過去作
藤原肇「はじめる新しい関係、変わらない想いと共に」

藤原肇「ハンズ事務所?」

藤原肇「ふたりで酌み交わす、はじめてのお酒」

藤原肇「ふたりでひとつ、ですから」

藤原肇「も、もうかえっで下さい…!」

藤原肇「何気ない、素敵な日々の階段を」

藤原肇「夫婦の時間」

肇「お義姉さんは…楓さん!?」 楓「お義姉さんでーす♪」

藤原肇「良き人とふたり、桜の下で」

楓「姉と」モバP「弟と」肇「時々いもうと?」

モバP「藤原さんにも華がある」

藤原肇「いちゃいちゃしたいです…!」

元カノは高垣楓さん

藤原肇「今夜が、はじまりだから」

藤原肇「みんなと交わした言の葉を重ねて」

高垣楓「高垣楓「元カレ以上、今カレ未満のあなたと雨宿り」

藤原肇「いつかあなたが良き人に」

【モバマス】 奥さんは元陶芸アイドル


高垣楓「あいするふたりであいすれば」

高垣楓「アイスるふたり出会いすれば」

千川ちひろ「ちくせきーーっ!!」

並木芽衣子「旅のお供に!」

兵藤レナ「こいこい?」

藤原肇「ワンちゃんになってしまいました…」

【モバマス】P「留美さん」 留美「何かしら」

水木聖來「アタシは恋愛ヘタレじゃないっ!」

肇「エイト・デイズ・ア・ウィーク」

有栖川夏葉「カフェにて」

【シャニマス】P「ぶつかって落とした夏葉のバッグからタバコの箱が出てきた…」

【シャニマス】P「夏葉に犬耳と尻尾が生えてる…」

夏葉「ラスト・クリスマス」



SS速報VIP:百瀬莉緒「1日遅れの『I LOVE YOU』」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1581778323/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/15(土) 23:52:04.22 ID:KIXg3YtE0



莉緒『ーねえねえ、プロデューサーくんはどんなチョコレートが食べたい?』

莉緒『「何の話」って…今度のバレンタインの話に決まってるでしょー!?』

莉緒『デパートで買うのもいいけど…やっぱり男の子は手作りがいいわよね!』

莉緒『クッキー? それともケーキ? プロデューサーくんはどんなのが好きなの?』

莉緒『…もう。日頃のお礼なんだからキミの好きなものにしたいのに!』

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1581778323




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/15(土) 23:57:10.18 ID:KIXg3YtE0


莉緒『…! …ふふっ。そっか。それならいいわ♪」

莉緒『楽しみにしててねプロデューサーくん。今度のバレンタインはとびっきりのチョコレートをあげるから!』

莉緒『それで当日は、胸に挟んでセクシーに……え、「それはいい」って……もー! なんでよー!!』



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/15(土) 23:58:07.54 ID:KIXg3YtE0



------------


ピピピッ…ピピピピッ…


莉緒「こほっ。ん……」


莉緒(37.5℃……)

莉緒(いま、なんじ……? あー…もう15時か…)

莉緒「んぁ……」

莉緒(みんなからライン……後で返さないと)



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/15(土) 23:58:55.12 ID:KIXg3YtE0


莉緒「あ……」

莉緒(プロデューサーくんからは…?)


莉緒「………来てない」

莉緒「……………はぁ」

莉緒(………今日、バレンタインなのにな……)

莉緒(私がチョコ贈ることなんて…な〜んにも覚えてなかったりするのかな……)

莉緒(もしかしたら……迷惑だったりするのかな……)



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:00:49.52 ID:dFrovEal0


莉緒「………………ぐすっ」

〜♪

莉緒「ひゃっ! え、ぷ、プロデューサーくん…?」

莉緒「えっと……もしもし…?」

莉緒「………今マンションの玄関にいるって……え、私の…!?」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:02:18.02 ID:dFrovEal0



------------


P「えーと、これがこのみさんたちからの差し入れと、これが今日営業先でもらったゼリーと、これがさっき買ってきた健康ドリンク。冷蔵庫に入れちゃっていいか?」

莉緒「あ……自分でやるから…」

P「熱、まだあるんだろ? 寝てろって。…昨日より少しはよくなったか?」

莉緒「あ…うん。少し…」

P「そっか」

莉緒「うん…」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:03:20.78 ID:dFrovEal0


P「……」

莉緒「……」

P「あー……仕事のことだけど」

莉緒「え? あ、こほっ。……うん」

P「今日は元々レッスンだけだし、明日以降の仕事も収録はずらせそうだから、安心してくれ」

莉緒「……ありがとう」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:04:47.75 ID:dFrovEal0


P「いいって。莉緒、ここ最近働き詰めだったしな。みんなのサポートもしてくれて、疲れちゃったんだろ。いい機会だからゆっくり休むといいよ」
莉緒「うん……あ。あぁ!」

P「どうした?」

莉緒「私、今、お化粧してないわ…!」

P「そりゃあそうだろ…」

莉緒「ちょ、ちょっと待ってて…! 今、せめて軽くでもお化粧するから…!」

P「何バカなこと言ってるんだよ。そんなのいいから寝てろって」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:05:46.81 ID:dFrovEal0


莉緒「そんなのって…!」

P「あ…」

莉緒「私……」

P「……ごめん」

莉緒「…………いつだって、キミの前ではいちばん綺麗な私でいたいのよ……」

P「…………」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:07:01.74 ID:dFrovEal0


莉緒(…………私、何バカなこと言ってるんだろ)

P「……莉緒は、いつでも綺麗だよ。今、この瞬間だってとびきりの美人だと…思う」

莉緒「……え」

P「……お、俺、帰るな。それじゃー」ギュッ

P「…え?」

莉緒「………ヤダ」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:08:54.47 ID:dFrovEal0


P「莉緒…?」

莉緒「いっしょに、いて……?」

P「……」

莉緒「プロデューサーくん……」

P「……うん。わかったから。ほら、横になりな」

莉緒「うん……」

P「……まあ、そうだよな。熱の時って、人恋しくなるよな」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:09:44.73 ID:dFrovEal0


莉緒「それだけじゃ、ないわ…」

P「……」

莉緒「キミだから……プロデューサーくんだから、一緒にいて、欲しいの……」

P「莉緒……」

莉緒「…………プロデューサーくん。冷蔵庫の中、見てみて」

P「冷蔵庫…? ああ、わかった」

莉緒「上からふたつめの棚の…ラッピングしてあるお皿、持ってきて」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:11:28.35 ID:dFrovEal0


P「これか。……ほら、持ってきたよ」

莉緒「うん……はい、プロデューサーくん。これ、あげる」

P「え?」

莉緒「……もう。ポカンとしちゃってさ。今日は何の日だったかしら」

P「……あ、ああ! バレンタインか、もしかして」

莉緒「うん…。手作りのチョコ」

P「…ありがとう、莉緒。……えっと」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:12:46.75 ID:dFrovEal0


莉緒「どうかした?」

P「このさ、文字…? みたいなものって…」

莉緒「……ああ、それか。プロデューサーくんはそれ、なんだと思う…?」

P「……英数字の「II」に見えるけど…」

莉緒「……ふふ。そっか。書きかけだもんね。それね、本当はこう書こうとしたの」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:13:50.57 ID:dFrovEal0



莉緒「『I LOVE YOU』って」






16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:14:28.99 ID:dFrovEal0


P「……莉緒」
莉緒「プロデューサーくん、私ね……ぐすっ。キミのことが好き」

莉緒「私の、私たちのために頑張るキミも、舞台袖で送ってくれる優しい眼差しも、少しイジワルなところも全部、好き…」

P「莉緒……」

莉緒「プロデューサーくんは、私のことー…んっ…!」

P「…………」

莉緒「ん…ぁふ……はぁっ」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:17:17.96 ID:dFrovEal0


P「はぁ……莉緒……」

莉緒「プロデューサーくんっ…」

P「俺も、好きだよ……莉緒……」

P「綺麗なところも、可愛いところも、全部、好きだ……」

莉緒「……うんっ。……ねぇ、プロデューサーくん」

P「…ん?」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:18:12.43 ID:dFrovEal0


莉緒「今の私、こんな、汗と涙でぐちゃぐちゃでも、綺麗…?」

P「ああ、綺麗だ。莉緒……ん」

莉緒「ちゅ……じゃあ、今の私、セクシー…?」

P「あー……どうだろ」

莉緒「〜もうっ」ポカポカ

P「いてて……でも、最高に可愛いよ。莉緒」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:18:59.83 ID:dFrovEal0


莉緒「もう……ありがとう」

P「ああ…」

莉緒「…………ねえ、プロデューサーくん」

P「…うん?」

莉緒「…私の胸、触ってみて」

P「え?」

莉緒「ほら…」グイッ



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:19:56.71 ID:dFrovEal0


P「おお、柔らかい…」

莉緒「くすっ、そうじゃなくて……ドキドキ、してるでしょ?」

P「……うん。すごく」

莉緒「…ぷ、プロデューサーくんも、その、私の太ももに、さっきから……」

P「……しょうがないじゃないすか」

莉緒「…………」

P「…………」



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:20:37.07 ID:dFrovEal0


莉緒「…………くすっ、ふふっ…!」

P「ははっ…! ほら、莉緒も俺の胸、手、当ててみな。……ドキドキ、してるだろ?」

莉緒「うん……すっごく……ね、プロデューサーくん」

P「何だ?」

莉緒「引いちゃうかもしれないけど……私、ハジメテなの」

P「…………そっか」

莉緒「……うん。だからね?」



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:21:12.98 ID:dFrovEal0



莉緒「ー優しく、して…?」






23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:22:18.08 ID:dFrovEal0



------------


チャポン…

莉緒・P「……っあー……」

莉緒「…くすっ、Pくん、おじさんくさい」

P「莉緒もだろお」

莉緒「ふふっ……ね、Pくん」

P「なんだ?」



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:24:06.10 ID:dFrovEal0


莉緒「Pくーん…♪」スリスリ

P「こら、あんまり身体擦り付けんなって…」

莉緒「またシたくなっちゃう?」

P「……かも」

莉緒「私はイイわよ?」

P「ダメだって。まだ痛むだろうし。ゆっくりしなきゃ。……あ、そういえば、熱大丈夫か」



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:25:14.90 ID:dFrovEal0


莉緒「いまさらー?」

P「う……まあ、そうなんだけど」

莉緒「…うん。大分熱も引いたみたい。Pくんと一緒に〝運動〟してたくさん汗をかいたおかげかしら? 」

P「あー……。うん。ならよかった」

莉緒「ふふっ……ね、Pくん」

P「ん?」



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:26:00.56 ID:dFrovEal0


莉緒「ー大好き♪」

P「…ああ。俺もだよ」

莉緒「ずっと私のこと、大切にしてくれる…?」

P「当たり前だろ。責任取るよ」

莉緒「…うん。……ね、私ね、Pくんのこと好きになってよかった。いっぱい悩んだけど、だから今こんなに幸せなんだって思えるもの」

P「…莉緒」



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:26:41.52 ID:dFrovEal0


莉緒「お風呂上がったらチョコ、後で完成させてプレゼントするからね」

P「ああ。でも、溶けかけてたの冷やしてるからまだ時間かかるだろうし。もう少し、ゆっくり浸かろう。今は…莉緒を抱きしめてたい」

莉緒「うん。……ねえ、Pくん。私のこと、これからもずっと見ていてね。彼氏くんとしても…プロデューサーくんとしても」

P「…ああ。約束する。ずっと、側にいるよ」

莉緒「…ありがと。私、これからもっともっとキミのこと、虜にしちゃうんだから! ……ふふっ♪」



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:27:56.38 ID:dFrovEal0



-------------


ピピピッ…ピピピピッ…


P「ん……」

P「37.5℃……」

P「やっぱり、莉緒のがうつったか…」

莉緒「ふふ、でもよかったじゃない。お仕事に一区切りついた時で。ほら、彼女がこうして看病してあげてるんだし♪」

P「まあな…ごほっ」



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:29:08.28 ID:dFrovEal0


莉緒「あらあら、大丈夫? はい、あーん」

P「あーん……ん、美味しい」

莉緒「そうでしょそうでしょ♪ あ、それと、デザートにフルーツあるからね。後で食べさせてあげるわ」

P「莉緒……ありがとう」

P(莉緒の優しい表情……綺麗だな。)

P(傲慢かもしれないけど…俺と付き合うようになってから、ますます綺麗になった気がする。前とは別人ってほどにー)



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:30:14.65 ID:dFrovEal0


莉緒「ふふ、それでね! この後とびっきりのサービスしてあげちゃうんだから♪」

P「サービス?」

莉緒「あ! エッチなこと考えたでしょ?」

P「い、いや。別に」

莉緒「ふふー…ある意味アタリかしら。じゃーん!」

P「……ナース服?」

莉緒「そう! ここに来る前風花ちゃんと話していて思ったの! 私がセクシーナースになって看病してあげたらPくんの熱もイチコロにー」

P「いや、普通に看病してくれればいいかな…」

莉緒「もー! なんでよーー!?]



31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:31:04.98 ID:dFrovEal0



------------


P(……あんまり、前と変わってないところもあるけど)

P(……それでもやっぱり)

P(……幸せ、だなあ)





32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:31:54.98 ID:dFrovEal0


この機会に百瀬莉緒担当になることを決めました!

それでは、またの機会に。



33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 00:35:38.71 ID:dFrovEal0
元スレ
SS速報VIP:百瀬莉緒「1日遅れの『I LOVE YOU』」