ニコニコニコニコ。」



花陽「パナパナパナパナ。何か悩み事でもおありでせうか。後輩であるこの私に遠慮なく打ち明けて下さい。」



6: 名無しで叶える物語(わんこそば)@\(^o^)/ 2016/06/02(木) 22:49:17.62 ID:T0OLaoN5.net

にこ「うむ、我々もミウズを結成しもう随分になるといふのに、練習が遅々として進まんのはどういつた了見かと思つてな。」



花陽「うむゝ、自分としては最善を尽くしてゐるつもりなのですが、なかなか世の中は思ふやうにいかないものでせう。」



7: 名無しで叶える物語(わんこそば)@\(^o^)/ 2016/06/02(木) 22:50:15.28 ID:T0OLaoN5.net

海未「馬鹿者共が。こんなものにうつゝをぬかしてゐて練習が進む訳も無い!」



にこ「海未さん、その手に持つてゐるのは伝伝伝。イヤこれはどうも悪いところをめつかりましたなア。」



花陽「海未さんはようしやを知りませんなア。」



9: 名無しで叶える物語(わんこそば)@\(^o^)/ 2016/06/02(木) 22:51:56.73 ID:T0OLaoN5.net

海未「こんな物があるから練習をせんのだ。エイヤ!」バキ



にこ「アヽ乱暴な。」



花陽「ひどい。にこさん、仕返しをするでせう。」





花陽「ハイパアジヤンボ寝そべりぬゐぐるみほのかの、目や鼻に画鋲をあしらつて…」



海未「うわあア、やめろ、よさんか!」



にこ「おゝこれはユクワイ痛快。」



10: 名無しで叶える物語(わんこそば)@\(^o^)/ 2016/06/02(木) 22:55:05.22 ID:T0OLaoN5.net

終り


元スレ
にこ「我思ふ」