1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 01:20:22.57 ID:0AJopnuu0

仕事の前、わたしは事務所で時間を潰していた。
何気なくプロデューサーを見つめる。指先に鮮やかな色をふと見つける。

「あ、爪……」

パソコンと見詰め合っているアイツに向かって呟いた。
わたしの呟きに気付かず、仕事を続けている。

「ちょっとプロデューサー。小指の爪、赤くなってるわよ」

「え、うわっ!?
 ~ッ、気付かなかった!」

「で?それはなんなの?血?」




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 01:25:11.53 ID:0AJopnuu0

「いや、マニキュアだよ。マニキュア」

「? アンタ女装趣味でもあるの?」

「そんなのあるわけないっつーの
 多分、イタズラだよ。寝てる間にやられたかなあ……」

誰に、とは聞かなかった。
コイツはモテるのだ。このわたしにに好かれているのだから当然だろう。
気分はちょっと複雑だけれど。

この間も綺麗な女の人を連れているのを見た。
寝ている間とコイツは言っていた。多分、きっと、そういう関係だ。
他にもたくさんいるのだろう。少し心が痛んだ。



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 01:29:53.79 ID:0AJopnuu0

「それで伊織さん……。お願いがあるんですけれど……」

「なによ。言ってみなさい?」

「除光液貸してもらえません?」

「持ってないわ。今日はずっとそのままね」

「マジか……。これどうするかな……」

「せいぜい真美たちに見つかってからかわれることね!にっひひ♪」

「やっぱり男ってそういうの嫌なの?」

わたしが問いかけると、プロデューサーは手を伸ばした。
指が長いせいか、マニキュアにあまり違和感を感じない。



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 01:35:27.86 ID:0AJopnuu0

「これはこれで面白いな。なかなかいい」

「似合ってるんじゃないか?」

「それくらいで楽しそうにしてるんじゃないわよ。
 それじゃわたし、行くわね。律子に怒られるのは勘弁だし」

「だったらそのまま直行すればよかったじゃないか。
 なんか用事でもあったのか?」

「あ、もしかして俺に会いにきたとか?」

「ッ! うっさいわね!ただちょっと早く起きすぎただけよ!」

「はは、だよな。ほら、行ってこい! 律子にどやされてもしらんぞ」

「ふん! もう行くわよ!」

「あ、一週間後明けときなさいよ。
 せっかくのオフ、この伊織ちゃんと過ごさせてあげるわ!」

「いいわね? 一週間後、事務所、よ?」

「あぁ、わかったよ。一週間後、事務所、な」

「わかったならいいわ。じゃあね」



その日の仕事はあずさが驚くぐらい早く終わった。



10: >>8ミス 2012/11/04(日) 01:45:34.52 ID:0AJopnuu0

―― ある日

やっぱり春香に聞くのが一番かしら。
こういうことは春香に聞くのが一番なんだけれど……。

よし、聞こう。丁度いるみたいだし、もう後には引けないわ。

「ちょっと春香? 少し、お願いがあるんだけど……」

「え? なあに? なにかあったの?」

「―――を教えて欲しいのよ……」

「それくらいならこの春香さんにまっかせなさい!」

「とびっきりのを教えてあげる!」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 01:50:00.98 ID:0AJopnuu0

――― 一週間後

午後、事務所に一人。プロデューサーはまだ来ていない。
放っておいて生地をこねる。

作っているのはクッキー。
作る体裁はやよいにあげるためとただの練習。
本当はアイツと一緒に作るため。

一心不乱にこねているとアイツが来た。
頭には寝癖がついていて、寝坊していたことが容易に分かった。

「ずいぶんと早いのね」

「スマン、寝坊した」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 01:55:34.41 ID:0AJopnuu0

「知ってるわよ。罰としてコレ、こねなさい?」

「なんだコレ?」

「見たらわかるでしょ、クッキー。やよいへのプレゼント」

「ふーん、伊織でもそんなことするんだな」

「な?! 失敬ね! わたしだってこれぐらい作るわよ!」

春香に作り方を聞いたのはナイショ。

それから黙々と生地をこね続けているアイツを尻目に、わたしはお茶を飲んだ。



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 02:00:38.19 ID:0AJopnuu0

こね終えたクッキーに形を与えて焼けるのを待つ。

プロデューサーは相当疲れたのか机に突っ伏していた。
手に鮮やかな色を見つける。

「ねぇ、ちょっとアンタ。手、貸しなさい」

「え? なんで?」

「いいから。ほら、はやく貸しなさい」

そう言ってわたしはポーチから除光液を取り出す。
コットンに含ませて、無理やり手をとって爪をぬぐった。
剥がれかけてボロボロだった爪が綺麗になる。



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 02:06:00.03 ID:0AJopnuu0

「もう少し借りるわよ」

返事の有無は確認しない。
ポーチからマニキュア、ベースコート、トップコートを出した。

まず親指にベースコートを塗ってゆく。
速乾性なので小指を塗り終わる頃にはもう乾いていた。

マニキュアの色はピンクだ。
わたしの――ラメの入ったピンクのマニキュア。

「他人の爪って結構塗りづらいのね」

「おいおい、全部塗るのか」

「あったりまえじゃない! この伊織ちゃんに塗って貰えるんだから感謝しなさいよね!」

「あ、右手の準備もしときなさいよ。全部塗るんだから」

覚悟しときなさいよね!と言ってお互いに笑う。



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 02:10:21.07 ID:0AJopnuu0

「なんであのマニキュア落とさなかったのよ。あんなにボロボロだったのに」

「別れたんだ、彼女と」

言葉が出なかった。

「落としたら、全部なくなっちゃう気がしてさ」

「……」

「そんな顔するなよ。丁度落としたかったんだ。」

「ほら、はやく続きを塗ってくれよ。隠してるけど、ちょっとこの体制辛いんだ」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 02:11:37.67 ID:0AJopnuu0

今、プロデューサーはどんな顔をしているのだろう。
前に塗られていたマニキュアは元カノのもの。
それを落として今度はわたしの色を彼に乗せていく。

「これで終わりか?」

「まだよ。乾いたらトップコートも塗るんだから」

塗り終わったら焼きたてのクッキーを二人で食べよう。
それからやよいや事務所のみんなの分をまとめよう。

「ふうん、たかがマニキュアでも随分面倒なんだな」

「その方が長持ちするのよ、にっひひ♪」




                                     おわり



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 02:15:57.21 ID:0AJopnuu0

お付き合い感謝です

元ネタは「きょうのごちそう」より「うどん」です
ほぼそのまんまです



元スレ
伊織「クッキー」