SS速報VIP:【デレマス】眩しい。だけど、怖い
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1581815116/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 10:05:17.05 ID:LV7kZUCDO

千夜「……」

カツカツカツ

千夜「はぁ……」

千夜「……」

千夜「私は……」

ちとせ「千ー夜ちゃん!!!」バアッ

千夜「お嬢様?!」

ちとせ「何を悩んでいるのかな?」

千夜「……何も悩んでは」





ちとせ「魔法使いさん……」

千夜「あの者の事等考えておりません!」

ちとせ「あらあら。私は明日の夜に、今度の仕事の打ち合わせが魔法使いさんとあるからって言おうとしただけだよ」

千夜「……」

千夜「///お、お嬢…様……///」カアッ

ちとせ「フフーン、隠さないの」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1581815116




2: ◆f1tFKtbZna.K 2020/02/16(日) 10:07:13.97 ID:LV7kZUCDO

バレンタインあとの二人を想定した話になります



いつものシリーズですが、ゆっくりやりますので御容赦を



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 10:12:37.45 ID:LV7kZUCDO

千夜「……」

千夜「変わられましたね……」

ちとせ「ん?何が?」

千夜「昔でしたら、興味があるようで無関心でしたり、まったく興味がないようで、実はそれしか目になかったり……」

ちとせ「あらあら。いつ、私がそんなことを……」

千夜「……モロゾフのチョコレートプリン」

ちとせ「………………」

千夜「お客様用のを私が間違えてお出しした際に……」

ちとせ「僕ちゃんも言うようになったじゃない……」

千夜「平に……まことに平にお許しを」

ちとせ「ん――また、買ってきてくれるなら許しちゃうよ」

千夜「そう思って……既に」

スッ

ちとせ「きゃあ!千夜ちゃん、大好き!愛してる!!」ギュッ



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 10:22:57.76 ID:LV7kZUCDO

パクパク

ちとせ「んー、糖分が脳まで染み渡るぅ!」

千夜「お嬢様、あまり沢山食べられますと……」

ちとせ「美味しいから大丈夫だよ」

千夜「……それは本人のみに通じる麻薬のようなキーワードです」

千夜「……今のように、昔より積極的に人の言葉を使うようになってます」

ちとせ「そうね…………私の命なんてって言ってた頃に比べると、俗世間に染まっているわね」

千夜「……私としては、とても輝いて見えますが」

ちとせ「ありがとう。でも、千夜ちゃんにそっくりそのまま返すわよ」

千夜「……」

千夜「どうやら、私だけでなくお嬢様から見ても、あの魔法使いの術にはまってしまったようです」

ちとせ「あら、珍しい。千夜ちゃんだから、少しは抵抗があると思ったのに」

千夜「……ただ、やはり私はひねくれているみたいでして……あの者へのバレンタインのプレゼントは……」

ちとせ「知ってるよ。……かなり遠回しのプロポーズだよね。執事に、就職先の斡旋だなんて」

千夜「……申し訳ありません」

ちとせ「なんで謝るの?ウチに来てもらえば永久就職なんだから、素直になればいいのに」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 14:41:39.05 ID:LV7kZUCDO

千夜「しかし……」





千夜「お嬢様……も、あの男のことが……」







ちとせ「うん」

ちとせ「好きよ……今の地位を放り出して、一緒になりたいぐらいね」

千夜「……なら、どうして先ほどのような」

ちとせ「あの人に、今だけでもこんなに楽しい世界があるって教えてもらった。それだけで充分なの……これ以上は贅沢」

千夜「……しかし、お嬢様のお気持ちを考え「私はこれ以上はいいのよ」

ちとせ「私はもういいのよ。充分……一度死んでから、今までこの身体で生き存えて――もう生身じゃないのに変かな?――」

ちとせ「オートマタっていうんだっけ?父親と母親が何者だったかはわからないけど、この生まれ変わった不死身の身体」

ちとせ「つい最近まで、憎んでいた。死ぬことすらできないなんて……」

ちとせ「だから、千夜ちゃんが私を再び起動させた時、一度殺しかけたわよね」

千夜「はい……」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 14:52:13.05 ID:LV7kZUCDO

千夜「あの頃の私は……父も母も殺され、家も戸籍も無くしただひたすら復讐のみのため生きていました」

千夜「その為、たとえ伝承でもすがれるモノを探して……」

ちとせ「それ以上はダメよ」

千夜「……はい」

ちとせ「そ、私は汚れてしまった人モドキ。だからあの人を愛する資格なんて……」

ちとせ「あ……」

千夜「お嬢…様……」

千夜「涙が……」





ちとせ「ふふっ、目から液体が漏れるなんて……もう私の先は知れたわ」

ちとせ「……もし、動かなくなったらこのまま焼いて頂戴。で、何か残ると思うけどそれが私の私だった唯一のパーツ。まだ私が人間だった頃の骨なの」

ちとせ「それが発条代わりになって動いてるから……」

千夜「お嬢様……」

ちとせ「さ、あの人にすぐに連絡を」

千夜「…………はい。ただちに」

バタン





ちとせ「……いってらっしゃい」ニコッ



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 14:53:45.82 ID:LV7kZUCDO

―それが





―私が最後に見た



―黒埼ちとせの最後の笑顔だった







~~~~~~~~~~~~~~~ホワンホワン



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 15:00:49.47 ID:LV7kZUCDO

ホワンホワン~~~~~~~~~~~~~~~

裕美「うぅ……」

比奈「な、泣けるっス……」

乃々「い、いかがでしたでしょうか……もりくぼはここら辺で帰りたいのですが」

ちとせ「なるほど、吸血鬼じゃありきたりだからと」

比奈「しかし、オートマタっスか。考えたっスね」

千夜「……おい」

乃々「ひぃ……!」ビクッ

乃々「こ、殺さないでください。もりくぼはこの通り弱い生き物です。今から逃げ隠れするので10分は待ってください」コソコソ

千夜「……その、何だ…………感謝する」

乃々「え?」

ちとせ「ふふっ、千夜ちゃんは漫画を描いてもらって嬉しいのよ」

乃々「そんな……もりくぼは原案を出しただけです」



比奈「あれ?そういえば由愛ちゃんとむつみちゃんはどうしたっス?」

裕美「そういえばまだ来てないね?」

千夜「……」

ちとせ「……」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 15:07:21.65 ID:LV7kZUCDO

ちとせ「あの二人なら……」フフッ











由愛「」ユラリ

むつみ「」ユラリ

由愛「ガオォォォォォン!」

むつみ「キシャァァァァ!」



小梅「うわ……本物だぁ」ワクワク

聖「下がって……ここは任せて」

クラリス「聖、ここは頼みます。私はあの二人を……」

聖「はい……お気をつけて」

聖「……シンメルライタークラリス様」

続く



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 15:12:47.26 ID:LV7kZUCDO

――――――――――――



比奈「という新刊っスよ」

由愛「えっと……私もゾンビに?」

むつみ「ゾンビになるなんて新鮮です!」

?「新鮮な肉、ゾンビーフ……ふふっ」

由愛「だ、誰?」

むつみ「曲者だ!出会え出会え!」

比奈「とりあえず、あの二人には許可は取ってあるからこの漫画みたいにはならないっスよ」

由愛「よかった……」



由愛(あれ?比奈さん、首にばんそうこうを……)

由愛(まさか……だよね?)



おしまい?



12: ◆f1tFKtbZna.K 2020/02/16(日) 15:16:03.15 ID:LV7kZUCDO

はい、以上になります。キスマーク?何のことやら

とりま、バレンタインは由愛と奈緒…………それから森久保からもらいました

皆さんは推しからもらえましたでしょうか?

では


元スレ
SS速報VIP:【デレマス】眩しい。だけど、怖い